• ホーム
  • アレルギーと診断されました。美容師になるのは無理?

アレルギーと診断されました。美容師になるのは無理?

レス29
(トピ主0
お気に入り0

美容・ファッション・ダイエット

チャップ

美容師、美容専門学校に通っている方、ご意見、体験談をお聞かせ下さい。
高校3年の娘を持つ母です。娘は以前からヘアーメイクを学びたいと進路を考えてきました。
ところが、化粧かぶれを起こしたため(目の周辺が赤くかぶれる)、皮膚科の診察を受けたところ、アレルギーとの診断を受け、化粧だけでなく、全身的なものとのことでした。
美容師の修行の過程で、液などにアレルギーを起こし、手がボロボロになる可能性が高いと言われました。
それでも娘は美容専門学校に進みたいと言いますが、親としては心配です。

美容師の方、専門学校に通っておられる方や身近な方に、身体に合わずに断念した、または克服したという方のご意見を伺いたいのです。
そろそろ進学先を決定する時期の為悩んでいます。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 新しい夢を

    お気の毒だけど無理そうに思います。
    娘さんが納得出来ないなら、親子で美容師、美容専門学校に話を聞きに行ってみればどうでしょうか?そこで具体的に「こういうことが起こって無理」と話を聞かされれば諦めがつくかもしれません。

    娘さんが美容専門学校に行きたい理由は?美容専門学校が無理でも、それ以外で、娘さんの思いがかなえられる道を探すことが出来ればよいのですけど。
    別の理想を燃やせる道を早く見つけるためにも、今すぐにでも専門学校に話を聞きに行って針路変更を考えた方がいいと思います。
    もし専門学校の人が親切なら「こういうことに興味を持っているなら美容師は無理だけどこういう道がありますよ」という助言が得られるかもしれません。

    娘さんが新しい夢を見つけることを祈ってます。

    ユーザーID:

  • 絶対無理ではありません。

    なぜなら、アトピー持ちで美容師をしている友人が居ます。

    ただ、やはりカラーリング剤などは直接触れないし、シャンプーも厳しい様です。カット以外は薄いゴム(だったと思います)手袋をしていますね。これも、色々試して一番刺激の少ないものにしたそうです。

    学校時代や修行している時は、どうしても自分の自由にはならないので、こまめにケアしたと言ってました。体質にもよると思いますが、有る程度は自分の努力で何とか成るのではありませんか?。

    ユーザーID:

  • かなり覚悟した方が……

    知人の美容師さんが言うには、アレルギー体質でなくてもかなり手の荒れる仕事、だからハンドクリーム選びは真剣です、との事です。
    私は美容師ではありませんが、飲食店で働くのが好きです。
    業務用食材でなく、一から作るソースやハンバーグなと、美味しい物をお客様に出すのが楽しかったのです。
    ですがホールだけでなく調理補助もしているうちに、みるみる手がボロボロになりました。
    洗剤にかぶれ、ゴム手袋にかぶれ、エビの皮むきをしてはかぶれ、水に触れるのも苦痛になりました。
    お店の人が私に気を遣って、ビニール手袋に変えて下さったのですが、細かい作業は手袋をするとしにくいですし、はめてる時間すら惜しい時もあるんですよね。
    両手は真っ赤に腫れ、あちこち切れて出血し、湿疹だらけ、指を曲げる事すら出来なくなってきました。
    皮膚科にも通院していましたが、薬を塗って包帯をして朝には少し良くなっても、昼間にまた悪化する、の繰り返しでした。
    仕事内容も職場の雰囲気も大好きでしたが、両手が痛くて仕事にならないので辞めました。

    ユーザーID:

  • 私も夢を諦めました

    こんにちは。私は3年前にパティシエになるため学校に通っていた者です。
    しかし実習の際、コンポートのリンゴを食べたら呼吸が出来なくなり、救急車で搬送されました。診断の結果はリンゴなどの果物アレルギーとのこと。今まで喉が腫れたりしていたのですが、夢のため我慢してきた結果です。
    チョコやドライフルーツなどで実習を続けていましたが、評価も低かったです。

    今は、パン屋でアルバイトをしています。アレルギーの人でも食べられるスイーツも研究していますよ。
    全く畑違いの仕事に就くよりは、それに近い様な夢をまた探ってみるのはダメでしょうか?

    ユーザーID:

  • ツライかもしれませんが・・・・・

    はじめまして、以前美容系の企業で採用担当をしていたので参考までに・・・
    美容専門学校へ進学したいと言うことは、将来はその技術を生かした職業へ就職したいのですよね?
    もしその様にお考えならば、お嬢さんにはお気の毒ですが違う道を探していただいた方が良いと思います。
    お嬢さんが希望通り美容系専門学校へ進学・卒業したとしても、企業側が内定を出さない可能性が高いと言うことを考えてあげて下さい。

    美容系ということは日々化粧品や薬剤を扱う職業です。私が以前勤めた会社では軽度のアトピー・アレルギーのある学生さんは選考対象外として、書類選考の段階で不採用としていました。
    他社がどのような基準を設けているかは不明ですが、不利になる事は明らかです。

    自分の夢に向けての第一歩を踏み出そうとしているのに諦めさせるのは残酷だとは思います。
    ですが、将来的な事を踏まえて考えてみてください。
    お嬢さんが納得できる違う道を見つける事が出来るように祈っています!

    ユーザーID:

  • 美容師ではありませんが

    親御さんとして心配なのはよくわかります。そして、助言、アドバイスをしてあげるのも当然と思います。

    私は病院に勤めていますが、滅菌手袋にアレルギーがあり、手がボロボロになりながら仕事している同僚はたくさんいます。話の内容ではどうやら接触性アレルギーのようなので、接触しなければある程度症状は軽くて済むのではないでしょうか?手術や処置ともなると滅菌操作や素材が限定されている関係でどの素材でも手がボロボロになる人もいますが、美容師さんなら出来るのでは?それか、すぐ手を拭く、洗う、など対処出来そうに思いますが。

    もう少し判断材料を増やしてから話し合ってはいかがでしょうか?例えば、実習で手袋をつけれるものかどうかとか・・・。アレルギーのない人にアレルギーのことを聞いてもほとんど情報を得られませんものね。

    現段階では「美容師は無理だから新しい夢を」というほどの材料は見当たらないように思います。
    夢をあきらめて一生引きずるような人生を送ってほしくはありませんし、親として突破口を見つけてあげるのが筋ではないでしょうか?

    決め付けずに娘さんとよく話し合ってくださいね。

    ユーザーID:

  • 私のいもうと

    家族の反対を押し切り、美容学校を卒業して、2−3年見習いをしていましたが、ひどいアレルギーのため、やはり続けられず、美容師への道をあきらめました。

    周りで見ていて、そのときの妹の皮膚はかわいそうなくらいひどい状態でした。 爪と皮膚の間が裂けて、そこから、パーマ液がしみこむ(手袋をしていても)、手が荒れて、指紋もありませんでした。シャンプー液が、腕にかかれば、そこが、真っ赤に腫れる、といった具合でした。

    皮膚からしみこむ化学物質は、内臓にも絶対よくありません。将来の妊娠、出産にも影響すると思います。絶対、やめた方が良いと思います。

    ユーザーID:

  • たぬこさんありがとうございます。トピ主です。

    書き込みありがとうございます。

    娘はもともとメイクに興味があるのですが、その勉強だけでは特に資格も取れないようなので、少し興味のある美容師とメイクも合わせて美容師の資格を取得した方が先々安心という考えで、美容専門学校を志望しています。

    メイクだけで2年間専門学校に行かせることは、私としては無駄なような気がして反対ですし、また、娘には大学もしくは短大に通いながら、メイク講座に通う事を進言しましたが、娘は、どうせするなら専門学校でしっかり学びたいと言います。

    医者からは、本人の希望が強いなら、せずの後悔よりした後悔で、やらせてみてもし無理なら一年浪人したつもりでやり直す方法も考えてみては、と言われました。しなかった後悔は後々まで残りますと。もし上手くいけばそれは良いしと。しかしそれも簡単な話ではありませんよね。

    そうですね、たぬこさんのおっしゃるとおり、専門学校の説明会に出向いて、聞いて見ることにしましょうか。直接聞くのが一番ですかね。

    他にも情報を持っていらっしゃる方、引き続きお願いいたします。

    ユーザーID:

  • 無理ですが

    アレルギーがなくても手荒れが辛い職業と聞きますので美容師は無理でしょう。
    化粧品にアレルギーがあるならばメイクのみのプロ(デパートのビューティアドバイザーなど)も難しいでしょうし。

    けれど「医者が言ったから諦めろ」では諦めきれないと思いますよ。

    娘さんと一緒に知り合いの美容師さんや専門学校に足を運んで、納得するまで話を聞いてはどうですか?
    また、美容師にならなくてもそれに関連する仕事(私は美容専門のライターやカメラマン位しか思いつきませんが、その道のプロに聞けばもっとあるでしょう)でお嬢さんが興味を引かれる職業が何かないかも調べてみたらどうでしょう。

    ユーザーID:

  • 進路変更、できませんか?

    私が通っている美容院に、おそらくお嬢さんと同じような体質の美容師さんがいます。

    夏はそれほどではないのですが、冬になると手はもちろん顔、首、が真っ赤にただれたようになって痛々しいのです。美容師としての腕はよい方なのに、その体質のせいで冬になると本来の業務に携われなくて店内の掃除や事務をしてらっしゃいます。(それがお店の意向なのか本人の希望なのかは不明)

    彼女を見ていると、せっかく美容師さんになっても、体質のせいで一年の半分以上にわたって本業じゃないことをやり続けるのも辛いんじゃないかな、なんて思う時があります。(あくまで想像ですが)

    トピ主さんのお嬢さんの場合は、若いからまだ進路変更が利きますよね。体質ってそんなにすぐに変わるものではないし、今のうちに別の夢を見つけることもできるのではないのでしょうか。

    ユーザーID:

  • 私も。1

    娘さんと同じような状況でありながら、高校を卒業し、美容院に就職しました。
    修行中は、シャンプー、お湯を使う、薬品に触れる等、手に悪いことばかりでしたので、手だけでなく腕まで湿疹が出始めました。寝ていても手が痒くて掻いてしまうので、お布団は血だらけ。荒れすぎて手が腫れ、お箸を持つこともできなくなるほどでした。結局、散々悩んで夢をあきらめることになりました。辞めてからは不思議なことに、湿疹もほとんど出ず、今ではまったく手荒れもありません。こんなことになるなら、もう少し頑張っておけばよかったなとか、アレルギーは一時的なものだったのかなとか思うこともあります。もう一度やり直せるなら美容師になりたいな。と正直思います。

    ユーザーID:

  • 私も。2

    今は、薬品等もいい物が出ているようですし、昔に比べると状況はよくなっていると思いますが、アレルギーがある以上、手荒れは必ず起きると覚悟されていた方がいいと思います。それでも、美容師になりたいと考えられているのでしたら、美容学校に進学し、実際に薬品等に触れて、実際どうなのか、納得されるのもいいのではないかと思います。

    親御さんとしては、せっかく進学してもアレルギーにより、結局挫折・・・となってはと心配されていると思いますが、娘さんの意志を尊重されてはいかがでしょうか?
    やってみたいと思うことを、やる前から諦めるより、やってみて納得されてから諦められてもいいのではないかと思います。ただ、アレルギーがあることで、辛いことがたくさんあると思います。それに立ち向かう、もしくはその辛さを受け入れる覚悟はされていた方がいいと思います。

    応援していますね!

    ユーザーID:

  • 私は断念組です‥‥。

    私も美容師になるのが子どもの頃からの夢で、高校卒業と同時に通信制の美容学校に入学し、見習いとして美容院に勤めました。
    私の場合は仕事を始めて半年後くらいに突然ジアミンのアレルギーになってしまったのですが、その状況はもう悲惨の一言でした。
    普通の手荒れと違って、アレルギー性の反応というのは身体が起こす拒絶反応なのでそれはもう凄まじいです。
    私も夢を叶えたい一心で、半ば意地になって仕事を続けたのですが、医者に「ショック状態に陥ったら命だって危ない」と言われたり、自分自身の身の回りの事もできないような状態になってしまい、泣く泣く断念しました。
    未だに、パーマもカラーもできません。

    私のこの話は10年ほど前の話です。
    美容界も医学も進歩しているかも知れないので「絶対に無理」かどうかはわかりませんが、アレルギー反応が皮膚に出てしまったら、やはり心がズタズタになるような辛い思いは避けられないのではないかと思います。
    娘さんの気持ちが分かるだけに、止めろとも、やってみろともアドバイスできずすみません。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます。トピ主です。

    皆様、多くのご意見いただきまして感謝いたします。
    タイムラグでお礼が間に合わなかった方々には失礼いたしました。

    皆さんのご意見を読んで、かなり過酷な状況ということが改めてわかりました。様々な職業で苦労があるんですね。たとえアレルギーでなくてもたいへんだと知りました。

    以前、美容院で若い方(二十歳ちょっと位かな)にシャンプーをしてもらった時、「手は荒れますか」と聞いたところ、「うちの美容院のシャンプーは強くないのでそうでもありません」との返事。
    美容院が使うシャンプー剤でも荒れ方が違うんだなぁ、とその時は思ったことでした。

    それから、娘が希望している専門学校に、娘の状況と、学校の意見、アレルギーの生徒の実績などを伺うメールを送りました。
    他県の為、直接出向くのが少々難しいためメールにしました。
    金曜日の夕方だったせいか、お返事はまだです。

    娘にはこのトピックの皆さんのご意見も見せようと思っています。
    どう受け取ってくれるでしょうか。

    ユーザーID:

  • 私は結局ダメでした・・・・。

    私は、小さい頃からアトピーでした。高校生の時、飲食店でアルバイトをしていましたが、基本はウエイトレスでしたが、忙しい時は皿洗い・調理補助など(小さいお店でしたので)手はガサガサ、ひび割れて、夜は薬を塗って包帯でグルグル巻きで寝てました。(夜中に無意識にかいてしまって、血だらけになっているので・・・)そん中でも、人と接することが好きでバイトを辞めようとも思わなかったし、その頃から美容師になろうと決めていました。(自分は頑張れる!と思っていたので・・・笑) 両親はそんな姿を見ながらも、「バイトを辞めたら?」とか「美容師は無理なんじゃないか?」とは言いませんでした。(言ってもきかない子だったので・・・)
     その後、美容学校に通い、卒業して美容院に就職もしましたが、結局は3ヶ月で美容師の夢は諦めました。

    ユーザーID:

  • やめておかれたほうが…。

    「アレルギー」と「荒れやすい」は違います。
    「アレルギーマーチ」ってご存知ですか?
    ムリすると、自分のお化粧やパーマやカラーもできなくなるかもしれません。
    「化学物質過敏症」なのだったら大変だと思います。
    世の中には化学物質があふれてますから。
    隣の家のベランダに干している洗濯物(合成洗剤を使用)で気分が悪くなる、電車の消毒で気分が悪くなるから電車に乗れない、なんていう人もいます。
    ここまでは大げさだとしても、アレルギーはアレルゲンと接触している以上、進行すると思います。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます。トピ主です。

    皆様の親身なご意見をたくさんいただき、本当にありがとうございます。
    こんなにいただけるとは思っていませんでした。

    皆様からの回答を娘に見せたところ、涙をボロボロ流しながら読んでいました。それでも以前からの夢を諦めることはにわかには難しいようで落ち込んでいました。娘に関しては、今まで皮膚が弱いと感じた事はなかったので、最近になってアレルギーとの診断で私も困惑してしまいました。

    美容専門学校からのお返事もいただき、在学中に病院に通いながらの生徒は少数いるが、皆目標がある為、中途退学する生徒はいないとのことでした。
    卒業後、現場に出てから断念するケースは稀にあるようです。他にも色々助言のメールをいただきました。

    家族会議では、娘の固い意志を尊重しようかという方向に話は向かっています。
    もしかしたらもしかしたら、頑張って無事に達成してくれるかもと祈っています。試験合格することが先決ですが。

    明日は高校で三者面談です。
    美容専門学校進学で話をする予定です。
    皆さん本当にありがとうございました。
    またご意見いただいてるかもしれないので、また覗いてみます。

    ユーザーID:

  • ちょっと方向が変わりますが

    メイクが好きなら、方向性をかえて、化粧品をつくる側にまわることを夢にしてみるのはどうでしょうか。
    娘さん同様、いまは昔より敏感肌やアレルギー体質の人が多いせいか、昔より敏感肌用の化粧品も増えてきています。
    ドクターズ・コスメも人気があるし、敏感な体質の方だからこそわかる想いもあるんじゃないかなと思いました。

    この道について、門外漢なのですが、ちょっと視野を広げてみたら、もっと娘さんのためにあるかのような道もあるかもと思いまして。
    将来、娘さんが満足できる仕事に就けるといいですね。若さとやる気、元気は大切です。応援してます。

    ユーザーID:

  • 命取りだという事をお忘れなく

    トピ主さんの二度目の投稿を拝見して思ったのですが、使っているシャンプーが強い弱い、などという事とアレルギーは関係がありません。
    例えばアレルギーがない人にとって卵は美味しくて栄養のある食品ですが、卵アレルギーのある人にとってそれが猛毒になるのと同じです。
    お嬢さんが何の薬品に対するアレルギーなのか存じませんが、卵アレルギーの人間が卵を食べるのと同じ事をしようとしているという事をどうかお忘れなく。
    アレルギー物質を取り込みアナフィラキシーショックを起こし、死にいたることも決して珍しくありません。
    私自身も以前、美容の仕事を志し、アレルギーで断念したので辛いお気持ちはよく分かります。
    私はアルカリの薬品(パーマ液)で呼吸困難を起こし、顔がパンパンに腫れて救急車で運ばれました。
    気道まで腫れて窒息死するところでした。

    美容師によくある手荒れのように、ケアで乗り越えるという次元の話ではないので、どうかアレルギー専門の医師と相談してお考え下さい。

    ユーザーID:

  • よい解決法が見つかるといいのですが

    医師も「せずの後悔よりした後悔」と提案してくださっているのですね。お嬢さんもすぐには気持ちの整理がつかないでしょうしそれもひとつの方法かもしれませんね。

    アレルギーは精神的にも辛いと思う。
    まったく同じことをして他の人は何とも無いのに自分だけ。自分は何も悪くないのに。それどころか症状が出ないように人一倍、健康に気をつけているのに。自分よりうんと不摂生で生活に気を配ってない人たちが何の症状も出ず苦しまずに済んでいるのに。
    身体のことなので、我慢や根性で乗り切れるものではなく、無理をすればするほどひどくなったりして割り切れない思いで身体症状だけでなく精神的にも辛いと思います。
    自分でも納得できないぐらいだから他人も理解してくれず「なぜ貴女だけ?鬱陶しいね」「『自分はアレルギー』と思うから精神的なもので症状が現れるんじゃないの?(甘えが原因よ)」みたいな心ないことを言う人もいる。客相手なので予防しようにも手袋でシャンプーなどダメかもしれないし発疹がひどいと同情よりも「気持ち悪い、不愉快」という目で見られる可能性も。

    意地悪ではなく、こういうことも考えた上でということで書いてみました。

    ユーザーID:

  • まるさんに同意

    どうもアレルギーを軽くみてられるようです。

    美容師の道の問い合わせもいいですが 親子でアレルギーの勉強もされてみて下さい。健康あっての「夢」でもあり「実現」でもあるのですから。

    夢を諦める人は少なくないです。学力で医学部進学や弁護士の夢の断念、志望校に入れなかったり就職試験ではねられる人も多いです。第二第三の仕事も模索してみるのもいいのでは?子供の学校では「第一の志望職業」「第一がダメな場合の第二志望」「第二もダメな場合の第三志望」を考えるよう指導されています。「第一志望」が叶わなくても人生終わるわけじゃないと先生は言われます。この道しかないと思い込まずに柔軟な選択をされたらどうでしょうか。

    ユーザーID:

  • 聞く耳をもってほしい

    チャップさん、つらいお気持ちはわかりますが、お願いだからわかってくださいよ。

    肌の強い弱いは、なーーーーーーんの関係もないでしょ? アレルギーでしょ?
    アレルギーは致死病を招きます。
    アレルゲンは避けるしかありません。というか避けさえすれば健康に生きられるのです。
    早期にわかったのはせめてもの幸いでしょう。

    なぜ美容学校に質問するんですか。
    相談先は病院でしょう。で、病院で何といわれたのですか。それを思い出してください。

    もう結論は出ています。
    どうか時間をかけて、お嬢さんがほかの夢に向かえるよう見守ってほしい。

    もっといえば、とくに具体的な夢や志望のない人間も、価値がないなんてことはないのだ、若いからモラトリアムがあってもいいんだと思えるようにしてほしい。

    ユーザーID:

  • あきらめないで

    アレルギーが出ると言うことは、体がまだ敏感に感じているということです。喜ぶべきことです。
    逆に、アレルギーが出て、美容院にいけない人も沢山います。ということは、そんな人が行ける美容院をつくったらいいのです。友人でもお酢でシャンプーしている美容室を経営している人がいます。一切化学物質を使用していない店です。
    貴方と同じように苦しんでいる人は沢山います。
    シャンプーがダメな人なんて沢山いますよ。私は石鹸で頭は洗っています。普通の石鹸は動物由来にせよ、植物由来にせよ洗浄目的や泡立てる目的で界面活性剤を使用しています。環境への配慮のない持続不可能なものですよね。もちろん体にもよくない。化学物質は皮膚からも体の中に浸透します。そして、なかなか出しにくい物質のためたまりやすいです。それはいろいろな病気になる可能性を高くしているものです。
     少しずつですが、環境や安全を考える美容院、理容室が出てきています。是非、探してみてください。

    ユーザーID:

  • 問題は特にシャンプーなんですよね。

    インターン時代の主な仕事はシャンプーです。これが手荒れの原因です。アレルギーのない私でも、肘上までかぶれました。パーマ液やカラー剤などの薬剤より、手荒れに関してはシャンプーが問題です。シャンプーをする事がなくなってくると(技術者になれば)手荒れもなくなってきます。

    お店によって試験の基準は違いますが、早く技術者になれば手荒れは心配ないと思います。カラーは手袋を付けますし、パーマに関しては水巻き(ロッドを巻き終わってから薬を付ける方法)と言う方法もあるので直接、薬を肌に付けると言う事も避けられます。

    でも、アシスタント時代は技術者の指示に従わなくてはなりません。パーマを水巻きにするか付け巻きにするかを決めるのは技術者だと言う事です。早く技術者になればそれだけ身体への負担も軽くてすむと思います。

    ユーザーID:

  • イグアスの滝さんの言ってる意味がわからないんですが、

    お酢は立派な化学物質だと思う…。

    それとここの意味もわかりません。
    >私は石鹸で頭は洗っています。普通の石鹸は動物由来にせよ、植物由来にせよ洗浄目的や泡立てる目的で界面活性剤を使用しています。環境への配慮のない持続不可能なものですよね。

    イグアスの滝さんの文面全体が私には難しすぎるのですが、
    仮にイグアスの滝さんの使われている石鹸の界面活性剤が脂肪酸塩だとしても、これも決して「環境にいい」とは言えないですし、トピ主さんの質問とは方向がずれているとしか思えないのですが…。

    それに、学校でアレルギーを起こさない教材で実習ができるのでしょうか?免許と取ってから自分の趣旨に合った方向に進むことはできるけど、免許を取るための過程で自分の病状に合わせてもらうのは難しいのでは?もちろん交渉してみる価値はありますが、アレルゲンは人それぞれですし、発症してしまえばアレルゲンが増える可能性もあります。交差反応もあります。そしてアレルギーのアナフィラキシーショックはやはり怖いです。

    トピ主さん、横になってしまってごめんなさい。

    ユーザーID:

  • 手荒れとアレルギーは別

    だから、「手荒れ」と「アレルギー」は全く次元の違う話なんですよう。

    アレルギーのある人に、アレルゲンにさらされる職業を安易に勧めるのはとても恐ろしいことですよ。比喩ではなく、本当に命がけのことをさせようとしているんです。
    アレルギーというものは、本人がガマンすればなんとかなるとかいうものではなく、時には死にいたるのです。

    トピ主さんのお嬢様には誠にお気の毒ですが、この世の中には、残念ながら、本人の努力とは全く無縁の生まれつきの体質によって、できない職業というのがあるんです。目の悪い人は職業パイロットにはなれません。
    お嬢様は「道半ばで死んでもいいから美容師の道にすすみたい」とは思っていらっしゃらないでしょう?

    ユーザーID:

  • お医者様には

    本人の希望が強いなら、せずの後悔よりした後悔で、やらせてみてもし無理なら一年浪人したつもりでやり直す方法も考えてみては?
    と言われているんですよね?絶対に駄目ではないのですよね?でしたら、やはり本人の思う様にさせてあげてみてはどうでしょう?

    >しなかった後悔は後々まで残りますと。もし上手くいけばそれは良いしと。しかしそれも簡単な話ではありませんよね。

    そうでしょうか?本人が納得するかしないかって今後の人生、とても大切だと思います。自身で納得し諦めるのと人に言われて諦めるのとでは全然違うと思います。

    ユーザーID:

  • 事の重大性にお気付きでないようなので

    そばアレルギの友人が、呼吸困難で死にそうになった話を思い出したので、、

    アレルギーを甘く見ちゃいけない。命に関わります。

    まるさん、のなさん、まおさん、あれるげんさんの
    ご意見を再度お読みください。必ずお読みください。

    まるさんのご投稿
    >>私自身も以前、美容の仕事を志し、アレルギーで断念したので辛いお気持ちはよく分かります。
    >>私はアルカリの薬品(パーマ液)で呼吸困難を起こし、顔がパンパンに腫れて救急車で運ばれました。
    >>気道まで腫れて窒息死するところでした。

    まおさんのご投稿
    >>チャップさん、つらいお気持ちはわかりますが、お願いだからわかってくださいよ。
    >>アレルギーは致死病を招きます。
    >>相談先は病院でしょう。で、病院で何といわれたのですか。それを思い出してください。
    >>価値がないなんてことはないのだ、若いからモラトリアムがあってもいいんだと思えるように。

    ここまで親身になって戴いてるのですよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    その後も色々とご心配をいただき、ご意見をいただきましてありがとうございました。
    結論としましては、タツノオトシゴ様のおっしゃるように考えた結果であります。

    その後、パッチテストをしたり(大した問題はありませんでした)、他の医者にもかかってみました(全部で3軒の医者にかかりました)。そちらでは、化粧ひとつをあげてアレルギーとは断定できませんとの答えで、医師に寄っていろいろ所見が違うので、不安がないわけではありませんが、娘の思うようにさせてみます。

    娘は10月に行われる推薦試験の為に、希望の専門学校のショーや体験入学に参加する予定です。

    本当に思いがけずにたくさんの方々から親身になってのご意見をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。皆様の手を握ってお礼を申し上げたい気持ちです。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧