• ホーム
  • 子供
  • 子どもがほしい。でも経済的に不安・・・

子どもがほしい。でも経済的に不安・・・

レス26
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

しうまい

夫、私は33歳、結婚8年目になります。
子どもは長女が重度障害児で3年前に亡くなり、現在
1歳9ヶ月の長男がいます。
もう一人子どもが欲しいのですが、経済的にやっていけるか不安です。
主人は年収340万(税引き後220万)、家賃7万、食費3万、貯金2.5万、ボーナスは15万です。
今月から在宅ワークを始めますが、できれば子どもが
6歳になるまではパートなどしながら育児を主体に家にいてあげたいのです。(私自身生後3ヶ月から保育所に通っていて寂しかったからです)
高校までは公立で基本の勉強と生活はさせてあげたいのですが、主人の会社は子ども1人でも給食費や修学旅行手当てを国から支給してもらっているようです。

私も頑張って仕事をすれば子ども2人は育てられる
のでしょうか?周りは高給取りばかりで参考になりません。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 育てられるのでしょうか?って、

    そんなことを人に聞いても分からないと思いますよ。
    「うちはしうまいさんより収入が少ないですが2人育てています」って聞いたら安心するんでしょうか。
    そういうことを聞いたところで、地域事情など違うだろうし参考になりますか?

    あえてお答えするなら、自分がどんなことがあっても育てるという意思があれば、育てられると思います。
    例えば、家賃をもっと安いところに住み替えるとか、収入はいくらだろうと皆工夫して子育てしているんですから。
    いざとなれば、自分の身を削ってでも働けばなんとかなるものです。
    それくらいの覚悟があるなら大丈夫だと思います。

    ユーザーID:

  • 奨学金の活用

    >主人は年収340万(税引き後220万)、

    >主人の会社は子ども1人でも給食費や修学旅行手当てを国から支給してもらっているようです。

    2点疑問なのですが。

    まず最初、失礼ですが年収340万円程度でしたら奥さんと子供一人扶養になってたら、税と社会保険料合わせてもそれほど引かれないはずです。
    つまり、手取り220万円ってありえないです。

    次ですが、たぶん就学援助のことを指しているようですが、これは個人が学校を通して教育委員会に請求する制度です。会社が国からそのような手当てが出る制度はありません。

    それはさておき、子供たちが大きくなったら奨学金なんかを活用したり、アルバイトをさせたりすれば(家族全体でがんばれば)何とかなるんじゃないでしょうか。

    あと家賃7万円は少々高過ぎます。区(市)営住宅など公共的なものを利用するといいですよ。一度、区(市)役所のしかるべき窓口で相談してみてください。

    ユーザーID:

  • 不安はみな一緒

    340万ですか?やめておきましょう。

    うちは夫750万+私200万あるけど、子供を育てていくのはムリだと考えています。
    住宅ローンの返済、駐車場・管理費で月10万です。食品にはこだわる方なので、添加物や農薬を気にしないで特売品を買うことはできません。

    収入があっても、教育費の捻出より物質的な豊かさに重きをおく夫婦もいるでしょう。
    貧乏でも子供がいなきゃ楽しくないと考える夫婦もいるでしょう。

    340万ぽっちの収入?やめておきなよ、と言われたらやめるんですか?私はその方がいいと思うけど、家族4人で楽しく笑顔の生活も、やれないことはないでしょうね。

    ユーザーID:

  • 子育てはいろいろですよ

    もっと少ない収入でも心豊かに子育てしている人も現実に多数います。
    またトピ主さんの家庭の3倍の収入があっても、子育てに不安があって産まないと決めている人も多数います。
    これとこれとこれが整っていないと、産めない育てられないという人は、いくらあっても育てられないものです。

    良い子育て=質の良い教育を受けること=私立へ入れること、と直結しちゃってる人もいるけど、生きる為の知恵は授けてもらえませんよ。
    結局は親や周りの大人たちの姿勢、困難に立ち向かう姿、逃げないで生きていく姿からしか学べないことが、人生では大事なのです。

    少子社会になれば経済規模はどんどん縮小し、日本はこれから消費型社会ではいられなくなります。
    お金をかけずにどんな工夫をして豊かに暮らすか、という方が、時代にあった生き方になると思うのです。

    私は収入はありますが、3人の子供たちをお金をなるべくかけずに育てています。
    知識の蓄積や応用は、普段の生活の中から学べるように、子供とは会話を重視しながら大事に毎日を過ごしています。
    好奇心を上手く導いてやれれば、塾以上の知識を自分から吸収していきますよ。

    ユーザーID:

  • いい加減に聞こえるでしょうけど

    今まで勤めたいくつかの会社の女性を見ると(私の周囲だけかもですが)20代前半の女性は、夫が薄給・アルバイトであろうが「後先はどうにかする」という考えで2人まで産んでしまう人ばかりでした。

    20代後半以降の女性は後先を深く考え、1人産む事でさえ躊躇する人が多いです。

    前記の20代前半の女性達は、軽薄でも浅はかな人でもありませんでした。
    深く考えるのは当然だし良い事ですが、彼女たちを見習う?部分はあると思います。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • とおりすがりさんへ

    >まず最初、失礼ですが年収340万円程度でしたら奥さんと子供一人扶養になってたら、税と社会保険料合わせてもそれほど引かれないはずです。
    つまり、手取り220万円ってありえないです。

    「ありえない」なんてことはありませんよ。公認会計の仕事をしていますが、20代の方ではよくあるケースです。
    個人の価値観は様々ですが、「ありえない」と断定されるのは少し?ですね。トピ主さんの不安を煽る結果にならなければ良いのですが・・・。
    少し横ですが、気になったので発言しました。

    トピ主さんへ
    確かに楽ではないかもしれませんが、四人家族っていいものですよ。目先の苦労に囚われないで、20.30年後を見据えて頑張りましょう!
    当方は男性ですが、2人のちびすけ相手にてんてこ舞いの毎日です。今からこの子たちの旅立ちの日を思って涙してみたり(笑)。いいものですよ。
    焦らず、他人に惑わされず、楽しく生きていきましょう♪

    ユーザーID:

  • 働いてみるのも

    共稼ぎ、子供1人のはっぱと申します。
    正直、その年収では、ちょっと厳しいと思います。

    まず、トピ主さんは自分が3ヶ月から保育所で寂しかったからとありますが、それは保育所だったから寂しかったのではないと思うんです。
    保育所っ子でも、帰ってからのフォローがちゃんとしていれば、決して寂しい思いはしないのではないでしょうか。
    一日中母親とべったりだからと言って幸せだとは限りません。
    お母さんがイキイキと外で働いて、多少潤いがあって、なおかつ兄弟が増えたらそれはそれで子供にとって幸せじゃないでしょうか。

    お金は貯めようと思っても貯まらないものです。
    それなら子供を財産にできたら素敵だと思いませんか。
    でも生きていくには最低限のお金が必要なのです。
    それならパートでもいいから、トピ主さんも働きに出てみる、というのも選択の1つだと思うのですが。
    働きに出てみれば、周りは高給取りばかりの人じゃないってことも、発見できますよ。

    ユーザーID:

  • 小町って、奨学生の事本当に理解してるんでしょうか

    奨学金は基本返さなければなりません。

    簡単に奨学金もらえばいい、と言いますが、卒業したら突然何百万もの借金があるわけですよ。
    国公立でも、大学の授業料は年々上がっているのですよ。

    実際、初任給で返していけるか、自信が無いと、就職活動でも夢より給料優先になってしまう、結果何のために大学に入ったのかわからない奨学生はたくさんいます。

    いくら利子がほとんど付かないとは言え、結構酷なものです。

    学生の頃から、借金の事ばかり・・・
    男だったら、結婚にだって踏み切りにくくなる額です。
    簡単に言うのが、いい事だと思いません。

    ユーザーID:

  • 他人の意見なんて・・

    参考にしたって意味ないです。

    年収がいくらだったら○人子供を育てられる・・って決まっているわけではないですよね?

    とぴ主さんからみたらお金があったって本人たちは苦しいと感じている方もいれば、お金がなくて子供の数も多いご家庭もあるでしょう。

    要はどれだけ頑張れるかって事ですよ。
    お子さんのために、家族のために。

    私はお金と子供は比べられるものだとは思えません。
    どんなに貧乏だって兄弟のいる生活ってお金じゃ買えないです。

    ユーザーID:

  • ともきちさんへ

    トピ主さんのご主人が給与所得者と仮定して・・会社云々とかいてあるのでたぶんサラリーマンだとおもいます

    年収340万ですと、給与所得控除が120万です。
    基礎控除が38万×3で114万です。
    あわせて控除が234万です。したがって課税所得は106万です。
    所得税法86条に基づく税率表を見ると10パーセントですから所得税は約10万円です。住民税は国税より若干安いんでたぶん8万円くらいだと思います。
    社会保険料は計算してませんが、それほど引かれるはずはないと思います。違ったでしょうか。もしちがうんでしたらお教えください。

    ユーザーID:

  • 奨学金を受けることは・・・(横ですみません)

    日本では親が子供の学費を全て捻出しなければならない、という固定観念が強すぎると思います。逆にこの考えが強いからこそ、何人も子供を持つことを負担に感じるのでしょう。

    それを緩和する手段として、奨学金を活用するという考え方は間違っていないと思います。私自身も大学院で奨学金を借りましたが、確かに卒業時にマイナスからのスタートとなることは事実ですので、奨学金を借りた当人にとっては金銭的に辛いものがあります。

    でも、奨学金を借りてまで上級学校へ行こうと思うのは、そうでない場合と比べてお金、時間を使っても長い目で見たらプラスになると考えるからこそ行くのではないでしょうか?

    人生にはお金が必要な時期がありますが、ちょうどそのときそのお金が手元にあるとは限りません。例えば勉強するのであれば若いうちの方が覚えも良いし理解も早い。でも若いうちはお金がないのが普通です。ならば、親に出してもらうか、奨学金で調達するしかない。奨学金がなければとりあえず働いてお金が貯まるまで待たなければならず、せっかくの若い時期を無駄にしてしまいます。それはとてももったいないことですよね。

    ユーザーID:

  • とおりすがり

    補足です。

    社会保険料について、標準報酬額283,000円として私なりに計算してみました。
    厚生年金保険料19,507円
    健康保険料11,480円
    雇用保険料2,240円
    介護保険料1,450円
    年間の社会保険料総額416,124円です。(多少の誤差はご了承ください)
    そうしますと前述した所得税は年末調整で半分くらい戻ります。住民税もそれに応じて当然減ります。

    なんで、しつこくこんなお話をするかと申しますと、場合によっては会社の経理担当者が計算間違いしている可能性が否定できないからです。
     
    その場合は、還付の手続きになりますが、公的債権も時効がありますので、一定期間経過すると、請求権が消滅してしまいます。
    そのことが心配なんです。
    おせっかい焼いて申し訳ございません。

    ユーザーID:

  • 不安ならやめるべき

    何か出費が増えたとき、生活が苦しくなったとき、
    やっぱり生まなければよかったなんて思ったら、子供がかわいそう。

    経済的ゆとりのなさからイライラして、子供をヒステリックに叱っている母親をみると、だったら生まなきゃいいのにって思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • 人それぞれでは・・・。

    塾やお稽古事は無し。 学校はずっと公立へ通わせて、大学は行きたければ自分でバイトするなり奨学金をもらうなりさせる。 家族旅行などの贅沢は一切なし。 それでよければ心配はないでしょう。

    でも自分達夫婦も、それなりに楽しみながら人生を送りたい、子供にもそれなりなことをしてやりたい、そんな風に思うなら、ひとりの方が良いかもしれません。

    とある友達は、3人子供がいるのですが(まだ全員小学生)、「本当にお金がない時は、メインディッシュがニラ玉炒め」と笑ってます。

    ユーザーID:

  • 可能

    TVの特番で「大家族スペシャル」みたいの、よく見かけますよね。
    子供が9人もいるのにお父さんがひとりでトラックに乗って頑張って明るく生活してる。

    家族で海水浴ひとつ行くのに金策しなくちゃいけないなんて「考えて産めよ」とか思わないでもないですし、自分の家事能力的にああいう生活は不可能だ、とか思います。

    だけど、ああいう風にしてたくましく生きてる家族が実際にいるんだから、年収340万で子供が二人って、やってやれないことはないのではないでしょうか。

    問題は、生活レベルが下がることにトピ主さん自身が絶えられるかどうかですよね。

    ユーザーID:

  • 働きましょう!

    働かない人は色んな理由づけをして働かないです。
    自分自身預けられていて淋しかったから、
    職がない、体が弱い、介護がある、etcetc・・
    でも、同じ状況で働いている人もいるのです。
    自分の努力次第で、やりくりできる事ではないのでしょうか。(少なくともトピ主さんの場合)

    失礼ですが、ご主人の収入では、
    働かない言い訳をしている場合ではないと思います。
    子供が小さい内はなんとかやり繰りして、
    その後は必死で働く!というのであれば結構ですが、
    自分でもガンガン働く、と思っていないと
    子供2人はきついと思います。

    子供にはめいっぱい愛情をかけてあげて、
    家族の為に働きましょうよ!

    ユーザーID:

  • 考え方次第だと思う

    頻繁に家族皆で外食をして、ディズニーランドにも年に2回は行って、携帯電話も家族それぞれが持って使い放題、子どもには稽古事もいっぱいさせて、親も付き合いがあるからと飲みに行ったり遊びに行ったり、子どもは勉強が苦手だからと私立に行って、みたいな生活では難しいかもと思います。あるいは、こういう生活を「標準」と考え、自分たちがそう出来なければストレスが溜まるようならはじめから止めておいた方がいい。

    しかし例えば我が家、外食は高くつくからとまず行かず、遊びに行くのは弁当を持ってハイキングなど金の掛からぬ場所、うちは金が無いからと友達のように派手な生活はさせてもらえなくてもそれが当然と考え、「うちは金が無いから学校は全部国公立で」と私学は受験すらしない、それが「我が家の普通」と考え、別にストレスもためずにやって来ました。そんな風にがんばれるなら可能ではと。

    ユーザーID:

  • どういう生活を送りたい?

    はっきり言いまして、かなりきつい収入ですね。
    教育費も高校まで公立といっても、受験のときの塾代や、今の子は携帯も持ってます。子供同士交際費もあるでしょう。クラブ活動だって無料じゃありません。

    その年収で奥さんが専業主婦では今の時代絶対無理です。

    うちは30代後半、夫年収600万、私150万くらいですが、経済的に無理なので子供はいません。子供には身なりなどの贅沢よりも、幅広く教育にお金をかけたいからこの年収では無理と諦めました。

    私の義理の妹夫婦は子供2人いますが、「子供は中卒でいい」って言っています。妹本人は何だかんだと働いていません。私には理解できない考え方です。

    要はどういう生活を送りたいか、にかかってきます。
    始めから習い事もさせず、一切のレジャーもなし、公立高校でもバイトさせる。あなた自身も一切のお洒落もできない生活でも良いのかどうかです。

    ユーザーID:

  • 人それぞれ

    トピ主さんとご家庭の年収で、子供3人を育てている人がいます。
    もっと低い収入で2人目が産まれる人もいます。
    逆にもっと高い年収で「不安だから」という理由で、
    子供を作らない人もいます。
    なので一概に、○○○円/年収=子供の数 ではないってことですよね。
    兄弟の良さはお金に換えられない。という考えもあるだろうし。

    ただ教育費がかかる小学校高学年〜はトピ主さんもバリバリ働けば、
    学習塾や学費の足しにならないでしょうか?
    大学へは奨学金という方法もあると思いますが、
    子供が大学へ進学するには、まだまだ時間があるので、
    それまで共働きで貯金すれば良いのでは?
    お金は働かなければ得られないと思いますよ。

    それと6才とはいわず、幼稚園に入園したら
    延長保育などを利用して、パートに出ではどうですか?
    友人の保母さん曰く、幼稚園代と習い事代の為にパートに出でいるママさんは多いそうです。

    ユーザーID:

  • 欲しいなら、産んで働く!

    いくら収入がなくても「家族が増える方がいい」と考えて、二人、三人・・と子供を作って、やりくりしている家庭はたくさんいると思います。

    実際、倹約出来る所はできるだけして、住む家のレベルもかなり落として・・と、それなりの努力は必要だと思いますが。

    もし「今現在されている生活の水準を落としたくない、でも子供はどうしても欲しい」というのであれば、産んでからやっぱり働くしか、ないんじゃないかな。

    経済状況は旦那様が転職をしてお給料が上がるとか、自分が働くかしなければ変わらないものですので、何を一番優先していくか、考えてみることが必要だと思います。

    ユーザーID:

  • 私だって不安ですよ

    現在一人目妊娠中です。
    夫は自営で固定の給料はなく、売り上げに応じた変動型です。
    なので不安はつきません。
    でも、私も働けるようになったら働くし、子供に不自由させない(贅沢させるていう意味ではなく)ために、何が何でも、稼いでみせる覚悟です。
    母親なんですから、もっと強くならないと!
    子供を守れるのは親だけですから。

    ユーザーID:

  • うみさん教えてください

    うちはそちらより少し多い年収ですが、子供3人いて育てています、特に貧乏と思ったことはないです。
    預金も十分出来ます。
    うみさんは世帯年収750万あるのですよね?
    それだけあって経済的子供を持てないというのが疑問ですが、いったいどういう教育を希望されていたのでしょうか?すごく気になってしまいました。
     きっと私の知らないハイソな教育制度があるのでしょう、失礼ながら不妊などでいたしかたなく子供を諦めたということではないのですよね?ちなみに私は私大卒です、普通の教育課程をえて育っています。
     失礼を承知ながら年収からすごく興味が出ました、お答え願います。

    ユーザーID:

  • 完全に横ですが、

    昨今、経済の二極化と言われて久しいですが、
    皆さんのレスを読んで納得してしまいました。

    また、二極化することがあながち悪いことばかりでは
    ないのだな、とも感じました。

    一般的に物質的豊かさは追求されてしかるべき、良しとされているものと認識していますが、それには変え難い家族のきずなや子どもとのふれあいを重視する方が沢山いらっしゃるということに気づいたからです。

    経済の二極化と平行して、意識も二極化している、といったところでしょうか。

    ちなみに我が家はトピ主さんご一家の約3倍の年収でありますが、子どもは一人です。やはり、生活全般のゆとりと、子どもにかけたい教育費が平均より高めである、ということが理由です。

    また、親子きょうだい云々ですが、時が変われば肉親であれども、環境、心境、状況に変化が起こり、いつまでも円満な関係を保てるわけではないと自身が認識している為、子どもには、周囲の環境と調和しながら、独立心をもって生きていってほしいと願い、あえてきょうだいの有無を考えたことはありません。

    ユーザーID:

  • 上の兄夫婦がトピ主さんと同じ・・・

    二人の兄夫婦を見ての感想です。
    義姉がトピ主さんと同じような考えです。
    子どもが小さいうちはそばでいてあげたい、という感じで、生活はとても苦しいはずですが、働いていません。

    経済面で苦しいので兄は働いてほしいようですが・・・。

    一方、下の兄夫婦は共に働いていて、上の兄夫婦の倍以上の年収があるようですが、子どもは一人です。

    上の兄嫁は、当初婚家の近くで暮らしていましたが、自分の実家近くが何かと便利でよいとの理由で兄を説得して(その理由に子どもを預けて働けるというのもあったらしい)700km離れた自分の実家近くに引っ越していきました。その後、何かと理由をつけて働いてはいません。

    兄二人の子の服装などを見ても明らかに子ども達がかけられている愛情の違いを感じます。それは、ブランドとかいうのではなく、きれいに洗濯された新しい下着、靴下を履いた子とよれよれの汚れた古い下着、靴下を身につけているなどの違いです。母も両方の洗濯ものを見てしみじみ言っていました。

    上の兄嫁と下の兄嫁を比べてみると、生き方というものの考え方が根本的に違うように感じます。

    ユーザーID:

  • 実は、重要な政治問題です。

    少子化の原因の一つですね。

    少子化によって日本国は確実に崩壊しますが、
    長年、ここのトピ主さんと同じ悩みを持った人々の問題を解決してこなかった政府、官僚、政治家の方々は、ぜひこのトピ主さんが満足する回答を出して上げてください。

    少子化で国は崩壊しつつある。
    しかし、子供を欲しい家庭は多く有ります。
    けれども、このトピ主さんのように産みたいが経済事情で産む事が難しい、躊躇している。
    こういった問題を解決すれば少子化はほとんど防ぐ事が出来ます。
    見ていますか?政治家、官僚の方々・・・。

    少子化で日本国の人口が8000万人となれば日本国は機能しなくなり崩壊です。
    家のローンは3000万円を30年ローンで低利で融資します。
    子育て費用も500万円、30年低利ローンをすればいいのです。
    低所得層には、格安の公営住宅が提供されます。
    つまり、10万円の住居に5万円で入居、と5万円の補助を出しています。
    それなら、子育て補助を毎月5万円出せばいい。

    住宅には厚い補助や制度があるのに、子育てに対する制度は貧弱です。
    政治家の皆さん、よく考えて下さい。
    そして、実行して下さい。
    いつ?
    今すぐ!

    ユーザーID:

  • 横でごめんなさい

    とおりすがりさんが書かれているように、340万で税引き後220万って??と思いました。ともきちさんが、20代ではよくあるケースって書かれていますが、どんなケースだったらそうなるんでしょうか。

    私は単純に、手取りと、「給与所得」を間違えて記載しているのかと思いました。とおりすがりさんも計算されてますが、340万の収入に対して、給与所得控除は120万なので、「給与所得」は220万になりますよね。

    横でごめんなさい。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧