金縛りについて

レス29
(トピ主0
お気に入り1

心や体の悩み

ゆみ

もう二年ほど前のことなんですが、夜、ふと金縛りに遭って、恐る恐る目を開けると、赤い光の集合体が暗闇に浮かんでいました。よく見たら、観音様のような形でした・・・今まで、二度ともお寺の夢を見たら、急に耳がトンネルに入った時みたいにキーンとしたと思えばズシって体が重くなり、声もでない、体も動かせなくなる、いわゆる金縛り状態に遭ったんです。
医者に言えば、「体が寝てて、頭が起きてる状態。疲れているんだよ。」って取り合ってくれませんでした。
私は亡くなった母が信仰心の深い人だったので、仏縁があるのかとも都合よく解釈したいですが・・
「南無妙法連華経」と心で唱えると、すーっと体が楽になります。
こじつけでしょうか?
皆さんは、金縛りと霊は関係すると思いますか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私は関係した!と思う

    学生時代金縛りに何度かなりました。学業とバイトで寝る暇もない時期で、疲れているんだ〜と思っていました。その頃付合っていた彼が同じアパートにいまして、結婚してそこは出ました。

    10年以上経って、ある日金縛りの話がでて、私がその話をすると、彼が(旦那が)「そうそう、俺も何回か、なったな〜」そして「いつも白いシャツを着た若い男がじい〜っと入り口に立っているみたいで、でも起きれなくて、叫べなくて、なんだか怖かったなあ〜」

    !!!そうなんです、私が金縛りにあった時も、いつも若い男が入り口に立っていたんです。おまけに白いシャツを着ていたのも同じなんです。そして、そのアパートを出て以来、二人ともどんなに疲れていても金縛りにはあっていません。

    ユーザーID:

  • 頭内爆発音症候群では?

    私は頭内爆発音症候群があります。
    主さんの症状もきっと、頭内爆発音症候群では?と思います。

    それか、部屋の近くに音の出るもの(冷蔵庫や換気扇のモーター音など)や、近所を車がよく行き交う道路がありませんか。
    私は、寝室の近くが台所なのですが、隣の台所から聞こえてくる冷蔵庫のモーター音や換気扇の音が、振動とともに、夢の中にそのまま入ってきたりしています。

    ずっと昔に住んでいた家でもそうでした。
    田舎で、夜はとても静かでした。
    夜がとても静かだったから、日中気付かない生活音がとても大きく(振動も)感じていました。
    部屋の近くの音は勿論、部屋から遠い音も寝室まで聞こえてきていました。

    特に台所の換気扇の音と冷蔵庫のモーター音(部屋から離れていました)、部屋から離れていて、家の一番北の端にある汲み取り式トイレの換気扇の音(台所と同じぐらい大きな音でまわっている)も寝室までかすかに聞こえていて、その音が、夢の中にそのまま入ってきたりしていました。

    主さんも、こういう風なことってありませんか。

    ユーザーID:

  • まったく関係ありません!!

    金縛りは医学的には「睡眠麻痺」と言います。
    レム睡眠中は骨格筋が弛緩して体が全く動かなくなりますが、このときに意識だけが覚醒するといわゆる「金縛り」の状態になります。
    レム睡眠中は血圧や心拍数が変化しやすいので息苦しくなったりします。
    何かが乗っかっている感覚はここから来るようです。

    また金縛りの時は幻覚が起こりますが、これは「入眠時幻覚」と言われていて、まあいわゆる「夢」だと思って差し支えないと思います。
    レム睡眠中は誰でも夢を見ているのです。
    体が動かない恐怖心から、怖い夢になってしまうようです。

    金縛りは若い人に多く、歳を取ると減るそうです。
    また疲れているとなりやすいです。
    私は高校の運動部で毎日くたくたになるまで運動していた時は、3日に1回くらいはなっていました。
    もちろん、幻覚つきで。
    声が聞こえたり、体が浮いたり、足を引っ張られたり、何かが乗っかってきたり、人の姿が見えたり、色々な幻覚がありましたが、概ねこのような幻覚は共通しているようです。

    金縛り=心霊現象=私は霊感がある!と思いたくなるでしょうが、残念ながら心霊現象ではありません。

    ユーザーID:

  • この場合は・・・

    関係ないと思います。初めて金縛りに会うとビックリすると同時にまるでそれが霊的なものだと信じてしまいますがトピ主さんの仰る内容からすると生理的な現象の一つだと思います。

    僕も金縛りにたびたび会います。半年に一度は会ってます。意識が無い状態から(寝入る寸前?)いきなりパッと目が覚め動けない、というパターンです。また体を動かそうとすると外力が掛かり(感覚的に?)グーッと締め付けられいよいよ動けません。うちの兄弟は皆金縛りに会ったことがありますが何かを見たというのは三人のうち一人だけです。寝ていて何かを見たという場合幻覚の可能性が高いような気がします。

    ユーザーID:

  • 赤いフラッシュ

    私も赤いフラッシュみたことあります。夜中にふと目を覚まし、目を開いた瞬間にフラッシュが見えました。
    寝入りかけたときに低い声が聞こえたりとか、夢うつつにかけ布団がずるずる下がっていくとか、体が宙に浮くとか、手がグローブみたいに膨れ上がった感覚があるとか。一番怖かったのは、まだ寝入りかけていないうちに、天井に開いた本が見え、ページがぱらぱらとめくれ、めくれる音まで聞こえた時でしたー。

    でも、霊はまったく信じていません。ほとんどの場合、夢ではないとは断言できない状況で見ているし、最後の例も、私が強い近眼で天井灯が白くぼーっとしか見えない状況で「あれが本だったら怖いな」「ページがめくれたら怖いな」と思っていたらそのとおりに見えただけのことです。目を覚ましていても幻覚を見ることはできるんだと思いました。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 慣れれば怖くないです。

    私は、若い頃には、毎晩の様に金縛りに
    遭っていましたが、二種類のモノが有りました。
    一つは、体が疲れて堕ちてゆく感じのモノ
    もう一つは、明らかに《霊的現象》のモノです。
    霊的の方は、ゆみさんが仰る様に
    >「南無妙法連華経」を唱えると確かに消えます。
    私の場合は、金縛り期間は、クジ運に恵まれるので
    切望しているのですが、ココ10年は、どんなに
    疲れていても全く遭わなくなりました。

    ユーザーID:

  • 両方あると思います。

    私もたまに金縛りに合いますが、ほとんどの場合は身体は寝ているのに意識が起きている・・という状態で相当疲れた時に起こります。
    でも、一度だけ違う金縛りにあいました。
    うたた寝をしていた時に耳鳴りがして金縛り、横に赤いスカートを履いた女の子が立っているのが見え、耳元で大きな笑い声がしました。(頭の中に響き渡るような大きな笑い声)
    その笑い声の気味悪い事といったら・・アレは霊現象だったと思っています。
    信じる信じないは自由ですが、
    >まったく関係ありません!!
    と断言出来てしまう人が不思議です。
    この広い世界、もっと広い宇宙、その全てを知り尽くしている訳でもないのに、自分の目に見えない物は「絶対に存在しない」と言い切れる。
    とても傲慢だと思います。
    人間ってそれほど立派な生き物ではありませんよ。
    人間の知らない、未知の世界があっても全然不思議ではありません。

    ユーザーID:

  • 私は子供の時に1度だけ・・

    TVの受け売りですが・・
    金縛りは眠っている時にはあわないそうです。

    私は17歳の時に病院のベッドの上で、朝6時頃目を覚ました瞬間に金縛りにあった事があります。
    朝だから周りは明るく同室の人の話し声が聞こえ、廊下を歩く看護師さんも見えるのに、声が出ない動けない状態になりました。
    得体の知れないモノも見えてしまいましたが・・
    でも、ソレはその時1度きりです。

    その後就職して、昼寝をしていると、起きたいのに起きられないと言う金縛りみたいな状態になる事が多くなりました。
    もちろん変な物もみるし・・。
    自分では目を開けているつもりでも、実際は見慣れた景色を頭が覚えているだけで、実際は目を瞑っているのだそうです。

    ユーザーID:

  • 私も昔よくなった

    高校生時代、受験勉強で体が疲れていた頃は、数日に一度の割合で金縛りになっていました。
    20歳を過ぎてからは、熱を出したり、体調が悪いときにたまになる程度になり、ここ数年は全くありません。

    最初になったときは、アパートの隣の部屋の方から数人の人の笑い声が聞こえたかと思ったら、いきなり頭の中がキーンと鳴って、翌朝母に「昨日、隣の人騒いでた?」なんて訊いたものです。

    目を開けてみると目の前にちらちらと光が見えたり、お腹の上に重いものが乗っていたり、でも絶対声が出ない…と、いろいろ奇妙な経験をしました。

    考えてみれば、半ば夢を見ているような状態でしょうか?
    ただ、普通に夢を見るときに比べれば、意識がはっきりしていますけど。
    ということで、霊とは関係ないと思います。

    ユーザーID:

  • 最初の金縛りの時

    最近は無くなりましたが、昔(特に学生の時)は本当に毎晩のようにかかってました。
    一番最初に金縛りにあったのは、中学生のとき。
    夜中目が覚め、急にファンファンとサイレンが聞こえ始めました。
    そうしたら、突然金縛りが。
    その時の金縛りは一瞬で解けましたが、あれは本当に怖かったです。
    サイレンが聞こえたのは、初めてかかった時だけですが、それ以来、頻繁にかかるようになりました。

    あと薄目を開けたら、枕元に小さな顔が見えたこともあります。

    あれは体が疲れていたのが原因とは思えないですね。

    ユーザーID:

  • お答えします

    一般論ではなく、トピ主さんの体験した金縛りについてのみ言うと、お医者様の説明が正しいと思いますよ。さもなければ、悪い霊のいたずらでしょう。

    衆生を救うはずの観音様が、トピ主さんを金縛りにするはずがありませんから、仏縁とやらでないことだけは確かですね。

    ユーザーID:

  • とりあえず

    お医者様の対応は当然でしょう。医学的見地から診断を下すのが医者の仕事ですから。トピ主さんはお医者様が「取り合ってくれなかった」と書かれていますが、「疲労が原因」と答えてくれたのだから、それこそが医師としての「取り合い方」なのです。霊だの云々の話に乗ってくる医師がいたとしたら、そんな医師の方が胡散臭いこと限りない、職分を越えた不行き届き者です。お門違いというやつです。

    ユーザーID:

  • よくあいます

    私もよく金縛りにあります。色々怖い体験をしたので、これは霊ではない、生理現象だ!といいきかせ、そのような本を読みあさり、理解したつもりでした。しかし、TVで霊媒師が「ここにこんな霊がいる」と具体的に語り指さした場所にまさしくそのままの人がいたのです!後で同じ番組を見た他の人にも聞いたところ誰もみえてませんでした。それ以来金縛りが少し怖くなってしまいました。やっぱり色んなものが見えるし。私がTVで見たのはなんだったんでしょう?これも科学で証明して欲しいです。でないとやりきれません

    ユーザーID:

  • 無下に否定したくない

    タイトルどおりです。金縛りが霊か妖魔がなす業だというロマンティックな解釈を無下に否定したくはないんですが、これは睡眠の浅い時期(REM期)に感じる夢そのものです。経文を唱えると楽になるのは何かすがれる物があるという安心感によるものです。

    私もインフルエンザで熱が高い時、正に金縛りを体験しました。動こうとしても動けずに何かの足音を聞いたような気がしましたが、よく考えるとあれは自分の鼓動を聞いていたんです。耳を枕にくっつけていると自分の鼓動が聞こえるんです。こんな物じゃないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 金縛りの防止法

    医学的に説明できる金縛りもありますが、すべてがそうではありません。心霊現象を何が何でも否定する人は、本当はものすごく怖がりなのだと思います。

    友人で金縛りと共にすさまじく怖いものを見た人がいます。彼女はやはりそれでも霊など信じず、「金縛りも幻覚も、医学的に説明がつく」と頑張って主張しています。本人いわく、そう思わないと怖くてやっていられないのだそうです。そう信じる方は、それでいいと思います。でも金縛りが苦しいのでとにかくストップさせたいという方には、以下がお奨めです。

    金縛りには般若心経がよく効きます。印刷されたものを枕元においておくか、自分で写経して枕の下におく。お札を鬼門の方向にはっておくのも効果あり。十字架を首にかけて寝るのも、効果ありでした。宗派にこだわらず、神でも仏でも謙虚な気持ちでお願いすればいいと思います。

    ユーザーID:

  • 医者に行ったらそう言うのでは。

     医者は「医学(西洋医学)」という学問にのっとって、症状を解釈・診断・治療するので、その解釈では「金縛り」も「何か見える」も「念仏で消える」もお決まりの解釈の仕方があります。
     そういうところに行ったのですから、そういう説明になる、と。

     医学で説明しきれない現象、別の解釈の仕方がある現象はあります。でも、少なくとも診察室ではそれを前面に出すことはしないと思います。

    ユーザーID:

  • 関係なし

    霊的なものとは関係ないと思います。

    ユーザーID:

  • そりゃあ...

    あなたの言葉を聞いて、医者が「それは心霊現象です霊媒師のところへ行きなさい。」とは言わないでしょう。
    また、霊媒師が「ただの疲れです。医者に診てもらいなさい。」とも言わないはずです。それぞれ立場がありますから。
    「関係ありますか?」の質問にはそれぞれの立場の人が、それぞれの立場で「イエス・ノー」を言うでしょう。証明もできない、根拠も示せない。私も「医者のいうとおりかもしれない。気にしないほうがいい。」としかいえないです。
    ただ、一つだけ確実なことは、これにかこつけてあなたを不安に陥れようとする人の言葉は信用してはいけないことです。

    ユーザーID:

  • おもいはそれぞれ

    ある・ない、と意見が分かれますね。
    私はないと思います。
    感覚の世界はそれぞれの世界なので他者が立ち入ることは出来ません。
    質問をしていますが、トピ主さんは明らかに同意を求めているだけですね。
    であれば質問形式ではなくあると思う人の意見だけを求めた方が良いですよ。

    というか、赤い光が見えるとかお経をとなえたら楽になると言うことを、医者に相談する段階で間違ってませんか?

    ちなみに医学的に説明できるものと出来ないものがあるとの事ですが、説明できなければ納得させることは不可能です。

    ユーザーID:

  • 金縛りを楽しみましょう

    不謹慎かもしれませんが、金縛りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

    せっかくそういう体験をしているのですから、
    この際、いろいろと試行錯誤してみるのもいいでしょう。

    ちなみみ、わたしもしょっちゅう金縛りを体験します

    いろいろな音が聞こえてきたり、人の顔が浮かんできたり
    だれかが足を引っ張っている感覚になったり・・・・。

    「睡眠麻痺」でも、そうでなくても、時間はたっぷりあるのですから、
    いろいろと研究してみるのもいいでしょうね

    ちなみに、金縛りを体験したくなかったら、
    いつもとは違う部屋で寝てみるとか、寝姿を変えてみるとか

    いろいろと方法はあると思います

    そのためにもせっかくの「金縛り」を研究してみましょう

    ユーザーID:

  • 霊とは関係ないかも

    私自身霊感はありますが、それほど強くはないため、
    言い切る事はできませんが・・。金縛りと霊は
    それほど関係がないように思えます。
    一時期毎日のように金縛りにあっていました。
    あれって慣れると全然怖くありません。
    いつまで続くか分からないのが嫌ですけど。。
    なりそうな感覚も分かってくるようになるので
    そのタイミングで体を動かせば防ぐ事も出来ます。

    金縛りにあったときは、キーン。。とかファンファン
    とかサイレンやアニメの効果音のような幻聴や
    光が走ったり、通り過ぎたりという幻覚
    世界がグニャリと曲がった事もありました。
    でも、やはり霊的な恐ろしさは感じませんね。
    多分体調によるものだと思います。

    私の金縛りは2階以上の場所で寝ている時が多いです。
    人間は地面の上で生きるものだから、地面から
    遠くなると大地のエネルギーを得る事ができず
    体内のバランスが崩れるのではないかと
    私は勝手に考えています。

    ユーザーID:

  • 金縛りについての検討資料

     以下のサイトをご覧いただくと参考になることが多いのでは、と思います。

     睡眠の専門医は、金縛りの正体について次のように解説しています。
    http://www.kaimin.info/part/dictionary/di06.html

     特命リサーチ200XのHPでは、金縛りを簡単に再現できる実験についても書かれています。
    http://www.ntv.co.jp/FERC/research/19970525/r2985.html

     次のHPでは金縛り体験談の詳しい報告がされていて、とても深く検討されています。金縛りを体験しながら、その正体が何かを自ら解明するためにいろんな試みもしていて、とても興味深いです。どう幻覚を見破ったかなども書かれています。
    http://web.kyoto-inet.or.jp/people/arisu/kanasi.htm

     個人的には、これらを読むと、金縛りに関しては、むやみに霊的なものに結びつけなくても、もう結論が出ているのではないかと思いました。
     いずれにしても、怖がったり霊的なものだと考えるのは、科学的にはどうしても説明がつかないことが出てきてからでも遅くはなさそうですね。

    ユーザーID:

  • 怖くない。1

    若いときはよくなりました。声を出せば目が覚めると思い、必死で声を出そうとしました。
    学生の頃は、いつも枕元を蛙が飛び交っていて、なにやら光るものがチカチカしていました。
    大人になると、閉めたはずの窓が開いていたり、足音が聞こえたりと・・いろいろでしたが、蛙は出てきませんでした。
    一度は、夜中にふと目が覚めると、足元になにやらいる気配。頭の中(たぶん)で「誰?」と叫ぶと、突然 首を絞められ、そのまま気を失いました。今でもこれは鮮明に覚えています。

    ユーザーID:

  • 怖くない。2

    続き・6年前から外国で一人で暮らしていますが、その間まったく何もありませんでした。ところが先週久しぶりに、本当に久しぶりに体験しました。
    前の晩、恋人と私の誕生日を祝い、酔って眠りました(一人で)。明け方4時ごろに目が覚めたのですが、その時なんだか異様に部屋が真っ暗で、肌寒く感じて、いやぁーな感じがしました。そして突然金縛り状態に。でも、その時はなぜか、久しぶりやなぁ・・・なんて思えました。
    体は動かずとも、目だけがキョロキョロ(?)感じ。部屋の隅が異様に本当に異常に真っ暗でした。
    私のベッドルームは、家主の親友が5年ほど前に亡くなった(病死)ところです。
    今まで出てこられたことはないのですが、私は彼のベッドをそのまま使っております。
    生前にお会いしたことはありませんが、きっと私の誕生日を祝ってくれたのだと、勝手に解釈しております。
    だって、怖くなかったんですもの。

    ユーザーID:

  • 私のは無縁でした

    小学校五年の運動会の日の深夜、生まれて初めて金縛りというのにあいました。
    急ブレーキのような音が大音響で聞こえて、目蓋裏には火花のようなものが散りました。
    瞬間からだがガチガチになり、本当に恐ろしかったです。
    眼は開けることができました。(出来ない人もいるらしい)しかし、何か恐ろしいものを見たらという恐怖感から、ずっと閉じたままにしていました。解けた瞬間は心からほっとしましたが、また油断するとガチガチに…。一晩に何度かなることもありました。
    疲れていたり、眠いのに寝苦しいときなどに多かったです。

    二十歳を過ぎてから、徐々に回数が減り、今は全然ありません。

    ユーザーID:

  • 科学的に限定した見解〜1

    私も「金縛り」や、夜中息苦しさを感じ目を開けると「誰かが自分の胸に乗っていた」経験をしています。
    でも、何人かの方々が書いておられますが、これらは一種の「夢」との結論です。

    人間は「脳」で見ていますので「脳」がそのように判断すれば実在しているように感じます。
    そこに存在しないものでも瞼を閉じればイメージできます。夢が最も良い例です。
    音や臭い、皮膚の感覚・・・すべて「脳」が判断しています。

    霊に腕を掴まれたりして「あざ」が出来たなどの話しも聞きますね。
    アメリカでの医学的実験ですが・・・
    コインを腕に乗せ、「コインが熱くなります」とかの催眠をかけると、その部分が軽い火傷をしたように赤くなったり、
    演技力豊かな役者に「熱いコップ」を持ってるイメージをさせると、掌の温度が上がるとの実験結果があります。

    精神が肉体に(正確には脳などの神経や、ホルモンなどの分泌でしょうが)影響を与える身近な例は、
    ストレスから起きる円形脱毛症や胃潰瘍・・・などでしょうね。

    霊を意識するほど自己暗示を強くし、そのようなものが「脳」で見える確率が高くなるのかもしれません。

    ユーザーID:

  • 科学的に限定した見解〜2

    霊感者などの言葉を尊重し、科学的に検証してきた科学者も少なくありませんが証明できた人はいません。
    すべてが「宇宙の基本原則」に背いているからです。

    「科学で証明できない事もある」と、よく聞きます。
    間違ってはいませんが、そのような発言をされる方のほとんどは「科学」を誤解しています。

    コンピュータのような精密機械を使用する事を「科学」と思ってる方がほとんどですが、
    これらは「科学的思考」が生み出した「物」にすぎませんし、「科学的思考」を手助けする「道具」にすぎません。

    森羅万象、自然の摂理を理解し、何が可能で不可能か、何が存在しえて存在しえないのか、
    それを、森羅万象、自然の摂理に背かず論理的に考える事が「科学」そのものなのです。

    「科学」とは、森羅万象、自然の摂理に対し、謙虚に、そして忠実に考える思考方法です。

    神秘的表現をするなら・・・宇宙の全てのものの基本原則、神が創った宇宙の法則、神の創ったルール、神の意志を理解しようとする姿勢が「科学」です。
    森羅万象、自然の摂理、神の意志に背いてる「霊」は存在しえない・・・と「科学的思考」をする人達は確固たる信念を持っています。

    ユーザーID:

  • 実験しました。

    私も若いころ寝ついた直後によくなりました。
    初めての時はものすごい恐怖でした。

    人形が飛んできたり、布団をめくられたり
    女性が浮かんでいたり、足を引っ張られたり
    人の声が聞こえてきたり、布団の上に座られたり
    赤いフラッシュがみえたり、

    とにかくいろいろなタイプの金縛りに遭いました。
    あまりによくかかるので現実か幻覚かを確かめる
    ためある実験をしました。

    それは
    まず、寝ていても見える場所に数字が光るデジタル
    時計を置きます。そして金縛りにかかったと思ったら
    その時計が表示している時間を目視確認するという
    ものです。はっきり読み取れれば現実。もし、
    時計自体がなかったり数字があやふやだったり
    読み取れなければ幻覚。

    金縛り中に冷静に実行するのはなかなか難しかった
    のですが何回か試した結果、一度も読み取れたことは
    ありませんでした。慣れてくるとわかると思いますが
    どうも、自分の頭の中にある自分の部屋のイメージの
    なかで幻覚をみているようです。

    というわけなんで霊とかそういうのは関係ないです。
    一度同じように試されるといいかと思います。
    慣れてくると状況を楽しめるようになりますよ〜。

    ユーザーID:

  • 幻覚なのかなあ?

     金縛りにはよくあいます。会わない人は一生経験しないとも聞きます。生涯で数回会うだけの人もいるようですね(うらやましい)遺伝子の問題とか聞いたことがあります。
     私は若い時分にはほぼ毎日それも一晩に10回とかとんでもない回数あっていました。今は週に一回くらいかな?霊に関係しているとか聞き、いたずらにおびえた日々もありました。本当はなんなんでしょうね?

     目をあけて時計の文字を読み取れない、と書いてる方もいらっしゃいますね。私は本を読んだまま金縛りになったときはそのままそのページを読み続け(めくることができないので)そのままの姿勢で解けるのを待ち、解けた後ページをめくって続きを読んだりしています。ですから「全てが記憶が作り出した幻覚」というのは納得しかねます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧