結婚前の貯金

レス93
(トピ主0
お気に入り2

恋愛・結婚・離婚

まりも

レス

レス数93

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • まりもさんは正しい

    肝心の彼氏の貯金総額は知っているのかな?

    貯金が350万円あったなら、そのうち200万円をへそくりに、残金150万円を結婚資金にするというのは、どうですか?

    もちろん、彼氏からも150万円を結婚資金としてもらいます。

    これから、結婚生活は長いですよ。
    最初が肝心なので、きっちり話し合ってくださいね。

    ユーザーID:

  • じゃあ…

    「そうね」とニッコリ笑って、
    「私の貯金額は200万。これは家計の貯金ね、私が管理するわ、結婚費用に使いましょう」
    と、言うのはどうでしょう。

    残りの150万は、国債でも投資信託でも、低リスクで、長い間入れておくとお得なところにいれるのはどうでしょう?

    私もそうしてます。今年の秋に結婚します。
    私の貯金額は550万です。100万は国債に入れました。もう100万かくして置こうと思います。イザというときに使うために…。そして彼には「350です」って言ってある。

    でも「結婚するまではお互いの貯金」で、結婚したら「家計の貯金」かな、と私も思います。
    「どうせ一緒の貯金になるのに、『じゃあドレス代は私』『家のお金は俺が出す』って変な話ー」と考えながらの挙式準備です(笑)。

    まぁ、指輪は、彼→エンゲージ+女性マリッジ
    彼女→男性マリッジ
    が 私は理想です。

    とぴ主さんと違うのは、彼の貯金が私の倍以上あること…私も彼の正確な貯金額は知りませんが、家を買うときにちゃんと相談して出せるだけ出してくれればいいです。

    ユーザーID:

  • 結婚前の貯金は

    あなた個人の財産です。
    共有財産ではありませんよ。

    言葉の端はしにあなたの貯金をいざと言う時あてにしている感じが出ていますねぇ・・・

    ユーザーID:

  • ショボイ彼・・・

    ほんと失礼な言い方ですが、相手の貯金をアテにするような男はほんとショボイ男だ・・・


    あなたが働いて貯めたお金が2人の物?
    バカじゃないのかこの男は・・・

    貯金は絶対に言わない事。20万くらいならあるよ!と自慢げに言っておくほうがいいですね。

    通帳は全て実家においておくか、貸金庫に入れておくかしないと、家中探しまわられますよ。

    「なんだ、こんなにお金あるのか」と安心したら、旦那も遊び出すに違いない・・・
    お金は人の縁を簡単に切ってしまう、怖いものです。

    お金に対しての考え方は結婚する前にきちんと話し合っておくべきです!!

    ユーザーID:

  • 自分のものです。

     夫婦それぞれだと思いますが、私はトピ主さんの認識でいいと思います。
    自分のものですよ。自分で管理しましょう。
    これから先、何があるか分かりませんし、結婚後350万をゼロから貯金しようと思ったら大変です。
     トピ主さんが、自分のだけれど2人のこれからのためにきちんととっておこう、と思うことはあっても、
    彼の方から「ふたりのでしょ?」というのはおかしいです。

     私達夫婦の場合は、相方のほうが私の3倍くらい貯金があるようです。でも、私はそれも自分の物だとは思いません。彼の大切なお金です。私が勝手にあてにしたりはしないです。
     
     お金って貯めようと思っても、なかなか貯まらないもの。貯めるには一生懸命働かなくちゃいけない。
    トピ主さんの350万は、辛いこともありながら長く働いた結果です。そういうことお相手はわかっているのかな?わかっていて、微妙な認識の違いだけならいいのですが、「俺の金でもあるだろ。」みたいなことになると、大変ですね。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 私もです

    全く同じ状況です(笑)。入籍済でこれから式を挙げるのですが、私は実家を出ていて必死に貯金して100万くらい(少ないですが)、主人の独身時代の貯金は20万程です(それもあまりに主人が貯金出来ないので通帳を取り上げて貯めさせてた)。式のお金は主人の両親から借りるのと、私達の貯金でやります(私の実家は貧乏でお金出せない)。主人は「オレらの貯金」って言いますがほとんど私が地道に貯めたもの。それを正直に「私の貯金を期待されると面白くない」と先日言うと主人は「オレの貯金がないのをオレの両親に肩代わりしてもらう、みたいな言い方するなよ。オレは結婚したらオレの収入は家庭のモンだと思ってるよ!」と言ってきました・・・今まで貯金しなかった人が言えたセリフか?とかなり腹立たしかったです・・・同じ思いをしてる人がいて安心しました。。私は、今後の"いざという時の蓄え"として、私の独身時代の貯金のことはもう主人の前で言わないことにしますよ。現在主人は小遣い制です。貯金が苦手な所以外はすごい好きなので。

    ユーザーID:

  • 気持ち分かる

    うんうん、わかる。個人的には心狭くないと思う。ある程度自分の貯金額を開示するのはよいかと思いますが、開示したものを共有財産扱いにするかっていうのはまた全く別問題ですよね。通常は共同生活を開始して以降、共同生活解消までの間に蓄積した財産を共有財産というと思います。
    ま、そういう法的なこと言うと世知辛くなりますので、普通はお互いの「気持ち」でその辺は折り合っていくところではないでしょうか。なのでその考え方は、ちょっとあまりにも最初から土足で上がりこんできた感はしないでもないですね。夫婦になるといえど、元は他人。彼としたら2人で1人的な考えからなのかもしれませんが、良い意味での遠慮は必要かと。

    ユーザーID:

  • 結婚前も、結婚後も。

    夫婦であろうと個人の財産は個人のものです。
    例えば、トピ主さんのお金を彼の講座へ移したとします。
    贈与したわけではなく、あくまで彼名義の講座にトピ主さんのお金があると考えます。
    トピ主さんが、カードと通帳を持っていたとしても彼が死亡した場合は講座が凍結され、妻ですら下ろせなくなります。(相続税の為)

    何かあった場合のリスクを考えて、個人のお金は個人のものとしてある程度の貯金は持っておくべきだと思います。
    それに、仮に貯金額を同じにしたいと考えて彼に贈与するにしても年間130万以上は贈与税がかかります。
    また、法律的には夫婦のお金という概念は存在しません。

    ただ、彼の収入=生活費、トピ主さんの収入=お小遣い。と考えているなら彼は不満でしょう。ある程度のお小遣い枠は欲しいですよね。お互い。

    ユーザーID:

  • 覚悟が必要ですね。

    その彼氏、お金にだらしない感じがします。
    お金の大切さが解ってないですね。

    きっと結婚後に揉めるでしょうね、お金の事で。
    それが解ってて結婚するんですから、覚悟をして対策を考えておいた方がいいですよ。
    何にしても、トピ主さんが強くなるしかないかな。
    頑張ってください。

    ユーザーID:

  • うちは・・・

    あくまでもうちは、ですけど、旦那は私の結婚前の貯金額を知りません。
    でも、旦那の貯金はふたりのものです。
    というか、結婚する際にもらった結納金やうちの両親からのお祝いなどを旦那の貯金用の通帳に入れてしまったからなのですが。

    ただ、私としてはその旦那の貯金はあくまで何かあったときの最終手段と思っています。同じように私の貯金も。

    あくまでも結婚後に稼いだお金で生活し、貯金する(結婚後に作った別通帳で管理)といったスタンスでやってます。

    ユーザーID:

  • お金の事って実は難しい

    結婚して30年になりますが、結婚後もお互いに守備範囲を決めてお金を出し合っているご夫婦も結構いらっしゃること、貯蓄がその名義人に占有的に属すると考えている方もいることをこの掲示板で初めて知りました。
    私の場合、我が家の貯蓄がどこにどれくらいありどのように運用されているのかに関してかなり大まかには想像できますが、それが誰に帰属するのかは考えたこともありません。第一、そのお金を持って次の世界(できれば天国を希望!!)に行けるわけでもないし。お金って、必要な分より少し多めに貯めて、使って、・・・・・・夫婦のどちらのものでも良いのでは?
    心から信頼できるご夫婦になれれば、多分あなたの疑問(質問)は氷解します。頑張って下さい。

    ユーザーID:

  • それは

    危険だと思います。
    注意した方がいいですよ。
    結婚前の貯金はそれぞれのものです。
    正確な金額を教える必要もないし、2人の物にする必要もないと思います。
    今後何かでトピ主さんが「出しても良いかな?」と思うものには使えばいいけど彼がそれをあてにして「出して」と言うのはおかしいと思います。
    彼にその貯金を使う権利はありません。

    結婚後は2人の収入は家計のものとし、2人で管理すればいいし、二人のものにすればいいと思います。
    でも結婚前は別。

    ユーザーID:

  • 結婚と同時に貯金は合算です

    それぞれの貯金を寝かせるなんてもったいない。
    合算した方がダイナミックに運用できます。
    互いの無駄使いも防げます。

    ユーザーID:

  • たしかに

    彼氏さん、ちょっとたよりなげな感じを受けました。
    貯金をあてにされているように見受けられます。

    私の彼は「結婚前の貯金はいざというときのためにそのままもっておいたほうがいいね」といってくれています。

    法律上では、貯金は通帳の名義の人のものです。
    結婚してもそれは変わらないかと思います。

    ユーザーID:

  • ちっとも狭くありません。

    私は結婚3年目ですが、今も今後も結婚前の貯金はそれぞれのものです。お互い貯蓄額は切りませんし、2人のものにするつもりはありません。「言い方が好きじゃない」って言われても、事実、そうなんだから仕方ないですよね。「2人のもの」は結婚してから作っていけばいいのです。

    彼には内緒にしておいた方がいいですよ。

    ユーザーID:

  • ん〜

    一応、法的には結婚前の貯金の所有権は、貯金した本人のものになります。

    でも、高い指輪買ってもらったんですよね?
    それに対して、お返しはしましたか?

    彼が貯金がないのに指輪を買ってもらったのなら、式やその他準備資金は二人で相談して、指輪代も含めて平等になるようにしたほうがいいかも。

    ただし、本当の貯金額は教えちゃだめですよ〜
    いざというときあてにされますから・・・
    100万しかないといっておきましょう

    ユーザーID:

  • はっきりさせとくべし

    現実的な問題を考えることは、
    心の広い狭いの問題ではありません。
    きちっと2人でコンセンサスを得ていないとあとで必ず後悔します。
    相手が嫌な顔をしても、話を蒸し返すのが嫌でも、
    もう一度話をするべきです。
    これから確実にこのような場面はたくさん出てきます。
    その時に、話が出来ない男とはむしろ結婚しないほうがいいぐらいです。

    新生活へのあこがれに酔いしれるのもいいですが、
    生活に対する冷めた目はお互い持ち続けなければいけません。

    ユーザーID:

  • おかしいな?と思う気持ちに従って。

    きっと、「自分の貯金がアテにされているのかも?」と思ったから、このようなトピを立てられたのですよね。こういう「何かおかしいな?」という直感は信じた方がよいと思います。後で色々考えた事というのはあまりあてにならない。

    もし、あなたがキャリア志向で稼げる女性だったり、おうちが裕福だったりしたら、相手の方、ヒモ願望がなきにしもあらずかもしれませんね。普段、デートでの支払いなど、あなたが肩代わりしていませんか?時々でもそうしているのであれば、心を鬼にして止めた方がいいと思います。男性を甘やかすとロクなことないですから。

    結婚を延期して様子を見るのもアリと思います。まだまだ日本の社会では、お金について話すことがよくないことのように言われますが、これはとても大事なことです(お金の問題は離婚に直結することも多いですし)。ライフプランとそれに関わるお金のこと、あなたが稼げなくなった時はどうするのか等々、について、話し合ってみて下さい。また、ご自身の疑念についてもきっちり彼と話をして、納得してから結婚されるのがよいと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主さんが正しいです。

    結婚前の貯金は、お互いの物ですよ。
    結婚の際、お互いに折半するんですよね?
    だったら結婚前のお金は、お互いの物でしょう。
    男性だけに全額出させて、自分のお金だけは
    自分のっていうなら、それは違うと思うけど。。。

    その彼大丈夫ですか???

    私も結婚したばかりですが、お互いに出し合って
    残りの結婚前の貯金は、お互いの物です。
    彼は結構貯金があるようですが、興味ないですし。

    その彼はただ自分がお金ないから
    人のお金をあてにしてるだけですよ!!

    ユーザーID:

  • 独身時代の貯金は・・・

    結婚前に夫婦各自が所有していた財産や、婚姻中に夫婦のいずれかが相続や贈与等で得た自己名義の財産は、
    特有財産で、原則、財産分与の対象ではありません。
    但し特有財産でも、夫婦の一方が他方の特有財産の形成維持、増加に貢献していれば、寄与度の割合に応じて財産分与の対象とされる場合もあります。
    しかし、現時点では、まだ彼はそのあなたの特有財産に
    何の貢献もしてないので、今からその貯金を二人のって言われるのは違和感ありますよね。
    たとえ彼との新しい家庭生活のために使うつもりでいても、この時点で、独身時代の貯金を2人のものとは
    彼の口から言われると、やはりその金をあてにしてるとしか思えません。

    ユーザーID:

  • 私も違和感あるなぁ

    結婚十五年目ですが、私には結婚前の貯金が五百万近くあります。全額でいくらあるか、夫には言っていないのですが、夫に借入金があるときは、確か妻の財産から払うようなこともあるように、一度言われたことがあります。それは、もし必要になれば起こることですが。
    結婚後、何百万という単位のお金が貯まることは、専業主婦ならありえないので、いざというときの功名が辻、山之内一豊の妻になりきるとして、なるべく出さないようにしたらどうですか。
    妻が支度金を持っていると思うと、夫が働かなくなり、収入が減る事もあります。ここは、稼いでくれる分だけで、なるべくやりくり、を心がけ、封印しておくことが大事です。
    将来的には、住宅取得の時に使うと考えて、お金は活かしましょう。

    ユーザーID:

  • 絶対に金額は言わないほうがいい。

    結婚前の貯金はご自身のものです。
    結婚後の貯金は二人の財産です。

    トピ内容を見て思ったのは
    もしものために金額は言わないほうがいいです。
    聞かれたら「結婚式なのでほとんどなくなった」ぐらいで
    いいと思います。

    結婚前の貯金は一種のヘソクリだと思ったほうがいいでしょう。

    ユーザーID:

  • 狭くなんてないっ!

    私の貯金を「2人のお金でしょ」なんて言われたらすごい拒絶反応示すと思います。それはやはりお互いのお金でしょう。そして、それを例えば家を購入する時の頭金にいくら出すことができるかどうか、だと思います。
    トピ主さんがこれからの生活に一切自分の貯金からお金を出すつもりがない、とは思いませんが、例えば350万円のうち100万はいざという時のため(離婚とか…。ごめんなさい、これからご結婚されるのに)に、手をつけずに残しておくことをお勧めします。そして彼にはこれからの生活のための貯金が200万、ということにしてはいかがですか?

    ユーザーID:

  • 狭くないです。

    いつかは、一緒に共同で使う(家の頭金にする等)事は有ると思いますが、今の段階で「2人のモノでしょ?」という発言は有り得ないと思います。

    しかも、自分は貯蓄ゼロに等しい状態で…?
    ある意味、そんな考え方が出来る彼が凄いなぁ。

    良い悪いは別として、これからの山有谷有の人生を、なんだかんだで乗り切って行ける様な感じの人ですね。(ちょっと「自分自身で何とかしようという気概が感じられないタイプですが)

    まぁ、私はトピ主さんと同じ様に「えっ?」っと思ってしいうタイプです(笑)

    ユーザーID:

  • あなたのものです

    結婚しても、あなた名義の貯金はあなたのものです。
    大事にもっていなくてはいけません。

    万が一、別れることになった場合はあなたの貯金はいろいろ役に立ちます。

    ユーザーID:

  • 狭くないですよ〜

    来月で結婚10年目を迎えます。
    私も旦那もそれぞれ結婚前に貯金があり、
    結婚式・新婚旅行・新居の準備(敷金・礼金は
    彼が払ってくれました。感謝!)はお互い
    折半して支払いました。

    私は結婚と同時に専業主婦になったので
    収入はもう入る予定もなく、余計その時に
    所持していた貯金にこだわりがありました。

    結婚後の収入の使い方について、いろいろ
    話し合いましたよ。
    中々話しづらいことですが、はっきり
    話し合い、お互い納得した方がいいです。

    失業手当まで二人の収入といわれた時は
    ちょっと違うだろうーと思ったけど。
    (結局そのまま私の口座に入ったままです。)

    私の貯金は一昨年家を建てた時に
    頭金の一部に使いました。
    寄って家は共同名義になってます。

    はっきり話し合いが出来ると良いですね。

    ユーザーID:

  • へんなの。

    簡単にいえばアテにしてるっちゅうことですね。
    トピ主さんの貯金を。
    (貯金額を知りたがるとか)

    なぜそうなるかというと彼の社会人歴不足が影響してるんじゃないかと思います。
    貯金も少ないみたいなので。

    婚約していずれは結婚する二人ではあるけれど
    まだ夫婦じゃないし家庭をもったわけじゃありません。
    だからトピ主さんの貯金はトピ主さんのお金!
    でも結婚して生活することになったらトピ主さんがお金を出す場面は多くなると思います。

    認識の違いや彼の精神的未熟さが感じられますが如何ですか?

    ユーザーID:

  • お金

    彼にとっては結婚したら全部2人のものだから二人の貯金が350万あればなんとかなるでしょというつもりで結婚をOKしたような感じがします。
    あてにはしてないけど、もちろん使うつもりといったところでしょうか。
    家を買ったり車を買ったりするあてにはしないけど、もちろん生活費などで使うつもりという意気込みに聞こえて仕方がないのですが。

    貯金は今までの教育費とかで親に返そうと思ってると言ったらきっと彼嫌がると思いますよ(笑)
    トピ主さんの心が狭いとかよりも、彼が貧乏でトピ主さんのお金をあてにしているという気がしてなりません。
    通常、差額まで負担すると言われて素直に受け取りますかねぇ。どうせ貯金が将来二人のものになるなら二人分を彼に買ってもらえばよかったのに。

    ユーザーID:

  • 結婚後はどうなされますか?

    光熱費家賃食事などすべて折半するおつもりですか?
    お互いの給料には一切タッチせずにいきますか?
    そして出産育児などで働けなくなったときもそのまま折半でいく予定ですか?
    もしそうならば、私の貯金といってもいいと思います。
    心が狭いとは思いません。

    もし一時でも専業主婦になることがあって、
    その間はご主人に食べさせてもらうことになるのなら
    ご主人の働いたお金を二人で使うことになるので、
    その可能性があるのに私の貯金とかたくなになるのは
    おかしいかなと思いますよ。

    結婚の形態によるかと思います。
    もちろん二人で使うにしてももうちょっと感謝というか
    遠慮というかあってほしいとは思いますけど
    二人の結婚生活に役立てられたらいいと思いますよ。

    どちらにしろ結婚後の生活費をどうするか
    お二人でよく話し合ったほうがよいですね。
    お幸せに。

    ユーザーID:

  • 死守してください

    まず、法的に結婚前の貯金は自分の物です。

    というか、自分に貯金がないのに「キミの今までの貯金は僕達2人のもの」って言えてしまう甲斐性の無さにビックリしますが…。
    辛口ですみません。。

    私の実体験としてですが、結婚すると本当に自分の自由になるお金がない事に気づきます。

    なので、これまで一生懸命貯めたせっかくの自分名義のお金は死守してくださいね。

    何か事を起こすはもちろん、ちょっとした自分の親兄弟へのプレゼントなど買うときに気兼ねせずに使えるお金は必要です。

    何も、バカ正直に貯金額を言う必要はないと思います。

    解決策として、これだけは2人のお金にしていいやと思える分だけ、これだけあるよ、と伝えて、あとの残りは別の口座で秘密に保管してはどうでしょうか?

    ユーザーID:

  • 対策を練っておきましょう

    >彼はけっこう貯金額を知りたがります・・

    理由はなんだと思いますか?
    トピ主さんは本当はきっとその答えを知ってるはずです。けれどももうすぐ結婚するという時期でもあるので、無理やり自分の本当の考えを打ち消してるんじゃないでしょうか。

    >「私の貯金とかじゃなくて、二人の、でしょ?」

    この対策としては、トピ主さんがご結婚なさってもご自分の独身時代の貯金は名義変更しない、つまり姓を変えずにそのままにしておくことをお勧めします。
    そうすれば彼は手出しできません。
    必要になれば、その時に書類を整えて変更すればすむことです。

    >私は心が狭いのでしょうか??

    全然そんなことはないです。
    むしろそのような彼だとわかったのですから、ご結婚された後のことを今から考えておくことをです。

    当面の心配としては、ご結婚の際のご祝儀ですね。
    普通は新郎が新婦側のご祝儀をどうこうすることなどありえませんが、彼ならわかりません。
    心配なようでしたら、ご両親にそのことをきちんと話して対処していただきましょう。

    ユーザーID:

  • え〜!

    みんなそうなんですか??
    法律的にはどうこうとか、たしかに正しいかもしれないけど
    一緒につかえばいいと思いました。
    だって夫婦ですよ〜。
    もちろん散財するようなのは困りますから
    そこは計画的でないとと思いますけれど・・・。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    たくさんのお答えありがとうございました。
    大変参考になります。
    やはり、お金の事ははっきりさせておいた方がよいですね。
    貯金額はやはり言わない方が良さそうですね。
    黙っておくのが悪いかな?と思ったので
    かなり控えめな額を言った時(半分くらいで・・
    彼がかなりビックリしていたので、彼の貯金はあまりなさそうですし、貯金も苦手そうです・・。
    指輪は頑張って貯金して買ってくれたものなので、私も同額ぐらいの時計をお返ししました。
    なので結婚したら、きっちりおこづかい制にする!というのは約束して貰いました。
    私の預金は国債なども考えて、実家に置いておこうかな。と考えてます。やはりいざという時に使えるお金は必要ですね。

    良いアドバイス、ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • まりもさん正しい

    タイトルの通りです。
    しかし、そんな大切なお金の事で、夫婦二人の意識が違うなんて・・・・
    今後はしっかり話し合った方がいいような気がします。
    ちなみに、私ならその男性とは結婚しないと思います。スミマセン。

    ユーザーID:

  • 全部隠しちゃえ

    結婚前の貯金なんてあなたのモノの決まってるじゃない。2人のお金なんて言われないように早く全部隠しちゃって!!

    2人のお金というのは、実際に生活を始めてから、コツコツと2人で頑張って貯めたお金だけです。
    口座に貯めるならば、2人の名義にしましょう。これが完璧な2人のお金です。

    あなたの口座のお金はあなたのモノです。
    2人のお金なんて言わせないで!!
    それをアテにするならば、そういう人だと受け入れるしかありませんね。自分を守るためには、貯金額を絶対に言わないこと。実家に預けるなり、なんなり対策をして、いざという時のために大切に保管しておきましょう。

    ご主人に使うというよりも、お子さんのために使うという気持ちならば、罪悪感も少なくなると思います。

    ユーザーID:

  • へそくりということで・・・

     結婚前のデートなどに旦那様の方が多く支払いをされたのでしょうか?
     うちは結婚前に遠距離でいろいろと相手にお金を使わせてしまったので・・・。
     ですが、一応貯金の半分はへそくりで別口座を設けてます。
     余談ですが家を買ったりする際に認められる専業主婦の預金は
    1.親の遺産 2.結婚前の預金 3.結婚式のご祝儀
    だけだそうですから、やはりご自分の手元にいくらかは残しておいたほうがよいかと思われます。
     それにしてもできれば男の人には女の人のお金をあてにして欲しくはないですよね。
     

     

    ユーザーID:

  • この手の話題って・・・

    絶対に結婚前のお金は個人のものです、というレスがつきますね。
    理屈としてはあっていますけど。
    でもこの先一生一緒に添い遂げると誓ったもの同士が、2人のお金を2人のお金と考えても別に心が狭いとは思えません。(分けて考えるのが心が狭いとも思いませんが…)

    仮に、男性が1千万貯金をしていて、このお金は2人名義の家を買う時の頭金にするからね、と言ったとしたら「それはおかしいわ、あなたのお金はあなたのお金なんだから!頭金はこれから2人で貯めたお金の中から出せばいいのよ!」とか言って拒否するのでしょうか。。。
    しませんよね、きっと。

    ちなみに、私は来春結婚予定ですが、結婚前の貯金はそれぞれの管理(名義)にしますがオープンで、2人の共有財産にしようね、という考えです。(どうせ住宅購入やらなんやらですぐなくなってしまう程度の貯金ですが。株は別)

    ユーザーID:

  • 狭くないよ〜

    ちっとも心が狭くなんかありません。
    まりもさんの貯金はまりもさんのものですよ。
    結婚後、まりもさんが納得した上で、自分の貯金から出すのと、「『誰の貯金』と区別しないから」と言って彼に勝手に使われるのでは大きく違うでしょう?
    あてにしてない、って言いながら、実は結構あてにしているニュアンスが漂うな、彼の言い方には。将来、子供のお年玉貯金を勝手に使っちゃいそうなイメージがわいてしまいます。
    ちなみに、うちの両親(共働き)は、別々の口座ですよ。父がお金の管理が出来ないから、母が運用しているけど、基本的に父の給料で買った株は当然父の名義だし、母の給料からなら母のものです。

    ユーザーID:

  • 貯金額は少なめに

    彼に正しい貯金額を知らせない方がいいと思います。
    彼の発言はジャイアンの法則(笑)ではないですが
    「おまえのものは俺の物。」
    「俺の物は俺の物。」
    という感じにも取れます。

    トピ主さんの独身時代の貯金をあてにするようなら、今後の結婚生活が大変だし不安要素になります。

    ここは貯金0ではないけど多くはないと伝えて、額は言わない事です。
    通帳も実家に預けておきましょう。

    貯金をあてにされたら、彼は平気で遊びますよ。
    遊びの浮気でも本気になったり、トピ主さんを大切に思わずいいように使おうとしたり。

    最初が肝心ですのでレスのアドバイスを参考に、自分もしっかりしている事です。
    男女共に相手のお金をあてにするようなパートナーは信頼できません。

    ユーザーID:

  • これねぇ難しいのよ。

    仲が宜しんですね。
    私も旦那に俺も頑張ってるのに小遣いちょうだいって言われます(汗)
    結婚し子供が出来、私がお小遣い作るより独身の時の預金切り崩すほうがすごく多いです。
    旦那は私以上預金してましたが男性は隠し事を嫌がりますから、500万貯めた私を旦那は心強く思ってます。
    3年交際の末、旦那も私も迷惑をかけたくない自立心が強く結婚資金の不安なく結婚の決断ができました。

    ユーザーID:

  • 独身時代のお金は大切に!!

    実は私の義姉が、自分のお金の事は一切言わず
    兄の独身時代のお金を使っています。
    結婚式は、義姉が遠方の両親をお互いに親孝行のために招待しようと決めたそうですが、自分は一切お金をだしません。
    義姉の両親も、一切お金もお祝いも無しで、
    その招待の費用も、兄が出してることを知っているのに平然としています。
    また、指輪は高価なものを指定したのに、お返しはものすごく安いもの・・・
    結婚指輪も兄が両方出したそうです。
    最初は私も、自分の兄の結婚がうれしく、お祝い金も奮発(10万円)、さらに義姉の欲しいものを聞いてプレゼント。すごくよろこんでくれて、それを見て私もすごく嬉しくなりました。
    ちなみにパーティーのお金は別払いです。
    しかし、現状を聞いてびっくりしているところです。
    義姉は、結婚式や新居や旅行の話をしていて、兄が具体的なお金の話をしようとすると、不機嫌になるそうです。

    つづきます

    ユーザーID:

  • 独身時代のお金は大切に!!

    つづきです

    きちんと言えない兄も悪いと思います。
    そんな兄を見ていて、私の結婚はこれからですが、
    彼の貯金は彼のもの、私の貯金は私のもの。
    そして、結婚式費用は、よく話し合っているところです。
    結婚したら、あらたに二人で貯金していこうねと決めていますし。
    そして、お金のことでのわだかまりって、すごく怖いなって勉強になりました。
    私も両親も、お祝いを奮発しましたが、口は一切だしていません。
    だって、私も姑や小姑に口を出されたら、嫌だなって思っているので・・・
    でも、現状を知って、ちょっとモヤモヤしてしまいますね・・・
    引きずらないようにしなきゃ〜

    ユーザーID:

  • 彼氏さんは・・・

    貯金が苦手なだけですよ!(あとお金に対する考えが甘い?)非常識にギャンブルとかやってたら別ですけどそれを皆さん揃ってだらしない・・・的なこと言うのはちょっとかわいそう。。(ちょっと話それましたが)
    私も結婚前どうしても主人が貯金出来ないので結婚迷った時期もありましたが(稼ぎ自体少なめなんですけど)、単に貯金が苦手なだけなんだ、私が運動苦手なのと一緒だな(笑)くらい思ったら、スッキリしました。
    結婚後は趣味もお酒も自分の小遣いの範囲内でやってくれてますよ。主人もそっちの方が気が楽みたい。カードも渡してません。
    メリハリあるお金の使い方を教え(無駄な外食はしない、カード払はしないなど)、「今月は厳しい・・・」なんて旦那に言って、影でコソコソ貯金してます。言い方悪いけど『教育』し直してますよ。
    独身時代の私の貯金は隠しておいて、新たにそれぞれの名義で通帳作って貯金始めてます。
    トピ主さん、頑張って!

    ユーザーID:

  • 私は男性ですが

    私は男性ですが、ここでの発言に大いに違和感があります。
    女性の貯金額を聞かない代わりに男性に対しても同様に聞かないで済む事なのでしょうか。
    例えば新居の購入する段になって、女性は一妻負担する必要がないのでしょうか。
    もしもの時に取っておく、という意見が多いですが、男性のお金をもしもの時に取っておくのは許されないことなのでしょうか。またそれはなぜですか。
    うちの妻は2年前の新居購入にあたり1銭も出しませんでした。お車購入資金だそうで。
    ちなみにローンで使い果たし、日々の支払いにも四苦八苦していますので、私の新車はありません。
    残念ながらこのような状況ではとても家族としての一体感は醸成で来ません。

    ユーザーID:

  • 〆後ですが 2

    結婚後のお互いの収入は共有財産ということでいいと思いますが、結婚前は違いませんか?
    トピ主さんの結婚前の貯金に彼は寄与していませんよね?だからこの貯金を「貯めたトピ主さん」がいうならともかく、「何の寄与もしてない彼」が二人のものだ、と主張するのは筋違いです。
    もちろん二人共「結婚前のお互いの貯金も、二人のお金として一緒にしてしまおう」という考えなら問題はないのですが、一方が「結婚前の貯金は自分個人のものだ」、もう一方が「いや、結婚するからには結婚前の貯金も二人の金になるんだ」と主張した場合は、前者の方が正しいと思います。

    ユーザーID:

  • なんか悲しいなぁ…1

    私はトピ主さんの彼氏さんとはちょっと違う
    意味合いですが、婚前の個人的な貯金も
    「二人のお金」だと思います。
    結婚すると決めた相手に金額を隠したり、
    「自分のお金」という意識が強いと愛情が
    ないのか、結婚に対する意識が低いのか、
    がめついのかのどれかかなぁと思います。
    私はアテにするという意味ではなく、家庭を
    築くというのはそういうものだと思います。
    なんというか、これからの生活の礎になるお金が
    独身時代の個人的なお金だと思います。
    例えば、私は車好きなので車に拘りがあるのですが
    やっぱりそれも結婚すれば婚前に買ったものでも
    「家のもの」となると思います。別れる時に
    法律ではどうの、という話ではありません。
    別れる為に結婚するのではないので。
    私の車だからって、私が実家から持ってきた
    自分で買ったタンスだからって「私のだから
    使わないで!」というのは変だと思うのです。

    今、私たちはデートのお金もどっちが出すとか
    もめません。だって、結局は同じ財布に
    なるわけですから。どっちから出ようとトータルは
    変わらないという気持ちです。

    ユーザーID:

  • (続き1)

    結婚ってお金も含めて色々なものを共有して
    生活していくものではないでしょうか?
    アテにするのは変だけれど、トピ主さんのように
    「私のお金だから渡さないぞ!」とかそこまで
    いかなくても「結婚しても私のお金」と意固地に
    なるのは正直なところ、それなら何故結婚するの?
    と不思議です。アテにされていると感じるからこそ
    気になるならわかります。でも、アテにされていなく
    ても自分のお金という意識があるなら結婚に
    対する考えが彼とは違うのでは?
    少なくとも、私の考えもトピ主さんの考えも
    どちらも狭くはないしどちらも間違いではないので
    あまり自分を基準に考えない方が良いと思います。
    ここで賛同を得られたらそれを正当化に使いますか?
    唯一確かなのは、どちらも正解ではないという
    事実だけではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • (続き2)

    少なくとも、狭いか狭くないかよりも
    価値観があっているのかという方が大切と
    思います。私は結婚前のお金は結婚と同時に
    合算されるので二人のお金、結婚後自分で働いた
    お金の何割か(これは二人で決める)は自分で
    私有できるお金という認識です。
    でもそれすらも、万一時には「二人のお金」だと
    思います。
    結婚するというのは、それが貯金であれ借金であれ
    生計を一にするということだと思います。
    今はそのお金はトピ主さんだけのものですから
    共有したくなければ使い切りましょう。
    私にはトピ主さんには生活を共にするという
    意識があまりない、彼には生活する糧を得る
    責任があまりないのではと思いました。

    ユーザーID:

  • 財産はそれぞれ所有ですが

    トピ主さんのお考えは正しいです。

    でも、私は皆さんの意見とは違って、彼が頼りないとは思わないけどなぁ。
    たぶん彼は、彼自身のモノも「二人のモノ」と考えるでしょう。
    おそらく結婚後もね。
    そういう男性の方が断然つきあいやすいですよ。
    結婚生活は長い長い期間続きます。

    二人で働いてそれぞれ費用を分担するというのも選択できますが、家事や妊娠出産のことを考えると、コレって絶対に女性に負担がかかります。
    はじめっから「二人で」と考える男の方が、生活をともにする上ではラクチンですよ。

    ま、半分はへそくりとして隠しておいて(笑)、あとはオープンでいいのでは?

    ユーザーID:

  • 横ですが、アランドロンさんへ

    家には名義があると思いますが、それは旦那様のものになっていませんか。それなら、男性がローンを払い続けるのが、本来ではないでしょうか。
    妻名義の資金を導入するなら、家の名義の何分の一かを妻のものにしなければいけません。
    私の家も、購入するとき、夫の預金と夫の両親から一部援助を受けたので、名義は完全に夫のものです。聞いたら、私名義の預金からの援助はいいといっていました。(家を出るときは私のほうが出ることになります。)
    ただ、二人で使う新車は、一部援助しました。(私は乗せてもらうだけですが)
    車などは二人で一台で良いのではありませんか。新居を構えるとなると、財産になるものはたくさんあるので、名義によって持ち物は区分した方が良いと思います。

    ユーザーID:

  • 横ですが

    アランドロンさん
    男性だって、結婚前の貯金額を言う必要ないですよ。

    住居購入の資金については、結婚後の夫婦のあり方によって違ってくるかと思いますが。。。

    例えば、夫は生活費、妻は家事・育児と完全に分担している場合は夫の収入から貯めた資金を出すことになりますが、基本は結婚後にできた資金だけでしょう。結婚前の財産は個人の財産なんだから結婚後の財産に充てさせられる義務はないです。(現実問題として難しいかもしれないけど…でも結婚前の財産は男女ともにきっちり分けて考えるべきだと私は思います。)

    ただ、一般的に専業主婦家庭で住宅を購入すると名義が100%夫になることが多いですよね?(妻親からの援助があれば違うでしょうが)
    結婚後の資金だけで建てたら、独身なら自分でやらなくてはならない家事労働や本来は半分負担すべき育児を妻が負担しているわけだから、妻にもいくらかの名義の権利があるはずなのに、実際は出した「お金」で名義の割合を決める。
    そう考えると、家庭での貢献に相当する分(妥当な額がわかりませんが)は、それを多く負担してもらっている方が余分にお金を出すべきかなぁって気もします。

    ユーザーID:

  • ずばり

    おかしいなと感じた、直感が正しいし、今後それで苦労していくと思います。

    金額なんて言わなくていいのに、ないないって言っておいたほうがいいです。

    彼に、俺のものとして全部使われてしまうこと間違いなしです。

    結婚前に、今まで育ててきてもらったお礼として親に渡してきましたと言ってしまいましょう。
    そこで、彼が怒ったら、結婚考え直したほうがいいです。
    親には、自分名義の貯金通帳を別に作って預かって保管してもらいましょう。少しの間ですが、嘘をついて彼の本心をちゃんと見てから結婚したほうがいいです。

    ユーザーID:

  • 男性でも

    >代わりに男性に対しても同様に聞かないで済む事なのでしょうか。
    私は、互いに男でも女でも、結婚前=個人ので、
    ゼロからスタートでいいと思うから、聞く必要ないと思います。

    >例えば新居の購入する段女性は一切負担する必要がないのでしょうか
    新居の購入資金に独身時代の貯金を使うかは、互いにその本人しだいで、
    強制すべきではないと思います。基本は結婚後の貯金でゼロスタートでいいと思うから、

    >男性のお金をもしもの時に取っておくのは許されないことなのでしょうか
    私は、もしもの時に取っておくのは男性でもOKだと思います。
    でも、なぜ許されないというなら、立場のちがいかな?
    女性はもしかしたら専業主婦になる期間があるかもしれず、収入が途絶える可能性があるからかな?
    もし、最悪、亡くなった場合、亡くなった人の口座は凍結されて、相続手続きしないと
    お金おろせませんから。ちなみに子供なし夫婦の場合、残った配偶者にとっては、
    義親、あるいは義兄弟の同意が必要だから揉めると時間がかかります。

    ユーザーID:

  • アランドロンさんへ 私も男ですが

    ここの掲示板は女性が多いので、ある程度意見が偏るのは仕方ない事だと思います。
    しかし、トピ主さんのケースにおいては貯金は別、の考えでいいのでは?
    それよりも気になったのが、アランドロンさんの新居も車も、奥様が負担していないという事ですね。
    男性、女性は関係ありませんよ。この場合はアランドロンさんがきちんと話し合わなかったのが問題なのではないでしょうか。(かなり辛口になります、すいません)
    新居については、二人が使うものですので、頭金は"結婚してから"の貯金から出し、足りない分(頭金です)については両者の婚前の貯金から平等に出資すべきです。
    たとえどんな理由があったにせよ、妻が「自分の貯金から出さない」といったら購入しないという決断ができたはずです(脅迫されて判子突いたわけじゃないんですよね?)
    車も家も最終的に判子を押してローンを組んだのは貴方ではないのですか?
    納得できないのであれば納得いくまで話し合えばよかったのではないでしょうか。

    今からでも妻の貯金からも平等に出すよう、話合えませんか?

    ユーザーID:

  • 基本的にはふたりのもの

    だと思いますよ。
    今は自分名義で手元に取っておくとしても、将来家を買ったりするときには結局出すんでしょうし。

    ただし、
    お金を持っているトピ主さんが「結婚したからふたりのもの。一緒に使おう」というならともかく、
    貯金をぜんぜん持ってない彼のほうが、「ふたりのもの〜。一緒に使おう。いくらあるの?」
    は、違和感あって当然ですよ。


    それは、(男女関係なく)お金を出すほうが言う言葉で、もらいたいほうが先に言う言葉ではありませんよ。

    ユーザーID:

  • そのせりふ、貯金の無いヤツが先に言うな〜!

    私にも結婚前の貯金があります、夫には全くありません。
    夫の式の費用の出所も、今となっては・・・?

    夫は私の貯金をあてにしていた訳ではないと思いますが、結婚2年目に家を購入する際、頭金は私の貯金から出しました。
    その時、夫の態度にカチンとくる事がありました。
    夫は口では言わないかわり、私が頭金を出す事に当然という態度、至ってノーテンキなんですもん!

    新築の家に住み丸3年、最初の一年は「返さなくちゃね。」と言っていたけど、今では言わなくなった。
    それどころか、今夏のボーナスのお金を自分の小遣いにしたいらしく、つい先日喧嘩になりました。
    その時、子供のお年玉の10万を借りている事や全く貯金が出来ない事、繰上げ返済もしたい旨を伝えようやく納得してもらいました。

    一家の大黒柱という自覚が全くありません。
    時々、情けなくなります。
    (それを除いた他の面は、すごく頼れる良いヤツなんですが。)

    いまから、彼女のお金を「2人のもの」と言い切っちゃうその彼! 
    うちの夫と被ります。
    結婚後イライラする事、多々あると思います。
    トピ主さん、頑張ってね。

    ユーザーID:

  • 私のものは私のもの

     タイトルどおりです。
     私は相当遅くで結婚しましたので預金2500万円とマンション持参で再婚者と結婚しました。夫は貯金額も給料額も聞きませんでした。 
     で、共働きをしつづけ、夫の家を売ってさらに大きな家を新築する時、売却した家の代金分を夫持ち分、持参預金は解約せず、私のローン借入分を妻持ち分として登記しました。
     現在夫の業界が不況なので、生活費は私の方が多く出していますが毎月少し余裕があります。持参マンション収入はもちろん私のものですが日常意識に登りません。
     夫婦仲良く添いとげることまちがいありませんが、結婚前のものは、私個人のものです。

    ユーザーID:

  • 横ですが

    アランドロンさんへ

    …おかわいそうに。
    「妻が家の購入資金を一切出さなくていい」とは思っていません。男性も、隠し貯金をしていいと思います(返済額を減らすための頭金と、隠し貯金の折り合いがつくギリギリの額を提示してもらいたいですが…)

    私の考える「イザという時」とは
    ・ご主人がリストラされた・転職したいと思った
    ・家族の誰かが大病
    ・子どもが、医大等に行きたいといいだした

    等の理由です。
    おそらく「自分の車を新しくしたい=イザ」とは思わないです。


    あと、男性には「あるだけ使っちゃう」イメージがあるからかな…。ガッツリ貯めてくれるのなら、どんどん隠し貯金してほしいです。


    それましたね…。
    トピ主さん、彼は貯金が苦手なだけだと思います。
    頑張ってくださいね!

    ユーザーID:

  • 最初は私もそう思いました

    自分が貯めたお金は自分のものという意識がありました。
    結婚を決めた当時、夫は貯金が少なくて、私はその3倍くらいありました。
    (とは言っても大した額ではありません。。)

    でも。
    結局のところ、その貯金は彼との生活に使おうって自然と考えてるんです。
    例えば10年満期の外貨建て債権は、子供ができて受験したい時のために。
    途中まで自分で積み立てた年金保険は、彼との老後の生活のために。
    式の準備の時から、どっちがどっちなんて、馬鹿馬鹿しくなっていきました。

    彼は自分の収入は「家の収入」、しかも、自分の欲しいものをガマンして、私のために使おうと考えてくれているのが分かります。
    お小遣い制OKで、なおかつ少なくていいと言ってくれるような人です。
    もちろん、彼の体面が保てなくなるのは嫌なので、できる範囲で持っていてもらってますが、その気持ちが嬉しいのです。

    こういう人だから信頼して私の貯金ではなく家の貯金だと思えるのでしょうね。

    彼は信頼に足る人ですか?

    ユーザーID:

  • 合算って??

    合算って??
    まさか一緒の口座に入れるのでは?
    口座一緒にしちゃうと、贈与になりかねませんから。
    一番、やばいのは子供もいないのに、口座を一緒にすることで、もし、そのまま子供が出来なければ、
    相続人は、血縁側の相続人として、親、兄弟、はては
    代襲の甥姪です。どっちが残っても残った者にとっては、義家族です。親に遺留分があるから、遺言書いても、請求されたら6分の1は渡すことになるし、遺言なければ3分の1ですね。
    自分の独身時代の貯金が入ってるのになんて関係ない・・・相続、贈与では結局は名義ですよ。
    名義がそのままなら、義親でなく、自分の親、兄弟に残せたものです。
    贈与税の心配のない独身時代の貯金は、専業主婦になるかもしれないなら貴重です。共有うんぬんより自分名義の貯金を確保することが重要ですから、結婚と同時に合算=1つの口座は絶対、反対ですね。共有してもよくても、合算だけは避けるべき。どうしても合算したいなら
    子供ができてからにした方がいいですね。そしたら相続人は夫婦の残った方と子供ですから。

    ユーザーID:

  • 結婚前のはそれぞれの。

    結婚前のはそれぞれのものでしょう。
    家を買うためなどのお金は,結婚後に貯金するものでしょ?または,おたがい独身時代の貯金から同額だせばいいじゃないの。

    民法上も結婚前の貯金はそれぞれの財産です。
    べつに隠すつもりとかへそくりとかいうんじゃなくて,それが普通に当たり前だと思っていました。

    私からすると結婚したからって相手の独身時代の貯金を共有財産だとみなす感覚がわからないなー。

    ユーザーID:

  • ウチは円満

    主人の貯金は結婚後も同じ積み立て、財形を続けているので、正直、ごっちゃになっています。
    ただ、子どもの教育費は別で貯めるようになったことと、主人の貯金の主な用途は住居関係費(いずれかかるようになるリフォーム代、修繕費)や車購入費になり、それは結婚しようとしまいとかかる費用のため、そのままで管理しています。

    私は出産時に退職しましたが、解約した財形と退職金は結婚前の貯金と一緒にして運用しています。用途は老後資金です。主人に額は言っていませんが、老後まで使用しない(個人的な買い物などには使用しない)ことを明言していますので、何も言われません。
    逆に「株で儲けて増やしたら?」などという助言をもらっています。

    それから、「いざという時のため」について、よく例にあげられるのは離婚ですが、死別の場合もある程度の額は手元にあったほうがいいです。葬儀費用についてはお香典なども入りますが、故人の口座は凍結されますし、生命保険や遺族年金などが出るまでには時間がかかりますから、それまでの生活費などはないと困りますよ。

    ユーザーID:

  • みなさん、お金にはシビアですね

    とぴ主さんの彼が 最初からあなたの貯金を当てにしているのには不信感をいだきました。
    そういわれたら 嘘をついてでもへそくっておいたほうが無難かもしれません。

    でも、多くのレスの方々にびっくりしています。
    私は学生時代から付き合っていた彼と結婚しました。
    付き合っていた頃から デート代他全部彼がだしてくれていました。
    私が財布をだしたことはありません。
    その流れで 社会人になっても彼が全て出していました。
    少ない初任給で遠距離恋愛になったので彼に貯金なんて皆無でした。

    私は せっせと彼との将来を夢見て貯蓄に励みました。
    結婚のとき、彼の貯金は6万円。私は400万円。
    新居の支度から新婚旅行、果ては結婚指輪まで 私の貯金から支払いました。なんの疑問も無く。
    その後、結婚生活は彼(主人)の収入だけに頼っています。
    でも、私の両親が亡くなったので遺産が入りました。
    全部私のもの、と彼は考えているので 使い方も私次第です。
    もちろん、家族のために使っています。

    お金に無頓着な人もいるってことで・・・。

    ユーザーID:

  • もしも

    彼氏さんが、自分の貯金(あなたに比べたら少ないかもしれないけれど)を二人のものと考えてくれていた上での発言なら、トピ主さんの心が狭いのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 婚姻前の夫婦契約

    婚姻前のお互いの財産を契約して登記する方法があります。
    登記まではメンドウな場合には結婚契約書を作成してくれる専門家もおります。

    夫婦も契約してお互いに手の内明らかにするのも良いですね・・・

    ユーザーID:

  • 〆後ですが・・・

    法律的に言えば・・・あなたのものでしょう。

    感情的に言えば・・・ふたりのもの?
     これから一生苦楽を共にする結婚。スタートから「これは私のもの。あなたのものではない!」なー んて分けていて、逆に愛情ある?って感じ。

    今回のケース・・・うーん、貯めた人が言うならともかく彼氏が「二人のもの」って言うことないんじゃない?

    トピ主さんが二人のために遣うと決めるのは問題ないでしょう。でも彼氏には「君のお金だから自由に使えば」とか言って欲しいですよね。

    何故そんなに額が知りたいのでしょう。

    他の方もおっしゃってますが彼氏さん、お金に若干ルーズか、人に頼るのが好きなタイプかもしれません。

    今後この貯金のことで揉める可能性があります。
    「あの貯金あるだろ。」って。しかも本当にどうしようもない時ではなくて安易に言われのでは。

    今のうちに簡単に換金できないものに変えた方がいい気がします。「親戚に勧められて株買っちゃったの。」とかどうですか?

    それで「どうして二人のお金勝手に使っちゃったんだよ!」って怒る様なら・・・うーん、それはチョット・・・。

    ユーザーID:

  • そりゃそうです。

    我が家はトピ主さんのケースとは逆でした。

    私の貯金は数十万円。
    夫は500万円+父親の相続1千万円

    結婚式や新婚旅行は、婚姻届提出〜挙式までの貯金(2人の収入から生活費を引いた残金)で賄える範囲で行いました。
    賃貸への引越し費用は折半(貯金から)。

    こんなんだから、私はお互いの預金額なんて言う必要もないと思っていたのに、夫は私に通帳も印鑑も渡しました。おまけに「このお金は夫婦のものだから」って。すっごいビックリして、よ〜く話してきかせましたよ。

    私達の人生の貯蓄プラン(住宅資金・老後資金・子供の教育資金)に、結婚前の貯金も親の財産(遺産)も関係ないって。それらは個人のものとしてお互いが管理運営しようと。でも夫は「でも管理しといて」って渡しましたけど。

    私はトピ主さんが男であっても女であっても、貯金がある方でもない方でも、書かれていることは正しいと思いました。

    ユーザーID:

  • 安心しました

    夫婦でも、結婚前の貯金は個人の物というレスが非常に多いのに驚きました。
    私は夫側ですが、結婚前(厳密に言えば準備期間)も個人の物というなら、デート費用、新生活準備費用も相応割合負担の基本原則ですよね。

    私は独身時代、妻との交際に掛かる費用は9割方負担していました。挙式−披露宴と私が負担し、妻は旅行の一部50万ほど負担しました。私は当時1300万ほど、妻は350万ほどの貯金額でしたが、合算で考えていましたよ。だからこそ、どちらが支払っても同じ感覚でした。

    結婚しても、家の購入資金全額−妻の自家用車も私が支払っています。
    妻は運用に疎いので、私が妻の資産を運用しています。昨年1年で3倍強まで増やしました。
    そして、今年。私が独立するにあたり700万ほど妻から借りました。
    妻は、「2人のお金だから長い目で焦らず返せばいいよ」と言ってくれています。
    金融資産は4000万ほどありますが、独立したばかりで毎日の暮らしは質素ですが、こういう妻だから結婚して良かったと思います。

    ユーザーID:

  • 人それぞれですよ

    心が狭いかどうかなんて気にしなくていいんじゃない?

    仮にここで「狭い」って意見が多数を占めたとしたらどうするんですか?
    それによって行動を変えますか?
    世間の標準と自分の価値観を比べるってのは多少の安心感の確保にはなりますが、夫婦間の問題解決にはつながりません。
    必要なのは二人の話し合い。

    これから結婚後のお金のフローとストックについて話し合うことです。
    その話し合いの末の結論にお互い納得すること。
    それが重要。
    そういうのに欠けると、世間の平均値や人様の様子が気になるのです。

    人の暮らし方は千差万別。
    何が正しいということもなく、その逆もない。
    どうしても財産を守りたいという人もいれば、また稼げばいいと考える人もいる。そうした人たちをまとめて納得させる魔法のような方法はなかなかありません。
    自分達はどうしたいのか。
    それを考えて、それに合う方法を見つければよろしいかと。

    ユーザーID:

  • ヨコですが。。。

    島津さんが「私は独身時代、妻との交際に掛かる費用は9割方負担していました。挙式−披露宴と私が負担し、妻は旅行の一部50万ほど負担しました。

    私は当時1300万ほど、妻は350万ほどの貯金額でしたが、合算で考えていましたよ。」
    「妻は、「2人のお金だから長い目で焦らず返せばいいよ」と言ってくれています。」
    と「私が独立するにあたり700万ほど妻から借りました。」
    は、矛盾しているのかな?と思いました。

    島津さんは、貯金は夫婦の物と言う考えだと思いましたが、違うのでしょうか。しかし、借りたと表現されています。

    本当は、個人の物という考えが透けて見えますが、違うのでしょうか。気になったので。

    ユーザーID:

  • どうだろうなぁ

    男性でも結婚前の貯金は個人のものとして良いと言う方が多いですが、
    男性が貯金1000万あって、女性が100万しかない場合に
    挙式費用などを折半したというトピが立ったら
    「ケチな男性ですね」
    とかレスが多くつきそうなもんですけどね。

    男性の結婚前の貯金も結婚後に本当に自分のため
    だけに使って良いでしょうかね??

    あと、専業主婦になったら稼ぎがなくなるからいざという時のため
    という理由は、いつも専業主婦も普通の仕事と一緒
    と主張されてるのを考えると少し卑怯かと思います。

    自分で専業主婦を選択したのならば特にですが。

    ユーザーID:

  • 夫婦=信頼関係

    >男性の結婚前の貯金も結婚後に本当に自分のため
    だけに使って良いでしょうかね??

    基本的にはそうだと思います。

    でも結婚と言うのは、お互い信頼・尊敬に値する人間とするものだと思うので、『いざ』と言う時は相手(夫・妻)の為に自分の預貯金を いつでも使う事が出来るものだと思います。
    実際私自身、結婚時にあった預貯金は、何かあったら夫の為にいつでも『出そう!』と思い、夫と結婚したわけですから。

    交際時から不信感を買うような相手とは、そもそも結婚しないのでは?
    それでも妥協して結婚したのなら、はるももさんの言っているように、「結婚しても絶対自分のお金!」と全く信頼関係の無い夫婦になるのでしょうね。

    ユーザーID:

  • そんなもん・・・

    ・・・善悪白黒の問題じゃないでしょう。人それぞれです。ただ、人それぞれというのは、価値観だったり人生観だったりするわけで、ことにお金に対する姿勢にそれが如実に現れること、そこでトピ主さんと彼がずれていることが(潜在的な)問題なのではありませんか。

    私は男女とか既婚未婚かかわりなく、基本的に財布は別と考えたい人です。だけど、何かあったときの諸々の受取人はお互いになっているし、困ったときに助け合ったり融通を利かせあったりという気持ちも用意も常にあります。心が広い狭いの問題ではないと思います。

    トピ主さんの投稿を拝見して、ついていけないと思うのは、「二人のでしょ」ってのを、金のない方が平然と口にできるその神経です。やや2さんのだんなさまのように、ある方がそれを言うと「ほぉ〜」っと心底感嘆しますが、ないほうが言うと、なし崩しというか、どさくさまぎれというか、なにげに情けないものを感じます(あくまで私個人の感覚です)。

    ユーザーID:

  • 結婚前の男性ならそんな感じかも

    トピ主さんの感覚は普通だと思いますよ。
    多くの方が書かれているとおり、彼氏は少し頼りないというか、考えが甘いと感じました。でも、今の独身男性の多くがそうなんじゃないかと思います。家族を持つとか、事業を起こすとか、「自分が稼いで守っていかなければ!」という立場にならなければ、そうそう変わるものではありません。
    結婚はゼロから家庭を築くものです。金銭感覚や価値観もその中に含まれます。この機会に二人でお金に関するルールを作っていくことをおすすめします。基本は話し合って、」でもトピ主さんがイニシアチブを取れるように工夫していくことが望ましいでしょう。
    実際には、私だったら・・・実際の貯蓄額よりも少なめに申請するか、「親に借金をしていたから、一括で返して50万しか残ってないわ、大事に使おうね」などと言うと思います。

    ユーザーID:

  • 結局

    人それぞれだと思いますが、

    お金が無い方(男女関係無く)がお金のある方に

    「これからは二人のお金」

    と言うのが、あれ?って思うんじゃないですか?

    逆であれば、なんでもないのにね。

    貯金の有無はそれぞれ事情があるでしょうし、薄給だろうと高給だろうと出来る奴は出来るし、出来ない奴は出来ない。
    それはしょうがない。
    ただ、貯金できなかった奴が貯金できた奴に対して「今後は二人のお金だよ」なんて言うのは個人的にはイヤだな、とは思います。

    トピ主は何も自分の貯金を使いたくないといっているわけではなく、結婚生活で必要な分は切り崩して使おうと思っているのでは?
    それを先に「二人のお金だから金額を教えて」などと当てにされるような彼の言葉に戸惑いを覚えた。

    他の皆さんも言っていますが、半分ぐらいを申告して半分ぐらいをこっそり隠し持ち、何かあったらに備えてください。それが一番です。

    ユーザーID:

  • 個人のもの

    結婚前だろうが結婚後だろうが、貯金や資産はそれを稼いだ人のもの。結婚後の貯金については法的には二人のものになるようですが、自分的には個人のもの、ですね。

    だから、健康な夫婦ならば、仕事をしていようがいまいが、生活費や遊興費などについては折半または自己使用分負担が基本だと思います。

    ただし、夫婦関係の場合、男性側には妊娠・出産しなくてよい(できない)、また、これらに伴う退職や無収入期間がないため、そこだけはアドバンテージとして考慮してもらいたいです。

    ユーザーID:

  • 信頼関係

    >交際時から不信感を買うような相手とは、そもそも結婚しないのでは?

    もちろん不信感を買う相手とは結婚しないけど、だからと言って、
    不信感がない=100%信頼できるとは限らないのでは?
    結婚してから少しずつ築いていくものでは?
    ことお金に関しては慎重にならないと・・・

    >「二人のでしょ」ってのを、金のない方が平然と口にできるその神経です。

    このセリフ言っていいのは、お金を持ってる方です。
    お金を持ってる方がこのセリフ言うことで、相手は自分を信頼してくれてると
    うれしくなり、それに答える効果はあるかもしれないけど、
    持ってない方にそれも結婚前に言われると不信感を買いますね。
    ただ結婚10年、20年・・・・というならそれまでその貯金を使わずにいられたのは、
    相手の貢献もあると思うから、そう言うのもわからなくもないですけどね。

    ユーザーID:

  • 全然狭くないっ!

    夫は私の10倍以上も貯金があり、幸いにも私のお金はアテにされず済みました。
    私も一生懸命働いて、一時はそれなりに貯金もあったんですが、結婚する気がなかった頃に自分用にマンション買っちゃったんですよね。
    だから財産はあるけどお金はなかった。

    >「私の貯金とかじゃなくて、二人の、でしょ?」

    ごめんなさい。
    このセリフ、気持ち悪い。
    女が言ったら「調子いい子」で済むかもしれないけど、男でこういうこと言うのって調子いいとかだけじゃなくアホか?と思ってしまいます。

    友達の旦那にこういうのがいますが、悪い人じゃないけど調子よくて甲斐性なしです。
    トピ主さん、全然心狭くないと思います。
    「ん?」と思うくらいで済ますなんて。
    私のマンションを夫が「二人のでしょ?」なんて言いやがったら……。

    ユーザーID:

  • 無題

    >もちろん不信感を買う相手とは結婚しないけど、だからと言って、
    >不信感がない=100%信頼できるとは限らないのでは?
    >結婚してから少しずつ築いていくものでは?
    >ことお金に関しては慎重にならないと・・

    ごめんなさい、否定されているのか肯定されているのか、よく解りません。
    つまり貴女が言いたい事は、
    『信頼出来ない男性(女性)と結婚したとしても、結婚してから信頼関係を築けば良い』と言う事ですか?
    お金の事は慎重にならなければいけないからこそ、結婚前に信頼出来るか否か、見抜かなければいけないと思います。
    結婚した途端、相手から当然の様に自分の預貯金を当てにされたくは無いです。

    ユーザーID:

  • 見せ金と隠し金

    旦那の事は信用していますし、私の貯金をあてにするような人ではないので全額がいくらあるのか教えても全然かまわないのですが、敢えて言いません(薄々は気付いているようですが)
    言ってあるのは全額のうちの1/3くらいですね。

    いざと言う時、例えば家が無収入になって困った時、夫婦仲がどうにかなったときの当座の資金などなど(まず無いとは思いますが)に備えて今は言わないでいます。
    別に独り占めするために内緒にしてあるわけではないですよ。

    旦那の方の個人的な貯金を持っているようですが私は一切知りませんし聞くつもりもありません。

    ユーザーID:

  • 法律上、あなた個人の資産です。

    >「私の、俺のお金とかという言い方は好きじゃない」
    好きでなくても、結婚前の貯金はトピ主さんの物です。
    今のうちに隠しておきましょう。彼氏さんは少々金銭感覚が甘いのでは?

    ユーザーID:

  • 判るけど、でもなあ。。。

    まあ、確かに、トピ主さんの彼氏さんの
    「おまえのモンはオレのモン♪」みたいな発言は「むっ!?」なのは判る。

    でもねえ、男女逆の立場って結構よくある。
    例えば男性A(32歳)実家暮らし、は1000万くらい貯金があって、女性B(24歳)はまだ社会人になって2年目一人暮らし、50万くらい、そういう二人が結婚する時に、Aが「結婚前に貯めた貯金はオレのモンだから、新居も結婚費用も、割り勘で出せる範囲でしような」と言われたら。
    結婚後、家買おうって時も、もちろんAは自分の貯金から頭金を払おうとは一切しない。。女性、引く人多そうでは?

    うちは実際に最近家を買ったんですけどね、やっぱり金利の問題もあるし、頭金ってできるだけ入れたほうがいい、なので私も夫も結婚前の貯金も
    出しましたよ。3000万くらい。ローンが短くなれば私だって子供だってそのほうがラクですもん、結局。
    結婚式とか、旅行とか、家とか、結婚って
    「二人の共同作業」だらけ。
    「血液だって共有する」くらいの気持ちで暮らした方が、なにかとうまくいく気もします。だって「子供」っていう「どっちのもの」って絶対決めれないもんも
    出来ますしね。

    ユーザーID:

  • 兼業主婦から発言

    10年前に寿退社をした後、新生活を始めました。
    当時は専業主婦となり、今まであった自分の給料は0となり夫に扶養される身分になった時、夫の全財産の預金通帳と印鑑、カードすべてを渡されました。

    彼は別に薀蓄を述べるわけでなく、サラッと渡して「じゃ、頼むな」みたいな感じでした。

    こちらも事の重大さは考えず「任してよ」って受け取ってしまいましたが・・・。

    私の預金も彼の預金も一緒に”まめ家の資産”なので切り分けは考えてないです。
    ただ結婚後は彼の給料から貯金をしているので、彼の名義の通帳に貯めています。ペイオフの時期から1000万を超えると、私の名義の通帳に入れるように変えました。
    現在はパートをしているので、その給料は私の名義の通帳にプールしています。
    ある程度のお金になったら「株でも買おうか?」とか
    「定期に入れようか」とか2人のお金として考えています。

    切り分けではないですが2人の名義の通帳が同じ位の金額になるように、偏らないように気をつけて貯金しています。

    ユーザーID:

  • 個人のものでしょうが

    結婚前の貯金は個人のもの。
    まあそれは当然でしょうね。

    でもそれをいえるのは
    「相手におごってもらうデートを中心にしていなかった人(割り勘だった人)だけ」
    じゃないでしょうか?

    相手にデート代の大半もしくは全額持ってもらって自分の給料は貯金。
    そして結婚したらお互いの貯金はお互いのものってのは虫が良すぎるのではないでしょうか?
    もしおごってもらっていた人が「結婚前の貯金はそれぞれのもの」と言うなら恋人時代の支出の不均衡をきちんと是正してから言うべきでは?

    ユーザーID:

  • 結婚前の財産は個人のものです

    結婚前の財産は個人のもの、結婚後に築いた財産は二人のものです。

    例えば離婚をする場合、結婚後に築いた財産は基本的には折半します(専業主婦でも)。結婚前の財産はそのまま個人のものです。

    ネット専業銀行など隠し口座に入れておいて、ご主人様には貯金金額は少なめに言っておいた方がいいと思います。

    ユーザーID:

  • 既出ですが

    やっぱり無い方がある方に向かって当然のように、アンタの金も半分オレのもの、的な言い方されたら、不快ですよー。というのは私も感じましたね。

    ただねぇ・・うちは家計用の貯金以外は、完全に個人のものとして分けたままで、互いにいくらあるか知りませんが、もし、独身時代の貯金でも結婚すれば二人のもの、として考えてもらえるんなら、私はそっちの方がうれしいですね。
    何故なら私は独身時代にマンション購入していて、二人で住んでいる今でもローンも税金も払っているのは私なので。

    貯金を分けて考えないという方は、独身時代のこういうローンもちゃんと自分のローンとして考えてくれるのかなあ??とちょっと疑問に思いました。

    ユーザーID:

  • ジャイアンみたいね

    お前のものは俺のもの〜
    みたいな(笑)

    「お金のないほうから言うなよ!」
    って言うのが正直な感想です。

    家の場合、主人は結婚前に借金があり
    やりくりして返済しましたが
    そのお金は「私に借りている」と思っているので
    現在溜めているお金すら、全て私のお金だと思っているみたい。
    私は「二人のもの」だと思っていますけどね。

    でも、主人がそういう考えでいてくれるからそう思えるのかもしれません。
    主人がトピ主さんの婚約者さんみたいな考えの持ち主だったら結婚しなかったかもしれません。

    ユーザーID:

  • なるほどな

    以前男性が社宅を出てマンションを買いたいというトピを立てたとき、
    結婚してから奥さんの趣味に合わせて買うように貯金しとくほうがいい、という意見が多かったんですが、
    その場合はその貯金は男性個人のものだから、頭金に使う必要は無いということですね。
    もちろん同じ額を出し合うのなら問題は無いでしょうけどね。

    ユーザーID:

  • 男性の方がロマンチスト?(苦笑)

    うちは私の貯金が1500万、夫200万で結婚。
    交際中は割り勘で彼は趣味や車に散財する人でした。

    結婚前、トピ主さんの彼と同じようなことを言われ、カチンときましたよ。単純に法的なことを知らなかったそうですが、やはり

    少ない方が多い方のお金を自分のもののように言うのが図々しいんですよね‥。

    挙式、披露宴代は私:夫(親が出す)=3:4に整えてきました。
    婚約指輪など、義母が選び購入してきたもので数百万。私は夫に安物でも自分の力で買って欲しかったけど、全て家の体裁だとかで。

    マンションの頭金700万を私、残りのローン全てが夫名義で、頭金の分は共有名義です。

    最初は「名義を共有するなんて変!なんて強欲な女なんだ!て親も怒ってるぞ」などと言われ、大喧嘩で破綻寸前でした。強欲はどっちよ!?

    説得の末、夫も学習し、今では退職した私の貯金は当てにしてない、生活費は全部家計から出して良い、と言ってくれています。なので、私の残り600万は個人の貯蓄。極て個人的な出費や家計がピンチな時には随時出してます。

    男性も、結婚前の貯金は保持して良いし、家や車を買ったら自分の名義にすれば良いんですよ。

    ユーザーID:

  • ないほうが言うのは変というが・・・

    女性は良くいません?
    自分のほうが貯金が少なくても、
    男性の貯金をアテにする人。

    結婚式などでも、男性の負担が大きいことを
    当たり前とする女性は多そうだけどな。
    住居購入でもね。

    もちろん男性が自発的に多くを負担している場合が多いと思いますが、
    女性もそれを当然と考えてるフシがあると思います。

    だって逆に貯金をいっぱい持ってる男性が、
    結婚における費用を折半したいっていうトピが立ったら
    セコイ男って言われそうですもの。

    ユーザーID:

  • 本音でも、口にしちゃマズイよね。

    結婚5年目ですが・・
    私達の場合、家の頭金は私の預金から出しました。(夫は預貯金無し)
    こんな女(嫁)もいると言う事で・・
    だって、大好きな夫と住む家ですもん!
    喜んで出しましたよ♪
    ちなみに、私の預金を当てにする人(男)だったら、とうに別れていましたね。

    ユーザーID:

  • 無意識にお金目当てになっている人もいる

    ある日、バイトのO君(25歳)が暗い顔で「皆さんに相談に乗って欲しい」と言うので、聞いてみたら

    「彼女が妊娠した。貯金も無いし、結婚の為に責任が重い正社員になるのは嫌。どうしよう・・・。」

    勿論皆から説教&説得されました。
    その数ヵ月後、表情が明るいO君。話を聞くと

    「彼女が年上なんですけど、ちゃんと正社員だし、なんと貯金が結構あったんですよ!だから俺が正社員にならなくてもいいし、イイ新居選べそうなんですよ!
    彼女はイイ顔してないけど夫婦になるんだから俺の金になるんですもんね!新しい車買おうかな♪」

    なんて事を笑顔で話してました。また皆から説教されてましたけど。
    結局O君が勝手に彼女のお金を使ったのがバレテ破綻に。
    それも使ったお金を返すのと、認知をすると約束だったのに逃げ、相手の親から会社に電話がショッチュウきたりして大問題に。勿論会社もクビ。

    トピ主さんの彼氏さんはサスガにこんな最低ではないと思いますが、気を付けた方がいいと思います。

    ユーザーID:

  • 私も同じ経験をしています

    独身時代に節約生活で600万近く貯金しました。欲しいものも買わず、厳しい節約に耐えられたのはいつかアメリカに留学したいと思っていたから。しかし考えが変わり今の夫と結婚することになった時、彼も同じ事を言いました。私の貯金を「夫婦のお金ででしょ?」と…

    彼は独身時代に旅行三昧、車もマンションも買って貯金は無い状態。それで私の貯金を「夫婦のお金」として使うのはずるい!留学は諦めたにしても、自分のお金として自由に使う権利はある!と思い、彼には渡さず死守しました。

    結婚後は夫婦共働きをしており、生活費は半々で出しています。しかし収入は私のほうが断然多く、しかもあまり浪費しないので貯金額は確実に増えています。夫は今でもマンションの繰上げ返済に貯金を全額出せと言ってきますが…今のところ無視です。こんな夫にうんざりですが、一応愛はありますので離婚せず続いています。

    貯金額は絶対言っちゃだめ!身にしみました…夫婦間で隠し事はなしにしたいところですが、お金に関しては隠したほうがいいです。絶対。相手が考え方を変えない限り、結婚後もず〜っと言われることになります。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧