共働きのご夫婦に質問です

レス20
(トピ主0
お気に入り5

家族・友人・人間関係

菜々子

来年、結婚をするコトになりました。
25歳の菜々子と申します。現在共働きで、結婚後も続けるつもりです。

ところで、小町の共働きの皆様は、お金の管理はどうされていますか?

必要経費(生活費や貯金)だけ共同口座にして、あとは自分のお小遣いにされる方、または毎月定額のお小遣いを引いて、残りを必要経費にまわされる方。または全然違う管理をされている方。どうぞ、皆様の意見をお聞かせください。
※ちなみに、少し私のほうがお給料がよいです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私が一切の管理をしていました

    離婚したので過去形で恐縮です。

    お給料は夫の方が格段に良かったですが、一切の管理を私に任せてくれていたので、二人のお給料は同じ口座で管理ていました。

    そして、公共料金等の必要経費口座と貯金口座へ毎月一定額を振り分け、各人にお小遣いを振り分けたら、残りは予備金としてそのまま給与振り込み口座に残しておきました。

    1か月経って、予備金と経費口座に残金がある場合は、それらを全て貯金口座へと移していました。

    毎月これの繰り返しで、1年で相当額の貯金が出来ました。

    ユーザーID:

  • 全く別々です。

    共働き、既婚です。
    収入は6:4くらいで夫のほうが多いでしょうか。
    (実は夫の収入を把握していないので正確には解りません)
    基本的に、夫の収入のみで生活をしており、
    私の収入の2/3は貯蓄に回し、残りを自由に遣っています。

    ウチの場合は夫が独り暮らしをしていたマンションに居を構えたこともあり、
    家賃や光熱費は独身時代と同じく、夫の口座から引き落としです。

    二人で外食をした際は、割り勘に近い感じでお互い払いますし、
    旅行も自分の分は自分で払う、と云う感じです。

    夫は生活費を全部負担しても、好きな乗馬に興じるだけの残金はあるようですし、
    私も特に窮屈さは感じません。

    2人でスーパーに買い物へ行き、レジで夫が会計をしているので、
    レジ係の人に、不思議そうに見られることが良くあります。
    妻が家計を握るのが一般的なんでしょうね…。
    私には、その才能がないのです。

    ユーザーID:

  • 財布が3つ

    共稼ぎ暦13年です。結婚当初から最近までは、夫婦の稼ぎはほぼ同額でした。今は若干夫の方が多いです。

    毎月、お小遣いとして手元に残す額を決めています。(夫婦同額。)
    それ以外は、家計費に供出します。
    その家計費で、住居費からこどもの保育料、旅行等レジャー費までまかないます。

    小遣いは、日々の昼食代ほか、こまごまとした支出にあてており、各自の管理です。
    服飾費は基本的には小遣いから。ボーナス時の小遣いを当てることが多いです。

    最初は、家計費に入れる額を決めてましたが、手取り収入に変動がありすぎ、あまり貯金ができなかったので、小遣い定額制になりました。

    今のところ、順調です。
    何か大きな出費(社員旅行に行くとかゴルフだとか)がある場合は「特別小遣い」が家計費から支給されます。

    ユーザーID:

  • 小遣い額不明

    >必要経費(生活費や貯金)だけ共同口座にして、あとは自分のお小遣いにされる方

    うちはこれです。
    源泉徴収票からお互いの年収は分かっておりますが、毎月の手取りは分かっておらず、個人口座も複数あるので、へそくりの額は、どちらも不明です。(かなりあります)

    ユーザーID:

  • 途中で変えました

    結婚後〜育児休暇明け:全て私(妻)管理で小遣い制
    育児休暇後〜現在:互いの給料は互いで管理。家のローンや光熱費、学費等の引き落としは主人の口座。子供の習い事、携帯電話代、食費や雑貨などの買い物や外食、娯楽は私の口座。海外旅行や車購入は互いに出せる範囲。

    私が全て管理すると、家としての預金総額は分かるけど家計簿つけたり、いつでも主人がチェックしてもいいように(したことないけど)するのが面倒、疲れる。

    今は、給料明細も見ないです。同じ会社なので想像はできるけど。そんなに無駄使いする人じゃないので信用できるし、私もへそくりが作りやすいし、好きに買い物できるので今のほうが楽かなって思ってます。

    私が仕事を辞めたら考え直さなきゃいけないけどね。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 共働き10数年

    全く別々です。

    収入は夫6.5、私3,5くらいでしょうか。
    家計へ入れるお金の割合は収入の比率で出しあい他は全く別々です。お互いの貯蓄額さえ正確にしりません。

    そのほか臨時の支出の旅行などは、自分の分は自分で出し、外食などは夫が食事代をだしたらお茶代は私が出すとか、そんな感じです。

    将来どうなるかわかりませんが、共働きが続く限りはこの形態でいくと思います。

    ユーザーID:

  • ウチは基本的に別勘定

    収入差(夫:妻≒2:1)・家事負担など勘案して
    住宅ローン/管理費、光熱水道固定電話は夫持ち(口座から引き落し)
    食費・雑貨・家計分貯蓄(白物家電の更新や旅行など)については
    夫婦で毎月同額を出し合い。1ケ月単位で締めて残金は貯蓄へ。

    金額ベースでは収入比率を反映して夫2:妻1くらいの比率でしょうか...

    あとは個人年金・生命保険・貯蓄など含めて各自管理です。

    大物の支出については自動車は維持費含めてが夫持ち、
    情報家電は各自で買う。
    家具やら白物家電は家計貯蓄から買う。
    住宅の固定資産税は持分費(9:1)で割り勘
    住宅ローンの繰り上げは夫貯蓄主体で家計分で補強

    結婚して10年、だいたいこんな感じです。

    ユーザーID:

  • うちの場合

    夫の給料→住宅財形貯蓄分を除き、夫個人口座(お小遣い)+生活用の口座(残額・夫名義)
    私の給料→私個人口座(お小遣い)+生活用の口座(残額・私名義)

    家賃や公共料金、食費などは基本的には生活口座(私名義)から支払い。
    個人口座から支払うものは、交通費・携帯代・お昼代・交際費などが含まれます。

    個人持ちクレジットカードから生活にかかる費用を支払った場合は、生活口座(私名義)からその分振込みしたりしています(厳密ではありません)

    夫小遣い分を除いては、ほぼ私の給料内でやっていけてます。
    夫のほうが給料が多い(大体6:4)ので、私の給料でやっていければこの先子どもができても安心かな〜と思ってます。

    ユーザーID:

  • 少数派

    40代の夫婦です。
    私たちは、男性の方がお金を大切にするので、彼が家計を管理しています。
    私は、月々の一定額と、ボーナスを全額彼に渡しています。
    収入の少なかった20代の頃は、生活費の管理は大変でした。でも、「小遣いが少ない」と不満をもらす男性より、家計を把握してやりくりしようとがんばる彼は素敵でしたよ。
    そして、家電も家具も自家用車も、彼が買ってきます。利点は、買ってきた洗濯機や乾燥機、食洗器などを彼が使いたがることです。
    率先して食器を食洗器に入れ、性能を試しています。

    こういう事は、女性が行う家庭が多いと承知していますが、仕事と家事と育児で大変な生活の中で、家計の管理を夫が負担してくれて大変たすかっています。

    自分で購入してくる彼の下着は100円ショップのもの(彼は値段の安さに上機嫌)。比して私の下着はメーカー品で数千円。
    私に不満はありません。

    ユーザーID:

  • 嫁が全て管理してます。

    夫婦共働きで、給与は(私:嫁)で(4:6)くらいです。
    嫁は医療関係者(3交代)の激務なんで給与も一般より
    高めです。

    で、毎月の家計ですが・・・
    私のこずかい2.5万/一ヶ月以外は、嫁が管理してます。
    私は、この他にも夫婦共通のサイフを持っていますが、
    食料品を買うとき、皆で外食したとき等にしか使えません。

    私の自由に使える額は、2.5万/一ヶ月だけです。
    結婚当初は、かなり不平不満もありました。
    でも今は、嫁のやり方に感謝してます。

    地方の弱小県で、結婚7年目(子供3人)にして3000万
    貯蓄ができました。その間に新車も2台購入したし、
    ちょっとした旅行にも毎年行きました。

    信頼(節約)できる人なら、その人に家計を任せた方が
    一番だと思います。

    ユーザーID:

  • ご夫婦の性格にもよる

    我が家は別々でした。
    夫はお家賃、光熱費を担当、食費と日用品は私が購入。あとは自分の好きに使ってよい。大きな買物をする時だけ相談するというスタイルです。外食、旅行は適当に折半です。

    ただ、これが出来たのは二人とも早朝から深夜の激務で、平日は遊ぶ暇が全くない。週末は出来るだけ寝ていたい、ゴルフなどのお金のかかる趣味はない(ゴルフは好きだけど予定がたちませんでした)、ブランド物にもそれほど興味ない、という事情だったからだと思います。
    二人とも使わないお金が残って、貯金はどんどん増えました。

    もしどちらかが「あるだけのお金を使ってしまう」タイプだったら成り立たないけれど、このやり方だと家計管理のギチギチした感じは避けられます。

    ユーザーID:

  • 我が家は

    我が家は旦那が一切取り仕切っています。
    旦那のほうが若干給料は高いです。
    お小遣いを私がもらいあとは必要経費残ったら貯蓄に
    まわすことになっています。
    以前は私が見てましたが、ルーズだったので貯蓄なんて
    全然できませんでした。
    だから今、貯蓄できる環境になって自分の手を離れてほっとしています。
    一般的に男性に任せていたほうが貯蓄が多いと思います。(私の周りでは)
    旦那さまが信用できそうだったら任せてみたらどうですか?まあ自分のへそくりはできなくなりますが・。

    ユーザーID:

  • うちも共働き

    >必要経費(生活費や貯金)だけ共同口座にして、あとは自分のお小遣いにされる方

    うち、コレです。
    お互いの年収・月収はイマイチ把握できていません。
    でも、同じ職場なので、だいたいわかります。
    共同口座のキャッシュカードは私が持っており、日々の食費や支払いはすべて私が行っております。
    個々での貯金はありますが、二人の共有貯金は0円です。(必要最小限の金額しか入れてないので)
    なので、大きな家電(エアコンとかTV)を買うときは折半してお互い個々の貯金から出しています。

    子供がいない&家を買う予定が無いので、これでも十分やっていけてますけど、子供ができればまた変えなきゃいけないかな、と思っています。

    ユーザーID:

  • 2人ともお小遣い制です

    収入は6:4で若干夫の方が多いくらいです。

    各自お小遣い用の口座を持っているので、振込みです。ボーナス時にも被服費、散髪代、趣味代用にまとまった金額を振り込みます。この口座のお金は個人で好きに使ってよい事になってます。そのほか、会社の飲み会が立て続けにあるとか、海外出張時とかの場合は、家計から別途、臨時のお小遣いが出ます。

    給与口座に残ったお金は「夫の口座=生活費」「私の口座=臨時出費&貯金」に分けて私が管理してます。家計簿をつけ、たまに夫に報告してます。

    ウチは、夫が自覚のある「あるだけ使う人」なので、結婚前に自らお小遣いスタイルを志願しました(笑)支払いとかも面倒みたいなので、今は楽ちんみたい。

    貯めやすいので私もこの方法で満足です。
    住宅ローン繰越返済のため、せっせと貯金しないといけないので!

    ユーザーID:

  • うちの場合

    私31歳、夫27歳、結婚2年の夫婦です。
    収入は少し夫の方が多いかな?という感じですが
    ほとんど同じくらいです。

    基本的には、夫の収入→生活費+各自のおこずかい、
    妻の収入→全額貯蓄というやり方にしています。
    (別口座に振り込まれる)

    夫のお給料が出たら、まず各自でおこずかいを受け取り
    (夫の方が1万だけ多くしています)
    家計用の財布にもその都度夫の口座から下ろして補充。
    生活用品や食料品はそのお金で買います。
    カード利用や公共料金の引き落としもその口座なので
    全てその中でまかなっていることになります。

    このやり方だと貯蓄額の予想も立てやすいし
    お互いのおこずかいの範囲内であれば干渉なく自由にお金を使えるのでオススメです。
    ちなみに、どうしてもおこずかいが足りない場合は
    それぞれ独身時代の自分の貯蓄から買います。
    (これも別の口座で各自が管理している)

    ユーザーID:

  • ご主人に内緒の方がいいと思う

    トピ主さんの方がお給料が多いようなので、奥様が一括管理するというのはどうでしょうか。
    そうすればご主人に給料の細かい額を知られずに済むし、
    給料の少ない旦那さんの顔もたつのでは?
    男に余計な金を持たすとロクナコト(浮気など)に使わないというのが私の持論なので、我が家は私が管理しています。

    ユーザーID:

  • 妻が管理 夫は使っちゃうから

    結婚5年目の子なし共働き夫婦です。

    今年やっと私の給料とダンナの給料が同じくらいになりましたが、それまでは私の方が多かったです。

    ダンナは持っていると持っているだけ使ってしまうたちなので、自動的に私が管理することになりました。
    私も彼も小遣い制です。収入のバランスがとれていなくても小遣い額は同じです。
    彼のボーナスがないときもボーナス小遣いは私と同等でした。
    ただ、残業代がかなり多かったときは一定額以上は小遣いに上乗せしています。

    小遣いは多いほうがいいけど、貯金をしたいのなら厳しく小遣い制の方がわかりやすいですよ。

    3年間で頭金1200万を貯め、マンションを買いました。

    ユーザーID:

  • どんぶり勘定

    我が家は30代、夫婦のみです。
    貯金用として、私名義の口座に夫が月40万、私が10万入れて、家賃は夫、光熱費等の雑費は私。食費はほとんど外食なので、ゼロに近いです。
    残ったお金は、お小遣いです。
    外食したり、旅行に行くときは基本的に夫が出します。
    私は夫の給料を知らないし、夫も私の給料を知りません。
    それでも年間800万くらいたまるので、まあ良しでしょう。

    ユーザーID:

  • 妻(私)の給料は全額貯蓄

    20代後半の夫婦です。
    お互いの給料は年収でみると同じくらいです。

    結婚当初から生活費は夫の給料だけで賄っています。
    子供ができると私はしばらく働けなくなり、その間は夫の給料だけでやっていく事になるだろうから、私の給料は「余剰分」として全額貯蓄です。
    生活費の口座は夫名義、貯蓄の口座は複数にわけており、名義も夫だったり私だったりします。「どちらの貯蓄」というよりも全部「我が家の貯蓄」で、そのなかで将来家を買うための貯蓄、とか、急な出費用の貯蓄、とかに分かれている感じです。

    ちなみに、家計は夫が管理しています。(私より得意なので)
    家計簿もきっちりつけているので、毎月食費にいくら、交際費にいくら、現在の貯蓄はいくら等
    お互いに把握しています。

    みなさんの書き込みを見て、別管理が圧倒的なので少し驚きました。
    うちは、将来的に私が(一時的にせよ)専業主婦になるだろうという事でこんな管理方法になりました。

    ユーザーID:

  • 全部一緒にしています

    皆さんの投稿を読んでいると少数派(というかほとんどいない!?)ようですが、我が家は全てひとつの口座にまとめています。(具体的には夫の給与口座に私の給料を毎回全額入金しています。)

    必要なお金は全てその口座から出ていきます。お小遣いとしてそこから2人分(私の方が少し多いです、洋服とか買うので(^_^;))と、毎月の家計(食費やその他の雑費)分を引き出しています。定期預金はその夫の給与口座から毎月決まった額、あと光熱費の引き落とし口座もそこになっています。

    ある程度その口座に貯まったら、別に設けた私名義の定期預金に移していますが、その口座には全くタッチしません。

    結婚前はこういうやり方をするつもりはなかったのですが、「結婚したら(当然)一緒の口座でしょ!?」という夫に押し切られましたが、今となっては派遣の私はしょっちゅう失職しているので、この方がありがたいですね(^_^;)。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧