看護師として

レス22
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

ピグレット

はじめまして。今看護大学の2年の学生です。2回目の実習を終え、ネットでたくさんの看護師の意見を読ませていただきました。
大学を卒業し、国試に合格すれば私も新人看護師となります。しかし、やはりというべきか、こっぴどく怒られる日々を過ごしていくようです。毎日毎日怒られるなか、ケアや実務を行ううえで気持ちを切り替えながら日々過ごせていけるか不安です。
怒られたあとこうして気持ちを切り替えた、といったことがあれば意見を頂ければと思います。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 怒られない仕事なんてあるの?

    11年目ナースです。
    学生指導も新人指導もしていました。
    今は介護施設で他業種の方々と、利用者様のケアを行っています。
    すぐにビシッと怒る。いつも言われます。
    でも患者様や利用者様に迷惑や危険が及ばなければ怒りません。
    それは新人や学生でなくても同僚や上司にも、はっきりと言います。
    言葉を選んだり、相手を気遣うのは新人だって上司だって同じです。
    勘違いしてませんか?
    怒られて涙して美化されたナースのドキュメントなど
    テレビで見ますけれど一般の会社員だって同じくらい怒られて仕事します。
    なぜ注意されたのか、自分がしっかりしないと誰が困るのか考えましょう。
    怒られようが褒められようが気分転換は必要ですし心の豊かさがないと患者様とコミュニケーションはとれません。
    私は読書しホットヨガで汗をかいています。
    すばらしい仕事です。忙しさに流されずお互い心豊かに看護をしていきましょう。

    ユーザーID:

  • 見込みがあるから、怒る。

     怒鳴られたら、へこみますけど、
     ・命に関わる重大事
     ・まだ見込みがある
    だから、怒鳴っているわけですよね。怒ってくれるということは、逆に期待されているということでもあります。ミスはミスなので、ある程度落ち込むことが必要な時もあるでしょう。
     どんな看護師さんも最初から完璧ではありませんよ。

    ユーザーID:

  • 「怒られた」という、その中身は?

    何故、「こっぴどく怒られる」のか、その理由を考えたことはありますか?

    事務職なら、ボールペンとサインペンを取り違えたとしても、
    「あっ、ごめんなさい」で、済むかも知れません。

    しかし、看護師が、
    「清潔のガーゼと不潔のガーゼを、取り違えた」
    「患者さんの名前を、取り違えた」
    「薬の量を、取り違えた」
    という場合、「ごめんなさい」で、済むと思いますか?

    「そんな大きなミスをしたことない」という人であっても、
    「ヒヤリハット」事例は、沢山経験してきています。
    些細なミスが生まれる環境の中に、大きなミスを生む要因が潜んでいる。
    このことをイヤというほど知っている経験者だからこそ、
    小さなミスを侵した時に、「今のうちに、ミスの芽を摘まなくては」という思いで、厳しいほどの指導を行うのです。

    医療行為の全ては、患者さんの生命や健康に影響を及ぼすものです。
    そのことを理解した上で、
    「今、何に対して、どのような理由で怒られているのか?」
    を噛みしめながら、仕事に就いてください。

    ユーザーID:

  • 厳しいようですが

    他人の生命に関わる重要な仕事をする、ということをきちんと理解できていれば、失敗したときの厳しい叱責の意味は分かると思います。今一度、看護師を志望する理由と共に、看護師の任務の重要さを考えなおすことを始めてください。そんな幼い考えをしているような人に医療に従事する資格はないと思います。

    ユーザーID:

  • 怒られるうちが華なのよー

    怒られるうちが華だよー。

    医療事故で患者さんにもしものことがあった時のことを考えると、「患者さんが元気なら、怒られる方がずと楽」って開き直れます。

    それに新人さんのうちは判らないことだらけなんだから、怒られる・・・というよりは「指導される」っていうのは当たり前の状況なんだし。

    経験をつめば仕事は覚えていくものです。
    謙虚に謙虚に、誠実にがんばればいいと思うな。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • めげない!

     タイトル通り、めげないことです。
    私は看護師の資格を取って10年以上経ちます。
    新人の頃は、先輩看護師によく怒られてました。
    自分は必要ない人間なのかもしれない…なんて
    影で泣いたこともありました。
    辛くて、忙しくて、食事も喉を通らない時期もありました。

     友人・彼氏・家族などに話を聞いてもらって
    ストレスを発散することです。めげずに、職場を離れたら毒舌トークをするくらいの気持ちでいましょう。
    いつまでも引きずっていてはいけません。

     そんな私も、今日は患者に怒られました。「いつまで待たせるんだ!!」と。

     負けないぞ!

    ユーザーID:

  • 怒られっぱなしなんかじゃないですよ

     確かに新人に対しては厳しい目はいくとは思いますが、怒られているうちは期待されているということだし。患者さんの命を預かっているので、新人の軽率な行動がないように厳しい目がいくのではないでしょうか。最初から完璧な人はいないですが、同じことを何度も言われないように気をつければ、毎日こっぴどく怒られることはないと思います。ただ単に処置の手順を覚えるのではなく、なぜその手順でその方法で行うのか等、理解した上で行動していけばミスも起こらないと思います。それにいくら必要な処置であっても、患者さんを無視して施行すると、患者さんの怒りを買うこともあります。患者さんもしっかりアセスメントしてあげてください。
     でも臨床は辛いことばかりではないですよ。いろんな人生のドラマや世界をみることができます。
    それに交替勤務であれば、休日は混雑しない時期をおさえて、旅行でもショッピングなどもできて、気分をリフレッシュできます。深夜明けに同僚とランチに行って、疲れを吹き飛ばしてました。
      

    ユーザーID:

  • 考え方の問題。

    プリセプターを経験した看護師です。

    「怒られる」のではなく「注意してもらえた」「指導をいただいた」という考えにもっていけば、乗り越えられると思います。

    ・患者さんに迷惑がかかるようなことをしない
    ・声にだして確認して、今から行う看護行為を報告
    ・必ずメモをとって学習する
    ・わからないことを素直に聞ける
    ・あいさつができる
    ・提出物の期限を守る
    ・謙虚

    感じのいい新人はだいたいこんな感じですね。
    私のプリセプティは他のスタッフに注意されたことも報告してくれていました。

    新人のときに注意されるにはこの仕事だけには限らないし、命にかかわる仕事なので指導する側も必死なんです。仕事が終われば、みんな優しい先輩です(笑)

    ユーザーID:

  • 怒っているんではない

    15年目看護師です。感情的に怒っている訳ではないと思いますよ。
    怒るなんて疲れるような事する暇ありません。
    ここ10年感じる事は、何か指摘する事や批判する事に過剰に反応する人が多くなったような気がします。

    職業柄、ミスが患者様の状態に直接繋がる事柄であるし、指摘をしなければなりません。頭ごなし言っている訳でなく、問いかけているのにも関わらず、何も話さず「怒られた」と言う人多いです。
    突き詰めて話ができません。泣いちゃうから。
    笑顔で話せば良いんですかねー。大事な話をするのに?
    一般職の方ってどうなんですか?

    看護師になった時、覚えていてほしいのは、自分の手には人の命が握られている事の自覚と自分を客観的に見る姿勢です。
    そうすれば、感情的な先輩や、耳の痛い助言などを受け止められる器ができると思います。やりがいのある仕事です。どうぞがんばって。

    ユーザーID:

  • 大丈夫だよ。

    3年目のナースです。
    看護の世界はあまりに特殊な世界だと思います。
    どうして、そんな言い方しかできないのあんたは?って思うことも多々ありますよね。常識的な振る舞いができない人たちが多い職場だと思います。

    確かに命にかかわる=厳しさが必要というのもあるかもしれないですけど、看護師以上にそれが求められるドクター達が、いじめのような叱責の仕方を公然としているんでしょうかねぇ。私はあまり見たことないです。他パラメディカルの人とかも・・・。

    小さなミスをこっぴどく叩いて新人を精神的に追い詰めるくらいなら、やさしく説明して育てていくほうがいいと思うんですけどね。

    ちなみに私の職場は、ささいなことに目くじらたてる人はいないですよ。もちろん大きなミスは、しっかり叱られましたけど、自分でも納得できるので耐えられましたよ。
    まずは、病院選びです。よーく見極めてくださいね。

    ユーザーID:

  • 志望動機をはっきりと

    ナース歴14年です。怒られることよりも、自分の行動が直接生命に関わることを恐れてほしいのですが…。最近の新人さんは家でもあまり注意されることがないのか子供みたいにふくれますよね。生命に携わる職業としての危機感を持って欲しいです。「ごめんなさい」では済まない仕事ですから。私が新人時代今ではありえない言葉も浴びました。「あんたこの人殺す気?」「あんたがいると勤務がまわらない」とか。でも鍛えられたから今の私があります。自分が言われて嫌だったことは人に言いません。なんで看護師になるのか?志望動機がはっきりないとキツイと思います。学生時代にしっかり勉強しておけば就職後疾患の勉強は復習程度で済み他の勉強に時間が取れるので今頑張って下さい。新人時代は同期との御飯と海外旅行が一番のストレス解消でした。

    ユーザーID:

  • そりゃ〜あなた・・

    次回は怒られないように、メモを取るなり勉強したりでしょう・・・・(笑)

    でも、怒られるととらえるのではなく、注意を受けたととらえてください。

    注意をする方も、相手がへこまないように気を遣って大変なんですよ。
     
    しかし、注意を受けているウチが華ですよ〜!
    私はどうでもいい人には、患者様に危害が及ぶこと以外は絶対、注意なんてしません。

    ユーザーID:

  • 別に

    先輩だって怒りたくて怒ってる訳ではありません。
    指導するほうも一生懸命です。
    どうすれば良い指導ができるか必死なんですよ。
    業務中での指導なので、感情的になったり、怒ってるように見えたり、そんな言い方あるか?、と思える人もたまにいますけどね。
    ここで勉強しようと思えるか、怒られるのは嫌だから辞めようと思うかは個人の考え方次第です。

    今、看護大学に行ってるからといって、絶対に看護師にならなくてはいけないわけではありませんよ。

    ユーザーID:

  • うちの嫁さんの場合

    うちの奥さんは去年大学の看護学科を卒業したばかりの新米ナースです。
    当然失敗して先輩に叱られることはあります。

    しかし、トピ主さんのような心配をしたことはありません。
    「たくさん叱られながら成長していく(していけばいい)」という考えが全くないからです。

    失敗しないよう、普段から徹底的に勉強します。めちゃくちゃ本を読んで、先輩の仕事を徹底的に見て学び、ナースの勉強会、ドクターとの研究会、学会、その他のイベントに頻繁に参加しています。
    勉強家なだけあって、大学は主席で卒業しました。

    「失敗して叱られて成長して嬉しいのは自分だけ。その失敗のせいで苦しむ患者さんに申し訳ない。」

    一般的に、世の中で悲惨な事件・事故が起こると決まって聞く言葉が「今後繰り返されることのないように」です。しかし、その言葉に最初の被害者に対する配慮はありません。うちの奥さんは、なんとしてもその“最初の被害者”を出したくないと言います。
    誰でもミスをしてしまいます。

    問題は、“どれだけの確率で未然に防げるか”ではないでしょうか。その確率を限りなく100%に近づけることは、努力で可能だと思います。

    ユーザーID:

  • 意地悪な解釈で恐縮ですが、

    (看護師は違和感あるので、あえて看護婦と表記します)
    元看護婦の女房に訊いてみましたが、科によっては、こっぴどく怒られる科もあるそうです。
    配属後は、しばらく覚悟された方がよろしいかと。。

    さて、
    トピ主さんのご投稿を読んで気になったのですが、
    怒られたことを、『早く忘れて心を切り替えたい、、』が、主眼のようにも読み取れました。

    そのお気持ちはわかりますが、
    同時に、『決して忘れない。2度と過ちは繰り返すまい、、』と云う決意も聴きたかったです。

    ところで、トピックの主旨とはことなりますが、、
    看護大学と云うと、卒業後は、高度な最新医療のスタッフになられるのでしょうか。

    私はこの分野は素人ですが、
    最新医療と云うと、理工学を駆使した最新の医療『装置』を想像してしまいます。
    その『装置』によって、従来なら救えなかった患者を救えることができるのであれば、
    それは、それで素晴らしいことだと思います。
    しかし、我々、看護される側にしてみれば、
    有能な『装置』のオペレータよりも、
    『心』のかよった、あたたかい看護婦さんを期待していることを、
    心のかたすみにでも置いておいてください。

    ユーザーID:

  • 前向きに考えましょうよ

    「怒られる」じゃなく「注意を受ける」。「注意を受ける」のは他の方が書いてるように、見込みがあるから。

    そして、貴女は看護師です。医療関係の仕事に従事するという事は、他人(患者、まれに身内もいますが)の命を預かるということです。新米の看護師が全く注意を受けずに仕事をこなせるとは考えられません。

    看護師の仕事に限らず、人間というのは厳しい叱咤を受けて、初めて成長するものだと思いますよ。「先輩は、私に立派な看護師になるチャンスを与えてくれてるんだ」という気持ちを持ちましょうよ!今、注意されてる事が絶対、将来の貴女に役立つものだと信じて頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 怒られるの・・・やだ・・・

    主任業務もバイト看護教員も経験したナース37歳です。
    私も怒られたくないです・・。
    今の職場では周りの3、40代、50代の方ですら私と似たようなこと言ってますよ。
    今は病棟勤務では無いですが、新しいことに取り組めば今までの経歴長かろうが、なんだろうが、職場の先輩の皆さんも私もガンガン上司に怒られていますね、ははは。
    うちの職場は若くて30代後半なんですが、年配の方や管理職を経験した方ほどそのギャップ、いまさらガンガン怒鳴られる、についていけなくてやめちゃう方も多いですよ。
    いくつになっても怒られるのは嫌ですよー。
    気持ちの切り替えは何か集中できるような習い事がお勧め!ナース以外にもう一人の私を持っていると良いですよ。すっごく助けになります。
    私の場合は英語。英語では感情移入してブチブチ愚痴れるほど能力の無いので、英語やっているうちにすーっと嫌なこと忘れます。あとは旦那に話して一緒に笑って終わり♪です。

    怒られないようにいっぱい勉強してくださいませ。
    そして、社会では知的能力が高いよりもコミュニケーション能力が高い方のほうが楽しく生き残れますので、うまーくやってください。がんばれー。

    ユーザーID:

  • 心配のポイントを変える

    私ならまず「きちんとミスなく、周りの人達に迷惑を掛けないように仕事がこなせるか?」「仕事がきちんとこなせることが最低限、それプラス、出来ればこの看護師さんでよかったなと患者さんに喜んでもらえるようになりたい。でも辛いこともあるだろうし、いつも笑顔でいられないかも?でも頑張って喜んでもらえるようになりたい。出来るかな?」ということを心配すると思う。

    にもかかわらず、心配ポイントは「怒られるかもしれない」こと?
    なんか本末転倒のような。

    なぜ怒られるのでしょう?仕事がちゃんと出来てないからの場合が多いでしょうね。(私情で当り散らされることもあるだろうけど)
    それならまず、「怒られたら傷つく」ことより「仕事がちゃんと出来るように頑張ろう!」ということに意識を集中させれば?

    「怒られる」ことは、自分が成長するためのステップ、怒られることは自分が向上するための助け、見捨てられて注意もされなくなったらもうおしまいと思えば?

    ユーザーID:

  • 新人ナースです。

    私は4月に入職したばかりの新人ナースです。新人は「叱られていっぱい指導を受けて一人前になる」と言われる感じですが、その言い方や注意の仕方によってはかなりダメージを受けますよね・・・。

    私は、「叱られた内容についてはきちんと反省するけれど、先輩の感情的な言葉や口調に振り回されずひきずらないようにする」という事を心がけていました。私の場合は内容よりも口調や感情に振り回されてしまい、落ち込みすぎてひきずってしまい、またミスを繰り返したり、何を言われているのかも分からなくなってしまう傾向があったので。

    でも、病院・病棟によって方針はかなり違いますし、全部が全部どんな些細なことでもこっぴどく怒るという教育ではなくなってきていて失敗やミスを一緒に考えるというものに変ってきていると思いますよ。

    というのも・・・私自身、過労とストレスから心と身体のバランスを崩してしまい、1ヶ月休職し、カウンセリングを受けて元気を取り戻し、別の病棟へ異動して復職したという周りの新人たちよりちょっと余計な経験をしてしまって2つの病棟を見て思うことですが・・・。

    ユーザーID:

  • 新人ナースがまず学ぶべきことは。

    知識でも手技でもありません。
    「コミュニケーション能力」です!もう8割方くらいコレ!
    言うまでもなくPt.さま相手のお仕事、病んでいる時の心のケアもお仕事ですしね、職場としても、ただでさえビジネスライクに行きにくい女社会。
    海千山千の諸先輩方からの理不尽な言動も、修行と思ってありがた〜くくぐりましょう。解消法を模索しつつも、できるだけ逃げずに。怒るにしろフォローにしろ、こちらの思うように対応してくれる先輩(同僚含)など、何人いるもんですか。
    衝撃を心に受けたその時、どう言動したら相手といい関係が結べるか。
    自分を粗末にしろというのではありませんよ。学ぶんです。
    体のしくみに関わるお仕事を目指されているわけですが、「人」は好きですか。興味はありますか。

    「大卒ナースは使えねえ。」
    残念ながらよく聞きます。血圧が測れないとか。シーツ交換をやったことがないとか。
    個人的にはそうは思いません。友人にちゃんとしたのがいますし(笑)
    ただ、職場は選んだ方がいいかも。インターンシップの整った大学病院とか。でも、理不尽な先輩が皆無とは限らないよ。

    では最後にエールに代えて…
    逃げんなよ!やめんなよ!

    ユーザーID:

  • すみません。横ですが。

    なかぽんさんの『大丈夫だよ。』のレスに救われました。

    《看護の世界はあまりに特殊な世界だと思います。
    どうして、そんな言い方しかできないのあんたは?って思うことも多々ありますよね。常識的な振る舞いができない人たちが多い職場だと思います。・・・
    ・・・小さなミスをこっぴどく叩いて新人を精神的に追い詰めるくらいなら、やさしく説明して育てていくほうがいいと思うんですけどね。》

    この世にはいろんな人が居て、困ります。
    ですが、この言葉にかなり救われました!!

    なかぽんさんの職場は、大人な対応をされる人達の集まりですね。羨ましい限りです!

    病院選びが大事なんですね!
    肝に銘じておきます

    ユーザーID:

  • ポイントもある

     怒られる時、いくつかポイントがあると思います。絶対間違えてはいけない事は命がけで覚えないといけません。次にその病棟毎にやり方がある場合、こまごま些細なことは、他の人も間違えます、他の人も間違えるので、できるだけ見て、人の振り見て我が振り直せです。でも、あんまり間違うのはシステムそのものがおかしい。さらに、その先輩が勝手に言う場合、聞き流せです、余り無いかもしれませんが。難しいですが重要度など考えながら怒られましょう。

     若い間はたくさん間違えたほうが良いです、でないと、一人になった時、臨機応変に対応するのが怖くなります、それで、転職した人がいます。要領がよいから良いと限りません。年とって固まると悲惨です、進歩が無い人生は少なくとも本人も本当は辛くなりますし、周りが険悪になります。思いつくまま書いてしまいましたが、頑張って欲しいです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧