国際カップルの行く末

レス41
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

都会っ子

国際結婚して12年目の一児の主婦です。夫も私も30代後半で、経済的には今リタイアしても一生安心してくらしていける余裕があります。最近、夫は彼の実家のあるバンクーバーに移り住みたいと言い出しました。確かにバンクーバーは、世界一住み安い都市に選ばれる程、綺麗で生活の質も高い所と認めます。しかし、住み慣れたマンハッタンを離れ、今まで築きあげた人間関係などを断ち切って、夫と一から新しい生活を始める事に非常に不安を感じています。しかも車の運転が出来ない私が、車なしでは機能できない所で住むこと自体、無理です。ちなみに私は、将来のんびり日本に住むのもいいかな〜と内心思っているところです。夫婦で、安住の地に関して意見が真っ向から違う場合、どちらかが折れる以外に解決方法はあるのでしょうか。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数41

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ない。

    え? どちらも折れなかったら・・
    解決しないですよね??
    どちらかが折れるしかないような?

    人間の考えや周囲の環境は、年月を経て変わっていくこともあると思います。
    バンクーバーに永住することになるかは、今の時点では わかりませんよね。

    例えば、今回は旦那さんに譲って、バンクーバー、その次はトピ主さんの好きな土地で、と提案してみるのもいいのでは? (平等ですよね)

    車の免許はとって練習すればいいだけです。日本より遥かに運転は簡単ですよ。頑張って!

    ユーザーID:

  • 横レスですが

    たとえマンハッタンを出てもバンクーバーだったら「今まで築きあげた人間関係などを断ち切って」ってことはほとんどないですよ。今じゃ通信費も安くてIP電話なら国際電話も市内電話とそんなに変わらないし、第一みんな出張や観光で次から次へとやってきます。(ちなみに私はマンハッタンから東京に戻ってきました。)最初から頭を固くしないで、決め付けてかからないほうが良いでしょう。

    ユーザーID:

  • 国際カップルは関係ないでしょう。

    内心将来は日本に住むのもいいかなぁと考えているのなら、ご主人にとっては、日本は今まで築きあげた人間関係などを断ち切って、妻と一から新しい生活を始める事に非常に不安を感じるばしょなのではないのですか?

    自分が場所と時期が違うだけで同じようなことをを考えているのに、ご主人が同じようなことを考えると、自分が不安だからと否定するのは単なるわがままなのでは?

    どちらかも折れることが出来ないのならば、5年なり期限区切るとか妥協は出来ますよね、
    日本へ行く前にバンクーバーへという考え方は出来ませんか?

    ユーザーID:

  • 人生は選択するもの

    アメリカにお住まいだったらDR PHILLはご存知ですよね。彼がいうには人生は全て選択。

    ある相談者が愛する人と結婚するには自分の仕事を辞めて遠くに行かねばならないというジレンマに悩んでいて、彼が出した答えは人生、全て欲しいものを手に入れるのは不可能。何かしかあきらめなければならないというもので、その相談者の女性の場合、仕事は選べるけれど、愛する人はこの世に一人という理由で、結婚に踏み切りました。

    そこで仕事を選んでいたら所詮その程度しか好きでなかったのでしょう。
    また20歳年上の男性と結婚した女性が年齢差による趣味のギャップに悩んでた所、結婚した段階でそういった可能性も考慮してたはずなのだから、それは自分が選択したことから生まれた結果に過ぎないと。

    個人的にはバンクーバー、日本からもNYから比べたらかなり近いし、お寿司もおいしいし、羨ましい限りですけどね。。。

    ユーザーID:

  • 他山の石

    失礼乍ら、通常は通り過ぎる題材。然し、状況が余りにも一族中の夫婦のそれに酷似しておりますので、筆を取りました。

    該当夫婦は共に三十代。 定職無し。 と言うか、持つ必要が無い人種。 現在マンハッタンの所有地在住。

    夫君はカナダ籍のバンクーバー育ち。 細君は米国籍のマンハッタンは五番街育ち。 一児は米国籍のマンハッタン生まれ。 現在は近所の私立校在籍中。

    将来BCに移り住む可能性等も検討していた様ですが、それも下記の問題で半分諦めた、とか。

    彼等の一番の問題は医療施設にそれに纏わる経費。 現在は家族全員個人負担の医療保険を維持しております。

    次の問題は、夫君の姉が地元テレビ局の顔なのだそうです。 そして、近く政界に出るかも知れない、との事。 (それで最近、仏語もやり始めたらしいのです!)。 そんな所に住みたくない、のが彼等夫婦の反応です。

    最後に、マンハッタンの不動産の維持、管理をどうするか? 併せて、夫君は米国の居住権を失いたくないのです。

    何か、彼等の心痛が伝わって参ります。 現在彼等はあれやこれやで年に二、三回程度両国を往き来しているらしいです。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 半分こ

    子供がおいくつかわかりませんが、自立できるようになったら、旦那の実家近辺と日本を5年づつとか10年づつで住んでみては?
    やはり住んでみないとお互いのいいとおもっている場所を紹介できないのでは?と思います。
    意外に今住んでいるマンハッタンよりも旦那の実家近辺のほうが暮しいいかもしれませんしね。
    たしかに、今住んでいる場所を離れるのは淋しいかもしれませんが、今の時代ネット回線が繋がっていればTV電話もできますし、淋しくない可能性もあると思いますよ。

    ユーザーID:

  • 妥協点を見つける

    >将来のんびり日本に住むのもいいかな〜と内心思っているところです。

    これをご主人に言ったことはありますか?反応はどうでしたでしょうか?
    もしまだ言ったことがなかったら、どのような反応をすると思いますか?
    「言葉も文字も違う国で今さら生活するなんて無理」とご主人がおっしゃったとしたら、トピ主さんはどのようにご主人を説得するつもりなのでしょう?
    どっちもどっちなのです。
    ちなみに私の知り合いのアメリカ人は奥様が日本人ですが、子供にアメリカと日本の文化を生で感じてほしい、という希望もあって、ニューヨークと東京を数年毎に行き来する生活を送っています。
    このような妥協点もある、ということで…。

    ユーザーID:

  • 空想

    トピ主さん、まさか都会っ子だからって運転できないと思っている訳ではないですよね?運転免許取ればいいですよ。運転できると便利です。
    ご主人がバンクーバーに住みたいというのなら、一度行かれて住んでみたらどうですか?住んでみて嫌なら、またマンハッタンに戻って来ればいい訳です。簡単な事です。
    もしご主人がもうマンハッタンに戻るのは嫌だと言い張れば、この時は別居も仕方ないですよね。
    それよりも何よりも、もしかするとトピ主さんがバンクーバーを気に入ってしまうかも知れませんし・・・
    気持ちばかり先行しても、行動してみなければ何も始まりませんよ。

    ユーザーID:

  • バンクーバー、車なしでも十分暮らせますけど

    提案としてふたつ…

    1 一年の半分は日本、半分はバンクーバーに住む
    2 日本とバンクーバーの間をとって、ハワイに住む 

    いい考えだと思いませんか?

    ユーザーID:

  • 失礼な!(笑)

    バンクーバーに住んでいました。車の運転はできませんがそれで不便だと思ったことはありません。東京はマンハッタンに比べれば確かに小さい町ですが、田舎ではありませんよ。何でも手に入ります。日本食もです。実際住みやすい町だと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 譲り合いの精神

    車の免許を取得されたらいかがでしょう?

    家を複数持つとか?

    或いは別居生活は?

    これからの人生の、いつからいつまではバンクーバー、いつからいつまでは日本、と一生の内にどちらにも住むそれぞれの期間を設けるとか?

    ユーザーID:

  • 行きたくないんですよね

    車の運転ができないと書かれてますが、免許を取るという選択肢はないのでしょうか。

    ご意見を読んで、そういうことではなくて、私はとにかく行く気がないのです、と思われているように理解しました。

    それなら行かない方が良くありませんか。
    無理に「折れて」ついて行っても、合わなかったら「あなたのせい」と相手を詰ってしまいそうで、私だったら怖いです。

    どちらかが折れるというのではなくて、第3の選択肢はないのでしょうか。ご主人はトピ主さんが行きたくないといっても無理に行く気ですか?それだと辛いですね。

    ユーザーID:

  • お互い様ですね

    トピさんが日本でのんびり暮らしたいな〜と思っているのなら、同じ感情のご主人の気持ち理解できるでしょう。

    日本人同士のカップルでも同じですよ。都会に住んで生活の基盤ができているのに、故郷に帰ってのんびり暮らしたいと言い出す旦那様たちもたくさんいますよ。

    私も国際結婚で今英国暮らしですが、たまたま主人は大の日本好き。数年日本に住んだことがある人で、結婚前に「老後は日本でのんびり暮らしたい」と言った一言で、この人と結婚できると思いました。
    実際どうなるか老後になってからしかわかりませんが。

    とりあえず今リタイアしても安心して生活できるなんて羨ましすぎる。そんだけお金に余裕があったら私ならどこの国でも良いわ〜。

    ユーザーID:

  • こればっかりは・・・

    こればっかりは、どちらかが折れる・・・
    というより、お互いに歩み寄って中間点を
    探すほかないと思います。

    どちらかが折れるのも手ですけど、
    そうすると折れた方の人が大変な場合もあるので。

    なんにせよ、アメリカに住むのでしたら
    車の免許は絶対に必要です。
    ニューヨークやボストンなら
    まだ地下鉄がある程度あるので、何とかなりますが、
    地下鉄がない都市では車は必需品です。
    「郷に入っては郷に従え」ですよ。
    (アメリカは免許が取りやすいですし)

    なので、車が運転できないから、
    車無しでは生活できない場所に行くのは嫌・・・
    ではなく、車が運転できないから、
    この際、免許を取る・・・ってのはどうでしょうか?
    いざやってみたら、意外に楽しいかも?

    個人的に国際結婚で一番大事だと思っているのは
    自分の文化や慣れた生活を押しつけたり、
    慣れない文化を試す前から否定するのではなく、
    受け入れて、試してみる柔軟さだと思います。
    12年間ご結婚なされているから、
    僕が言うまでもないですね、スミマセン。

    何か方法があるはずですので、頑張って
    ご主人と一緒に中間点を探してみてくださいな。

    ユーザーID:

  • じゃぁ中間点に住むわけ?住まないよね。

    >夫婦で、安住の地に関して意見が真っ向から
    >違う場合、どちらかが折れる以外に解決方法は
    >あるのでしょうか。

    無いと思います。
    NYに住みたい人、バンクーバーに住みたい人、
    じゃぁ間とってシカゴに住みましょう!
    な〜んて妥協点はありえないでしょう。

    一生働かなくても困らないほど裕福でしたら、バンクーバーで運転手を雇えば済むのでは?
    公共交通機関のあるバンクーバーの街中に住むとか。

    30代後半でしたら、今から車の免許取るのだって無理じゃないと思いますよ。
    日本で教習所行くと、40代のお母さんとかもいますしね。

    ユーザーID:

  • 両方可能では?

    いやはや、30代後半でリタイアOKの生活なんて羨ましい限りです。

    そんな余裕がある生活ならば、日本とバンクーバーの両方に住んでみたらどうですか?たとえば、バンクーバーに家を買い、そこを基盤に、半年バンクーバー、半年日本を交互に行き来してみてるとか?そうすれば、お二人ともハッピーなのでは?

    トピ主さんだけが、我慢する必要はありません。二人で歩み寄るのが大切だと思いますよ。

    私は今は貧乏人で、アメリカでしか住めませんが、いつか日本とアメリカの両方に住みたいと思っています。

    ユーザーID:

  • ディペンズ

    健康なうちはバンクーバーと東京、マンハッタンをいったりきたりしたらどうですか?経済的に恵まれているのですから、もっと気楽に二人でお話をされたらよいと思います。車を運転しないマンハッタン人とすれば、マンハッタンや東京、ロンドンあたりを拠点にし続けたいでしょうね。でも病気などで体が動かなくなったときを考えると、医療費と自然環境の面で優れるバンクーバーは老後永住に適していると思いますよ。そのころは自分で車を運転する必要はないですし。

    私は米国人と結婚して14年、北カリフォルニアで生活しています。子供がまだ小さいのでリタイアはまだ先ですが、たまに二人で希望の話をします。サンディエゴ、ウブド(バリ島)、タスカニー(イタリア)などを拠点に長期滞在のローテーションを組み、どちらかが大病になったらサンディエゴかサンノゼで余生を送るなど。実際どうなるかわかりませんが、二人で話をするだけで楽しいです。

    ただ医療費だけは現実問題として真剣に計画を立てています。父が受けた東京都内の老人医療のレベルを思い出すと、日本で病気や怪我はしたくないなと思います。

    ユーザーID:

  • 今は、様子を見たら? 1

    40代半ばのウィリアムズバーグに住む者ですが、同じ様な経験をしています。2年前に仕事を辞め、夫の父の住む郊外に引っ越しましたが、子供が小さかった事と運転免許がない事、都会好きな私にとって耐えきれるものではなく,半年でシテイに戻りました。もう絶対嫌だと思いましたが,この夏どうした事か、また引っ越してもいいと思うようになりました。屋敷森に囲まれた2エーカーの土地は,二人の子供に都会では出来ない経験をさせてくれます。近くのビーチはプレイグランドもあり美しい夕焼けを見る事が出来ます。子供たちが学校に行っている間、自分の趣味に打ち込んだり、庭仕事や家の手入れをしながら過ごすのも悪くないと思うようになりました。また、あれほど嫌だった運転にも挑戦してみようと思っています。そして,その地域の公立校がアメリカでトップクラスだというのも大きな魅力です。

    ユーザーID:

  • 今は,様子を見たら? 2

    都会から郊外へと気持ちが移った自分にとても驚いています。でもこれは新しい土地で何をするか肯定的なイメージを抱けるからで,そうでなかったらとても引っ越そうとは思えなかったでしょう。否定的な気持ちを引きずったまま新しい土地に行くのは想像以上のストレスになります。まして引っ越しがご主人の希望でと言う事だったら夫婦関係にも影響がでる可能性があります。どちらかがおれると言う事でなく時間をかけて決断される事をお進めします。バンクーバーで少しまとまった時間を過ごしでみるのはいかがでしょうか。私も,老後は日本に住みたいと密かに考えています。

    ユーザーID:

  • うちは・・・

    同じ国際カップルでも、トピ主さんとは全然状況が違います・・・(涙)でも一生懸命もし同じ立場になったら、と考えてみました。

    で、私の提案ですが、
    もう少し働いて、バンクーバーと日本に住居を持つという選択はどうでしょうか?そうすればマンハッタンにもまだしばらく留まれますし、どちらかが譲歩するという必要がなくなります。

    車の運転がバンクーバーでの生活の大きなネックと考えていらっしゃるようですが、車の運転は「慣れ」です。私も最初は怖かったですが、練習していくうちに自信もつきます。

    うちの場合、もしトピ主さんのような幸運な状況になれたとしても、多分日本に住むのは、夫の日本語力からして無理。マンハッタンでバリバリ仕事をしていたなら、バンクーバーで自然に囲まれながら穏やかに暮らしたいと、私自身も大喜びして、バンクーバーへ「ゴー!」しちゃうかも知れません。いいな〜。

    ユーザーID:

  • バンクーバー良いところですよ〜

    私はバンクーバーに居住して早13年になります。
    築きあげたものなんて大したものはありません。家族がすべてです。友達も移民の人もいれば短期ステイの人もいるし、事情があって日本に帰ってしまった人もいるし、所詮海外に住んでれば別れと出会いの繰り返しです。

    バンクーバーはご存知の通り、とても住みやすいです。車がなくても交通の便が良いところなんてたくさんあります。子供の学校もいいし食べ物も日本食が豊富で日本人もたくさんいます。アメリカに住んでる友達も可能ならカナダに移住したいと言ってた程子供を育てるには良いところだと思いますけど。でも小町ってメール交換できないんですよね〜。

    ユーザーID:

  • JFYI

    カナダに住んだことあります。バンクーバーもよく行きました。一つ言えることは、NYという刺激的な大都会に比べるととことん田舎ですよ。正反対の都市です。その点も考慮したほうが良いと思います。私はカナダ自体飽きちゃって東京に戻って幸せです。

    ユーザーID:

  • ご不安、分かります

    バンクーバー出身の夫(31歳)と結婚2年目の専業主婦(32歳)、子なし、アジアの金融都市に住んでいます。

    辛辣な御意見が多いように見受けられますが、私も都会っ子さんのお気持ちが分かります。

    外国で暮らし、外国語を話し、友人を作るのは、日本国内の何倍も疲弊するものです。(国際結婚をして、それを選択したのはあなたと言われればそれまでですが)また、年齢を重ねれば重ねるほど、新天地に適応するのが難しくなるのも真実。

    現在、私と夫は、お互いの母語ではない国に住んでいる為、上記の点は50/50ですが(夫は仕事場があるため、正確には夫が有利)どちらかが生まれ育った国に行けば、その比率は変化するでしょう。

    批判を覚悟の上ですが、人生の最終ステージが近づいたら、夫と離れてでも日本に住みたいと考えています。おいしい日本食と美しい四季、親しい日本の友人に囲まれ、人生を終えるのが夢です。今まで頑張ったのだから最後くらい良いじゃありませんか。ただ、実際本当にそうするかはまだ分かりませんが(笑)

    ユーザーID:

  • 簡単な解決方法がありますよ

    >経済的には今リタイアしても一生安心してくらしていける余裕があります。

    もう少し頑張って、バンクーバーと日本に住居を構えて、半年ずつ住めば良いんですよ。もっと頑張れば、マンハッタンにも居住地を置いておく、という事も出来ます。マンハッタンには、世界の各地に住居を持ってらっしゃる方が幾らでもいらっしゃりますので、そういった人に色々話をしてみましょう。マンハッタンなら、バンクーバーよりも、トロント・モントリオールにも居住地を持っていらっしゃる方は、かなりいらっしゃいます。

    ユーザーID:

  • 貴女の自活力は?

    25年連れ添った挙句5年間の別居生活. アメリカ人妻と二年前に別れ、離婚成立前別居後に親しくなった日本人女性が、元妻と入れ替わるかのようにシアトルの私の暮らしに入ってきました。三点あります。

    1)こちらの生活に慣れれば慣れるほど、日本の生活に戻ることが難しくなるだけ。国際カップルは関係なし。新生活二年目を終えたばかりの私の相手は、もう日本に戻って暮らすことはできない、と言ってます。

    2)私の相手も30代半ばで、友人や家族がいる日本からシアトルまで7歳の子連れで移ってきました。それも結婚の見通しがつかないままです。子はABCすら知らずに二年生で転校。クラスメートみんなから仲良くしてもらい現地化も全く問題なし。もちろん、アメリカ生活は始めての妻もどんどんと溶け込んで子の友人たちの親や私のアメリカ人の友人たちを軸とした新しい友人の輪を広げています。

    3)アメリカで生活する以上、運転はできなくてはなりません。何時どこでどんな変化があって別の土地で暮らすことになるかもしれません。貴女に自活力をつける上でも運転免許証は必要です。

    ユーザーID:

  • 3箇所同時に住んでみたら?

    今、リタイアしても大丈夫な資金源があるなら、しばらく3箇所に変わるがわる住んでみたらどうですか?

    たとえば、春はNY、夏は暑さを避けてバンクーバー、冬は比較的あたたかく、食べ物も美味しい日本で過ごしてみるなど、それぞれ良い季節を選んでそれぞれ住んでみれば、晩年どこで過ごしたいか、見えてくるかも知れませんよ。

    NYで何年もすんでらっしゃるタフなお方でしたら、車の運転なんてたいしたことじゃないですよ。習うより慣れろでとかなりますよ。大体、バンクーバーNY間なんて、飛行機乗ればすぐですし、通信・交通手段が発達っしてる今、人間関係を断ち切ることのほうが難しくないですか?私の友人の何人かも2−3カ国または2−3箇所それぞれ違う都道府県で同時生活してますし、世の中にはそういうライフスタイルの方沢山いるでは?

    ユーザーID:

  • 私の友人の場合

    友人が国際結婚カップルです。
    夫がエジプト人。友達である妻は日本人。

    彼女達はNYに住んでいます。
    理由は「フェアだから」。

    エジプトに住むと彼女が合せなくてはならない。
    日本に住むと彼が合せなくてはならない。
    2人共にとって異国であるアメリカで、母国語ではない英語を使って暮らす事が一番フェアであるという結論に落ち着き、アメリカ永住予定です。

    なるほどな〜と唸りました。
    自分の母国に帰りたい気持ちはお互い同じ。
    でも、それって結婚前からわかっていたこと。

    バンクーバーでもなく日本でもなく、マンハッタンに住み続けるという選択もいいかもしれませんよ。

    ユーザーID:

  • 免許を取りましょう!

    >しかも車の運転が出来ない私が、車なしでは機能できない所で住むこと自体、無理です。

    タイトルからして、どんな行く末なのだろうと思いきや、それほど深刻な悩みじゃないですね(良かったです)。失業して途方にくれた、や、ビザが下りない等を想像してしまいました。

    マンハッタンもいいですが、年をとるにつれ、好みが変わりますよ(静けさを好むようになる)。ただ、気になったのは、バンクーバーは住みやすい反面、雨がよく降り、うつ病率が高いとよく耳にしました。住みやすい都市に選ばれるのは、スイスやオーストリア近辺でしたよ。その辺り、もう一度よくお調べになったら、決断し易いかと。

    ユーザーID:

  • 私ならマンハッタン

    私はトピ主さんより10歳若く、10年後にそこまで
    余裕の生活をしている予定はありませんが、
    想像(妄想?)の範囲で意見しますね。

    私なら、生活の本拠地はマンハッタン。
    友人も居るし、仕事もあるし、車は運転しなくて良いし、
    買い物も便利だし、バンクーバーでも日本でも、
    行きたくなったら、飛行機乗って行けばいいでしょう。

    だからバンクーバーは別荘。
    自分たちが使うとき以外は、人に貸せばいいです。

    私はパリ在住ですが、
    この夏は、田舎にある夫の大叔父の家でバカンスでした。
    海あり山あり、静かな土地ですが、街育ちの私は
    10日で飽きてしまいました。
    有名観光地まで車で1時間なのですが、バスがないから、
    何をするにも人の車(私も免許とればいいんだけど)。
    料理してて「あ!○○がない!」とか、もう絶対アウトです。
    すいません、どうでもいいことばっかりで、、、
    でも、娯楽やレストランが少ないので、
    家事や料理やアウトドアを楽しめる人でないと、
    田舎は辛いです。
    休暇でちょっと行く分には、とってもいいんですけどね。

    ユーザーID:

  • 国際結婚は関係ないのでは?

    例えばマンハッタンを渋谷と例え、私がいま渋谷の便利で賑やかな大都会に住んでいたのに、突然夫が義実家のある千葉県の某市(かなり開けた商業都市で住みやすさは認めるけど)にリタイア後住みたいと言い出したら、私もトピさんと同じ悩みを持ったと思います。

    リタイア後住むなら自分の実家のある東京の住宅街(買い物は多少不便ですが閑静な住宅街)に住みたいという希望も密かにあるからです。

    私は夫婦で住むわけですから、トピさんが嫌ならきちんと意思表示すればいいと思います。

    妥協してバンクーバーに居を構え、年に数ヶ月日本に滞在してもいいのでは?安いウィークリーマンションもあるし。

    私がトピさんなら絶対嫌というかな(笑)

    N.Y.郊外でマンハッタンまでバスで15分ぐらいのところに2年ほど住んだことがありますが、本当にあきない街だもん。

    若者じゃなくても、子供でも中年でも、老人でも楽しめる街だと思います。住みやすいし、便利だし、思ったより治安もよかった。(危険なエリアや時間帯を避ければ)

    もし私の言っていることとまったく見当違いのことでお悩みだったらご容赦ください。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧