新任教員 辞めるべきか!?

レス175
(トピ主0
お気に入り6

キャリア・職場

aki

小学校の新任教師です。講師経験4年半、採用試験8回目で合格しました。4月から5年生40人学級の担任として働いています。
 初めての高学年で、人数も多く、毎日7時前に家を
出て、22時に帰宅という生活です。子どもたちと仲良くしたいと日々努力しているのですが、なぜか子ども
たちと心を通わすことができません。難しい年頃で
徒党を組んでの反抗、エスケープ、女子のグループ化
と学級崩壊寸前まで事態が悪化しました。学年の先生からの協力は得られません。管理職は、責任を追及してくるのみ・・・もう苦しくて苦しくて、ついに学校に行けなくなってしまいました。精神科へ行くと適応障害と判断されました。2ヶ月の休職を勧められ、学校をしばらく休むことにしました。
休んだら少し楽になるかと思いましたが、毎日のように子どもたちの夢をみます。かといって今の状態では
復帰できるか自信がありません。辞めると楽かなぁと
思いますが、長年の夢をやっと叶えたのに、たった
数ヶ月で答えを出してしまってもよいのかとすごく
悩んでいます。教員をされている先輩方、同じような
経験をされた方、よきアドバイスをお願いします

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数175

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 立場を明確に

    私が中学入学当初に先生の言った言葉、
    「おまえらは教えてもらう側、俺らは教えてあげる側。
    立場が違うからなれなれしくするな。」
    みんな度肝を抜かれました。

    いきなりこんなことを言えとは言いませんが、一理あると思います。
    友達と先生は違います。先生のほうが上の立場です。
    だから、「仲良く」というのはそういった生徒と先生とい
    関係が存在する中で、ありえることです。
    子供と「友達」になろうとしていませんか?
    そんなこと全く無理なことだし、子供がなめるだけです。

    ユーザーID:

  • 私も教員です。

    さぞかしお疲れのようです。私は高校教員で、いわゆる困難校に勤めています。指導が行き届かないときの無力感、経験はそれなりにあるのにという自分に対する情けなさ、協力してくれない管理職への怒り、子どもに無関心な保護者への絶望感・・・確かに小学校とはずいぶん違いますが、お気持ちはわかるつもりです。

    今はゆっくり休まれてください。復帰してから、もし指導が困難になっても、自分のせいだと思ったり、自分が力不足だと思わないようにしてください。あと、同僚で話を聞いてくれる人をぜひ作ってください。私は精神面でしんどいときはスクールカウンセラーに相談してますよ。長い教員生活のなかで、きっと楽しい思いをすることのほうが多いと思います。今は運勢のグラフが下がっているだけ。健闘を祈ります。

    ユーザーID:

  • 辞めた方が・・・

    一般的な会社員だったら「頑張って!今うまくいかなくても、周囲に分かって貰える日も来るよ。」と応援するところですが、小学生相手の教員では、辞めることをお勧めします。
    相手が大人か、子供かでは話が違うんですよね。

    学級崩壊を起こしたクラスの担任であるトピ主さんも苦しいとは思いますが、子供たちはもっと苦しいですよね。そんな荒れている教室で、どうやって過ごしているんでしょうか?

    トピ主さんが成長するのに必要な時間に、子供を付き合わせるのは酷ですよ。

    ユーザーID:

  • まずはゆっくり休んでください

    御体の具合はいかかでしょうか。他人事と思えずレスしております。5年生は、本当に難しい年頃ですよね。

    私の経験談で恐縮ですが、講師採用されて2ヶ月経った頃、毎日辞めることばかり考えていました。授業中立ち歩く子に脱走する子。それでも学級の子ども達のことが大好きで、同じように夢に見る日が続きました。夏休み前には落ち着き、涙の修了式を迎えられたのも、学年の先生や保護者のご協力あってのことですが、トピ主さんは、協力を得られないとのこと。何か理由があるのでしょうか。

    私を支えたのは「たった数ヶ月で、向いているかいないかは、誰もわからない」の言葉です。
    初めて5年生を担任した時、自分が心がけていたことは、気持ちを正直に子どもに伝えることです。私(先生)はみんなと仲良くしたい、みんなに話を聞いて欲しい、協力して欲しいetc・・・・・軌道に乗るまで、毎日胃が痛い思いをしていました。
    管理職や学年の先生以外に、前任校の同僚など相談できる方はいらっしゃいますか。少しでも、トピ主さんの心が楽になりますように。

    ユーザーID:

  • ゆっくりと

    あせらずゆっくりしたらいいんじゃないの。私も講師をしていました。子どもとの相性もあるし。自分を責めることないと思います。ただ、これからも教師を続けるつもりなら、自分に正直にやっていくことが大切だと思いますよ。親や管理職のごきげん伺いして続けていくことないでしょう。やめてもいいと腹くくるならなんでもできるでしょ。子どもにも本音で付き合って、言いたいこと言えばいいし、いい先生やろうとせず、自分らしい先生になればいい。一人の人として子どもに接していけたらいいと思います。子どもからもたくさんのことが学べると思いますよ。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 教員ではありませんが

    辞めるのも一つの選択肢だと思いますが、それは今じゃなくてはダメですか?

    仕事は逃げても追いかけてきます。何らかの形で解決を試みたほうが後々に絶対楽です。今はつらいでしょうけど、何とか頑張ってください。

    もしかして何も残らないかも知れません。でもどうぞあなたの場所から逃げないで踏ん張ってみてください。その辛さもいつかあなたの力になるはずです。

    ユーザーID:

  • 甘い

    イキナリ辛口ですみません。でも、たったの2ヶ月で放棄(休職)してしまうなんて甘すぎます。これからが大切なのに。2,3ヶ月でうまくいくわけないんですよ。

    私の場合も、子どもたちは、1ヶ月目は慣れない面もあっておとなしくしていましたが、2,3ヶ月目はひどい状態になりました。やめたいと何度も思いましたよ。でも、ここで逃げたら、子どもに「くみしやすい」となめられるだけだと思いました。

    精神科、そりゃ行けば『診断』を下してくれるでしょう。でもそれで本当にいいのですか?

    >徒党を組んでの反抗、エスケープ、女子のグループ化
    と学級崩壊寸前まで事態が悪化しました。

    少なくとも、学級で何が起きているかはわかっているのですから、ゆっくり、ひとつずつ解決していかなければなりません。子どもたちの話をよく話を聞こうとなさっていますか?一人ひとりとの対話の時間(HRや学級会などで)を作ってください。自分がその年頃だったときのことを思い出してください。

    何度も言いますが、2,3ヶ月でどうにかなるものではありません。焦って突き進んでも仕方ないのです。

    ユーザーID:

  • 正直に言うと・・・

    スイマセン、教師ではないのですが、私も小学生の子供がいます。
    トビ主さんの話を伺うと、重圧に耐え、休息が必要なように思います。

    休職を何年か取れないですか?私の姉の旦那も教師で、同じ問題で休職してましたよ。
    そして、厳しいかも、ですが、小学生の母から言うと「この状況であれば、強くない教師は担当から外して下さい。」という心境です。トビ主さんを攻めている訳ではないのです。しかし、学校では同じ様なことがどこでもあります。

    私自身、当時超校内暴力の中学校にいました。新聞沙汰、テレビ報道、少年院にはいる同級生たち。しかし、当時の先生はすごかった。今のように先生の立場も弱くなかったので、真っ向から勝負でした。私は当時の強い先生がいたから、あの恐慌状態の学級で、大丈夫だったんです。

    今は、イジメ等、陰湿になっていますが、大人である先生が強くないと、子供達はあっという間に方向性を見失います。後は、学校側の配慮が欲しいですよね。

    一刻も早く、復帰でいることを願います。優しいトビ主さん、これを乗り越えたら、そういう子供達の心がわかってくれると思います。

    ユーザーID:

  • 今は休んで・・・

     こんにちは。現在育休中の中学校養護教諭です。
     今は中学校勤務ですが、小学校勤務の経験も
    ありますので小学校の学級担任の先生の大変さは
    よく分かります。
     4月からのこと、いろいろ大変でしたね。
    子どもたちの指導が大変なうえに管理職や同僚の
    協力が無いとなるとどれほどお辛かったこと
    でしょう。
     学級崩壊というとすぐに「担任が悪い」
    「指導力不足」という発想になりがちですが、
    それだけが原因ではないですよね。あまりご自身
    を責めたり自信を無くしたりしないようにして
    くださいね。
     休職は承認されたのですよね?2ヶ月という
    ことは夏休み明け復職ということですね。その間
    ゆっくり休養して気持ちをリフレッシュして
    ください。退職に関してはその間にじっくり
    考えて決論を出した方が良いと思います。
    辞めるのはいつでもできますから・・・。
     akiさんが今の状況を乗り越えてまた教員
    として子どもたちと過ごせるよう陰ながら
    応援しています。

    ユーザーID:

  • 頑張ってください

    教員になり14年目です。
    akiさんの気持ちよくわかります。
    私も毎日やめようと思っていました。
    幸い、見るに見かねてまわりの先生が手をさしのべてくれて今に至っています。
    私の場合は10年すぎてから「この仕事が楽しい」
    と思うようになりました。
    せっかく難関の採用試験を受けて好きな仕事を選んだんじゃないですか!!!!
    akiさんを慕っている子は待っていますよ。

    やめるのはいつでもできます。
    結論を急がないで。

    ユーザーID:

  • 媚びずに筋を通す

    子ども達に歩み寄ろうとして悪く言えば媚びてしまわず、物分りのよい大人を装うより、逆に厳しい目に正しいと思うスタンスで筋を通して臨めば、厳しくても心の中で本当に子ども達のことを思いやっていれば、通じるものかも。

    ・遅刻、宿題の忘れなど建て前では妥協を許さず筋を通して厳しい態度を取るが陰では子どものことを考えて色々配慮。
    ・人間だから「かわいい子、かわいくない子」がいるかもしれないが、理性的にどんな子もえこひいきをしないように平等に扱う。子どもはえこひいきなどに敏感なので、個人的な好き嫌いを見せず筋を通して平等対等に扱えばそれなりについて来る気になるかも?
    「手の掛かる子」に構いすぎて逆に「手の掛からない優等生」が寂しい気持ちにならないようにも配慮。

    この年頃は生意気だが脅されてもひるまず筋を通す。
    腹が立つこともあろうがプロ意識で心から子どもを愛そうと努力し真剣に取り組めば、子ども達にも通じるかも?

    どんな問題児も心から愛してよいところを見つけてあげる努力をすると心を開いてくれるかも。

    ユーザーID:

  • 媚びずに筋を通す 2

    嫌われることを恐れずに、子ども達のことを心から考えながら時には厳しく接するとよいのではと思います。そうすれば貴女の心の底にある本当のやさしさや配慮は通じるのではと思う。
    変に媚びるよりも信頼が得られ、結局は子ども達も貴女を好きになるのではと思う。

    それともちろん授業も大事。しっかり準備して楽しい気分で子ども達が授業を受けられるように。学力も色々だと思うが、当てる時に問題を工夫するなどして、よく出来る子には「答え甲斐があって達成感を持てるようなちょっと難しい問題」、あまり出来ない子には、先に答えさせた子と類似の答えやすい問題を出してうまく答えられたと誉めて自信をつけさせるなどして、皆がそれぞれに楽しく学習できるように配慮する。
    誰かが馬鹿にされても、「(この子はレベルが低いが)馬鹿にしてはいけない」と道徳論で言うのではなく、「彼にはこういう長所があり、尊敬する」など、その子のよさを他の子が発見出来るような指摘をする。

    ユーザーID:

  • 何が一番大切か考えて

    私の姉妹や友達も公立学校の先生が数人いますが
    話を聞くと驚くことばかりです。
    親は子供かわいさに理不尽なことを平気でするし
    子供もそれやテレビの影響で教師をなめきってるようですね。
    正直続けていく方がお辛いのでは?
    クラスや学校が変われば上手くいくかもしれませんが
    また問題のあるクラスになれば身体を壊してしまうように思います。
    トピ主さんまじめで熱意もあるのが裏目に出てるのでは?
    タモリさんが長く続けるコツはほどほどに手を抜くことだって言ってますよね。
    トピ主さんも「しょせんこの程度が現実。どうしようもない。」と諦め半分の気持ちを持てたら
    楽になるかもしれません。
    仕事は身体を壊してまでするもんじゃない、一番大切なのは自分自身。
    その仕事でなければ生けていけないときのみ
    身体を壊してでもする価値があるものだと思います。
    トピ主さん、仕事は生きがいですか?死んでもやりたいことですか?

    ユーザーID:

  • 先生を弱くしてるのは、今の親たちと子供達

    小学生の母様
    「弱い先生はずして欲しい」と言うお考えはもっともですが、お母様や私の世代で通用してた、先生の体罰や、ヤンキー生徒達への厳しい管理ができない現状をご存知で言っておられるのでしょうか。
    先生だって人間。言うこと聞かない生徒には、ビンタの一発だって浴びせることはできるはず。でも、軍隊的な連帯責任性で全員に床の上に正座をさせたり、体張って生徒に立ち向かった、私達の世代の「鉄の先生」のようなことは、今はできない。
    今は体罰を加えようものなら、親が神経質になって、学校に文句をいう。体罰を加えたことが分かったら、先生には制裁が加わる。親はちょっとした子供の諍いで、直ぐに先生に調停を求める。そんな弱い親たちが増殖したこと、弱い親たちが育てた子供達は更に弱いために、先生達も「弱く」なって対応せざるを得ないのでは。
    先生が精神的に弱くなったのではないと思います。昔の先生では認められていたような人間的な感情の発露を、限界まで押さえつけられてる先生の現状が、先生の精神的破綻ではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 教員24年目です。

     新採用で40人の5年生担任、なかなかたいへんなことと思います。他に高学年を希望する教員がいなくて、立場の弱いあなたに回ってきたのかもしれません。高学年の指導は、かんたんではありません。たまに新採用の方でも収まることもあるけど、ベテランでも悩み苦しむことはしばしばです。たいへんお疲れのご事情察します。
     同僚も管理職も、あなたの立場を理解してくれない、とは、つらいですね。
     とは言え、絶対に同じ職場にあなたの理解者はおられるはずです。組合には入っていますか。
     学校現場で悩んでいるのは、あなた一人ではありません。まずは休養をいっぱいとって、自然に働きたいエネルギーがたまってくるまで待ちましょう。
     来年度の春までお休みするのが、あなたのキャリアを考えるとよいかもしれません。でも来年、無事に1年勤めるまでが正念場ですよ。親の目もありますよ。それを越えれれば一安心です。
     無理はしないで、自分の適性ももう一度振り返るチャンスとしてください。
     

    ユーザーID:

  • 体が大事です。

     私の末の妹は、ずっとやりたかった仕事に就職ができ,本当にうれしそうでした。しかし、就職して二ケ月後、体を壊して実家に帰ってきました。やはり、色々なことが原因で、心も体も持たなかったようです。一歩遅ければ、鬱病になっていたかもしれなかったので、両親も帰ってくるように言ったようです。
    私は正直、たった二ケ月で……と思ったのですが、真ん中の妹は、「まあ、死ぬよりいいんじゃないの」と言いました。「仕事で、人生捨てたらもったいないよ」とも。それを聞いて、なるほどな、と思いました。仕事とは長い人生を生きていく上での、手段の一つです。つまり、体も心も追い詰められて、ボロボロになってもやるものではないのです。

    ユーザーID:

  • 心も大事です。

     続きです。なので、辞める辞めないを決めるのは別にして、今はゆっくり休まれてください。教師の仕事を続けるならば、やはり心も体もタフでなければいけないと思います。元気がないなら、休むことです。いいじゃないですか、子どもの担任の先生の代わりはたくさんいるけど、あなたの代わりはいないんですよ。そしてまた元気になったら、がんばってください。今の経験が、今後のあなたの先生としての人生に、大いに役立つと思います。

    ユーザーID:

  • うーん・・・

     トピ主さんのお話を読み、最初に思ったのは「何かひとつ事件が起こるたびに動揺してしまい、それが児童にわかっちゃってるんだろうな」ということです。これがベテランの先生だったら、落ち着いて対応できたのかもしれませんが、高学年は初めてなんですよね。本当は周囲の先生の手助けが必要なのでしょうが、それが無いのはあまりにも担任教師にだけ押し付けている気がします。
    今、教職を辞めてしまうのは簡単ですが、何年も教師になる夢を捨て切れずに頑張ってらしたんでしょう?勿体無いなあと思います。
    何かあるたびに辞めてしまっては、どんな会社でも長く勤められないですよ。(どんな会社にも意地悪で嫌な人はいますから。)
    同僚でなくても、ほかの学校にでも相談できる誰かはいらっしゃいませんか?
    今のままでは投げ出された児童たちも可哀想ですし、トピ主さんも中途半端に終わってしまいます。
    「女王の教室」のようにやれとは言いませんが、児童一人一人ときちんと向き合って、問題点を少しずつでも解決して行かれる方が良いと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 5年生の母です

    自信がないなら辞めてください。
    5.6年生は中学への大切な時期なのに、トピさんに子供を預けるのはとても不安です。一部の真面目な子や親の身にもなってみてください。

    ユーザーID:

  • 今時の小学生は

    大変ですね・・・教員ではないですが、実家が先生方の溜まり場になっていて、色々な話を聞きます。
    教員生活ン十年の先生方ですら、今時の子供&保護者たちは扱いにくいようですから、講師生活が長くても、新任で高学年の受け持ちは本当に大変だと思います。

    私の子供は今年から小学生です。近所の登校班の5,6年生を見ても、どことなく昔に比べて「斜に構えている」「大人をなめている」気がします。子供を持った親として見ても、扱いにくそうなお子さんが増えた気がします。

    一度やめて、新たな場所(塾やフリースクールなど)で活躍しても良いのではないですか?自信がついたら学校に復帰する事だってできます。今は無理をしないで、自分の心を大切にしてください。

    ユーザーID:

  • 強くなってください

    困難校と言われる高校の養護教諭です。20年やってます。
    保健室は生徒達のオアシスと言われていますが、
    言わないといけない時は心を鬼にして、きちんと向き合い指導します。もちろん褒める時は思い切り褒めます。

    その時に理解してもらえなくても10年後、20年後にわかってくれればいい、社会に出たときに本人の役に立つようになればいい、育って欲しいという一心です。

    「子どものために自分に何ができるか」それをいつも頭に置いています。
    それは甘やかすことでもなく、その子どもの10年後、20年後を見据えた教育だと思っています。

    子どもと仲良くなる必要はありません。友達ではなく「先生」という立場を貫いてください。教育の結果は時間がたたないとでないことが随分多いと思います。子ども相手なのだから当然です。すぐに結果を求めず、ご自分のペースで自分の教育観をしっかりと持ってください。

    心と体が回復したら、再出発してくださいね。応援しています。

    ユーザーID:

  • まったくの外野ですが、

     ふと、「女王の教室 エピソード1 堕天使/エピソード2 悪魔降臨」を思い出しました。

     時期的にドラマなど見ている余裕は無かったと思いますが、まぁ、気が向かれたら見てみても良いかも。

    ユーザーID:

  • 子どもにとってその学年は一度きり

    当たり前のことですが、子どもにとってその学年は一度きりです。先生は、教師をやっていれば、この先何回も同じ学年を受け持つことがあるでしょうが、子どもにとってその学年は一回きりなのです。なのに、先生が休職してしまわれた。休む方もお辛いでしょうが、そんな先生に当たってしまった親の立場、子の立場、お考えになったことがありますか?もし、先生がこの先も頑張る気があって、でも今はいろんな事情で力尽きて休んでしまったというなら、それは待ちますが、辞めるべきか迷っている。とおっしゃられるなら、そんな方にこの先大事な子どもをお任せすることはできませんから、どうぞ別の道を探してくださいとしか言えません。うちの小3の時の担任も学級崩壊後、途中休職されてしまいました。これは、そういうクラスの子の母の偽らざる気持ちです。

    ユーザーID:

  • 自分を忘れず、頑張ってください

    私はPTA会長職を3年間務めてきましたが、トピ主さんと同様な光景を見てきました。
    新任早々で5年生を受け持たされて、退職された男性教諭です。
    ご本人は一生懸命に頑張って来られたのですが、保護者と管理職の板ばさみに遭って、退職されてしまいました。
    我が子が変質者に遭遇した時には、学校に逃げ込んだ子供をずぶ濡れになって送り届けてくれた姿には、感動したのですが。。。
    自分自身をしっかり持って、頑張ってくださいね。
    クラスの経営者は貴方なんですから、生徒や上司のたわごとに惑わされないでください。
    辞める覚悟が有るのなら、自己流でやってみては如何でしょうか?
    生徒に負けてちゃ、だめですよ。

    ユーザーID:

  • 母が教員

    母が小学校教員でした。大学卒業後37年定年まで勤めました。
    母いわく、子供と仲良くしようなどと思わないこと。子供にどう思われるか、保護者にどう思われるかよりも、まず学校内でのルールを守らせること。

    母の口癖は「きまりはきまり、守るためにある」。そのお陰で家では家族から、杓子定規だとか、いつも自分の物差しが正しいと思って譲らない、意固地だ等、結構ひどいことを言われていました。でも学校の子供たち(卒業生)が家に遊びにくることも多く、「先生がお母さんだったらいいのになぁ」なんて言ってくれる子も。そうした発言を聞くと「私はあなたのお母さんの子供になりたい」と心の中で思ったものです。

    今はその母に子供の面倒を見てもらっていますが、迫力も違うのか、子供もちゃんと言うことを聞きます。そういうときは、「だてに教員やってないな(失礼)」と思います。
    私は会社員で立場は全く違いますが、母から学んだことは最初から完璧を目指そうとしないこと、です。

    ユーザーID:

  • はしもとさん

    あなたの意見はちょっと賛成できません。
    私も小学生の子どもがおりますが、最近の親は敏感になりすぎていると思います。
    わが子がかわいいばっかりに、先生たち、学校側に非常識な要求をしすぎです。

    公立学校の先生は民間会社の社員とは違うと思います。
    はしもとさんのような親が、「学校もサービスが大切」のような勘違いをして、いやだったらすぐ担当を変えろ!の大騒ぎです。

    ちょっと冷静になってください。

    私も小学校の時の先生があまり好きではありませんでした。感情の波があり、ちょっと授業放棄のようなこともされました。
    しかし、学級は崩壊はしていませんでした。というか、逆に団結していました。

    子どもは結構強いですよ。

    親が敏感にかばいすぎると、いい事ありません。

    余計な口は出さず、学校、先生を信じて子どもを預けることが子どもにとっての幸せにつながる、と信じています。

    ユーザーID:

  • ひょんひょんさんに一票

    まずはトピ主さん、ゆっくりお休みください。
    そして、やめるのはいつでもできます。もう少し落ち着いてからでもいいのではないでしょうか?
    せっかく念願かなってなれた職業ですし。

    自分では一人の子供さえまともに教育できないのに、いくらプロとはいえ、何十人もいる子供を勉強だけでなく、しつけまで“完璧”に期待する親が根本の原因ですね。

    教育でも仕事でも、何かやるときはツールが必要です。場合によっては、ビンタも廊下に立たせることも必要かもしれません。

    それらを現代の教師から全て奪っておいて、一方では自由な発想ができるように期待し、その一方では規律を求める。しかも自由の意味を履き違えている人が多い。

    神ではないんですから、そんなことが無理だというそれこそ子供でもわかりそうな当たり前のことに気づかない親が一番ダメです。

    トピ主さん、まずはゆっくり休みましょう。考えるのはそれからでも遅くないです。教育は所詮実験ですから。
    (教員ではありませんが、子供の親の一人として)

    ユーザーID:

  • 向いてないのでは・・・?

    こんな事書いてしまうのは申し訳ないかもしれませんが、
    教員に向いてないのでは?

    ふと数年前、教育実習で大失敗した友人を思い出しました。
    自らが先頭に立ち、心がけを清く、黙って立派な行いをしていれば生徒は皆自分についてくるに違いないと思ったそうです。黙々と生徒と一緒になって掃除を励み、授業をこなし、ホームルームを協力し合い、さぼる生徒のフォローをして「いいのよ」と優しく微笑み・・・半月後、彼女が担当した教室は収拾がつかないほどに荒れ果てたそうです。
    生徒になめられちゃったんですね。

    結局友人がどうしたかというと「どうして私の言う事を聞かないの!もう知らない!」とキレて泣きながら教室を飛び出してしまったそうです。担当官の教員がフォローして、生徒全員に「○○先生ごめんなさい」とお決まり定型文まみれの反省文を書かせ実習期間終了。彼女は大学に戻ってから訥々といかに生徒が自分に対してひどい行いをしたか私たちに語ってくれました。

    ・・・が、私達は彼女には気の毒で言えませんでした。
    「アンタ教師に向いてないよ」とは・・・。

    ユーザーID:

  • うーんと。

     二度目の投稿です。「辞めてください」と平気で書いている方がいらっしゃいますが、トビずれだよなあと思います。「言うは安しやるは難し」ではないですか? それに、「良きアドバイスをお願いします」とトピ主さんは書いていらっしゃいますし。「子を持つ母親として書いた」と反論もあるかと思いますが、主旨にずれた言葉は、慎むべきだと思います。それが、「大人」としての態度ではないかと。

    ユーザーID:

  • 疲れたら休みましょう。

    臨時教員として高校で何年か働いていたことがあります。
    ある学校でベテラン教師たちがわざと若い新任教師に難しいクラスの担任をまかせました。誰が見ても難しいクラスです。
    ベテラン教師たちは教科担任としても、そのクラスで教えようとはしませんでした。
    中学時代から問題(暴力)をたくさん起こしてきている子がキーパーソン。授業中歩き回っている生徒たち。
    同僚やベテラン教師たちのフォローがない学校で指導なんて教員同士のイジメ?と思ったりもします。

    ただ、その新任教師はものすごく精神的に強く、生徒の良いところを見つけ、いつも温かい存在でいました。(人がいないところで泣いていたこともあったようです。)
    問題を起こしていた生徒たちに信頼され、クラス中で笑顔が見られるようになりました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧