年老いた両親を海外へ

レス9
(トピ主0
お気に入り0

旅行・国内外の地域情報

マノン

私の両親は父79歳、母73歳です。

父は健康ですが、母は数年前から膝を悪くしており
少し歩いただけで痛むようで、長距離の歩行は困難です。
今年、私が仕事を2週間近く休めることもあり
秋に海外旅行を考えているのですが
(毎年1回家族旅行をしてきました)
年寄りが身体の負担も少なく、楽しめる所はあるでしょうか。
国内より海外希望です。

家族全員、自然が好きで、今まで行って気に入ったところはカナダです。
私は美術館好きでヨーロッパ(パリorイタリア)に行きたいのですが、
長距離フライトは年老いていく親には負担かと思い直しています。

ハワイは日本語も通じて楽なので、頻繁に行ったのですが、
父は例の津波があってからは南の島が怖いようです。
空港他でも車椅子が使える所では借りて、
頻繁に使用したいと考えています。

どこかお薦めの場所があれば、宜しくご教示ください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ご両親に選んでいただいては?

    親孝行、素晴らしいですね。
    トピ主さんが決めてしまうよりも、旅行会社からパンフレットをたくさんもらってきて、ご両親にゆっくり検討してもらってはいかがですか?
    それと、旅行会社でご両親の年齢のことや、歩行困難なことなどを伝えて相談してはいかがでしょう?
    車椅子をなるべく使いたいなら、福祉先進国を中心に選んだ方が良いと思います。

    ユーザーID:

  • どこというよりも・・

    飛行機はビジネスクラスにしたほうがいいと思います。
    私は30代ですが毎回飛行機をビジネスにしても、
    年々フライトがしんどく感じます。膝の悪いお母様ならなおさらでしょう。

    はじめからビジネスクラスをご予定されているのであれば大きなお世話ですが、そうでなければまずはビジネスの値段を出せる範囲で探されたらいいと思います。

    自然がお好きなら、オーストラリアあたりがいいと思います。

    ユーザーID:

  • 車椅子への社会設備充実度はやはりアメリカでしょう

    シアトルから書いてます。当地は、空港でも、ホテルでも、ショッピング・モールでも、レストランでも、公共のバス、マリナーズのセイフコ球場でも、更には何とスポーツ・ジムでさえ、どこへ行っても車椅子の方々への社会設備が完備されています。

    私の会社でも、古い事務所を拡張する時に、車椅子の従業員が働いていなくとも、法律で車椅子用のトイレと出入り口の設備が求められました。

    アメリカの町はどこへ行っても同じです。車椅子の人にとっては優しいと思います。

    ユーザーID:

  • すごいっ

    トビ主さん!!なんて親孝行なんでしょう!!
    親が望むなら一緒に行きたいですが、足が悪いという事を考えると正直厳しいです。長時間同じ姿勢が辛いと聞くので、飛行機、空港まではよくてもその先は・・・
    情報不足かも知れませんが(リサーチ中)、海外は長時間フライトだけでもかなりの負担になるそうなので考えられません!!
    国内でご両親がゆっくり過ごせるところ、(たとえば暖かい場所、涼しい場所、温泉など)の方がいいのかなぁ?と思ったりしてしまいます。もちろんご両親が行きたい場所があればそこに行くためのリサーチをする事がよいと思います。
    私もこのトビを参考にしたいと思います!!

    ユーザーID:

  • 個人的にはパリをお勧めします!

    行き先はご両親と相談して決められるほうが良いと思います。(長距離のフライトに耐えられるか…など)

    アドバイスとして聞いてください。

    一般的なツアーへの参加は避けたほうが無難です。団体行動のツアーの場合、車椅子での行動は他のお客からクレームが出ることがあります。「車椅子」での参加を謳ったツアーは問題ありません。
    海外旅行に慣れていらっしゃるようなので、個人旅行で問題無いと思います。
    私も美術館が大好きなので、いろいろな所に行きましたが、バリアフリーでしかもあまり第三者の手を借りずに見学できるとすれば「ルーブル美術館」でしょう。エレベーターが随所にあるので、移動がとてもスムーズです。パリの街では、車椅子での移動が困難だと思いますが、タクシーやバスを利用すれば問題無いと思います。
    「ヴァチカン宮殿(博物館)」は、階段に車椅子を載せる機械を設置している箇所が多く、その都度係りの人の手を借りることになります。またイタリアの場合、見学する遺跡があまりにも古いため、バリアフリーの設備は皆無に等しいと思います。

    いろいろ検討されて楽しい旅行にお出かけください。

    ユーザーID:

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 滞在型をおすすめします

    わたしはときどき両親にくっついてツアーに参加しますが、年配者に優しいツアーだとかなり楽な日程になっていますし、ツアコンもとても親切です。ニッコウトラベルというのを調べてみてはいかがでしょうか。知り合った最高齢のかたは独り参加の80歳。日中の観光のときも「わたしは疲れたからバスで寝てるわ」とおっしゃったりしてマイペースを貫いていらっしゃいました。

    また、わたしと同世代(40代)の腰の悪い友人の初欧州旅行に付き合いましたが、ビジネスクラスを奮発して(大韓航空だとかなり安いと言っていました)、パリのど真ん中、サンジェルマンデプレにあるアパートメントタイプのホテルに滞在しました。

    午前中美術館などを観光して(ルーブルならバスですぐ前まで行けます)お昼を食べたら「帰宅」して、あとは休養。元気が出たら近所のお店をぶらついたり、またすぐ目の前のバス停からバスに乗ったり。地下鉄はかなり歩かないとプラットフォームまで行けませんが、バスはその点、便利でした。

    ツアーでないのであれば、滞在型にして、便利な街中のロケーションにするのが肝心です。自然がお好きならツアーのほうが楽に回れると思います。

    ユーザーID:

  • 在シアトル30年さん

    >アメリカの町はどこへ行っても同じです。車椅子の人にとっては優しいと思います。

    反論ではなくて質問なんですが、アメリカの街はどこもそうですか?

    いえ、以前ワシントンDCに住んでいて、そこは確かに地下鉄もエレベーター、エスカレーター完備でした(頻繁に故障してたけど)。

    が、旅行で行った、ニューヨーク、ボストン、フィラデルフィアの街は、地下鉄にエスカレーター類があまり?ほとんど?無くて、スーツケース引いての移動は本当に大変だったんです。
    アメリカもワシントンDCみたいに整ってる街ばかりじゃないんだー、と感じていました。

    でもそれらの都市には住んではいないので、本当の所は分かりません。
    実際は便利?なんでしょうか?

    ユーザーID:

  • 遠くても、欧州のどこか

    車椅子OK、老人に優しいのは断然欧州だと思います。
    具体的には、スイスとか北欧が有名ですね。

    それと、英語が通じるところがおすすめ。
    気候、食べ物も重要ですよ。

    フライトについては、もちろんビジネスの方がいいとは思うけど、私ならエコノミーを選び(要親と相談)、浮いたお金を別のことに回します。

    空席の多いシーズンにPEX航空券を購入し、空港のカウンター(?)で、すいているなら隣をブロックするようお願いしてみてください。航空会社が好意でやってくれることだし、そもそも空席がなければ話になりません。
    もちろん通るかどうかも運次第。
    が、お年寄りが一緒なので、お願いするくらいはアリですよ。

    ユーザーID:

  • ご両親の希望

    が、まず第一かと。

    あと、滞在型を取ることですね。60後半の母、70代の父とイタリア周遊8日間のツアーに参加したら、食事が悪かったせいもありましたが、私も含めてかなり疲れました。

    自然がお好きなら、もう勧められている方いますがオーストラリアあたりはいかがでしょうか。時差もあまりないですし。

    私はこの間の春、両親とフリーのツアーでケアンズに行きましたが、両親ともすごく喜んでくれました。滞在型でゆっくりでき、グレートバリアリーフとキュランダ高原と2つの世界遺産を楽しむことができ、食事もおいしいレストランがあってとてもよかったです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧