亡くなった母の遺品などについて

レス14
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

ひーこ

昨年、私の最愛の母が癌で他界しました。
私は一人娘なので(父はおりません)
私が母の遺品などすべて譲り受けた形なのですが
どれも母の形見と思って
大事にしたいと考えてるのですが、
母はとてもおしゃれな人だったので
服や着物など量がとても多いんです。

母の兄弟は皆、遠い地方に住んでいますし
なかなかすぐに会える距離ではないですし、
母の姉たちもご主人の介護などで忙しそうです。
アドバイスを聞こうにも聞けず、
ちょっと困ってます。

そんな中で一番「どうしようか」と思ってるのが
「お布団」なのです。
母のお通夜お葬式は自宅で「家族葬」にして
身内だけで行ったのですが、
そのお通夜のときに母に寝てもらったお布団です。

このお布団は母が病院から外泊で
うちに帰ってきたときに使っていたお布団で
何年も使ったものではなく、新しいのですが
悲しい思いもあってか、使わずにずっと
押し入れにしまったままになってます。

こういう場合は
普通どのようにするものなのでしょうか?
何も知らず、恥ずかしいのですが
アドバイスなどいただければうれしいです。
よろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同じ立場の者です

    お気持ち、お察しします。
    私も一人っ子で、大昔に家を出て他所で違う家庭を持っているであろう父親の行方は長年知らず、母は数年前に他界しましたので、哀しみも後の処理も自分ひとりで背負う淋しさも理解できるつもりです。

    さて、お母様の遺品は、本当に思い入れのある物だけに絞って残し、スペースだけ占領するような大きな物、見るたびに哀しくなるような物は神聖な気持ちで処分させてもらうのがいいと思います。

    それはお母様に対して失礼になることではないと思うのです。
    お母様からすれば、大事な一人娘がこれから幸せになってくれるかどうかだけが心残りだと思います。

    この世にたった一人だけの母親との別れほど悲しいものはないですね。きっとこの淋しさが完全に消えることなど一生ないと思いますが、だからこそ供養の意味も含め、自分を大切に生きていきましょうね!!

    ユーザーID:

  • お辛かったでしょう。

    私が35歳の時、母が61歳で亡くなり、父も
    その前の年に61歳で亡くなりました。

    私には兄、弟がおりますのでひーこさんとは少し
    状況が違いますが、私も一応、一人娘です。
    母親の残したものというのは、結局のところ
    実の娘が管理しないとどうにもなりません。
    嫁などがしようものなら色々問題(親戚がうるさい
    だけなのですが)も生じますので。

    お母様のご姉妹、ご友人、お世話になった方
    には、何か一つ(なんでもいい、ひーこさんがあげ
    てもいいと思うもの)形見分けというかたちで、
    差し上げるのがいいか思います。
    何か品物をならべておいて選んでもらうのでもいい
    と思いますし、伯母様に持って行ってもいいのでは
    ないでしょうか。
    ただ、形見分けとしては、少し時間がたっている
    かなとも思います。

    あと、亡くなった方が横になったお布団に関しては
    どんなに新しい、高価なものでも焼却処分してもら
    うしかないと思います。

    まだまだ寂しい気持ちでいっぱいで、お気持ちも
    癒えないと思いますが、どうか健康にお過ごし
    下さい。

    ユーザーID:

  • アドバイスありがとうございます。

    まきさん、お話どうもありがとうございます。
    こういうことってなかなか相談というか、
    今まで誰に対してもすることができなかったので
    まきさんのお話しを聞いてうれしく思いました。

    私も実の父とは連絡を絶っておりまして
    (私が小2の時、両親は離婚しました)
    親戚を通じて、
    父の耳には母の事は伝わってると思いますが、
    いまだに私に対して連絡のひとつもありません。
    父の母である、祖母からは時々ですが
    電話はあります。

    一人っ子という事で私もまきさんと同様、
    全部ひとりでお葬式からすべて対処しました。
    これは同じような経験をされた方でないと
    なかなかわかってもらいにくいですよね。

    まきさんのお話、とても心強く感じました。
    どうもありがとうございました。
    気持ちが落ち着いてきたら、少しずつ、
    遺品を整理していこうと思います。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    8年前私の母も癌で他界しました。
    亡くなって棺に入る前に新しい布団に寝かせました。

    新しい布団でしたが、ドライアイスなど入れたため
    捨てました。枕は私が使ってます。

    実家で父が元気にしているので、衣類などは整理して
    まだとってありますが、捨てたりとっておいたり色々です。

    というのも、
    私と父とでは心の持ち方が違うようで、私は思いが強いうちは遺品を残して置きたいタイプ。父は思い出して悲しくなるから捨てるタイプ。
    当時結構争いました・・・。

    ユーザーID:

  • ふとんについて

    お母様が亡くなられて、お寂しいなかで遺品の整理、なかなか進まないお気持ち、わかります。
    収納場所にお困りでないのなら、ゆっくり時間をかけてよいのではないかと思います。
    遺品の整理とともに、気持ちの整理をするもののようですよ。

    ところで、お通夜でご遺体を安置したお布団ですが、やはり思い切って廃棄されたほうがいいと思います。
    悲しいことですが「死」に触れたものは、昔から葬儀の際にともにあの世か(火葬)、お墓まで持って行くものだそうです。日常のものとは、はっきりと区別をつけるものだそうですよ。
    昔は医療が発達していませんでしたから、「死者に連れていかれる」ことが怖かったのでしょうね。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 参考になれば、、

    ひーこさん、お辛い気持ちでしょうに頑張っていらっしゃいますね。

    先日、義母が亡くなりました。
    私は嫁の立場ですので遺品については、(夫も力仕事など手伝っていますが)残された義父の意向を聞きながら、実の娘である義妹が仕切っていました。価値のある貴金属や着物は親戚に形見分けしましたが、それ以外は見ているこちらがびっくりするほど潔く捨てていました。義母の洋服、靴、バッグ類などはもちろんのこと、普段使っていた食器類なども義父が生活を続ける上で最低限必要な物だけを残し、あとは全て捨ててしまいました。自宅での仮通夜の時に寝かせたお布団も然りです。

    私の両親は今のところ健在ですが、(不謹慎かもしれませんが)いつかその時が来た時の参考になりました。

    ユーザーID:

  • 祖母のときですが

    ひーこさん、お一人で故人の遺品を整理するのは大変ですよね。お察し致します。

    仏式での方法ですが「お焚き上げ」という方法があります。故人の服や布団など、ただ廃棄処分するには抵抗があるものを供養やお祓いをしてから処分するものです。
    私の祖母が亡くなったときは着物、写真、布団などをお願いしました。

    専門の業者やお寺で行っているところがありますので、一度ネットで検索してみてはいかがでしょう。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます!

    小肌さん、はなさん、katzeさん、長男の嫁さん
    お話どうもありがとうございます!

    伯母に聞く事ができれば良かったのですが
    母の四十九日を終えてすぐ、伯母から電話があり
    ご香典のお返しの品のお礼などの話をして
    「それじゃあ、あなたも元気でね」と
    電話を切られてしまったもので。
    それからなんとなく電話を掛ける事すらしづらくて
    連絡をとっていない状態です。

    私と母は大阪、母の親戚は皆、九州で
    ちょっと行って聞くわけにもいかずで
    こんなにも時間が経ってしまいました。
    ですが、私と同じようなご経験をされた方々の
    貴重なお話を聞かせていただけてうれしいです!

    お布団に関しては、お恥ずかしいのですが
    処分してもいいのかどうかわからず
    かといって使えず、迷ってました。
    処分という「形」は良くないのかなと思ったり。
    変なお話で申し訳ないのですが、
    処分は「母が悲しむかな」とも思ったり。
    なにかこう全てがマイナス思考になってしまって。

    こちらで優しい皆様のお話、アドバイスを聞けて
    本当に良かったです!
    少しずつ整理していこうと思います。
    どうもありがとうございます!

    ユーザーID:

  • 亡くなった母のものは・・・

    うちは3姉妹だったので、それぞれ一つずつ
    母の形見として残しましたが
    (父は何を残したか不明)
    それ以外の使っていたものは、すべて処分しました。
    布団も服も持ち物も。

    一応、亡くなった人が使っていたものには
    亡くなる瞬間までの、「思い」があると聞きましたし

    ユーザーID:

  • お炊き上げ

    お通夜等で、故人が最後に使った寝具は、法要の後にお炊き上げするのが普通です。

    我が家の場合は、お願いした葬儀屋さんが、お通夜・告別式会場へ移動する時に、引き取ってくれました。
    私もその時初めて知ったのですが、
    「お布団はお炊き上げになります」
    と、伺い、そのままお願いしました。

    本来は年の暮れに行うものですが、神社やお寺で、お願いできると思います。
    檀家のお寺か近所のお寺・神社等に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:

  • お寺に寄付しました。

    たまたまウチのお寺さんがユースホステルつうか合宿などで学生や一般人の宿泊施設になっているので「お布団どうしましょう?」と伺ったら「是非譲ってください」と言われました。
    ボロボロのお布団じゃなく綺麗な品だし、悪霊も憑いていないです。
    ちゃんと日干ししてホカホカのお布団で引き取っていただきました。

    ユーザーID:

  • ダンボール

    今月号の雑誌「暮らしの手帳」に似たような事が書いてあったので紹介までに…。

    小さ目のダンボールをいくつか用意して、
    あげたい人の名前を書いておいて
    形見を分けて入れてくというものです。

    ユーザーID:

  • 布団は大型ごみとして出しました

     15年ほど前父が亡くなりました。布団はそう古いものではありませんが、たくさん来ていた親戚一同の「捨ててしまおう」の声で、大型ごみの日の朝、ごみステーションに出しました。
     ゴミ回収車が来る前には誰かが持っていったようです。

    遺品は...、母に当てたラブレター、母がいらないというので捨てました。尋常小学校の教科書、本棚なかをあっち行ったりこっち行ったりでボロボロになっています。その他諸々は...、俺が死んだら結局ただのゴミになる、早いか遅いかの違いだけだ、と割り切って少しずつ捨てています。

     ご参考までに。

    ユーザーID:

  • アドバイスありがとうございます。

    いろいろなご意見、考え方、あるものですね。
    とても参考になりました。

    お炊き上げというのは知らなかったです。
    葬儀社の方からも一切聞いてませんでした。
    ただお通夜の後に
    「お布団はドライアイスがついてるので
    干してください」と言われただけで。
    私もその時はそこまで考えが回りませんでした。
    ただ葬儀社の方の指示に「はいはい」と従い、
    頷く事しかできませんでした。
    今なら冷静に考え、対処もできるのでしょうけど。

    いつもお経をあげに来て下さるお寺さんの
    檀家というわけではありませんし、
    母の遺骨はまた別のお寺へ納骨しました。
    (これは母が生前からの希望であったお寺へ)
    お炊き上げまではお願いできかねると思います。

    お布団は近々、粗大ゴミとしてですが
    処分する予定です。

    こちらでいろいろお話を聞けてよかったです。
    どうもありがとうございました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧