映画館での思い出ってありますか?

レス75
(トピ主0
お気に入り2

趣味・教育・教養

じーな

迫力、雰囲気、緊張感…やっぱり映画は映画館で見るのが一番ですよね。
で、思ったのですが、みなさんには映画館での思い出ってありますか?

つい数年前ですが、ロードオブザリング最終章を見に行った時の話…。
決戦前の、すごく暗く緊張感が漂っていたシーンで雷がなったのです。特に何てことない雷だったのですが、前に座っていた女の人が、よほど緊張して見てたのかビックリして「ヒーッ!!」と悲鳴をあげました。そのあと周りでクスクス笑いが続いて、ご本人しばらく恥ずかしそうにしていました…

友人の思い出は、子供とコナンを見に行って、早く着いたのでロビーで待っていたら、途中で会場から人が出てきた時に、音が漏れてばっちり犯人の名前が聞こえたことだそうです(笑)

みなさんの楽しい思い出、ほろ苦い思い出などなど、ぜひ聞かせてください!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数75

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • おしゃべりは許さん!…が

    映画にしろ演劇にしろ、茶の間でテレビ見てる感覚でしゃべりながら見る人って少なくないですよね。そういうのは迷惑で、許せません。でも…。
    ある時、ポケモンの映画に好きな俳優さんが声の出演をすることになりました。イイ大人が1人で、半ば“しかたなく”観に行きました。ポケモンの名前なんかピカチュウぐらいしか知らない私でしたが、すぐそばの席の子供が「あっ××だ! あれは○○!」と次々に出てくるポケモンの名前を叫んで教えてくれました(笑)。なんだか楽しかったです。

    当日券の窓口に並んでいたら上品なおばさまに声をかけられて「あなた、1人? よかったらこれ、今日までしか使えないチケットだから使って」とタダ券をもらってしまったこともあります。

    ユーザーID:

  • 立ち見

    昔(30年ほど前)「スーパーマン」を友人と見に行った時、ほとんど満席で、後ろで立って見ました。立ち見客もたくさんいました。
    今のシネコンでは考えられないし、シネコンじゃない映画館でも、立ち見が出るような状況は、最近ではもうないんじゃないかな、と思います。

    友人は、「スターウォーズ」が大好きで、「帝国の逆襲」を一日中映画館で繰り返し見ていたそうです、お弁当持ちで。
    それも、今のシネコンでは出来そうにないですよね(お金がかかりすぎて)。

    それと、あまりいい思い出じゃないけれど、昔は煙草の煙がよく邪魔してましたね。

    ユーザーID:

  • 15年くらい前かな?

     まだシネコンなんてものも無かった時代です。

     新宿の映画館で、ある監督作品の3本立てをやっていたので見に行った時の事(この頃は○本立てというのが多かったのです)。

     上映時間が5−11時位だったんですが、1本目が終わり怖々トイレに行くとあらっ、女性の方が一人いました。その方が私に
    「ちょっと、この映画、男の人ばかりで怖くありません?女性は多分私達だけですよね?」って。

     そう、その映画館に居たのは私達二人以外は全員男性だったんです。目茶苦茶怖かったけど、見たい監督の3本立てだったので気合で見ました。

     あれは本当に怖かったなー。シネコンは安全で良いです・・。

    ユーザーID:

  • 2時間以上待ち

    結婚前、彼とのデイトで映画にーあと30分位で終わる頃だったので「始めから見ようね!」と、二人でロビーの椅子に座って待っていました。ところがその30分が長〜い。「時間って、待っているとちっとも進まないね〜」と腕時計を眺めつつ,おしゃべりして待っていました。

    何の映画かもう忘れてしまいましたが、あまり人気のなかった映画のようで、お客さんの出入りも少なく、途中から入っていく人達もいる。でも、「私達は最初から見るんだ!」とひたすら待ち続けたが、どうも変・・・・

    「お前の時計停まってんじゃないの?」と言われて確認すると、ちゃんと動いている。しかし・・・・・私の腕時計、故障していたのです!見るたびに、ちょっと動いていたので、まさか自分の時計がおかしいなんて疑いもせず、2時間以上二人でロビーに居たのでした。

    おもいっきり彼にあきれられましたが、その時計、彼からのプレゼントだったのです。

    ユーザーID:

  • 思い出しました!南極物語

    時を溯ること、20数年前。高倉健さんや夏目雅子さんが出演していた南極物語を、当時のボーイフレンドと見に行った時の事です。

    大入り満員の場内で、私達は後方で立ち見をしていました。すぐ横にはお母さんに連れられた、幼稚園くらいの男の子も居ました。

    クライマックスの、取り残された犬のうち、タローとジローが隊員に向かって必死に走って来るシーン。私は心の中で、“ああ、やっと再会出来たね…”と絶好調に盛り上がり、涙もウルウルと沸いて来たその時。

    「あああ〜、お母さん!犬だ!犬だよおぉぉぅ〜!!」

    大声でスクリーンを指差す男の子。そう、私の隣の子。

    絶好調に盛り上がっていた私は、その瞬間に絶不調に盛り下がり。相手が子供なだけに、怒るに怒れないこの状況下、「ここまでの2時間を返してくれええ!!」と、声無き声で叫びました。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • ファンの多いアニメを観て

    ずいぶん昔ですが、当時高校生などに人気のあった
    『アルスラーン戦記』という小説がアニメ化されたとき、
    なんとなく暇だったので、原作も面白かったし、と
    映画館へ足を運んで、びっくり体験をしました。

    観客がみんな、パンフレットやグッズを大量に抱え、
    原作本持参で、話に花が咲いていたんです。
    席に座ったら座ったで、となりの知らないお姉さんから、
    「誰のファンですか?」と聞かれ、ビックリ。
    周りを見渡すと、初対面の人同士でも
    「○○好きなんですよ」「私もです〜」と盛り上がってました。

    さらに、中盤で「ナルサス」という美形キャラが登場した場面で、
    ギィ〜ッとドアが開いて登場したんですが、そのとたん
    「ほぉ〜」「はぁ〜」と、
    どよめきというか、感嘆の声が……。びっくり。
    映画館を出るときには、あのエピソードが削られてたね、
    △△の描き方がもったいないね、とかみんなで話し合ってるし……。
    アニメ映画は「なんとなく」で観に来るものじゃないんだ〜、と悟りました。

    「萌え」とか「おたく」とかの言葉を聞くと、
    あの映画館にいた人たち、と勝手に思ってます。
    間違ってる??

    ユーザーID:

  • ホラ〜

    パニックホラーを観にいった時、後ろの男子高校生が
    「俺、全然怖くねぇ」とうるさかった。
    ところが、一番怖い場面で
    「ぅわぁぁぁっ!!」と悲鳴を上げ、
    ビクッとなったらしく、足で椅子の背を蹴ってました。
    姉と怖い場面で爆笑してしまい、
    面白いやら怖いやら、楽しい思い出でした。
    灯りが付く前にコソコソ出て行きましたが、
    顔を見たかったなぁ・・・

    ユーザーID:

  • 苦い・・というより腹が立つ

    去年の夏、ダブルデートで交渉人真下正義を見てきました。
    私はもともと映画が好きでドキドキわくわくしながら鑑賞していたのですが、エンドロールが終わって横を向いてみてビックリ!
    私を除いた3人ともが爆睡。初デートですよ?信じられない!!

    ユーザーID:

  • アポロ13号さまさま

    今から何年前かなぁ?母と二人で宮崎アニメの「耳をすませば」を見に行ったときのこと。人も少ない平日で、ちょうどお昼時だったので、映画を見ながらお弁当を食べることにしました。

    場内が暗くなって、映画の予告編が始まりましたが、どれもラブストーリーや感動物の予告ばかりで「シーン」としていました。

    その時、隣にいた母のほうから「ポリッ」という音が・・・・。そう、母はお弁当のたくあんをかじったのです。そんなに大きな音ではありませんでしたが、母は恥ずかしそうに「きょろきょろ」と周囲を見回し、たくあんは一口かじっただけでした。

    しばらくすると「アポロ13号」の予告編がスタート。「ドガーン・バーン」などの大きな効果音に紛れて、必死でポリポリとたくあんを食べる母の姿が印象的で、未だにアポロ13号を見るたびに思い出し笑いをしてしまいます。

    ユーザーID:

  • 横浜のみなとみらいで・・・

    独身時代、仕事が平日休みだったのでよく映画を見に行っていました。

    一回だけ誰もいなくて自分ひとりの時がありました。
    大きい劇場だったので、落ち着かなかったです・・・(笑

    ユーザーID:

  • キアヌファンです。

    キアヌ・リーブスといえばスピードが有名ですよね、でもプライベート・マイ・アイダホの次に出たハートブルーも素晴らしい作品で、まだまだキアヌはそんなに知名度も無く、私は当時友達の弟がコンビ二でバイトしていて、もらった無料券を勿体無いからと映画館に見に行きました。正直あまり期待していなかったのですが、オープニングの海でのサーフィンのシーンを下から撮るカメラアングルを見ただけでこれは相当面白い映画だぞ!!っと体が震えたのを憶えています・・・見終わって本当に素晴らしい作品で一度でキアヌとパトリックスェイジのファンになりました。それからは、映画はオープニングが良かったら大体中身もいいという持論にたどりついてます。その次に良かったのは、ピアノ・レッスン、生きてこそ、ダカタ、シャイン、アマデウスです。一度見てみて下さい!!

    ユーザーID:

  • 拍手

    新宿だったかで「シンドラーのリスト」を観たとき、終幕で場内から拍手が起こったのを今でも覚えています。

    あと、ケビン・コスナーの「ロビンフッド」の試写会では、ラストの‘スペシャルゲスト’登場に場内からどよめきが上がり、拍手している人もいて、しばらく興奮が止みませんでした。

    見ず知らずのお客さんたちと一体感を感じられたとき、映画館に来てよかったなーとしみじみ思いますね。

    ユーザーID:

  • 今は無理

    70年代〜80年初期に映画少女でした。

    日活ロマンポルノ、東映やくざモノが好きで、高校の制服の上に借り物のコートかUSアーミーの大きいのを着て見に行きました。

    長かったのが、仁義なき戦い5本一気上映、ジャッキーチェン3本上映でした。若かったからできたのでしょうが、自分が戦った気分で疲れました。

    日活ロマンは魅力的な女優さんがたくさんいました。
    好きな映画は何度も繰り返して見ました。

    深夜新宿で高倉健、鶴田浩二の映画を一人で見ていたら、後ろから変な男に肩をたたかれて「出ようか?」終わってから怖くて果物屋さんに隠れていました。

    若い頃って怖いもの知らずでしたね。

    ユーザーID:

  • みんなで号泣

     10年位前かな?「マイライフ」という映画を見に行きました。(二コールキッドマンが出ていました)。余命幾ばくもない、主人公が自分の息子に向けて、メッセージを送り、それをビデオで録画するのです。
     日曜日の最終上映ということもあり、お客さんの数もあまり多くなく、映画の終わりに近づくにつれて、場内は静まり返りました。そして、いつしかすすり泣く声がきかれ・・・それがだんだん号泣に!

     まさに場内全体が、「一体となった」感じがしました。
    私も号泣しました。いい映画だったと思います。

    ユーザーID:

  • 止められない止まらない

    彼と映画を見に行った時の事。
    始まった途端、彼がものすごい勢いでポップコーンを食べ出したんです。
    まさに止められない止まらない状態。
    私は唖然としてそっちに気を取られて映画どころではありませんでした。

    終わって聞いたら自分でも分からないけど止まらなくなったとの事。
    その彼とはよく映画を見に行きましたが、そんな事はそれ一回きりでした。

    ユーザーID:

  • 12,3年前

    映画が好きで、短大の頃はよく一人で見に行っていました。
    ある日、結構年配の人向け(?)の映画を一人で見ようと、チケット売り場に向かっていると、「お一人?」と後ろから声を掛けられました。
    よく、キャッチセールスなどに声を掛けられていたので、警戒して振り向くと、上品そうな年配のご婦人が。

    「はあ…。」と曖昧に返事をしたところ、何でも招待券を2枚持っているが、一緒に来るはずだったご主人が仕事で来られないとかで、1枚もらって欲しいと…。
    もちろん遠慮しましたが、「無駄になってももったいないので」と、くださいました。
    そして、そのご婦人と一緒に映画を見ました。
    何だか温かい思い出になりました。

    ユーザーID:

  • 拍手した。

    40年前の小学校低学年の思い出です。
    【モスラ対ゴジラ】で悪役のゴジラが暴れて、
    人々が殺されるって時、モスラが登場・・・
    場内が拍手の渦、もちろん私も、
    思わず拍手したよ!!
    時代劇でも、主役が悪いヤツをバッタバッタと
    斬る時なんかも拍手の記憶があるね。
    終了した時は、必ず拍手した。
    住んでいる町に4軒あった映画館は、
    20年前に0軒になってしまった。(寂)
    今度レンタルビデオを見るとき、
    拍手してみよう・・・一人盛上がりもいいかも。

    ユーザーID:

  • 刑事ジョン・ブック

    大学生の時に「刑事ジョン・ブック/目撃者」を映画館で見ました。映画の内容もよく知らず、ただ友達にさそわれるまま見に行ったのですが、映画が終わるまで、「刑事ジョン・ブック」と「目撃者」の二本立てだと思っていました。なので、ぞろぞろ帰り出す観客にびっくりし、「皆、目撃者は見ないで帰っちゃうんだね」と友達に言って、笑われました。

    >Obaさん

    立ち見、昔は結構ありましたね。
    あまり映画館には行かない私ですが、それでも「戦場にかける橋」「サタデーナイトフィーバー」「ルードヴィヒ・神々のたそがれ」は立ち見した思い出になっています。

    ユーザーID:

  • 嫌な思い出

    ロードオブザリングだったかハリーポッターだったか、
    立ち見禁止で、席の数しかチケットがないはずなのに、
    一人、立ち見が出てしまいました。

    そこで、
    上演を延期して、スタッフ全員でチケット点検。
    最後に入った男性は立ち見でもいいと言っているのに、、、
    結局、犯人?は、見つからず、
    男性にはチケットを払い戻すから退場願う、という運びに。

    しかし、その男性は
    「せっかく子供と一緒に観に来たのに、
    後で同じ話題で話すことが出来ないなんて!」と憤慨。
    (そりゃそうだ)
    で、最後は親子ともども出て行きました。

    映画館の融通の利かなさに
    腹が立つ出来事でした。

    ユーザーID:

  • 大昔(?)の夢

    こんなことを言うと、うちの子供達は、信じられない石器時代の話を聞いているように言いますが、今は昔、私が中学2年の頃(40年近く前)、夏休みにサウンドオブミュージックが日本に来た時、余りに感動したので、毎日、日比谷の映画館に通いました。

    そして一日に3回程居座って見続けたのです。トータルで10回以上見ました。それでも熱は冷めず、その後、日本に来るたびに見続けて、45回以上見ることになったのです。

    当時の夢は、大人になって大金持ちになって、この映画を買い取って毎日好きなときに見よう、というものでした。今の若者は、ビデオを見ればいいじゃん、といいますが、そんなもの昔はSFの世界の話で、映画といえば映画館に行かなくては見られなかったのです。

    今では子供達が、サウンドオブミュージックのビデオをプレゼントしてくれたので、昔の夢が簡単に実現しました。あの時一緒に見続けた友達は、今でも大親友です。他の人にはあの時の感動は解らないかもね。

    ユーザーID:

  • シンデレラのガラスの靴

    も一つ、映画は映画館で見るしかなかった頃の思い出。。。私の記憶に残る一番古い映画は、デズニーのシンデレラです。昭和35,6年の事でしょうか。

    夏休みにこの映画に連れて行ってもらい、それはそれは楽しかったのです。まるで夢を見ているようでした。

    終了後、ロビーに出ると、何と、あのガラスの靴が透明なケースに入れられて飾ってあるではありませんか!! 抽選でお客の誰かがもらえるのでしたが、私はもらえずに大変悲しい思いをしました。かと言ってどこかで売ってているものでもないので、母も困っていました。

    あんなに小さい頃の気持ちをいまだに覚えているとは、よっぽど残念だったのでしょう。でも、映画がくれた幸せな気持ちのおかげで、あとには引きませんでした。

    もうあれからかれこれ45年も経ちますが、あの時靴をもらった人は、あの靴をどうしたんだろう、と思います。キラキラ輝く素敵な靴でした。

    ユーザーID:

  • 椅子から転げ落ちた奥様

    「ジェラシックパーク2」を観に行った時のことです。

    私の席は通路から3番目。
    1番目2番目にはご夫婦らしき中年のカップルが座っていました。
    問題だったのは、通路側に座っていた奥様の方。
    その奥様、映画が中盤に差し掛かって人間が恐竜に襲われ始めると「あっー」「ひゃっー」っと、小さい声で悲鳴を上げ顔をそむけるんですが、その時、顔だけじゃなく全身をよじって体全体でそむけるんです。
    その度に、私達の椅子までがグラグラ。
    さすがに旦那さんが何度か注意してましたが効果無し。
    そして、極め付けの出来事が起きました。
    巨大なティラノザウルスが人間をガブッっとやったシーンでその奥様、全身を使って体をよじった瞬間、勢い余ってそのまま通路へ転げ落ちてしまったんです。
    もう笑いが噴出すのを我慢するのに必死。
    周りからも一斉に笑いを噛み殺したような失笑が。
    旦那さんから助け起こされ、また何事も無いように椅子に座り映画鑑賞を続けましたが、映画の終了とともに即効で席を立ち去りました。

    あの奥様、次の日筋肉痛で大変だったんだろうなぁー 笑)

    ユーザーID:

  • 「ひぇーーー!!!」

    息子達が小学3〜4年の頃だったと思います。
    親子共々親しくしていた長男の友人母子と有楽町に、当時子供達の間でブームだった『キョンシー』を観に行きました。
    お友達との初めての映画に、既に地下鉄乗車あたりから男の子3人はえらい盛り上げって、親達も満足げに笑みを交わして。

    ところが、上映が始まって間もなくのこと、そのお友達がいきなり立ち上がり、タイトルのように叫びながらドアめがけて一目散。出ていってしまったのです。
    驚く私達母子に友達母は「いつもの事だから心配しないで」と言い残すと、程なく息子を連れ戻って来ました。
    ですが、キョンシーが怖いお友達は、その後も例の「ひぇーー!!」を残して立ち去り、その度に彼母が連れ戻すを繰り返す有様でした。

    キョンシーがピョンと出るとひぇーーのお友達と、引替クスクスゲラゲラ笑ってる我が息子達。そのあまりのギャップに、私の神経もいささか疲れ果ててしまいました。

    今も時折、マリオンを見掛けると、何故かあの日の出来事がフラッシュバックして、脳裏にキョンシーが飛び跳ねるのです。

    ユーザーID:

  • バイトの思い出

    90年代前半頃、新宿の大きな映画館で働いていました。
    確か伊丹十三監督の映画の時だったと思うのですが、お客さん(60代〜70代の男性)で「座席に共同購入で買ったサマージャンボ宝くじ6万円分を忘れて来てしまった」と、真っ青な顔で戻ってきた人がいました。

    完全入れ替え制で、全部のお客さんが出たあと清掃をして次の入場というスタイルだったのですが、すでに次のお客さんが入った後でした。

    結局、出てこなかったんです、宝くじ。
    スタッフもすごい一生懸命捜したのですが…。
    お気の毒様としか言いようがありませんでした。

    映画館でのバイトの思い出は、もー、いっくらでも出て来るぞ! って感じです。

    ユーザーID:

  • おひとりさま

    『ドーン・オブ・ザ・デッド』
    私を含めて10人くらいの客が全員「おひとりさま」でした。
    平日の昼間、地元のシネコンですから、まぁ、そう不思議でもないかもしれませんが。

    生まれて初めて行ったシネコンは某ワーナーマイカルでしたが、
    あの時の興奮は今でも忘れません。
    それまでの映画館の常識が見事に覆りましたから。

    学生の頃は、名画座で2本立てをよく観ました。
    2ヶ所ハシゴ計4本連続で観たことも何度かあります。
    最近の劇場のように設備もサービスも良くなかったのに、それでも楽しかったですね。

    ユーザーID:

  • ゴロゴロ

    以前住んでた地区の映画館はとっても古く、ボーリング場の下にありました。ある平日の昼間、3歳になったばかりの息子と行ったら、館内には私達のみ。
    音楽が流れたり、盛り上がった場面なら気にならないのですが、静かなシーンになると、上のボーリング場の「ゴロゴロゴロ…」という音が響くんです。涙も止まる音でした。
    今はなくなってしまったあの映画館。ドラえもんの映画が来ると子供達でいっぱいでした。懐かしいな〜

    ユーザーID:

  • ムトゥ

    それは、「ムトゥ踊るマハラジャ」を見に行ったときのことです。

    開演のずいぶん前から扉の一番前に陣取っているのは、どう見ても60歳を越えた高年の男女の集団(同好会風)。
    インド映画を見にくるようには見えなかったので、少々意外でした。
    周りを見渡すと、デートで来ているようなカップルの数がとても少ない。

    映画が始まってからも、客席はそこが日本とは思えない盛り上がりを見せ、観客が一体となって、大笑いしたり拍手したり、ムトゥに歓声を送ったり。

    終わった後、妙な一体感に包まれながら、和気藹々と出てきました。

    ここはインドか?って感じで、とても楽しかったです。

    ユーザーID:

  • 面白い人がいた

     私がある洋画を見に行ったとき、私の斜め後ろに座っていた中年の女性が、主人公がピンチに陥るたびに、「あっ、危ない、危ない」とか、「早く逃げて」とか声に出して言っていました。主人公を追っていた悪人のヘリコプターが墜落するクライマックスシーンでは「ほーら、やったぁ」と、とても嬉しそうでした。

     そのときはうるさいと思いましたが、今では楽しい思い出です。このことを思い出すたびに笑ってしまいます。彼女は今どうしているのだろう。今でも「早く逃げて」といいながら映画を見ているのだろうか。

    ユーザーID:

  • 映画大好き!

    昔は立ち見とか通路の階段に座って見るなんてよくありましたよね(笑)
    私はガンダムの映画を朝9時から夜の8時頃まで見てた事があります。あの頃は入替制なんて制度が無かったからずーっと同じ席で見てました。お昼も売店でパンとか買って。でもあまりに帰って来ない娘を心配して親が映画館まで電話をしてきました(笑)。あとバックドラフトの映画の時、私の前にアフロみたいな頭のおばちゃんが座っててよく見えなかった思い出もあります。

    ユーザーID:

  • 夫が臭くて・・

    隣に座っている旦那がにんにく臭い
    (ランチにイタ飯だったから?)のと
    体臭もあって臭くて映画に集中できなかったぁぁ!

    うちの旦那はこんなに臭いのか?!
    と、悲しくなりました。

    いやぁまじ辛い臭いにおいでした(涙)

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧