死別ってこんなに苦しいんですね。。。

レス24
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

いえゆ

約半年前に、9年つき合っていた彼氏が亡くなりました。自殺でした。私が彼を発見しました。その当時はショックで泣き続けるか、すべてに現実感がなくぼーっとしているか、という感じだったのですが、最近、彼がいなくなったことを、本当に理解できるようになりました。そうなると、本当に本当に辛いんです。苦しいんです。いま、ここにいることが。この現実が。一緒に住んでたんだから、私がなんとか助けられたはずなのに、何もできなかった自分が情けないです。どんな気持ちで決心したんだろう?どれだけ辛かっただろう?苦しくなかったかな?私のことは少しでも何か想ってくれたかな?…いろんなことを思っては、涙が止まりません。私を見ると、いつも本当に嬉しそうに微笑む人でした。そのキラキラした笑顔と最期の魂の抜けきった顔とが交互に思い出されて、心がパンクしそうです。死別って、誰にでも訪れることだと思います。みんな、こんなにも耐え難い苦しみを抱いて生きているのでしょうか?どうやって前に進んでいるのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 遣り切れないですよね…。

    いえゆさん、お辛い体験をなさいましたね。

    ちょっと状況は違いますが、ちょうど3週間前、大切な友人を亡くしました。彼も、自殺でした。
    彼とは、4年ほど前まで恋人同士でしたが、別れてからも私の1番の理解者で、友達でした。

    以前から精神的に不安定なところがあり、
    不安で押し潰されそうになった時は、夜中に泥酔で泣きながら電話をしてきたりもしました。
    彼の気持ちが落ち着くまで、何時間も電話で繋がっていたのが思い出されます。

    もう、恋愛感情は残っていませんが、もう一度だけ、声が聞きたい、逢いたい、と強く思います。
    彼と暮らした部屋のある街を通ると、心臓を鷲掴みにされたような苦しさが襲います。
    ふとしたことで、彼を思い出す言葉を耳にし、突然泣き出してしまったりもします。

    いえゆさんの彼も、今はもう、苦しくも辛くもないと思います。
    いえゆさんのことを置いていってしまったことを、後悔しているのではないでしょうか。

    遺された私たちは、此処で今を精一杯過ごして、
    上から見ている彼を羨ましがらせる、そのくらいしか、できないのかもしれません。

    沢山、泣きましょうね。いつか、沢山笑えるために。

    ユーザーID:

  • 自死だからこその苦しみ

    のように思います。大変でしたね。

    もちろん近しい人の「死」そのものにも打ちのめされますが、自死の場合は特に、周囲の人は苦しみますよね。どうして気づいてあげられなかったのか、何が起きて、どんな気持ちで死を選んだのかと。

    これは防げた死ではないのか、自分さえきちんと気づいてあげられたらと自責の念がトピ主さんを苦しめているのですよね。

    しかもトピ主さんが亡くなられている彼を発見されたとのこと、本当に傷つかれたことと思います。自死遺族が書かれた書物なども出ていますし、グループもあります。カウンセリングを求めるのもひとつだと思います。

    トピ主さんの回復のためには、何かの援助や支えが必要のように思います。トピ主さんの心と体をお大事になさってくださいね。

    ユーザーID:

  • つらいね…

    いえゆさん、ずいぶんとつらい体験をされたんですね。

    自殺した人を発見した人や、遺族の方、親しい関係の方は、どうしても自分を責める傾向にあるそうです。「あのときこうしていれば」とか「声をかけていれば」とか。でも、本気で自殺する人は、死ぬことが最大の目的なので、周りの誰が何をしようと、死んでしまう時には死んでしまうのです。だから、どうかご自分を責めるのをやめて下さい。

    おそらく、彼は死ぬことを望んでいたんだと思います。今は、生前の苦しみから解き放たれていると思います。(いえゆさんが彼から取り残された/突き放されたような気持ちになっているのは当然のことです。しかし、彼は、あなたのことを思いやるよりも、自分が死ぬことを選んだのです)

    悲しみは、いつの日か癒える日が来ると思います。その時まで、偽らないでご自分に正直に生きていって下さい。つらい、悲しい、寂しい、もどかしい…いろんな感情が湧いてくるのも当然です。つらい時には、親しい人に助けてもらっていいのです。悲しい時には泣きましょう。…つらいことですが…。

    ユーザーID:

  • 笑顔

    心理学で配偶者の死がストレス度合いの1番に挙げられていたと思います。だからとてもお辛い事でしょう。
    自殺は最終的には自分の意思はほとんどないものだと思います。脳のいたずらで指令を出してしまうのです。

    人間、最後に三途の川を渡るといいますが自分の信仰を思い浮かべるようです。綺麗な心の人は綺麗な物を思い出しやすく、その反対の人は汚いものを…きっと最後にはトピ主さんの笑顔を思い浮かべて幸せに亡くなった事だと思います。何も出来なかった訳ではありません。最後まで一緒にいてあげれて看取ってあげれた、彼からしたらどんなに安心できた事でしょう。ただ残されたものの責任が大きすぎ、トピ主さんはお辛いことででしょうね。

    私も似たような経験があります。過去は変えられないので相手の来世はもっと幸せになって欲しいと願っています。そして私も相手に感謝して相手がいたからこそ今の自分が居るという事を忘れないで居ようと思います。

    ユーザーID:

  • 辛いですね

    ……。なんといって差し上げたらよいか判らないくらい切ない文面でした。本当にお辛いと思います。
     大切な人を亡くした経験は1度だけあります。母親を亡くしました。あれもして上げれば良かった。これも…と本当に後悔ばかりでしたが、病死でしたからそれなりの覚悟がありました。
     貴女の場合は自死だからよけいに辛いのでしょうね。でも、こうして、大勢の方からの励ましや、人に交わることで徐々に心が救われてくると思います。だから、一人で閉じこもったりしないでね。自分なりに精一杯したのだと自分自身に教え込んでください。思い込んでください。仕方ないことだったのだ。そう思うより仕方ないと思います。貴女は生きていかなければならないのですから。心優しい貴女の幸せを祈ります。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 抱え込まずに…

    お辛い体験をしましたね。
    私も、婚約者を自死で失いました。自分を責め続け、そして「どうして死んだの」と相手を責めてみたりとやりきれない感情が今も錯綜しています。
    葬儀の時は、一時的な躁状態になり、現実感のないままに葬儀を終えましたが、その後、段々と時間がたつにつれ、ひどい不安定な状況になりました。食事も取れず、家事も含め、何もかもが無気力で出来なくなり、一人暮らしだった部屋は荒れ放題に荒れました。
    そんな私ですが、途中からカウンセリングに通い、2年経った今、どうにか日常生活が送れるまでに回復しました。それでも今でも、ちょっとしたことで不安定になったり、思い出しては涙が止まらなくなります。

    自殺は他の死別とは異なる重さがある、と私は思います。身内同士ですら、自死については話すことがはばかられてしまうからです。
    トピ主さんも、出来るならまるっきり第三者と話すことが出来る医療機関か、同じ経験をしている遺族の会などを尋ねてみて下さい。
    「時間だけが解決をしてくれる」本当にそうです。どうかご自分を責めすぎませんように。

    ユーザーID:

  • 辛いですね、

    とても辛い経験をされたと思います。愛している人を突然の自死で喪うというだけでも、本当に辛いのに、第一発見者だったなんて・・・。
    でも、彼にしてみたたら、あなたに見つけて欲しかったんでしょうね。

    私も数年前父を自殺で喪いました。その2年前、結納まで済ませた彼氏を癌であっけなく喪いました。

    私も貴方に似た道をたどって生きている自分なりの答えですが、私の場合、乗り越えるため(死を受け入れる為)に必要だったのは、ただただ「時間」でした。いまも悲しさと戦っていますが、辛い事を思い出した時はすぐに「いい思い出」を思い浮かべる癖がつきました。数年かけてですが・・・。

    喪ってまだ半年ならば、辛い気持ちは抑えることが出来ません。当然湧き出てくる涙も止まりません。私は自分が生きていることさえ無意味に思え、投げやりで無気力な気持ちも消すことはできませんでした。ただ、「生活」をしていて、時間が経つのを待ちました。

    答えになってるかはわかりませんが、とにかく、自分の命は大事にしてください。

    ユーザーID:

  • わたしは

    トピ主さんとは状況が違いますが・・・
    離婚後に元夫が事故で亡くなりました。私から言い出した離婚だし、未練も全くなく、絶対に顔も合わせたくないくらい大嫌いだったのですが、何故か寂しくて・・しばらくの間、よく泣いてました。離婚後は亡くなるまで思い出す事もなかったのに。
    嫌な思い出が消えて、楽しかった事ばかり思い出すのはどうしてなんでしょうね?

    私は↓このホームページに救われました。もうすぐ2年が過ぎますが、今も悲しくなると救ってもらっています。
    http://www.asahi-net.or.jp/~KX5N-KGYM/contents.htm#essays

    ユーザーID:

  • 主人が

    私ではありませんが、主人は肉親を自殺で亡くしました。
    他にもそんな人を知っていますが、遺された者は相当苦しみますよね。
    同じような境遇に立っていらっしゃる方とお話されるとよいのでは?と思います。
    そういった会合などもありますよ。
    私も主人の苦しみを分かってやりたいですが、
    所詮、同じ経験をした方にはかなわないと思っています。
    あまり色々考えすぎないように。これも大事かもしれません。
    考えても彼は戻って来ませんし、そんなに考え込んで苦しんでいるあなたを見ても、亡くなった彼は喜ばないと思います。
    彼にしてあげられなかったと思う分、他の方、例えば彼の死でもっと苦しんでいる肉親の方などに優しくしてあげたらいかがでしょうか?
    精一杯の供養も良いと思います。
    彼は亡くなったけれど、彼のためにしてあげられる事がまだあると思えれば、自分への慰めにもなるのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • ありのまま、書きます。

    あまり言いたくないのですが、昔、結婚まで考えた彼が、事情があり別れた直後に亡くなりました。一応、事故ということでしたが真相はもう永遠に分かりません。私がはっきりと認識しているのは「私は被害者であると同時に加害者でもある。」ということ。やはり立ち直れませんでした。なぜ?どうして?の答えは全部、想像でしかなくて、堂々巡りが続きました。
    周りの人は「彼もあなたの幸せを願ってる」って言うけど、なんで分かるの?その言葉で更に何度も堂々巡りに陥りました。

    答えが無いことに気付いたとき、やっと彼の死を受け入れられたのかな。彼はもう、私の幸せや不幸を願うこともできないんだと。私にはもう彼の為にできることは無いんだと。私は私自身の為に生きるしかないんだと。

    自ら死を選ぶことは、今のあなたと同じ思いを誰かにさせると言うこと。だからお互い、生きないとね。

    ユーザーID:

  • 本当にお辛いと思います

    人の死は横死であろうが自死であろうが寿命だと思います。特に自死は病死と同じなのです。鬱や不眠で皆亡くなるのです。本人の判断のつかない部分で衝動的にということもあるかと思います。どうかご自分を責めないで下さい。人の死自体は忌むことでは決して無いのですが、遺された者の試練としてどう捉えるかだと思います。

    福島大学、飯田助教授の「生きがいの創造」という本を是非お読み下さい。彼が亡くなってしまったこと、今自分が歩んでいる人生の意味がわかるかと思います。どうぞお体をお大事に。

    ユーザーID:

  • やさしい言葉にも泣いてしまいます。1

    トピ主です。みなさま、やさしいお言葉をありがとうございます。みなさまの書き込みを読んで、またボロボロと泣いてしまいました。でも嫌な涙ではないです。ちょっと心をラクにしてくれるような涙です。


    >shrimpさん

    大事な大事なご友人を同じように亡くされたのですね。お辛い中、私のためにあたたかな言葉を書き込んでいただきありがとうございます。私の彼も、もう何年も精神的に不安定で、病院に通い、薬を飲み続けていました。「死にたい」って、しょっちゅう言ってました。強気な言動を取ることも多かったのですが、基本的にはやさしくて怖がりなとても人間らしい人間だったので、まさか本当に自分で死んでしまうなんて…という感じです。もう彼は、辛くはないでしょうか。この世から離れたことで、楽になれたでしょうか。私が泣き暮らしているのを見て、後悔しているでしょうか。そしてこんな私にもいつかまた、以前のように、心から幸せだと思える日が来るのでしょうか。

    ユーザーID:

  • やさしい言葉にも泣いてしまいます。2

    >ぺけぽんさん

    見ず知らずの私のことをご心配くださり、ありがとうございます。確かに、私には何か支えが必要なのかもしれません。でも、カウンセリングとか診療内科とか精神科とか、そういうのはちょっと信用できない気持ちです。彼はずっと病院に通っていたのに、この結果ですから。私は彼のことが本当に大好きで、彼も私のことを本当に大好きだと確信していたので、だから余計に苦しいんだと思います。愛しい気持ちの深さ分、心も深くまで傷ついているんだと思っていて、だから苦しくても仕方がないと思っていて、でもやっぱり辛くて逃げ出したい。どうしたら一番いいのか、わかりません。ただ、彼のご家族が私にとてもやさしくしてくれて、共に悲しんでくれるので、その方達のためにも頑張ろうと思っています。

    ユーザーID:

  • やさしい言葉にも泣いてしまいます。3

    >かしわもちさん

    強くやさしいお言葉をありがとうございます。自分でも、わかってはいるんです。いまさら自分を責めたところで、彼は帰ってきません。自分の無力さや存在価値のなさを嘆いても、仕方がありません。時間は戻りません。彼は帰ってきません。でも、でも、どうしようもなく苦しくて、その感情をどこにどう持っていけばいいのかわからなくて、とりあえず毎日泣いていますが、どれだけ涙を流してもやっぱり何も変わらないし、悲しみは減らないんです。こんな悲しみでも、いつか癒えるんでしょうか?仲のいい友人にかまってもらって、ニコニコ笑いながら、冗談をいいながらゴハンを食べたりすることもあります。本当に、友だちにはたくさん助けてもらっています。でも、その友人達のことも大好きだから、あまり心配をかけたくないのです。そう思うと、あまり甘えられなくなってしまいます。やっぱり病院へ行くべきでしょうか?

    ユーザーID:

  • いえゆさんへ

    いえゆさん。
    私も2年半前、最愛の彼氏を自死で亡くしました。
    (私が発見しました。)

    いえゆさん どうかご自分を責めないでください。
    自分をいたわってあげてください。

    ユーザーID:

  • やさしい言葉にも泣いてしまいます。4

    >るんるんさん

    書き込んでいただき、本当にありがとうございます。涙が止まりません。るんるんさんも同じような経験をお持ちなのですね。私も思います「次があるならば、次こそは誰よりも幸せになってね」って。

    彼は私の存在を嬉しく思ってくれたでしょうか?私のことを少しでも思い浮かべてくれたでしょうか?亡くなる前に、私は彼に冷たい態度で接してしまいました。彼のわがままに腹を立ててしまったのです。そのせいで彼は見捨てられたと思ったのではないか?そして私のことを嫌いになってしまったのではないか?私が彼のことを殺してしまったのではないか?そんな風に思うことがあるのです。

    大好きな彼に嫌われてしまうことが、私には一番耐え難いことなので、るんるんさんの「トピ主さんの笑顔を思い浮かべて幸せに亡くなった事だと思います」という言葉を読んで、涙が止まらなくなってしまいました。それが本当だったらいいな。私もるんるんさんと同じく、彼のことは一生忘れないつもりです。9年分の幸せな記憶とありがとうの気持ちはずっとずっと忘れません。

    ユーザーID:

  • やさしい言葉にも泣いてしまいます。5

    >名無しさん

    あたたかい書き込み、ありがとうございます。読んでいると、名無しさんのやさしい声が聞こえてくるようです。

    お母様のことを思い出させてしまいましたね。もしお辛い気持ちにさせてしまったならごめんなさい。本当に、こうやって顔も見たことのない方からも励ましてもらえるなんて、私は幸せ者だと思います。いい友だちにも恵まれていますし、幸せ者だと思います。今回のことでやさしくしてくれたみんなのためにも頑張って生きていかなくちゃ、という気持ちでいっぱいです。

    本音を言うと、私もここから居なくなりたいと思ったりします。でも遺される者の辛さをよくわかっているので、それはできないのです。やさしくしてくれる彼のご家族やお友達も辛い思いをしているのに、もし私が死んだら、さらに自責の念を積もらせて辛くなるんだろうなぁと思うと、どうしてもできません。
    ありがとう、名無しさん。幸せになれる気はしないけれど、でも頑張りますね。

    ユーザーID:

  • やさしい言葉にも泣いてしまいます。6

    >あやさん

    辛い記憶を思い出させてしまってすみません。
    でも、お話を聞かせてくださりありがとうございます。私は日常生活には問題はありません。ただ時たま、突然泣いてしまったり、やる気がまったくなくなったりするくらいで、ちゃんとゴハンも食べるし、家事もするし、仕事にも行くし、寝るし、ふつうです。薄情なのかもしれません。

    ご家族の方と一部の友人とは、彼の話をすることができます。でも、多くの友人とは、もう彼の話はできなくなってしまいました。たぶん、気を遣ってその話題を避けてくれているのだと思いますが、そうなるとこちらも吐き出せなくて、ちょっとしんどいです。

    医療機関には抵抗があるので、「遺族の会」について調べてみたいと思います。「時間だけが解決をしてくれる」。そう信じてもいいですか?このまま耐えていれば、いつか楽になれるって、信じてもいいですか?

    ユーザーID:

  • 自死遺族です。

    私も自殺で大切な家族を失いました。最初は、「怒り」の感情でいっぱいでした。死に至る原因は人それぞれですが、その死によって遺族が迷惑を被ったからです。毎日毎日その死が頭から離れず毎日毎日考えてばかり。思うのは自殺した人を責める言葉。そして次に自分を責め、自殺した人を理解しようと努力する。そして「怒り」の感情より、「悲しみ」「寂しさ」が段々と増えてきました。

    あくまでも私の経験から思うのは「時間」です。「時間」がいつかその悲しみから解放してくれます。
    今はただ亡くなった人が成仏してくれる事だけを願っています。こう思えるまで3年の月日が流れました。
    その死は一生忘れないと思いますが、思いは軽くなるはずです。
    今はまだお辛いでしょうが、「時間」が必要です。

    ユーザーID:

  • 同じ体験をしました。

    昨年の3月に同じ形で婚約者を亡くしました。
    いえゆさんの場合、第一発見者とのこと、なおつらいだろうとお察し申し上げます。

    どなたかもおっしゃっていたように、ただ一つ、本当に「時間」のみが少しずつ心を癒していくと思います。私も亡くなって3ヶ月〜半年ぐらいは本当に苦しかったです。天と地がひっくりかえったような、まさに七転八倒というかなんというかものすごい苦しみでした。結局、体の方もたなくなって病院のお世話になりましたが・・・
    また、同じ経験をなさった方のみでつくるHPが
    いくつかあります。私はこれらHPでかなり救われました。。。
    「自死遺族」で検索してみて頂ければ見つかりますのでよかったらどうぞ。。

    最後に、明けない夜はありませんから、少しずつ少しずつ生きていきましょう。大丈夫ですよ。

    ユーザーID:

  • 4年くらい前に同じような経験をしました。

    初めの頃は頭から離れませんでしたが、半年くらいした頃には体がもたないのである程度意識的に考えないようにしていたと思います。その後は仕事に没頭したり周囲の支えなどのおかげで思い出さずに済むくらいになりました。

    毎日辛いとか時々すごく落ち込むということは今ではなくなりましたが、正面から向き合うのを避けてきたせいで未だに消化しきれていません。なんだか悪い例ですね。


    居なくなれたら楽になれるのにと思いつつ残される人を想うとその選択肢を取ることは出来ない、という気持ちよくわかります。優しい彼だったようですので同じように貴女と自分の両親のことを最後まで考えて悩んだのだと思います。それでもなお死を選ぶくらい彼は苦しかったのではないでしょうか。
    今、苦しみから解放された彼が望むことがあったとしたら、それは(本当に勝手な言い草ですが)貴女が悲しんでいない姿でしょう。

    辛い気持ちは時間とともに薄れていきます。いえゆさんは人を思いやる気持ちと強さをお持ちのようですから、いずれは人を幸せにして自分も幸せになれるときがくると思いますよ。少なくともその資質はお持ちだと思いました。

    ユーザーID:

  • 3ヶ月も経ってしまいました…

    トピ主です。
    しばらくどんよりと沈んでしまい、お返事がずいぶんと遅れてしまいました。
    せっかく温かなお言葉をいただいていたのに、ごめんなさい。

    >ぱるぱる様

    彼のご家族や友人の中には「怒り」の感情を抱いている人もいますが、どうしても、私は、彼に対して「怒り」を感じることができません。ただ「置いてかれたな」「私ってその程度の存在だったのかな」というような、彼に嫌われたんじゃないかという気持ちでいっぱいで、涙が出てきます。一人よがりですよね。泣いているのは、彼が苦しかったんじゃないかという気持ちより、自分がひとりぼっちになって寂しい気持ちからなんだと思います。最低。やっぱり「時間」ですか。ぱるぱるさんは3年もかかったのですね。私も、もっと時が経てば、もっと楽になるのでしょうか。でも、例えば3年後までずっと彼不在のひとりぼっちのまんまで過ごさなきゃいけないのかと思うと、想像するだけでもつらいです。今はなるべく先のことを考えずに、とりあえず今日を無事に終わらせることだけを考えて生きています。ぱるぱるさん、ありがとうございます。ぱるぱるさんが前に進めているのなら、きっと私も大丈夫ですよね。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    >poko様

    お辛い経験を思い出させてしまったかもしれません。ごめんなさい。でも、言葉をかけていただけてうれしく思います。私は、気が狂いそうになることはありますが、体力的には大丈夫なんです。おかしなことに、ちゃんとご飯も食べれてます。深夜、眠れない時や変なことを考えてしまうときには飲めないお酒を飲んで無理に眠りについたりしているので、全然やせたりもしていません。そんな自分にも罪悪感を感じます。昼間は仕事に行って、同僚と笑いながらランチを食べて、遅くまでふつうに働いています。「忙しい」という字は「心を亡くす」と書きますよね。まさにその通りで、バタバタと仕事をしているといろんなことを忘れていられて……一種の逃避行動なんだと思います。自死遺族のHP、たまに見ています。書き込んだりはしていませんが、同じような境遇の方がいることに心強さを感じます。pokoさんもそうですね。最後の「大丈夫ですよ」の言葉に、涙が出てしまいました。本当は、まわりのみんなにそう言ってもらいたいのだと思います。なんか先が見えなくて、いろいろと不安なんです。

    ユーザーID:

  • トピ主、お返事の続きです。

    >通りすがり様

    私も、最近は意識的に考えないようにしています。でも、彼とは長い時間いっしょにいたせいで、何を見ても思い出してしまって…。とりあえず仕事に没頭して、できる限り他人といっしょに楽しく過ごして、家でひとりで寂しい時には寝逃げして…そうやって過ごしています。通りすがりさんもそんな感じでしたか。4年経っても忘れられないのだから、今の私がこんな状態でも当然ですよね。彼は、自分がいなくなった後、私も死ぬと信じていたのではないかと思ってます。本当に本当に、お互いにかけがえのない存在だったので。それなのに私は生きてる。いいのかな、って心配になります。私はもう、前みたいな幸せな気分には、一生なれないような気がしています。通りすがりさんは、今はお幸せですか?

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧