結婚ってなんですか?

レス56
(トピ主0
お気に入り1

恋愛・結婚・離婚

れい

 結婚ってなんなんですか?全部好きになれる人っているんですか?

 先週、結婚寸前までいった彼とわかれました。いろいろあったのですが、母の猛反対と、私が彼のお母さんの面倒をみる自信がないのと(あとから聞いたのですが、彼のお姉さんが面倒をみるためバリアフリーを家を建てたそうです。)、彼の嫌いな部分がいくつかあって。生理的にうけつけられない部分がありました。でも彼はすっごくやさしくて愛してくれるから大丈夫と思っていました。6年間もつきあっていました。でも最後の最後でどうしてもついていくって言えませんでした。

 でも気持ちが揺れ動いたりもする。嫌いな部分も、もしかしたら好きになれるのかも?って。でも付き合っていたときも嫌いな部分なのに、、。

彼とはもう別れを決めて別れています。
いろんな人に相談をして「結婚するとき何かひっかかったらするべきじゃない」とか「結婚したらもっと嫌な部分がみえてくる」とか、、。「結婚は本人だけでなく家族も大事」。

でもそしたら全部が全部好きになれる人っているんですか?私が彼が初めての人でした。だからこんな風になっているのでしょうか?アドバイスお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数56

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主補足1

    彼はとてもやさしい部分がありました。でもお店の態度が悪ければキレたり、車の運転のときも相手が悪いのですがわざとぶつけるふりをしたりもします。最近では私が叱って少しは治ったところもありますが、先日も私の知らないところでお店とトラブったそうです。お店にも非はあるのですが、彼が怖いし、言葉使いもわるかったりするので、将来の子供にも影響しそうで。もしかしたら治るかもしれないし、本質的な部分かなと思ったり。
     

    ユーザーID:

  • トピ主補足2

    私も悪いとこがありました。自分の機嫌が悪いと彼をいじめてしまうのです。彼はもう慣れたとか、そんなとこも好きに思えてくれたといってくれるのですが、なんか成長していない自分に今回のことで気づいてこんなんじゃだめだと。でも、彼が許してくれる分、私も彼のキレる部分も寛大に見なければいけなかったのかなと思ったりもします。でもどうしても悪いことにしか思えません。言葉遣いも結構悪くて、「○○するな、ぼけぇ〜!」とかよく言っていました。男性ってこういう人が多いのでしょうか?私は彼が初めての人だったし、女子高とかだったので、他の男の人のことをあまりよく知りません。好きなだけじゃだめなのか、、、それでも彼を許すべきだったのか、、。彼とはきっぱり別れを告げたのに、心が揺らぐ部分もあります。

    ユーザーID:

  • 嫌いな部分

    私は初めて付き合った人と結婚しています。トピ主さんの書かれている「嫌いな部分」というのがどういうものか分からないのですが、私の例でお話します。

    嫌いな部分って育ってきた環境が違うから、絶対ないとは言えないと思いますよ。だからこそ話し合って埋めていく作業が必要なんだと思います。

    夫は食事時に左手をダラーンとして食べるクセがあり、私はそれが気になっていたので話し合いました。完全には直ってませんが、優しく注意したら都度ちゃんとしてくれます。
    でも、夫が三角食べ(まんべんなくおかずを食べること)をしない件については、話し合った結果「特に問題はないから直さない」になりました。私もネットや本で調べましたが絶対的に三角食べが正しいという情報が得られなかったので、今は納得しています。

    このように、嫌いな部分でも話し合いによって折り合っていくのが夫婦なのかなぁ〜と思っています。

    ユーザーID:

  • 結婚は生活です

    彼が好きだから結婚する人もいるし、彼が持っている条件が好きだから結婚する人もいるし、結婚っていろんな場合があります。

    どんな理由で結婚したとしても、大切なのは二人できちんと生活していくことじゃないでしょうか。

    私が幸せになるために結婚すると考えていると、だれと結婚しても無理でしょうね。こんな部分があるけど、この人となら家庭を築いていけると思う人と結婚してはいかがでしょうか。

    率直にいえば、自分から見て完璧と思える相手にとって自分が完璧な相手だと思ってもらえる確率は果てしなく0に近いので、そういう相手を望んでいると結婚できないと思います。

    ユーザーID:

  • 先ず自分自身が成長すれば・・・

    自ずと相手の欠点を 丸ごと受け止められるようになります。
    私自身がそうでした。

    20代後半、『顔が良い』『性格が優しそう』などと、漠然とそう感じた人と付き合ってみたけれど、相手の嫌な部分がすぐに目に付き、嫌悪してしまって続かなくなりました。
    そして30代に今の夫に出逢えました。
    不思議な事に、『この人となら、何があっても平気!』と思えたんです。
    けして完璧な人ではないのに・・

    きっとトピ主さんにも、そう思わせる人が現われると思いますよ。
    トピ主さんの【心】が、成長できれば。
    まずは焦らずに。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 愛していなかったんじゃ?

    もちろん皆が皆、夫や妻のことを100%満足してる訳ではないでしょう。お互いに欠点はありますよね。
    でもそれを上回るくらい良いところがあるんですよ。だから一生一緒に生きていきたい、この人と家族を作りたい、と思って結婚するんじゃない?(少なくとも私の場合)

    結果、あなたは彼をそれ程愛していなかったように見えます。結婚考えてた人のことを生理的に受け付けないとか、彼の母の介護ができないとか。。彼の母は何か重症な病気でも持っているんですか?そうでないなら介護が出来ないって、なんだか無責任ですね。

    「欠点はあるけど私を愛してくれるから大丈夫と思ってた」って?あなたは彼を愛していたのですか?単なる受身?

    とにかく今回は結婚しなくて正解です。愛が足りないように見えますので。きっとあなたが本気で愛せる人がこれから現れますよ。。それはあなた次第ですが。

    ユーザーID:

  • 本当になんでしょうね

    私は50代半ばです。結婚ってなんでしょうね、私も、主人の嫌いなところは沢山あります。(しかも、大嫌いなところ)憎んだこともあります。だけど、反対も有る訳ですよ。主人もわたくしの嫌いなところもあるし、喧嘩したら顔も見たくないことも。お互い様なのです。でも、居て呉れないと困るのです。甘えたり、怒ったり自分の心を素直に出すことが出来る、たとえばごみ捨て場みたいな位置にあるわけですよ。それって、愛情なのだと思うのです。好き。恋しているのは自分の感情ですが、愛とは丸ごと含めた気持ちだと思うのです。貴女はまだお若いので、愛情を育んだことがないのか、ともに人生を歩む覚悟が出来ない方なのか判らないのですが。昔の言葉に「結婚前には両目を開けて、結婚したら片目をつむれ」これは本当にそのとおりです。愛と情これが結婚でしょうかね。

    ユーザーID:

  • 全部を好きになるではなく、全部を受け入れること

    タイトル通りです。
    でも、大部分は愛していて、嫌な部分は
    許容範囲内という人はいます。
    それが夫です。
    勿論、夫も夫の家族も大切です。
    全部が全部なんて何事においても不可能では
    ないでしょうか。人間だから100%は目指せても
    到達はできないと思います。
    また、無い物ねだりになりますから100%を
    望むのは愚行権の行使ではないかと思います。

    何事においても全部が全部ってないと思います。
    でも、悪いところも含めて受け入れたいと思う
    気持ちはあると思います。嫌な部分も受け入れられる
    相手っていると思います。
    間違いなく生理的に受け付けない部分は
    許容範囲外なので結婚相手としては無理があると
    思います。
    嫌な部分も許容できるかできないかだと思います。
    因みに私は「嫌な部分がない相手」とは怖くて
    結婚できないですよ。それって盲目でまだ
    どこまで受け入れられるかみえてないってことだと
    思うので。

    ユーザーID:

  • 幸せになるための試練

    結婚前に完璧に良いと思われた夫であっても、結婚生活はいいことばっかりではないと思います。でも、結婚しない方がよかったと思った事はないです。夫には、今まで気がつかなかった欠点もあって幻滅したって事もあったし、嫁姑問題に合わない親戚の存在などマイナス面もいっぱいありました。でも、考えてみると私にも欠点がありました。若いときは、恥ずかしい限りです。結婚によっていろいろな人生勉強ができたし、たくさんの幸せを手に入れることができました。相手の悪い面を批判する事は、簡単です。でもそういう時に自分が相手を批判できるのか、自分に悪いとこがないのかを考えましょうよ。そうやって、成長しながら幸せを手にする方法だと思います。娘にも同じことを言ってきました。

    ユーザーID:

  • 好きも必要な条件ですが

    結婚するにあたって「相手のことが好き」って言うことは確かに必要なことだとは思うけれど、その条件「だけ」で成り立つのは「恋愛」だけだと思いますよ。

    「結婚相手に対して」トピ主さんが「全部が全部好きになれる人」って言うのが重要だとするしたら、私は「100パーセントでなくても、お互いが相手のことを何パーセントかでも好きでいられたら、そういう相手なら」って感じでしょうか?(仕事とか、お金のこととか細かい条件はこの際横に置いておいて。実際はそういうことも吟味の対象ではありましたが)
    私は片思いの玉砕ばっかりだったんで、こんな条件だったんですが。

    「苦労はするかもしれないけど、一緒にその苦労を乗り越えたいと思える」好きって言うのが結婚にはいいのかもしれませんね。
    私は嫁姑問題とか育児の苦労とかあるけれど、夫と結婚したことには後悔無いですもん。
    「自分を愛してくれて、愛することの出来る人と結婚できて幸せ」ですから。

    まあ、ちょっと一人になってのんびりしてみては?
    ほっとしたら答えもみつかるかも。

    ユーザーID:

  • 結婚て本当になんでしょうか

    離婚協議中の結婚5年目のものです。
    ひとついえるのが、「結婚前に気になっていたこと」これは結婚後大問題に発展する可能性大です。
    結婚前は恋人同士です。恋は盲目、相手の欠点も見ないふり、気づかないふり、またはさほど気になりません。
    結婚後はだんだんと恋情から家族愛に変わってくるにつれ、見る目もシビアになりますし、ずっと一緒に暮らすのでちょっとしたことも鼻についてきます。
    また、現実問題供に食べて、働いて、生きていかなければなりません。
    運命共同体になるということです。
    許せる欠点と、許せない欠点というのがあるんだと思います。
    全部を好きではなくても、妥協できる人が自然に出てくると思います。
    愛情がなくても、何十年も夫婦という形態をとりつづけている夫婦はある意味尊敬します。
    そこには思いやりや愛情がなくても、継続していく意思があるのですから。
    あと、どんなに長くお付き合いしても同棲しても、結婚生活のリハーサルにはなりません。
    本質が、運命共同体ではないからです。

    ユーザーID:

  • 全部好きになれる人なんて、いません!

    大好き!この人の子供を産みたい!と思って結婚しても、その後の嫁姑関係で悩む人はとても多いです。
    かくいう私も、夫とはとても気が合って仲良しですが、義母の自己中で依存的な考え方は、理解出来ません。

    結婚前は、あくまでよその人としての付き合いですから、この義母とならうまくやっていけると思っていました。
    ところが入籍したとたん、義母の態度は豹変。
    ずっと悩まされています。
    「結婚には相手の家族も大事」というのは正論ですが、それを考えていたら、私は誰とも結婚できなかったです。

    それでも、夫だけは結婚後も変わらず優しいので、私は十分幸せだと思っています。
    夫の性格の中で、嫌いな所もありますよ。
    でも、私だって完璧な性格ではありません。
    お互いに仲良くしようと思って努力することが、夫婦としては大事なのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • もうちょっと成長するのが先かな

    結婚っていうのは、相手のすべてを受け入れることでもあるんですよ。好きだけじゃだめですね。好きだとか愛してるだとかは、いつ、どんな形で消えて行くかわかりません。それでも、この相手と苦楽をともにできるか、これが問題なんですよね。
    トピ主さんは、もう少し、精神的な成長が必要かな?と思います。え?どういうふうに?思いますよね、きっと。これは年月が解決してくれます。
    人間って完璧な人はいません。欠点を含めて愛し切れる確信がもてる、そう直感できる人が、結婚相手でしょうね。
    不思議とそう思えるときが来るのです。

    ユーザーID:

  • 足し算と引き算では?

    結婚に向けてひた走る間は採点の連続だと思います。「この人となら何でも完璧!」と思える人なんて、たぶん世の中に居ないでしょう。「この人」というプラスがあるから、ある程度のマイナスがあっても幸せ!というぐらいで合格だと思いますよ。

    トピ主さんの場合は、各項目に0点か100点かを付けようとして、全てが0点になってしまった状態かな?最終的に「彼」も0点になっちゃって。

    でも「障害の無い結婚100点」から、ちょっとずつ色々な事情を減点して行く方式で、例えば「親の反対:−20」「地元から離れる:−10」というふうに考えて行って、普通じゃないようなプラスな条件があるならそれをプラスして、60点ぐらいになれば、結婚してもいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:

  • う〜ん

    結婚とは・・・・?

    楽しいこともあれば辛いこともありますよね。

    既婚の友人は「結婚とは忍耐だ!!」と言っていましたが。

    他人同士が一緒に生活をしていくのだから考え方などでぶつかることも多いです。

    お互い、譲り合ったりしながら年月を重ね信頼しあえるのでは?

    ちなみに先月、「私はあなたの親のホームヘルパーでも、あなたの家政婦でもない!!」と離婚した友人がいました・・・。

    結婚て難しいものですね。

    ユーザーID:

  • 自分を知ることが大事かも。

    こんにちは。

    わたしはもうすぐ結婚するのですが、その相手のすべてが好きというわけではありません。
    けれど、とても愛しい存在です。誰よりも特別です。
    一生一緒に生きて行きたい相手です。

    全部好きにならなくてもいいと思います。全部好きになれたら素敵だけど、小さなことなら「ここは嫌」ってあってもいいと思う。(わたしの場合、彼が病院嫌いなのと、が嫌なんだけど。笑)
    でも、嫌なだけで、「それが自分を苦しめる」ことはない・・・っていうのが大事かも。

    でも相手どうこうじゃなくて、まずは自分自身を良く知ることが大事だと思います。自分のすべてを愛してくれる人がいて当然、なんて思いませんよね?自分にも欠点はある。だから人と生きていく。つまり結婚って、「一緒に生きていく人」を選ぶのであって「完璧な人」を選ぶものではないんですよね。選ぶという表現もちょっと不適切かな。
    完璧じゃないけど、全部好きじゃないけど、一緒に生きていける人、そういう人とするのが結婚かなって思います。
    でも・・・好きじゃない部分が「自分を苦しめる」場合は考え直したほうがいいと思います。

    ユーザーID:

  • 理由はたった一つ

    結婚ってなんですか?と聞かれれば,わたしも上の方と同様「生活です」と答えます。

    そして,わたしが今の夫と結婚を決めた理由はたった一つ。
    「嫌なところがなかったから」
    です。
    細かい部分はありますよ。煙草を吸うこととか,部屋の整理整頓が下手なこととか。
    でも人間として生きていく根本の価値観みたいなものに嫌なところがなかったんです。

    大好きで大恋愛したわけじゃありません。
    でも結婚15年以上経った今も深く静かに好きだと思うし,もしあるなら来世でも出会いたいと思います。
    そういう相手に出会ってするのが結婚なんだと思います。多分。

    ユーザーID:

  • 完璧な人はいません

    完璧な人なんていませんし、トピ主さんにだって欠点は
    あるでしょう。

    みな、「この人とだったら多少のことがあったとしても
    我慢できる」として結婚しているのです。

    事実、男性はほとんどそうやって結婚しているので、
    多少のことには目をつぶりますが、女性側が目をつぶって
    もらっていることを自覚することはほとんどありません。

    反面、女性は、「この人は理想の人」という思い込みで
    結婚する人がかなりの割合でいます。
    そして後から、「こんな人だとは思わなかった」
    「騙された」と、「私は被害者」とぎゃーぎゃー騒ぐの
    ですがね…

    ユーザーID:

  • 一人で生きるよりも…

    結婚するのは、幸せになるためです。
    一人で生きるよりも二人で生きていく方が幸せだと思う。
    子供が生まれれば、三人、四人と家族が増えてさらに幸せになると思う。
    結婚して、私は幸せです。
    子供も生まれさらに幸せです。

    「幸せとは写真に撮りたくなる出来事」と連呼していたら
    妻に、「うるさい」と叱られました(笑)
    会話の絶えない明るい家庭っていいと思いませんか?

    今の生活は、結婚する前からイメージできていました。
    私は、相手の全部が好きになれなくても、
    幸せな夫婦生活がイメージできればよいのだと思います。

    ユーザーID:

  • 補足を読んでの意見

    御免なさい、結婚の一般論なのかと思ってました。彼とは、悩んだ末に別れたのですよね。彼の性格が変わるかどうかは解りませんが、今のような粗雑さは減るのが普通でしょうね。でも、もう別れて未練を断ち切る気持ちなのですよね。だったら、もう少し大人の彼を探してもいいのでは?

    お互いの成長とかいろいろ言いましたが、スタートラインは少しでも楽な方がいいですよね。ただ、盲目の恋といってあまりにも相手を好きになりすぎて結婚してジタバタというのもあります。やはり言える事は幸せな夫婦が現実に多くいて、皆それぞれに努力してるという事でしょうか。

    ユーザーID:

  • もっといろいろな人を見ましょう

    ちょうどトピ主さんの別れた彼氏のような人と結婚して20年になります。私も女子校出です。キレやすいのはその人の本質で簡単には直りません。最近私が離婚を切り出すようになってから、やっと直す様努力し始めたみたいです。そういう人は結婚しても大変ですよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です

     いろいろコメントありがとうございます。つい最近までは「彼となら大変なことでも、、」って思っていたはずなんです。でも両親に合わせたの機に次々と崩れ去っていったのです。私は今まで本当の彼を見ていなかったんでしょうね。

    自信が無くなりました。でも、みなさんが言われるよう、私がまったく成長していなかったと思います。今とても成長していないことに関して反省しています。6年前就職活動のとき、つらくって、自分が必要とされていない人間だって思ってしまい、死にたくなってしまいました。そして今回彼との別れを決めたとき、またそのときと同じ気持ちになってしまい、まったく成長していない自分にきづかされました。

     次、もしいい出会いがあり、付き合うことになればまずは自分でしっかり立って、どうしても、どうしてもだめなとき彼の手を借りられるような付き合いができればなとおもっています。でも今は彼以上のやさしい人(他の面ではどうしても納得いかなかったので分かれましたが)が現れるのか、、、心配です。

    ユーザーID:

  • 良縁だと迷いはないようですよ。

    恋人の頃は「結婚は本人さえよければ」と頻繁に周りから言われたものです。
    お互い良縁なら相手家族とも【お互い】努力をすればほどほどにやっていけます。
    義家族にそれほど嫌な事は無く、数十年経った配偶者に対してマンネリ気味の方は
    「結婚は本人同士」と言いいます。(あくまでも統計ですが)
    彼のお姉さんの事、お母さんの事、これは大きく影響します。家族になるんですから。
    そういうことに片目を閉じて「まあいいか」「どこにでもある事か」と他人事のように結婚話を進めてしまうとストレスフルで不妊、実年齢より10歳老け、そして離婚予定の私のようになります(苦笑)
    相手の家族の一員になれない、溶け込めないとわかったら結婚はやめましょう。
    嫁は夫の付録でも居候でも奴隷でもありません。
    結婚、それはお互い育った家庭から精神的にも経済的にも自立し、
    相手の家族になる事です。

    ユーザーID:

  • 三人目で結婚

    私の場合は、一人目は気の会う友人のような彼氏でした。欠点が気になったけど楽しいときが多かったので目を瞑っていました。

    二人目は衝撃が走り恋に落ちた恋愛でした。ドキドキスリルのあるドラマ気分になれる恋でしたが、そのような恋はやがて冷めることを知りました。

    三人目の彼は一緒にいると日向ぼっこをしているような気分になります。
    たまらなく好きな一面があります。

    例えば小説で、衝撃的なほど大好きな台詞があると、その小説が好きになります。
    たった一行でさえ、その小説ごと好きになります。

    今の彼はそんな感じです。

    ユーザーID:

  • 結婚とは幸せを感じる

    半年目の結婚生活で思うことは幸せを感じる毎日です
    先のことはわかりません

    一人でいるより、一緒にいたほうが何倍も幸せだな〜
    と感じます
    世界中の人が同じ気持ちなら地球上から争いは
    なくなるのじゃないかと思う
    お金より物より一緒にいることに幸せに感じる
    これが結婚だと思います

    全部が好きか、嫌いなところがあるかなんて全然関係なく、
    二人でいることが幸せです

    喧嘩することなく、毎日笑って過ごしてます
    結婚っていいものですね〜

    キャリア組の私は一生独身でお金をためて
    仕事に生きる予定でしたが、結婚してよかったです
    仕事は辞めました

    一緒にいるだけで幸せを感じられる人と
    出会えるといいですね

    少ないかもしれないですが、結婚して幸せに毎日を過ごしている人もいるって事ですよ
    相手に自分の希望を押しつけるのではなく
    お互いをいたわりあって日々過ごすこと
    これが結婚だと思います

    幸せや穏やかに過ごせるパートナーが見つかるといいですね

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    チリさんへ>
    >彼の母は何か重症な病気でも持っているんですか?

     彼のお母さんは目が少し不自由で家の中で生活するのは大丈夫なのですが、外へは一人ででられません。

    母は彼に万が一失明した場合(確率は低いのですが)どうするか聞いたとき、「お姉さんに相談する」と答えましたが、母はそれは違う、よそのとこにいったお嫁さんに任せるのはおかしい。といい結局彼は「最悪の場合同居するかも」といいました。

    私は全く相談されていませんでした。考えていなかった私がいけないのですが、そのあと二人が別れを決断したあと、「本当はお姉さんの家ばすでにバリアフリーになっていて、準備はできていた」と言われました。

    私は心が揺らいだのと同時に「どうして言ってくれなかったのだろう。別に隠すことじゃないのに」と彼の考えがわからなくなってしまいました。

    ユーザーID:

  • トピ主です。続き

    彼のお母さんについてはいつも私から質問するかんじで、彼からはあまり話してくれませんでした。そのことも引っかかってしまいました。彼が言い出しにくいというのはわかるのですが、大事なことをあまり話さない人なのではと、不信に思いました。実際、両親に挨拶にきたときも、その話を切り出したのは最後の最後に母が聞いたときでした。私が思っていた、好きだった彼なら、まずそのことを、たとえどんなに緊張してても、自分から切り出す人だと思っていいたのに、どうして?と彼のことがわからなくなりました。そのこともどうしても納得がいかず、別れの原因のひとつとなっています。ここ何ヶ月か母も彼と会うまではすごく結婚について協力的だったのですが、彼とあった日は泣いて別れてほしいと言われました。彼に不信感を抱いたと思います。
     

    ユーザーID:

  • トピ主続きです、、

     でも、本当につい最近までは彼なら大丈夫とおもっていました。彼しかいないとおもっていました。でも両親に会ったとき、あの自分の自信のなさに驚き、そして、お互い歯車がはずれたように崩れ去っていったようなかんじです。両親に会ったその夜、次の日、母に反対されながらも、彼にもう一度話し合おうといいました。でも彼は「もう無理だ」と言うばかり。私もそんな彼に対し彼だって傷ついているという思いやりではなく、絶望感だけを感じてしまいました。2日後
    彼から家にもう一度話をきいてほしいという電話がはいったそうですが、結局断るよう父にお願いしました。あの時ちゃんとできなかった二人が最終的な形のように思えて。2度目だったら誰でもできる、あの時が大事だったのに、、と。本当に音を立てて崩れ去るというのを実感したように思えます。何かに引き離されたようにさえ感じています。
     でも私の成長のなさが大きな原因だと反省しています。6年間なにも変わっていない自分に驚くばかりでした。

    ユーザーID:

  • 蓼食う虫も

    タデ食う虫も好き好きって言葉があります。
    ぼけぇ〜っと怒鳴ったり、車をぶつけるフリをして威嚇する彼を「カッコいい♪」と思う女性(ヤンキーに多い?)もいます。
    他人が「最低」と言っても、当人が良ければ関係ないのです。
    逆に、他人が「それくらいOK」と言っても、当人が許せなければダメ。

    だから、ここで彼の人柄を述べて「止めといて正解」と言ってもらっても、何の意味もありません。
    トピ主さんがどう思うか、どうするかの問題ですから。

    全部が好きになれる?という質問ですが、私の場合、夫の欠点を好きかと聴かれたら嫌いです。でも、夫の全部を好きではないのかと聴かれたら、好きではないと答えるのはなんだか違う気がしてしまいます。
    欠点は嫌い、だけど大まかには全部好き、というか・・。

    私にとって許せない種類の欠点でないので、欠点が原因で喧嘩することはありますが、本気の大事には至らず、喧嘩というか注意・苦情という色合いが濃いです。

    ユーザーID:

  • 私なら。

    >生理的にうけつけられない部分がありました。

    これは無理です。どんなにいい人でも絶対に結婚しません。
    あと色々考えすぎても結婚できません。
    私の夫は高卒、バツイチ、同居前提、家事出来ない、後から分かったけど借金アリのとってもいい男です。
    この条件だけ見たら「結婚したい」と思う人は少ないでしょう。
    でも私は結婚しました。そして幸せです。
    借金はさすがに大変ですが、長いようで短い一生です。多少の苦労もご愛嬌、可愛い子供と夫婦で笑い合える時間で帳消しに出来ます。

    本当は私が選んだんじゃなくて、そういう運命になってしまったんですけどね。
    彼以前に付き合っていた人達とは結婚したいと思えなかった。彼とは結婚してもいいなと思えた。そして結婚することになった時、誰も反対しなかった。それだけのことです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧