2歳児子育て、誰か助けてください。

レス32
(トピ主0
お気に入り1

妊娠・出産・育児

ボンド

もうすぐ3歳児(男)の母です。1歳すぎから難しい子になり、いつまでも出口が見えないので相談します。

具体的には、
散歩に出る。
大通りの方へ行こうとするので「こっちに行こう」と別の道へ誘導する。
ぐずって泣く。
「じゃあ、大通りを行こうか?」と言ってもぐずるのを止めない。

万事がこの感じで、本人の言うとおりに最初からしなければいずれにせよ愚図って泣きます。しかもダラダラといつまでも泣くので、親の私でもうんざりしてしまいます。

私は専業主婦で子供とずっと一緒ですが、どこかで子育てを間違ってしまったのでしょうか。あまりにも愚図って泣かれることが多いので、途中から「またか・・・」の気持ちが先に立ち、素直に子供を抱いてやることもできなくなってきました。
泣いてもすぐに抱いてやらなかったから、こうなってしまったのか?
イライラとした態度で接することが多くなったから、こうなったのか?

何でも言うことをきいてあげると、言葉は悪いがつけあがる。突き放すと、延々と泣かれる。
どちらのパターンもしましたが、改善するような感じはありません。

どうしたらいいのかご意見をお願いいたします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 理屈で攻める

    普通の成長をしていれば、3歳を過ぎる頃から屁理屈も出てきます。
    子供って以外に理屈に弱いところがあって、もっと小さくても「何々だから・・」「・・これこれだから」
    という風に、微細に渡った説明解説には耳を貸すものです。但し多少の演出は不可欠ですが。
    例えば大通りから横道に変更する際も、子供が横道に行ってみたくなる様に話すのです。ただこっちではなく、横道にはこんな事がありそう、もしかしたらこんな事が待ってるかもしれないよという風に。いかにも楽しそうに。出来れば小さくても何か嬉しいサプライズのおまけも演出して。

    会話は充分足りていますか?専業ならば極端な話一日中の会話が可能です。一緒にお絵かきしたり、絵本を読んだり、ママの体にぶら下がらせたり、ひこうきぶんぶんをやってあげたり、そして事ある毎に思いっきり抱きしめて。
    その一つ一つがとぴ主さん自身の心も一緒に育てることにもなります。

    母親にしっかり愛され抱き留められた記憶を持った子はおおむね大人になってもぶれる事が少ないと思います。学齢前までが勝負ですよ。がんばって!

    ユーザーID:

  • 私もそうです。

    3才の娘と0才の息子の母です。娘もトピ主さんの息子さんに近い愚図り方しています。
    去年から保育園に預けて娘も随分落ち着いてきました。預けるのに正直迷いましたが、保育園でお友達ができてから家で保育園で遊んだことを楽しそうに話してくれています。

    トピ主さんも保育園の一時預かりなどを利用されてみて、たまには親子別の時間持たれてみてはいかがでしょうか?息子さんも同じくらいの子供と遊ぶときっと
    楽しいと思いますし、トピ主さんも、リフレッシュできていい母子関係が築けますよ。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    私が頑固で こどもに正論を突きつけて大きくして
    しまったばかりに(といってもまだ3歳ですが)かなり頑固。親が頑固だから ムスメも頑固にしないと
    要求が通らないという悪循環。
    私は「今わがままを聞いたらなんでも聞いてもらえる
    と思うようになる」とどんな些細なことも 理屈で
    せめ、ムスメの思うようにしてやりませんでした。
    今ムスメはものすごく頑固です。一生懸命主張しなければ自分の思いが私に通らないからでしょう・・。
    親子ともどもくたびれ果てて もしかして私はちょっと間違っているかも・と反省し、最近はどうでもいいことなら ムスメの言うことも聞いてやるようにしています。どうも2歳くらいからのこどもは自己主張が出てきて、自分の意見がとおるよろこびも大事なように今になって思います。
    どうしても譲れないことは曲げず、どうでもいいことは譲ってやるのもいいのではないでしょうか?

    つづく

    ユーザーID:

  • 私の場合 つづき

    後「どこそこに行きたい」と言われていかない日は
    「そうなんだ・・あそこに行きたかったんだ。
    そうか、行きたいなぁ また今度行こうか?
    今日は こっちだけど また行こうねぇ」と
    行きたいという気持ちを受け取ってるよとアピールしたら おさまることも多々あります。
    お互い苦労しますががんばりましょうね

    ユーザーID:

  • お疲れ様です。

    とても大変だと思いますが、頑張って育児をされていますね。ボンドさんの子育て方法が間違っている訳ではないと思いますよ。
    魔の2歳児ですもの。私の子供(男)も乱暴で、言うことを聞かなくて大変でした。
    私の子供の場合をお話すると、3歳になると、ぐっとラクになりました。本人のおしゃべりが上手になり、要求を上手く伝えられるようになったからです。次に幼稚園に入園すると、社会性を身につけて、またもう一段階ラクになりました。
    2歳の頃は、ウチの子もボンドさんのお子さんと同じ感じで、まともには歩いてくれませんでした。用事が無く、ただの散歩の時は泣いたら、無視はしませんが過保護にあやすこともせず、一緒に座って、寄り添っていました。用事がある時はバギーに乗せて行っていました。3歳近くになった時は恥ずかしかったですが。
    子供によって千差万別ですから具体的には言えませんが、イライラするほど無理しないでください。子供も「泣く」という自己表現してるんだと思って、悩まず育児をしてください。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • こだわり?

    もしかしたら、こだわりかなあと思いました。
    言葉の発達面はどうですか?
    言葉が出ていたとしても、会話のキャッチボールはできますか?

    3才前後の子が「つけあがる」ことってあるんでしょうか?
    ちょうど同じ年頃の子と、上に小一の子がいますが、「つけあがってる」と感じたことはほとんどない、というか、子どもをそういう視点で見たことがありませんでした。

    ユーザーID:

  • 成長の証

    自己主張が特に強い時期なのでしょうか。
    こうやって小さいうちに大暴れする子は、大人になって
    大暴れする確立が低いとも言われてますよね。

    きっとそういう大暴れする時期。
    私の息子(九月で3歳)も、生まれた頃からよく泣く子で落ち着きが無く、これはもう持って生まれた「気質」なんだと思ってます。
    特に、空腹時や眠くなったりすると特にひどくて
    今日も買い物中のお店の中で、帰りたくない!と大泣き始め、床に転げ周り、しまいにはうつ伏せのままず〜〜っと大泣き・・

    こういうときはもう何を言っても駄目で、とにかく今日も「はあ〜・・待つしかないな」と思って、泣き止むのをしばらく待っている状態でした。そして1時間半経ってやっと落ち着いてきました。

    難しい時期なんですよね。けど、こういう相談って圧倒的に男の子が多いらしいですね。男の子特有の成長の証なのでは??私のいとこは男が多かったのですが、殆どがこんな感じでしたよ。だけど、必ず落ち着く時期が来てましたね。

    ユーザーID:

  • 自分で考えて行動できる大人に育てよう

    52歳男ですが、女(20歳)男男男(14歳)の4人の子育てをしております。
    >1歳すぎから難しい子になり<と言うのは自我が芽生えてきますので当然です。
    自分の考えで、行動していきます。
    >具体的には、散歩に出る。大通りの方へ行こうとするので「こっちに行こう」と別の道へ誘導する。<なぜ、あなたは子供がしたいことをまず反射的に、必ず、反対するのでしょうか。やりたいことを反対されれば>ぐずって泣く。<当然泣くでしょう。
    >「じゃあ、大通りを行こうか?」と言ってもぐずるのを止めない。<一旦気分を害せばぐずります。
    例えば、あなたが旦那さんに、「今日はレストランで食事をしたい。」と言ったら、旦那さんが反射的に、必ず違うこと、例えば「いや、今日はお前が食事を作れ。」と言われたら気分を害しませんか。
    >万事がこの感じで、本人の言うとおりに最初からしなければいずれにせよ愚図って泣きます。しかもダラダラといつまでも泣くので、親の私でもうんざりしてしまいます。<このような状態にあなたもなりませんか。

    ユーザーID:

  • 自分で考えて行動できるようにしよう2

    つづき
    >何でも言うことをきいてあげると、言葉は悪いがつけあがる。<
    子供のうちは、やりたいことをドンドンやらせましょう。
    しつけは、それぞれの年代でいいのです。何も3歳までで完了しなくてもいいのです。
    あなたは、子供を自分の何でも思い通りになるロボットのように育てようとしています。この小町での発言にもおおくあるように、将来そんな男に嫁さんが来るでしょうか。
    あなたの「いい」「悪い」の判断は正反対です。180度今までと方向転換しましょう。

    ユーザーID:

  • それでも受け入れる

    たとえどんなお子さんでも、親なら受け入れるしかありません
    可愛がれない理由に子どもが悪いという親御さんがおられますが
    どちらかが何か譲らなければならないとしたら
    こどもではなく親が譲るのがあたりまえでしょう
    こどもは親が何をしても許してくれているということを忘れないでください
    思わず怒鳴ることがあっても、きつく叱りすぎることがあっても
    こどもはいつも親を許しているのです

    こどもははじめから気難しいわけではありません
    あなたがたが気難しく育てたのです
    まずはご自分たちのいけないところを見つけるのが先決です

    ユーザーID:

  • 良く解ります。

    私の次男も5歳過ぎまでそうでした。次男は頑固でしかも、自分の思い道理にならないと所かまわず泣き叫んでいました。すごかったですよ。手に負えませんでした。両親にも甘やかすからこうなった とか言われましたし、私も自身を無くしたこともありました。
     
    でもある本を読んで元気がでました。
    それは明橋大二著「輝ける子」と「この子はこの子でいいんだ。私は私でいいんだ。」です。
    ホントにお勧めの本です。是非読んでみて下さい。

    この時期の子供が反抗したり、わがままなのは順調に成長してる証拠です。それが出来るのはそれだけお母さんに心を開いている、安心している証拠です。子供のわがままにつき合うのは大変なことですよね。よくやっていると思います。もっと自身をもって下さいね。応援しています。

    ユーザーID:

  • できる限り、本人の願いをかなえる

    うちの子供も、発達が遅かったのか、二歳、三歳のころは言うことを聞きませんでした。
    勝手に、家は出て行き、公園まで行ってしまう。(公園は二分ぐらいの近く)一日に、五時間ぐらい外に行き、遊ぶ。果ては、多動だったせいか、医院に行っても、待合室に大人しく座っているということができないため、医者通いも困難な日々。
    諦めて、できるだけ本人の願いをかなえていました。まさか、そういう動きの激しいお子さんではないと思いますが、まだ小さいのだから、お使いに行ったら、一つだけは望んだお菓子を買ってあげる、あっちあっちと言えば、自転車に乗せてその場所に行ってあげるなど、お子さんの笑顔を大切にしてあげたらどうでしょうか。
    その頃の子育ては、体力勝負です。自分は辛いかもしれないけれど、いずれ無理をかけないで育てたことが成果をあげる時もあると思います。できるだけ、お昼寝をさせて、お母さんも一緒に休んで、体力を温存すると共に、お子さんと付き合ってあげてください。
    僻んだ表情を子供にさせるよりも、ニッコリ喜ぶお子さんの笑顔を大切にしてあげてください。

    ユーザーID:

  • 間違ってない

    ちゃんと自己主張をできる子に育てたのだから、子育ては間違ってないと思います。
    2歳3ヶ月の男の子の母で、普段は保育園。抱っこと言われればすぐに抱っこしてても同じ感じです。

    大通りの散歩の状況はよくあります。保育園からの帰り道も帰りたい道順じゃないと自転車の中で立ち上がろうとしたり、自転車乗車拒否などありました。
    その時の保育園の先生のアドバイスは、ほんのちょっとだけでも欲求を満足させたら言う事を聞いてくれる子が多いようです。

    大通りも「危ないから駄目だよ、行きたいの?じゃぁチョッとだけネ」と行きたいと言った時にその欲求を満足させればいいようです。その後の駄々は、大通り行ったでしょ?こんどはお母さんのお話しきいて。。。。となります。

    順番が逆なので大騒ぎになっただけだと思います。

    ユーザーID:

  • 2歳ってそんなもの1

    うちの末っ子は2歳8ヶ月。いやだ!だめ!ちがう!この3つの言葉を一日中発してます。上の二人の子たちにもそうなんですが、絶対にこっちが譲れないことは私は譲りません。どんなに泣きわめこうとも。泣けば聞いてもらえると子どもが思ってしまったら先が思いやられますから。
    例えば徹底して守らせていたことの一つが、道を歩くときは手をつなぐということ。これは子どもが嫌がっても「手をつながないと危ないから」と言い聞かせて守らせました。泣きわめいたのはたぶん数回で、あとは「泣いても無駄だから」と子ども心に思ったのでしょうね、きっちり守りました。

    ユーザーID:

  • 2歳ってそんなもの2

    アメリカで結婚、育児をしている友人に聞いた話です。日本と違って赤ちゃんのころから自分の部屋で一人で寝ますよね。両親はおやすみって電気を消して部屋から出たら、あとは赤ちゃんがどんなに泣こうと見に行かないそうです。最初の数日は親も子も辛いけど、だんだん赤ちゃんは親が来てくれないことを覚えます。それで泣かずに眠れるようになるんだと。親と子の根くらべなんですね。
    ただ育児の大きな問題点は、最終的にこれが正解ってのがわからないところです。小さいころはおりこうだったけど中学に上がったら横道にそれてしまったり、成人してから親を殺してしまったりって最近よくありますよね。私も自分の育児が正しいのかさっぱりわからず不安です。アメリカの友人の話も正解だとも思いません。答えになってなくてすみません。

    ユーザーID:

  • つきあうか、説得してみては?

    同じく2歳児の母です。

    もうすぐ3歳になられるのでしたが、もう会話は十分できますよね。まずお子さんが「〜したい」という意思を出されたら、可能な限りは「ま、いっかー」って割り切って、つきあってあげてはどうでしょう?すんなり自分の意思がとおれば、まずぐずりませんよね?
    でも、やはりいけない場合は、「○○くんはあっち行きたいのね。

    ママも行きたいんだけど、あっちは今、工事中なの、どうしても行きたいのは分かるけど、通っちゃいけないって、おじさんにしかられちゃうわよ」とか、「あっちよりもこっちに行くと犬がいるよ。犬ちゃん、見ながら行こうよ。一緒に行こう!」とか、誘い文句を話すとか。

    要は子供の意思を尊重してあげ、何故いけないのか説明するのがうちの場合のやり方です。うちの子もお友達の子も、やはり理不尽に親が「ダメ」と言っても聞きませんよ。きちんと言い聞かせてあげることで、子供も親が何を自分に伝えようとしているか耳を傾けます。

    それでも自分の意思を通そうとするのであれば、親が折れるか、でも危険なこと、人に迷惑のかかるようなことは、ガンとして絶対許さない!というメリハリのある態度がいいかと思います。

    ユーザーID:

  • 単なるイヤイヤ期では?

    その年齢なら、単なるイヤイヤ期ではないでしょうか。
    程度の差はあれ、誰もが通る道だと思います。一時のこと
    ですから、そんなもんだとどっしり構えてみたら
    いかがでしょうか?泣かれても、暴れられても
    「まぁ健康だし、元気なのはいいこと」くらいに
    のんびりしましょ。
    イヤイヤ期に自我を出せずに大きくなると、発達上あまりよくないという話も聞いたことがありますよ。
    イヤイヤ言うのは、ママを信頼している証拠。どんなに
    わがままを言っても、自分を愛してくれるとわかって
    いるから、やっているんです。つきあってあげましょう。

    ユーザーID:

  • 気分転換

    こんにちは。わが子もそれぐらいの時はしょっちゅうデパート等でひっくり返って大暴れしてました(笑)。でも、おしゃべりが上手になったらいつの間にか直っちゃいました。自我が目覚めてきたのと、自分の思っていることを相手にうまく伝えられなくてイライラしてるんですよ。そんな時は、今までのことは全部無かったことにして、「あっお花きれい!!」とか全然話題を変えちゃって、きれいさっぱり忘れさせるに限ります!!
    子供って、ケロッって感じで忘れちゃいますよ。
    ママが泣きたくなるのも分かります。でも、“ミルク飲んで寝るだけの子がこんなことも言うようになって、すごい!!”って思っちゃえば結構子育てって楽しいものです。私がこんな調子なので、わが子はほんわかした子供に育っていますよ。周りの人から「子供らしい子供」と言われていますもの。
    がんばって。

    ユーザーID:

  • 親孝行されている

    まさに奮闘中ですね。それでこそ2歳児。
    何が何だかわからないから「魔」なのですよ。

    全身で受け止めて、時には肩の力を抜いて(泣こうがわめこうが昼寝をしてしまう、トイレにこもって逃避など)のんびり行きましょう。
    天を仰いで、ため息が出そうになったら、しゃがんで子供の目線でニッコニコの笑顔をみせてあげてください。

    トピ主さんが子供の頃、1年1年我慢する事や辛い事が増えていきませんでしたか?
    大人になったらどうです?辛い事や嫌な事の方が多くないですか?
    子供もそうなんです。いつか集団生活に入って我慢しなくちゃいけないんです。子供社会のルールは手厳しいです。そして年々辛い事も増えてくる。

    だから今は存分に甘えさせてあげてください。
    そして、その苦労した子育ての思い出が、後々子供が成長していった時の何とも言えない喪失感を埋めてくれる事でしょう。

    何といっても今は真っ只中。寝られる時はゆっくりと体を休めてくださいね。
    ちなみに私、保育士ですが、振り返ると第1子の子育てはメチャクチャでした。自分の子となると自分も我が出てしまいまして。
    みんな同じ壁にぶつかるんだから気楽に行こう。

    ユーザーID:

  • そっくりです

    私も上が3歳半、下が1歳の子供がいます。上の子のわがままがすごいです。会話をすると悲しくなるので、くたびれているときは寝たふりをすることにしています。寝たふりをしながら、ほんとに子育て間違ったよ…と泣いてしまうことも。
    おもいきって実家(車で片道3時間)に1週間預けると、少しいい子になって帰ってきます。やっぱり「わがままは恥ずかしい」ということを子供なりに感じているようですよ。相手がママだから思う存分やりたい放題、一番心を許してくれているんだと思うようにしています。
    がんばりましょうね。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    たくさんのご意見有り難うございます。なかなか返事がかけなくて申し訳ありません。

    ひとつひとつのご意見、全部読ませていただきました。私に余裕がなくなってるんだなぁということを実感しましたし、同じ様な子供がいる/いたお母さんがちが実践していたようなことを、気分新たにやっていこうと思いました。

    またみなさんに「助けて!」と発言するかもしれませんが、そのときはよろしくお願いします。

    ユーザーID:

  • 虹ママさんへ トピ主です

    虹ママさんの発言で気になったことがあったので、教えてください。

    >もしかしたら、こだわりかなあと思いました。
    >言葉の発達面はどうですか?
    >言葉が出ていたとしても、会話のキャッチボールはできますか?

    これなんですが・・・。
    「こだわり」とはなんでしょうか。確かにうちの子は言葉が遅いです。やっと2語・・・ってところで、お世辞にもキャッチボールができているという状態まで進んでいません。

    専門家にも診てもらいましたが、「ただ遅いだけでしょう」ということで、「幼稚園に入れる時期になったら、早めに入れたらどうですか?」と言われていて、その時期を待っている最中です。

    ユーザーID:

  • ちょっとラクになる本

    ボンドさん、お疲れさまです。
    2歳児って、お母さんにとって一番大変な時期のひとつですよね。

    うちの9歳の長男が2歳の時に、当時お気に入りだった2歳児ママ
    のフォーラムで「すごい効き目!」と絶賛された本をご紹介しますね。

    『お母さんの「敏感期」』という本なんですけど、ご存知でしょうか。
    モンテッソーリという教育法に基づいて書かれたものです。
    「教育法」というと堅いイメージがありますが、研究された幼児期
    の特性が分かりやすく書かれていて、お母さんの関わり方のヒント
    が得られます。

    この本をヒントに いくつか工夫をしてみると、息子が本当に
    「良い子」になるんです。おもしろいくらいに。
    押し付けた「良い子」ではなく、なんていうか自然に輝いてくれた
    ような。

    「愚図る時の対処法」とだけ考えると、どうしても視点が狭まりや
    すくなりますが、2、3歳の子が生活の中で何にストレスを感じて
    噴出してしまうのか、知っておくだけでもお母さんの気持ちの上で
    の楽さが格段に違うと思うんです。

    ご参考までに。。

    穏やかに関わり合えて、ボンドさんが育児を楽しめるといいですね!

    ユーザーID:

  • ずっとそのままではない

    うちの次男(現在10歳)もすごかったですよ。
    道路で仰向けに寝てごねる、予防注射で看護師さんにかみつく、いつもお決まりのせりふは「勝手にきめんなよー」でした。
    幼稚園に入れるのもひと苦労でバス停や近所に住む方々の間では有名でした。バスから逃走したり、制服を着せるのは無理だとわかっていたので私服の所にしたのですが靴もはきたがらず先生に渡してお願いしたりしていました。

    幼稚園に慣れると今度はお友達と毎日けんかをして夕方になると幼稚園から誰々ちゃんの顔をひっかいたのでお知らせします、とか、毎日のように電話がありました。
    そんな事をしていたら嫌われる、と、わかったのか、小学校にあがるころからけんかはしなくなり落ち着いてきました。

    今でも自分で決めないと気がすまない子です。
    ただ、友達の悪口はいわないしいじめっ子に言い返し弱い子を守ったと先日は先生からほめられました。
    子供は日々成長します。
    おおらかに無理をせずその年齢にあった経験をさせて
    子育てして下さいね。最初からいい子なんてかえって心配ですよ。

    ユーザーID:

  • みんな同じですよ〜

    現在4才の息子を育てていて思ったこと。
    まず、いったん「こうしたい!」と思うと気持ちの切り替えができません。だから、やって欲しくないことは、やってから叱るのではなく、やる前に気をそらしてしまう方がいいです。そのためには、子供の気持ちや行動に敏感でなければなりませんが。目の前に魅力的なものがあるのに「ダメ!」と制するのは難しいですよ。

    あと、他の方も書かれていましたが、ほんのちょっとだけ欲求を満足させるというのも有効なことが多いです。そのときには、「あと一回だけね」とか「ひとつだけね」とか言ってからさせるのがいいです。
    要は、客観的に見てどれだけ子供の欲求を満たしているかではなく、子供自身がどれだけ欲求を満たされたと感じているかが大事だと思います。
    なんて言っても、なかなか思い通りにはいかないものですけどね〜。

    いったんダメと言ったことをぐずられてから許すのは、子供にとっても親にとってもストレスになるので、許せることなら最初から許してしまった方が楽なのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 「こだわり」(1)

    「ママは自分の言うとおりに最初からしてくれなければならない」という「こだわり」かな?と感じました。
    最初から言うとおりにしてくれなければ、もうその時点で「パニック」になってしまい、どっちにしてもお子さんの気持ちが収まるまでダメなのかな?と感じました。

    我が家の3才児は、思い通りにならなくて泣き叫んでいても思い通りになった時点でピタリと泣き止みニコニコ笑い出すことさえあります。
    最後に自分の思い通りになりさえすればいいのです。
    2・3才児って大抵そんなものかと思いますが、ボンドさんのお子さんは、そういうことは多分あまりないのですよね?

    ユーザーID:

  • 「こだわり」(2)

    外出のことに限って言えば、最初からこの道を行くよと前もって伝えておいたらどうでしょうか。
    まだ言葉がちゃんと理解できてないようなら、お子さんの思い通りにしてあげなければ、しばらくこの状態は続くように思います。

    他のかたも書かれていますが、付き合える場合はとことん付き合ってあげる、無理な場合は「気持ちはわかるけど、今は無理、できないから、○○しようね」と伝え、泣き続けていてもしばらく様子を見ていていいと思います。

    ボンドさんが大変なら泣き止むまで放っておいてもいいと思います。(外ではなかなかできないですが)
    また、ちゃんとできたらご褒美作戦(好きなことをさせる、ちょっと好きなものを与える)も有効かと思います。

    ユーザーID:

  • 「こだわり」(3)

    ボンドさんのお子さんは、遊びなどは幅広いですか?
    それとも、特定の遊びに限定されてますか?
    もしも、特定の遊びに限定されてるのなら、それも「こだわり」と言えるのかもしれません。

    実は、上の息子はごく軽度の発達障害児なんです。(障害児と言ったら「嘘でしょ?」と思われる程度の)
    検診などでは一度も引っかかったことはないですし、言葉は早めだったので、発達の問題に気づかないまま、幼稚園に入園。
    入園後しばらくして息子の幼さに気づいたものの、そのうち追いつくわと思っていたら、差は開くばかりで結局3年間クラス一の問題児でした。

    専門家に診てもらったとのことですが、幼稚園に入園したら、よい意味で他のお子さんと比較して、幼すぎる・お友達とコミュニケーションが取れない・クラスで一番手がかかるなどの問題がありましたら、改めて児童精神科などの専門家に診てもらうことをお勧めします。
    特に、知能検査を受けると、お子さんの特性がはっきりすると思います。

    ユーザーID:

  • >まなさん、

    >こうやって小さいうちに大暴れする子は、大人になって
    >大暴れする確立が低いとも言われてますよね。

    言われていますか‥?
    そうとは限らない子も少なくないようです。
    ウチの息子は残念ながらアヤシイタイプなので、今(小一)から予防線を張っています。

    大人になって大暴れするタイプかしないタイプか、親は注意深く見守っていったほうがいいと思っています。
    神経質にならず、かといって、油断しないように‥と考えています。

    ユーザーID:

  • こちらの主張は曲げない&フォロー

    大通りに行きたがったので、違う道を選択した。
    大泣きしたので、大通りにいこうとした。

    これだと、ただお子さんの最初の意見を無視しただけに思えますよね。
    すぐにこちらの意見を翻したら、こちらの正当性がなくなります。

    大通りは危ないから散歩ではいかないという理由をしっかりとつたえ、
    もう一つの道が嫌だと泣き喚いたら
    「じゃぁこっちの道にいかないなら帰ろうね」です。
    そして本当に帰ります。
    「後日好きなだけ走り回れる公園へ行く約束」をしてもいいと思います。

    こちらの主張を曲げないことが大切です。
    意見を翻すくらいなら最初から大通りを歩かせればいいのです。
    ここまでは許す、ここからはダメの線引きをきちんとして
    (これはご主人と共通認識を深めておく必要があります)
    ダメなものは絶対だめで、けして意見を曲げないこと。
    やってみてください。
    繰り返せば子供も理解してくれます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧