離婚の真実を子供に伝えるべきか

レス26
お気に入り1

めい

男女

元夫に原因があり離婚して2年になります。
子供は私が引き取り育てています。
実は、子供に離婚の真実を伝えていません。というのは、離婚時の引っ越しや騒動で「パパは死んだ」と思ってしまったのです。それを否定も肯定もせずに今日まできてしまいました。子供は小一、男の子です。
離婚時にきちんと話せばよかったのは十分わかっているのですが・・・。

この夏休みに離婚の真実を伝えようと思っていますが、その後のことを考えると不安でしょうがありません。
離婚してから母子二人でがんばってきました。学校生活にも慣れ、ようやく情緒が安定してきたところなのです。ところが学校で「パパは死んだ。」と話しているようで、面談の時に担任が困惑している様子が伺えました。
元夫と面会はなしです。養育費はわずかですがもらっています。また、元夫は再婚を考えてるようです。

いつか話さなければならないと思ってます。真実を話せば、ママは嘘つきと言われるのは覚悟しておりますが・・・。
離婚の真実を今伝えるべきでしょうか?
それとも、分別がわかる時期まで待つべきでしょうか?
どうか肯定的で前向きなアドバイスをお願いいたします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • もう伝える時期です

    伝える年頃と思います。

    私は小学校に入るまで父の存在が頭の意識の中になかったです。

    それは私が生まれる寸前に父は戦争で昔のビルマに行ったからです。

    ある日突然真っ黒に日焼けし、鼻の下に髭を生やした長身の男が家に現れました。
    母からお父さんですよと言われました。

    父に抱かれようとしましたが、私は怖くて逃げました。

    私の小学生一年の頃の記憶とはそういうものです。

    離婚の事実を伝える時期だと私は思います。

    ユーザーID:

  • 子供の父親はどうかんがえているのですか?

    元旦那さんはどうお考えなんですか?
    子供とどう付き合っていくつもりなんですか?

    元旦那さんが前を向いて自分だけの将来をお考えで、息子さんに対して2度と会わないというのなら、息子さんにとってもプラスでなはいので、成人してからの事実でも構わないと思います。

    息子さんが父親を必要とするとき・・実父はどう動きますか? 自分自身経験はないのですが、実際他人になってしまう親子を見たことがあります。

    姿のない親を求めても親の方が他人。
    実は元彼です。

    貴女のお子さんが彼の子供よりももう少し小さい。

    彼の子供は彼を覚えていて記憶として残っているのに、、、。彼の態度は元妻の浮気が原因でとっているらしかったです。

    真逆ですね。。。

    養育費の関係で元旦那さんとの接触が可能なら、彼の意見に従ってみるのもいいのではないでしょうか。

    二人の子供ですから。

    ユーザーID:

  • 今はまだ・・・

    >「パパは死んだ」と思ってしまったのです。

    子供心に真実を分かっているかもしれません。
    でもそれを正面から受け入れし難いのではないでしょうか?

    子供だって言いたくない事や学校のみんなに知られたくない事があります。
    幼くても自我を尊重してあげたらどうでしょう?

    今はっきりと伝えなくても、先生の困惑ぶりや周囲(トピ主さん親戚など)の反応で薄々気付いているかもしれません。
    子供間でもデリケートな問題で真実からいじめに発展するケースもあります。

    もちろん子供から聞いてきたなら真実を伝えるべきだと思いますが、トピ主さんが悩んだ状態で話すのは反対です。
    話したトピ主さんは真実を伝えられ楽になるでしょうが、子供心に傷がつき今後に影響したらかわいそうに思います。

    ユーザーID:

  • 会いたいと言って

    会える状態なのですか?

    お子さんが真実を知って会いたいと言っても会わせられない状況なら余計に子供は辛いのでは?

    会わせられないのなら真実はもっと大きくなってからで十分だと私は思います。

    ユーザーID:

  • 私があなたの立場なら

    お子さんは父親が死んだと信じ込んでいるのですね。
    今は新しい生活に馴染んで来ているのですよね。

    大変辛く重たい決断ですが、まず子供の心の安定を考えます。

    いつかはきちんと説明しなくてはならない事ですよね。

    お母さんも辛くて、どうするのが一番良い方法なのか分からないでいるうちに2年も立ってしまったと言う事。
    お父さんに新しい別の家庭が出来ると言う事。
    それらを正直に伝える時期を探します。

    私があなただったら最初から説明をしたと思いますが、今の立場だとしたら。。。

    あなたにとっては別離が必要だったのですが、でも、お子さんには父親に会う権利もあると言う事をお忘れなく。
    お子さんが父親に会いたいと言うなら会わせてあげる道も考えるべきです。

    お子さんが成長する段階で、子供なりに気持ちの整理をつけていく力も生れると思います。

    くれぐれも父親の悪口を子供には言わない事です。
    自分とは波長が合わなかったのだと言う事です。
    お子さんには難しい言葉です。今、その言葉の意味をお子さんが全て分かる必要は無いのです。

    頑張って下さいね。

    ユーザーID:

  • 『子供』に伝えるべきではない

    私の両親も離婚しています。
    その理由はもちろん当時の話の色々を
    すべて社会人になった後
    お酒を飲みながら聞かされました。

    離婚の理由は公言できません…(ゴメンナサイ)
    ですので別の話を1つ

    「母は寿司ネタでイカが一番好き」と思っていましたが
    『イカは安い、でもイカばかり食べていたら変に思う』が真実でした。
    当時すごく貧しかったんです…泣けました…
    思えば『イカが好き』って変な話ですよね

    ひとまず今は
    『パパは死んだ。」と言いまわらないで』
    と頼んで
    酒の肴に取っておくのが良いと思います。

    離婚の真実は、
    セックスの実況中継以上に生々しいと思いませんか?
    小1…あまりに早すぎると思います。

    最後にコレを言うのはおこがましいですが
    真実を伝えていない後ろめたさ、反省、懺悔を持ちながら接してあげて下さい。
    『父親いなくてごめんね』
    この言葉がグレるタイミングを失います。

    ユーザーID:

  • お話をする時期をこの夏と決めるのではなくて、

    今後お子さんが
    「パパは死んでしまったんだよね?」ってまた尋ねてきたときに、
    「ごめんね。ほんとうはね。。。」と応えてあげればよいと思います。

    離婚直後はトピ主さん自身、気持ちの整理がつかずにうまくお子さんに真実を伝えてあげられなかったのだと思います。それはそれで仕方のないこと、ただ今度は周囲が困惑するからといって急にお子さんに本当のことを告げるのは、結果的にお子さんはトピ主の都合に振り回されてしまうことになると思います。

    お子さんも先生や他の親族などの反応を見て、おかしいなと感じることがきっとあると思います。そういうタイミングをとらえて伝えてあげるのが、一番お子さんの混乱が少なくてすむと思います。

    ただ本当のことを伝えたあとのフォローとして、お子さんはパパに会いたいでしょうから、元ご主人に連絡して、少しは会わせてあげるようにしてあげてください。

    ユーザーID:

  • 引越しなどで?

    どこでどうやったら「パパは死んだ」ということになるんでしょう?そう子供が聞いても、否定する機会は幾らでもあったと思います。文章では綺麗にまとまっていますが、
    「旦那に原因があって離婚した」と書かれているあたり、
    トピ主さん自身が旦那さんを許せず、嫌っている?からこそ、お子さんに否定しなかったということなんじゃないでしょうか。離婚の真実というのは、「離婚の真の原因」?それとも、離婚の事実を伝えるということなんでしょうか。それを伝えるには、「どうして?」という問いにも誠実に答えなければいけません。旦那さんが結婚生活を続けていけないような問題を起こしたんだとしても、それをそのまま子供に伝えるのは良くないです。死んだことになっていることに、後ろめたさを感じておられるようですが、
    もっとトピ主さん自身が気持ちの整理、今後どういう位置付けで父親について語っていくか・・などなど十分に考えてから話すべきだと思います。

    ユーザーID:

  • 黙っていたら?

    今は黙っていた方が宜しいと私は思います。離婚経験者で、今は幸せに暮らしていますが、小学校入学児童を二人抱えて離婚しました。原因は前の夫の借金です。
    子供たちには「父親は仕事で遠くへ行ってそこで亡くなった」と伝えました。当時の子供たちはそれで納得したと思っていましたが、やはり子供心に不思議と思っていたと思います。当方の子供は成年になるまで何も言いませんでした。母親に気兼ねをしたのかもしれません。  

    「お父さんは生きていることを知っている」と言われた時はびっくりしました。何故と思いましたがそれも聞きませんでした。ところが今は子供たちはその父親と連絡を取り合い、楽しく行き来している様子です。そんなこともありますから子供さんが大きくなってからでも良いと思うし、子供さんが訊ねてからでも良いのではと思います。今急いで言う必要は無いのでは?先生にも事情を話して協力していただけませんか?
    今は亡くなったで押し通したら如何でしょうか?

    ユーザーID:

  • いいアドヴァイスかはわかりませんが

    トピ主様の求める肯定的な、というのはどんなことでしょうか?
    離婚なんてなんでしたの、等、つついても始まらない攻撃のことでしょうか?
    そうなら違うので発言いたしますね。
    あと数年たって難しい年頃になった時言うよりは、
    素直な時に簡単に言っておいたほうが衝撃がやわらかい気がします。
    二十歳ぐらいで告白ってありそうなパターンなのでそれもアリだと思います。
    ちなみに父親の男性も、息子さんも、何年か経ったら、会いたくなるんじゃないかと思います。
    息子さんも、もう会えないと思っていた父親に会えるのは幸せなことのように思います。
    以上、独身女の確信のない意見ですが、参考まで・・・

    ユーザーID:

  • 話さなくていいのでは

    今は話さなくていいと思います。
    担任の先生は何を困惑しているのでしょう?
    そこは理解して一緒に考えて欲しいところですよね。

    私は子供達が小学生のときに離婚しました、理由は話していないし聞いてきません。
    子供はすごく弱いのですだから今話さなくてもいいと思いますし小学生低学年なら亡くなったと思っているのならそれでいいのでは。
    あまり色んなことを考えさせてしまうのはかわいそうに思います。

    ユーザーID:

  • 死別→離婚

    私は同じ状況だった、子供の立場です。
    小学2年位までは「母は死んだ」と聞かされていました。
    しかし、何も知らなかった子供も「お墓は何処?」「写真は?」「仏壇は?」など疑問を持ちます。

    何か、うすうすですけど「死んではいないのかなぁ」と気付くようになります。
    ただ、自分から訊こうとしませんでしたが・・・。
    何故なら「生きているのなら、どうして会いに来てくれない?」
    「自分は捨てられたのだろうか・・・」など考えると怖かったのかもしれません。

    もし、本当の事を話すなら離婚に関しては自分だけを美化せずに話して下さい。
    とかく、世話をしてる親は離れた相手を悪く吹き込んでしまうものですから・・・。

    ユーザーID:

  • 伝えるべきでは?

    私が小学生の頃(当時7才位)両親が離婚しました。
    突然何も言わずに姿を消した父親の事を、母は「遠くで働いている」と言って、本当の事を教えてくれませんでした。

    小学校の高学年の時、母親が再婚した為、初めて両親が離婚した事実を知りました。
    とても傷つきましたし、うらぎられた様な気持ちでした。
    何故なら、父親はいつか仕事を終えて必ず戻ってくると信じていたから。

    友達にも「遠くで働いている」と話していたので、「お父さん、いつ帰ってくるの?」と聞かれた時、何も言えずに悲しかったです。
    このトピを読んで、お子さんに事実を教えてあげた方がいいのではないかと思いました。

    ユーザーID:

  • そのままでいいと思います

    いちばん大事なのは「子供さんの幸せ」だと思います。それを考えると「どこかに父がいて、私(僕)を捨てて出て行った」と子供さんに思わせるのは酷だと思います。

    実は私が幼少期に父が心臓の病気で「いつ死んでもおかしくない」という状況になり「私はどうなるんだろう、お父さんが死んじゃったらどうしよう」という強烈な不安の中で過ごしました。私が就職してしばらくして父は亡くなりましたが、それまでの十数年間ずっと不安でつらかったんです。少し不謹慎ですが、いっそあのとき死んでいた方が家族全員の気が楽だったような気もします。入退院を繰り返して母も姉も私も本当につらかったんです。死んだ後に私は「うつ」になったほどだったので。

    「あなたの感情」を優先するのではなく「子供の感情」を優先して下さい。その様子だと子供さんは父の死を受け入れているようなので、そのままでも問題は起きないでしょう。子供さんも大人になれば嘘を許してくれるはずです。

    ユーザーID:

  • 離婚の理由?

      こんにちは。私は離婚して3年半が過ぎました。子供は中学3ねんと中学1年ですが離婚の理由は話していません。離婚の理由子供に伝えたいのか、生きている事を伝えたいのですか?私の子供は二人とも女の子ですが、離婚して3年半離婚の理由を子供から聞かれたことはありません。学校の先生には真実を話しお子さんにはまだあえて言わなくてもいいのでは?いつか自分から聞いてきたら話してもいいと思うのですが。すいません。前向きな意見ではないと思いますが、お互いこれからがんばって子供を育てて行きましょうね。

    ユーザーID:

  • 時期の問題ではない

    7歳ですね。
    話せばわかる年齢だと思います。
    でも、「どうして今まで話さなかったのか」という説明を
    求めることの出来る、年齢でもあると思います。

    その場合、トピ主さんに、お子さんの納得できる説明が出来るか?
    、、、この相談内容を読んでいると、そこがかなり心配です。

    >離婚時の引っ越しや騒動で「パパは死んだ」と思ってしまったのです。

    嘘ですね。誰か大人がそう言わない限り「死んだ」なんて思いつくはずがない。
    否定も肯定もせずに、、、って、今まで肯定してきましたよね?

    なんだか、嘘をつくことが日常化しているようで怖いです。

    子供を守る目的で、嘘をつくことがあっても、私はいいと思います。
    ただ、目的もなく、自分の気分で嘘をつくのはやめてください。
    人に相談をするときぐらいは、真実を話すべきだと思います。

    、、、いつ話すかは、トピ主さんの判断です。
    年齢が問題なのではなくて、
    トピ主さんの誠意の有無が、子供に伝わるということが、
    一番気をつけるべきことです。

    ユーザーID:

  • 教えてあげて。

    あくまでも客観的な意見になってしまいますが、本当は亡くなったわけではないのに、「死んだんだ」と幼子が信じているのを見るのはとても哀れです。以前塾でアルバイトをしていたとき、両親が離婚してお母さんのいない女の子がいましたが、やはり「私、お母さん死んじゃったの」と熱心に話してくるのです。先生方は皆本当のことを知っていたので、色んな意味で「かわいそうにねえ。」と言っていました。息子さんがそんな目で見られているのはお母さんとして不憫になりませんか?息子さんだって、そのうちに必ず気付くとは思いますが、気付いてから「僕は間違ったことをみんなに喋っていた!どう思われていたんだろう?」と思い、二重に苦しむことになるような気がします。離婚のこと、6歳は6歳なりに理解するように思います。すぐにとは言いませんが、時期を見て、教えてあげてください。

    ユーザーID:

  • そのままでいいのでは?

    養育費はお子さんが当然受ける権利があるし、ご主人にとっても罪悪感なく新たな人生をやり直すためのローンなんです。貴女がご主人に対して恐縮に思うことはありません。

    学校の先生などには事実を話して(別に話さなくて亡くなったことにしておいてもいいと思いますけど)、周囲の父母にも亡くなったことにして、そのまま小学校生活を過ごせばいいと思います。

    離婚した母子家庭の子、父親が亡くなって母子家庭の子、世間の風当たりは全然違いますよ。

    小学校一年生なら死亡でも離婚でも父親不在の理由はどっちでも影響ないと思います。生きていてもいないことが当たり前だとそういうもんだと思って生活しているので。

    今後思春期を迎えた頃聞かれたら明るく「実はね、離婚しちゃったのよ」とあっけらかんと答えてあげましょう。

    それまでの母子の暮らしが充実していれば「ふーん、なんだ。生きてたんだ」程度ですよ。

    私なんて周囲の大人の話から離婚したというのがわかっていても、母からは死んだと言われたので半信半疑ながらずっとそう思ってましたから。

    ユーザーID:

  • 他人から聞かされるよりは・・

    保育所、幼稚園の頃はお友達も同じような小さい子ばかりで 片親がいないとか 親が外国人だとかいうのも子供達は気にもしていません
    ですが 小学校になると中、高学年の子供達のなかには
    オマセさんや 意地悪な子もいます
    保護者の中にも 人の詮索好き、噂好きな輩は沢山います・・
    噂好きの親達の話を漏れ聞いた子供が 主さんのお子さんに
    「お前のお父さん本当は生きてるんだよ」とか言いかねません・・
    それこそ「どうして嘘ついてたの!」と。

    それだったらお母さんからキチンと聞いたほうが
    最初はショックを受けても 子供も納得できるんじゃないかと思います。

    ユーザーID:

  • どうして、パパは死んだと思ったのか

    その部分が謎ですが、おそらく、子供心に死んだと思わずにいられないショックがあり、それを忘れるために付いた嘘のようなものではありませんか。本当か、嘘か、わからないことは人間は都合よく、自分の中で処理して思い込むもののようです。それが、お子さんの防衛だと思います。
    それを考えると、今はまだ時期が早いのでは・・。
    六歳って、大人っぽい子供はもっと小さい時期から、男と女の離婚について、報道を聞いても、現実的に受け止めますが、まだ、ファンタジーがある頃です。今しばらくは、彼のファンタジーに任せて、納得づけて、小学校高学年になってから、「実は・・・」とお話したらどうでしょうか。
    でも、それを聞いたら、お父さんに会いたいときっと言うでしょうね。離婚の理由はいずれ、お子さんにも理解してもらわなければならないですが゜、もっと男として片鱗が出てきたころのほうが良いと思います。

    ユーザーID:

  • 「パパは死んだ」と本当に思っている?

    お子様が本心から「パパは死んだ」と思っているのかが問題だと思います。むしろ、会えない理由を「死んだのだから」と自分で思い込もうとしている可能性はありませんか?
    と言うのも、実は私は以前に養護施設で保育士をしていたのですが、親と会えない子がよく「僕のママはアメリカにいるんだよ。(だから会えないんだ)」とか、「パパは死んじゃったんだよ」とか言っていました。私自身は事実(親は行方不明)を知っていましたが、その都度、言葉を適当にかわしていました。
    本人も言っている内に段々それが本当だと思えてくるようで、学校でもその様に言っていると先生に言われました。
    (続きます)

    ユーザーID:

  • 「パパは死んだ」と本当に思っている?2

    けどある時、夜に添い寝をしていたらポロッと「どうしてママは僕に会いに来てくれないんだろうね。本当はママがアメリカにいるって嘘なんだよ。僕、今ママとパパを探しているんだ。」ともらしたんです。
    事実を知っていても、「遠いから来てくれない」「死んじゃったから会えない」と思いたかったみたいです。(当時彼は小学2年生。2、3歳頃から親と離れています。)
    もしもこの先お父さんと会える可能性があるのであれば、お子さんにこの夏に本当の事を言って、落ち着いたらパパとも会える。と話してもいいかもしれません。が、その可能性がないのであればもう少し息子さんが精神的に強くなる時期まで、そっとして置いてあげてもいいのかもしれません。

    ユーザーID:

  • 難しいですが

    >学校で「パパは死んだ。」と話しているようで…

    気になるのはこの点ですね。
    トピ主さんの家庭の事情を、思わぬ形で同級生の親御さんが知ってしまい、
    それがその方のお子さんに伝わってしまうという事態も、考えておくべきかと思います。

    そうなった場合、お子さんは他人の口からお父様の生存を知らされることになります。
    場合によっては、同級生から嘘つき呼ばわりされてしまう可能性もなきにしもあらずです。

    個人的には、あわてずに時期を見て…というのがベターかなとも思いますが、
    最悪の事態を回避するという考え方を採るのであれば、早い時期に伝えるべきかと思います。

    一切洩れることはないという確信があるのであれば、話は全く違って来ますが…。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    いろいろなアドバイスありがとうございました。
    気持ちの整理がつくまで2年かかりました。
    死んだと思ってるパパですが、会いたいと子供は言います。なんとなく気がついているのかもしれません。
    元夫とは養育費のことで連絡をとっていますので、子供の気持ちを伝えますが、再婚を考えてるようで、再婚相手に悪いから「今は会えない」と言います。子供が大きくなったら、いつか会いたいと思っているところも感じられるのですが・・・。でも、入学式の写真を送ったら、もう送らないでくれ、俺の知ってる子供ではないと言われました。
    離婚時にきちんと話せばよかったのは、十分わかってるのですが、みなさんの意見を聞いて、ようやく落ち着いてきた生活なので、子供に衝撃を与えたくないと思い始めています。子供は今日も元気にサマースクールに出掛けました。

    ユーザーID:

  • トピ主です(その2)

    本当にいろいろなアドバイスありがとうございます。
    どうして死んでしまったと思ったのか、ご質問されてる方が多いのでお答えします。
    当時、元夫の社宅に住んでおりました。
    元夫は離婚の原因となる不祥事を起こし、解雇されたので社宅を出ることになりました。私の実家にいた子供は、泣きながら荷物を運んでくる私や私の両親、親戚の姿を見て、ただごとではないことが起きた、パパは死んだんだ、と思ったようです。ちょうど私の祖母をなくして間もない頃でしたので、大人が泣くのは誰かが死んだとき、と思ったかもしれません。

    ユーザーID:

  • トピ主さんのレス拝見しました。

    父親に(少なくとも数年は)会うつもりがないのでしたら、ずっと「パパは死んだ。」でよいと思います。
    パパに捨てられた、自分の入学式の写真を送ってくるなと言われたとお子さんが知ったら、とても哀しむと思うのです。それならば、たとえ多少の不自然さに気づきながらでも「パパは死んでしまった」の方が、よっぽどお子さんの心につく傷は少ないと思います。お子さんが充分大きくなり、悲しみを受け入れられる時期が来るまで、やさしい嘘を通してあげてください。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧