しあわせに暮らす方法教えてください

レス51
お気に入り8

じみにんげん

働く

現状、誰でも出来る単純作業をしている一般職です。
一人暮らしのため生活費以外に殆ど余裕がないことと、日中つまらない作業をしているせいか、仕事が終わると精神的疲労がたまるので、家と会社の往復の生活です。
年齢・スキルを考えると転職も出来ません。こんなつまらない人生を死ぬまで続けていくには、何をよりどころにすればいいのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数51

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 仕事頑張って下さい!

     多分思うのですが、この世のほとんどの働いている方がトピ主さんと同じように思っていると思うんです。

     凄いやりがいあるー!なんて人に公言出来る程の仕事している人って、就業している人の数パーセントじゃないかな?って。

     仕事自体を楽しくやるかアフターに何かをするか、どっちかにトピ主さんの気持ちを持っていかないと駄目なのかなぁと思います。

     私がトピ主さんの立場だったら「1ヶ月節約生活」とかしちゃうかも。本当にあり得ないほどの節約。ご飯や光熱費の節約。電気を全く点けないで目をつぶって暮らしてみるとか。これ、私がよくやっている事です(ヘレン・ケラーになりきって)。貯金も貯まるしね。

    くっだらない事ですけど結構楽しいですよ。

    ユーザーID:

  • 自分をいたわる

    私も一生一人暮らしの家賃・生活費を払うために生きてくじゃないかと思うくらい、単調で地味でつまらない、閉塞感を持ってた時期がありました。

    なんかあまりにも自分が自分でかわいそうになって、
    自分を他人のように思い遣って、「地味子に美味しいケーキを食べさせよう」「地味子の爪を磨こう」「地味子に岩盤欲」などと自分の心身を大切に扱うようにしていたら、少し気力が湧いてきて、丁寧に生活できるようになったんです。

    上手くいえないけど、他人はコントロールできないけど、自分は思い通りになるって感覚掴んだら、すこし日常が楽しくなりますよ。精神論ですけど。

    ユーザーID:

  • しあわせは自分の心が決める

    そんな言葉の詩があります。

    しあわせって10人10色です。
    他人から見たら、健康で、仕事があるトピ主さんこそ、しあわせだな〜と思う人もいるということです。

    ユーザーID:

  • 好きな事を作る、でしょうか

    「これが生き甲斐なの!」と言うくらい、好きになれればベストですが、まずは「これが結構楽しいのよね」くらいの何かを。
    何かありませんか?お好きな事が。
    食べる事と眠る事は、やらないと死ぬ事なので除外して下さい。
    丁寧に煎れたお茶を味わう、小さな物でいいから植物を育てる、散歩して季節を感じる、本を読む、映画を観る、音楽を聴く、絵を描く……一人でする事でも誰かとする事でも、何でも良いんです。
    私は手先が不器用な上に先端恐怖症なので、縫い物も編み物も出来ません。
    手芸が得意で趣味な家族や友人を見ていると、「あんな物も作れるんだ、こんな事も出来るんだ、なんて楽しそうなの!」と、ものすごーく羨ましいです。
    別の分野に趣味はいくつもありますけどね。

    ユーザーID:

  • 笑顔を絶やさずに!

    愚痴を吐かないことです。
    聞いている人は吐き気がします。

    幸せに暮らす方法は笑顔を絶やさずニコニコしていることです。

    しかめっ面をしてはいけません。

    昔から諺に「笑うかどには福きたる」ってあるでしょう!

    ユーザーID:

  • 貴女次第

    貴女の行動や想いから幸せだなあと感じることですから、まず身の回りや自身に感謝して、行動を起こすこと。知らない人でも家の周り出会えば、挨拶したり笑顔したりと、お互い気分いいものですよ。
    身体が疲れていないのなら、寄り道することをお勧めします。それと、習い事をするとかで、新しい出会いや発見があって、貴女の人生をより豊かになり、何時までも、若わかしくいられます。私の場合、ある日水泳を習いに行って、仲良くなった素敵なユーモアもある人と出会い、彼女の家族と共に仲良くさせてもらっています。自然たいで付き合える人なので、大事にしていこうと思っています。と言う訳で、やはり行動と思いやりで人生は楽しく過ごせると思います。
    もっと自分を信じましょう。

    ユーザーID:

  • 言い訳をやめて楽しみを探そう。

    簡単です。仕事がつまらなくて仕方ないのなら時間を見つけてスキルアップを図ればいいのです。それが難しいなら、仕事以外に趣味などの楽しみや生きがいを見つければいいのです。つまらない、つまらないと言っているだけでは何も変わりません。言い訳をしているだけで何も改善しようとしないなら本当に一生つまらないままで終わってしまうでしょう。仕事がつまらない、仕事で疲れてグッタリして他には何もする気が起きない、お金がないから趣味も出来ない...もしも、そう思っているなら、それはただの言い訳です。言い訳をつくって何もせず一生をつまらないまま送るのもひとつの生き方だと思いますが、それは嫌なんですよね? だったら、まず言い訳するのをやめて行動に移しましょう。こんな事を書いた私自身もかなり単調な仕事をしています。でも仕事以外に生きがいとも言える趣味があるので仕事は生活費を稼ぐ為の手段と割り切っています。

    ユーザーID:

  • よりどころにするは己

    幸せに暮らす方法…
    それは不幸を自分で肯定する事かとおもいます。
    『こんなにがんばっているのに何で不幸?』
    ではなくて
    自らの責任を忘れず自堕落をして
    『コレじゃ仕方ないよね』をしてみる。
    そうして初めて
    『がんばっている方向が違っている』
    という事に気が付く事って多いです。
    『どうして報われない?』
    それは
    『報われて当然』と思う自分がいるから
    『常識』をただただ実践するのではなくて
    世間が許す範囲で『これでは報われない』
    をあえてしてみてください。
    案外
    『それが正しいと勝手に思っているだけの常識』
    に気が付く事って多いですよ。

    ユーザーID:

  • わかるけど・・・。

    年齢・性別・既婚or未婚がわかりませんが、疲れるから、仕事が終わると直帰→つまらない毎日 ということでしょう。

    ジムへ通って汗を流すとか、踊るとか、歌うとか、何か発散できる趣味を探したほうがいいと思います。
    後に楽しみがあれば、仕事時間もあっという間ですよ。

    色々とトライしてみましょうよ!

    ユーザーID:

  • つまらないと言わずひと工夫を!

    女性なのか男性なのかどのぐらいのお年なのか輪郭がつかめないので、意見を言うのが難しいですが、読んで感じたことを書きます。

    方法は、大きく分けて二つ。
    一つは、「どうにかして環境を変える」こと。
    本当に転職は無理なのでしょうか?であれば、ご自分で商売を始められるとか、今の仕事を続けながらでも興味ある分野の勉強(通信教育でも)を始めるとか何か行動すること。

    二つ目は、「今の環境を好きになる」こと。
    仕事の内容が分かりませんが、こうなったら、今の仕事の何一つ手を抜かず、本当のプロになること。
    例えば、コピー一つとるのでも、電話一本受けるのでも、「あの人は何をやらしても見事で違うなあ!」と言われるように意識してみるのです。

    お茶を入れる、ファイルの整理をする、ということでも「私にやらせたら一流」という強い自負を持って、いかに美味しく、美しく、完璧に落ち度のない仕事をするかに注意を払っていると、自己満足でなく、周りは必ず気づくし、実際にご本人も輝いて楽しくなり、思わぬ道が開けたりします。そういう例って結構ありますよ。どうぞプライドを持って楽しんで!

    ユーザーID:

  • 漠然な質問ですね

    私は、あなたよりも年上で結婚して中学生の
    子供がいる主婦です。
    ...これを読んで、「いいな、幸せなんだろうな」って思われますか?それとも「平凡な人生をおくってる
    つまんない人だな」って思われますか?

    私は今、ある病気を患っています。
    どんな単純作業でもいいから社会に出て働きたい。
    でも、入退院の繰り返しと薬漬けの日々。
    社会に出て働くところか家事さえまともにでない
    状態です。

    でも、こんな私をいつも支えてくれる主人。
    優しい言葉をかけて気遣ってくれる息子...。

    私にとっての幸せは「家族」です。
    例え病気が悪化して、明日死ぬとしても私は幸せだと
    言い切ります。

    幸せって人それぞれ、価値観が違います。
    人に聞いて見つかるものではないのではないのでしょうか?
    まだまだお若いあなたです。
    人には真似できない、真似をしない幸せは必ず
    訪れますよ。どんな人にも平等に。

    ユーザーID:

  • 解釈を変える

    単純な作業でよかった、お得意様回りなんて気の使う仕事じゃなくて。住む場所もあるし、食事もちゃんとできるし、服もあるし。

    ただ、趣味が無いなぁ。こんど休みのときにOOでもぶらついてみようかなぁ。あそこに銭湯があったっけ。そんなにお金は掛からないから入ってみようかな。

    それと古本屋もあったっけ。読んだことのないジャンルでも見つけてみようかな。隣りにオシャレな喫茶店もあったっけ。値段が高そうだけど普段の食事を少し切り詰めれば何とかなるでしょう。

    ~~~~~~~~~~~~~
    興味ないと思うかも知れませんね。ごめんなさい。でも「銭金(貧乏生活を紹介する番組)」などを見ていると、お金を掛けなくても楽しんでいる人が大勢います。
    それはたぶん「自分」がある人だと思ってます。親から愛されて育ったので心の奥底に安心感があり「楽しむ能力」を培っているのかも。本当の幸せってそういうものではないでしょうか。「楽しむ能力」が無いと思ったら「親を客観視」しましょう。育った環境が楽しむ能力を阻害したんです。家庭内の価値観・常識を捨てられれば変われるはずです。

    幸せは状況ではなく解釈です。

    ユーザーID:

  • 横ですが・・・

    地味子さんの自分を他人として見る。
    すごく、目から鱗です。
    あーそうすれば、自分を労わることが出来るんだ!と
    ほんと思いました。自分が、自分の子供を育てる感覚(子供いませんけど)
    あー、すごい納得。
    横でごめんなさい。
    ほんと、目から鱗だったったもので・・・。

    ユーザーID:

  • 幸せの青い鳥は・・・

    身近にいた・・・という童話をご存知でしょうか。

    どうか、お身体が健康であること、仕事があること
    帰る家があること・・・などの幸せを噛み締めて
    下さいね。

    つまらないと思ってしまえば、何もかもがつまらなく
    思えます。楽しいと思えば、楽しいことが見えてくると思います。ようは、心がけ次第だと思うのです。

    日々の生活の中で、喜びの種を見つけられたら
    良いですね。たとえば、ベランダに野菜を植えて育てて美味しく頂くとか、週に一度だけ「大好物の日」をつくるとか。

    ほんのささやかな喜びが、きっとトピ主さんを
    支えてくれることもあるはずです。
    ほんのささやかな喜びが積み重なれば大きな喜びに
    変わることもあるはずです。

    そんな喜びを味わえる日が訪れることを祈っています。

    ユーザーID:

  • どこにでもころがってます

    トピ主さんの考える幸せってどういうものですか?

    体の不自由もなく、仕事もあり生活できる。
    それ自体幸せなことだと思いますよ。
    考え方ひとつです。
    朝目覚めたらとてもいいお天気「ああ気持ちいい。幸せだな〜」って思う人もたくさんいます。

    単純な仕事の中にも楽しみを見出せたりしませんか?
    違う部署に配属してもらうようお願いできませんか?
    金銭的余裕が無いのなら、友達とぺちゃくちゃおしゃべりしてみませんか?
    ボランティアしてみませんか?
    植物や野菜を育ててみませんか?
    絵を描いてみませんか?

    幸せってその人の心の中にあります。
    どんなに満たされた生活をしていても幸せに気づかないひともいます。

    まずは行動してみてください。

    ユーザーID:

  • 今まで何をしてきたの?(辛口)

    最初に断っておきますが、辛口ですから受け止める覚悟がない場合はスルーして下さい。
    主さんは今何歳ですか?
    学校では何を学んできましたか?
    なぜ今の会社に就職したのですか?
    友人とはどういう付き合いをしてきたのですか?
    発言を読む限り、主さんは今まで物事をあまり深く考えずにただ「なんとなく」流されて生きてきただけのように感じました。
    人生は一日一日の積み重ねなんです。
    今まで中途半端に生きてきたら「つまらない人生」で当たり前。
    「幸せ」は何もしていない人間にはやってきませんよ。どこかから降ってくるわけじゃないんです。
    今までの人生をよく振り返ってみて下さい。
    あなたに「何」が足りなかったのか。
    「どうしたら幸せになれるか」なんて人に聞いているようではまだ当分幸せにはなれないでしょうね。

    ユーザーID:

  • 幸せに暮らす法

    上を見ずに下を見て暮らす。

    金銭的に余裕がないと言っても、偶にはちょっとした贅沢(例えば食後のデザート等)ぐらい出来るでしょう。
    そのちょっとした贅沢を出来ない人も世の中にたくさんいるのですから、そういう人の事を考えると「ああ、私って幸せなんだな」と感じることが出来ます。

    逆に上を見てるとどれだけ年収が上がっても、幸せを感じる事はないでしょう。(ただし、向上心は上がりますが。)

    ユーザーID:

  • ノートを一冊

    ノート一冊に、その日の善い出来事を一行ずつ書いてみませんか?
    出勤の途中、目にとまった花が綺麗だったとか、小学生が元気よく挨拶してたとか、なんでもいいのです。
    幸せって、そんなものではないですか?

    ユーザーID:

  • ささやかだけど「しあわせ」だと思う

    トピ主さんは、仕事があって、住む家があって、食べる
    ものもある。暴力振るう夫も、病気も、借金もない。

    これって「しあわせ」じゃないかな〜。

    長く「しあわせ」やってると、それが「ふつう」に
    なっちゃうんですよね。

    わたしもそう。トピ主さんと同じように、特に困っても
    いないけど、楽しいばかりでもない、なんだか、人生
    「消化試合」みたいだな〜って思う時がある。

    仕事が単調なのは仕方ないので、プライベートでなにか
    ひとつでも「好き」「興味ある」「楽しい」ことを
    見つけて、それを生涯のパートナーとして暮らすのは
    どうですか?

    読書、ヨガ、散歩、音楽、映画、コンビニグルメなんて
    のもいいかも。何か好きなことないですか?

    好きなことがあれば、それを楽しんだ時間をつないで、
    生きて行くことが出来ると思うけどな・・・

    「しあわせ」のポイントって「好きなものを見つける」
    ってとこにあるような気がします。

    ユーザーID:

  • 自分の人生は自分次第ですよ。

    今の暮らしはあなたが望んで得た暮らしではないのでしょうか。
    幸せだと思えないなら変える努力を自分でしないと。
    どんな暮らしを幸せだと思えるのか書いてくれたらレスできますよ。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    私もトピ主さんとほぼ同じ生活をしていました。
    しかも30代前半です。

    私の場合、何を思ったか通りがかりの自転車屋さんで
    MTBを衝動買いしてしまいました。
    普段、運動なんてこれっぽっちもしたことがない私でしたが、
    たぶんストレスが最高値に達していたのでしょう。
    なぜだか無性に欲しくなり、いてもたってもいられず、
    10万弱のMTBを銀行まで走ってお金を下ろして買ったのです。

    なぜこの私にMTB???
    と自分でも訳がわからず、家に帰ってMTBを前にして
    途方にくれました。

    とりあえず、勿体ないので乗り始めましたが、
    これがこれが。。。爽快!!!

    もう二年になりますが、毎日毎日乗ってますよ。
    勤め先の工場まではもちろん、
    土日はサンドイッチを作って、
    往復6時間位かけて遠くの湖まで行ったり、
    きれいな川を目指してひたすら走ったり。。。

    まさしく人生が一変しました。
    なんだか、ずっと一人で生きていけそうな気が。。
    今は、退屈な工場での仕事も苦にならなくなりました。
    体が強くなったせいもあるかもしれません。

    トピ主さんも、私のMTBみたいなものに出会えるといいですね。

    ユーザーID:

  • よくわかりませんが

    年齢もあなたの人生としての状況もよくわかりません。したがって特に具体的なアドバイスは難しいと思います。

    しかし、これだけはいえると思います。
    「幸せのハードルは低く、不機嫌のハードルは高く」
    ちょっとのことで幸せになれる、笑える自分。
    少しのことでは不機嫌にならないあなた。

    そういうのが大事だと思います。
    それから自分が何をしているときが幸せか、どういうことをしてもらったらうれしいか。などを書き留めてみるのはお勧めです。

    自分を客観視できて、どうすれば自分が上機嫌になれるかがわかります。笑うかどには福来る。

    毎日が大事です。

    ユーザーID:

  • ステップアップは一生続くのです

    自らのスキルに限界を設定してはいけません。
    仕事は全て単純作業の繰り返しです。「クリエイティブ」と言われる仕事も、膨大な単純作業の集大成なんです。貴女の、そして多くの人の単純作業が無ければ、世の中は成り立っていきません。単純な作業にもスキルの高低はあります。任された仕事を効率良く行う事で評価を得てステップアップしていくものなのです。「今」を嘆いていたら「先」は見えません。元気で働き、毎日のささやかな食事にこそ生き甲斐があるのですよ。貴女の周りにそっと貴女を見守っている人がいる筈ですから、お仕事頑張って下さい。「諦めない人」を天は絶対に見捨てません。

    ユーザーID:

  • 十分幸せに見えるよ

    あなたの書き込みを拝見していて、
    「この人は自分の幸せに気付かない人なんだな」
    という感想を持ちました。

    健康で、働く場所があって、お給料も貰えて、
    食べることにも、
    寝ることにも、
    着ることにも、
    全然困っていないんですよね。

    それってすごく幸せなことですよ。

    別に幸せの基準を低くしろというのではなく、
    今ある幸せに目を向けられない人間は、
    たとえ環境が変わっても幸せは感じられないと思う。

    なんだかんだと、気に入らないところをみつけて
    愚痴って、自分で自分を幸せから遠ざける。
    そういうのって損ですよ。

    幸せになりたいなら、自分が今、どれだけ幸せな状態なのかをまず確認してみてください。話はそれからです。

    ユーザーID:

  • 青い鳥はどこに?

    同じ環境でもしあわせに感じる人と、そうではない人もいるわけで。

    トピ主さんの場合も、
    ・自活できるだけの健康状態にある
    ・家を出て自活できるだけの経済力が持てている
    ・特にスキルもないけど安定した仕事があり生活できる
    随分、ハッピーにも見えます。

    身体や心の病気で働きたくても働けない人、家族関係がわずらわしく家を出たいが出られない人、家族を経済的物理的に世話しないといけない人、仕事がなかなか見つからずに経済的に不安な人。こんな人からすれば、トピ主さんの状況は羨ましいと思う。
    もしトピ主さんも今より苦しい状況になれば「あの頃はなんて恵まれていたんだ、なぜ幸せに気づかなかったんだ?」と思うかも。

    将来、結婚しても、同じ状況で幸せを感じる人もいれば「夫はエリートでもなく収入も取り立てて高くなく、子どもも大した出来じゃないし、毎日、つまらないし、嗚呼、私って不幸」としか思えないかも?

    ちなみに私は平凡な結婚生活ながら毎日幸せを感じていますが、トピ主さんなら同じ環境にいても「どんより不幸気分」かもなあ。

    ユーザーID:

  • 今回つくづくっ!!

    いいじゃあないですかぁ!
    私は今回短期契約の仕事に採用され、金融機関にて1ヶ月程度いわゆる単純作業に従事しました。
    これまでやり甲斐云々を第一に考えいろいろ面接や試験を受けてきましたが、今回この仕事に従事し、
    単純作業のある意味の気軽さをつくづく実感いたしました。ある意味これはとても幸せな事なんだなあ〜、こういう仕事が定期的にちょくちょくあればいいなあ、まんざらじゃないなあ〜、と思えるようになりました。
    時間時間でキッチリ帰れるありがたさ、家事、家庭とのグッドバランス、本当に心地よかったです。

    こんな人がいることもひとつの参考にしてくださいな。

    ユーザーID:

  • 感謝日記

    まず、毎日地味なお仕事をこなしている、生活のために頑張っている、それって立派なことだと思います。

    でも、空しいんですね。パー―ッと遊ぶわけにもいかず。

    感謝日記というのがあるんです。別にそういう日記帳が売っているわけではありませんが。

    毎日、その日に感謝できることを何でも書いてみる。

    健康な体に感謝。一日無事に仕事が終わったことに感謝。仕事に行く途中に見つけた道端の花に感謝。

    小さなことを見過ごしてはなりません。

    感じるだけでもいいんですが、書いてみるのをお勧めします。思考パターンを変えるために。

    で、将来の何かのために(旅行でも、資格とるのでも)必要な準備を少しずつする。一日10円貯金でも、ネットで情報見るのでも。

    幸せは歩いてこない・・・んですよ。だから歩いていくんだよーーー♪

    ユーザーID:

  • 健康も幸せなうちの一つ

    お金をかけなくても、心のよりどころを作ることは
    できます。公共の施設を利用することもできます。
    四季折々の自然を楽しむこともできます。収入に繋がる仕事をもち、一人身の自由もあります。幸せはトピ主さんの心次第ではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 私から見たら十二分に幸せですが?

    私は40代も半ば。貯金ゼロ。
    離婚した元ダンナにはものすごい借金を背負わされ、細々とした収入で子供を養ってます。
    くたくたです。苦しいです。
    何一つ欲しいものは買えませんし、いつも疲れてます。
    楽になれる日がくるとしたらきっと死ぬときなんです。
    でも、別に不幸ではないかな。
    とりあえずまだ五体満足だし、寝るところもあるし、ボロくても服も靴もあるし。
    日々飢えるほどでもない程度には食べられる。

    私にはトピ主さんが心から羨ましい〜

    ユーザーID:

  • ある意味幸せかも

    自分の居場所があるという意味では幸せでは?
    人は自分のことを考えるとき、満足ですとはなかなか言いませんよね。
    私も家→職場→スーパーの魔の三角地帯からほとんど外れることなく生活しています。
    それでも、夕食をおいしくいただくとき、暖かいお風呂に入ってゆったりまったりするとき、お布団に入って本を読んでいるとき、ささやかですが、幸せを感じます。
    月に一回、給料をちゃんともらったとき、それを持って
    服を買いに行ったとき、やっぱりニコニコです。
    何か変化を求めれば、今は幸せと言えないかも。
    今の生活を維持することはそれなりにちゃんとした毎日を送ることができているということなので、それはそれで幸せなので、そのことには感謝してニコニコでいようと決めてすごしています。
    そんな私って、つまらないですか?

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧