• ホーム
  • ひと
  • 次から次といじめっ子が出てきてぶちきれそうです。

次から次といじめっ子が出てきてぶちきれそうです。

レス68
(トピ主0
お気に入り5

家族・友人・人間関係

コーヒーカップ

以前、小学校で息子がいじめられていて先生の応対の事でトピを立てた者です。
その節は、励ましのレスを頂き親子共々嬉しかったです。お礼が遅くなりましたが有難うございました。

帰宅時間を1時間過ぎても帰ってこない所に担任の先生から電話がありました。

また、違うクラスの同学年の男の子(5〜8人)達が下校方向が一緒で昨年から会う度に、「めがねデブ〜。」、「歩き方おかしいんじゃない。」など暴言を言い続けていて、我慢の限度を超えて言い返したそうですが集団だった為に鼻で笑われ、悔しくて学校に戻って担任の先生に相談したそうです。

以前、クラスのいじめの中心の子もそのグループに一緒に帰っていて息子にはちょっかいを出さなかったそうですが、かばう事もなくその場に居ました。
今回のいじめたメンバーの名前が知らない子ばかりでこんなに広がってたのかと思うと、子供のストレスも限界まで来ていて・・助けてあげられなく申し訳ない気持ちになりました。

子供同士と先生だけで話し合い、仲直り?させられても何度も同じ事が起きたので、どう対応してもらおうか・・・。

いじめられないアドバイスがあれば教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数68

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自信をつけさせる

    何か1つだけでもいいから、「これ!」という物を身につけさせてあげればいいと思います。
    息子さんへ自信をつけさせるのです。

    何か人より優れてできるものがある子は、一躍かられると思います。

    ユーザーID:

  • むずかしい!

    私はいじめる相手を一切無視して、無反応にしていました。今時の子供たちには有効ではないかもしれません。耐えれば耐えるほど、ひどくなる事もありますから。
    後は保護者会を開いてもらって、穏やかに問題にする。あるいは、学年全体の道徳の授業で「いじめ」を取り上げてもらう。

    それから・・・見た目を変える。まず痩せてみる。
    他の子には負けないものを一つ持つ(勉強・運動・趣味など)。自分に自信をもつことは、いじめられっ子には必要です。それが心の支えになります。

    可能なら下校時に偶然を装って、一緒に帰宅する。
    早く嵐が過ぎる事をお祈りしています。

    ユーザーID:

  • 担任だけではなくその上も巻き込みましょう

    あまりにもエスカレートするなら、学年主任、教頭、校長と、上に上にと話を持って行きましょう。
    お子さんが精神的に本当に参ってしまっているなら、相手の親も出して貰うように掛け合いましょう。
    学校だけで埒が明かなければ、教育委員会に問い合わせます。
    大げさな親、文句の多い親、くらいでないと公立の先生なんて動いてくれません。

    ユーザーID:

  • 今のままだと、きっと今後もでてくるから

    息子さんを強くするしかないかも。

    すいません、少しきついことを言うと。
    次から次へといじめっこがでてくると言うことは、何かトピ主さんの息子さんにも問題があるのかも?

    以前テレビで、いじめる方ももちろん問題があるけど
    いじめられる方もまったく問題がないとは言えない
    といっていました。

    いじめられっこは、母親が過保護すぎたりしていたり、一度いじめられてしまったことで、びくびくおろおろしていたりするので、いじめられやすいオーラがでているといいます。

    めがねデブといわれるのなら、言われても平気でいるくらい強くなるか、
    言われて悲しいではなく、くやしいと言う気持ちを引き出してがんばってやせさせる、
    もしくはなんでもいいから自分で周りのみんなに自慢できるような特技をのばすなど、息子さんに自信をつけさせるか。

    大人になってからでも、いじめはありますし、いじめっ子はいます。

    もちろん、いじめっ子は悪いです。でも、息子さんを強くすることをもう少し考えてあげてください。

    ユーザーID:

  • 身体的暴力が無ければ、主張しづらい

    帰り道、五人から八人の子供に容姿のことや歩き方など、からかわれたわけですね。それぐらいのことは、どこの子供の世界でも、接触としてあることではないでしょうか。言い返したけれど、効果が無かったので、担任の先生に相談したとありますが、言葉の暴力はあっても、身体的暴力があったわけでないのなら、いじめと神経質に主張されるのは、難しいのではないでしょうか。
    ただ、多勢に一人という対立関係から、取り囲まれて暴力を振るわれることが起きなければ良いのですが、からかったり、はやしたてたり、の時点では、先生も動かないのではありませんか。この間いじめをした子供が黙認していたというのは、自分たちがいじめられないためにも保身の意味でありうることです。何もしないなら、責めることはできないと思います。
    お子さんが強くなられることと、そういう場面をなるべく回避して、無視したりその場を去ることにして、連中を刺激しない作戦を取った方が良いと思います。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • どうしたらいいか?

    「めがねデブー」→コンタクトにする。必要以上にめがねをかけない。年齢や状態にもよるけど。
    本当に太っているなら、それは親の責任。しっかり食事管理と運動でスリムにしてあげよう。

    「歩き方がおかしい」→歩き方や姿勢を正すような習い事をやる。整体医院で診てもらい異常があれば治療する。

    ちょっと目についただけで悪口を言う悪ガキがいけないんだけど、とにかく文句を言えない位、息子をかっこよくしてやろう!自信をつけさせてあげようよ!

    次から次に沸く悪ガキと、耐え続けて怒る→いつか自分が嫌いになってしまいそうな息子との、イタチごっこ。先生の介入なんて一時しのぎ。誰かが、何かが、変わらないと!

    転校する、フリースクールに通う。そういう状況変化でもいいんですよ。今のままじゃ、親子でつらいですもんね。頑張って!

    ユーザーID:

  • トピさんのお子さんを知りませんが

    「めがねデブ」とからかわれてる時点で大体の予想がつきます。子供のいじめなど大抵がくだらない事から始まります。性格がいい悪いよりも、見た目からです。
    「歩き方」も解りやすい良い例ですよね。

    だったら、眼鏡をやめてコンタクトにする。
    運動をさせ、痩せさせる。歩き方を直す。これだけでも全然違うのでは??

    それに本人のこれからの為にもなる。デブで歩き方が変だっても良いことあんまりないですし。

    それから、笑いを覚える事です。言われてもそれ以上に面白い事で言い返せれば逆に人気者になるはずです。

    もっと前向きに子供を誘導してあげて下さい。
    迷える森から救い出すのは貴方だけですよ。

    いじめなさんな!!と子供に言ってもいじめは無くなりません。人間の本能ですから。

    ユーザーID:

  • 子供のイジメは完全にはなくならない

    いじめられっこでした。
    そしてその後いじめっ子集団にも入っていました。

    親がいじめられていた私を不憫に思って、何度も何度も先生、校長、教育委員会、いじめっ子の親、などなど多分ありとあらゆる手で助けようとしてくれました。
    表面的にはなくなりましたが、見えないいじめはエスカレートしましたよ。

    その後、自分の身を守るため、いじめる側に回りました。
    他に理由や原因を求めても、根本解決にはなりません。結局私がイジメから解放されたのはその学校から卒業できた時でしたから。

    ユーザーID:

  • 欠点をあげつらう

    姿勢が悪い等の問題はないですか?
    肥満ですか?

    欠点をあげつらうイジメなのか、ありもしない非難(クサイ等)なのか
    どっちなんでしょう?
    デブという事ならそこを直すことはできますよね
    からかう子供の肩を持つわけではありませんが、肥満の子供に肥満であると言いたい子供の気持ちもわからないではないです
    黙ってみていたというのも、親から見たらなんて酷いんだと激高したい気持ちもあるでしょうが、その場でからかった人間に対し、怒り喧嘩して欲しかったですか?
    それは身勝手というものです
    そんなドラマチックなことは現実には少ないですよ

    自分も子供のころ、○○ちゃん最近太った?とかめがねちゃんとかあだ名や会話の中で無かったですか?
    お子さんは言われることに激しくストレスを感じてるようなので、問題ではありますが
    周りに居るイジメっ子じゃない子は、「また言ってる」「はいはい」みたいな軽いどうでもいい感じで外から見てたんじゃないかな

    ユーザーID:

  • ありもしない欠点を作り出してからかう

    ありもしない欠点をからかうイジメや、今回りが特別意地悪で、欠点をあげつらっても大丈夫な相手だと口コミで伝わってるのであれば
    周りが知らない人だらけになれば、起こらないことですから
    転校や今学校の外で勉強をし、全寮制の学校への受験を考えてみてもいいと思います
    そこまで深刻ではないのなら、いじめっ子はクズだ、何も悪くないと自信を持たせて強くなってもらうしかないですね
    デブキャラで楽しそうにやってる人も、傷つくところから強くなったんだと思います
    太ってないなら、相手にしないことで、ありもしない肥満をでっちあげてる相手が滑稽に見えてくると思います

    小中学生って世界が狭いので、学校、クラス、仲間内で問題があると世界の終わりのように感じる親御さんもいるでしょうけど
    長い人生、小中学校時代なんてあっという間です
    今行かなくても、寮のある学校へ受験し暖かい人間関係を作ってもいいんじゃないですか
    友人関係を築く事は、学校以外でも習い事や休み時期のスクールでも学べます

    周りが痛いことがないように守ってくれることを期待するより、大切なのは本人ですよね
    学校なんていかなくても勉強はできると思います

    ユーザーID:

  • 輪を断ち切りましょう

    自分が少年時代にいじめに合い、途中で立ち直り、子供にはそんな思いをさせたくないと、子育てに奮闘?しているものです。
    先ず、私の経験からですが、いつも同じ子がターゲットにされます。その輪をスパッと断ち切らなければなりません。
    うちは、子供にスポーツや格闘技を学ばせてます。そしてここが重要なポイントですが、両親も時間を作って一緒に参加してます。そこで、様々な学校(小、中、高、大)下級生から上は町の物知りじいちゃんまで、親しくなります。
    すると、「ねー、○○君、うちの××と一緒に下校してくれない?」「ん、いいよー」みたいな感じで、ちょっと小学生にしてはコワモテの上級生の子と気軽に帰宅出来たりします。
    こういった、人の輪というものは素晴らしいですよー。
    学校以外の世界が広がることにより、今までの狭い世界でのイジメに対して、本人の認識が変わり、対応方法も見違えてきます。
    頑張ってイジメの輪をブチッと断ち切って下さい!

    ユーザーID:

  • 格闘技を習う

    格闘技を習わせるのはどうですか?強くなったとたんイジメられなくなったという話を良く聞くので。体も引き締まれば少なくとも苛められる要素は一つ減ります(デブといわれなくなる)。ただ道場でイジメられたら元も子もないので最初は個人レッスンを見つけてあげたらどうかな。

    ユーザーID:

  • 対策

    虐められる要素をなくす。
    太っている ⇒ 痩せる
    眼鏡    ⇒ コンタクト
    足遅い   ⇒ 運動の習慣をつける

    髪型や服装なんかも変えてイメージを変えてみる。
    そろそろ夏休みだから、夏休みを利用するのがいいと思う。
    虐めなんて本来あってはならないものだけど、現実には存在している。
    だったら、虐められないように自分を変えていく、という選択肢が前向きじゃないかと思います。

    因みに、親の非常識さから子供が虐められることもあります。
    前回の書込みをみると、
    文章が整理されていない。
    人からの書込みは無視して放置。
    そして困ったらまた書込み。

    あんまりいい印象はもてません。
    子供のために親御さんも気をつける必要があると思います。

    ユーザーID:

  • 今度は教育委員会に訴えます

    と担任に言ってみましょう。
    恐らく真剣に取り組むはずです。

    長男が5年の2学期後期から理不尽なイジメにあった時、本人は担任に訴え担任は首謀者を呼び謝罪させたにも係わらずイジメはより陰湿に増大し、6年になってやっと私の知る事となりました。

    ズボンのポケットから「死ね」の手紙を見付けて本人に問いただしたのです。
    すぐさま担任に連絡し学校へ。担任は平身低頭しながら首謀者の悪口三昧。そこで息子もプライドから親に話せなかった酷い実体を聞かされ涙が止まらず、その場で教育委員会に訴えると言いました。

    その一言で担任は目が覚めたらしく、真剣に対処するのでチャンスを下さいと懇願。
    毎放課後、息子と首謀者始めイジメグループ全員に様子を聞く事を約束し、ほぼ1学期間毎日連絡をもらいました。

    首謀者以外は、イジメに加担しないと今度は自分がターゲットにされるタイプだった為収束をみました。

    あと、私が毎年役員をしていて当時も卒対副委員長だった事も影響が無かったとは言い切れませんが、いずれにしても担任の真剣さを引き出す事です。

    どうか母親パワーで守ってあげて下さい。

    ユーザーID:

  • 他人に出来ることの限界。じゃあ自分に出来ることは?

    >今回のいじめたメンバーの名前が知らない子ばかりでこんなに広がってたのかと

    言いにくいことですが、
    トピ主さんのお子さんは、いじめられやすい容姿をしていることが、
    からかいの言葉からわかります。
    この場合、いじめの輪が広がるまでもなく、
    次から次へと、無関係な子供がからかってくることは、
    予測できますね。

    >クラスのいじめの中心の子もそのグループに一緒に帰っていて
    、、、かばう事もなくその場に居ました。

    「かばってくれなかった!」って怒るのは、期待のしすぎです。
    いじめられっ子をかばうのは、その子の義務ではないですから。
    そうしてくれるといいんですけどね、無理だと思います。
    加担しなかっただけでも、大きな進歩。

    言い返したり、先生に言いつけたり。
    それでは根本的な解決にはならないけど、
    今はそういった応急処置を続けるしかないと思います。

    (つづきます)

    ユーザーID:

  • 他人に出来ることの限界。じゃあ自分に出来ることは?

    根本的解決というのは「一切からかわれなくなる」
    ということですが、
    正直、同級生が高校を卒業するくらいの年にならないと、無理です。
    当人たちは、赤いものを赤いと言っているのと同じ感覚なので。

    まず、数人の大人が、全ての子供に良識をいきわたらせるなんて、
    いくつかの政府が世界中から戦争をなくそうと努力するのと同じ。
    努力はつづけるべきですが、もともとが不可能な話です。
    でも、いじめに遭いにくい子(戦争に巻き込まれにくい国)
    にするのは、努力で可能な範疇だと思います。

    それは、清潔さと活発さがにじみ出るような服装と、
    得意なスポーツをつくらせること。
    勉強(も大事だけど)では解決しません。
    スポーツだと、デカイ=強いの連想ができますから、
    太ってる=愚図=弱いという連想を断ち切ることが出来ます。
    それからメガネは、できればコンタクトか、
    スポーツタイプにするかですね。


    (つづきます)

    ユーザーID:

  • 他人に出来ることの限界。じゃあ自分に出来ることは?

    あとは、言われたら言い返す!
    普段はできるだけ大人数で行動して、言われた以上に言い返す。
    自分が一人、相手が複数の時は、一人だけ呼び出して話をつける。

    策略、策略。
    こうしてると、なんか頭のいい子に育ちそうな気がします。
    大人の世界にもいじめはあるし、
    そのときにも大事ですよ、イメージ戦略って言うのは。

    ユーザーID:

  • いじめは群集心理の発露

    根本的に「いじめが存在しない」集団というのは存在しないものと思っていいでしょう。ここでも会社でお局様が新人をいじめるトピックが散見されますしね。

    クラス内で力関係がはっきりしてくると、どうしてもおとなしい子や成績が良くて逆恨みされやすい子などはいじめの対象になります。

    ですので、根本的にいじめを亡くすことは不可能です。
    「いじめのない学校」などというのは、大人の都合でそのようになっている扱いをしているだけの話です。
    ただし子供が逆切れしていじめの中心メンバーを殴ったりするなど、力関係を崩すような出来事があると、こどものポジションも代わるのでいじめの対象も変わるでしょう。

    子供の社会は子供自身が何とかしないと変わりません。
    心配なのはわかりますが、できるのはせいぜい「一緒に考える」程度のことだけです。
    ただし学校での絶対権力者である「先生」がちゃんと中立的な立場で接してくれているかどうかは、きちんと監視する必要があります。時には先生がいじめに荷担していることもあり、このような時は子供が通常のいじめとは比べられないくらい深く傷つきます。

    ユーザーID:

  • 年長の友達に協力を頼む

    同じ学校に通う友達で、学年が上の男の子はいますか?その上の子から「こいつをいじめたら、俺が承知しないぞ!」と、怒鳴り込んでもらうといいですよ。
    うちの子は小学1年生のときにいじめられました。体が小さくてぽっちゃりしていたので、入学直後からからかいの対象でした。私は近所のママさん達に相談したところ或るママさんが「うちの息子(6年生)に、お宅のお子さんを守るように言っておくわ」と請け負ってくれました。1週間くらい登校するときにその6年生の男の子がうちの子の手を繋いで登校してくれました。からかってくる子に向かって「おい!この子をいじめんじゃねーよ!」と怒ってくれたのです。さらに一回は教室まで来て「おーい!○○(うちの子)元気か?」と大声で声をかけていきました。小学1年生にとって、6年生から怒られたことは相当こたえたようです。周りも「あの子には6年生に味方がいる」と一目おかれるようになり、その後も二度といじめられなくなりました。
    この方法はお勧めですよ。近所に本音で相談しあえるママ友がいて良かったと実感した出来事でした。

    ユーザーID:

  • どうぞ

    体力面に自信をつけさせてください

    けじめと規律を重んじる、柔道、空手・・
    優しい男の子がいじめにより、
    このようなものを習って自分に自信をつける例は沢山あります

    そして、学校以外のところでそういう丈夫な心を作り友人達との輪を覚えていきます

    これってとっても良いようです


    ちなみに私の旦那も、もと優等生のいじめられっこでした。義母は柔道に通わせ、そこの師範によくよく理由を伝えお任せしたそうです

    その結果、逞しく仲間思いの優しい男性に成長しました。学問も頑張り、ただいま心優しい、逞しい医者です。

    ユーザーID:

  • 同盟を組む

    コーヒーカップさんのお子さんは、高学年ぐらいでしょうか。もし、それぐらい大きなお子さんなら、一人で行動するのではなく、一緒に行動できる複数の仲間を持つことです。一人に多勢では、残念ながら分がありませんので、いじめられないように保身の意味で、グループで行動することです。

    高学年の時代は、徒党時代といって、(今の学級は徒党にならないらしいですが)自然に任せておくと、クラスが六、七人のグループにいくつも分かれて行動するのです。この徒党にリーダーが出来、同盟が出来、グループ間の交渉も、ちょうど国際政治社会のように動きます。
    私自身、公立小でこういった経験をしたことがあります。

    世の中は、一人よりもグループ力です。同盟を組む友人を多く作りましょう。孤立してはいけません。一匹狼で強くなるのも方法ですが、悩むことによって生きた社会科を学びましょう。

    ユーザーID:

  • いじめられる原因

    …は、どこにあると思います?
    原因は『いじめる側にある!いじめられている側は被害者だ!』
    こんな態度が一番いじめられます。
    『私はこの人とレベルが違うの!』というのも良くないです。

    こんな私も子供の頃いじめられていました。
    その理由は…
    ・個性的である
     個性が強いとどうしても『出る杭』です
    ・真面目ぶっている
     先生の言いなり良い子ほどいじめられるようです。

    私がいじめを打破したのは…
    『ムカつく先生に対して攻撃した時(皆の前で)』です。

    先生や先輩を神同様に崇めるのが常識な世の中ではありますが、
    必ずしも全知全能ではないです…
    揶揄してコケにして混ざるのが一番。

    よく学び、よく羽目を外せ!
    これでしょう…少々の『悪』今になって思うのは
    予防接種のようなものです…
    平和ボケせずにすみますからお勧めです。

    ユーザーID:

  • 成長してると思います

    息子さんが自分で悔しくて学校へ戻って先生に言ったということはすごく成長してると思うのです。あと一歩だと思います。悔しさをばねに頭脳で勝たせるというのはどうでしょうか。この先も親が常に気づいて悪いものやいやなものを排除してあげられたらいいんですがそんなことは不可能ですよね。でも子供に自信がつくとある日ふと気づくときがあります。「なんでこんなバカなやつらに自分がバカにされなきゃいけないんだろう」って。わたしがイジメから抜け出せたのは偶然見てしまったテストのクラス順位でした。わたしをいじめてた連中はわたしよりはるか下位だったのです。はじめてイジメをしてた連中に「なにするのよ!(あんたたちはバカよ、と心の中で思いました)」と言い返したときの相手のびっくりした顔とすかっとした気持ちは数十年たった今も忘れられません。

    ユーザーID:

  • 文化省へ

    いじめがあったときはすぐに文化省へ連絡しましょう。

    学校や教育委員会は「なあなあ」なところがありますが、文化省は「いじめ」には結構迅速に対応してくれます。

    ただいじめ問題が出てきた時にいつも感じるのは
    「他力本願」ではいけないということです。

    何でもいいから本人の打ち込めるもの、自信のあるものを見つけてあげることが大事かなと思います。

    いじめって相手(&その親)にとっては「たかがこれくらいのことで(過敏に反応しすぎ)」と思ってます。

    とぴ主さんも大変でしょうが頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 「やせなさい」=「デブなあなたが悪い」

    うーん、痩せさせる、歩き方を直す、コンタクトにする。。。。色々な案が出ていますが、なんか外見でいじめるような浅はかな奴らと同じレベルで対抗すると、息子さんに「人間は外見だ!」っていう価値観を植えつけることにならないか心配です。
    痩せろというと「お母さんも僕のことをデブだと思ってたんだ」「デブだから苛めれられて当然だと思ってるんだ」ととりかねませんから、ちゃんと話し合ってください。

    どちらかと言うと、親は全部容認して受け入れてあげたほうがいいのじゃないかなって思うのですが。。。なにげなく痩せるような献立にしてあげる、とか。トピ主さんが痩せたいから、と言って付き合わせるとか。イジメとは全く関係ない風を装ったほうがいいと思います。

    私も中学生の頃いじめに会いましたが、そのときに「やせなさい」って親に言われてたらかなりショックだっただろうなって思います。それより真面目な顔で「あなたをよく知ったら、あなたを嫌う人なんて絶対にいない。もしなんか言う人がいたらそれはあなたのことをよく知らないからよ。」って言ってくれたのはありがたかったです。その言葉はいまでも宝物です。

    ユーザーID:

  • 言い返したのは偉い!

    子ども同士なら「めがねデブ〜。」などの言葉でからかうことは日常茶飯事起こり得ると思います。まさにモグラ叩き状態で、その都度、大人の力を借りていても限界があり、また、その都度大人の力を借りることで逆に、いじめっ子たちに馬鹿にされる可能性もあります。

    「カバンを奪って小突き回す」というようなことでもあれば別ですが、こういう馬鹿げた暴言なら息子さん自身がはねつける他、方法は無いかもしれません。その点、言い返したのはえらかったと思う。よく褒めてあげてください。「集団だった為に鼻で笑われ」これは悔しかったと思うけど、「あんな馬鹿なことを言うやつの方が馬鹿。言い返せてあなたは偉かった!」というところです。

    こういう意味の無いいじめは大人になってもありますよ。小学校中学校、高校ぐらいまでは、先生や親が出て行って守ってくれるかもしれないけど、それ以上になれば自分で対処して行くしかない。会社だって馬鹿ないじめはあります。「馬鹿の言うことは気にしないで」と励ましてあげてください。

    もし目に付くほどの肥満なら、健康のためにも普通体型にしてあげることも親として出来ることだと思います。

    ユーザーID:

  • 親にできることをしてあげてください

    「デブメガネ」ということは、見かけからのイジメなのでしょうね。

    でも、デブに関しては、親の責任です。
    ・十分に運動をさせる
    ・栄養バランス&カロリーを考えた料理をする
    ということで改善されるのではないでしょうか?

    メガネに関してはコンタクトで対応できます。
    が、私の経験ですと、0.1位でも、
    授業中のみメガネをかけ、それ以外はメガネナシでも生活できていました。
    小学生のように生活パターンが決まっていれば授業中だけメガネでも大丈夫ではないでしょうか?

    いじめは確かに悪いし、いじめの対策はしてほしい。
    でも、いじめの根本になっている「見かけ」は親がなんとかしてあげられるものですよ。

    ユーザーID:

  • お母さんにできること

     いじめられて、本人の力で立ち上がるのと、大人に外敵を排除してもらって、立ち直った気持ちになるのとでは、今後の性格が大きく変わります。

     前者は自分に自信をもてます。自分でなんでも頑張って解決しようと努力して、困難を乗り越えて成長できる人間になります。後者はいつになっても他力本願で、自分の力では何も解決しようとせず、いつも自分は不幸だと嘆く人間になります。

     本人の力で立ち直るには、お母さんがいじめっ子を排除するのではなく、本人が強くならなければなりません。

     皆さん仰っていますが、肥満でしたら、それは完全に保護者の責任である程度の食事制限をするべきですよね。格闘技を親子で習うっていう案に激しく同意します。

     お子さんが将来大人になった時、周りからのストレスに耐えられず仕事を転々とするのがいいですかね。

     いじめっ子を排除するのは、本人が変わることより手っ取り早く思われますが、お子さんを全く信頼していないということです。お子さんが強くなって自信をつけることができるといいですね。

    ユーザーID:

  • 性格が良ければ何れ

    まるで昔の息子を見ている様で思わずレスせずにはいられなくなりました。
    我が息子はそれこそ公園デビューの頃から小学校までいわゆるいじめられっこでした。本人もさる事ながら親はホントつらいですよね。何度息子のランドセルに小さくなって入り、いじめらっこをぶっ飛ばしてやりたいと思った事か・・
    そんな息子も今や中学生・・相変わらず気の弱いところはありますが気のあった友達も何人か出来、楽しい学校生活を送っています。中学位になるとちょっと大人の仲間入りで性格の良くない強い子は嫌われます。

    小学生の息子さんの今の状況を解決する回答は私には出来ませんが何か一つ自信のもてるもの(勉強でも)
    をもたせもしやさしい子であればその性格を伸ばしてあげて下さい。強くなる事が最良ではありません。

    ユーザーID:

  • それはいじめられるかも

    からかうようなことを言ったら、一生懸命反論しようとする、その上カンカンになって学校へ戻って先生に言いつけたわけですね。

    申し訳ないですが、息子さんは、いじめられる要素を十分に備えているように思います。その程度のことは無視するか、ガマンできなかったら殴りかかるくらいの根性見せないと。

    私は、小学校を何回か転校していて、転校をするたびに数ヶ月いじめられましたが、からかうようなことを言われたら、無視するか、ちっとも怒っていないという顔で軽く言い返す程度、大人のいるところで、足を引っかけられたりぶたれたりしたら、大声で「痛い!やめて!」と言いましたが、後に引きずったり、わざわざ先生に言いつけに行ったりすることはありませんでした(家でそっと母に話して泣きました)。

    いじめても面白い反応はしないし、それでくじけて相手にこびるようなこともしなかったので、そのうち一目置かれて、仲良くなる子もいました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧