小学1〜2年生向きお奨めの本!?

レス19
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

本、大好き!

現在、小学1年生の子供が居るものです。

私自身、読書が大好きなのですが、海外在住の為、子供用の本を見つけるのに苦労しています。日本ではいつも近所の図書館へ本を借りていましたが、こちらではそのセレクションも限られてしまっています。

次回、一時帰国する際に、良い本があれば購入しようと考えていますが、皆様がお奨めの本があれば是非参考にさせて頂きたいと存じます。アドバイスの程、宜しくお願い致します。

因みに、子供は内容もさることながら、挿絵の綺麗な物にもこだわりを示します。。。絵本でのお気に入りは(月並みですが!)、「ぐりとぐら」シリーズ、「ねずみくんのチョッキ」シリーズ、「ノンタン」シリーズ、「そら豆くんのベッド」等でした。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちの子の読んだ本

    ・「ペンギン」シリーズ
     「ペンギンたんけんたい」から始まり,最新刊の「ペンギンたくはいびん」まで,現在まで7冊(確か…)出ています。
    うちの子は,はまりまくりました。
     作者は斉藤洋さん,絵は高畠純さん。発行は講談社。

    ・「チキチキチキチキいそいでいそいで」
     これもはまった。絵本ですが。
     作者は角野栄子さん,絵は荒井良二さん。発行はあかね書房。

    ・「ともだちや」シリーズ
     今はまりつつあるシリーズ。親としてはぜひ読ませたい本です。
     作者は内田燐太郎さん,絵は降矢ななさん。発行は偕成社。

    ※全部,NHK教育の「てれび絵本」で知ったところが微妙に哀しい。

    ユーザーID:

  • バムケロ

    色が綺麗で、お話も絵もおもしろいのが
    島田ゆかさん著「バムとケロ」シリーズです。
    http://www.bamkero.com/

    この本は図書館にいってもいつも貸し出し中で
    予約なしでは借りれません。


    宮西たつやさん著「お父さんはウルトラマン」シリーズも絵も楽しめ、心が温かくなるようなお話です。


    小学1〜2年生でしたらもう少し長めのお話
    「おしいれのぼうけん」
    http://www.doshinsha.co.jp/longsaler/oshiire/oshiire-3.html

    「かいけつゾロリ」シリーズ
    「キャベたまたんてい」シリーズ
    も楽しめるかと思いますよ。
    うえの2冊はクイズやなぞなぞ、迷路、間違い探し
    などが組み込まれたお話で、
    小2の息子はこの2冊に出会えたおかげでやっと集中して本が読めるようになりました。

    良い本に出合えると良いですね。

    ユーザーID:

  • 忘れられない本

    ぱっと思い浮かんだのは・・・

    「大きい1年生と小さな2年生」
    作:古田足日 絵:中山正美

    「おじさんのかさ」
    作・絵:佐野洋子

    おじさんのかさは1年生の国語の教科書に載っていました。
    小学校1年生から20年たった今でもしっかり内容を覚えている
    2冊です。

    ユーザーID:

  • 有難うございました!

    こんにちは。トピ主です。

    ふるふるさん、るっちさん、りょりょさん、貴重な情報をご提供いただき本当に有難うございました。

    「てれび絵本」のサイトは先日覗いてみて、早速興味のある本についてのリサーチ!?を実家の母へ頼みました。

    「おしいれのぼうけん」と「大きな一年生・・・」は
    こちらの日本人向けの図書館(小さな図書室の規模ですが・・・)にありましたので、借りてみようと思います。

    また他にも情報があれば教えてください!まずは、取り急ぎお礼まで。。。

    ユーザーID:

  • 私の好きな本ですけども・・・

    小学校一年生〜二年生向きかどうか解りませんが、
    絵の綺麗な、かわいい絵本(もちろんストーリーも素敵ですよ)としては、以下のものなんていかがでしょう?

    「からすのパン屋さん」
    もうパンだらけの本でとっても可愛いですよ。

    「手袋を買いに」
    さし絵の方の名前が思い出せませんが、パステル調の柔らかい優しい絵です。物語としては定番かなと。同様に「ごんぎつね」も。

    「しろいうさぎくろいうさぎ」
    二匹のウサギが結婚するお話なんですが、優しい気持ちになれます。

    「ちいちゃんのかげおくり」
    戦争のちょっと悲しいお話ですが、でも名作だと思います。小学校の時、教科書に出ていたんですが、授業の後休み時間にみんなで「かげおくり」をやりました。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 便利な本見つけました。

    すぐなのか来年なのか帰国時期がわからないのですが、娘にはポプラポケット文庫の[教科書に出てくるお話、○○年生][心を育てる偉人のお話]ゾロリシリーズも何冊かポケット文庫から出ています。

     絵本も気持ちが入りやすくてよいかもしれませんが、題が大層に思った偉人のお話で郵便局を日本で作った前島密や、キューリー夫人の苦労を初めて読んだ
    娘は自分なりに先人の苦労を発見したようでした。

     教科書のお話は戦争絡みが多いように思いました。学年より少し上のもので日本語から離れているお子さんにも自信を持たせてあげられるとよいですね。大人が読んでも良い内容です。振り仮名は全部にあるのでゆっくり読めると思います。

    ユーザーID:

  • たくさんありすぎてぇ〜

    絵本ではなく、童話です。「1ねん1くみ1ばんワル」(後藤竜二・作、長谷川知子・絵)
    元気でワル?なくろさわ君の魅力を、同級生のぼくの視点から描いた作品です。我が家は親子で楽しんでしまいました。シリーズ作品で、他のも面白いですよ!

    絵本では、「めっきらもっきらどおんどん」(長谷川摂子・作、ふりやなな・画)
    ことばのリズムもいいですし、絵にも動きがあり、主人公のかんた君と一緒についつい不思議にな世界に引き込まれてしまいます。

    童話ですが、「あのね、わたしのたからものはね」(ユードリイ・作、ミル・絵、かわいともこ・役)
    母の選んだNO.1。名作です!!

    ユーザーID:

  • 絵本じゃないのですが

    私が一年生で母に読み聞かせてもらって、はまりました。リンドグレーンの「やかまし村」シリーズ。(4冊あったような)主人公が7歳の女の子。姉->私->従弟->姉の子供とかれこれ40年親戚をめぐっていて今は姉の娘が万が一結婚した時の為と大事にしまってあります。岩波で出版していました。
    やはり岩波でまだ出版されているとしたら「ポルコ様知恵話」「もの言うなべ」。

    すみません。ずいぶん昔で今出版されているかわからなくて

    ユーザーID:

  • おすすめ

    そらいろのたね(なかがわりえこ)
    くまのこウーフ(神沢利子)
    ふたりはいっしょ(アーノルド・ローベル)


    このあたりは小学校のときに教科書で読んで
    それからずっと心にのこっている作品です。
    なのでお薦め。

    ユーザーID:

  • いい本を送ってくれます

    長崎市に、子供の本専門店があります。
    「童話館」です。
    そこは、本当にいい絵本がたくさんあります。
    年齢にあわせて毎月2冊(毎月じゃなくてもいいし、一冊ずつでもいいです)ずつ配本してくれる「ぶっくくらぶ」というのがあって、私も子供のために0歳からずっとお世話になっていました。
    トピ主さんのように、海外にお住まいの方の利用も多いそうです。
    児童書や図書、国語の専門家の先生たちがオーナーの本当に子供にいい本を!!という思いに賛同して出資し、長崎のような地方の町にできた本屋さんですが、その思いが今は全国からお店に本と出合いにたくさんに方がこられます。
    毎月同じ名前の月刊誌や同じ出版社の本が来るわけではなく、選びに選んだ本が来ます。
    コースも子供さんに合わせて選べます。
    http://www.douwakan.co.jp
    がHPです。

    ユーザーID:

  • 絵本大好き!

     私が好きな絵を中心に、まだ紹介されていない本を選んでみました。
     酒井駒子さんの「よるくま」のシリーズ2冊は可愛いです。「きつねのかみさま」は確か、昨年の課題図書に選ばれていたと思います。彼女が小川未明氏の「赤い蝋燭と人魚」に挿絵を付けた絵本も素敵です。こちらは、いわさきちひろさんの挿絵の分も好きです。
     いわさき ちひろさんの絵がお好きでしたら、「おにたのぼうし」はいかがでしょうか。「おにたのぼうし」をはじめとしたいくつかのお話が収録された「日本のおはなし」もお勧めです。他にも「世界のおはなし」などシリーズがあるようです。
     濱田廣介氏の作品(「泣いた赤鬼」とか)だと、集英社から出版されている「ひろすけ童話絵本」(全五巻)は、1冊毎に挿絵作家が違うのですが、それぞれ絵がきれいだと思います。
     お話としては、「嵐の夜に」シリーズ(映画版ではなくて)も娘は好きみたいです。
     お子さんにお気に入りの1冊がみつかるといいですね。

    ユーザーID:

  • もし自分で読むものなら・・・

    もう読んでいらっしゃるかもしれませんが・・・・いくつか挙げさせていただきますね。

    「もりのへなそうる」(わたなべしげお)
    「スイミー」(レオ・レオーニ)
    「くるまのいろはそらのいろ」(あまんきみこ)

    あと、佐藤さとるさんの本は全面的にオススメです。
    私は「だれも知らない小さな国」から始まるコロボックルシリーズを小学校2年生から読んでいました。懐かしいー!

    ユーザーID:

  • さとうさとるさんは?

    さとうさとるさんの本はいかがでしょうか?

    かぎばあさんシリーズとか、コロポックルシリーズとか。
    あとはクレヨン王国シリーズもいいかもしれません。(もうちょっと大きい子向けかも)

    宮崎駿さんのトトロの絵本も1〜2年生にはいいかも。

    ユーザーID:

  • 絵本から読みものへ

    1〜2年生のころは、そろそろ読み物も読みたいけれど、難しすぎるのもまだ、と言った感じでしょうか。
    装丁・挿絵が綺麗な最近のものは、
     「パンダのポンポン」シリーズ/野中柊
     「なんでも魔女商会」シリーズ/あんびるやすこ
    古いところでは、
     「ともだちはうみのにおい」/工藤直子 などなど。
    お子さんが気に入ってくれると嬉しいです。

    ユーザーID:

  • お手伝いをするきっかけになった本

    もう30目前ですが、子供の頃に読んだ本は今でも本屋さんに並んでいて、とても懐かしくなります。

    私が小学生の低学年の頃は、「こまったさんシリーズ」(寺村輝夫/作 岡本颯子/絵)
    の本を買ってもらっていました。
    簡単に言えば子供のお料理本です。
    読み物になっているのですが、だんだん読んでいくとカレーの作り方を覚えてしまいます。

    このシリーズで、グラタン、サンドイッチ、コロッケ、サラダ、ハンバーグ、スパゲティーと子供の大好きなメニューが一通り揃ってしまいます。
    私と兄はこれを読んで、毎週土曜日か日曜日は本を見ながら母と一緒に料理をするようになりました。

    今になって母に言わせると、
    「お手伝い!!というより効果テキメンだったわ。」
    と今でも言っています。

    同じ作家さんの作品で「わかったさんシリーズ」がありますが、こちらはお菓子作りです。
    女の子だととても喜ぶ内容です。

    男の子だと、同じ作家さんの作品で「僕は王様」も楽しく読めると思います。

    ユーザーID:

  • 親子で楽しんでいる本

    比較的新しいものですと
    「あかいことりとライオン」徳間書店
    とても絵が美しいです。

    超定番ものですが、福音館書店の瀬田貞二訳
    「三びきのこぶた」
    「おおかみと七ひきのこやぎ」
    やはり絵が素敵でいつもリクエストされます。

    おさるのジョージシリーズもいいですね。

    他にも手元に30年くらい保管してあるお勧めな本があるのですが、調べるとどうも絶版が殆どでした...残念。
    タイトルだけ書くと「がちょうのたまごのぼうけん」「きこりとおおかみ」「ふくろにいれられたおとこのこ」「おなかのかわ」などです。
    既にあがっている「めっきらもっきら..」も大好きです。

    トピ主さんがあげていらっしゃる本はうちの子も大好きなので、もしや好みが似てるかも..と思わず書いてしまいました。どうぞご参考まで。

    ユーザーID:

  • 松谷みよ子さんの本

    私も小学生の頃に読んでいまだに記憶に残っている本があります。
    それは、松谷みよ子さんの「ももちゃんシリーズ」です。

    「ちいさいももちゃん」から始まってももちゃんの妹あかねちゃんまで続く物語なんですが、小学1年生でもお母さんでも楽しく読める本ですよ。

    その他にも松谷みよ子さんの本は小さなお子さんから大人まで楽しく読める本が沢山あります。

    同じく松谷みよ子さんの絵本で題名は忘れてしまいましたが、広島の原爆のお話があるのですが、それはとっても泣けます。

    戦争の酷さ、核の恐ろしさを教えるにはこの本をお薦めします。決して難しい怖い絵本ではないです。内容が本当に悲しい絵本です。

    本が好きなのはとっても良いことですよね。
    良い本を沢山読ませてあげて下さい。

    ユーザーID:

  • 2回目のお礼です!

    トピ主です!秋は学校関係の行事がとても多くて暫くパソコンを開いていなかったのですが、大勢の方々からレスを頂いて感激している次第です♪皆様、本当に有難うございました。

    私が子供の年齢だった頃(小学2年)、障害を持った弟が生まれ、母は私や2歳違いの妹と充分に過ごす時間が無かった様に思います。なので、皆様の中で’母に読んで貰って・・・’と書き込みが有る方をとても羨ましく感じ、一生の思い出になる本を、自分の子供には是非読んであげたい・・・と強く感じています。

    皆様からの本に関しては全てメモをしたので、ネットで調べ購入し、実家宛てに発送をお願いしようと計画中?です。

    ユーザーID:

  • おすすめのシリーズ

    おすすめの本はたくさんありますが、以下の作品はどうでしょうか。2年生の国語の教科書にも載っています。

    1 「スイミー」レオ=レオニ
      レオ=レオニのシリーズは他にもあります。どれも挿絵を見ているだけでも楽しいです。

    2 「ふたりはともだち」アーノルド=ローベル
      かえるくんとがまくんが登場するお話です。ふたりのやりとりがとても楽しいです。4冊ぐらいシリーズがあります。

     どちらの絵本も英語版があります。  

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧