英語でフランス語!

レス23
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

オスカルと雑談したい

はじめまして。わたしは留学生で、アメリカの大学にいっています。

語学を習うのはけっこう好きで、最近フランス語を勉強したいと思ってます。

それで、できれば、英語とごっちゃにならないように、英語でフランス語を勉強したいのです。日本の参考書も手に入らないですし。

何かお勧めの参考書がありましたら、教えてください。わたしのフランス語のレベルはボンジュールとトレビエ−ンを知っている程度です。なので発音の仕方から書いてあるものだと、とてもありがたいです。

あと、英語を使ってほかの言語を勉強した方いらっしゃいますか?まぜまぜになっちゃいました?

あと、関係ないのですが、スペイン語を習ってしゃべれるようになった方はイタリア語も大体わかりますか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • イタリア語とスペイン語少し

    イタリア語を英語で習いました。発音はクラスで一番上手と言われ、自信を持ってイタリアに出かけました。しかし、発音が良いのが裏目に出て、一言話すとペラペラの部類と思われ、20倍の文章が20倍の早さで返ってきました。

    英語とイタリア語は混乱しませんが、こちらでラテン系の人達と話す時、ついスペイン語とイタリア語を混ぜてしまいます。(スペイン語も昔、ちょっとだけやりました)スペイン語を話す人は、イタリア語もだいたいわかるみたいですよ。

    一つの言葉を習得すると、二つ目は楽だと言われますが、私は、イタリア語のあの動詞の変化でめげました。でも、クラスのアメリカ人と比べると、一応英語で外国語の習得法みたいな物を、自分なりに身につけていた(と思うー)ので、彼らに比べると上達は早かったような気がします。

    ユーザーID:

  • French for Dummies?

    在米です。

    Dummiesのシリーズはお勧めです。無知識のトピックスを学びたい時に、1から丁寧に説明してあると思います。(もちろん英語で書いてあります。)恐らくCDも本に付いて、それで発音の学習の助けになりますよ。私はボーイフレンドがメキシコ人なので、スペイン語を勉強してます。少しずつ、かじっている位のペースですが、Spanish for Dummiesはとても役に立ってます。

    私のボーイフレンド曰く、スペイン語が理解できると、イタリア語も比較的理解できる様です。それと、ポルトガル語が解る人(ブラジル人とか)はスペイン語は簡単に理解できるらしいです。感覚的には、漢字が読めると日本語も中国語も読む分には、意味がなんとなく理解できる感じですかね?

    私のスペイン語のレベルは未だとても低いので、イタリア語までは手が回りません。それと、スペイン語学習中に思ったのは、発音の仕方が、日本のローマ字読みと英語のアルファベットの発音がちょっとごっちゃになって、Aが「あ」か「え」か良く間違ってます。それは、個人的な問題ですが、、、

    頑張って。

    ユーザーID:

  • まぁ大体は

    スペイン語を使って仕事をしています。
    イタリア語、まぁ大体は分かります。
    でも、ポルトガル語程は分かりません。
    単語、結構違うんですよね。あと、独特の
    リズム。アルゼンチンのスペイン語が身について
    いると、リズムには苦労しないかもしれませんが。

    ところで、アメリカの大学でしたら、フランス語の
    授業も取れると思いますけど、それは難しいですか?

    ユーザーID:

  • スペイン語をやりました

    アメリカの大学で、言語学を専攻しました。言語学専攻は、2つ以上の外国語を勉強しなければなりませんでした。留学生は母語を含んでよかったので、1つは日本語で代用。もうひとつに、スペイン語を選びました。カリフォルニアだったので、スペイン語を話す人も多く、TVでもスペイン語放送が結構あったからです。

    結果的にいって、英語との混乱はありませんでした。文法、活用、発音、単語は全然といっていいほど違ったので、混ざりようがなかったというか…。英語とスペイン語は語派が全然違うのです。(ちなみに、スペイン語とフランス語の語派は同じです。)

    それから、文法書も辞書も、すべて英語のものを使いました。日本語で考えるより楽だったからです。

    イタリア語は、使う機会がほとんどないのでなんともいえないのですが、イタリア料理屋のイタリア人シェフと、お互い探りあいながらも会話は成立しています。難しい内容じゃないからだと思いますが。

    ユーザーID:

  • 英語でフランス語しました

    私はイギリスに留学していまして、英語でフランス語を勉強しました。

    日本語でフランス語の基礎は終わっていたのですが、
    やはり英語でフランス語を勉強するのは、日本語よりは楽だったと思います。
    ニュアンスの説明とか、英語の方が似てるせいか分かりやすいんですよね。

    教材は大学独自のものだったのでお勧めは分かりませんが、英語で書かれたフランス語の文法の本は、とても分かりやすいと思います。なんでもいいと思いますが、私はCollins使いました。

    英語がある程度以上のレベルに達していれば、フランス語と混ざることも殆どないと思いますよ。
    でも私のフランス語のレベルはそれほど高くないので、以前スペイン語も一緒に勉強していたときは、フランス語スペイン語が混ざりまくりでした。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 本の話ではないのですが

    中学の時、英国の学校で「第一外国語」としてフランス語を習いました。
    別にごちゃまぜにはならなかったです。文法的にはかなり別物。ゲルマン系とラテン系ですからね。
    私は英語もおぼつかない状態だったので、英語で書いてある文法の説明を辞書を使って読みながら、二ヶ国語同時に覚えたっていう感じでした。

    ついこの間まで私もアメリカに住んでいまして、そこでもフランス語のクラスに行っていました。
    英語と同じ単語でも、意味や遣い方が違うものがあって、気をつけなくちゃいけないなと思いました。
    あと、ビジネス系でフランス語に外来語として入ってきている英語は、英語読みでは通じないし、時に意味が違うことも(日本語の中の英語でもそういうの、ありますよね)あります。
    そのあたり、「混ざる」という意味での注意が必要ですね。

    ユーザーID:

  • 音つき

    フランス語は習ってないのでよい参考書というのはわかりませんが、やはりカセットつきなんかのほうがよいのではないでしょうか?

    私も英語でスペイン語を少しやり、フランス語のドイツ語のフレーズ本(英語)なんかも持っていますが、私の住んでる国の人は発音記号など知らない人がほとんどです。

    ですから、フレーズ本とか買っても、いわゆる発音記号は書いておらず、英語の発音を基本に、近いものが並べてあったり本独自の発音表記をとっている事が多いようです。(例えば、スペイン語のgraciasならgra-thee-usとか。cの発音はcatのcですよとか。)

    本だけ見ているのでは発音がわかりにくいので、習いに行くのでなく一人で勉強するのなら、実際に音が聞けるカセットやCDがついてるものの方がいいと思います。
    特にフランス語はあの鼻にかかるような音とか、英語にはない音(日本語にも)がたくさんありますから耳で実際聞いた方がいいと思いますよ。

    ちなみに私のスペイン語はほんの少々なので、イタリア語との交換率(?)は通常の会話レベルではどうなのかわかりませんが、単語レベルだと見て想像がつくことはあるので、結構わかるのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 英語を使わずに学習

    UCSDでフランス語の授業を受けました。
    教科書は全てフランス語で英語の教科書や参考書は使わなかったと記憶しています。初日から授業中は英語が禁止され、口の動きと音、意味に集中させられました。辞書も宿題をするときだけ使用が許されました。

    数年前にグアテマラに1ヶ月ほど滞在しスペイン語を勉強した時も英語は一切禁止でした。
    フランス語は1年、スペイン語は1ヶ月という短期間の学習でしたが、フランスやスイス、中南米を旅行したときは現地語で苦労するどころか面白いほど会話が気軽にできるのに自分でも驚きました。
    このように英語で考えずに現地語で考えて言葉にする練習を最初からやると英語とごっちゃにはなりません。

    日本でもこうやって英語を中学から教えればいいのに、と思います。
    スペイン語のおかげでポルトガル語とイタリア語は多少理解できます。ただ人によってスピードやアクセントが違うので場合によります。スペイン語でもチリやアルゼンチンでは癖があって慣れるのに時間がかかりますし。
    もし可能ならばトピ主さんも同じように英語を使わずにフランス語を学ばれるといいですよ。

    ユーザーID:

  • ミシェル・トーマス

    >語学を習うのはけっこう好き
    と書いてありますが、話せるのは英語だけですよね?

    フランス語は参考書ではなく、「ミシェル・トーマス」というCDがいいです。英語とフランス語は語彙が似ているので、英語→フランス語の順番で聞くと、すぐに覚えられます。耳で聞くだけで、テキストも予習も復習も一切なしです。

    もちろん、英語の部分で躓くようなレベルだと苦しいですが、語学の素養がある方なら、アメリカ人よりよっぽど上達が早いハズです。


    ちなみにスペイン語もある程度話せます。イタリア映画を見ても、会話はかなり分かります。逆にイタリアやポルトガル旅行でスペイン語で話しかけても、ある程度理解してくれます。全部元はラテン語ですからね。

    ユーザーID:

  • 英語でフランス語

    現在日本の大学で、ですが、英語でフランス語を習っています。ごちゃまぜになることはないですよ。
    ただ、私もそうですが、英語をフランス語より先に習い始めた人たちは、よく発音が英語的になってしまってフランス語とはちがうとよく言われます。

    でも、他の言語を学ぶことはとても楽しいですよね!
    トピ主さんも頑張って下さい!

    ユーザーID:

  • 聴いて話すなら

    ほかのトピックでも紹介していますが、ピンズラーメソッド。
    教科書は無しで、ひたすら聴いて練習します。

    アメリカで開発されたのでもちろん全て英語で進みます(一部言語に日本語版もありますが、トピ主さんは必要ないですね)。

    もし、読めないのが不安なら、ある程度文章に慣れてきた時点で辞書を活用すると、より効果的。

    私はこの方法で中国語を学んでいますが、本当に効果があります。
    日本では扱いが少なくて、取り寄せ時間や送料がかなりかかるのでいつも不満なのですが、アメリカ在住のトピ主さんには手に入りやすいのでは?

    ユーザーID:

  • ありがとうございます。

    みなさんありがとうございます。

    ミヨさん> Dummiesですね。本屋で探してみます。貴重な情報ありがとうございます。

    在米人さん、alegritaさん、カリフォルニアンさん>
    実は、フランス語とスペイン語とイタリア語とどれを勉強しようか迷ってるんです。わたしもカリフォルニアにいるので、スペイン語のほうが間違いなく役立つ(っていうか、必要性すら感じる・・・)し勉強しやすいんですけど、やっぱりフランス語に憧れてるし(ぼじょぼじょっていう感じに)、イタリア語もあの陽気なイントネーションが好きで・・・。ジレンマって感じですね。なので、とりあえずフランス語からはじめようかと。

    大学で取れることは取れるのですが、メジャーは生物で、マイナーメジャーにコンピューターを取ろうと思っているので、語学のクラスを取る時間が多分ないと思うんです。値段高いですし・・・。

    やりたいこと多すぎて困ってます。

    まだまだ、お勧めの教材の本の情報や体験談など募集してます!!

    ユーザーID:

  • 留学先での語学方法

    アメリカに留学してた時、日本語と中国語のLanguage Exchangeをしていました。さすがに英語と中国語は混ざりませんでした。でも日本語と中国語は混ざりました。日本語で書こうとしても中国語の漢字が出てきてしまうことが多かったです。多分トピ主さんも英語中心の生活なら、他の言語と混ざることはないかと思います。

    私は中国語文法はかなり長期間習っていたのですが、会話はビギナーでした。パートナーは、1人は日本語ペラペラの中国人、もう一人は中国語ペラペラで日本語ビギナーのアメリカ人でした。

    アメリカ人の方は完璧主義の人だったようで、中国語の会話中に意味が通じなくても、絶対に英語は使いませんでした。その方は会話力は高いのですが漢字が書けないため筆談ができず、また違う中国語で表現してくるので、埒があきませんでした。まあ今となっては笑える思い出です。

    トピ主さんももし学内でフランス語と日本語のLanguage Exchangeとかあれば行ってみたらどうでしょうか。フランス語クラスのAuditも検討してみては?

    ところで、日本の参考書はネットでも手に入らないですか?

    ユーザーID:

  • ドイツ語

    十数年前にアメリカの大学でドイツ語のクラスを取りました。結果から言うと、英語とドイツ語がごっちゃになるどころか、かえって日本語でドイツ語を勉強するよりも理解が早かっただろうと感じました。なぜなら、英語とドイツ語は文法が似ており(違う部分もたくさんありますが、日本語とドイツ語よりは似ている)、似た単語もたくさんあったためです。

    そのあとドイツに旅行しましたが、簡単な会話が結構通じてうれしかったことを覚えています。

    フランス語を勉強したことはないので何ともいえませんが、もしも英語と文法や単語が似ているなら、私と同じように思うかもしれません。

    ユーザーID:

  • 仏語たのしいですよね〜!

    私はフランス語とドイツ語を、
    「Collins Easy Learning」シリーズの本で勉強してますよ。ビギナー向けです。

    日本語のテキストだと、値段が高い、文法用語が堅苦しくて意味不明です。
    それにやっぱり日本語より断然英語のほうが仏語と共通点があるので、英語版テキストの方がわかりやすいです。

    がんばってください!

    ユーザーID:

  • ごちゃ混ぜにはならない

    私の好きなライターの人に
    黒田龍之介という言語学の先生がいます。

    この人はロシア語中心なんですが、他の色々なヨーロッパ系の言語も勉強していて、よく質問されるそうです。

    一番無礼なのは
    「ロシア語を勉強して何の役に立つのですか?」

    他に
    「そんなに色々語学を勉強して、ごちゃ混ぜになりませんか?」
    とよく問われるそうですが、こう答えるそうです。
    「あなたはゴルフをするとき、ゴルフボールをサッカーボールだと思って、思わず蹴るんですか?」
    上手い答えだな、と思いましたね。

    英語とフランス語は両方ともインド・ヨーロッパ語族ですが、ゲルマン派とイタリック派に分かれているんで、全くごちゃ混ぜになることはないでしょう。
    中国語と日本語がごちゃ混ぜにならないように。

    大体、ごちゃ混ぜになるような勉強(の様なもの)をしたらいけません。

    ユーザーID:

  • 3カ国語

    私は大学でイタリア語を専攻、スペイン語を副専攻、フランス語を自由科目でとっています。
    それぞれ初めて2年、2年、6ヶ月ですが、たまに混乱しつつも楽しんでやってますよ♪

    私の感触としては、イタリア語とスペイン語、フランス語と英語がそれぞれよく似てると思います。
    イタリア語からスペイン語、英語からフランス語を始めるのがお勧めです。

    伊藤太吾さんの「フランス語・イタリア語・スペイン語が同時に学べる本」(ナツメ社)は、参考書としてとても役に立ってます。私は3ヶ国語を同時進行でやっているので文法でいつも混乱すると、この本を開いて確認しています。
    ただ、このうちひとつの言語を始めたばかりの人にはこの本はちょっとレベルが高すぎるかなと思います。

    ユーザーID:

  • 是非大学のクラスをとってみて!!!

    私は、日本の大学ではドイツ語を取りましたが、これがぜんぜんものにならず、アメリカに留学して、初めてフランス語をとってみました。クラスメートといい勝負でしたが、発音には本当に困りました。彼らは、どんどん話せるよううになっていき、あせったこともあります。ただ、進み方に無駄がなく、本当にみんな良くしゃべれるよううになって行きました。その後、博士課程の第二外国語で、リサーチのフランス語をとりましたが、ひと夏で検定にパスするぐらい能率の良いクラスで、アメリカの言語教育のすばらしさには、感銘を受けています。その後、子供たちも小学校からフランス語必修で、結構楽しみながら学びました。ごっちゃになることはまずないと思いますし、ぜひアメリカのすばらしい言語教育を体験していただきたいと思い、レスさせて頂きました。頑張って!

    ユーザーID:

  • 語学のもとは。。。

    英語フランス語という前に日本語を勉強されたほうがよいのでは。。と思わせるトピックの文章。。。わかりにくい。

    ユーザーID:

  • 日本語が母国語ではないのでは?

    私はトピ主さんの文章からアメリカの大学に留学している日本語の話せる方、もしくは日系アメリカ人と受け取ったのですが。違いますか?
    外国語の前に日本語を習得した方がいいのでは・・・と返答なさっている方がいらっしゃいますが、トピ主さんが日本語を母国語としない場合、トピ主さんの日本語は相手に意思を伝えるのには十分なレベルなのではないかと思います。プロフェッショナルな仕事に日本語を使う場合、苦労するかもしれませんがコミュニケーションを取る分には何ら問題はないと思いますよ。人それぞれ、自分の目指すレベルというものがあると思うので、私がどうこう言う問題ではありませんが。

    トピ主さん、フランス語もがんばって下さいね。

    ユーザーID:

  • みなさんありがとうございます。

    いろいろな情報ありがとうございます。

    大学のクラスを薦める人が多かったので、クラスを取ることにしました。クラスが始まるのは9月の中旬からなんですが、今からものすごく楽しみです。8月中は時間があるので、みなさんに教えてもらった参考書を読んで、ちょっとだけでも練習しようと思います。


    わたしの文章がわかりづらかったようで、申し訳ございませんでした。

    ユーザーID:

  • コミュニケーションとは?

    私は、このトピ主さんの日本語は別に悪くないと思います。言っていることが従分伝わります。日本には、日本人でもっとわからぬ下手なコミュニケーションを使う人は、山ほどいます。一般的に誰でも母国語の日本語はもっともっと勉強しなくてはいけないと思いますが、トピ主さんのフランス語でもスペイン語でも何でも頑張ろうという意欲をくじくのは、いかがなものでしょう。いくら立派な日本語がおできになっても、そういう方々の心無きコミュニケーションは技術的なものばかりで、不快感を与えます。

    トピ主さん、頑張って!!向上心が在れば、何でもうまくいくと思いますよ。失敗を怖がらず、何でも経験していってください。それが若さです。(私の日本語、通じたでしょうか?日本人を50年以上やっていてこの程度です!)

    ユーザーID:

  • 英語圏でフランス語、やりました。

    こんにちは。私も英語圏でフランス語を習いました。


    私の場合、英語も英語圏に院留学してから話し始めたレベルなので両方ともものにならないかと心配もありましたがが、フランス語の学校ではフランス語のみの授業なので関係なかったです。私は何も知らない状態からフランス語のみの学校で勉強を始めました。


    日本語でフランス語を習ったことがないので比べられませんが、私がフランス語を始めた時は完全に思考回路が英語に変っていたので、随分楽に学習できました。(日本語からフランス語よりは英語からフランス語のほうが似ていますので)


    フランス語は英語にない音がありますが、日本語にはない音で、英語を話すことによって既にカバーされている音もあって英語からの方がやはり楽に感じました。


    英語が母国語の人よりはスペイン語・イタリア語の人のほうがクラスでは上達が早く、知らない単語の推測がうまくできていました。英語を話すアジア人は聞き取りこそ上達に時間がかかりますが、自分の英語のレベル以上の推測が難しい分、いいかげんなことを言わずにいつも正しい文法で話していました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧