披露宴でのお酌

レス30
(トピ主0
お気に入り2

旅行・国内外の地域情報

あさがお

部長とは昔からの飲み仲間です
私の披露宴に出席して頂き、主賓挨拶をお願いしました。先日飲みに行った時、軽い口調でしたが、私の弟がお酌に来なかったので社会人としてどうかと思うと言われてしまいました。私の両親と親しかった叔父が部長にはお酌(兼挨拶)に行ったのですが、兄弟も行くものなのでしょうか?私には妹もいて、妹もお酌はしてないと思います(それについては言われませんでした)私も弟の結婚式の時はお客にお酌には行きませんでしたが。
場所は東京、私は中小企業につとめていて、披露宴も70人と中規模で会場もそこそこのところです

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 行かないんじゃない?

    今まで私が出席した披露宴の中で、新郎新婦の兄弟がお酌に回っている式はありませんでした。

    ご両親がお酌に回っている…というのが一番多かったですが、ご両親さえもお酌には回らない、という式もありましたよ。(それも全然アリだと思います)

    私の披露宴では、夫の母と夫の兄嫁とでお酌を、私側は母がお酌をして回りました。
    当時未婚の姉は、回りませんでしたよ。

    部長さんは冗談で言ったのか、弟さんが気に入らなかっただけなのでは?
    本当に「お酌が、、」という事なら、弟さんよりも女性である妹さんに注意の目が行くのが一般的だと思いますから。

    個人的には、あまり多くの方にお酌に回られるのは嫌ですね・・・
    新郎新婦双方の母親だけで充分だと思います。
    あまり気にする事ないと思いますよ。

    ユーザーID:

  • お酌って田舎の風習かと思ってました

    結婚式でお酌をするのは田舎の風習かと思ってました。
    東京でもするんですね。
    と言っても、住んでる地域によりますよね。
    私の住んでる地域はお酌をするのが当たり前です。
    でも兄弟姉妹がお酌をするのは見たことがありません。
    親はしている確率の方がかなり高いです。
    弟さんがお酌をしに行かなかったからと言って、
    社会人失格だとは、全く思いません。
    『常識』って、その人次第で、基準が違うんだなあと
    小町を見るようになって、強く感じました。
    だから、あまり気にする必要は無いんじゃないかなと
    思います。

    ユーザーID:

  • します!

    茨城出身です。
    何十回と披露宴に出席してますが、全ての式で披露宴の規模・年齢に関らず(未成年は別)、親・兄弟は全員にお酌してました。『宜しくお願いします』という挨拶を込めてだと思います

    私の式も70人収容のアットホームな式でしたが、夫側も親・兄弟回ってたし、私の親・妹もお酌して回りました。
    義妹は結婚式場で働いていて、20才と若く飲めませんが、当然のようにお酌して回ってましたよ。

    トピ主さんの場合、親から何も指摘されなかったのでしょうか?
    決してお酌が決まりごとではないけど、私はワザワザ来て下さった方への労いの挨拶も込めてすべきだと思います。それにお酌=身内からの挨拶、と一般の人は捉えてますから『あれ?ご兄弟からの挨拶は無し?』と思ってたかもしれませんね。

    もう過去のこととなってしまったんですから反省して、妹さんの披露宴の時はご挨拶に回ってあげてください。

    ユーザーID:

  • 昔風の考え方なら、ありえる。

    弟さんが、長男さんなんですか?
    それなら、あなたの実家を継ぐ立場として
    (本当に継ぐかどうかは別。)
    挨拶に行ったほうが
    年配の人の機嫌が良くなることは
    当然です。

    私は3人姉妹の長女ですが、
    妹の結婚式の時は、夫婦でお酌をして挨拶にまわりました。

    ひたすら、妹のためです。

    次の日声が出なくなりましたが。

    弟さんはお客様然として座って食べている立場ではないのですから、
    ごきょうだいそろって挨拶に回ったほうが
    印象はいいとおもいます。
    挨拶を受けて嫌な気分になるひとはいません。

    ユーザーID:

  • 大阪でしたが

    大阪の旧家に嫁いだ友人(彼女も神戸の人でしたが)の盛大な結婚式では、彼女のお父様とお兄様がお酌をして周り、招待客へ御礼の言葉をかけていらっしゃいました。わたしの結婚式は、主人の両親・私の両親ともお酌ではないですが挨拶してまわっていたそうです(会場が狭く、ワイン等の補充はサービスの方へお願いしてあったので)。
    お酌はせずとも、お身内なら席をまわって来場御礼のご挨拶くらいはしたほうが良かったかもしれませんね。
    両家の家柄や格式、風習の違いなどもありますから、何事も両家で相談する方が望ましいとは思いますが。

    ユーザーID:

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • しないと思う

    兄弟でもなさる方もいると思いますが、しない方も多いと思います。少なくとも、社会人としてどうかと言われる程の事では全く無いと思います。

    以前の小町のトピでは、ご両親がお酌して回ることですら、賛成派と反対派に分かれていました。

    ユーザーID:

  • 新潟のすんごい田舎です

    こちらでは、新郎新婦の両親はお酌をせずずっと椅子に座っています。
    お酌をして回るのは、新郎新婦の家族です。

    東京っていっても、地方出身の人も多いと思いますので念のために。
    もっとも、新潟も広いですから、こんな慣習はうちのところだけだと思います。

    ユーザーID:

  • 田舎なので

    母はお酌してました。普段は一切しない人だったのに、娘の結婚式なので頑張ったみたいです。私はいろんな雑事(ご祝儀の現金管理とか、お車代の封筒管理、新婦の食べものや飲み物補給を手伝ったり、諸々の裏方)で忙しかった(着物で走りまくってた)のですが、会場に居る時は母にお酒を手渡してフォロー(会場側に飲み物の追加注文の指示を出したりとか灰皿の取り替え等の依頼等々)してましたよ。

    ちなみにその時は700人近い招待客が居ましたが、母は全員にお酌でき、親戚一同(もちろんお客も)驚いてました。父も同様に動いてましたが、父は宴会慣れしてるので従兄弟を助手にして上手くやってました。披露宴後の家族(3人)の感想は「結婚披露宴はもうしたくないね」でした。疲れた〜。全員、筋肉痛。

    でも、お酌(会場での個人的な挨拶)の習慣のないところでしたらまた別の意見があると思いますので、トピ主さんの地方の習慣に添った方が良いと思います。

    アドバイスになってませんね。すいません。

    ユーザーID:

  • 新世代が変えていけばいいと思うのだが

    私は、現在59歳になりますが、そういう風習のイッサイをやったことがありませんでした。

    世代が変るごとに廃れている習慣と残る習慣があるのですが、お酌なんていうのは今だ健全なんですねえ。気にする人は気にするし、気にしない人は気にしない。盆暮れ正月の付け届けもそうですね。

    気にする人は、それを基準に、相手を見放したり面倒を見たりしますので、日本の人間関係の上では無視できない部分があります。私にはそれが面倒でした。

    私はお酌もしませんでした。会社勤めの時、部長からは嫌われましたよ。若かったからか、ある出来事があった時に、その部長をぶん殴って辞めてしまったので、お酌しないより悪かったですね。

    ユーザーID:

  • 田舎ですが

    私の実家周辺では、宴席でのお酌は「それを仕事にしている女性」か、もてなす側の男性がするものでした。
    仕事でないなら、女性はお酌をするものではないと教わりました。
    逆に、もてなす方の男性なら、お客様にお酌をするのが普通でした。
    部長さんは、もしかすると我が家の近くの出身の方でしょうか?

    ユーザーID:

  • 常識なんて人によって違う

    私の時は、お酌は一切無しにしました。
    シャンパン・ビール・ワインが飲み放題でしたが、飲み物はすべてギャルソンが注ぎ、ボトルはテーブルには絶対に置かないようにということでお願いしました。
    人数は50人程度で場所はグランメゾンです。

    私は私なりに会場のスペースやそのほか色々なことを考えてそうしたのですが、でもきっと古い考え方の上司だったりしたら気に入らないでしょうね。
    幸い私の上司も夫の上司も「ソムリエさんが来てくれてワインを相談しながら飲めてラッキー」と言ってご機嫌でしたのが。
    またそういう上司だとわかっていたからというのもあります。

    こういう場合はこうすべき 、なんてものは人の数だけあると思いますよ。

    ユーザーID:

  • しませんよ

    きょうだいたちの結婚式で、私はしませんでした。そんなこと考え付きもしなかった。両親もご挨拶にはまわったけどお酌はしていません。そういう発想がないの。
    私の感覚では、花嫁なり花婿の両親やその他家族が各テーブルをまわって挨拶なりお酌をすることを否定しませんけど、招待客としては、してくれなくてよいと思っています。
    「お酌にも来ないなんて無礼だ!」と気を悪くする人、受け答えが面倒だから来なくてよい、と思う人、感覚はそれぞれです。
    敢えて言えば「結婚式に「白」は着ない」よりも曖昧な習慣の部類だと思います。

    ユーザーID:

  • しました。

     東京生まれ、東京育ち、親戚も全員東京出身です。

     私の披露宴の時、叔父さん達が旦那側の親戚のテーブルにお酌して回っていました。「秋をよろしくお願いします」と。

     そんな叔父さん達の姿を見て、私がすっごく感動してしまったので(今までそんなに大事?にされてるなんて感じた事もなかったので。仲は良かったけど)、姉の披露宴の時は同じように挨拶周りしました。

     これは東京の慣習とかではなくて、自分がされて嬉しかったので姉の時は絶対にしよう!と思ってお酌してまわりました。
     だから必ずお酌しなければならない、と言う訳ではないんですけど・・・。

    ユーザーID:

  • 一度もないです。

    何回も出ましたけど、お酌している方はいなかったですよ。???
    お酌する披露宴ってあるんですか。
    初めて知りました。

    ユーザーID:

  • 田舎ならねー。

    私の地域では絶対にしますね。
    弟さんの年齢にもよりますけど。
    私は兄貴の結婚式の時にはしませんでした。

    理由は

    ・嫁入り前の娘であること。
    ・学生(18歳)であること。
    ・嫁に行ってしまえば実家から出る身であること。
    ・父親がそんな芸者みたいなことを娘にさせることは許さんと怒ったこと。

    です。
    弟さんがもし学生さんであれば、社会経験もないのでしょうがない。ということで大目に見てもらえるかもしれないですが・・・
    もしお勤めしていたのであればそれはしないと常識がないという人はいるかもしれませんね。

    お酌は「今後とも娘(姉)をよろしくお願いいたします。」という意味合いでするものですよね。ということは、トピ主さんの実家の家督を継ぐであろう弟さんは責任があります。
    その跡継ぎをお披露目する。もっと大げさに言えば、姉の責任を○○家を継ぐこの私が持ちますという挨拶ですよ。

    もっとも、そんなに大げさにかんがえてお酌する人もいないでしょうけどね。
    その上司の方は田舎の出身だったんでしょうかねー。

    ユーザーID:

  • 親もしない

    両親ともに生まれも育ちも東京です。
    私の披露宴では両親さえもお酌には回りませんでしたよ。
    父「会社の宴会じゃないんだから」
    母「ホステスじゃあるまいし」なんだそうで、
    確かに、正餐の最中に立ってうろうろするのは品がないですよね。

    私としては送賓で両親と並んだので、
    ゲストへの御挨拶はそれで充分だと思っていましたが、
    両親は、式から披露宴の間に招待客の控室を
    それぞれ御挨拶をしてまわっていました。

    冠婚葬祭の常識は本当に家ごとに違うと考えて良いので、
    あまり気にしなくていいですよ。

    ユーザーID:

  • 妹ですがしなかったです。

    友人(地方出身)の披露宴に行ったときに、両親・兄弟・兄弟の配偶者などが次々にお酌にきてくれた事がありました。

    私は東京出身でそんな習慣は初めてだったので、近々ある兄の披露宴のときに私もお酌に回らなければならないのか・・・と色々調べました。

    やはり地方だとそういった習慣はあるようでしたがホテルが一流になるほどお酌はホテル側のスタッフがするものとなっているらしく、中には両親もお酌に回らないようにとホテルから言われるところもあると知りました。

    なので兄のときはずっと座って食べてました♪

    ユーザーID:

  • 挨拶はするけど、お酌はしない

    タイトルの通りです。
    上司の方の言い方だけでは、お酌にこだわっているのか、それとも挨拶がなかったことに対して不愉快なのか、分かりかねますが・・・

    ちなみに、東京の某超一流ホテルの宴会担当の方も、「お酌に関しては給仕の者にお任せ下さい。」と、やんわりお断りの姿勢でした。
    お酌の際に、こぼされでもしたら大変ですしね。

    ちなみに東京の披露宴では、海外生活等を経験している列席者の方も多かったりするので、いわゆる欧米式マナーが身についている方には、お酌は逆にマナー違反となってしまいますよ。

    列席者の顔ぶれにもよりますが、必ずしもお酌が絶対的なマナーではありません。もちろん、挨拶だけはきちんとしておくのが礼儀だと思います。

    ユーザーID:

  • 色んな考えがあるモノだね

    ちょうど世代間や地域間で「酌」に対する価値観が色々交錯する感じになっているのかもね。
    どこがどうなっているかってのは分からないけど。
    僕としては単に「挨拶に行ったほうが無難」くらいにしか思わないなあ。
    この場合の弟さんは単なる客とは違うわけだしね。

    あとお酒を注いで欲しいかどうかなんて分からない。
    「手酌の方が自分のペースで飲めて良い」って人もいるわけだし。
    僕なんかお酌なんて「単なる強要じゃないか?」ってイメージがあるし、断れない性格の人もいるだろうって思うと出来ないなあ。

    ってことで、とりあえず挨拶だけでもしとくのが無難だったという感じかなあ。

    とは言ってもそれぞれスタンスが違うのだろうから、「へえ、こういう人もいるんだね」って感じだね。

    僕は個人的には「酒くらい自分のペースで飲ませろ」って思うけど。

    ユーザーID:

  • お酌に来られるのが苦手

    私はビールが全く飲めないので、お酌に来られるのが苦手です。
    たいてい皆さんビール瓶持って来るじゃないですか。
    それで飲めないって素直に言えば「またまたぁ!遠慮しないで」と食い下がってこられたり、反対に「じゃあ別のものを」とウーロン茶あたりの瓶を探しに行かれても申し訳ない。
    飲めないけど注いでもらうだけ注いでもらい(本当はビールのにおいもかなり苦手)テーブルに置いておくこともあります。
    この方法、主役のお父さんだけがお酌に回ってるだけならこれで済みすが、お母さん、兄弟姉妹と次々来られると、結局「飲めないので・・・」と告げて無用なやりとりをしなきゃいけなくなるんです。
    飲めない人の中には、お酌は代表者(お父さんかな)だけでスマートに済ませてくれる式の方がありがたいって人もいるのでは?

    トピずれの上、一方的に気持ちを述べただけですみません。

    ユーザーID:

  • 私の披露宴では

    私の披露宴では、旦那の弟さんがとても社交的な人だったので、私の親戚等一同にお酌してまわってました。私の姉たちは全然していません。
    弟さんがお勤めだったら、まあ、上司の方のおっしゃっていることも
    あながち間違ってはいないかもしれませんね。

    でも仕方のないこと、弟さんですもの。
    お姉さんの結婚式で何をすればいいのかわからないのが普通です。
    私の場合は弟さんが先に結婚してたから、お酌しにまわったのかもしれません。
    まあ、気にしないことですね。

    ユーザーID:

  • 人それぞれなので

    >弟の結婚式のときは〜
    ということは、既婚なんですよね。でしたら、お酌しなくてもとは思います。
    友人の披露宴の際、彼女の兄(既婚・子持ち)も弟(既婚・子なし)もお酌やテーブルに挨拶に来たりとかなかったですし。
    始まる前、受付(をしていました)に来て御礼を言ってくださっていたので、お酌がないから無礼なんて思わなかったですけどね。目上の方だとまた違うのかもしれませんが。

    反対に、別の友人の披露宴でお母様にお酌されたことありますけど、そのとき弟君(未婚)は来なかったです。

    なので、私から見たら兄弟は「一般的に行くもの」ではないのですが、その上司から見たら「当然」「常識」なのかもしれませんね。ご出身の地域性かな?
    ご立腹のようでしたら、とりあえず「至りませんで」とお詫びしつつ「うちの方ではそのような習慣がなかったもので・・・」と言ってみては?
    ご両親から挨拶があったのであればいいと思いますけどね。

    お酌自体、私は酒飲みなので喜んでいただきますが、ビール瓶もって歩き回るのは見た目にあまり美しくないなと思います。トピずれなうえに個人的な感想ですが。

    ユーザーID:

  • お酌するもの

    という家で育ちました。
    地方ですが、政令指定都市です、一応(笑)
    20代既婚女です。

    実姉の結婚式時はまだ私は未婚でしたが、振袖着て
    お酌しながらお客様にご挨拶に伺いましたよ。
    披露宴であって、パーティではないからです。
    海外ではマナー違反、というのは現地でやらなきゃ良いことだと私は思います。
    一流ホテルではホテル側には止められるというのは、お酒をこぼした時に、ホテル側に責任が及ばない為でしょう。
    田舎臭い慣習と言われればそれまでですが、結婚する者の家族が周囲に気遣ってする行為だと思えばこそ、そんなに
    恥ずかしいものだとは私は思っていません。

    とはいえ、お客側から「お酌に来なかった」等と言うのは
    とてもスマートではない事だと思いますよ。
    ご同情します。

    ユーザーID:

  • お酌じゃあなくて挨拶の事でしょう

    部長さんがお酌と言ったのは、挨拶の事で、お酌は大体セットでするものだから「お酌」という言葉が出てきただけだと思います。

    ここでは女性の方が多いのでお酌を硬苦しくお考えの人が多いですが、披露宴ですよ。
    飲み屋や芸者じゃああるまいし、挨拶だけでは手持ち無沙汰なのとおもてなしのポーズにしか過ぎません。
    部長さんだってそれ位わかってますよ。

    第一招待客は新郎新婦の親族にホステス代わりについでもらおうとでも思ってるとお考えですか?

    まあ主賓挨拶もしてもらったのだし、
    「本日はありがとうございました、今後とも姉を宜しくお願いします」とか
    「いつも姉がお世話になりありがとうございます」
    とか言わないより言った方がいいと思いますけどね。

    ユーザーID:

  • 長男さんかな?

    社会人としてどうこう、というよりは長男としての心構えについて、部長さんなりに思うところがあったので親しい「飲み仲間」だからこそあえてアドバイスしたのでしょう。

    ただ「主賓」として呼ばれただけならこんなことは言わないでしょう。それだけ親身になってくれているということ。部長の意見が世の中の標準かどうかなんてどうでもいいことです。

    ユーザーID:

  • しませんでした

    一人っ子なので私の兄弟が、というのはナシですが
    夫の兄弟は座って飲んで食べて、でした
    (いいカンジに酔って楽しんでくれてました)
    都内のホテルでしたが、プランナーさんも
    「最近ではそういう方はめったにいません
    お酌は係のものがしますので
    あえてするのでしたが、ご挨拶のみでしょうか」とのこと
    なので、主賓テーブルへは両家の親と一緒に
    歓談の時に挨拶に回りました
    ワインサーブを新郎新婦でやろうと思っていたのですが
    時間がかかるうえ、慣れないと汚すこともあるとのことで
    反対されました(招待客80名ほど)

    地方で結婚した友人の披露宴では、留袖着た両家のママが
    「どうぞよろしく」とお酌にきてくれましたので
    その方はそういう式にたくさん出席されているのかもしれませんね
    まあそういう人もいるんだ、と思っていたらいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 地方では経験あるけど、東京ではないなぁ。

    私自身は弟のときずっと座ってました。
    そんな事夢にも重いませんでした。
    両親は会場の方に即されて挨拶には回っていましたが、お酌付だったかは不明です。
    確かに地方の結婚式にお呼ばれされるとご両親→ご兄弟→その他もう不明。次から次へといらっしゃる事ありますよね。
    そしてどなたかもおっしゃってましたが、その頃って披露宴もある程度一段落している時間でビールタイムは終わってるんです。
    もうビールいらないのに、ビール注いでもらわなきゃならないのはちょっと面倒です。飲みますけど。

    ユーザーID:

  • たくさんのレスをありがとうございます

    辛口ペッパーさんのご指摘の通り、お酌=挨拶のつもりで書きました。説明不足で申し訳ありません。

    なお、弟より私の方が結婚が後だったのです
    なので、弟の結婚式の時は私は未婚、私の結婚式の時は弟は所帯持ちだったりしたわけですが
    なおさらNGだったりして。

    それまでの私の認識では「お酌したい人」がテーブルに行くものであり、両親ですら、慣習としてでなく単にお酌に行きたかっただけだったと思ってます。(そういう性格なので)叔父が出てきたのもそういうことからです。

    たくさんのレスを頂いたあとですが、お酌ではなく「兄弟の挨拶」ということで、再度ご意見を頂けるようでしたら、引き続きお願いします。やはり挨拶されないと不快に感じてしまうものでしょうか

    様々な意見をきくことで、自分のひとりよがりな認識を改めたいと思います
    発言小町はほんとうにありがたいです

    ユーザーID:

  • お酌?

    私も上司の方は、「お酌」というのは「挨拶回り」という意味で言ったのだと思います。

    会社で営業をされている方とか良くわかると思いますが、面識のない方と挨拶をするときに、「お酌」というのは丁度良いきっかけだし、ちょっと話しをするときの良い「間」を与えてくれるんですよね。

    ですから、言い方からして、上司の方は「お酌」をきっかけに「挨拶回り」をした方が良いと遠まわしにアドバイスをしてくれたのではないですか?
    こういうのは良い様にとって、今後に役立てれば良いのです。

    また、男性だけに言ったのは、男性はほぼ確実に定年までは働きますし、必要な処世術の一つだからではないですか?
    女性は家庭の事情などあって、男性ほど定年まで働く可能性はないですからね。
    また、女性のお酌は人によってはセクハラだと取られるかもしれないから気を使われた可能性もあります。

    ユーザーID:

  • 長男さんなんだよね?

    田舎の人間です。弟(長男)がおりますが既に結婚して所帯を持っています。私が結婚する際にもし弟がどっかり座って何もしなかったら私は正直「コンチクショー!」って思うと思います。
    古臭いとご非難を受けると思いますが弟は○×家の後とりであり、次期当主です(現在は父ですが)。
    結婚式、特に披露宴は結局家と家のものです。お酌をしろとは言いませんが「今日はすばらしい挨拶をありがとうございました」位、家の代表としてちゃんと礼を言いに行って欲しいと思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧