深夜のタクシー帰社について

レス45
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

nh7641

先日、客先の作業で遅くなってしまい公共機関では帰社出来なかった為、客先からタクシーで会社まで戻りました。午後11時45分に乗車、2割増しで3千円弱でした。後日、交通費清算を行なうと「何だ〜これは?!」と上司の叫び声。「公共機関で帰れ無くなるほど無計画な仕事を何でするかなぁ??おまけに事後申請だしなっ。

その場で帰る足が無いから、の一言でもオレに相談しないかっっ!!」ってお説教・・・。結果的には清算認めてもらえる(ハズ)予定ですが、私としては深夜までご苦労だったな、って一言が欲しかったです。いきなりお説教されて、こっちだって中途半端にほっとけない状態だったから頑張って完了させてきたのにもームカつくー!状態です。はがゆいので清算を取消そうかとも考えました。

世の中の企業では当たり前の事なのでしょうか??仕事のやり方には問題があったかもしれませんが、やむ終えず客先から職場までタクシーで帰社するのにいちいち上司に報告しないといけないのは常識でしょうか??

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数45

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どうなんでしょうね?

    主人は名前の知られた企業で管理職をしています。
    業務上帰宅が深夜に及ぶ事も多くあります。でもそんな時は帰宅前に上司にタクシーで帰宅する旨を報告しているようです。
    常識ってその会社によって違うとは思うので何とも言えないですけど、主人の会社では常識のようです。

    ユーザーID:

  • 大歓迎

    私だったら、「それじゃあ事前にわかってない限り、
    どんなにその場が逼迫してても終電に間に合うよう
    帰りますね♪」と、念押しして、堂々と終電帰りします。

    ビジネスホテルやウィークリーマンション取られるのに
    比べたら、タクシー帰りなんてまだ楽ちん。
    一度でいいからトピ主さんみたいなこと言われてみたい!

    ユーザーID:

  • 会社の経費

    お疲れさまでしたね。

    お気持ちはわかります。

    ただ、会社の経費を使う以上、その会社でのルールがあるとは思います。

    経費を使ってまでする仕事か、緊急性があったか、等の判断基準によるのでは?
    上司の方は、そこまでやる必要はない、と考えたんでしょうね。

    やはり決裁者の同意を得てから経費を使うべき、が 正当な言い分(建前)だとは思います。

    実際には 事後承認、という会社が多いでしょう。

    ユーザーID:

  • 清算ではなく精算です

    トピ主さんはお若い方とお見受けしました。
    当方37歳、小さ〜い会社を経営しております。
    終電後のタクシー代については、すんなり精算してしまう会社も無いことはありません。
    ・・・が、通常の移動手段(電車・バスなど)以外の
    手段を使うべきかどうかの判断権限をお持ちでない(私の想像です、違ったらごめんなさい)トピ主さんが、勝手に判断してしまった事は責められてもしょうが無いのかもしれません。
    恐らく上司の方もタクシーを使わなければ帰れないことぐらいはわかっていらっしゃるでしょうし、トピ主さんが自分の権限を逸脱した事を責めていらっしゃるのだなとは思います。
    今回は何度か上司の方に報告する機会もあったのではないでしょうか?
    最初は客先に行く前に作業を予想して、終電が無くなる可能性を伝えておく、次に客先から報告する、最後は帰り際タクシーに乗る前に報告、基本は“報・連・相”です。

    ユーザーID:

  • 報告、連絡、相談!

    社会人の心得です。

    トピ主さんは深夜残業が頻繁な会社にいるか、そうでないかによって答えが変わると思います。

    深夜残業当たり前・・・別に上司の叱責もないでしょう。
    深夜残業が珍しい・・・「何故深夜までかかったのか」の叱責は当たり前でしょう。


    どちらにしてもメールでも電話でも入れるべきでしょう。だいたい自分の終業時刻あたりに上司に”報・連・相”をするべきでは?

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 上司の許可を得るのが常識じゃない?

    そうですね。「遅くまでたいへんだったな」という労いの言葉が、まずあってしかるべきですね。
    でも、いきなりお説教ということは、それだけトピ主さんの行動が、その会社や上司にとっては突飛なことだったのではないでしょうか?
    トピ主さんは転職したばかり・・・とかですか?
    会社には「旅費規程」といったものはないのでしょうか?
    多くの会社では、タクシー代を支給できるケースが規定されていると思いますよ。

    それに、深夜までの客先での残業も、通常はそこそこの時間でいったん上司に連絡を取り、現状の報告と残り作業と残業時間の見通しを話し、決裁を仰ぐものだと思いますが。
    残業もタクシー利用も、社員が勝手にできるようになっている会社はないでしょう。通常は上司への許可申請が必要で、お互いになれれば、事後承諾も暗黙の了解もありかなという感じ。
    それにしても、いきなり精算ではなく、せめて口頭で確認してからがよかったですね。

    ユーザーID:

  • 常識かどうか…

    これは、会社の規定もあると思うので、常識云々言っても仕方ないんじゃないでしょうか。
    上司の方にしてみれば、決済印を押さないといけないのは自分だし、社内向けに説明する必要があるときも上司が行うわけです。部署内の経費は所定の限度が決まっているとしたら、この先どうやってやりくりするかということまで考えて、頭が痛かったのかもしれません。

    「交通費、小口清算が、XX円以上は、事前申請を必要とする」というような規定がある会社はたくさんあると思います。
    常識的にトピ主さんがおかしいとまでは言いませんが、常識で考えて上司の方が言うことも、べつにおかしなことではないように思いました。
    そういうことを管理するのも、管理職の仕事だと思うので。

    ユーザーID:

  • 私なら早めに報告するかな

    私なら客先で上司に連絡できる状況なら連絡します。連絡するような状況じゃなかったら、自社に戻ったタイミングで上司にメールしますね。(上司がいれば、口頭で報告します。)
    何故かと言うと、うちの上司もタクシー代にうるさいから。薄給なので、そんないやみ言われるぐらいなら、貰わなくても良いとは言えません。なので、せめて早めに報告したという状況を作っておきます。

    上司の態度については、そういうタイプの人だと思うしかないのでは?「深夜までご苦労様」というセリフを言ってくれる上司もいれば、言わない上司もいると思います。上司がすべて人格者じゃないのは、残念ですが仕方ないことです。(本当に残念ですが・・・)

    後、トピ主様の仕事は分かりませんが、深夜残業が当たり前の業種の場合は、「深夜までご苦労様」というような会話は少ないですね。上司&部下共に、当たり前だと思ってしまっているので。それが当たり前だと思う仕事状況も、なんだか寂しいですね。

    ユーザーID:

  • じょうしき

    「その場で帰る足が無いから、の一言でもオレに相談しないかっっ!!」
    という上司の言葉は,全く持って正論です.

    出張でタクシーを使うときは,必ず連絡入れます.

    「報告・連絡・相談」は仕事の基本ですよ.

    ユーザーID:

  • それは

    まず、時間配分とか自己管理能力について指摘されていることに気が付いて下さい。
    あなたはその現場にいて、その状況だったから、当然だと思いタクシーを使ったのでしょうが、
    上司はその現場は見ていませんし、状況も理解されていないのですから、当然のことを指摘しているだけだと思いますよ。

    ムカツク前に、状況報告、いわゆる「ほうれんそう(報告、連絡、相談)」を怠ったことを振り返るべきでしょうね。
    その時間までかかりそうだと前もって上司へ連絡し、どのように帰社するべきかを聞くべきであった
    そう思います。

    経費削減に奔走する上層部からすれば、連絡も相談もなしに、タクシーかよ!?って、当然思いますって・・・

    ユーザーID:

  • 報・連・相は基本の基

    > その場で帰る足が無いから、
    > の一言でもオレに相談しないかっっ!!」
    > ってお説教・・・。

    報告・連絡・相談は基本です。
    なぜ相談しなかったの?トピ主さん
    タクシー代のことだけ書いてありますが、
    通常業務で遅くなったのに、
    報告・連絡・相談しなかったところが問題では?

    「先日、客先の作業で遅くなってしまい」
    って言うけれど相談すればすぐ解決することを
    一人で悩んで、遅くなるのは残念ながら、
    無駄な作業、自業自得ですよね?

    自分でも書いてありますよね?
    「仕事のやり方には問題があったかもしれませんが、」と問題があった・・・と
    トピ主さんが判断した問題点の分析は出来ていますか?また再発防止策は立てられていますか?

    > 結果的には清算認めてもらえる(ハズ)予定です
    > が、私としては深夜までご苦労だったな、
    > って一言が欲しかったです

    スキルが足らなく、自分に手に負えない作業で
    相談もせず一人で勝手にはまった社員に対して
    「何で相談しなかったの?」というのは
    当たり前のことだと思います。
    ただでさえ無駄に残業代もかかっているわけですし。

    ユーザーID:

  • 残業おつかれさま

    深夜まで頑張ったのに、上司からねぎらいの言葉をもらえなかったのは残念でしたね。

    でも、タクシー代の清算に上司の承認が必要だということになっているなら、事前に連絡すべきだったと思いますよ。

    連絡するのは、電車がなくなる前に、です。
    「まだ時間がかかりそうなので、タクシーで帰っていいですか」と聞くべきでした。

    その時、あなたの上司は「タクシー使ってもいいから最後までやれ」というのか「もういいから帰れ」というのかどうかは、わかりませんが、上司の指示に従っていれば、後でごちゃごちゃ言われることはないと思います。

    遅くまで頑張ってやったのにぃ〜!キー!という気持ちは、よーーくわかります。

    でも、一本の連絡を入れられるかどうかで、上司の態度がずいぶん変わってくると思いますよ。

    まめさんのおっしゃってる「ほう・れん・そう(=報告・連絡・相談のこと)」は、社会人であるかぎり、大切なことなんです。
    それは平社員だから、ではなく、部長になっても社長になっても同じこと。

    たかが連絡、されど連絡なんですよー

    お互いに仕事がんばりましょう☆

    ユーザーID:

  • まだまし

    > ビジネスホテルやウィークリーマンション取られるのに
    > 比べたら、タクシー帰りなんてまだ楽ちん。

    ビジネスホテルやウィークリーマンションなんて
    夢のまた夢、寝られるときは
    普段は職場に椅子をならべて寝ますが実際は練れない場合がほとんどですね。

    > 一度でいいからトピ主さんみたいなこと言われてみたい!

    まったくです。

    ユーザーID:

  • 連絡が必要

    タクシーで帰るようなときは必ず上司に連絡してますよ。
    だいたい、普通に計画していればタクシー帰りにはならないじゃないですか。
    計画的な深夜作業でタクシーしか交通手段がない ということもありますが、たいてタクシーが必要なほど遅くなるということは想定外のトラブルですから、上司に一言連絡しますね。

    自分は大変なの。がんばってるの。というアピールもこめて。

    今度から事前に連絡を入れればいいだけじゃないですか?上司もいろんな人がいます。

    ユーザーID:

  • 常識かどうか分かりませんが

    深夜残業当たり前の会社に以前勤めていました。
    社用車がありましたので、公共交通機関がなくなるような時間になりそうな時には、出来るだけ社用車で行っていましたが、時々タクシーになってしまうこともありました。その際には、予め上司に1.今いる場所、2.現在関わっている案件、3.終電後の帰社になりそうなこと、を報告し、判断を仰いでいました。これをやって、文句を言われたことはありません。同僚も大抵そうしていたようです。バブル崩壊後、経費に関してはどの会社も厳しくなっていると思います。一時的にはトピ主さんが立替ているかもしれませんが、最終的には経費(つまり会社側の出費)になるわけですから、相談しておく方が無難かもしれませんね。
    まぁ、今回のことで、あなたの上司は「先に報告、相談が欲しい人」ということが分かりましたから、今後はそうするのがいいのではないですか?会社の方針はそれぞれ違いますし。

    ユーザーID:

  • 職場によるんじゃないかな?

    タクシー使用のルールは職場によるから何とも言えませんね。
    ただ、業務終了時間が遅くなりそうだ、
    という連絡はいれていた方が良かったかもしれません。

    うちは、出張外勤時に勤務の開始、終了を報告する決まりですが、
    遅くなると8時頃を過ぎると上司が帰ってしまうので、
    今日は長引きそうです〜/ほどほどにね
    と言った連絡を一応いれてますよん。

    横ですが、うちの納得いかないルールは、
    新幹線ひかりのみ(指定)でのぞみが認められない事。
    差額は自己負担かね!負担するのかね!!って感じです...

    ユーザーID:

  • 有り得ると思います。

    私は小さい会社で勤めておりますが、
    職員の方は、深夜残業が当たり前で、
    営業活動に夜中まで出掛けていて、夜中帰社するということは結構あるようです。
    珍しくはないと思います。

    ユーザーID:

  • 事前に確認は大事ですね

    タクシー料金そう簡単に精算してくれる企業は今はそうないと思いますよ。
    タクシーを利用しなければならない場合は事前に上司や経理の方に確認しておく必要があるのだと思います。
    遅くなりそうだなーっと思ったら、とりあえず上司に一言言っておくだけで良いと思いますよ。

    そう言うのが面倒でタクシー料金の精算を全くしない方もいますね。そう言う方は経理の方から勤務時間などからタクシーを利用したであろうと言う事は分かるので、なぜタクシー料金の精算をしないんだとたまに怒られている方もいますね・・・。事前報告していないと上司は怒るしで多分面倒なんでしょうけどね・・・。

    まぁ、今回は良い勉強になったと思って、次回からはちゃんと事前連絡をしておくと良いですよ。

    ユーザーID:

  • 報・連・相は社会人の基本

    上司指導のポイントは
    1 無計画な仕事
    2 交通費の事後申請
    の二つです。タクシーの金額の問題ではありません。

    客先からの帰社予定時刻をあらかじめ伝えておき、何らかのトラブルで予定より大幅に遅れるなら、それがわかった時点で連絡を入れる、トラブル処理終了した時点で連絡を再度入れる、が基本だと思います。

    もし、こちらから連絡を入れたときに上司が帰宅していたときは、翌日朝一番にトラブル処理のこと、中途半端にほっとけない状態だったために遅くなりタクシーを使用したことを報告すればよかったのです。
    そうすれば「深夜までご苦労だったな」となるはずです。

    必要な連絡、報告なしに、いきなり交通費の精算が回ってきたら上司だって>もームカつくー!でしょうね。

    ユーザーID:

  • やむ終えず、 ではなく やむを得ず

    やっぱり上司に事前にお伺い立てておくべきだったと思います。「仕事が途中でこのまま放り出して帰れないのだが、電車が無くなりそう。いま電車で帰るべきか、このまま仕事してタクシーで帰るべきか?」と。

    タクシーで帰ってまで仕事続けるかどうか、その裁量権は貴方ではなく上司にあるって事ではないですか。

    ユーザーID:

  • 周りを見て

    会社によって報告が常識なのかどうかは違ってきますね。
    ですから、同じ部署の人などをみて学びましょう。
    「いちいちタクシー帰社で電話なんてかけてくるんじゃない!」という会社もあれば「なに!?タクシー代だと?さっさと帰って来い!」という会社もあります。
    いけない言い方ですが「そんな会社のために深夜残業代&タクシー代がかかるなんてもったいない。そんなもん次の日にやればいいのに」となることもあります。
    ですから、先輩方の行動や上司を見て考えて行動しましょう。
    ちなみにうちの会社はタクシー代の報告はありません。
    深夜残業の報告もありません。
    精算処理するまえに、昨日の報告を上司にする際に言うだけです。

    ユーザーID:

  • 上司の性格による

    社風にも拠りますが、一番大きいのは上司の行動パターンや性格に拠ります。定時と共にとっとと帰っちゃう上司だと、社に戻る前に報告なんかできませんし。
    普段上司と接する時によく観察をしておきましょう。こいつにはこう、あいつにはああ、みたいな臨機応変に対応する術は必要です。ちっちゃいやつには、細かいフォローは必要です。一般常識なんてこの際関係ありません。
    私もかつては予定帰社時間を20分をオーバーしたら(客に待たされたせいだったのですが)戻って大目玉を食らったことがあります。事情を説明したにも関わらず、です。以来、その上司に対しては、予定よりオーバーしたら戻る前に出先から必ず連絡するようにしました。他の上司の時は、そんなことしたことないんですが(1時間以上オーバーする時は連絡します←でもそんなん殆ど無いですが)。

    ユーザーID:

  • そんなこと…

    遅くまでの残業お疲れ様です。
    そんな小さいことでも上司に報告しないといけないなんて大変ですね。せっかく頑張ったのに怒られるなんて。
    しかも1回の交通費云々で悲鳴を上げる上司も器の小さい人ですね。それならば、事前に上司が「××の場合は報告すること」と報告・連絡・相談のラインを明確に提示しておけば良かったのではないでしょうか。
    上司だって忙しいから何でも報連相されても喜ばないでしょう?あー小さい(笑)

    「常識」と書いている方もおられますが、みんなが「常識」だと思っていることでも、本当に正しいことなのかと常に疑問視する考え方は非常に大切だと思います。

    アト、遅くまで働かせる環境を上司が与えていることも問題ではないでしょうか。(私は深夜残業を続けた結果病院にお世話になりました。)

    お体壊さないようにしてくださいね。
    ではでは。

    ユーザーID:

  • 逆の立場で

    今まで色んな話を見てきましたけど、共通するところは逆の立場になって考えてみるということに欠けているケースが、多いんですよ。今度のケースでも、貴方がもし上司になったとき、部下に同じことをされたとき何と言いますか?ただ、黙ってご苦労さんといえますか?その後の経理処理とか、管理責任とか、上司の上司から、色々言われると思いますが?一方的な思いだけでなく、色んな考え方立場を理解してみたらどうでしょう。このことだけで、切れたら貴方の将来は難しいことだらけです。反省するところもあるはずだし、そのことはご自分でもわかっているはずでしょう?そういうときこそ、冷静に判断して、次に生かしてください。自分が上司になったときには、もっといい対応をされたらいかがでしょう?

    ユーザーID:

  • 私はどちらの味方もしませんが…

    自分が正しいと思うなら
    ここではいちいち上司に腹を立てないのが常識です。

    自分が間違っていると思うなら
    唯一。正しましょう。

    どちらにも正すべき部分があります。
    自らは正し、上司は正さず!

    で、良いでしょう。
    上司に対して
    深く考えれば『可愛そうな人』ではないかな…
    『良い身分だなぁ(怒)』と思うなんてばかばかしい…
    というのが私の生き方です。

    反面教師として泳がせておきませんか?

    長い人生、
    上司に好かれるよりも
    部下に好かれているほうが絶対オトクですよ。

    ユーザーID:

  • 利益をだす意識

     企業っていうのは、やはり「もうけること」に全てが繋がってくるんですよ。

     トピ主さんがその日、客先で数時間がんばった作業が、タクシー代を上回る利益を会社にもたらすかどうかと言われればどうでしょう?答えは、自信をもって「YES」でしょうか。

     もし自分が会社をやっていたとしたら、お金を使うこと(経費)には、ものすごくシビアになると思いませんか?

     例えば今回の場合も、自分が経営する会社の経費として考えれば、何が何でも時間内に終わらせるとか、タクシーに乗らずに一旦早い時間に引き上げて、翌日早朝、始発に乗って出直すとか、自転車に乗って帰る、社内の別の者にクルマで迎えに来させる。など、必死でお金を使わない方法を考えたと思います。

     今回上司も、トピ主さんのがんばりを無視したわけではないと思います。口や態度は悪かったとは思いますが、トピ主さんに、会社のお金に対するとても大事な感覚を教えてくれたと思いますよ。

     そういったことに、ダラダラとしまりの無い意識をもつ会社は成長しないと思います。ということは、トピ主さんにとっても、がんばり甲斐のない会社ということになります。

    ユーザーID:

  • 経理の女性は何と?

    自分で伝票を起票して直接上司の決裁をもらうのでしょうか?事務の女性が取りまとめたりはしないのでしょうか?

    私なら「コレ経費でいけるかな?」と誰かに聞きますけどね。もし、以前働いていた会社では当然のことでも会社が違えば文房具の支給だって違うと思いますし。コソっと周りに聞いてから申請すればよかったですね?

    ユーザーID:

  • 別問題

    お気持ちはよく分かるのですが、
    心情的な話と会社のルールとは別物だと思います。

    非を咎めるにしても、最初に「お疲れ様。」と一言あるだけで、だいぶ違いますよね。
    トピ主さんが部下を持った時には是非そういう言葉をかけてあげられる上司になってください。

    しかし、みんなが自分の判断で会社の経費を使用していては破綻してしまいますよね。
    会社組織において、金額の大小に関わらずお金絡みの判断は決裁権者でなければできないはずです。
    どうしても上司に報告したくないのであれば、自腹を切るしかないのではないでしょうか。
    トピ主さんに判断権限がないのであれば、事後申請は越権行為です。

    お互いに気持ちよく仕事をするためには、コミュニケーションが不可欠だと思います。
    当然認められるだろう、と思ってもちゃんと上司に報告することで上司の顔も立つし、
    事前に話をしてあるからこそ、何かあった時に責任を取ってもらえるのです。
    次回から試してみてください。

    ユーザーID:

  • コミュニケーション

    トラブルが発生した場合の
    原因の一つに

    部下や上司との連携不足
    いわゆるコミュニケーションが
    とれていないことがあります。

    さいたまで発生したプールの事故も連絡が徹底されていれば発生していませんでした。

    たとえば今のとぴ主サさん
    のように周りから意見が出た場合
    その意見に対して自分なりの意見がありませんが、こういった負の連鎖が時として人命を左右するのです。

    これではコミュニケーションがとれず、
    いざトラブルが発生しても早期発見ができず緩やかに最悪の事態になり決して良くなりません。

    周りの方が報連相の大事さを書いてありますが、机上の空論では意味がありません。
    これの重要性を認識し猛省してください。

    ユーザーID:

  • 多くは事前連絡が常識

    最終的には業界・会社で『常識』の部分は多少なりとも違うでしょうが。

    もしも事前に連絡なしでもいいのだったら、なにかと理由をつけて高いタクシー代を請求する部下が増えてしまいます。
    そこまでの状況になってしまう前に、一度は報告を入れないと上司も手のうちようがありません。

    上司が怒鳴ったということはあなたの会社はタクシー代を簡単に許可する体制ではないということです。

    これからは、適度に途中報告を入れながらうまく仕事をこなして下さいね。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧