ガンになった3児の母です

レス134
(トピ主0
お気に入り291

心や体の悩み

ひいらぎ

44歳です。先日、大腸ガンが発覚しました。
食欲がなくなり体重が急激に5キロ減ったので病院に行ったのですが、かなり大きくなっていて来週手術をすることになりました。毎年検診は受けていたのですが・・。
「余命あと何ヶ月」といった話は手術してみないとわからないそうですがかなり深刻な状態のようで、死を身近に感じています。
高2と中1と小2の子供がおりますが
ガンであることは子供に話していません。
病院は家族が顔を出せるように近所の病院を選びました。

両親は大変心配していて、戻ってきてこちらの評判の良い病院に入院するようにすすめてきます。しかし実家は遠方なので、もしそうなれば家族が気軽に寄ることはできませんし、子供にも本当の事を話さねばならないでしょう。

突然の事で混乱し、流れるままに手術の予約をしてきましたが・・
やはりセカンドオピニオンを求めた方が良いのでしょうか?そして子供には本当の事を話すべきでしょうか?
皆さんだったらどうしますか。ご意見をお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数134

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • セカンドオピニオンは受けてほしい。

    是非、そうしてください。
    お願いします。

    その結果。お子さんにどのように話すか
    決めてはどうですか?

    ユーザーID:

  • お祈りしています

    大変な状況でお辛い気持ち、お察しします。見ず知らずの第三者が安易にアドバイスできることではないと思いますが、私なら、手術を受ける前にセカンド・オピニオンを求めるかもしれません。もちろん、ご近所の病院がどの程度の規模のものかわかりませんが、やはり一度は高度専門医の意見を聞きたいと思うかもしれません。ただし、セカンド・オピニオンという呪縛にとらわれ、病院めぐりになってしまう患者さんも少なくないと聞きました。がん治療で定評のある病院をひとつかふたつに絞り、診断を受けてからでも遅くはないと思います。その際、今の病院が検査結果やレントゲンの貸し出しを渋るようなところなら、早々に見切りをつけたほうがいいかもしれません。

    私の大叔母はもう40年近く前、40代の時にがん告知を受けましたが、70歳を過ぎるまで健在でした。今は昔より格段に医療も進歩しています。私の友人(現在40代)も数年前からがんと闘っていますが、最初こそ手術で大変だったものの、今では抗がん剤治療を受けながら仕事もしているし、旅行も楽しんでいます。希望を捨てず頑張って下さい。

    お子さんのことは、ご主人と話し合われるのが一番いいと思います。

    ユーザーID:

  • 希望を持って。

    お辛い時期に まずは子供たちのことを考えているひいらぎさんは母ですね。
    私は4年前 病にかかり入院を余儀なくされました。子どもたちは小学生。主人も身内がいない地で 一人頑張っていましたが、年をはさみ、年末など長い休みの時は実家に頼みました。
    もう少しで夏休み 高校生・中1のお子さんは家でいいとして、下の子は少し長めに夏休みをご実家でお願いしてはどうですか?

    だんな様の仕事形態が分かりませんが、10時過ぎにいつも帰っていた主人が定時の5時30分に帰宅。子どものご飯。病院への顔出し。私の洗濯&家の事をやるのは、みていても大変そうでした。1ヶ月がやっと(泣き言は言いませんでしたけど。)その際 子どもには今の状況を分からないまでも しっかりと話しました。今 後遺症はありますが、なんとか普通の生活を送っています。

    ひいらぎさんも前向きに。きっとそれが 体の栄養になります。私はもう一度 息子たちの寝息を聞きたい(下の子は甘えっこでよく布団に入ってきたので・・)それが まずは目標でした。手術の成功祈ってます。

    ユーザーID:

  • ガンになった母の4児のうちの一人でした。

    うちの母も大腸がんでした。年齢も今のトピ主さんと同じくらいのときのことです。父は母の病状について隠さず話してくれました。そして、家族全員で母を支えていこうと皆で誓いました。

    当初診てもらっていた病院は自宅の近くでしたが、その後ちょっと離れた大学病院に転院して手術を受けました。その病院のほうが評判もよく、父の勤務先に近く、父が仕事の行き帰りや昼休みにも顔を出せるからだったと記憶しています。子供たちは普段は学校や仕事で病院には行けませんでしたが、休みの日にはみんなでお見舞いに行きました。

    トピ主さんは実家近くの病院を希望されているのでしょうか。ご自身はご両親の近くで安心かもしれませんが、お子さんたちはどうなんでしょう。退院のとき遠方からの帰宅はきついのではありませんか?トピ主さんが今、一番そばにいて欲しいのはお子さんではないのでしょうか?

    ユーザーID:

  • 続きです。

    家族が深刻な病気の時にはみんなで気持ちを通い合わせることは何よりも大切です。

    うちでは母の深刻な病状を聞いても、当時小学生の弟は、つらいとかさびしいとか言って皆を困らせることはしませんでした。何も言わないだけに、耐えている弟を見るのは身を切られるほどつらいものでした。かわいそう、と非難されるかも知れませんが、小さい子でも我慢したりがんばったりしなければいけないときはあるもの、と私は思っています。

    母の大病をきっかけに家族の絆はすごく深まりました。幼かった弟も今では立派な社会人であり、よき家庭人です。私自身、あのときの経験がなければ今の自分はないと思います。

    どうぞ、後悔なさらないよう、ご家族とよく話し合ってください。そして手術が無事成功されますことを心よりお祈りいたします。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • あきらめないで!

    こんばんは。
    ごめんなさい。母を直腸がんで亡くしたものです。
    母の場合は最初に発見された時点で末期、肝臓にも転移していました。
    直腸がん(消化器系)がん強い先生のいる病院で
    手術入院して直腸の手術は無事成功。
    その後、肺、脳と転移が見つかるたびに他の病院と最初の病院を行ったりきたり、、病院が違うため都度手続き、もろもろ時間がかかったように思います。
    (母が見舞いに来る家族に遠慮して通いやすい範囲の場所の病院を選びました)
    結局二つの病院を行ったりきたり入退院手術を経て
    4年後に他界しましたが、一時は奇跡が起きるのかも
    しれない兆候もあったことも事実です。
    途中国立がんセンターを選ぶタイミングもあったこと
    を思うとなぜあのとき、と思います。
    (結果は変わらなかったかもしれませんが無駄な
    時間、苦痛がおおかったのではと思います)

    転移ありの末期の母ですら「このまま助かるかもしれない」時期は本当にありました。
    だからこそ主さんには家族全員であきらめず乗り越えてそして生きて欲しいのです!
    家族のためにも是非是非納得できる病院を選んでください。

    ユーザーID:

  • 今の病院

    なんと言っていいか。。

    ただ大腸がんは比較的予後のいいがんですから、お気を落とさずに!
    それに、転移してなければかなり生存率が高いですし、そもそも転移しづらいし、再発しても外科手術で完治する場合も多いし。

    さて、私なら確実にセカンドオピニオンを求めます。
    トピ主さんは、最近疲れやすいということはありませんか?
    大腸がんは肝臓転移が多くて(リンパも肺もあるけど
    )、その場合、疲労感が増すという症状があります。

    私の知り合いが、大腸がんの手術をして2ヵ月経った頃、くたびれて仕方がないと言うので検査を勧めたところ、肝臓に転移を発見した人がいました。
    術後も病院に通っていたのに、見つけてくれよ・・・本当にそれぞれ違うものですね。

    それに、心臓病ですが、手術は東京の病院で、通院は地元の病院でと分けている知人もいます。
    そういった運用は考えられませんか?
    大腸がんは外科手術がメインですから、ご両親様のお話をもう少し聞いて、検討されても良いかと。

    ユーザーID:

  • 私でしたら・・

    大変ですね。お体お大事になさってください。

    もし私でしたら・・(という仮定自体、不適切でし
    たらごめんなさい)

    私は、生きたいです。
    まず自分のために、そして家族のために。

    余命という限りがあるのなら、一日でも多く元気に
    過ごしたい。

    今回の明るい材料を考えますと、
    ○実家の両親がご健在なこと。心配してくれている。
    ○三人の子が、ある程度大きい。
     (末っ子が乳飲み子だったらと考えると、ずっと
      安心なはず)

    もう一度繰り返しますと、私でしたら評判のいい病院で診ていただきたいです。いずれにしろ、子供にも、話します。(というか隠す理由がない)

    インターネットの普及のきっかけは、発病と聞いた
    ことがあります。インターネットで大腸がんについて
    調べ、知識を深めていますか?近所の病院でもいいと
    思いますよ。要は納得しているかどうか・・・です。

    お子さんのためにも、お大事になさってくださいね。

    ユーザーID:

  • 気をしっかり

    ご病気で心が弱くなって、不安にとらわれているかもしれませんね。仕方ないことですが、気をしっかり持ちましょう。

    思うに急いで対処したほうが良い状態だと想像されます。なぜならば、今日の診断で来週手術と言うことはできるだけ早い対処が望まれるということではないでしょうか?

    セカンドオピニオンを取る間もないほどなのかも知れません。こればかりは実際の医者じゃなければなんともいえないでしょうし、他の医師でも、実際に見ないとなんともいえないのではないかと思います。

    来週の手術ということで、とりあえず気をしっかり持って、目の前のことをクリアするように考えるのが良いように思います。

    手術の経過を見てから、その先を考えるのが良いのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 私だったら話してほしい

    何と声をかけていいのか言葉が見つかりません。
    大変な状況なのに、とても冷静なトピ主さん。
    頭が下がります。

    私がお子さんの立場でしたら、言って欲しいです。
    もちろんとても辛いし、一時的には感情が荒れてしまうかもしれません。
    でも、言ってくれれば心の準備ができます。
    後から(ごめんなさい)ああすればよかった、こうすればよかった・・・と後悔だけはしたくない。
    例えば母に対する感謝の言葉とか、一緒にいられる時間を大切にしたり、他にも色々やりたい事があります。

    でも、突然亡くなってしまったら何もできない。
    それは一番辛いです。

    手術の成功を心から祈っております。

    ユーザーID:

  • 人事とは思えない・・・。1

    3人の育ち盛りのお子さんを持つ親として、どんなにお辛いか計り知れません。
    どうかトピ主さんの手術が成功して快方に向かうことを、まずは心よりお祈りします。

    私は高1の時父が直腸ガンにかかったことを知りました。半身不随&人工透析だったこともあり、母と一緒に必死で介護・看病して来ました。
    5年後、父は亡くなりました。去年、私が21歳の時です。父の場合はもうあちこちに転移していて、末期状態でした。父も、祖父も直腸ガンなので私も同じ病気にかかる可能性が高く、今から恐怖でいっぱいです。

    私が言いたいことは・・・どうか、お子さん達に本当のことを伝えてあげて下さい。ということ。
    一番上の子だけでもいい。もう高校生ですよね。
    自分が可哀相なだけの年齢ではありません。お子さんにとって一番つらいのは、何も知りえなかった、ということです。お子さんを愛しているなら後悔だけはさせないであげて!

    ユーザーID:

  • 人事とは思えない・・・。2

    全て知っていた私だって、亡くなった時信じられないような号泣をしました。人の命、ましてや家族の死は本当に凄惨です。もし何も知らされてなかったら・・・と思うと両親を一生恨んでいたと思います。

    最悪な状況の場合を書いてしまってごめんなさい。でもこれは家族一緒になって悩んで乗り越える問題です。どうか、希望を持って頑張って。自分のために皆のために絶対、助かって。

    ユーザーID:

  • ベストの治療を

    手術がうまく行くように祈っています。

    ご両親もさぞご心配で「身近で貴女を看たい、評判の病院で」と考えてくださってるのだろうと思いますが、「評判の良い」というのは具体的にどういうことなのでしょうか?「大腸ガンの治療に定評ある」?もし単に「高名な大学の付属病院」とか言うだけなら必ずしもベストとは限らない、却ってそうじゃない病院の方が行き届いた治療をしてもらえる場合もあるかもしれません。
    もし近所の病院も信頼出来るようなら、そちらの方が安心のようにも思えます。「家族も貴女の顔を見られて安心」「貴女も家族の顔を見られて安心」貴女も遠方だと子ども達のことが気になって治療に専念できないのでは?
    また手術成功の後も、定期的に病院に通わねばならず、その際も近くの病院の方が負担が少ないと思います。術後のみ近所の病院で診てもらうことも可能だが、やはり手術をしてもらった病院にずっと診てもらう方が安心だと思う。

    ユーザーID:

  • がん患者の家族ですが

    癌患者の家族という経験から意見をさせて頂きますね。診察をしてもらった病院が医療設備の整った総合病院で、担当医の方が十分な説明をしてくださり、特に悪い評判などを聞かない所でしたら、そのまま通院されてはと思います。やはり不誠実な対応の医師や設備不十分な病院があり、私どもは転院を余儀なくされました。ただ、「評判がいい」という話もそれぞれ違う病気、目的で通う患者さんの話なので鵜呑みにされるのもどうかと思います。これからの入院生活や術後の静養、通院を主にどなたが支えるか(ご主人やお子様?ご両親?)にもよると思います。術後の経過検診の往復や様態が変わった時などにすぐに対応できることも考えなければなりませんし・・・。セカンドオピニオンも癌の場合、そんなに診断結果は変わりません。その費やす時間分早く治療をすることが良いと思います。
    お子様への告知ですが、入院はもちろん癌との闘いは想像以上に時間と労力を費やします。お子様の年齢を見ても十分力になってくれそうですし、ちゃんと説明をされた上で、一緒に支えとなって頑張っていかれてはいかがでしょうか?

    一日も早く無事に健康な体になられることをお祈りいたします。

    ユーザーID:

  • ベストの治療を 2

    セカンドオピニオンは求めたいなら求めるとよい。十分納得してから治療に入るのが一番。
    ただ今回の場合は誰の診断でも選択肢は「手術」のみかも。それなら無理に求めなくていい?

    実際の病状は開腹してみないとわからないはず。母の大腸ガン手術の際には開腹してみたら病巣と思われていた大きな黒い影がそうでなかったことが判明し、術後十年以上経つが今も元気。貴女もそうなるように!

    大腸では無いが夫にガンの可能性が生じた時に私が医師に「万一ガンだったら後はどういう治療になるか?」と尋ねて放射線治療だが設備が無いので他の病院への紹介になると知り「万一を考えて放射線治療まで一貫して受けられる病院で始めから検査手術をする」ように夫を転院させた。残念ながらガンだったがおかげで同じ病院で一環して射線治療も受けられ、数年経ち、医者に「もうそろそろ再発しない安全圏に入った、だいじょうぶだろう」と言ってもらっている。あらゆる可能性の場合の治療が可能な病院かということもチェックするといいかも。

    手術するまでは「余命云々」の話はしないでいいでしょう。わからないのだし。とにかく症状が軽くよくなることを祈ってます!

    ユーザーID:

  • 実績のある病院で!!!

    私の親も癌でした。
    ちょうど読売新聞で特集をしていたのですが、
    病院によって成功率には雲泥の差があります。
    (パーセントで出ていました。
    図書館にはバックナンバーもあると思います。)
    もちろん母は、遠くの実績の良い病院で手術をし、
    成功しました。

    ユーザーID:

  • 手術後に

    消化器は専門ではありませんが医師の者です。
    研修で1年消化器を学び、現在は呼吸器が専門です。
    大腸癌の場合、まずはやはり手術で、
    その後、手術の結果で病気が進んでいるようであれば
    化学療法を行うのが一般的かと思われます。

    手術についてはよほど小さい病院でなければ
    近くの病院で受けられ(早い方が良いと思います)
    その後の治療について、手術のあと2週間ほどして
    少し体調が落ち着いてから、がんセンターなどの
    専門病院にセカンドオピニオンということで
    ご相談されるのが良いのではないでしょうか。

    いろいろご不安かと思いますが、今まで頑張って
    3人のお子様を育てられてきたのですから、
    ご家族にせいいっぱい協力してもらい、
    今はご自分の治療に専念してください。
    ご病気が良くなることをお祈りしております。

    ユーザーID:

  • がんセンターへ!!

    私の父も大腸がんになりました。
    運よく一命をとりとめ、4年が経とうとしています。

    辛く、混乱する気持ち分かります。
    どのような選択をすればいいのか本当に難しいですよね。

    一日でも早く、がんセンターに行くことをお勧めします。
    癌は転移など、さまざまなことを考える必要があります。
    専門知識が豊富な病院で、念には念を入れて、最善の治療に望むのがいいと思います。
    がんばって!!

    ユーザーID:

  • 私なら名医を調べる

    私は同年齢。家族構成も似た感じ。
     
    私なら、近所、ということより治せる医者を優先に考えます。
     大腸がんと決まっているなら 大腸癌で有名な医者をインターネットで調べて とりあえず診察を受けます。手術が必要なら受けて 系列で近所の病院を紹介してもらい術後転院します。 技術の差ってすごいです。大学病院だから良いとか、総合病院だから良いとかじゃあなくて その先生が得意かどうかで決めましょう。

     小学2年の子を残して死ぬなんて早すぎる・・・

    でも、もし末期だったら・・・近所の病院に行きます。毎日家族に会いたいから

    あきらめないでください。生きてください

    ユーザーID:

  • 私でしたら

    私だったら、セカンドオピニオンにかかると思います。つい先日見たテレビでも、必ずセカンドオピニオンにかかるべきだとお医者さんや看護婦さんたちが言っていました。
    私の主人の親が、白血病になった時に、最初の病院では、余命1年といわれて、手術は出来ないといわれたのですが、次にもっと大きい病院にかかったところ、手術方法が見つかり、手術後、もう5年たちますが、元気にしています。
    納得いくまで、病院選びをされた方がよいと思います。

    それと、辛いと思いますが、やはりお子さん達には、お父様からでも、本当のことをお話された方がよいのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • セカンドオピニオンは必須

    セカンドオピニオンは必須だと思います。私の母も、「遠い病院では家族に迷惑がかかるから」と言って、専門病院への受診を拒んでおりましたが、今考えると、無理にでも連れて行ったほうが良かったのではと後悔しております。

    その際に、お子様方に事情が知れてしまうということにお悩みとのことですが、上のお子様は高2ですね。立派な大人です。最初こそ事実を受け入れることが難しいかもしれませんが、必ずお母様の味方になってくれると思います。

    お子様たちにとって、まだまだお母様はなくてはならない存在です。そのことを強い信念として、これからの治療への勇気としてください。

    陰ながら応援しています。

    ユーザーID:

  • 私もガン患者でした。 PART 1

    是非セカンドオピニオンの診断を求めて下さい!
    私も悪性度の高いガンと診断され、一刻も早い手術が必要、土日を挿んだ3日後までに手術の同意書にサインを・・・と言われましたが、他の病院に検査資料持参で診察を受けたら、「ひと月は延ばせないが、10日程度なら大丈夫、焦らず思案・検討してから決断して下さい」との事で、最初と次の病院では、放射線も抗がん剤も効かないガンで、根治療法(手術で腫瘍を切除)しかないという診断は同じでも、手術法や切除する範囲、予後の患者への考え方も、全く違いました。
    膀胱・子宮・両卵巣全部切除して、導尿バッグを常に装着する国認定の内部障害者になる手術。
    膀胱・片卵巣のみ切除し、自分の臓器で新たに人工膀胱を増設し、健常者と同様に自己排尿可能になる手術。

    ユーザーID:

  • セカンドオピニオンをぜひ

    突然のことで混乱されていると思いますが、まず、落ち着いて
    ください。

    セカンドオピニオンは、絶対聞いた方がいいです。そして、
    私だったら出来るだけ腕のいい医者を探して、手術してもらう
    と思います。近いからなんてだけの理由で絶対病院を決めないで
    ください。

    上の二人のお子さんはもう大きいのだから、隠していても
    そのうち分かってしまうのではないですか?私だったら、早めに
    話します。こういうことは家族全員で乗り越えることだと思うので。

    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:

  • つづきです。 PART 2

    子宮と片卵巣を温存できる自己排尿型の後の病院を選んだところ、両卵巣とも温存できた上に無事成功し、
    5年生存率10〜30%という癌だったのに再発や転移もないまま、先日術後10年を元気に迎えました。
    最初の病院では、余生が短いからできるだけ短期間の入院で済む手術法(導尿バッグをお腹に2つ装着する)を選んだ方が良いとのアドバイスまで医師から受けました。

    生存率が低く・切除する以外の治療法がない癌だとの見解は同じなのに、術後のクオリティオブライフの捉え方は病院によって180度違う、私のような場合があります。
    時間の許す限り一人でも多くの医師の診断を仰いで、
    納得してから治療をお受けになって下さい。

    ユーザーID:

  • 手術の成績の良い病院

    を選ばれた方が後々後悔が無いと思いますよ。
    子供に本当のことを言うのか、言わないのかは別の問題ですが・・・。
    地元の病院ですと、同じ病気の手術の経験が浅い可能性があります。
    ガンでしたらなおさら、専門の病院が沢山あるのでそちらの方が良いと思いますよ。

    子供達に多少寂しい思いをさせても、ここでベストの選択をしておくほうが絶対後悔が無いと思います。
    後から、「あの時、専門病院を受診していれば・・・」なんて絶対思いたくないじゃないですか。

    是非是非お大事に。
    手術の成功を心からお祈りしています。

    ユーザーID:

  • セカンドオピニオン

    セカンドオピニオンとられる方がいいと思います。
    私は痔の手術を2回していますが、命に別状のない手術でさえ、後でやる必要があったのかなかったのか、など悩みます。
    また、消化器官の手術は術後少し大変だと思います。
    あわてて行動せずに、納得して医療を受けられるように、あなたが信頼のおける医療機関にちゃんと見ていただくことをおすすめします。

    ユーザーID:

  • セカンドオピニオンは重要です。

    さぞ、ご心配のこととお察し申し上げます。
    私も、義父がガンと闘っていて、本人も告知されています。この数ヶ月間、本やネットなどありとあらゆる情報源からガン治療について調べました。しかし、病院によって治療方針がまちまちです。そこで、他の病院でセカンドオピニオンを受け、まったく同じ診断と治療方針であることを聞いて、義父もわたしどもも現在の病院にすべてを託しています。

    おそらくその近所の病院がひいらぎさんに手術が有効と考えられたのは治る見込みが十分にあると判断されたのだと思いますが、もし、手術までに時間があるようでしたら、直ちにセカンドオピニオンをとれる病院に相談されてはいかがでしょうか。これからのガン医療は、治療方針を患者自身が考え、選択する時代が来ていると思います。患者主導で納得した治療を受けるべきです。納得して、安心できる治療を受けるためには是非セカンドオピニオンは受けるべきだと思います。

    お子様への告知の件ですが、ご年齢からみて、あまりにお若すぎる気がします。ひいらぎさんから直接、ガンということは言わないほうがいいと私は思います。

    ユーザーID:

  • 4年前、私の母も…1

    はじめまして。大変ショックな出来事でしたでしょうね。心中お察しいたします。
    4年前亡くなった私の母も、原発が大腸ガンでした。
    母は自身の体に無頓着な人で、発覚時には既に全身に転移しており、医師にも開腹手術は不可能・余命、よく持って3ヶ月と言われました。
    結局、薦められるままにその病院で薬物治療を受けはじめましたが、その3倍以上の1年も踏ん張りました。
    その1年間、家族全員で支えあい、励ましあって、体調がいいときを狙って海外旅行にも行きましたし(!)、娘の私が言うのもなんですが、「自分も母のように強くありたい!」と心から思える最期の一年でした。

    結局母はセカンドオピニオンは受けませんでした。主治医との相性が幸い良かったこともありますが、何より本人が、ガンとの闘いは、人生の残り時間との戦いでもあると言い、「より高度な医療にかける時間」よりも「家族との時間」を選んだからです。

    ユーザーID:

  • 4年前、私の母も…2(続きです)

    トピ主様の、お子様たちに打ち明けるべきかを迷うお気持ちはよく判ります。治療方針にしても、主治医との相性や治療内容に納得できず、より良い病院を探す患者さんも実際沢山いらっしゃいました。どちらも間違いではなく、患者さんによって病状の進行度や、環境・性格、様々ですから人数分の答えがあるのだろうと感じました。
    いずれにせよ、病を受けた本人がどうしていきたいかではないでしょうか。ガンの治療には本人の治す気持ちが必要不可欠ですし、家族の理解・協力も必要です。本人の覚悟と納得が何より大切なのかもしれません。

    ぼやけた長い回答なうえ、私の母の話は縁起でもない話で申し訳ないのですが…トピ主様はまだお若いですし、お見受けする限り私の母よりずっと希望が持てる病状な気がします。
    ご家族と手を取り合って、ご自身にとってベストの道を選び、ガンなんかに負けないでお子様の成長をこれからも見守ってあげて欲しいと心から願っています。

    ユーザーID:

  • ガンになった2児の母です

    お気持ちよく分かります。
    ご自分の事で大変なのにまずお子さんの心配をなさっているのは凄いです。
    私は言葉を選びながらですが 話しました。ネットがこんんなに発達している今 秘密にするというのは中々難しい物があると思います。子供達もきちんと受け止めて不安な思いを乗り越えて随分成長してくれたと思っています。みんなで同じ思いを共有する事で家族の絆もぐっと強くなった気がします。
    病院ですがガンは病院の技術によってかなり生存率に差があります。手術だけで終わりではなくその後の放射線治療・抗癌剤・緩和ケア・メンタルケアを考えると所在地ではなく とにかく技術力のある病院を選ぶ事が必要かと思います。
    今はまわりの事ではなくご自分の体の事を最優先に考えるべきと思っています。
    どうかお大事になさってください。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧