• ホーム
  • 学ぶ
  • 「くるみちゃん」について教えてください

「くるみちゃん」について教えてください

レス12
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

ちろこ

いつも発言小町を楽しく拝見しております。
初めてこちらでトピックを作成します。

昭和20年代の本か何かに登場していた「くるみちゃん」についてご存知の方はおられませんでしょうか?
母(60代)が「くるみちゃん」といっているのですが、
母も詳しくは覚えていないようです。
私が記憶している中では20数年前の小児科の薬の袋に印刷されていたイラストの女の子が「くるみちゃん」でした。

検索もかけてみたのですが、情報が少ないためかヒットしません。
どんな情報でもかまわないので、どうかご教示ください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 少し年代が違うけれども

    こんにちは。

    くるみちゃんではなく「クルミちゃん」で検索すると、松本かつぢさんという方の「くるくるクルミちゃん」というキャラクターがヒットします。

    連載開始が昭和13年なので、違う可能性大ですが、一応ご参考までに・・・。

    ユーザーID:

  • 見当違いかもしれませんが

    20年代から30年代にかけて活躍していた子供タレントの「小鳩くるみちゃん」のことではありませんか?

    当時の少女雑誌の表紙とかグラビアには「くるみちゃん」とか「トモ子ちゃん(松島)」「晴子ちゃん(鰐淵)」なんかは常連でした。おかっぱで両耳のサイドだけ部分パーマをかけたような丸く膨らました髪型をしていたので そのキャラの漫画もあったように記憶しています。

    「くるみちゃん」は 後に芸能活動から手を引いて勉学に励まれどこかの大学で教授をされていると聞きました。

    ユーザーID:

  • くるくるくるみちゃん!

    松本かつぢ、で検索してみてください。

    ユーザーID:

  • 懐かしい言葉ですね

    昔の母親が赤ちゃんを包んだ布だと思います。
    「おくるみ」と呼んでいました。

    お風呂上りの赤ちゃんをタオルで包むように赤ちゃんを包む1反風呂敷(これも、もう死語ですね)のような
    柔らかい布や毛糸で編んだものでした。

    ユーザーID:

  • 小鳩くるみちゃんでは?

    幼い頃から童謡歌手として大活躍されていました。ネットでプロフィールを見ると1948年生まれですのであてはまるかと・・・。
    大人になってからは「わしづなつえ」さんという本名でテレビに出ていらっしゃいましたよ。
    私はくるみちゃんの幼稚園の後輩で(くるみ芸術学園)
    やはり園長先生のお嬢さんに童謡を習っていました。
    42年前の話ですね(笑)。
    幼稚園の玄関ホールには、くるみちゃんの大きな写真が
    飾ってありました。クリッとした目、キレイにカールしたおかっぱ頭に大きなおリボンして愛くるしかったですね〜。
    ちなみに園長先生は童謡「小鹿のバンビ」の作曲をした方です。
    ネットによればくるみちゃん現在は大学の先生なんですって、驚きでした!

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • くるくるくるみちゃん

    「くるくるくるみちゃん」と言う少女マンガがあったらしいです。
    群ようこさんのエッセイの中で群さんのお母さんが「くるみちゃん」について何か語っていた一説がありましたよ。
    「くるくるくるみちゃん」で検索してみてはいかがですか。

    ユーザーID:

  • くるくるクルミちゃん

    松本かつぢ「くるくるクルミちゃん」ですね。
    イラストレーターの松本かつぢが戦前〜戦後に描きついでいたマンガのキャラクターです。最近、東京の弥生美術館で回顧展があり、それにあわせて『松本かつぢ〜昭和の可愛い!をつくったイラストレーター』(河出書房新社)という本も出ました。

    ユーザーID:

  • くるくるクルミちゃん

    もし違っていたらごめんなさい。それは松本かつぢって抒情画家の書いた漫画「くるくるクルミちゃん」ではないかと思いました。昭和13年〜の連載漫画だそうです。お母様の年代からいって、もしかしてと思って。

    ユーザーID:

  • 松本かつぢ作

    戦前(昭和13年〜)から戦後にかけての
    連載漫画「くるくるクルミちゃん」

    雑誌の名前はおそらく「少女の友」かな?

    作者名は松本かつぢさんだそうです。

    ユーザーID:

  • 松本かつぢ先生。

    きっと「くるくるクルミちゃん」のことですね。上の方が書いてらっしゃいますけど弥生美術館で行われたかつじさんの回顧展に行って参りました。年配の女の人ばかりでした(わたし37)。そこでシ−ルやマグカップなどを買って「ご満悦」です。くるみちゃんのことはコラムニストの中野翠さんの本を読んで知りましたが、かつじさんは晩年アンデルセンの絵本の絵も描いていたので、そちらのほうがわたしにはなじみ深いのですが。わたしのことはどうでもいいですね、失礼しました。

    クルミちゃんはショ−トカットでおてんばなかわいい女の子です。

    ユーザーID:

  • 皆様ありがとうございます

    色々と教えていただき、ありがとうございます。
    松本かつぢ「くるくるクルミちゃん」で間違いないようです。
    早速検索をかけて、クルミちゃんの画像を見てみました。
    確かに子供のころ通っていた小児科の薬の袋に印刷されていた女の子の絵と同じものです。

    「クルミちゃん」はいわゆるキャラクターの草分けのような感じで、現在の少女文化の原点とも言えますね。

    ユーザーID:

  • 女の子の憧れ、小鳩くるみちゃん

    団塊の世代の私たちが子供だった頃は童謡歌手の「小鳩くるみちゃん」がすべてでした。何でも「くるみちゃん」でお人形もくるみちゃん人形と呼ばれていたと思います。とても懐かしいです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧