現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

韓ドラ(パリの恋人・バリでの出来事)教えて下さい♪

まい
2006年9月2日 20:18

この2つのドラマの終わり方がよく分らず、ご覧になった皆さん方はどう思われたのかお聞きしたいのですが・・
パリの恋人の場合は、テヨンがこんな風になればいいなという夢であって現実ではなかったという事なのでしょうか?また、本国版は違うストーリーとの事ですがご存知の方いらっしやいませんか?
バリの出来事は、スジョンは最後のシーンでジェミンに銃に撃たれながらも「愛してる」と言って絶命しましたが、イヌクではなくジェミンを愛していたっていうことでしようか?
どうも、気持ちがもやもやしてさっぱりしません。
最終回は、ハッピーエンドで終わると思っていたものですから・・
皆さんは、どう思われましたか?

ユーザーID:  


お気に入り登録数:1
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
まず
花火
2006年9月5日 18:48

「パリの恋人」は最終的にテヨンと再会して上手くいったということだと思いました。
本国版はテヨンがシンデレラストーリーで結婚した写真を見てうらやましいと思いながらその思いでシナリオを書いてるということだと受け止めました。
でもどちらもちょっと分かりにくい感じがしましたね。

「バリでの出来事」は、スジョンはジェミンにもイヌクにも惹かれてたってことじゃないでしょうか?
どちらかと言えばジェミンのが好きだったのに家族などのことで未来が見えず、そんな中イヌクは自分により近い存在だと感じた結果があぁなったのかな?と思いました。
私もどうにかハッピーエンドになるだろうと思っていたのでラストはびっくりでした。
途中まで面白かっただけに残念に思った作品です。

ユーザーID:
私の解釈
きんとん
2006年9月5日 22:43

「パリ恋」は、お手伝いのバイトをしながらシナリオ脚本の勉強をしていたテヨンのつくったシナリオだった。というラスト。
(でも当の出演者たちが”そらあんまりやろ”ということで意味ありげな演出を要求したとかどこかで読んだ)

「バリ出来」のラストは、スジョンが愛してしまっていたのはジェミンだった。(イヌクにあやまっていた最中だったような・・・)

と思いこんでましたけど。

それより私がよくわからなかったのは「ピアノ」のラストです。あれこそ私の中では「は??」でした。

ユーザーID:
ちょっとガッカリなラスト
うり
2006年9月7日 1:28

バリでの出来事は途中で挫折してラストを見ました。
なので私なりに勝手な解釈です、ごめんなさい。
惹かれないように自分の心のどこかにブレーキかけてたけど結局はジェミンに惹かれちゃったのかな、と私は解釈しました撃たれる寸前にイヌクとそう話してますよね?

パリの恋人。
テヨンは実はパリにも行ってなくてすべてテヨンが考えたシナリオだった。
でも自分が書いたシナリオそっくりな出会いをギジュとして終わり。

あの後はシナリオのようなことが展開されるのかな?と私は思いましたが、現実の方でお手伝いを終えて帰るとき郵便受けの新聞の見出しにギジュが載ってましたよね?恋人発覚?みたいな記事。
私はあれがよくわかりませんでした、あの記事が本当ならあの後テヨンと仲良くなれませんよね、それともデマの記事だったのかな?

パリで再会した後またくっついてハッピーエンドにしても良かったのになぁ、すごく気に入って見てたのでシナリオと分かったときはちょっと気が抜けちゃいました。

ユーザーID:
韓国作品の特徴かも
けろりなる
2006年9月8日 19:25

この作品に限らず、韓国ドラマには、最終回のアバウトさというものがあります。

もともと、ありえない!という偶然や、御曹司&貧乏でけなげな女性の恋の作品が多いですし、途中まですごく盛り上がったのに最後は???ということが多いんです。あとは、視聴者からの意見に左右されることもあるそうです。

パリの恋人は、最終回に、テヨンとギジュがパリで再会したときの会話、つまり出会う運命にある人とは巡りあうということで、急に場面がソウルに戻り、パリの出会い方とソウルの出会い方が同じになっています。本来は、すべて、テヨンのシナリオだった架空の内容を、現実にさせるために苦肉の策となったようです。韓国でも賛否両論だったのは有名な話です。

ユーザーID:
続き
けろりなる
2006年9月8日 19:39

バリでの出来事は、イヌクとバリへ来たものの、やはりジェミンを愛していたのだとスジョンは自分の気持ちに気づいてソウルへ戻ると、イヌクに伝え、それを受け入れたイヌク・・・・

しかし、衝撃のラストになってしまいました。

韓国映画も似たような、ラストシーンがはっきりしない作品がかなりあります。

なので、観終わった後、後味の悪いというか、どう解釈すればよいのか?という作品が多くあります。

製作者の意図なのか、韓国人の感性なのか・・・

ちなみに韓国ドラマは毎回一話の時間がバラバラなんですよ。日本では初回か最終回が長い程度ですが、韓国は違います。その辺もアバウトなんです。

国民性も理解しながら観賞するとまた理解度がUPすると思いまーす!!

ユーザーID:
納得いかない〜〜
スヒョクすきすきっ
2006年9月11日 17:16

最近Gyaoで「パリの恋人」を見てました。
なんておもしろいドラマなのっ!!と
毎日楽しくドキドキしながら見てました。
スヒョクがせつなくてかっこよくてドキドキ恋しながら…(笑)

最後の10分くらいまでは本当に最高のドラマだと思いました。
なのに…
あの最後はいりませんね。最後の最後でテンションすごく下がりました…。
結局テヨンのシナリオだった…というオチ。
終わったときは私も「は!?」って感じでした。

ユーザーID:
 


現在位置は
です