いろんなことを経験させたいのに・・・(五歳の娘)

レス27
お気に入り0

もうすぐ夏休み

子供

なにか習い事してみる?「やだ」
ディズニーランド行く?「やだ」
従姉の○○ちゃんがプールに行こうって 「やだ」

反抗期とかそういうことではなく、知らないことに
ただただ臆病なだけ。
娘のテリトリーは家と保育園と近所のデパート。
ほんの二三駅電車に乗るのも、嫌がられる。
美容院にも行けないから、切るのは私。
もっとおしゃれな髪型にしてあげたいのにな。
毎週末の行動は外でランチして、お茶して帰るコース。
保育園の友達はスイミング行ったり、英語や音楽を
習ってるのに。

嫌がるのを無理強いはしたくないけど、親が何か
手引きしてやったら、夢中になれる何かが見つかる
かもしれない。
何が楽しいかなんて、やってみなきゃ分からない
でしょ?と誘ってみるけど、返事はいつでも「やだ」

もう少し大きくなったら少しは違ってくるのかな?
10ヶ月の弟がもう少し大きくなったら、一緒に
世界を広げられるかな?

同じようなお子さんをお持ちのかた、
私もそんな子どもだったよ!というかた、
お話聞かせてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 心にトラウマがある?

    子供はいろんなタイプの子がいて、中には極端に臆病な子もいるのでしょうが、私が読んでいて思ったのは、
    お子さんは何か心にトラウマになるような出来事があったんじゃないでしょうか?

    新しい環境で衝撃的なことがあったとか、
    知らない人に嫌なことをされたとか、

    子供は安心できる場所で充分満たされたら
    また未知の世界に冒険に行き、不安になったら
    親元に帰って安心し、それを繰り返して成長するそうです。

    いま外の世界に不安を感じているなら、家庭で充分安心感を与えてあげてください。
    むりやり外に連れ出す方がよくないと思います。

    ユーザーID:

  • 私もそんな子供でした1

    トピ主さん、こんにちは。

    私もお嬢さんと同じように何するにも嫌がる子供でした。

    >反抗期とかそういうことではなく、知らないことに
    ただただ臆病なだけ。

    この気持ち、よくわかります。

    何が起こるかわからないのが、不安で怖いんですよね。


    そんな私ですが、無理やり習い事はさせられてました。
    (スイミングとピアノ)

    ピアノはヤ○ハで、母も一緒に行くグループレッスンだったので、そんなに嫌がらなかった気がするんですが、
    スイミングは無理やりでしたね。

    母は更衣室の壁に「絶対行かないー!」といってしがみついてる私を引きはがして、先生に「それじゃあよろしくお願いしますね」といって引き渡してました。

    最初は抵抗してたんですが、何回か行ってるうちに慣れてきて普通に行くようになりました。

    今となってはいい思い出になってますし、習い事をさせてくれた親には感謝してます。

    長くなるので続きます。

    ユーザーID:

  • 私もそんな子供でした2

    続きです。

    トピ主さんも、一緒についていけるような習い事をさせてみたらいかかでしょうか?

    あとはお友達が習ってるのと一緒に通ってみるとか?

    知ってる人が一緒ならそんなに嫌がらないかも知れませんよ。

    始めは嫌がっても、私のようになれてくれば平気かも知れないし。

    あとなんでもヤダヤダって言っているのは、成長していくうちに治ってきますから大丈夫ですよ。

    お嬢さんが何か夢中になれるものが見つかるといいですね♪

    ユーザーID:

  • うちの場合

    5歳双子(2卵性男女)の父親です。私のインドアの趣味は絵画製作、模型製作などです。子供達が物造りに興味を持ったらいいなと思い、製作スペースをリビングの一画に設け、食事が終わると黙々と自分が楽しんで製作します。すると子供達は「パパ何やってんの?」「うわあ〜じょうず!」などと興味を持って接近してきます(そりゃ5歳の子供よりは上手だわな)。

    ここぞとばかりに『じゃあパパと一緒にやってみる?』と聞くと「うん!」。膝の上に乗っけて一緒にお絵描きしたり、塗り絵したり、プラモデル作ったりを経験させます。今では勝手に二人とも私の高価な画材や道具を駆使して毎日作品を製作しています(ううっ大切に使っておくれ)。

    外で遊ぶ時も子供の頃、自分が楽しくて仕方がなかった遊びを一緒にします。双子達は”カブトムシ採り””ザリガニ釣り”などが好きです。うちでは「〜でもやる?行ってみる?」ではなく『パパと〜やる人いますか?』『パパはプール行くけど一緒に行く人〜』と誘います。磯遊びやバーベキューなども喜んでやりたがりますよ。

    我が家では子供以上に私が楽しむ事で色々な事を経験させております。トピ主様のご参考になれば幸いです。

    ユーザーID:

  • うちの娘もそうだった

    「いや」だけはハッキリしていました。食わず嫌いでガラスの心臓で「やってみたら?」には「やったことがないからしない」「もしやって面白くなかったらどうしよう」と言う悪い方向に考えるタチでした。

    このままではと思い ある時から強引に連れ出しました。すると あれ程行く前は嫌がっていたのに結構楽しんで帰りには「また行きたい」「面白かった」で終わるのです。楽しい場所にはどんどん連れて行って上げてみたら?お稽古はお友達がしているのを見たらしたくなる時期がくると思います。娘は「いや」「いや」が多かったですが 自分で始めたいと言ったものはずっと続けています。たまたまがきっかけですが 友達の家でしたバドミントンが面白かったから、学校に来たアメリカ人の子供と握手をしたらしゃべりたくなったから英会話と自分で見つけてました。

    小学校にはいるとバケるのではと思います。今 生徒会の書記を立候補してやっています。高校2年ですが 嫌なことは嫌と言えるのである面では安心しています。

    ユーザーID:

  • 与えようとしすぎかな

    私の子はそんな感じでした。
    親が色々させてあげたい気持ちで「これする?」「あれする?」と聞いてもやる気なし。
     うちの場合はあまりにも恵まれた環境にしすぎて、何でもすぐ手にすることができることがやる気を奪ったのかなと感じています。親のエゴな所がありました。
    子供がしたいのではなく、母親がしたいだけに見えてしまっているのだと思います。

     なんでもしてあげられる環境は子供のやる気を失います。習い事等よりも、子供のためによい食事を用意して、家を綺麗にして、ニコニコして困った時のみ助言してくれるママさんがいいんだと思います。

     私は子供にこの件は謝ると、子供も嬉しそうでした。
    ちなみに私はそれを改善して以降、少ししてから「テニスをしたい」と色々言うようになり、テニススクールに通っています。美容室も苦労しましたが、今は大好きで一人で通っていますよ。

    ユーザーID:

  • うちの子の場合は・・・

    7歳の男の子がいます。彼も初めてのこと(場所)には非常に臆病で、よく言えば慎重派です。

    彼の場合は、非常にプライドが高く、失敗することが許せないようです。ですから、初めてのこと(何か失敗するかもしれない)や、一度失敗したことがあることには手を出そうとしません。

    ですから、初めてのことは、事前によく説明し、本人の不安を取り除き、少しのことでもできたことは必ずほめる(少々の失敗は無視するかごまかす)ことにしています。初めての場所の説明は、今まで行ったことのある場所を引き合いに出し、ここと似ているねとか、写真やパンフレットを見せて、おしゃべりをすると、非常にわかりやすいようです。

    ユーザーID:

  • 私の娘もです!

    うちの娘は四歳。人見知りが激しく、公園などでも同い年くらいの子供の輪にも入れません。声をかけられても、すぐに私のところへ逃げてきます。プールに連れて行っても、遊園地に連れて行っても、動物園に連れて行っても、すぐに「帰る〜。」私自身は積極的で新しい物にチャレンジするのが好きなので、娘にも色々なことを経験してもらいたい、楽しんでもらいたい、と思うのですが、どうもだめですね。臆病で、新しいことに挑戦する、試してみる、そういった様子は全く見られません。

    いけないと思いつつ、他の子供と比べて、「どうしてうちの子はこう臆病なんだろう?」とイライラしたり、悲しくなったりしてしまいます。正直積極的な子供を見ると、本当に羨ましいです。最近ではようやく半分諦めの境地に入りました。取りあえず、嫌がることは無理にはやらせず、娘自身が何かに興味を示すのを気長に待つしかないかと。消極的でも、いづれ何か打ち込めることを見つけてくれるといいなと願っているのですが。

    ユーザーID:

  • そのままで

    お子さんはきっとお母さんの事が大好きなんだと思います。今、下のお子さんが10ヶ月という事ですがお母さんは今まで以上に娘さんの事を気にかけてあげてますか?

    下の子ができると上の子からしたらお母さんを取られたみたいな気持ちに大なり小なりなるものです。きっといままでお母さんと自分二人だけの世界だったのがかわってしまう、そんな不安な気持ちの表れからきてるのかも?

    お嬢さんはきっと、お母さんと週末にランチに行きお茶して、髪が伸びたらお母さんに切ってもらって。。そんな時間が大好きなだけではないですか?
    子供の成長はとても早いです。大人が感じてるよりもっと早いです。こないだまでお母さんがいっしょじゃないと寝れなかった子が、ある日急に一人で寝る〜と言い出したり。どうしても苦手だった事が気付けば得意になってたり。今のお子さんとの時間は今しかありません。とてもかけがえのない時間です。
    心配する必要も焦る必要も全然ない、大丈夫ですよ。

    ユーザーID:

  • 妹ができて変わりました

    現在3歳の息子も引っ込み思案で、昔から公園でも私の側をあまり離れず、友達とも積極的に関わろうとしないタイプでした。赤ちゃんの頃からナイーブでベビーカーにも絶対乗らずに抱っこをせがみ、人見知りや場所見知りも強くほとほと苦労していました。
    少しずつ慣らそうとしてもあまりうまくはいかず、親としては無理強いするのも却って悪影響かと見守るしかなかったですよね。

    ところがそんな息子も、年子の妹(現在1歳7ヶ月)が生まれ一緒に活動するようになるとかなり変わりました。
    まず妹の方が人見知りしない積極的なタイプなので、彼女を介して知らないお友達とも関われるようになりましたし、おばあちゃんの家でお留守番なんてこともも平気でできるようになりました。
    今は兄妹で一緒に体操教室へ行っていますが、私の言うことを聞いてくれなくて困るほど(笑)、生き生きとそれぞれが駆け回っていて本当に驚くような変化です。
    慎重な性格という元は今もあまり変わらないと思いますが、きょうだいの存在は確実に心強いものとなって支えになってくれることは確かなようです。
    ぜひ期待してみては?

    ユーザーID:

  • 私も行く!

    私も小さい時は初めてのことがキライで「嫌」を
    連発していたようです。
    エレクトーンもプールも体操も習字も嫌と最初は言っていたそうです。

    そんな時母親は「ふーん。んじゃママだけ行ってくる」と言うと「私も行くー!」と足にしがみついていたそう。
    結局その輪に入れると楽しくて、「まだプールの日じゃない?」と毎日聞いていたそうです。

    なにかトラウマがあるならば傷つけるのはかわいそうですけど。
    ちなみに一番最初の習い事のエレクトーンには親子教室で行ってました。
    「ママもエレクトーン習いたいのに。行かないなら1人で行こうかな」の言葉に「なんでー。私も行くもん」としっかり付いて行って、ちゃっかり帰りにポテトを買うという約束を取り付けて喜んでいたそうです。

    習い事に行くとこんな楽しい事があるというのを
    少しづつ教えてあげるのが一番じゃないでしょうか?

    ユーザーID:

  • うちの娘がそうでした

    小さい頃から、新しいことには徹底的に尻込み。「挑戦前に戦線離脱」の王者でした。お稽古は参加を決意するまでが一波乱。幼稚園でのお遊戯は完全把握までは棒立ち。そして「これなら大丈夫」という自信がついたら、恐る恐る輪に加わり、笑顔でこなせる頃には、演目が更新され、また棒立ちへ。というお決まりのパターン。他のお子さんより気楽に動ける時間が少ない「石橋を叩いて固めて、やっと渡る」という大人の目から見ると慎重すぎてつまらない子でした(笑)。

    多分、ある意味、自意識過剰。ある意味、年相応のお子さんよりませていて、賢かったのだと私は信じています(笑)。

    変人幼児でしたが、その類い稀な慎重さで、学習モノに向いていることが発覚(笑)、年中くらいからは毎日1時間くらい黙々と受験プリントに取り組む。「失敗したくない」タイプですから指示の聞き取りも完璧。幼児教室では不動のトップでした。

    小学校&中学受験、すべて成功。都内でも難関の中学に通っています。相変わらず人間関係には臆病な面もありますが、随分やわらかくなりました。あまり欠点をせめずに、得意なことを誉めて伸ばしてあげたらいいと思います。

    ユーザーID:

  • 大丈夫ですよ!

    もう少し大きくなってからは、
    色々と好奇心が芽生えると思います。

    まだ小さいから不安なことや怖いことがあるのだと思います。

    長い目で見てあげてください。

    ユーザーID:

  • まさにそんな子供でした

    知らない人、知らない場所がとにかく怖くて嫌いだったのです。
    その場所と人を把握すれば平気になるのですが。
    習い事:先生とメンバーが決まっているので二、三度行けば平気になるが、いつも同じスペースに陣取り、入ったことのない部屋・スペースには近寄らない。
    お店や病院:何度行っても知らない人が沢山いるので怖い。特に病院は知らない人が群がってくるので大嫌いでした。
    そんな私も学生時代は欧州をバックパックで放浪したり北米に留学したりとすっかり積極的になりましたが、その当時も社会人となった今も、初めての場所や人の前ではとても緊張します。友人達には「気が強いくせにビビリ屋だよね」とよく言われます。
    私は4人兄弟ですが他の兄弟は全く人怖じ・場所怖じしません。生まれつきの性格ではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 待ってあげて

    うちも1人はそんな感じの子供です。
    何事にも消極的。
    やりたいと思ってもなかなか言えません。
    今キーボードを習っていますが、「多分やりたいんだろうな」と思ったのは1年前。
    言い出すまで待っていたんです。
    おかげで1年年下の子供たちと一緒になりました。
    が、1年の長が強みにもなっているせいかもしれませんが子供は楽しく通っています。
    却って親の意気込みで習いに来ているお子さんの中には嫌がって泣いている子もいます。

    結局、親がどうこうできるのではなく、本当に好きな事は子供自身が選んで行くものなのかな?と思っています。
    ただ、「こういうものがあるよ」と子供に知らせる努力はしています。

    ユーザーID:

  • ちょっぴり冒険を

    五歳男児の母です。
    うちの息子もどちらかというと臆病・・・
    聞いてみるととりあえず拒否することも多いですが
    結局引っ張って連れて行ってしまいます。

    で、その結果ですが
    やってみると楽しかったという感想をもらうことが多いです。
    ポイントは、習い事でもアウトドアでも
    親が本当に「楽しいこと」「いいこと」だと
    信じていることをやることだと思っています。
    その気持ちは子供に伝わるからです。

    親がいいと思うお稽古なら心から褒めて励ませるし
    一緒に楽しめる外出なら、最後はニコニコしています。

    ちなみにすぐ下の弟は「何でもやってみる」派。
    積極性は、その子が生まれ持っている個性の一つかな、とも思います。

    最初は小さなことから一つ。
    無理のない範囲で一緒に楽しめるといいですね!

    ユーザーID:

  • 好きなことから

    お子さんは、遊んでいる時はどうですか?新たな遊びには躊躇しますか?失敗を恐れますか?

    お子さんのやりたいことを、やりたいだけやらせて、満足感を存分に経験させ、その中で、ほめて認めて自信を持たせていくと、視野が広がってくると思います。
    お子さんのやりたいことは、何でしょう?

    ユーザーID:

  • 私が楽しむ、そして誘う

    我が家の子供も超ド級恐がり引っ込み思案です。

    子供に何かをやらせようとして背中を押しても一歩も踏み出せないので、私がいつも率先してやってみて、「うっはー、楽しい!」という態度を見せています。

    例えばピアノは先生に家に来て頂くようにして、私と先生が仲良くなり、私が毎日練習し、そして「楽しいけどやってみる?」と言ってまず私が教えます。 暫く練習して上手に出来るようになった所で先生に「この子とても上手なんですよ。」と言って先生の前でちょっと練習の成果を見せて褒めて頂く。

    こうやってせっかく初めても、本人が楽しまないで嫌がり始めたら止めさせます。「勇気をもって始めたら止めさせてもらえなかった」と言う経験は一層引っ込み思案にさせてしまいそうだからです。 続かなくても「習えてよかったね。楽しかったね」と言って次にゆけばいいのです。

    結局娘は料理と裁縫と読書とフルートが大好きです。 スポーツは色々がんばりましたが全て嫌で止めてしまいましたが、少なくとも色々な経験を通して自分の好きなものを見つけることは出来ました。

    ユーザーID:

  • 世界は親が広げるものじゃないと思う

    実際、私が娘さんのような子供でしたよ。習い事も嫌、夏休みの子供会の行事も嫌、もの凄い内気で、家にいるのが好きでした。両親は、社交的な妹と比較しまくり、無理矢理外に出そうとしましたが、もの凄くそれが嫌でした。今でも覚えてます。本当に嫌でした。妹と比較される度に自分の自己評価が下がってくんですよね。あー、自分は駄目なんだって。

    別にそういう子を無理に親が連れ出す必要はないと思う。逆に嫌な思いをさせるだけです。時期がくれば、自分で外の世界に目を向け始めますから。私も、ある時期から外に興味を持ち出して、あんなに奥手だったのに1人で知り合いも誰もいない米国の高校に行ってしまいました。

    "保育園の友達は.."人と比べて何かいいことありますか?
    "親が何か手引きしてやったら、夢中になれる何かが見つかる‥"夢中になるものって普通、自分で見つけるものです。親が子供にしてあげられることと子供が自分で見つけ出すべきものって別なような。子供を大切に思うなら、子供の自主性を尊重してほっといてあげることもある程度必要だと思います。

    誘ってあげるのはいいけれど、それを「やだ」という娘さんの主張を大切にしてみては。

    ユーザーID:

  • あせらない

    5歳の娘さんにいろいろ経験をさせてあげたいという親心はわかるけど、娘さんにしてみたらびっくりすることの連続ではないでしょうか?
    私も4歳からピアノ(Sメソッド)に入門したのですが、子供心に優しかった母が急に怖くなったりで(苦笑)、とてもプレッシャーだったことを覚えています。今はたっぷりと甘えさせてあげて、芽が出てくるまで待ってあげてください。

    ユーザーID:

  • 習い事で無くても

    家にも5歳の子がいます。うちの子も臆病ですがバレエにそろばんと自分でテレビを見たり友達に影響されて
    習いはじめたいと言い出し、それが半年近く続いたので習わせ始めました。
    そんな風にわが子を習い事に通わせながら思うことは
    正直高い月謝を払って5歳の子が学んでくることはバレエやそろばんが上手になるということでなくみんなで何かをする とか 机にじっと座って物事に取り組む ということなんですよね。
    だから本人が行きたくないのを無理に行かせても本人とってはただただ憂鬱な時間になるだけなのではないでしょうか?
     何処かに習いに行かなくても家で親がいろんなこと(たとえば習字道具だったり絵画せっとだったり)をあたえてみたり一緒にプールに通ったりすればきっと
    子供さんが自分から積極的に取り組む気になるものがみつかるのではないでしょうか? 

    ユーザーID:

  • ありがとうございます!

    トピ主です。
    みなさんのご意見、有り難く拝見いたしました。
    お一人ずつお礼を言いたいところですが、字数の
    制限があるので割愛させていただきます。

    今まで私が試したのは、親が「一緒にやってみよう」
    と誘うことでした。
    超内弁慶な子なので、外とは違い、唄ったりするのは
    大好きなので、ヤ○ハの音楽教室のCMを見たとき
    「行ってみる?」と聞くと、意外に「うん」と即答。
    早速無料体験に予約を入れました。
    前日、「明日音楽教室だね」というと、みるみる顔が
    強ばり、「行きたくない・・・」
    「お母さんと一緒だよ」「お母さんは行きたいなあ」
    「とりあえず教室の外から見てて楽しそうだったら
    入ろうか」いろいろ言ってみましたが、泣かれた時点
    で諦めました。
    最近では、「お母さんとピアノ一緒に習おうか」と
    言うと「いってらっしゃーい」と言われてしまいます。

    (つづきます)

    ユーザーID:

  • ありがとうございます!2

    トラウマがあるのでは?というご意見もありましたが
    思いつきませんでした。でも私が知らないところで
    娘の心に傷が残る何かがあったのかもしれません。

    ただやはり性格なんだろうなあ、と思います。
    レスのなかに、「石橋を叩いて固めて、やっと渡る」
    というのがありましたが、娘もまさにこれです。
    むしろ渡ってくれりゃまだましです。
    自意識過剰というご意見もかなりうなずけます。
    誰かが見てると思うから、恥ずかしくて動けない。

    大きくなればきっと変わるさ、と夫はおおらかです。
    「俺もそうだったけど、小学校に入る頃には違った」
    私もそうやってどんと構えていたいのですが、実は
    娘は私にそっくりなんです、人見知りで臆病で、
    自意識過剰で見栄っぱりという最悪なところが(笑)
    そんな性格が娘の足を引っ張っている気がして、
    「ごめんよ、母ちゃんがこんな性格なばっかりに」
    という気持ちと、なんとか娘にはこうなって欲しく
    ないという気持ちがないまぜになってます。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます!3

    子どもって自分のコンプレックスをがんがん
    刺激する存在ですよね。
    なにもしようとしない娘に対してじゃなくて、
    結局自分にいらいらしてるんですよね。
    自分も同じだったから、娘の気持ちはほんとは
    痛いほど分かるんです。

    すみません、私の話になっちゃいましたね。

    焦らず娘の成長を見つつ、娘がプレッシャーに
    ならない程度に、少しずつ興味を引き出せたら
    いいなあと思ってます。
    みなさんの温かいご意見、本当に嬉しかったです。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • ママ@10年目

    @1年目 という方がのっけからチョットひいてしまうようなカキコだったので書くことにしました。
    大丈夫!ウチもあなたと同じように思っています。が、習い事ひとつしたがりません。
    でも!まわりの友達と元気に遊びに出掛ける姿があるので「ま、いっか」と思うようにしています。
    今の時代、友と交流できるチカラこそが何より大事ですもの・・ネ!

    ユーザーID:

  • 視力は大丈夫?

    的外れな意見でお気を悪くされたらゴメンナサイ。
    臆病の原因の一例としてお聞き下さい。

    友人の子供が、トピ主さんのお子さんと同じくママから離れたがらず、
    家と幼稚園と近所のデパートがテリトリーという状態でした。
    ある日、友人は子供が絵本を読む様子に違和感を覚えて眼科を受診したら、
    弱視と診断されました。
    新しいこと、特に屋外や運動に臆病なのは、「見えにくいから」だったんです。

    矯正眼鏡をかけるようになってからは、見違えるような活発な子供になりました。

    もしトピ主さんのお子様が、絵本や物を見るときに体に力が入りすぎてるような
    様子がおありでしたら、念のため眼科医に相談してみてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 反面教師

    はるか昔そんな男の子がいましたなぁ。
    小学校入学式の日に大泣きして、お母さんから離れず、式典の最中これ以上ないほど声を張り上げて泣いとりましたわ。
    幼馴染の女の子が側にいてくれるのに、それでは不満なのか、とにかく大騒ぎをして大変印象深かったです。
    私を含め、他の子達は子供心にもこりゃあ見苦しいと思い、式典の間、騒ぐ子はその子だけでした。
    皆、ああはならなりたくないと思ったようです。
    後日、本人にそのときのことを聞いたら、「ママから離れるのがさみしかったから」だそうです。
    その子は予防接種の日もすばらしい騒ぎを起こしてくれて、おかげで他の子達は冷静に注射を済ませることが出来ました。
    他の子たちが大人になるのに案外一役買ってますよその子。
    ちなみにその男の子も大きくなってけっこういいやつに育ちました。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧