正座で挨拶ってしますか?

レス26
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

らんらん

先日実家へ帰省してきました。お盆だったこともあり親戚の家におじゃまする機会がありました。そこでの最初の挨拶の仕方。「こんにちは」と正座で頭を下げて挨拶します。親戚一同昔からそんな感じでしたが、私は子供の頃から苦手なほうで(なんだか照れくさいというか)、いつも母から「きちんと座って挨拶しなさい」と言われてました。
今では両親にも軽くではありますがそうしてます。でも一緒に帰省した私の子供(小4女・年長男)は状況がよくわからず??でした。もちろん挨拶は元気よくします。でも母は正座をしないことに疑問があるらしく「そろそろきちんと教えた方がいい」と言われました。でも正直、実家関係以外で使う機会がないように思うんです(日常では)。
例えば、ソファに座ってるところにお客さんが来ると、実家ではソファから床に座りなおしてペコリなんですって。姉には「椅子の生活か畳の生活かの差なんじゃない?」といわれました。そうなんですかね?実家は東北です。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 何でもできたほうがいいでしょう。

    花道と茶道をしていたので、立位からサッと正座、サッと手を付き挨拶という動作は慣れてます。確かに自宅・実家・夫の実家にも和室が無いのであまり使いませんが、お呼ばれやお葬式の時はできないと困るでしょう?

    ソファーから床に座るのも、ソファに座りっぱなしでお出迎え、など有りえないので、立ったあと床に座るもの有りなんじゃないでしょうか?相手が立ってたりソファに座るならヘンな図ですけど、相手だって正座するのでしょう?

    ユーザーID:

  • お母様の言うことは正しいと思う

    いくら最近の生活が西洋化しているとはいえ、畳の部屋をお持ちの方はまだまだ多いわけですし、子供さんが将来恥をかかないようにも「畳の部屋では正座して挨拶しなさい」と教えるべきではないでしょうか。子供さんなら許されても、大人が目上の人に対して正座している相手に対して立ったまま挨拶というのは失礼ですよ。
    もちろんソファの場合はそこまでする必要がないです。TPOに合わせて挨拶を変えるということを教えるのも躾のうちなのではないでしょうか。

    ちなみに私はまだ子供がいませんが、主人の実家が岐阜の旧家なので、畳の大広間に親戚が集まったときには子供でも正座して挨拶しています。

    ユーザーID:

  • 良い風習と思います。

    うちも母方の実家ではそうです。

    法事などで久しぶりの親戚に会えば、例え廊下であっても(古い家なので広い廊下です)軽く正座して挨拶します。
    私も小さい頃は見ていて不思議でしたが、中学生くらいからは親に倣ってするようになりました。

    日本では昔から畳でしたし、正式な挨拶は立ってするものではなく正座してするものでした。今では田舎の風習とはいえ、きちんとした、良いことだと思いませんか?

    「他で使う機会もない・・・」とのことですが、ご実家と親戚の間では常識なのでしたら倣っておいた方が良いと思いますよ。他にもゆかしいお宅では使われていますし、お子様も成長されて他でそういった風習のある所に行かれた際戸惑うことがないのでは?

    お子様には「こうして座ってご挨拶するのは、昔からのことで、丁寧なことなのよ」と教えてあげれば良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • うちの田舎でもやります!

    甲信越ですが…親戚が集まるとみんな正座で挨拶していたので、子供心にもそういうもんだ、と思って親の真似していました。

    私はこれぞ、親戚の挨拶!って感じでなんとなく楽しかったな〜。大人の仲間入り、って感じで。でも確かに田舎に行ったときだけです、その挨拶は…。

    しかも最近はそういう機会も減ってきました。今は親戚同士が会うって言っても昔ほどの重要性持たなくなったというか。立ったまま頭を下げるだけのときもあります。冠婚葬祭などでほんのときたま会う遠い親戚にはまだ有効ですが。

    でも、郷に入りては郷に…っていうし、ご実家関係だけの風習であっても子供には守らせたほうがいいと思います。そういう機会って滅多にないし、きちんとしたものは、廃れさせないでほしい気持ちもあるなー。

    ユーザーID:

  • 玄関が畳

    実家は玄関の間が畳です。
    というか、全ての部屋が畳です。
    だから、お客様のお迎え、お見送りは必然正座で挨拶となります。
    それが普通だと思って育ったので、夫の実家に初めて行った時、立ったまま挨拶されてびっくりしました。
    今はこっちの方が普通なんでしょうけど・・・。
    正座挨拶に慣れてない夫が私の実家に来る度、異国に来た人のようにぎこちない挨拶をしているのが、見ていてとても恥ずかしい。
    時代や生活スタイルに伴って文化も変化していくのはいいと思いますが、日本人ですから正座で挨拶もできていいかも。
    そう考えると畳も大事ですね。
    うちのマンションには畳の部屋がありませんが。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 他で使う機会が無いならなおさら

    実家以外では正座で挨拶する機会が無いならなおさら、「そういう知識」を与え「そういう体験」をさせてあげることに価値があると思うのですが。

    そういうことをまったく知らない、経験しないまま大きくなる子も今時は多いでしょう。そういう経験が出来るあなたの子どもさん達はラッキーでは?
    他の子が知らないことを知っている、経験をしてることはちょっとした財産で、子どもにとっても誇らしいことだと思います。
    しかも実家や親戚ではきちんとした方が、相手が子どもさん達に受ける印象もよいでしょうし。親としてなぜ教えてあげないのか。

    ユーザーID:

  • 法事の時に

    手をついて挨拶ができないと、
    法事で親戚一同が集まった時に恥をかくのでは?

    ユーザーID:

  • 挨拶は相手に合わせるのが吉。

    挨拶って、コミュニケーションの第一歩で、基本は相手に敵意はないことを表すことだと思うんです。

    世界には様々な挨拶の風習がありますが、色々なやり方を知っていて損はありません。ましてや最近少なくなったとは言え、正座は自国の風習です。

    相手が正座して挨拶しているのにこちらがそうしないのは、米国人がにこやかに手を差し出しているのに無視するのと同じで、とても失礼なことでしょう。外国の風習なら知らなかった、と言えますが。

    トピ主さんは実親さん以外に正座して挨拶する相手はいないと思っていらしても、お子さんは将来、どんな機会があるかわかりません。よい機会として正座の風習を教えてあげてください。

    ユーザーID:

  • 美しい所作

    知っていてそれを行う機会が無いのと、知らずに
    育つのとでは雲泥の差があると思います。

    法事や久しぶりに会う親戚同士、あるいは目上の方の家に行ってそこが畳が主のお宅であった場合。

    少なくとも、小学校高学年以上の年齢の方(勿論大人も含む)が、皆が座って居る時に立ったまま挨拶するという図は、あまり見ていてよいものではないでしょう。

    横にそれますが、落語家の桂三枝さんのお母様は、それはそれは食事時の躾に厳しい方だったとか。
    三枝さんのお宅は当時とても貧しく、
    『そこまで厳密に言わんでもいいじゃないか、良いとこで食事する機会なんてこの先ないんだし』と思ったそうですが、お母様は『お前はこの先、大人になったらどんな偉い方々と一緒に食事をするかわからへん。その時、食事の作法を知っていると知らないとでは大違いなんだ』と仰ったそうです。

    食事と挨拶は違うんじゃない?とお思いかもしれませんが、躾とか所作を教えるということは、こういったものなのだと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 正しい振舞いを身につければ恥をかかない

    私は挨拶の仕方に無頓着なほうでした。
    とりあえず挨拶すればいいんじゃないの?ってくらいの感覚。
    ところがやっぱり正しい挨拶の仕方は、正座でするものだと今頃やっと実感しています。

    夫が伝統芸能関係の仕事をしているため、夫の仕事関係の方との挨拶は、必ず正座で。
    数年前からお茶を習っていますが、当然お茶は正座が基本。

    初めは正座での挨拶が大袈裟に思えて気恥ずかしくなったものですが、すっかり慣れました。
    先日、目上の方のお宅にお邪魔した時、迷わず正しく堂々と挨拶している自分に「おお、私も成長したもんだ」とほくそ笑んでしまいました。

    礼儀正しい振舞いが自然とできれば、どんな場にあっても困らないので、子供の頃から礼儀を身につけるのはいいことだと思いますよ。
    実家に帰ったときに気づいたのですが、母はちゃんと正座して挨拶する人でした。
    私は何を見て育ったんだか…。

    ユーザーID:

  • 出来たら格好良いと思う

    自分自身は挨拶を正座できちんとする家庭で育てられました。確かに私の年代でも(30代中盤)正座できちんと挨拶できる人ってあまり多くはないんです。正座はしてもきちんときれいに頭を下げるという事が出来ないんですね。学生時代から、アルバイトや職場の飲み会などで正座してきちんと手をついて頭を下げて挨拶すると、それだけで周囲の人間からは「お〜〜」って感じで株が上がる感じが手に取るようにわかるものでした。

    実際私も子供達に教えられてるかというと疑問ですが、出来たほうがいいような気がしますよ。

    ユーザーID:

  • 挨拶が玄関でするから

    姪や甥が帰省するとき挨拶は玄関でするので立ったままするんです。
    そのあと座敷に行って仏さんに挨拶です。
    そのときは正座です。
    従兄弟でいつも正座してきちんと祖母に挨拶する人がいますが
    キチンとしてていいなぁと思います。
    強要しなくてもいいとは思いますが、できないよりできた方がいいのでは?
    私は高校のとき学校の授業で習いましたよ、面接が和室だった場合を考えて、和室でも挨拶の仕方とか歩き方とかお茶の頂き方とか。

    ユーザーID:

  • 郷に入っては郷に従え

    他所で正座で挨拶する機会があるか、という問題ではなく、異なる習慣のある場所に行って馴染めないということの方が問題です。
    正座なんてまだまだ普通。世の中には平伏したりハグしたりキスしたりといろんな習慣があるのです。
    その時に恥ずかしいからと言って立ったまま挨拶したら相手はどれほど不快に感じるでしょう?
    見様見真似でたどたどしくても恥ずかしげでも相手の習慣に合わせようという姿勢を見せることが大事なのです。自分達の習慣を尊重してくれていると分かれば相手もこちらの習慣を尊重してくれます。
    「そろそろ教えた方が良い」と言われたということは今まで黙認されてきたということですね。
    お子さん達も、もう自分達が常識と思っていることが絶対ではないということが理解できる年です。
    自分のスタイルに拘りがありどんな相手に対してもそれを貫くというポリシーでもない限りは、正座での挨拶をきちんと教えた方が良いと思います。

    ユーザーID:

  • しますよ

    小学四年の娘も、三歳の甥も
    「お客様にご挨拶して」と言うと正座して挨拶します。
    教えたほうがいいと思いますよ。
    意地悪な人だと、「礼儀もなってない」と陰口を叩かれますし、
    実際「躾けの出来てない子」と誤解されるかもしれません。
    将来、社会に出た時「挨拶も出来ない」と笑われます。
    恥をかくのは親ではなく、子どもです。
    可哀相。

    ユーザーID:

  • 知っておいて損はしない、よ。

    私、イイ歳のおばさんですが、御縁がありお茶の先生宅に伺うようになりました。

    手の付き方 頭の下げ方 立ち上がり方 歩き方 お座ぶとんの使い方...
    今迄、何気なくやって来た事ですが、随分恥ずかしいことやっていたのね...と恥じ入りました。

    正座しておじぎというのも、そういう類いのものかもしれません。 
    知らなくて、取り立てて困るものではない。
    そういう機会はあんまり無い訳ですし。
    でも皆無ってこともない...

    所作には、それぞれ理由や意味があり、
    結局は相手を思い遣る心から来ている事を知りました。
    普段使わなくてもいいけど、知っておくという事は、身を美しく処する術を沢山知っていると言う事で、知っておいて悪いことは、ない ですよ...

    別トピに『40代50代でも素敵な人であるには』 かな? っていうのがありますが、
    所作の美しさって 大人の素敵さ の1つになると思うなあ〜 
    それは子供の時からの積み重ねの賜物。
    是非、教えてあげてください。

    ユーザーID:

  • 教えてあげて

    子供さん、ましてや上のお姉ちゃんは小4ですよね。
    だったら「畳のお部屋では座って挨拶」って教えてあげてはいかがでしょう?
    それならソファのお部屋でも混乱する事ないのでは?
    他の方も書かれてましたが、「相手に合わせて」挨拶するのはおいおい
    覚えたら、というか日頃からきちんと挨拶が出来ていれば自然と判断できる
    ようになると思います。

    私は祖父母が同居していたので小さい頃から礼儀作法は口やかましく
    言われて来ました。
    私の友達が遊びに来て和室で立ったまま挨拶すると後で「あんな行儀の
    悪い子と遊びな」と言われたものです。
    「遊びな(遊んではダメ)」とは行き過ぎかもしれませんが、作法をしらないまま
    大きくなるといつか必ず恥をかく時が来ます。
    本人は気づかなくても、知らない所で笑い者にされる事もあります。

    ユーザーID:

  • しちゃだめなの?

    ごめんなさい、抵抗を感じる理由がわかりません。
    洋室でソファから降りてまですることはないと思いますが、和室だったら当然のマナーだと思います。
    お子さん達が訳がわからないのはご両親が教えないから。小4と年長さんだったら「畳のお部屋ではこうしてご挨拶するのよ」と教えればわかる年齢ですよ。
    和室の部屋で立ったまま挨拶するのって見た目にも美しくないと思うのですが。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます。

    正座での挨拶は臨機応変に対応できるよう、子供たちにはきちんと教えていきたいと思います。
    まずは私がお手本にならなきゃダメですね。
    母が教えてくれたことを、私がちゃんと子供に伝えなくては・・・と反省しました。
    皆さん、ご意見ありがとうございました!

    ユーザーID:

  • 和室では座って。洋室では立って。

    きっちりしたお母様をお持ちで、お孫さんも幸せですね。私はあまりきちんと躾をされませんでしたから、大人になって苦労しました。茶道を習ってはじめてきちんと礼儀作法が身についたようなものです。でもそのおかげで、いざという時に自信を持って立ち居振る舞い「和室では座って挨拶。洋室では立って挨拶。」と教えれば十分ではないでしょうか?
    子どもでも使い分けくらいはできますよ。あるいは「おばあちゃんやお年寄りの家では洋室でも座って挨拶しなさい。」と言えば。

    ユーザーID:

  • 気持ちは形に表わさなければ伝わらない

    感謝の気持ち,愛情の気持ち,いろいろあります。
    その気持ちを相手に伝えるためには,形に表わさなければなりません。
    (超能力者でテレパシーを持っているならば別ですが,残念ながらそういう人はいません。)
    その形のことを「礼」言います。

    日本では昔から,正座して,手をついてお辞儀をしました。そのことを実践すれば良いだけではないでしょうか。
    外での挨拶ならば,頭を下げて挨拶するのです。
    洋間では,どうでしょうね。応用問題でしょうか。
    相手が正座してきたら失礼の無い様に返せば良いし,そうでなければ立ったまま頭を下げても良いのではないでしょうか。何れにせよ,大人になるまでに,基本を身につけていることは大切です。
    両者日本人の場合,ソファのある洋間だからと言って,握手をして挨拶する必要もないでしょう。

    外国に行ったら,その国の挨拶があることを覚えておいくと,もっとステキ。

    ユーザーID:

  • しますよ

    せっかくそういうきちんとした御実家にお育ちなんだから、ご自分のお子様にも教えてあげなくちゃだめでしょ!

    私も義実家に行ったときには正座で挨拶します。
    本当は自分の実家に行ったときにもそうしたいのですが、日本間のない家なので仕方なく立ってお辞儀をしていますが。(実親は海外に移住しちゃったんです)

    ユーザーID:

  • しましょうよ。

    結婚当初、夫の母方の実家(夫の祖母の家)に挨拶に行った時、
    まさしく、正座で挨拶の出迎えを受けました。とても驚いたのですが、「なんて美しい!」と感動したのを憶えています。
    毎年、お盆にはそちらに行くのですが、正座での挨拶を交わします。
    そして、今年のお盆には1歳半の息子も私の隣でちょこんっと正座をして手を付いて頭を下げて挨拶をしました。
    無意識に私達の真似をしただけだと思いますが、親戚の方々からお褒めのお言葉を頂いて、私達はとても嬉しかったです。

    出来ないよりは、出来たほうが良いじゃないですか?
    臨機応変に挨拶を交わせるって素晴らしいと思います。

    ユーザーID:

  • できないよりは

    できないよりは、できたほうがいい。
    もっと広げると、
    何もできないよりは、なんでもできたほうがいい。
    親が子に与えられる最大の財産は教養よ、と教えられて育ちました。
    教養って、学歴じゃなくって。
    個人主義の時代ですが、人との関わりは避けられないので、
    どこに出しても恥ずかしくないように育てるのがよろしいかと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主さんは素敵なお母様ですね

    お子さんに教えられることにしたそうで良かったですね。それに、美しい所作は本人も気持ちいいし。礼儀作法の心得あるお母様だからお子さん達は将来恥をかかずに済みますね。(特に大人になれば)周りは気付いても身内以外は注意できないものです。

    思うに躾って自分の振る舞いについての社会に対する配慮じゃないかと感じます。だから、振る舞いの美しい人は往々にして全体的にマナーに適っている気がします。そして逆もまた然り。

    夫はお風呂の使い方が汚かったです。夫の後の浴室は毛髪だらけで結婚当初驚きました。その他にも箸の使い方等全く躾に頓着しない環境だったのか、姑もクチャ食べです。

    さらに、義妹の幼稚園児の娘たちもレストランで食事中に走り回ったり余所のテーブルにちょっかいだしたり(しかも義妹夫婦は注意しない)。同じ年頃の友人達の子供は聞分けよく食事をするのと対照的です。

    ちなみにその友人達は上品で礼儀正しいので躾は家庭環境の鏡といえるでしょう。マナーが悪くても好意的に見るのは近い血縁の者だけでしょう。

    思い返すと、初めて夫の実家に招かれたときも和室であるにもかかわらず姑たちは立ったままでビックリしたものでした。

    ユーザーID:

  • 今までもこれからもそうです。

    私の家もしつけはなかなかしっかりしていて、
    ずっと「挨拶はきちんと座って!」と言われて育ってます。

    30ウン歳、未だに、気軽に家に遊びに来た親戚のおじさんでも、正座してきちんと挨拶してます。

    悪いことを教えるのならともかく、とっても良い事だと思うので教えて損はないと思うんですけどね。

    トピ主さんはそれを教えるのに抵抗があるの?なんで?
    知ってて困ることもなければ恥をかくわけでもないですよね。
    むしろ子供は褒められるのではないかと。

    大分横かもしれませんが、我が家では毎年お正月、朝全員揃って三つ指ついて新年の挨拶をしてますよ。

    親子だろうが礼儀は礼儀、だそうです。

    ユーザーID:

  • 忘年会とか

    正座で挨拶はよくします。
    和室で物を貰ったら、きちんと手を突いてお礼を言うのも礼儀として周りもやってます。
    現実的な例でいうと、うちの会社の忘年会は座敷でやるんですが、上司のほうが後から登場することが少なくありません。
    そういうとき、やってきた上司を迎えるとき軽く頭を下げてます。
    もっと偉い人がきたらきちんと手をついて挨拶します。
    宴会って格が上がると料亭などですることが多いから、そういうところで挨拶一つ出来ないと大恥をかきますよ。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧