親の過干渉で精神的疲労が…

レス87
(トピ主0
お気に入り5

家族・友人・人間関係

レッコ

皆様のご意見を拝借したくトピを立てました。
よろしくお願いします。

私は34歳の会社員で独身 一人暮らしをしてます。
親の過干渉に耐え切れず10年前に、実家から電車で1時間程度の街で一人暮らしをはじめました。
実家での過干渉の内容としては
・ノックをせずにずかずかと部屋に入ってくる
・自分のいない間に部屋の掃除をしたり、部屋の中のものを勝手に捨てたりする。
・転職をしたら半狂乱。世間体を気にしているのか、「他のあんたの友達は辞めていない!あんたのガマンが足りない!」等。

ノックをせずに部屋に入ることに関して中学生時代には何度も抗議をしましたが「勝手に入られて困るようなことをしているのか」と言われ却下です。
勝手に大事なものを捨ててしまう件も、いくら抗議しても「大事なものだったらしまっておけばいい、そのへんにおいておくほうが悪い」と言われました。
自分の部屋の中で、置いておいたものに対してそのような言い分は通用するのでしょうか。
いつも何を言っても、逆切れされるだけで諦めるようになってしまいました。

つづく

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数87

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私もです

    わたしも同じ境遇でした。プライバシーはありませんでしたね。「親が娘を心配するのは当たり前」を建前に、ずいぶんひどい思いをしましたね。私は愛情の暴力と呼んでました。私が何を言っても、泣いても、叫んでも、けんかしても全く相手にしてくれませんし、悪いと思ったことは皆無。あまりに憎くて、これが親か、。この人は狂ってる、正常じゃあないとまでも思いました。

    20年近くそんな生活が続きましたが、職を得て、ひたすら貯金に努め、ある日待ちに待った決意の日に退職希望の旨を伝え、身辺整理をして14000キロ離れた異国へ出発しました。

    死のうにも「死んだら後を追ってくる」と思えば出来ませんでした。それくらいのことはしかねない母でした。私を生むまでの、生んだ後の苦労を思えば分からなくはありませんが。

    その母も亡くなり7年目になります。未だに心の傷はいえませんが、死の病に倒れ看病をすることになったとき、不思議と憎しみはなく、いつくしむ思いでいっぱいでした。離れて暮らすことは正解です。

    ユーザーID:

  • 続き

    一人暮らしを始めてから、何かあったときのためにと合鍵を渡しましたがその合鍵を使って
    わざと仕事で不在の日に勝手に入り掃除をし、食べきれない量の食料を冷蔵庫に入れていきます。
    それで何度も、勝手に大事なものを捨てられたりという事がありました。
    (なくなってるものを捨てたでしょ?!と電話をすると調べもせずに「捨ててない」と言い張ります。何故かうちのゴミを持ち帰るようになり、その時はゴミを探してもらって見つかりましたが勿論謝罪の言葉はなく「返せばいいんでしょ」です)

    今は引越しをして、合鍵を渡してません。
    ですが、そのうちに絶対よこせと言ってきます。
    渡さない、プライバシーに関わると言うと
    「あんたのために今までしてやったのに」
    「あんたがなるべくお金を使わないように色々買ってやってるのに」
    全部、私のためにやってることなのにと言われ
    毎回罪悪感を覚えていました。

    今後どのようにしたらよいか、お知恵を拝借したいです。

    ユーザーID:

  • 支配しないと愛せない心理的葛藤

    よく「うつ」などにならなかったですね。すごいです。私の場合「親の無関心」で「うつ」になりました。
    自信を持っていいのではないでしょうか。そんな環境でまともに育ったあなたを尊敬します。

    「過干渉は愛情欲求飢餓」だそうです。「親の顔色ばかり伺っていた・いい子を要求された」などの幼少期を過ごしたのかも知れません。

    また「夫が嫌いだけど金銭的に依存せざるを得ず、その心理的葛藤を子供の過干渉に向けた」のかも知れません。

    鳥は大きくなった子供を巣から追い出すそうです。それが正しい親子関係なのかも知れません。子・親どちらかに依存心があるとおかしな状況になるのでしょうか

    「親子の逆転現象」に親が気づいてないのでしょう。できれば「人生の悲劇は良い子に始まる」という本をあなたの親に読ませたいですが、あなたが何を言っても聞く耳持たないと思います。自分の人生を大事に生きて下さい。

    ユーザーID:

  • トピ主さんのお母さんは異常ですね。

    娘のゴミまで漁るんですか。 異常ですよ・・。
    私の知り合いに、娘に届いた手紙は全て母親がチェックしてから娘に渡すという人がいましたが、それくらい異常ですね。

    結構多いんですね。子供は自分のものと思っている親。

    合鍵を渡さなくても、不動産やに連絡して、「娘が心配だから」とかなんとか言って、開けてもらうんじゃないでしょうか?または合鍵をトピ主さんに無断でもらってしまうとか。

    引っ越した住所を親に知らせない方がいいんじゃないでしょうか?親不孝者よばわりされるかもしれませんが。
    それか1年くらい海外留学してみるとか。

    ユーザーID:

  • 罪悪感を捨てよう

    立派な大人になっている今でも変わらない過干渉は、単なる親の自己満足に過ぎません。
    合鍵は渡さなくて正解です。

    「何が人の為?!嫌がっているのに無理やりやるのは、単に自分がしたいからだけでしょう?」

    この対決はとても勇気がいります。恐らく逆切れされて絶縁宣言もされるでしょう。

    でも負けないことをお勧めします。今は絶縁となってもやがては親が弱くなってしまう時期が訪れます。その時にはあなたの立場が強くなっているので、あなたの視線も変わるでしょう。

    その時が来るまでがんばって生きていくだけなのです。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • うちの母も同じです

    私宛ての手紙は勝手に開封し、開封済みの手紙を中身を確認するような人でした。もちろん部屋に入るときにノックなんてすることもなかったし、私の私物も勝手に捨てられていました。「あんたのために〜してやってる(た)」という物言いも同じです。

    対処法は、あんまり思いつかないけど、大切なものは自分の身近に置いておく(間違っても実家においておかない)。アパートの合鍵は渡さない。電話にはコーラーIDをつけておく。母親との連絡手段にメールは使わない(メールだとネガティブパワーが増幅されるような気がします。)。もし、できるなら母親以外の家族や親戚と連絡を取るようにする。母親からの電話や手紙は適当に無視する(手紙は開封しないで捨てる。電話も適当に居留守を使うか、留守電のメッセージも聞きたくないときは削除する。)。

    律儀に対応していると、自分のほうが病気になっちゃいますよ。

    ちなみに、私は音信不通になってしまいました。

    ユーザーID:

  • 経験者ですので

    過干渉の母を持ってます。
    合鍵を渡さないのはいいのですが、注意を。
    大家さんに、「母親と名乗る人間がきても絶対入れないように」と伝えたほうがいいですよ。
    以前、大家さん経由で合鍵勝手に作られましたから。

    ユーザーID:

  • 自分の考えるとおりに

    つまり価値観の違いですから、さらっと流せばいいでしょう。
    別に合鍵を渡すのを真正面から断ってもいいけどね。
    渡しさえしなければ別に被害は無い。
    転職に関しては「人は人、私は私」とでも言っておけばいいでしょう。

    色々なことについて人というのは意見が異なるものです。
    「まあ、そういう考え方もあるね」と言って流せばいいと思いますよ。

    ちなみに本当に子供のこと「のみ」考えている人は「あなたのためを考えているのよ」なんて余裕のある台詞は吐きません。
    自己満足もあるのです。
    気に病むことはないでしょう。

    お互い距離のとり方が分かれば、また普通の関係になりますよ。

    ユーザーID:

  • もう34歳で独立しているのでしょう?

    なんで今更中学生の頃の不満を言うのか理解不能です。
    親の世話になっている間は理不尽なことも受け入れざるを得ないのはあなただけのことではありません。

    今は自立しているんだから親とは距離をじょうずにとればいいのです。

    ユーザーID:

  • 親は選べないからねー

    基本的に現状維持でいいのではないでしょうか。
    とっとと子離れして貰わないと困るので、そう言いましょう。
    あなたの子育ては終わりました、と。

    合い鍵を渡す必要もありません。
    万が一の時は、管理人が対応してくれますから大丈夫です。

    あんたのため、という言い訳はもはや通用しません。
    私が望むことはただ一つ、 Do nothing!
    とでもぶちかまして、去りましょう。

    ユーザーID:

  • それが母親なら

    父親に、母親をしっかり愛してくれと、夫婦仲睦まじくやってくれと頼みましょう。子供への過干渉は、伴侶の愛情不足に対する欲求不満が原因です。(私の元結婚相手の親がそうでした。)

    ユーザーID:

  • いつもおもうんだけれど

    全部自分の思い通りにする(親の過干渉をやめさせ、適度な距離をとって親と共存する)のは無理なんだから、優先順位を決めましょう。
    過干渉が、一番いやなんですよね。
    それならば、干渉できないようにしてしまえばいい。
    干渉できない環境に持っていく。
    親が何を言おうが、耳を傾けない。言って聞く相手ではないと、あなたは十分に認識しているんですから、相手に改善を求めない。鍵は、渡さない。あんたのためなのに言われて嫌なら、親に近づかない。
    家に帰りたいなら、お母さんと同じように、こっそりいないときを狙って帰れば?
    私の母も過干渉でした。こっちが無視していると、干渉を控えます(控えるしかない)。母が死後発見した母の日記に、私(他の兄弟)への愚痴(隠し事をするとか、自分勝手だとか、親を大切にしない)がたくさん書かれていましたが、死んだことは悲しかったけれど、母らしくって兄弟みんなで泣きながら笑ってしまいました。過干渉は治らないし、自分のためにもなりません。

    ユーザーID:

  • 大変ですね 1

    トピ主さんの親御さん程ではありませんが、母が過干渉&過保護でした。現在は結婚して、実家から離れたところで生活しているので快適に過ごしております。
    子供の事を1から10までくまなく知りたいというのは、子供にとってみれば迷惑な話ですよね。私も恋愛面に関しては特に苦労しました。上手くいくものも上手くいかなかったりしますよね。

    そこまで過干渉になるのには、CCさんがおっしゃっているような理由があるんでしょう。本当はカウンセリングを受けさせて根本的に治療した方がいいのだと思うのですが、なかなか難しいことです。本人が認めようとしないでしょうし、ましてや世間体を気にする性格ならばヒステリーを起こすでしょう。

    ユーザーID:

  • 大変ですね 2

    (続き)
    一人暮らしをなさって距離を置かれているのに、合鍵を渡すと留守の時に乗り込んでくるとは、殺気立って怖いものがあります。今回は絶対合鍵を渡してはいけません。そして可能ならば、ピピさんのご意見のように海外で生活された方が良いと思います。私は一人暮らしを始めた時点で母の過干渉から逃れることができ、こんなに精神的に楽ならばもっと早く家を出るべきだったと後悔しきりでした。精神的に安定すると、どんどん良い方向へ世界が変わりますよ。頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 私のことを考えて

    いくら
    「あなたのために」
    と言われても、
    「そう思ってくれているのは分かる。ただ、一度だけ私のために、世間一般でその対応はどう思われるか調べてみてくれ。」
    の一点張りで通してはいかが?

    私のことを本当に思ってくれるなら、調べてくれるよね?本当に私のこと、大切に思ってくれるんだよね?
    だったら私の気持ちを大事にしてくれるよね?ってな感じで。
    とりあえず自分のしてることが世間一般では頭がおかしいという自覚を持ってもらわないと。

    または、そのような親の害について書かれた本を渡して、読み終わった感想を聞くとか。
    その場合フォローも必要です。
    ここまで酷くはないけど、少しその傾向があって息苦しく感じるの、など。
    感情的になって返事をしないでね、期待してるから!など、ポジティブっぽくお話しましょう。

    こういうのって防戦一方だから負けるのでは?
    たまには攻撃してみましょうよ(あくまで哀願口調で)。

    ユーザーID:

  • お気持ち察し致します。

    私も同じような悩みを抱えていました・・・。ズバリ!もっと遠くへ住むしかないでしょう・・・。悲しいですが・・・。
    私は今年21歳、この春専門学校を出て社会人となりました。私は専門学校進学時に、遠い事を理由に出し、今のトピ主さんとほぼ同じような距離の所へ1人暮らしをするようになりました。(同じ学校には私の実家近くから通学して来ている子もいました・・・。)
    しかし、しょっちゅうしょっちゅう会いに来ては干渉されるので、これはもう1人暮らしとは言えないと思い、就職を期に、今度は、新幹線で1時間ぐらいかかる距離へと引っ越しました。さすがにそうそう会いに来るわけにもいかず、今の所平穏に暮らさせてもらっています。
    親の過干渉・・・本当経験した人にしかわからないですよね。
    うちも、トピ主さんの家と本当に似たような事をされました。
    冷酷なようですが、トピ主さんがお母様から自立されるには、罪悪感を捨てる事から始まるような気がします。私もそこから始めました・・・。

    ユーザーID:

  • 続き

    トピ主さんのお母さんは、きっと世話好きなのでしょう・・・。娘がひもじい思いをしていないのかと思って、多量の食料を置いていったり、娘の代わりにそうじをしてあげようとか、全てよかれと思って行動をしているのだと思いますが、その保護が、娘をだめにしてしまうのだと思います。娘を本当にかわいいと思うのなら、娘自身に、金銭管理や、栄養管理をさせるべきだし、清潔管理すなわち自分で自分の場所を綺麗にする訓練をさせるべきだからです。子供に魚をやるな、つりの仕方を教えてやれでしたっけ・・・そんなような事を言う人もいますよね。
    だから、トピ主さんのお母さんは今までトピ主さんのためを思っていろいろしてくれていたのでしょうが・・・、トピ主さんは、「これからの自分」の為には、(お母さんに悪い・・・)など引け目を感じず、その保護をふりきってしまえばいいと思うんです。

    ユーザーID:

  • 続き

    私は、この春に「せっかく1人暮らしはできたが近距離にいては、結局お母さんの世話をいろいろ受けてしまう。お母さんの保護が届かない範囲へ行きたい」と話し、遠くに行きました。(もちろん猛反対を受けましたが・・・)同僚などは、(平和に)実家暮らしをしている人も多く、ここまでしないと自分の生活を保つ事ができなかったなんて、悲しいなと思うこともあります。過干渉の親の元に生まれた宿命だななんて思ったりしています・・・。トピ主さんも、どうかご自身の幸せを考えてください。でわ・・・。

    ユーザーID:

  • 渡さない

    言ってダメなら、行動するしかないので、何と言われようとも合鍵を渡さない。
    もうこれしか解決策はないでしょう。
    言われたこと(恩を売る言葉)に対しては、感謝してる旨のみ、繰り返すことです。

    定期的な連絡と顔見せをして、時にはお土産なりお小遣いなりを渡して、
    それ以外の面で、自分から縁を切るような行動は、しない方がよいと思いますが。

    ところでトピ主さんは、あまり掃除がお好きではないのでしょうか?
    学生の頃から、きちんと掃除して、整理・整頓されていれば、
    ある程度防げたことではないのかしらと思ったり…。

    ユーザーID:

  • わたしもです・2

    私の母はその昔、

    1)鍵を渡さなくても学生時代のアパートには「母親です」といって大家さんから鍵を入手。
    2)居場所を教えないと、「母です、居場所を教えてください」と、会社経由に。
    3)同居していたころは自分のプライバシー関連は一切部屋に置きませんでした。チェックが入ります。

    結論「親です」の一言に世間は折れます。勝てません。それに不満を一言でも言おうものなら「こんな立派なお母様なのに、感謝こそすれ、、、」と世間は敵に廻ります。この重圧もつらい。

    唯一の解決策は、ご自身が立派に世間から見ても社会人として自立して生活なさること(そうでないと「それみたことか、、、」となる)、住まいに関しては、この際、容易に往来できない距離に住まいを構えること(私のように海外に出るケースは覚悟も準備もあることですし)、定期的に電話連絡を取るように努める、その際、お父様或いは他のご兄弟とも話をして連絡を保っていることをアピール(ナシのつぶては厳禁です。心配が講じてそれこそ警察沙汰も、、、)そこまで、、、と思うかもしれませんけど、ええ、必要でした、少なくても私の母の場合は。

    ユーザーID:

  • がんばれ

    わたしの母も過干渉でした。やられていたことは、トピ主さんとほとんど同じことばかりです。小さい頃から自室にノックなしでいきなり入る、日記を読む、ゴミ箱をチェック・・。わたしは大学進学から郷里を離れ、就職もあえて他府県。ずっと一人暮らしをしました。とにかく物理的に距離を置くことが一番だと思いますよ。わたしは引っ越し後しばらく電話番号も教えませんでした。「デンワクダサイ、ハハ」という電報が来て、笑ってしまいましたが。そういう繰り返しの中でだんだん距離感が出来てきました。ただ、過干渉の母に育てられると、自分自身の中に知らず知らず依存的な傾向が残ることがあり、母が子離れできてきた時に自分自身が不安定になったりする場合もあります。母と戦いながら、自分自身が自立していかなくてはなりません。

    ユーザーID:

  • トピ主さん、すごい…

    ウチの母も近いものはありますが、トピ主さんのお母様は強烈ですね…ほとんどストーカー状態。

    娘の全てを把握したいんでしょう。いつでも自分が一番優位に立ちたいんでしょうね。
    ウチの母は、実家近くに住み毎日実家にベッタリの妹と比べ、スッパリ実家と距離を置いている私に「お前は、可愛げが無い」と言いますが。
    お互い離れろよといった所で聞く人ではないので。

    一人暮らしは正解ですね。
    でも、ちょっと母サイドの心情を探りますと、「早く結婚して家庭を持ってくれないか」というのもあるのではないかな〜と思います。
    勿論、私のように結婚後も付きまとわれますけどね。

    結局、親が老後で弱るまで、ずっと逃げられないと感じます。
    でも、ここはあなたが大人になって包んでやるくらいに思ってください。

    ユーザーID:

  • うちの母といい勝負だね〜(苦笑)。

    私の母の行為については割愛しますが、トピ主さんのお母様といい勝負です(笑)。夫はいつも、「君の母親は狂っている」と言っています。

    さて、「どうすればよいか」というご相談ですが、回答は「母親と距離を置く」ということに尽きると思います。

    具体的には、こんなところでしょうか↓。

    ○電話にでない。
     やむを得ない場合は、最小限の会話だけ。
    ○会いに行かない。
     母が来たら、居留守を使う。
    ○鍵は渡さない。
    ○転職等は内緒にしておく。
     事後報告だけにする。
    ○人生相談は絶対にしない。

    ちなみに、
    >全部、私のためにやってることなのにと言われ、毎回罪悪感を覚えていました。

    罪悪感なんて要りません。
    悪いのは、子離れできずにいつまでも娘に執着し続ける母親の方です。その心は、「愛」を隠れ蓑にしている歪んだ「支配欲」です。

    私はかつて母に、「あなたの言う『愛情』は本当の『愛情』ではない。『束縛』だ!」と言っておきました。母は「あんたを殺して、私も自殺してやる」とか騒いでいましたが、今も生きていますよ(笑)。

    ユーザーID:

  • 決別するしかないような

    すごいご両親(特にお母様)ですね。ご自分で何か趣味のつきあいなどないのでしょうか?怖すぎます。

    対策としては、自分に依存している(金銭的にではなく精神的に)親に対して断固とした態度をとることです。合い鍵は渡さず、住所もある一定の期間は教えずにたまに電話で連絡を取るぐらいにしておけばいいのではないでしょうか。

    もう34歳なのに、まるで自分の持ち物みたいな感覚で扱われているなんて。お母様の言い草も、ちょっと普通の母親とは思えないですから、罪悪感を抱く必要なんてありません。ここで断固として自分は母親の所有物じゃなくて自立した1人の人間なんだ、それを尊重してくれと言葉と態度で示さない限り、ずるずる永遠に今の関係が続きそう。

    ユーザーID:

  • 母の母の代まで遡ってみないとわからないかも

    親子関係でのなぜ?は、おそらく一代限りではない所以の行動も多いと思います。
    母親が、事実を突っぱねることなく、。落ち着いて話し合える環境で「なぜそのような行動をとったのか?」を聞けくことが出来れば、納得いく返答が得られるかもしれません。
    社会人年齢を重ねていけば、周りにもいろいろな家族環境の方もいらっしゃるでしょうから、同じような環境で暮らしている方に、意見を求めてみるのも、解決の糸口になるのでは?

    ユーザーID:

  • 存在価値

    親さんは子にそのような形で関わっていることでしか自分の存在価値がみいだせないのかなと感じました。
    何か親さんご自身が好きなことでそれに向かって努力しつづけることが苦にならないことが別にあるとまた変わってくるように思うのですが・・・どうでしょう?

    ユーザーID:

  • 同じです

    そっくりです!私も両親とも物凄く、ねねサンと同じように外国に逃げました。日本国内でしたら何処までも追って来そうで。。。「何でも あなたのためにしてやった。」と言われて育ちました。高校の頃部屋に鍵をつけた時は、親子なのに。。。と泣き叫ばれました。短大の時の門限は6時でした。帰らないと名簿を見て端から同級生に(よく知らない人まで)電話をかけまくっていました。きっとあの人たちは子供のプライバシーという感覚は理解できないと思うので、簡単にたずねてこられない所に逃げるより仕方ないと思います。

    ユーザーID:

  • 無視。

    できたら苦労しないけど・・・って話ですよね。
    私は今月から家に電話置くのをやめることにして
    親の過干渉を防ぐことにしました。
    あとメールでしかやり取りしない。
    こちらのスケジュールは帰省のとき以外伝えない。
    とにかく親との接触を減らすことに専念してみてください。多少マシになるかも・・・。
    あとはできればオートロックのところに住むとか。

    私も家の電話にかけて私の不在がわかると
    携帯に電話かけてきて「何やってるの!?」とか
    言われるのがもう面倒でしょうがなかったので。
    安心して飲み会にも行けなかったんですよ。
    まあトピ主さんに比べたら断然ましですが。

    ユーザーID:

  • 私も同じです

    46歳♂です。家族は妻と息子2人。
    私は大学へ進学したときから一人暮しをしています。
    1年前に父が亡くなり、75歳の母は今、遠い実家で一人暮しです。
    幼い頃からずっと、現在もなお母の過干渉にうんざりしています。
    いったいこの人は何なんだろうと思います。
    今では同じ墓に入るのも嫌だとさえ思います。

    一人暮らしを始めても、過干渉が消えることはないと思いますが、
    まずは離れることです。そして何があっても合鍵を渡しては
    いけません。
    親に寂しい思いをさせないことよりも、貴方自身が一人の人間として
    独立することのほうがずっと大切だと思います。

    ユーザーID:

  • 親とケンカしても・・・

    徹底的に親と言い争い、言い負かしたとき、残るものは勝利の満足感ではなく、むなしさだけです。私の経験から言っています。これが親との闘争の難しさです。つまり、勝利無き戦いなのです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧