カラー診断で失敗?

レス23
(トピ主0
お気に入り0

美容・ファッション・ダイエット

まこ

一時 流行った”カラー診断”ですが やはり
当たり外れがあるのでしょうか?
 私は”秋タイプ”と診断され、自分でもまさか、
とびっくりしたのですが(春か夏タイプだと思っていました)せっかく受けたんだし・・と思い アドバイス通りに”秋色”にチャレンジしてみました。
 でも 周りの評判がすこぶる悪いのです。
私は童顔タイプで 色味もどちらかというと明るめの色が似合い、口紅の色もサーモンピンクとか 薄めのピンクを使っていたのですが 秋色は大人っぽい、
くすんだような色が多く、主人にも子供達にも
”なんか急に老けたみたい””まこのイメージと違う”と言われる始末。友達にも”あれ?どうしたの?
いつもと違うねぇ〜”・・事情を話すと”絶対違う。
前のまこの方がいい!”と言われました。
 自分でも違和感あるし やはり診断する人によって判断が違うのでしょうか?同じ体験 された方、いらっしゃいますか? (でも これなら何の為に受けたのか分からないですよね・・。)

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も診断では秋タイプ

    私も診断では秋タイプでした。でも、顔色が暗くなりやすいですよね。私は秋の季節だけ秋タイプの服を着たりしますが、普段は冬タイプです。はっきりした色の組み合わせが以外に似合っているらしいので。でも、春は春色の服だし夏は断然ブルーが多いかな。でも、自分ではクロが一番似合う色と決めてとにかく黒をとりいれています。カラー診断は目安程度かな。

    ユーザーID:

  • 誤診?取り入れ方のアドバイスは?

    私も先日カラー診断受けてきました。
    結果は「冬(ラグジュアリー・モダンタイプ)」。
    自分では春だと思ってた…。
    ドレーピングをして納得。ロイヤルブルーや赤紫を近づけるとうんと美人に見える(笑)!アナリストさんは「せっかく持っている色気を生かせる色をもっと取り入れてみては?」と。
    でも、いきなりは全身変えられません。ゴージャスな格好なんてどこにしていくのやら。
    きちんとアドバイスしてもらえました。「最初はうんと薄い色と強い色を合わせる」「ふわふわが好きなら、レースやフリルでもボルドーや紫を取り入れる」など。守備範囲が広いタイプだから今までの色に似合う色をちょっと効かせるだけでもっときれいに見えるとも。
    私の場合は役に立ちました。

    ドレーピングで納得しましたか?私の友達には誤診の経験者もいます。誤診でなくても、アナリストも人だから主観が入り、受けた人とセンスが合わない場合もあるらしいです。
    それに、人には今まで作り上げてきた雰囲気もあるし、いきなり変わると変に思える場合もあるので、取り入れ方に問題はありませんか?アナリストさんはその辺のアドバイスはしてくださらなかったのですか?

    ユーザーID:

  • 一番似合う色はショッキングピンク

    当たらないと不評のカラー診断ですが私は当たりました。
    ポイントは人から「その服どこで買ったの?」「なんか今日かわいい!」と言われた時に来ている服の色、だそうです。

    私は振袖選びの時に大量の色んな色の布地をあて、母も店員さんも私も濃い色が似合うね、という感想でした。化粧品屋のメイクさんにもはっきりした色などを進められます。
    で、カラー診断で「冬」と診断されて、やっぱり!と思いました。

    私が受けた診断は集団で、まずプロの方が個人的に診断した後に、みんなの前で色んなパターンの色の布を顔にあてみました。ほぼ全員一致で「コノ人にはこれ!」という色があるんです。驚きました。

    だから本当の判断は「人による」ものではなく、万人が一致するものだと思います。
    それ以来、洋服選びや化粧品にもカラーを意識するようになったら「なんか最近おしゃれ」とか言われます。
    ちゃんと合った診断なら、周りの評価が悪いのは変ですよー。

    コチラも読んで見てください。
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2005/0223/032061.htm

    ユーザーID:

  • カラー診断は参考程度で

    カラー診断は、
    顔の色合いと服の色のトーンを揃える理論(私の解釈)。
    だから、大きくは外れない気が。
    中高年で顔のくすみが目立つ場合は、かなり有効。

    ただ、理論にも限界がある。
    性格、仕事、ドレスコード、今までの服の履歴、
    自分がなりたいイメージ、トレンドの取り入れ方等の諸要素が考慮されないのです。

    私も自己診断では「秋色」ですが、
    シーンやコーディネイトの幅ひろさ、
    という要素のほうが顔色に揃うことと同様に大事だから、秋色一色ということはない。
    でも、秋だろうと思うようになって以来、
    試着の際に茶系の色も試してみるようになり、
    カラー診断の要素である「顔映り」をより気にするようになった。

    そうすると、意外な出会いが開けていい。
    あと、秋色は合うのは安心感につなげていますが、
    それは診断を参考に自分で選んだからであって、
    診断を鵜呑みにしたからではない、みたいな感じ(笑)。


    あと、装いを変わるときは誰でも周囲に違和感はあり、反応も変わって当然。それでも続けるかどうかは結局は、自分の判断になると思います。

    あまりに自由なので、却ってセンスが問われる大変な時代ですね(苦笑)。

    ユーザーID:

  • 基本カラー&髪の色でプラスα

    私もカラー診断を受けたことがあります。

    知人同士の身内的なプチ・セミナーの一環で行い、
    その時の講師(元パリコレ・モデル)が仰っていたのは、
    ベースカラーは基本的に変わりませんが、
    髪をカラーリングしている方はプラスαで似合う色が
    増えるということでした。

    それと、秋色は日本人で合うのは少数派ということ。
    たまたま参加者の中にお独りだけベースカラーが秋色の方がいらっしゃいましたが、
    講師に言わせると『いる方が珍しい』と。

    秋色に診断された彼女の顔立ちは童顔でありませんでした。
    私自身の基本は冬色、顔立ちもスッピンでもはっきりしている方。

    秋冬モノのセーター、ジャケットにオリーブグリーンを好んで着用していた私でしたが、秋色を顔周りに使用するのはちょっと工夫が必要と言われたのはショックでした。

    でも、ベースカラーが自分の好みと違っても、
    顔周りに近い肌に似合う色を指し色として使えば、今までの服も活きると言われたので相変わらず着まわしています。

    ユーザーID:

  • 違いますよ!

    色彩の勉強をした者です。パーソナルカラー診断をできる資格も一応持っております。
    はっきり言って、周りの反応からして診断は間違いだと思います。診断する人の能力や流派によって診断が変わることはあると思います。

    カラー診断は、人間の目で行うものだし、診断できる資格もあいまいな基準で資格を与えているところもあります。ようするに国家資格等ではありませんから、その流派の考え方がとても大きく反映します。お金が欲しいから、パーソナルカラー診断が出来るカラーアナリストを養成し、特に難しくもない試験をして簡単に資格を与えているところも実際あります。診断されたところはどのようなところかわかりませんが、そのアナリストの実績などをもっと考慮されるべきだったのかもしれません。

    ユーザーID:

  • 似たような経験をしました。

    私も今年カラー診断をはじめて受けました。診断結果は、オータムでした。しかし、今まで好んでいた色は正反対のブルーベース。オータムカラーは全く持っていませんでした。そこで 思い切り洋服もメイクも変えてみました。メイクに関しては、何度トライしてもブルー系のアイシャドーが似合わないと思っていたので、ゴールドやモスグリーンに変えてしっくりくるのがわかりました。ただ 洋服に関してはブルー系のものが似合っていたと周囲からは言われます。先入観もあると思うんですよね。友人がラブリーなフリルのファッションをガラリと変えた時、周囲からは以前のフリルの方が良いと言われると言っていました。身近でない人の意見の方が偏見も先入観もなくていいような気がします。もうすぐ秋だし私はしばらくオータムカラーを楽しんでみたいと思ってます。

    ユーザーID:

  • まちまちみたいです

    ご自身で「春か夏だと思っていた」
    と書かれていますが、これは微妙ですよね。

    お肌のベースはどちらですか?

    イエロー⇒春or秋
    ブルー⇒夏or冬

    ですから、秋の評判が悪いということは、トピ主さんは
    ブルーベースなのでしょうか?

    ただ、このパーソナルカラー診断にも流派があり、私
    自身、1度目のシステムでは秋、2回目のシステムでは
    夏と診断されました。
    私は夏の色の方が自分に合っていると思い、秋のカラー
    は使っていません。

    秋と診断した方に聞いたところ、「秋のカラー自体、
    顔色をイキイキとさせる効果を持っている。夏の
    色(冬もそうでしょうね)は逆に、血色を失って
    しまう色なので、ブルーベースの肌だけれど、夏の
    色は色が抜けすぎて透明感が出すぎるので、より
    魅力的に見せるには秋という診断にしました。」
    という感じでした。

    一方、夏と診断した方の方が理路整然としていて納得
    できる部分が多かったです。

    どちらも有名なスタジオでの診断です。

    個人的には、いくらそうは言っても、ブルーベースの
    色白肌に、イエローベースの色を合わせたら、顔色が
    浮いてしまうと思うのですけどね。

    ユーザーID:

  • 色の選定が違うのかも

    始めまして。2級ですがカラーの資格もっているのでアドバイスさせてください。
    あくまでもカラー診断は、人の目で見るため多少違いますよ。

    後、同じピンクでもサーモンピンクとビビットピンクで同じピンクでもぜんぜん違う色なので、本当に自分に合う色を探すのは結構大変です。

    自分が着ていて落ち着ける色で良いと思います。
    無理に診断で出た色を着る必要はないと思います。

    私も秋色と診断されていますが、オレンジなどが好きで
    明るめの洋服を着ていますし店員さんなどからもそのような色を勧められます。

    ユーザーID:

  • 私もやりました。

    目の黒めの部分が茶色、染める前の髪の色も茶色なので「春」でした。で、オレンジの口紅、オレンジのシャドーで化粧してもらいましたが、なんか変で、やはりピンクが自分には合うと思いました。ピンク系、サーモンピンク系だと目の輝きが綺麗になり、肌のくすみがめだたなくなるそうです。秋系の色をもってきたら肌がくすんで汚くうつりました。自分に似合う色をカラーコーディネートするのって必要ですよねー。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    私は1度カラー診断を受けた時に冬と言われ、自分でも普段から青みのある色を着ていたので納得しました。ですが、化粧品コーナーでカラー診断のようなものをした時に黄みのある色の方が似合うと言われ分からなくなりました・・・。ただカラー診断は専門の方にやっていただいたのでそちらを信じています。カラーの勉強をしている友人にも冬だと思うと言われたし・・・。また年齢によっても変わるのでしょうか?でもやっぱり化粧品コーナーで似合うと言われた色(秋色もあります)は苦手な色で顔に合わせると老けるし顔色も悪くなると思うんですよね。

    ユーザーID:

  • カラー診断では秋・冬の混合です

    カラー診断では秋・冬の混合ですが、
    真っ白な色と真っ黒な色、それと、バイオレット(全部秋と冬のカラー)を着たら、色々な人から口々に似合わないと言われました。
    逆に、あまりはっきりとはしていない、中間色のような色(グレイとか黄土色)を着たら、よく似合うと言われます。
    私は顔立ちが薄めではっきりしていないためか、冬の色と診断されていても、あまり濃いビシっとした色は似合わないのだそうです。

    ユーザーID:

  • カラー診断の知識がありますが…

    カラー診断では、春か夏…で迷うことはありません。
    分類としては、春か秋(イエロー系)、夏か冬(ブルー系)です。
    秋と診断されたということは、肌の色はイエロー系ですね。ブルー系の人は色が白人が多いので、もし、ご自分で明らかに色白だと思われるようであれば、根本のベースの色からして違っています。少し黄みがかっているようであれば、秋か春に分類されます。

    もし、基本がイエローということであれば、そこから先は秋が春に振れても問題はないと思います。また、童顔であるということであれば、おそらく春のほうがよいかもしれません。
    春の色、サーモンピンクや、オレンジ、ベージュ、アプリコットなどの色を選んでみてはどうですか?
    ハッキリとしたピンクや赤、青、真っ白、また、涼しい感じのパステルというのはブルー系の色(白い肌に映える色)ですので、どちらかといえば明るくキュートな、温かくふわっとしたオレンジ系の色を選んではいかがでしょう。

    ユーザーID:

  • 別のところでも診断を受けてみて

    パーソナルカラー診断自体はお薦めです。
    自分に似合うカラーやイメージを知ってから、外見的にかなりイメージアップできました。
    ただ、いいかげに誤診される場合もあると思います。また、似合う色かどうかを自分で判断するのが難しい微妙な色もありますので、間違えて選んでしまっていることもあるかもしれません。
    診断時にカラーサンプルを買っておくと便利です。
    今回は、別のところで再度診断を受けることをお薦めします。またお金はかかりますが、やる価値はあります。私も4回受けて、3回は春タイプ、1回だけ秋タイプだと診断されました。
    春タイプのイメージの装いの時は評判が良いので、
    春が正しい診断だと思います。
    カラー診断は天気の良い日の自然光で診断するものだそうで、診断のお店では自然光に近い明るさの照明を用意しているところもあります。
    私が秋タイプと誤診された時は、雑居ビルの一室で、夜に蛍光灯か何かの少々薄暗い照明の中で診断されました。また、その時のカラーリストは、趣味で習って、お遊び感覚でセミナーを開いたっていう印象だったので、あまり診断技術の無い方だったのかも。

    ユーザーID:

  • 多分

    トピ主さんは、多分、微妙な色がお似合いになるのだと思います。カラー診断で使うドレープの色って、分かりやすいけど極端ですよね?
    それに、ファッションで色はたしかに大切だけど、それだけではないですしね。デザインや素材も大切ですし・・

    実際カラー診断をしてみて、どうでしたか?
    一番合わなかったグループは?
    春や夏を当てたときは、どんなでしたか?
    秋の中でもどんな色が似合うといわれましたか?

    もしかして、春だと鮮やか過ぎて、夏だと青すぎ・薄すぎ。秋の中でも比較的明るい色やソフトな色が似合うといわれませんでしたか?秋の中でも黄色みが強すぎたり、重い感じやくすんだ色は、苦手なのでは?
    そうだとしたら、これまでの評判でも明るい色が似合うということですし、明るいけど、鮮やか過ぎず、青味や黄味が極端に強くない色が似合うのではないでしょうか?
    イメージで言うと、春の色を少しだけ押さえた感じ。または夏の色の明るくあまり青味が強くない色。秋の色の明るめで黄色みがあまり強くない色という感じかなぁ?

    ユーザーID:

  • 似合う色・似合わない色あります

    まずカラー診断の結果が正しかったとして、同じ季節に分類される色全てが似合うわけではないです。なんせ全ての人を、4種類のカラーにきっちり分類できるわけないですから。
    診断された時に、こっちはOK、こっちは顔から遠ざけた方が、といったようにアドバイスされませんでしたか?
    私もトピさんと同じ秋で、ゴールドやサーモンピンク、レンガ色等はよく似合うのですが、ターコイズっぽいブルー等は顔色が悪く見えます。

    ただ私は、好きな色や、あえてイメージを変えたい時は、秋でない色でも着てしまいますよ。シーズンカラーに縛られてたら、何を着ても似た感じになって、つまらないですもの。

    ユーザーID:

  • 私の場合ですが。。。

    こんにちは。
    せっかくのカラー診断だったのに、凹みますよね。

    まず、診断方法は丁寧でしたか?

    私の場合は10年位前に受けましたが時間は10時〜17時で定員3名。

    ・ノーメークのまま顔の下に布をあてて色のグループを決定(名前は季節物ではありませんでしたが)。
    ・グループが分かったら、似合う口紅を付けてそのグループ内でも似合う、似合わない色を判定。
    ・メークも、ファンデ・アイカラー等の色を診断。
    ・次に、似合うアクセサリー、髪型、着こなし、生地の感じ、襟の形、模様などなどを教えて貰った。
    ・最後に、そのグループの服を着て実感する。。です。

    もうびっちりのスケジュールで、自分のこととはいえ最後は疲れました。
    値段は2万くらいだったと思います。

    <<続きます>>

    ユーザーID:

  • 私の場合ですが。。。その2

    <<続きです>>

    そこで教わったのは、
    「似合う色は、肌の色、髪の色、瞳の色で決まるから髪の色は変えないで下さい」とのことでした。
    また、似合うグループは一生変わらないけど、年齢と共にその中で似合う似合わないは違ってくる。とのことです。

    診断料は高かったけど、私の場合は大正解で「貴女は自分の似合う色を知ってる」と言われています。

    トピ主さんの場合、失礼ですが診断内容が適切でなかったように思いますが、如何でしょうか・・・?

    ユーザーID:

  • 有難うございました!

    早速に沢山レスを頂き、有難うございました。
    やっぱり診断する方にもよるのでしょうね。

     確かに秋タイプは日本人に少ない、実際診断して
    秋になる人は少数派、と言われてました。
    (春、夏が多いそうです)。私は色白肌でややピンクがかっています。(夏の人は色白でも 青白い印象なんだそうです)。髪と瞳は茶色で 童顔タイプ、最初は春か秋か 迷っておられたのですが”秋ですね”
    と決定的になったのは”瞳のデザイン”だそうで
    秋タイプは瞳孔の周りが☆みたいにギザギザなんだそうです(よく分かりませんが 特別なレンズ?を使って見ると分かるらしく パッと見は全く分からないそうです)。

    それから 秋タイプは シックな色のメイク、服装でも老けて見えないらしく イメージ的には 垢抜けていて都会っぽい感じで憧れますが
    (大好きなヴィトンのバッグが一番似合うそうだし)
    どうも違うような気がするんですね・・。
    キャラ的にもお笑い系ですし。(苦笑)
     でもせっかくだし 少しずつ秋の要素も取り入れてみようかな、と思います。これから秋ですし!

    ユーザーID:

  • むむむ・・・

    色彩を勉強中の者です。
    誤診ってあんまり聞いたことないですけど、周りの反応、自分の感想がどうもおかしいと感じたならひょっとして間違いか・・・・・。

    それぞれ自分に合った色味というのはきっと、あると思うのです。コーラルピンクや薄いピンクの口紅が似合っていたのであれば春の人の可能性もありますよね。別の場所でもう一度診断を受けてみてはどうでしょうか。(以前してもらったことを隠して)
    あと、今まで自分で作ってきたイメージは自分や周りに定着していますから、イメージチェンジして違和感を感じているということも考えられます。また、診断しにくいタイプの人ととてもわかりやすいタイプの人がいます。トピ主さんはわかりにくい人だったのかも・・・。

    パーソナルカラーは洋服や化粧品などを選ぶ時に迷ったら活用するくらいで、基本的には自分の気に入ったものを身につけたほうが、気持ち良くて顔も明るくなると思います!

    ユーザーID:

  • 何が一番顔映りに影響するか。

    私の経験から、ベースカラーを必ずしもどちらかに分けなければならないとは思えません。
    イエローかブルーかという、ベースカラーが一番、顔映りに影響する人も多いのは事実だけど、場合によっては、多少の青味から多少の黄味までの範囲なら大丈夫な人もいます。
    こういう人の場合、イエローベースかブルーベースかということよりも、色の明るさや鮮やかさのほうが似合う・似合わないを左右する要素として影響が大きいことになると思います。
    カラータイプのどれかに無理にあてはめようとすると、トピ主さんが経験したような失敗や誤解もおきやすと思います。
    1度、ベースカラー(イエロー・ブルー)と色の明るさと
    色の鮮やかさのなかで、どれが一番顔映りに影響するか
    を手持ちの洋服や色紙などで試してみるといいと思います。

    ユーザーID:

  • どちらでもOKのタイプ

    カラー診断ではないのですが ある化粧品店で
    試しに自分が”イエローベース”なのか
    ”ブルーベース”なのか知りたくて調べてもらった事があるのですが・・。
     私は色白で透明感があり、”明るい”と言われる
    肌をしています。
     最初のお店では店員さんが散々悩まれた結果
    ”イエローベースでしょうね”と仰いました。
    頼りなげだったので 別の機会に別のお店で見てもらうと 今度は”ブルーベースです”と言われ 3度目の正直で又別のお店で見てもらうと”そうですね。
    お客様のお肌の色は どちらでもいけます!”
    と言われたんですよ。笑
     だから夏は涼しげにブルー系で 冬は暖かさを感じるイエロー系にされたらどうでしょう?という風に
    言われました。おそらくトピ主さんもこのタイプではないでしょうか? 色彩の勉強をしている友達に聞くと”どちらでもいける人は少なからずいる”という事でした。 でもご自分でも 身に付けるとしっくりきて 他の人からも”似合う”と言われる色が 本当に似合う色だと思います。

    ユーザーID:

  • 色々な服に挑戦してみることです。

    思い込みではなく、色々な服に挑戦してみることが一番でしょう。
    その中から無理なく着られる似合うアイテムは必ず見つかると思います。

    私は今迄は、
    秋タイプと診断されることが多かったのですが、
    最近になってからは、
    春と言われるようになりました。

    秋系の色を着ると
    最近は口々に似合わないと言われるようになりました。(男性からも)

    秋系の色。
    よく着た色は黄土色・芥子色・カーキ色・茶色・濃い黄色など、茶色系の地味な色でした。
    子供の頃から茶色をよく着ていました。

    今では、似合うと言われる色は、
    黄緑・サーモンピンク・若竹色・薄い水色(浅葱色)など、黄身掛かった色。
    はっきりとした黄色・山吹色が似合うとも言われるようになりました。

    めがねをコンタクトにして、髪型をカラーリングをし、パーマをあてたおかげかなと思います。
    髪型や雰囲気でも、
    似合う色は左右されると思います。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧