29才 貯金ができない

レス29
(トピ主0
お気に入り6

生活・身近な話題

笑い丸

初めまして。今年29歳になる笑い丸です。

じつはこの年になって貯金が80万もないんです。

飲みに行ったり洋服を買ったりと自分の好きな事ばかりに
お金を使いすぎて、気付けば貯金無し・・・

最近ヤバイと思い貯金をしようと積立も始めたのですが誘惑に負けて思うようにできません。
今回もバーゲンで5万使ってしまい積立に回せませんでした。

みなさんはどうやって折り合いをつけて貯金されてるんですか???

どうぞこんなアホな私に渇をお願いします!!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 給料天引き

    積み立てだとご自身で振り込みに行くんでしょうか?
    給料が入る日に、振替しちゃえばいいんじゃないですか?
    給料日の次の日にでも貯金用の口座に毎月5万移しちゃえば、おろすにおろせないですよね。
    そういう風に「ないものはない」「使えない」と思うしかないですね。
    会社に財形があれば給料天引きにしてもらえるので元々給料が少ない(少なく見える」ので使わなくて済むと思うのですが。

    貯金のコツとしては、カードは持たない。
    必要な分しかお金は持ち歩かない。
    バーゲンなどでも今日は3万まで!と決めてそれ以上お金を持っていかないなど自分で決心するしかないですよ。

    ユーザーID:

  • 買ったものは?

    バーゲンで、ということですが、お金を使ってしまう用途って、洋服やバッグなどが多いのでしょうか?

    だとすると、買ったもの、溢れてきませんか?そういうのを見ていると、中には買う必要もないのに買ってしまったものがあるって思いませんか?そういうのって、"買い物下手"だと思います。
    たとえば服で言えば、本当に似合って質のいいものが自分に必要な服です。それ以外は、着ても自分をステキに見せてはくれません。

    そういうことを考えていれば、買い物が少し慎重になると思います。あとは予算を決めることです。それを買うかどうか、慎重に吟味する間ができれば、今月の予算をオーバーしてしまうから、お金をためて来月買おう、と考える余地も生まれますよ。

    ユーザーID:

  • 自動積み立て

    私は自動積み立てで貯金しています。
    給料日3日後に自分で決めた額を自動的に定期積み立てへ。
    後は残りのお給料でやりくりすればいいんじゃないですか。
    あと、トピ主さんはカード払いにすることが多いですか?
    自分のお小遣いのやりくりが下手な人は、カード払いにすると、トピ主さんのように使いすぎちゃった月の翌月は、やりくりがピーピーになりますから、いつもニコニコ現金払いをオススメします。

    ユーザーID:

  • 私もですが・・・こつこつと!

    はじめまして。私も貯金ができないOL30歳です。ずっと会社員をしているのにもっとやばい金額になっています。というのは、フリーターだった時期が約2年ほどあり、生活レベル(手放せないスキンケアや体が強くないため健康食品など)がなかなか変えられず、数百万あった貯金を切り崩してきました。私もお洋服やコスメが大好きでやはりいざというとき必要なのはお金です。過去、そんな私でも数百万貯められたのは、やはり自動積み立てです。残ったらまわす、では絶対にたまらないことが自分でわかっていたので、もうそれは強制的に。今でも続けています。今お金が無くても、人間働いていればまた貯金することが出来ます。
    フリーターのときは毎月の貯金額は減らさざるをえませんでしたが、正社員になったら額を増やしました。年齢を考えると私も耳の痛い話ですが・・・。面倒な手続きはさっさと済ませて、お互い気持ちを強く持って今後のことを考えてしっかり貯めて行きましょう!

    ユーザーID:

  • 立場で違う

    お住まいの地域
    実家暮らし or 一人住まい
    派遣社員 or 正社員
    最終学歴

    などの条件によって違ってくるとは思いますが、
    もしトピ主さんが:

    4大卒、首都圏で正社員、実家暮らし と仮定した場合、その貯金額はあまりにも少ないかなという印象です。

    ユーザーID:

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 積み立てに回せない?

    積立は口座からの自動引き落としではないのですか?
    トピ主さんがお仕事をされている、という前提でレスしますが、給料日に自動引落しの積立にしておけばトピ主さんがお給料を引き出す前に積立口座に入ってしまいますよ。
    また、会社内で社内預金や財形はやっていませんか?これも給与天引きなのでトピ主さんが使ってしまう前に引かれています。
    お金を貯めようと思っているのなら、残ったお金を貯金するのではなく、貯金分を差し引いたお金で生活するのです。
    もちろん家計簿をつけて何に無駄遣いが多いのかのチェックも忘れずに。

    ユーザーID:

  • 財形は?

    私も20代前半はほとんど貯金もせず使いまくっていました。
    このままではまずい、と思い、財形を3万円づつ始めました。結婚までに100万円位貯まりました。

    自分で積み立てるのは使ってしまうリスクがあるので、強制的に引き落とされるようにした方がいいです。

    会社で財形が出来ればいいですが、出来ない場合は銀行で毎月○日に○円という形で自分で指定して自動積み立てもできます。後者の場合、給料日の直後に振替されるように設定しましょう。

    不安なら最初は1万円でもいいと思います。自信が出てきたら2万、3万と増やしていけばいいですよ。

    ユーザーID:

  • 日常に満足してますか?

    飲みに行ったり洋服買ったりしてないと生きていけませんか?減らすと自分がダメになってしまいそうですか?だとしたら、一種の心の病なんです。恐らく普段の生活に満足感が得られていないのだと思います。
    「地に足が着いてない」という言葉をご存知だと思いますが、今はまさにその状態なのではないでしょうか。大量の洋服や飲みに行く回数は将来の財産になりませんし、アイデンティティの形成にもなりません。その時間を何かお金のかからないストレス解消法に転換しませんか?例えば、DVDを借りてきて自宅で映画を見るとか、本を読むとか(漫画でもOK)。そして、何故現状に満足できていないのか、仕事や対人関係や生活環境等、自分の日常を見つめ直してみる必要がありそうですね。

    ユーザーID:

  • 生活費の把握

    自動引き落としは私もやってました。これはベストでしょう。でももっと貯蓄を増やしたいと思ったときにしたことは、生活費の把握と貯蓄ぐぜをつけること。
    あまり我慢するのもつらいので私は月3回、つまり10日に一回しか銀行からお金を引き出さないというルールをつくりました。はじめは、大まかな月の支出を3等分して、無理のないところからスタート。10日間の後半はきつくなるときもありましたが、例えば「あと2日」と我慢する。そのうちに、例えば通勤帰りに雑誌を買うといった無駄遣い癖がなくなりました。
    でも、働いているのなら服の購入や旅行でのリラックスなど本当に必要な支出もあるはず。それは貯蓄額の目標を上回った分から支出しました。漠然と「貯蓄したい」とするよりも「1年でいくら貯める」といった目標をつくって、それ以上は自由にする部分もつくらないと貯蓄が続かなくなると思います。

    ユーザーID:

  • 先取り貯金

    積立にまわす金がないというからには、多分、残った分で貯金とか、引き落とし日の設定が給与日よりかなり後になってるとかでしょうか?
    一番は会社に制度があれば、給与天引できる
    財形や社内預金、それから給与振込みされる銀行で
    自動積立ですが、この積立の引き落とし日の設定が
    給与日や翌日くらいで、お金を使う前に先に貯金すること、あとは残った分でやりくりすれば、おろさなければ
    貯まると思いますが?
    残った分を貯金するのでは貯まりにくいですよ。

    ユーザーID:

  • 口座分け

    給与天引き貯金とか、カードを止めるとか、他の方もおっしゃると思うので、今とそう変わらずに、今よりはちょっと貯まる方法を書きます。

    色々な引き落とし口座と、給与振り込み口座を別にします。

    ただそれだけですが、今よりは口座に残るお金は増えます。

    体重を毎日計るだけのダイエットと同じ原理なんでしょうが、意外と、生活を切り詰めたでも、出費を押さえているつもりはないのに、そうしている自分がいるんです。
    毎月のお金の移動や、常に引き落とし口座の残高を気にしなくてはいけませんが、そのくらいの緊張感があった方が出費にメリハリを付けられるようになります。
    なお、引き落とし請求額とその月のこずかい以外は緊急時以外は引き出さないようにすることが大事です。

    天引きや自動積立貯金は無理のない額に設定して併用すると、確実な貯金と、少しずつでも給与口座に残った貯金が出来ます。

    ユーザーID:

  • 環境がわからないから

    やっぱり貯金をするなら、自動積み立てでしょう。
    私は、フリーターの頃からコツコツ貯めてたんですけど、正社員になってから、ボーナスの半額は貯蓄するようにしています。
    私もお洋服買ったり、化粧品買ったり、百貨店大好きっ子なんでお気持ちはよーくわかります。私なんて、今夏のセールで7万5千円も使っちゃいましたよ!

    コツは・・・締めるとこは締める、って感じですかね。
    私は、普通預金には最小限の金額しか入れてません。余裕が出ればすぐに定期に移しちゃいます。
    あと、お洋服なんかはブランド物だったりするとオークションで売っちゃいます。1品ずつだと小額ですけど、塵も積もればってやつで、何点か売れると新しいお洋服の足しになりますよ。

    ちなみに、私は短卒後フリーター5年、正社員4年で、去年まで実家暮らしでしたが、実家を出るまでに貯蓄額は400万ぐらいでした。実家暮らしにしては貯蓄額が少ないな・・・と反省しています。

    ユーザーID:

  • いままで使った額を計算してみることをお勧めします。

     これまでファッションにかけた費用、飲食の費用、旅行の費用などを概算で良いから計算してみましょう。
     それが、あなたがしようと思えば出来た貯金の額です。
     それに対し、費やした額に対して得た物は何でしょう。友人関係や楽しい思い出などの筈ですが、かかった額に対して釣り合っているでしょうか。残りの人生の分まで含めて考えてみましょう。

     漠然と貯金するのではなく、一度これまでの支出を振り返ってみると今後の方針を建て易いのではないのでしょうか。

    ユーザーID:

  • このようにしなさい

    一ヶ月暮らしてお金が余ったらその分を貯金するという考えでは決してお金は貯まりません。

    皆さんが言っているように、給料天引き貯蓄をすれば知らないうちにお金がいっぱいたまってきます。

    ユーザーID:

  • お金が無くても無問題

    私は昼間の仕事の他に夜と土日にバイトもして、
    お金を稼ぎつつ節約し、コツコツお金をためました。
    贅沢もせず、つつましく暮らし・・・
    貯めたお金で都内に2LDKのマンションを購入しました。

    そして友人の話ですが。
    ちょっと面倒臭いとすぐにタクシーを使い、
    毎日レストランで外食、血統書付の猫を2匹飼い、
    数百万のエステをポンと契約。
    毎月給料日前には数千円しか持っていない状態、
    当然貯金なんかゼロというツワモノでした。
    そして彼女は結婚し、自分でお金は一切出さずに
    環境の良い街に、広い庭付きウッドデッキ付きの
    新築一戸建てに住んで悠々と暮らしています。

    私は自分の生き方を後悔はしていませんが、
    時々虚しくなってしまいます。
    貯金が無いからといって人生駄目なわけではなく、
    そして貯金があるからといって無い人よりも
    良い暮らしが出来るわけではないということです。
    まあ、結果論ですけどね。
    別に焦る必要は無いかと思いますよ。

    ユーザーID:

  • そりゃあね

    強制的に貯金。みなさんも言われる給与天引き。

    貯まるよー。晩婚の私は、(全く貯める気なかったけど)気がついたらけっこう貯まっていてびっくりでした。

    「給料が少ないんだ」と、思い込むことが大切です。おろせるとか、今回はやめようとか思うともうだめです。

    ユーザーID:

  • 人生の目標ナシさん

    貯金のしない人は、人生の目標がない、その日暮らしさんだと思います。

    その日欲しいものを買う、目に入ったかわいい洋服、メニュー開いておいしいと思った食べ物、のりで一杯二杯とすすんだお酒。

    その日が幸せであればそのままでもよし。

    でも、人生同じ状況のまま毎日が過ぎてはいきません。30代になったとき、40代になったとき、80代になったとき。

    貯金って、結婚したときに必要だからとか、家を買うときに必要だからとか、こどもが生まれるときに必要だからとか、そういう先を見越した人生の目標のためにするものだと思います。

    だから貯金をしない人は、たんに目標のない、今だけを生きる人だと思います。

    29歳だったらOLさんでも1000万なんていう節約さんもいます!、80万ありませんって、比べたらすごい差ですよ。ちょっとでも貯金しようよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です☆

    皆様、本当に貴重なご意見ありがとうございました!!!

    昔から何事にも甘く、買い物や飲食代もカード払いにしていた事もあり、ちょっと前まではこの貯金額と同じくらいの借金もありました。

    ちなみに皆さんは一月どのくらい貯金にまわしてますか??

    今は都内に一人暮らしで派遣で就業しています。大体手取りで18万円くらいです。
    最近はプラスになったので実家にも送金できるようになりました。
    貯金があると(かなり少ないですが)気持ちにゆとりというか余裕ができるんですね♪

    なんでもっと早く気付かなかったのか・・・

    ユーザーID:

  • 趣味

    貯める人は10代から「貯金癖」をつけてます。
    私が正社員選んだのも「一番効率が良い方法」だと
    思ったから。

    毎月18万くらいの所得から4万〜6万は定期にしてた。

    自宅通勤だからできたのだと思いますね。
    ま、一番良かったのは「結婚しない」ことが
    良かったのかも!?
    おかげで心にゆとりができました。
    今から同じ額を稼ぐって本当に大変です。
    バブルのころに貯めといてよかった。

    ブランドを買うのはいいですが、「新作」にこだわらず長く使えるものを買われることもヒントかも。

    ユーザーID:

  • 都内の派遣はそのぐらい?

    ごめんなさいね、トピ主さん。でも、それじゃ貯金できないかな、と納得。20代の大半、都内で派遣社員やってましたが、時給1650円でスタート、2000円の大台に乗ったころには、手取りで30-35万はもらっていたような。(29歳時)

    東京出身の方じゃないようですが、収入がその額でありながら物価は高いですから、東京で働く意味がないのでは?派遣社員であれば、きちんとスキルアップして次の仕事につなげて、どんどん昇給していかないと!また、正社員になるのであれば、そろそろあせったほうがよい年齢では?

    そういったところも含めて、「なぜ働くのか」をよく考えてみてはいかがでしょう。全体的に「ゆるい」ですよね。(辛口失礼)

    また、そのお給料であれば、23区に住むのはきついはず。トレンディドラマに出てくる人たちのように、毎晩行きつけのバーで集まって、おしゃれな服・バックで、おうちのインテリアも素敵、なんてことは、東京のOLさんの1割かそれ未満。なんとなくですが、地方でのんびり育って、トレンディドラマ=東京の生活、という刷り込みのもと、上京していらっしゃったかの印象を受けました。

    生活って、もっと地味で地道なものですよ。

    ユーザーID:

  • とりあえず100万円目標に・・・

    私も貯金が出来ない人で,少し溜まっては使ってしま
    ていました。ある人から,「100万円溜まるともった
    いなくなるので使わなくなるよ。」と聞いてから,まず100万を目標し,次は300万を目指しました。
    ある程度貯金がたまると,逆にもったいなくで使わな
    くなりますよ。また,物を買うときは,「更新」を基
    本とし増やさないことです。
    結婚とか,車を買うとか具体的なことがあると頑張れ
    るのですが,その場合でも100万円とか200万円とかが
    残るような使い方をすれば大丈夫です。

    (と,自分を信じこませる。)

    ユーザーID:

  • 20代はそこそこ使うのも大事。

    貯蓄は必要です。できる範囲の貯蓄は必要だと思いますが、20代でできるチャンスを削ってまで高額の貯蓄をしなくてもという気がします

    つわものとたたえられている1千万ためた人は、20代何をやっていたのでしょうか??(高給取りなら分かりますが)
    仮に一人暮らしだとしたらそれだけためるには、洋服や外食はかなり切り詰めることになりますし、旅行や趣味習い事やサブスクールなどは無理ですし、付き合いもぎりぎりではないでしょうか。
    結婚したら、そんな余裕はなくなってしまうのですが・・・。貴重な時間が。

    また、堅実な女性を素敵な男性が選ぶかというとそうでもない。知性や容姿に程ほど投資している女性がたいていは素敵な男性と結婚しています。こういうと失礼ですが、節約ばかりでは、収入など条件のよい男性と結婚するのはちと厳しいかと思います。もちろんだから貯蓄ゼロでも困りますが。

    トピ主さんはお金で買えない財産をためてこられています。得がたい財産です。
    これからはお金のほうの貯蓄も頑張ってくださいね。

    ユーザーID:

  • お金は使う事も大事♪

    私は40歳過ぎですが、
    人に自慢できるほど貯金はありません。
    服は好きだし、習い事は好きだし
    旅行は好きだし・・・
    貯金をする人から見ると、なんて空しい人生って
    思う人もいるみたいだけど、
    私はそれはそれで自分の肥やしになったと思っています。
    ある程度は貯金も必要でしょうけど、
    ある程度は浪費も必要だって思います。
    だって、貯金だけじゃ楽しくないでしょ。
    40歳を越えて、今、私が人からうらやましがられるのは
    沢山外国に行ったことと、4ヶ国語しゃべれる事。
    服のセンスがいい事。
    若い間の浪費は投資っていう名前にも変えることができると私は信じています。

    ユーザーID:

  • 私もがんばってますよん!

    家計簿ソフトを使うようになってから、食費や交遊費が削減できるようになりました。また、ある程度“使っていい額”が明確になるので、安心して“予算内の無駄遣い”ができますよ(笑)

    私も、お芝居や映画やセミナーや旅行や・・・と使い放題使ってしまったので、貯金額が乏しいのですが、得た物は財産になっています。

    過去の反省は大事ですが、現在の節減や、未来への貯蓄を楽しく行うためにどうすればいいか“工夫すること”も大切だと感じています。

    ユーザーID:

  • やるときゃやる!

    期間限定で必要経費を除いて全部定期にしちゃう。1年もやればずいぶんたまりますよ。あたしはそれで留学しました。

    ユーザーID:

  • 計画性があれば大丈夫。

    使うにしても貯めるにしても、計画性が大切だと思います。月単位・年単位で何にどのくらいお金をかけているかを把握することからはじめてみるといいと思います。(家計簿をつけるのが一番ですが、面倒であればざっくり項目別に幾ら使ったかをメモするだけでも。)そのうち、何をどのぐらい削れるかを考えます。ただ、あまり削り過ぎても生活に潤いがなくなるので、ほどほどに。

    目的があるとたまりやすくなります。旅行資金などの比較的額の小さなものから結婚費用や住宅の頭金などの大きな中長期的なもの、目的別に貯めてもいいと思います。

    やっぱり節約は向いていないわ!というのであれば、収入を増やすためのキャリアアップ転職もありと思います。今は景気が回復してきていて、派遣から正社員への転職もチャンスが増えてきています。そのためのスキルアップの勉強にかかる費用は惜しまない方がよいです。また、給料が上がった分、使っていては何もならないので、その分は天引き貯金でもともとないものとしたらいいでしょう。

    ユーザーID:

  • 1000万、貯めた者です。

     20代後半までに貯金1000万円を貯めました。

     レスの中に1000万円貯めた人は節約ばかりで教養?とかに投資していない、というような内容の方がいましたが、はっきり言って違います。

     仕事が忙しくてお金が使えなかったからかも。仕事に必要な資格は仕事をしながら取得していましたし(国家資格です)、仕事も残業残業・・・。気が付けば貯金が貯まっていました。でも休日はエステに行ったり普通に洋服を買っていました。
     
     私の貯金方法は1ヶ月に一回しかお金をおろさないんです。それで一ヶ月生活する・・。これだけです。

     カードは一ヶ月に一回しか使用しない、というのもありました。ボーナス時は大入りと称して別枠でお金をおろして服を買っていました。
     洋服は大体ベーシックな物を買ってリフォームしたり、小物で感じを変えたりしていましたよ。

     こんなもんで結構お金が貯まるものです。今は専業主婦ですが3年で1000万円貯めました。

    ユーザーID:

  • 1000万円貯めた者です2

     それと貯金出来ない方が大抵自分が一ヶ月に幾ら使っているか分からない人が多いんです。
     
     ですから3ヶ月でいいから家計簿をつける事をお勧めします。多分、トピ主さんは使途不明金が結構な額出ると思いますよ。

     始めは面倒臭いですが、これで自分は何にお金を使いすぎているかが分かりますので改善出来ると思います。
     もし出来なかったら・・・多分貯金は出来ないでしょう・・・。

    ユーザーID:

  • まだ間に合いますよ

    トピ主さん。このトピを立てただけでも前に進んでいるではないですか〜。

    私は34歳です。28歳で結婚するまでに600万位貯金しました。うち4年間は一人暮らしでした。貯金可能額は個人の状況により差はありますが、やはり天引きが手っ取り早く確実です。

    独身時代の貯金は大切ですよ。夫に気兼ねなく使えるお金があるというのは気分的に楽ですし、考えたくはないですが将来離婚などしたとしても安心です。今も働いていますのでゆとりある生活が出来ていますが、結婚後の収入は二人のお金になりますので贅沢品は気が引け家計からは出しにくくなります。

    余談ですが、ある程度貯まれば半分位は投資にトライするのも手ですよ。私は結婚前の貯金の殆どを投資にまわしています。リスクはありますが経済の勉強にもなりますし貯金より楽しいです。儲かった分で洋服や化粧品、旅行など贅沢に使ってます。

    まだお若いですから、貯める術(&殖やす術)は充分身に付きますよ。がんばって〜。応援してます!

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧