• ホーム
  • 学ぶ
  • 児童書を探しています ■ 娘の赤ちゃんに転生する博士のお話

児童書を探しています ■ 娘の赤ちゃんに転生する博士のお話

レス2
(トピ主0
お気に入り2

趣味・教育・教養

MAKI

20年くらい前に読んだ児童書を探しています。
作家は日本人ではなく、確か外国の翻訳本でした。

…こういう内容でした…
とても頭の良い博士がいて、その博士には小さな娘がいます。
可愛い娘が、勉強のできない男の子と仲良しなのが気に入りません。
ところが博士は急死してしまい、転生する日まで「あの世」を漂います。
転生するまでは(この世とは時間の流れが違う)何万年という時間がかかり、
普通だったら、この長い時間の中で、前世の記憶は忘却されてしまうのですが、
この博士は忘れたくないので、「私の名前は○○で、生まれは××、そして…」と、
ずーっと自分のこれまでの人生をつぶやき続けます。
そして前世の記憶を覚えたままで、ある夫婦の赤ちゃんとして転生するのですが、
そのお母さんが自分の娘で、父親はあの嫌っていた男の子だった…という展開です。

図書館の司書さんに聞いたり、ネットでも調べましたが、見つけられません。
もしご存知の方がいらっしゃいましたら、タイトルをぜひ教えてください。
どうぞよろしくお願い致します。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数2

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です

    ずいぶん昔に読んだ児童書なので、
    物語の細かな部分は、私の記憶違いがあるかもしれません。
    もし「これかな?」という本をご存知の方がいらっしゃいましたら、
    どんな小さな事でも構いません、ぜひ教えて下さい。
    どうぞよろしくお願い致します。

    ユーザーID:

  • この本ではないですか?

    「赤ちゃんになった天才博士」フィリップ・デュマ/作 旺文社 1982年刊

    図書館で本の内容を確認したところ、おっしゃるとおりのストーリーでしたので。
    最寄りの図書館に申し込むと、所蔵している館から取り寄せてもらえます。古い本ですが県立図書館などで持っているところが多いようです。

    ユーザーID:2856045608

レス求!トピ一覧