人はなぜ旅に出るのでしょうか(旅行)

レス33
(トピ主0
お気に入り4

旅行・国内外の地域情報

紫苑

 小さい頃から家族旅行を含め、あまり旅行をしたことがなく。大人になってから…一人or友達と長い休みに旅行に出かけるようになりました。
 ところが、ハプニング苦手&常にお金を捨てているような罪悪感がつきまとってしまい…。思う存分、その場の雰囲気を楽しむことができずにいます。私のような人間はきっと少数派なんだろうなと思うのですが。

 そこで皆様にお聞きしたいのは。
「なぜ旅行に行かれるのでしょうか」
 実際どんなことを楽しみに旅行をされていますか。(現実逃避ができる、現地の人とのコミュニケーション、友達の新たな一面が発見できる、絵画や建物・城…が好きとか、食べ物・エステ…が楽しみなど)
 また、旅行を楽しむコツなどありましたらお教え願いませんでしょうか。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私はこうです。

    >現実逃避ができる、現地の人とのコミュニケーション、友達の新たな一面が発見できる


    いつもの変わり栄えしない毎日はつまらないから、と旅行に出掛けることもあります。
    そして、嫌なことがあったら、トコトコと、田舎の電車に揺られて小旅行をしたいですね。
    よく、湘南方面や、外房線や東金線方面まで一人で出掛けます。

    ユーザーID:

  • 夫が海外旅行に行きたがる

    国内では日常生活の延長みたいで気分転換できない、海外、特にアジア圏外だと非日常的で気分転換が出来るので好きだそうです。

    風景、建築物、食べ物など、日本とは異なるものが体験できて心にも頭にも刺激になって楽しいです。
    そうですね、現地の人とのちょっとした触れ合いも楽しい思い出になります。

    パックツアーと個人旅行では一長一短で、パックツアーなら交通の便が悪いところでも効率よく手っ取り早く簡単に「見所」をまわることが出来ます。
    個人旅行だと交通の便の悪いところだと特に移動が大変だけど、街の人に道を聞いたりする触れ合いもまた楽しく、「見所」だけでなくそこにたどり着くまでの過程も十分に楽しめるのがいい。運転手さんに「このバス、○○に行きますか?」とか「着いたら教えてください」と頼んでいたら、見知らぬ乗客が「私が教えてあげるから任せて!」なんて声を掛けてくれたりとか、そういうのがよい思い出になります。

    ユーザーID:

  • 自然な気持ちが一番

    旅行は、趣味のひとつですから、無理してまで行く必要はありません。
    わたしは、たまに日常から離れるのも楽しいから行ってます。(逃避ではありませんが)
    ちょっとニュアンスは違うけど、歌はいいよとか、お酒はいいよとか言われても、苦手な人は楽しめません。
    人それぞれ、向き不向きがあります。

    友達の誘いに乗れないとか、あまり旅行に行ったことがないと、みんなの話の輪に入れないとか、そういう悩みだと思うけど、歌や酒と違って、そのうち好きになるかも知れないし、焦ることはないでしょう。

    国内でも国外でも、強く興味を引かれる所ができたら、そこに行きたくなるでしょう。それがきっかけになるかも知れません。

    「なぜ旅行に行かれるのでしょうか」という問いには既にご自分でたくさん答えをお持ちです。
    ハプニング苦手、家が好き、平凡な日常が好き。というのも十分アリ。
    少数派でも大丈夫。
    自分自身の自然な気持ちに従いましょう。

    ユーザーID:

  • 私の場合は・・。

    カメラも筆記具も何も持たず、ひたすら新しい土地に身を置く為に旅行します。何故なのかは分かりませんが、きっと世界のどこかに有る自分を納める最適な場所を探しているのかも知れませんね。

    実際の旅はいろんな人と一緒だったり、一人旅だったりしますが常にいつもと違うパターンを要求されている気がします。それは心の奥底の何がそうさせるのか分かりませんが、過去(小さい頃か生前?)に有った体験を思い起そうとしているのかも知れません。
    そう、要するに欲するままに行動している感じなのです。だから準備も無く出掛ける事も多いのですが、かと言って放浪癖が有る訳でも有りません。

    例えば出張である場所へ行くとしましょう。それが何回も行く事になった時は必ず毎回違う経路で行く様な物です。ある意味新鮮だし、いつも緊張した場面が続きますのでとても面白い旅になります。
    人間って知らない事を知った時は、きっと全てを知りたくなるのでは無いでしょうか?その解決法が旅なのでは無いかと思います。

    ユーザーID:

  • なぜ?よりも・・・

    なぜ旅に出るのか不思議がって居るうちは旅をしないことです。

    理屈抜きで旅があなたを連れ出します。

    それまで待っていましょう。

    ユーザーID:

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • リセットのため

     大げさなタイトルになってしまいましたが、ちょっとした心のリセットですね、私にとっての旅行は。

     小さい子供と夫との3人での旅行なので、どこへいっても大変ではあるんですが、ビーチで寝そべってみたり、緑がいっぱいの公園をただなんとなく歩いてみたり、日常の忙しいいろいろを忘れて、家に帰ったら、また真新しい気持ちで生活を始めるという感じ。

     今年子供の海外デビューは、表向き子供のためですが、実際はその時期喧嘩の多かった夫婦修復旅行でした。旅にでるとなんとなくいい感じに収まるので。 

    ユーザーID:

  • 自分の居場所を探していたのかも

    子供の頃から外出と乗り物に乗ることが大好きでした。成長するに従いそれは旅行好きに変わり、3日以上休みがあれば旅行に行ってました。ここまでは好奇心を満たし、気分転換ができることが理由でした。
     昨年生まれて初めてシンガポールと台湾へ行った時、「ああここは他の旅先とは違う」と強く感じました。理由はよく判りません、「自分の魂になじむ」という感じなんです。以来、「自分のお金を使って行く(懸賞や出張などヒトの金で行くのは別という意味)旅先はこの2カ国でいいや」と考えが変わりました。
     今にして思えば、自分の魂が喜ぶ場所?を見つけるためにあちこち行っていたのかなと思います。私にとって、この2カ国は何度行っても居心地の良い場所です。もちろん他に行ってみたい所はたくさんありますが、機会があれば…というレベルですね。

    ユーザーID:

  • お答えではなく、お仲間ですが・・・

    私も旅行は好きではありません、と言うか、行きたいと思わないし、行く必要性も感じられないからです。

    大学生の頃はバブル期だったので、冬はスキー、夏はマリンスポーツと、国内でしたが周囲の多くは、雪を求めて波を求めて旅行をしてました。でも、私は寒いのは嫌いだし、日焼けると火傷のようになるのでどちらもパス。卒業旅行にも行ってません。
    就職してからも、周りは年に最低1回は海外旅行をしている人が多かったのですが、私は親友と1〜2度近場の温泉に行った程度。

    飛行機は離着陸の時に酔うし、枕が替わると眠れないし、行く前と後の荷物の準備と片付けと洗濯が手間だし・・・。

    今は、主人の転勤で九州にいますが、既に三年いるのに、県外はおろか、市外へ出掛けることも数えられる程度です。子どももいるのに・・・。
    お互いの実家にそれぞれ年1回帰省するので、それで十分です(でもそれは旅行とは言わないらしい・・・)

    こういう人間ちゃんともいるので、趣味が違うくらいに思っていいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 興味深深なのよ〜

    私の場合は海外でも国内でも、その場所、建物、食べ物、人々などに興味があるからです。

    行って嫌いになることもあれば、老後は絶対ここに住む!!と思うこともあります。

    息抜きとか、刺激を求める人もいるんじゃないかな?

    旅行を楽しむコツですが、私はアクシデントがあることははっきりいって見越しています。でもそのときは泣きそうになったり、死にそうな思いをしても、後で思い出すと、笑えたりしません?自分の家に帰ってきて、ほっとしたとき思い出すと意外と面白いものです。あと、無理をしないこと。アクシデントが苦手ならなおさら。

    たとえば、海外に行くとき、英語、現地語がしゃべれないならツアーで行くこと。写真を撮ること(あとで見て楽しめるから)。仲のほんとにいい人と一緒にいくこと。

    ユーザーID:

  • 日常からの脱却が好きだったから

    独身時代は、年に1,2回は海外旅行。段々と空港が近づいてくる時から、旅情度アップ〜!頭の中では、航空会社で見かけるようなポスター(異国の街で佇む私)のモデル気分にひたったり、「ジェット・ストリーム」と一人で興奮の渦にあったり、本当におまぬけ状態。こういうハイな状態になれる瞬間が好きだったなぁ。

    あと、旅先に着くと、「○○市在住の独身OL。△△企業勤務」などなど自分にまつわる肩書き、略歴なんか関係なくなって、「ああ、何者でもない私〜!」とまたまたバカ状態炸裂・・・。周囲を見渡すと、異国の言葉とそこの人々。会社では、いつも周囲に気を使って、書類作成に格闘して、お茶くみしてっていう日常の自分だけど、旅行中はそういう雑事からしばし脱却できる・・・だから好きだったよ、海外一人旅!

    今は、子持ちの主婦。もうああいう気分には浸れまい・・・。懐かしき日々だな〜、あの頃。

    ユーザーID:

  • 何があるかわからない、それが旅なのだ!

    ↑(BY 大泉洋)

    私の場合、3つあるんですが。
    ・今まで働いた自分にご褒美
    ・今までの自分をリセットしたい
    ・自分をリニューアルしたい
    という理由です。

    先月北海道へ1人旅をしましたが、旅をするといろんな人と出会えます。旅館の人達たツアー客、夫婦など
    「どこから来たの?」
    「私も友達と来たのよ〜」
    「ツアーなんだけど・・・」
    とか話が弾んじゃって。
    人とのふれあいも旅の楽しみです。
    都会では味わえないことをやりたいので、早朝カヌー
    やクルーズ、自然探索など参加しました。
    お金はかかりますが、参加してよかったです。時々は旅をしますが、損をしてしまうことありますよ。でもそれが今後の勉強として、「得をした」と私は肝に銘じています。

    何事も、お金とハプニングとか細かいことは考えないことが私流「旅行を楽しむコツ」です。

    ユーザーID:

  • 非日常の空間に身を置く心地よさ

    息子達が幼い頃から、学期休み連休などにはよく大小旅行に出ました。
    支度や道中の世話の大変さに勝る子供達の笑顔が何より嬉しかったからです。
    息子達も幼心に非日常に身を置く事が嬉しかったようでした。声もテンションもオクターブ上がる感じでした。

    私が子供の頃は家族旅行なんて無くて、田舎のある友が羨ましくて、よく母に「うちは何で東京なの?」
    なんて言って困らせたりしたものです。

    今、春秋にちょっとまとまった夫との旅を、合間に1泊の小さな旅を年3〜4回ほど続けていますが、いつも体は疲れながらも心は楽しくリフレッシュされて、次の旅までまた頑張るぞって元気が出ます。

    トピ主さんも旅に元気がもらえるようになると良いですね。

    ユーザーID:

  • 何にもしない旅

    ハプニングが苦手&お金を捨てている罪悪感・・・
    ひょっとして、旅先であちこち観光を詰め込む旅行をしてきましたか?

    もしそうなら、こういうのはどうでしょう。
    良質な温泉と、ほどほどのお料理が出る静かな宿。
    好きな本を持っていって湯浴み&読書三昧。
    とにかくぼーっとするのです。

    私自身は、同行者・目的地に合わせて
    観光地めぐりもすれば滞在型の旅もしますが
    どこに行っても楽しいです。
    ハプニングが楽しいのは気のおけない友人といった時でしょうか?
    家族(子連れ)でいくと夫婦ゲンカに発展しますが・・・(苦笑)
    海外一人旅をしていた時代は、
    ハプニングは命に関わることもあるのでスリルたっぷりでしたが
    大抵、ハプニングの方が忘れられない思い出になります。

    他の方も書いておられましたが
    楽しめないなら無理に行かなくてもいいのでは。
    旅の方があなたを呼ぶまで。

    ユーザーID:

  • リフレッシュ。現実から離れた世界へ〜

    旅立つんです。
    疲れますが、リフレッシュと思えば楽しめます。

    お金はいくらまではつかってよし!と
    出発前に決めて出て行くといいですよ。
    もしも、使ってよし!というお金が用意できないorもったいないとおもうならば、しばらく旅行はおあずけにされたほうがいいかもしれません。

    ユーザーID:

  • なぜ? と言われても・・・

    「知りたい!!」

    ただ、それだけです・・・。

    ユーザーID:

  • 楽しめないなら行かなくていい

    私も旅行はあまり好きではありません。 若い頃はとても好きで国内は北海道の南端辺りから九州の真中辺りまではかなり色々と行きましたし、海外も15カ国くらい行きました。 でも、その後3つの国に数年から十数年ずつ住んでみて、また、現地の人たちと一緒に仕事をしてみて、違う場所に単に行ってみるのと住んでみるのとでは全然違うのだと感じて以来、数日間他の場所に滞在して、何かを「見る」だけの旅行にはすっかり興味を無くしてしまいました。
    旅行が楽しいと思うならばどんどん行けばいいけれど、楽しくないと思っているなら行く必要はありませんよ。
    例えばエッフェル塔に上って景色を見て感激する人もいるでしょうが、私にとっては図書館でエッフェル塔がどのようにして作られ、当時どういった賛否の意見が戦わされたか等を文献で調べる方が楽しいです。
    将来はいくつかの国で数年ずつ住めるよう、準備をすすめているところです。
    自分の楽しみは自分で見つけましょう。回りに流されて楽しめない旅行に行く必要などないのですから。

    ユーザーID:

  • 行きたくないなら行かなくても良い

    私も20カ国周りました。確かに地理や歴史には詳しくなります。美しい景色を見たり楽しいことだけではなく、貧しい人や政情で苦しめられている人の生々しい存在も知りました。

    好奇心旺盛だった頃はそれで満足だったのですが、今は暫く休もうと思っています。
    いくら旅行が楽しくても、それは一時的なもの。終わったら、元の生活に戻ります。

    ボロアパートで暮らしているのですが、旅行へ行くお金があったらマンション購入の資金にして、普段の生活を充実させたいです。それが果たせるようになったら、再び旅行をするつもりです。

    ユーザーID:

  • 相手によるかな

    一人旅や友人との旅行は正直あまり好きではありません。楽しいどころか孤独を感じたり、相手に気を使って疲れてしまうのです。

    ですが旦那相手だと、これがまったく平気どころか最高に楽しい時間となるのです。
    付き合ってる頃の旅行なんて、何日も前からワクワクが収まらず、ぴょんぴょん飛び跳ねたい位の高揚感でした。笑

    まだ楽しい旅を経験していないだけだと思います。いつか好きな人と行ってみてください!

    ユーザーID:

  • 新しいものが見たい

    自分の知らないもの、見たことないものが見たい。

    この1年は4回海外行ったかな。

    時間とお金の都合がつけば出かける性質です。

    旅行、特に海外旅行って好きじゃないって人、私の周りでもいましたよ。

    たぶん私は飽きっぽいんだと思います。いつもどこかふらふらしていたいと言う願望ありです。

    ユーザーID:

  • 旅に行く理由は・・

    ただ、感動するからです。

    頻繁に行きたいときもあるし、
    あまり行こうと思い立たないときもあります。

    トピ主さんの気持ちのままでいいのでは?

    ユーザーID:

  • たくさんの理由

    食事や風景、人、風習、などなどいろんな理由があるでしょう。

    つまり「非日常」を味わいにいくのです。
    ではその「非日常」をなぜ味わいたいか。

    私が感じるのは「帰る空間、帰る家がある喜び」を確認するため、かな。

    ユーザーID:

  • スポーツ

    私もある時期からトピ主さんと同じような旅嫌いになっていました。もう観光や食事目当ての旅行は楽しくないんです。

    それで旅先でスポーツをするようになりました。
    ダイビング、ラフティング、キャンプ、登山、トレッキング、乗馬、何も無ければコートを借りてテニス、プールでの水泳。
    旅行が以前にも増して充実するようになりました。

    観光、温泉目的の旅は、歳を取ってから楽しみたいと思っています。

    ユーザーID:

  • 上げ膳据え膳・・・これにつきる

    年一回しか旅行に行けませんが、夕方まで温泉につかってゆっくりし、上がったところで美味しい食事、食べ終われば片付けなしで、ショッピングやカラオケやリフレクソロジー、お酒を飲んで酔っ払ってそのまま寝る、もう最高ですね。
    旅行に行く場所はどこでもいいです。

    ユーザーID:

  • 旅に出るのは

    魂を揺さぶられたいから。

    見渡す限りの水平線を真っ赤に染める夕日、
    夜空を埋め尽くす美しい星に流れ星、
    竜宮城のようなお魚いっぱいの海の中。

    そんな、日常ではあり得ない景色で自分をいっぱいにし、鳥肌のたつような感動が味わいたいから、旅に出るのです。

    トピ主様は、何を求めて旅行へ行かれるのですか?

    ユーザーID:

  • なんとなく同意

    観光用に用意された乗り物と観光用に用意された宿泊施設、そして、観光用に用意された景色。

    結局、どこも同じじゃないのよー。

    という思いがあって、旅行に行くのが大変面倒に感じられるころが私にもありました。

    ところがどっこい不思議なもので、行ったことがある場所がテレビに写っていたり、雑誌に載っていると
    「ああ、ここ、行ったことあるあるー」と気持ちが盛り上がってしまいます。あんまり、楽しくないなと感じた旅だったとしてもです。

    なんなんでしょうねこれって

    ユーザーID:

  • 安定破壊癖

    ずっと安定した生活に耐えられませんでした。出張大好き。仕事も2年毎に変えてきました(一応ステップアップはしている)。学生時代にしたアルバイトをいれると経験した仕事は数知れず。引越しもたくさんたくさんしてきました。たくさんの人と出会い、たくさんの人と別れてきました。

    忍耐がないとなじる人も多くいました。お掃除おばさん、受付嬢から法的代理人、通訳までこなして誉めていただいたこともあります。

    でも時々少し疲れます。「帰る家」が欲しいなあって。手相を占い師にみてもらったら「あなたはこれからもしばらく旅をし続けるよ」と言われ、疲労感がどっと押し寄せたこともあります。就職難、先行き不透明、なんてコトバを新聞で見かけては「いいぞ〜これから本領発揮だ」なんて思っていました。

    いわゆる観光旅行や遺跡などには興味がなかったのですが、最近それも好きになりました。トピ主さんみたいに日常生活に満たされている方、憧れます。きっとステキな方なのでしょうね。

    ユーザーID:

  • 蒼と碧の補給

    のためです。

    そのため、国内、海外を問わず、都市部へ旅行に行くことはありません。

    日々の生活に疲れたな、と思ったら、
    地図帳と地球儀を持ち出して、
    “何処の青と碧を補給しに行くか”を協議します。

    自然の豊富な郊外に住んでいたら、
    こんな希望はないのかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 帰宅した時

    やっぱり家がいいなー
    と言う為に、旅行をしてるのかな、ふと思いました。
    何処え行っても、感動することも多いが、家が一番と言う為にかと、感じるためかな。くだらなくてすいません

    ユーザーID:

  • 自分を見直すきっかけ

    旅行大好き、特に自然に触れられる旅が好きです。

    海外に行くと、自分が普段当たり前と思っていることや価値観を改めて見直すきっかけになります。
    世界は広く、色々な文化・価値観を持つ人々がいる、その中の一人として、自分を客観的に見ることが出来ます。
    ああ、こんな広い世界の中の自分なんて本当にちっぽけ。そう思うと、普段くよくよ悩んでいることが不思議となんでもなく思えてきたりします。
    もちろん美しい景色に心洗われることもあります。

    最近は海外旅行をすると、やっぱり日本っていいなってしみじみ感じるようになりました。その日本のことを実はあまり知らない。日本の歴史や文化など、もう少し勉強したいなって思い始めてます。

    ユーザーID:

  • 非日常!

    最近はそれほどでもないですが、独身の頃は海外、国内、旅行好きでしたね〜。

    きっとあの非日常の世界が好きなんですね。

    今既婚で、こないだ夫と沖縄に行ったのですが、なんだかいまいち楽しめない・・楽しいんだけど、相手が夫なので非日常ではないのです。

    だからといって一人はさみしい・・(感動を分かち合いたいので)。
    既婚だと友人とも行きにくい・・。

    で、結局いつも夫と行きますが、独身の頃の楽しさとは違うんですよね〜・・。
    きっと日常が楽しいんだと解釈してます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧