黒い顔に黒い目の塗り方って・・・?

レス16
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

落花生

どこに聞いたらよいかわからずこちらにやってきました。

子供の夏休みの宿題でポスターがあります。
鳥の絵を書くのですが、題名のような質問をされました。

細筆に白色をとり、丸をかいたら
「めじろ」になってしまい子供に怒られました。

すでに顔部分は真っ黒に塗られています。
本人は「オオルリ」のつもりらしい・・・

ギョロっとした目の鳥じゃだめなのか!と私も半ばキレ気味・・・

どのように描いたらいいものなのか
教えていただけたらうれしいのですが。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 水彩(不透明系)を前提に

    トピ主様初めまして。お子さんの描いている画材が水彩ということを前提にお答えいたします。
    下地が黒ならば明るめのグレー程度で縁取って下さい。十分白に見えると思います。色と色は組み合わせで綺麗に見えたりするもので、汚い色というのは存在しません。ただチューブから出したままの黒と白では強烈過ぎます。
    もしくはグレーの○をやや大き目に描いて眼だけクレヨンの黒で描いてください(◎の内側のマルをクレヨンで)。質感が異なる画材で描くと見え方が違ってリアルになります。

    これは個人的な考えなのですが、絵は本人が感じたままに描くのが正しいと思います。きっかけやヒントのみ与えて直接手は出さない方が良いかと思います。生意気言うようですが美大卒の私が子供に教える時に「こう描くんだよ」と教える事は一度もありません。一緒に同じものを描いて見せ合うだけです。
    私から見て上手でも下手でも必ず褒めてあげます。「いいな」と思った絵は額装して壁に飾ってあげます。額装するとどんな絵でも良く見えるので、子供達も嬉しそうです。御参考になれば幸いです。

    ユーザーID:

  • 下手な説明で申し訳ないのですが

    細筆を…ってことは、水彩絵の具ですよね?
    それを前提に書きますね。

    1.まず真っ黒に塗った顔の部分を(黒に近い)濃いグレーに塗りなおします。(黒い目をよりわかりやすくするためです)

    2.次に目を描きたい部分に白い丸を描きます。(これが目の輪郭になります)

    3.白い丸の中に黒い丸(瞳)を描きます。
    このとき、輪郭(白い丸)を全て残すとメジロになってしまうので上半分は塗りつぶし、下半分だけ輪郭を残します。
    (白い部分を下半分だけすごく細い三日月のような形に残すと言ったほうがわかりやすいでしょうか?)
    輪郭は出来るだけ細いほうがいいです。

    4.最後に黒い丸の中に小さな白い丸を描き込むと、瞳に光が当たったようなツヤと立体的な感じがでます。
    白い丸の位置は黒い丸の中心から見て斜め上、左右どちらでもお好みの位置で。

    4番はやってもやらなくてもOKです。
    説明ベタで本当にすみません。
    この文章でわかるといいのですが…

    ユーザーID:

  • 白の細い細い縁取り

    白い丸の中に黒い丸を描くというのはどうですか?

    最初に白で丸い目を描きいれ、それが乾いてから今度はその上に黒でそれよりほんの少し小さい円を描きこみます。

    ちょうど、白が細〜い縁取りになるようにして。

    ついでに黒い丸の中に小さな白い点をぽつんと描きこむと、目が生き生きしてきますよ〜。

    以上、現役グラフィックデザイナーのアイデアでした。

    ユーザーID:

  • かき分けなくてもいい

    もともと目のまわりが黒いのは目の位置をわかりにくくするためとか、それなりの理由があるので、開き直ってそのまま書いたらどうでしょうか?
    絵の具なら、わざと濃く塗って盛り上げるとか、白で光の反射を画くとかいろいろ手はあります。

    あまり大人くさいことをやると先生チェックに引っかかるかもしれません。

    ユーザーID:

  • 描き直しましょう

    そもそも、オオルリは真っ黒な鳥ではありませんので、
    「オオルリ」を描きたいなら書き直すしかありません。
    それがイヤなら「カラス」に変更です。
    そうすれば、白い丸に黒丸で問題ないはず。
    ただ気になったのは

    >細筆に白色をとり、丸をかいたら
    「めじろ」になってしまい子供に怒られました

    お母さんにも宿題あるのですか?
    いくら下手糞でも、本人が描かなければ
    意味がないですし、他の人には一目瞭然です。
    恥ずかしい思いをするのはお子さんですよ。
    本人が描いて下手だったら仕方ないですが
    親が描いて下手と言われたら、恥ずかしさ倍増です。

    ユーザーID:

  • どうして「めじろ」?

    トピ主さんのやり方でどうして「めじろ」になるのか分からないのですが、、、よっぽど太くなってしまったのでしょうか。

    オオルリって青い鳥ですよね。
    黒い顔で黒い目だとカラスになってませんか?
    小さいお子さんなら、そういう点はまあしょうがないけれど、、、(というか可愛い)
    基本的には黒い目を白で丸する位しか方法はないですね。
    大きさに合わせた太さで丸しないとそれらしくならないので小さいお子さんには難しいかも。

    素材にこだわらなくていいなら、目の所だけ黒い別のものを張る、、とか、絵の具で塗ってればクレヨンで目を塗るとか。
    それだけでもちょっとは目が目立つのでは、、、、。

    ユーザーID:

  • 観察する良い機会です

    息子さんと一緒に鳥類図鑑で調べてみて下さい。
    〈オオルリ〉は目の上から頭頂部が綺麗な青、目を含む顔の下半分が濃い青です。目は漆黒ですが、周囲はやや明るく縁取られ、くりっと丸い目を際だたせています。

    黒のベタ塗りはオオルリの正しい姿ではありません。
    親子で楽しく観察し、素敵なオオルリを描き上げて下さい。

    図鑑が無くてもPCで検索すれば、沢山ヒットします。動画も観ることが出来ます。

    ユーザーID:

  • 横ですが・・りゅうりゅうさん

    お子様の育て方といい、作品の評価の仕方といい大変参考になりました。とは言っても子供はすでに成人してしまったので、孫の面倒で活用させて頂きます。
    それにしても、画材の種類で目の玉を表現できるってすごい技術ですね?こんな技は美大へ行かないと教えて貰えないのでしょうね?それともきちんといろんな作品を見るようにしたら会得できる物なのでしょうか?
    親戚にN大美術部を卒業して板前になり、定年後に画廊への出品を目指して作品を描いている方が居ますが、私の感覚とは少し違う見方をされるので違和感が有りましたが、このトピで少し理解できた気がします。
    やっぱり絵は技術や経験だけでなく、心で描くのですね。

    ユーザーID:

  • 濃淡の表現

    私も、美術分野出身者です。

    アドヴァイスとして難しいですけど、一口に黒と言っても、色んな黒があるのですよ。
    グレー掛かった黒、ベージュ交じりの黒、漆黒の黒…などなど。
    チューブから出した黒絵の具の黒と、赤・青・黄の三原色を混ぜて作った黒では、又イメージが違いますし…
    でも、既に体の部分が真っ黒に塗りつぶされているのですよね。
    水彩絵の具なら、筆に水を含ませてサッとなぞると濃淡が出るでしょう?(ベタ塗りの黒が落とせる。)
    水墨画みたいなものをイメージして頂けると分かり易いと思います。
    若干、色が落とせたところで黒い瞳を描くと言うのはどうでしょう?
    お子様の年齢にもよりけりですが…
    技術的な問題を考えると、りゅうりゅうさんの仰るようにグレーの縁取りも良いと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    わかりやすく教えてくださりありがとうございました。子供と拝読し、完成させた満足そうな子供の顔を見ることが出来ました。

    私は絵を書くのが(正確には色をぬるのが)本当に苦手で、かつて淡い色を出すのには水をたくさん入れるのだと思って画用紙をビシャビシャにしてしまったこともあります。(泣)

    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 失敗するのも大切さ

    目を「群青色」でかいては?群青色を塗った上に、真っ黒の瞳をかく。
    で、光もいれる(白や薄灰でアクセント)。
    もっとそれっぽくなる描き方がありますが…文章で表現するのはむずかしいです…。

    でもねー子供さんが自分で試行錯誤するのが一番だと思いますよ。
    別の紙で、色々と実験させてみてはいかがでしょう?
    お母さんも一緒に、子供とは別の紙でかいてみて、こーでもない、あーでもないと楽しみながら。

    ユーザーID:

  • オオルリの顔は黒いですよ〜

    ヨコレスですみません。

    >すでに顔部分は真っ黒に塗られています。
    本人は「オオルリ」のつもりらしい・・・

    黒いのは顔だけですか?
    もしそうなら「つもり」なんて言わないであげてください。
    オオルリのオスは確かに瑠璃色ですが、顔の部分はみんな黒いんです。
    個体差があって中には顔が黒くないのもいますけど、逆に頭まで黒っぽいオオルリもいます。
    きっとお子さんはちゃんと写真や実物を見て描いたんだと思いますよ。


    質問の答えじゃなくてすみません。
    でもあきらめさんの「描き直せ」ってレスがあんまりだったものですから…

    ユーザーID:

  • 黒だけじゃないので

    ネットで画像検索すればオオルリの写真はたくさん出てきますね。
    それらをよーく拡大して見てみれば、目の周りだってただ真っ黒というわけではないのだなとわかります。
    灰色っぽい所や真っ黒な所、光が反射して真っ白に見える所。
    人間の目には(色覚に障害が無ければ)何万色もの色を
    見分けることができるのです。
    それをたった10色や20色で描こうとするから
    真っ黒になってしまうんですよ。

    ただ、お子様の絵に親が手を出すのは感心しません。
    どうしたら目の周りと目の境目を奇麗に描けるのかは
    お子さん自身が創意工夫をして発見すべきところです。

    ユーザーID:

  • 横返信、千巻き様

    トピ主様、すみません横返信です。

    おそらく芸大でも美大でも技術的なことを手を添えて直接教える事は無いと思います。ルネッサンスの頃の徒弟制度や江戸時代の浮世絵師の世界ではあったでしょうけども、現在は技術は教えないと思います。

    これは個人的な考えですので、色々と異論もあるかと思いますが、絵には「良い絵」と「悪い絵」しかありません。「下手だけど良い絵」「上手いけど悪い絵」でしたら当然「下手だけど良い絵」の方がいいです。

    絵の技術は”言葉”や”文字”のようなものです。上手に喋れるのに内容の無い人もいるし、訥々としか話せないけど真心が伝えられる人もいます。技術が上手であれば、より表現がしやすく、伝えられやすくなるだけです。これはどの世界でも同じだと思います。

    ですから大切な事は自分が何を感じ、思い、考えた事をどれだけ伝えられるかだと思います。描き方(技術)を教える事は自分のコピーを作り出す事になり、その子の個性なり表現は死んでしまいます。

    大切な事はその子の感性、感動を稚拙でもいいから、思いっきり表現する事です。技術は後からついて来ます。偉そうに言ってすみませんが、御参考までに。

    ユーザーID:

  • まずは観察

    まずは図鑑の写真などを、よーく見せて観察させてください。
    オオルリは黒くないです。
    オスは「オオルリ」の名前どおり「瑠璃色」ですし、
    メスは地味な灰色です。
    なので真っ黒に塗った時点で、なにか別の鳥と
    勘違いしてるのだ、と思います。
    思い切って書き直しましょう。
    水彩絵の具で塗り重ねても綺麗にはなりません。
    夏休みはまだ長い。頑張ってください。
    ただし、お母さんが書くのはやめましょうよ。
    笑われるのはお子さんですし、教師は一発で見抜きます。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    たくさんのご意見ありがとうございました。
    子供は鳥の絵を書くにあたりネットでさがして決めたようです。体は青とわかったのですが、顔は黒ではないのですね。勉強になりました。

    昨年までの作品と比べ今年の鳥(毎年愛鳥週間のポスター)はなかなか上手にかけているように思え、このような問題が発生したようです。
    顔の黒い「オオルリ」もしくは体の青い「カラス」ですが、本人も書き上げれたこととご意見を下さったことを大変喜んでいました。

    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧