休職期間中の言い訳

レス11
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

AIKO

去年の11月の派遣終了を最後に結婚を理由に派遣会社を退職しました。ところが、色々あって結婚は流れてしまいました。一時は本当に自殺したくなるほど落ち込み、今はもうだいぶ落ち着いたのでそろそろ生活のために働きはじめなければいけません。

小町の皆さんに相談したいのは去年の11月から今までの10ヶ月近くの休職期間をどのように説明するかです。というのも本当に何もしてなかった(というより、結婚が流れてしまったショックで引きこもっていたという方が近いかもしれません)からです。自分の弱さが原因だということはよくわかっているつもりです。ただ、雇用主側から見た場合「それくらいで引きこもるなんて」ていう風に見られないためにも、この休職期間中をどのように説明するかで悩んでいます。「勉強していた」でもいいかもしれませんが、勉強というほどのことも何もしていないので、、、、。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 雇用側としては

    そういったことは、差し障りの無いレベルで正直に言って欲しいという気持ちがあります。メンタル面で何か弱い所があれば、会社としても負荷を減らすとか配置を換えるとか早めに手を打てるからです。

    会社を上手く味方につけるのも交渉術の一つです。

    ユーザーID:

  • >ななしさん

    早速のコメントありがとうございます。

    差しさわりのないレベルというと「結婚予定だったのですが話が流れてしまったもので、、、」というような感じですかね。正直「結婚云々」という部分は話すことでマイナスのイメージを与えてしまうような気がしてしまうのですが、「病気で、、、」というような言い訳に変えてしまっても大丈夫だと思いますか?

    ユーザーID:

  • がんばりましょう!

    つらい思いをなさったのですね。
    でも、今は前向きにお仕事始めようと考えてらっしゃるんですよね。
    それだったら、やはり正直に言ったほうがいいと思います。
    面接するかたも社会人で大人ですし、それとなく匂わせる程度な言い方でいいと思いますし、
    あまり突っ込んで興味本位に聞いてくる会社であれば
    その会社の程度が分かりますし、入った後もめんどくさい事になりそう(ウワサされたり)ですから
    スパッと諦めて次の会社を受けてみてはどうでしょう。
    ただし、精神的に弱くてすぐに辞めちゃうのではと思われては損ですから
    希望動機には「現在は自身の就職への環境も整ったので、新しい仕事に挑戦したい」という
    強い思いがあることをはっきりとお伝えしたほうがいいと思います。
    誰だってつらい経験をしながら、それでも生活していかなくちゃいけないんだもの。
    いまは勇気をもって前に進みましょう!
    お互いにがんばりましょうね!

    ユーザーID:

  • 10ヶ月くらいなら

    「結婚を控えて色々準備をしていたのですが、残念ながら破談になりまして・・・」と正直に(かつ最後はお茶濁し気味に)言えばいいのではないでしょうか?そう言われればそれ以上深くは聞けません。逆に根掘り葉掘り聞くところは会社入っても何かにつけて聞かれるでしょう。

    これが1年過ぎてくると準備だけにしては長すぎる?と思われそうですが。
    あと、1年満たないのに「勉強してた」では、一体なんの勉強だったの?と逆に勘ぐっちゃいますし、こういうことは正直に言った方が会社入ってからも苦労しないですよ。

    ユーザーID:

  • なかなか自分に合う場所がなくて

    正直に言っちゃいます。

    なかなか自分に合う場所がなくて、ずっと就職活動を続けていました。
    中には、自分から断った面接もあります。
    自分に合った職種がなかなかなかったため、運が悪かったのだと思います。

    面接官に怒られてしまうかな?
    印象が悪くなるかな?
    と思いますが、下手に、勉強をしていたとか、家事手伝いをしていたとか、嘘をつくよりもずっといいと私は思います。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • サラッと。

    また元気になられて良かったですね

    休職期間ですがサラっと
    結婚準備の為、退社したのですが
    結婚のお話が流れましたもので・・ではダメですか?

    色々とあって・・・なんて付ける必要もないと思いますし。

    仮に退社後1ヵ月で流れて、9ヵ月引きこもってました・・・
    等と言う事もないですし。

    8ヶ月目に流れて2ヵ月で後始末を終えて
    今回就職を・・・でも良い訳ですし。

    勿論、結婚準備と花嫁修行等の10ヶ月・・・って事で
    詳細や引きこもり期間等は言う必要はないと思います。

    一旦仕事に出たらメンタル面で弱いとかは
    自己責任てのか自己管理のお話ですし
    事前に把握して貰う必要もないと思います。

    心機一転、そう言う事情も知らない世界に
    飛び込む意味でも言わない方が良いかなと。。。

    病気で・・・と言うのも辞めた方が良いかなと思います。

    わが社で雇っても、また病気で退社されたり
    長期休暇とられるかも?とか思われるかも?

    ・・・心機一転と言っても、まだまだお辛いとは
    思いますが、仕事に出たら又環境も変わって
    気も紛れると良いですね

    ユーザーID:

  • 私も・・

    似たような経験があります。休職期間中は本当にお辛かったでしょう。10ヶ月でまた働けるようになり努力をされたのですね。これからは新しい自分になって頑張っていきましょうね。
    (正社員であればとても厳しい質問が投げかけられると思いますが)派遣での面接であれば、休職中の事についてはあまり細かくは聞かれないと思います。どうしても正直にお話しになりたければ、結婚や病気について雇用主に理解いただいても良いとは思いますが、残念ながら社会はそれを歓迎しませんし、若くて健康な人が他にも沢山いるのです。雇用主側は「資格取得に向けて勉強しておりました」がベストだと思いますが、さらっと「ゆっくりと休養しましたが、また働きたいと思います」と穏やかにお話になるのが良いと思います。それ以上細かく聞かれた場合は、「色々な仕事を探しておりました」というようにあくまでビジネスについて、少しでも心当たりのある事を理由にされることをお勧めします。
    過去はもう過ぎ去ったもの。今、貴方の目の前には今と未来しかありません。せっかく大きな経験をしたのですから、去年より今年を昨日より今日を良い日々にして行きましょう。

    ユーザーID:

  • 中小企業で採用面接をしていました

    社員だけで300人程の会社で、採用面接をした事も有りますが、私の場合と言うかその会社の場合には、女性に限っては職歴の狭間に関しては聞きませんでした。
    別に、差別している訳では無く、結婚→離婚や家事都合など、やむを得ず勤められない事情が有るケースが珍しくないからです。

    勿論、話してくれれば受け応えはしましたが、病気で無い限り問題視しませんでしたよ。事務職では無かったので心身共に健康面は重要でしたから、その点の質問は必須事項で別にありました。これも、差別ではなく配置(配属先)に影響するからですが。

    会社にもよると思いますが、何か言うことは必須ではありませんよ。派遣で仕事をしていたので、一区切りで充電してた程度の説明でも充分です。

    ユーザーID:

  • 家事手伝い

    「倒れた祖父(祖母)の介護のため母が付ききりだったので 私が家のことをしていました」というのはダメ?

    「今は施設に入り母も楽になりました」と続けます。

    ユーザーID:

  • 察することのできない人もいるので

    正直に言ってほしいと言う人は多いけど、
    「あの人結婚が駄目になったんだってー。」「うそーかわいそー。」みたいなひそひそ話がご自分の気持ちは大丈夫でしょうか?

    内容が物理的に事実であるなら相手がその話題が出ることによって傷ついても仕方ないでしょという人は結構います。

    そういった悪意ととらえてしまうと今度は被害者意識が強いといわれてしまうような外圧を受けてもつらく感じないくらいトピ主さんの心が回復しているならどうどうと言っていいと思うけど、
    精神的に厳しくても仕事をしなくてはいけないなら祖父母の健康がらみ等もっともらしい弊害を語ってもいいんじゃないかな?

    だって他人はトピ主さんの心の健康に責任もってくれるわけじゃなし、リスクヘッジは自分でしていかないと誰も助けてはくれないのです。
    うそも方便だと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    皆さんのレスひとつひとつ読ませていただきました。

    正直に話した方がいいとのレスが意外と多くてびっくりしたのですが、逆に言えば結婚破談話なんて会社側にしてみれば関係ない話ですよね。確かに就職面接で好奇心丸出しで破談理由なんて聞いてくる人はいないでしょうから、その点については自分が卑屈になって神経過敏になっていただけかもれません。冷静に考えれば結婚破談の方が、病気を理由に10ヶ月休職というより就職に有利ですよね。

    あと、正直に話すよりよくある祖父母の介護話を使ってもいいという意見も参考になりました。私自身、気持ちの整理はできているつもりですが、まったくの他人に話すことで取り乱したりしないか正直心配な面もあります。会社でしたら色々な方がいますから、馬鹿正直に話してネタを提供するようなことにもなりえますね。面接官の方には正直に話した方がいいことでも、後先を考えると、、、という感じですかね。

    様子を見ながら面接時に臨機応変に理由を使いわけていこうと思います。最後になりましたが皆さんありがとうございました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧