• ホーム
  • 健康
  • 子宮全摘後の内膜症再発。「生理」って?

子宮全摘後の内膜症再発。「生理」って?

レス5
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

かぼす

39歳未婚です。3年前に子宮筋腫と20年来の子宮内膜症(モロモロ治療&手術有)併発で子宮全摘と右卵巣摘出の開腹術を選択しました。
術後2年程は「生理(出血)がナイ!快適」と過しましたが、ここ1年半ほど2週に一度「排卵痛?生理痛?」と思える下腹部痛があります。しかも月を追う毎に強くなって。(当然ですが、出血はありません)
何度も開腹術を受け、腸と骨盤の癒着がひどく、腸閉塞で病院に駆け込むこともしばしば。
術前、卵巣を片方残すことのメリット・デメリットと内膜症そのものが完治するかは・・と主治医から説明を受けていたので、今の状態も「想定内」と受け入れながら、なんとか仕事を続けています。
幸い職場は「母性保護制度」が整っており、術前は「月2日の生理休暇は有給」の制度を活用させていただいていました。とてもありがたかったです。
しかし子宮全摘した今、この痛みは「出血が無い」ので「生理」ではないとのこと。適用外だそうです。
(定期的に婦人科受診しており、CA値的には「内膜症でしょう」と診断されました)
「出血(子宮)無しの生理」について、なにかご存知の方、どんな事でもいいので教えていただけませんか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • もう一度、「母性保護制度」を読んでみてください。

    「月2日の生理休暇は有給」という「生理」は、「外出血に限る」と書いてあるのでしょうか?
    もし、そうでなければ、
    「私は、内出血を伴う生理痛があるのです」と、主張しましょう。

    左の卵巣を残されているようなので、そこから「排卵」は、起こっていると思います。

    通常なら、子宮がないので、子宮内膜もなく、剥がれ落ちて流れ出る出血(月経)も、ありません。
    しかし、トピ主は、子宮以外の何処かに子宮内膜があるため、それが剥がれて、卵巣内か腹腔内で出血が起こっているのです。
    これも、「排卵による生理」に他なりません。

    あるいは、「母性保護制度」は、「妊娠可能な女性の為の制度だ」と言われたのなら…
    「排卵をしている限り、代理出産を頼めば、私だって子どもを持てるんです」
    と、言い返してやりましょう。

    とにもかくにも、先ずは、「母性保護制度」を詳しく読み返してみてください。

    ユーザーID:

  • そんなの有りですか?

     私も重度の子宮内膜症でした。そして、チョコレート膿腫(字が不明ですが?)と言うことで子宮全摘、卵巣二つとも摘出手術を行いました。その理由は、卵巣を片方残しておいてもまた膿腫が再発して開腹手術をする事になる。今一度に手術した方が良いとのお話でした。
     やはり、卵巣が残っていればホルモンの関係で子宮がなくっても生理の状態に成るのでしょうか?

     私の場合も、腸と、子宮の癒着がひどく予定の手術時間より長く掛かったとのことでしたが、40代の最後に手術を受け、既に子供も成長していたので、子宮、卵巣全摘でも差し支え有りませんでした。おかげさまで更年期障害を患うことなく元気にしています。

     でもおかしいですね。生理痛って。卵巣のホルモンのいたずらでしょうか?お大事にしてください。
    何のアドバイスにもならずに申し訳ありません。

    ユーザーID:

  • アレルギー?

    私も内膜症なので色々と勉強しましたが
    ある先生が「内膜症はアレルギーが原因」と発表されてから そう思ってます。
    例えば 花粉症、喘息などの方はアレルギーの薬で改善するみたいです。

    きっと病巣を摘出しても体質改善しないと完治しないのかもしれませんね

    ユーザーID:

  • 出血は「無い」のではなく「一見、認められない」ですから

     内膜症の部位では、卵巣ホルモンに反応して「生理」と同様に「内膜組織の成長→剥離」を起こしているわけですよね。ただ、出口が無いからいわゆる「生理」のような出血の仕方はしません。

     同様に?出口が閉鎖している例で、膣欠損や処女膜閉鎖などでは、子宮内膜は正常に「生理」になっても、出口が無いので出血は普通は見られません。(診察すれば出血〜凝結塊が確認できます)こういった「出口が無いので通常の出血は確認できない」疾患の場合はどうなっていますか?

     ただ、「母性」という表現がちょっとひっかかります。
     膣欠損や処女膜閉鎖は、その後に形成術を行えば妊娠が可能ですが、子宮全摘後は現在の医学では妊娠することができず(妊娠=母性ではありませんが、そういう狭義の解釈をされる可能性があります)、したがって、「生理」は該当しても「母性保護」には該当しないとされるかも。

     卵巣→卵子の提供が可能と考え、その「卵巣」で母性を訴えるというのはありかもしれません。

     あくまで、「制度」適用上の堅苦しい考え方ですが。

    ユーザーID:

  • 左卵巣は役目を果たそうとがんばっている

    私も23歳で右卵巣摘出、34歳の時に子宮全部、左卵巣の一部を摘出しました。
    子宮が無くなればつらい生理痛ともおさらばと考えていましたが やはり腹痛や下痢などありました。でも残された左卵巣に「がんばって女性ホルモンを出して下さってるのねぇ。毎日元気に過ごせるのは あなたのおかげよ。」と感謝しています。

    もうすぐ43歳になりますが、腹痛や下痢は治まってきています。
    あんまりつらいようなら お医者さんに相談しましょう。
    診断書も書いてもらって会社にも理解してもらいましょう。
    内膜症は一生続くものではないです。がんばりましょう!

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧