ヨーロッパで食材調達

レス10
お気に入り1

りさ

口コミ

こんにちは、インド在住のりさといいます。
8月終わりから年内の予定でヨーロッパ旅行を計画しているのですが、ヨーロッパでの食材調達事情について教えて下さい。
インドでは魚類、肉類(鶏肉以外)の良い物が手に入りません。
インドに駐在している人は一般的にシンガポール、タイ、ドバイ等で日本食(魚・肉)の調達をされているそうなのですが、ヨーロッパで魚、肉を手に入れ冷凍で預け荷物として運ぶ事は難しいでしょうか?
ヨーロッパの国によってはお肉、お魚等、美味しい物が手に入りそうなイメージがあるのですが、ドバイを経由して食材を調達した方が良いでしょうか?
そもそもヨーロッパから肉類等は持ち出し禁止?
ヨーロッパのどこに行くかはまだ決めていません。北欧、東欧、西欧、南欧、各国の事情を教えて頂ければ・・・と思います。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ドイツです

    こんにちは。肉類、魚類の持ち出し規制については詳しくありませんので、ドイツ国内の食糧事情(?)についてのみ書かせていただきます。

    私の住んでいるフランクフルト近郊では、魚介類の種類、質ともに貧相です。デパートやマーケットにお魚屋さんはありますが、値段が高く、また毎日仕入れをしているとは思えない内容です。ドイツ北部や海が近い場所に行かれるのであれば、きっと事情は違うと思います。
    お肉ですが、ドイツの物価から考えると安くおいしいと思います。ただ、薄切り肉は日系のスーパーに行かない限りは手に入らないと思います。
    スモークサーモン、ハム、ソーセージ、サラミなどは種類が多く、値段もお手軽でお奨めです。
    インドに比べると、ドイツは目眩がするくらい物価が高く感じられると思います。
    私はドイツに来た当初、スーパーで会計をするたびにユーロ札を出す手が震えました・・(以前はタイに住んでおり、物価が安いのに慣れていたため)

    ユーザーID:

  • お勧めしません

    北欧からの肉類持ち出しについては、例えば日本への持ち込みは禁止されています(魚は可)。ですので、インドが海外からの肉類持ち込みについてどうなのか、をまず調べた方が良いです。

    ノルウェーなどは良い魚も多いかもしれませんが、北欧は物価がものすごく高いので、わざわざ輸送量/航空費を払って、そんな高い国で冷凍物の魚を買うのは損ではないかと思います。

    一度限りならまだしも、継続して買い物をされるのであれば、やはり物価が安く種類も豊富なアジア圏で買い物された方が良いのではないでしょうか?とにかく北欧は種類も少なく物価が高いので、お勧めしません。

    ユーザーID:

  • 禁止国が多いと思います

    BSE(狂牛病)、鳥インフルエンザの影響で、ヨーロッパのみならず、アメリカ大陸も含め肉類の持ち込み・持ち出しは非常に厳しく、禁止されているところも多いです。
    緩和されてはまた問題が起きて禁止になる、の繰り返しですので、今はよくても8月にだめな可能性もあります。
    禁止物品が発見されたら容赦なく没収されます。
    直前に各国の公式サイトをチェックされることをお勧めします。

    ユーザーID:

  • こちらベルギー

    りささんがヨーロッパのどこら辺を旅行されるのかわかりませんが、西欧であれば比較的肉魚類は手に入ると思います。とりわけ、魚であれば海や港に近い場所で新鮮なものが手に入ります(当然ですが)。肉に関しては、基本的にヨーロッパの人は肉食なので、極端に僻地であったり人気の無い山奥に行かない限り、簡単に入手できるでしょう。

    スペインのイベリコ豚や、フランスの鴨など、それぞれの国の特産物に挑戦してもおもしろいですよ。

    ユーザーID:

  • 北欧は寒いんですよ

    ノルウェーの名前が出たので、参考意見を少々。北欧は北に行くほど、食材が豊富ではないのが実情です。寒くて食材が無いのですから。魚売り場は2割程度のスーパーしかなく、鮭・鯖・タラ・カレイ程度しか取り扱っていません。こちらは箸を使わないので小骨がとれず、必然的に大型の魚しか食べるません。魚自体、好きではないようです。生食する習慣もないので、釣った魚の頭と内臓を落とさずに並んでいることもあります。色がヤバイです。仕方ないので、私の場合は知合いと海釣りに行って鯖やカレイを釣っています。当然、その場で、頭と内臓を取ってしまいます。また、北欧諸国はいずれも人口が少ないため、あまり手間をかけません。肉もさばいたときの骨片が含まれていたり、硬めの肉(日本のように管理しない)であることも珍しくありません。このような状況なので北欧さんと同じく、北欧での食材調達はお勧めできません。
    余談ですが、オーストリア・ドイツの内陸へ旅行したときにも、魚料理は目にしませんでした。欧州は肉が主食なので、海か湖沿いでないと魚は無いのでしょう。お肉はノルウェーよりも美味しかったです。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます

    情報ありがとうございます。
    インドは食料の持ち込みは厳しくないようです。
    ヨーロッパ在住の方には想像がつかないかもしれませんが、インド在住の駐在員は肉、魚、日本食を買出しに海外旅行に出かけます。(それだけ物が手に入らないのです)
    私の生活圏の物価が高いのか、肉、魚(冷凍の海老など)は日本の値段と変わらないような気がします。
    とにかく(美味しい)物が無いので多少値が張っても買うのがインド在住の駐在員のスタンスです。
    特に豚肉が美味しくないのでイベリコ豚には惹かれます。

    ユーザーID:

  • バルセロナ(スペイン)です!

    スペインからインドへ生ものの輸出が出来るかどうか分かりませんが(調べてみてください)、食材を見つけるとしたら、他のヨーロッパ諸国から見て次の点がお勧めです。

    1)なんといっても物価がまだそれほど高くない
    2)山の幸、海の幸が豊かで日本人の食生活にあってる。

    ご存知かどうか、スペインは現在日本への主要マグロ輸出国です。市場ではつやつやとしたマグロの切り身が売られ(しかも日本人がトロに目がないとわかって、以前ではくず扱いだったあぶらみ・トロ部分が、現在赤身より高く売られてます。ずるいぞ!)バルセロナ近郊の浜辺では漁の邪魔になるといってつい最近まで「うに」は捨ててました!!!!!! 魚だけではなくシーフード類も豊かです。たこなど食べない西欧諸国も多いですが、ここスペインでは一般的です。

    肉に関しても、「ハモン」、子豚の丸焼き、ウサギ、子牛、いのししに鹿の肉、と日本人の感覚からしても違和感はありません。

    ユーザーID:

  • 日本と同じならやっぱり・・・

    デンマークはドイツと同様お肉が多いですし、豚肉は日本にも輸出されていますから、日本人の方の口にも合うとは思います。

    ただ、物価はドイツの方が安いですので、同じならドイツで買った方が特だと思います。

    トピ主さんが暮らしているところの物価は日本と同じぐらい、ということですが、北欧の物価は日本以上に、異常に高いですので、そういう意味でもお勧めできないんですよ。消費税だけでも25%前後あります(国によって違いますが)。
    買い物には向かない国々だと思います。

    >ノルウェー駐在さん
    ノルウェーでもお魚事情がそういうことだったとは知りませんでした。ショックです…。
    トピ主さん、横ですみません。

    ユーザーID:

  • スペイン

    情報ありがとうございます。トピ主です。
    「お勧めしない」と言う情報が大勢を占める中、プラスの情報。
    お刺身が食べられるのは惹かれます。
    ルート、観光等を検討してみようと思います。
    持ち出しが出来れば最高ですが・・・

    ユーザーID:

  • オランダの北海水産!

    昨年までチェコ在住だったものです。今でこそ日本食材屋もでき、苦労しなくなりましたが、赴任当初は、ミュンヘンやウィーンまで買出しにいっておりました。
    さて欧州駐妻には欠かせない、オランダに「北海水産」という水産加工品や鮮魚の通販のお店があります。干物からお刺身用の魚まで冷凍で欧州一円送ってもらえます。滞在先のホテルに日程を合わせて送ってもらうこともできるかもしれませんよ!URLはこちら。http://www.hokkai.com/index.html
     市場で生ものを仕入れるならやはりスペインお勧めです。夫は出張でバルセロナから大量のえびを持ち帰りました・・・。チェコはお肉類がおいしいです(しかも安い)。せっかくですからおいしいもの、いっぱい手に入れてくださいね。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧