20代で両親が他界している方

レス17
お気に入り0

ミック

ひと

はじめて投稿します。

私は現在30代前半です。20代で父、母共に病気で亡くしました。
両親が健在の時はまさかこんなに早く亡くなるとは思っていませんでしたが、
亡くなってから家族がいないさみしさもあって仕事がうまく行かなかったり、
親族と揉め事があったり、苦労することが多かったように感じます。

小さい頃に亡くなったとか、まだ10代の学生の時に
亡くなったという訳ではないので、周囲の人はさほど大変なことだという認識はないように思います。
どちらかの親を亡くしている知人や友人はいるのですが、両親とも、という人はいません。

もし同じような立場の方がいたら、今どのような生活を送っているか知りたいです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 普通の生活をしております

    私も30代です。20代に両親を亡くしました。
    兄弟、親類関係のとは親しくしておりますので、普通の生活をしております。

    親との別れはありえるものです。
    いつまでもメソメソしていてもいけないと思って毎日ポジティブに生きております。

    ユーザーID:

  • 私はお察ししますよ。

    私も親を一人亡くしています。

    <小さい頃に亡くなったとか、まだ10代の学生の時に亡くなったという訳ではないので、周囲の人はさほど大変なことだという認識はないように思います。

    私の場合はですが、「小さい頃に亡くした方が良かった」と思ってしまう事があります。小さい時だったら、多少寂しい思いがあっても、ここまで胸がはち切れそうな悲しみは無かったのでは?と思ってしまうからです。
    (それでも、多くの思い出を作れた時間を貰えた事には感謝しています。)

    トピ主さんのような状況の方に会ったら、私は(大変な思いをされているのだろうな)と、まず胸が痛みます。しかも、20代でどちらかの親を亡くしている人だってまだまだ少ないですよ。私の周りにはほとんど居ないです。

    家族一人が亡くなるだけで、その後の生活のあり方に波紋が及ぶ事ってあります。その人の生前は何ともなかった事でも上手く行かなくなったり。又、大なり小なり、他人にはいちいち言わない事情が何かしらあったりしますし。

    多分、両親健在の人でしたらトピ主さんの思うように、あまり痛みや大変な事が裏にはあるかもというような事を察したりは出来ないかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • はい、ここにいます

    30代後半です。結婚しています。幸せに暮らしていますよ。親がいない分、多々他人に言えない苦労もありました。寂しい思いをしたことも、しばしばありました。
    でも今は寂しくなんかないです。
    愛が欲しいときは他人に愛をあえて与えるようにすればいいのです、その与えた愛はめぐりめぐって貴女の元へと必ず返ってきます。無償でボランティアをしたり、誰かに親切にしたり、そんな小さなことから初めてみてください。いつか、大きな愛に包まれている貴女がいることでしょう。わたしも、そうして今があります。
    あの寂しく辛かった時期が嘘のようです。
    元気だしてね、貴女は決して孤独ではないのだから、いつかどこかで巡り会う誰かと出会うための準備のために今があります、その今に決して失望する必要も悲しむこともないのです。本当よ!

    ユーザーID:

  • 私もです。

    私も現在、30代前半です。
    17歳で父が、19歳で母が病気で亡くなりました。
    私自身は末っ子で、上に姉兄がおります。

    母が亡くなった時にはショックが大きく、本当の意味で立ち直るのに10年近くかかりました。
    (仕事もし友人付き合いもし、普通の生活を送っていましたが、精神的に完全には立ち直れませんでした。)

    現在は、両親に対する後悔やショックから脱し、結婚し子どもも授かり、幸せな毎日を送っています。

    この間にも辛いこと悲しいことがたくさんありましたが(嬉しいことも楽しいことも)、
    自分が出会った人たち全て・出来事が、自分に足りなかった部分や自身を成長させてくれたんだろうなと、いまは感謝しています。
    (遠回りのようで、1番の近道だったのかもしれないと。)

    現在はちょうど山の部分に居り、これから何度も山あり谷ありの時が待ち構えていますが、人との出会いや出来事の意味を解釈できながら(後になって気づく時も)、過ごせて行ければと思っています。
    (江原啓之さんの影響も入っています。)

    ユーザーID:

  • 母は14歳のとき、父は29歳のときでした

    トピ主さん
    ご両親が亡くなってから大変でしたね。
    私の場合、母は14歳、父は29歳のときでした。

    母が亡くなった後は
    父が男手一つで育ててくれましたが、
    多忙だったり姉と私が不仲だったりで、
    随分つらかったです。
    父が亡くなったときは
    既に私は結婚していたのですが、
    なぜか「世界中で一人っきり」という気分になって
    軽いウツ状態になりました。

    その後子供が産まれたりで、
    「世界一人っきり」という気分はなくなりましたが、
    やはり子育てでサポートを両親から受けている
    人たちをみかけると寂しいこともあります。
    こうやって書いていると、
    「私って実はすごくさびしいと思っている」ことに
    気がつきました。
    忙しくしていると気がつかないのですね。

    人間として弱いのかもしれないけど、
    寂しいと思っている気持ちを認め、自分を慰めることは大切かもしれませんね。トピ主さんも無理しないでね。

    ユーザーID:

  • ここにいます。

    26歳で母を、27歳で父を亡くしました。普通は親はそんなに早く亡くならないと言った心無い人もいます。友達同士で話していると親の話とか出て、つらい思いもしました。

    なによりも孫の顔を両親に見せるという楽しみが私にはありませんでした。結婚した時は両親も亡くなっていたので結婚式も挙げませんでした。でも、そういった悲しいターニングポイントの時に今の主人と巡り会い天涯孤独の身とはならなかった事に感謝しています。

    でも自分に両親はいないのに、なんで義父母にこんなに会わなきゃいけないのかと捻くれた思いを抱いた事もあります。でも子供の頃に親を亡くされている方に比べれば私はまだ幸せな方です。あと親が長生きしすぎて苦しんでいる例も中にはありますので私は別に自分はそんなに不幸だとは思っていません。

    ユーザーID:

  • 私もです。

    私も21のときに父が心筋梗塞で即死しし、そのに二ヵ月後に母の癌が再発し、結局父が亡くなった半年後に亡くなりました。

    うちの家の場合は、両親が共働きであったため経済的には不自由なくすごせるだけのお金を残してくれました。不幸な状況の中でも自分はまだ幸せなほうなんだ!という思いを支えに頑張っています。

    ちなみに私の友人や周りの人達は大変さを理解してくれていますし心配もしてくれています。しかし、今お付き合いをしている彼氏は、その辛さをわかってくれません。両親だけでなくその祖父母も元気でいる彼氏にはイマイチ家族が亡くなるということの辛さを理解できないようです。

    ユーザーID:

  • 明日きっと良いことがある!

    私は、23才の時に母を亡くし、25才で父が再婚。
    継母の意向で実家との付き合いがないので、両親はいないと思って生きてきました。
    私も母を亡くした時、両親元気な親友から、「子どもの頃に、親を亡くす人だっているんだよ?そのうち思い出に変わるから!」と軽く励まされて、本当にショックでした。
    結局どんなに説明しても、同じ経験がなければ理解できないんだと痛感しました。
    現在、30代後半で結婚しています。
    主人も母親がいません。
    だから、お互い気持ちも理解し合えますよ。
    今は辛いと思いますが、トビ主さんを理解してくれる人にきっと出会えます!
    明日はきっと良いことがある!と信じてね。

    ユーザーID:

  • 時々、無性に悲しくなりますが…

    今30代前半、既婚、子どもも今年生まれました。
    幼い頃に父を亡くし、28歳で母も亡くしました。
    今は幸せですが、タイトル通り、時々悲しくて切なくて号泣してしまう時があります。

    子どもの顔見て欲しかったとか、周りは皆当たり前のように里帰りしてるのに…とか、
    街中で楽しそうに買い物してる母娘みたり、義姉達と姑の関係みたり…
    きりがありませんが、いつもいつも気を張ってる訳じゃないので、
    たまにはポキっと折れちゃう時はありますね〜。
    でも辛いのは自分だけじゃないし。
    いないんだからしょうがない!と思うようにしています。

    友人でひとりだけ両親を亡くしてる人がいますが、義親と同居で、お腹の中には3人目の赤ちゃんが。
    愚痴も言わず頑張ってる姿を見ると、とても励まされます。
    トピ主さんも寂しいと思いますが、お互いにたまには泣きながらも前向きにいきましょうね。

    ユーザーID:

  • 私の母ですが

    私のことではなくて私の母のことですが、
    母は7歳の時に父をなくし、23歳で母親を癌で亡くしたそうです。
    兄弟が多かったので兄弟で色々助け合っていたようですが、母親を亡くした時期はちょうど母親と二人暮らししていたと聞きました。
    その後、お見合いして結婚しましたが、「やっぱり寂しかったから結婚したのかしらね」と言っていました。
    60歳でその夫とも死に別れ、我が親ながら家族を見送ってばかりで可哀想に思います。
    しかし、そんな陰を微塵も感じさせないほど根が明るくて元気で、情が深く面倒見のいい母です。
    せめて私は母より長生きしてあげなくちゃいけないなと思っています。

    ユーザーID:

  • 夢があれば大丈夫

    死別ではありませんが、高校卒業と同時に家族を失いました。
    以降、生活費・学費・税金・保険・年金等々、全て自分にかかる費用は、全て自分で稼いで生きてきました。
    他人からの援助は一切無し。
    (大学の奨学金はもらいましたが)

    大学を卒業し、公務員を経て、現在一部上場企業の会社員(35歳)です。
    何故そんなことができたか?
    夢があったからです。
    今の時代に青臭いことを、とお思いになるかもしれません。
    逆に言えば、追い求めるものがないと何かに追われてしまい、生きていけなかったからです。

    「”人”という字は人と人が支え合っているものだ、お前の”人”は仁王立ちしている」と言われたことがあります。
    そんな時期もありましたが、人並みに、良いことも悪いことも経験していると思います。
    自分が不幸・波瀾万丈だとは思いませんが、経験値は高いと自負しています。

    ユーザーID:

  • 普段は気にならない

    14歳で母を、その10年後に父を病気で亡くしました。
    一人っ子でしたので、助け合っていく兄弟姉妹はいませんでした。
    父が亡くなった後に、色々と隠されていた問題が出てくる出てくる…。
    でも、それまでめったに会うことのなかった従兄と、街中でばったり会い、彼が色々と助けてくれたおかげで、何とか乗り切ることが出来ました。
    考えてみたら、父が一番かわいがっていた義理の甥(母方の甥なので)、従兄も父を慕っていたので、亡くなった父が助けてくれたのかなーとも…。

    現在は、結婚して自分の家族を持ち海外に住んでいます。
    周りの知り合いは、1か月ぐらいゆっくりと日本の実家に戻ったりすることがあっても、私には帰る場所がない…と言うのは、かなりさびしいです。
    親戚はいますけど、やはり自分の親とは違いますからね。
    普段は気にしていませんけど、こういうことになると、親のいないことの寂しさが身にしみます。

    ユーザーID:

  • 私もです。

    葵さんとよく似た環境です。うちは私が1歳の時に母がなくなり、20歳の時に父がなくなりました。 兄弟もおらず一人っ子で、今海外に住んでます。
    日本にいるときは「苦労は買ってでもするもんだから、きっと報われるよ。」なんて変な慰められ方をしました。 親御さんがいる方、兄弟がいる方がとても羨ましく感じる時もあり、また、自分の子供に日本のおじいちゃん、おばあちゃん、従姉妹達といった親戚がいないのがかわいそうにも思ったりです。 一番つらいのは、やはり孫に会えなかった両親を思う時ですね。 美味しい物を食べれば、食べさせてあげたかったなぁと思うし、旅行に行けば連れて行ってあげたかったなぁって思うし。 気持ちの上では寂しいけれど、就職、結婚と親がいないから不利という訳ではなかったですよ。

    ユーザーID:

  • 私は大変でした。

    私は20代で両親を亡くしました。その後は大変でした。残った借金、借金だらけの兄の面倒。到頭、身内にもそっぽをむかれ保証人を立てられないために民間の賃貸には住めず。今は数千万の借金を払いきり、兄とも縁を切りましたが既に38歳。勿論、独身。やりたい事も沢山ありましたけど既に時遅しってやつです。結構無気力ですよ。

    ユーザーID:

  • いろいろあります

    現在30代前半です。22で父親を、27で母親を亡くしました。ひとりっこです。

    隣家に親戚がいるのですが、亡くなった後に嫌がらせがありました。その件に関して他の親戚の対応も信じられなくなり、私から距離をおいています。

    親が亡くなると風当たりが違う、世間(他人)もきびしい、家のことなど考えもしなかったことがたくさんある、と痛感しました。
    精神的/肉体的にまいってしまったとき、未知なるトラブルにまきこまれたとき、すべてのことを自分で気づかなければならない、といったことがつらいですね。
    またそういった苦労とかはあまり人に言わない(暗くしてしまう)ですし、周囲に理解してもらえるとは思っていないですね。

    正直さすがに寂しさ、限界を感じることも増えてきたので、結婚しようと思っていましたが、彼女に振られてしまいました。仕事に加えて大学院にも行っていますが、修了やばしの状態です。住んでいるところもややこしくなってきています。しかし、それでもやるのみです(へこみますが)。誰もいないわけではありませんが、最後はやっぱり独り。元気に生きたいと思っていた両親を思いだすと、がんばらねばと思います。

    ユーザーID:

  • 大変でした

    20代で両親を亡くしました。
    現在30代後半です。

    両親が亡くなったとたん、
    それまで仲良くしていた親戚が手の平を返しました。

    それはもう・・・ひどいものでした。
    金銭の要求「お前が生きていられるのは私たちのおかげだから金を払え」など理不尽な理由です。

    性的暴行(幸い大事には至りませんでした)

    私は精神的にも肉体的にも追い詰められ、今も回復していません。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    みなさん、貴重な経験談ありがとうございました。
    いろいろ大変な思いをしている方もいて、さみしいのは自分だけじゃない、と思うことができました。
    両親が健在でも関係の悪い人もいるし、短い間でも母との関係がよかったことに感謝して頑張って行こうと思います。ありがとうございました。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧