夫が独立(飲食業)したいといいます

レス26
(トピ主0
お気に入り1

家族・友人・人間関係

もも

 現在、飲食業で働いている夫が独立してバーを開きたいといいだしました。

 これから開店資金をためて、足りない分は借りて、とりあえず300万位あればバーなら大丈夫といいます。

 バーということは(おそらくワインバー)開店時間も閉店時間も遅く、家族はすれ違いの毎日になるでしょうし、そんな時間帯では子供がいるし私が手伝ってあげることもできません。

 夫は楽観的に独立を考えているようですが、私は正直甘く考えすぎていると思っています。できれば危ない橋を渡りたくはないのです。

 が、独立というのは男の方にはいろんな方法があれど共通の夢でしょうね。

 この話が出て、わたしが不安を洗いざらい話してから、夫の表情が暗く、食欲もなくなり、私が快諾するまでこのままの状態では?とも思ってしまいます。

でもなかなか踏ん切りがつきません。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 甘いです

    >足りない分は借りて、とりあえず300万位あれば・・・
    開業資金を借金で揃えようとしてますよね?
    はい、甘いです。
    終了。

    小町に類似トピがたくさんあります。開業・独立・店を開く・脱サラ・・・などで検索してごらんなさい。ものすごーい辛口レスのオンパレード!それを読むだけでも勉強になると思います。

    ユーザーID:

  • 事業計画建ててもらえば?

    なんかすごいどんぶりだと思うのですが。

    本当に独立したら必要だし立てるんだから、事業計画作って見せてもらったらどうでしょう。

    作ってるうちに自分で納得するか、実は絶対大丈夫なのか・・・

    開業資金幾らを何ヶ月でためて、どこから何を担保に利子どれくらいで返済期限いつで月々幾ら返して、営業日数、時間帯で経費だして、見込める客数と客単価で利益計算して・・・

    その間、一家はどうやって生活するのでしょうね。

    ユーザーID:

  • 一つだけ

    楽観的なのは良いとしても、最初から借金を背負うのだけはやめて貰いましょう。
    開業してしばらくは赤字覚悟の必要が有ります。お客さんがつけは何とかやっていけるかもしれませんが、最悪数ヶ月は持ち出しの可能性が高いですよ。

    現在勤務中であれば、それなりのノウハウはお持ちだと思います。そのまま勤めても、ずっとやれる業界でも無いと思いますので、チャレンジして見る価値は有ります。でも、家族持ちで借金有りのスタートは甘いと思いますよ。

    多分、そうした事も加味して資金の準備が出来る人なら、恐らく大きな失敗はしないと思います。

    ユーザーID:

  • 旦那があなたを説得しきれるまで

    ほうっておくのが一番でしょう。
    それに、開店資金だってまだまだ貯まっていないのですよね。

    危ない橋を渡りたくないというコトですが、危ない橋を渡らないで現状維持で行こうとして、どこまで行ける見込みがありますか。そこも問題ですよ。

    それから、店を手伝うというのはナシにしましょう。
    それ以外にも支えようはありますし、ちょっとでも手を出していれば口出しもしたくなります。

    とりあえず、開業資金のほかに当座(半年〜1年、あるいはもっと)の生活費を賄って子供が泣かずに住むだけの貯金ができてから、本格的に開業の話をされては? と思います。

    手厳しいですが、外野ですので。

    ユーザーID:

  • まず修行

    「素人がバーやっても成功するはずがない」ということを
    盾にして、バーで修行して
    ・ピックで氷の塊からグラスぴったりの丸氷を作れる
    ・ロングアイランドアイスティーが作れる
    ・5層のプースカフェが作れる
    ぐらいまでやってからにしろ、というのはどうでしょうか?

    それを難なくこなせるのであれば、目ば十分あると思い
    ます。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 全然無理です

    何が・・・って、300万じゃ無理です。
    店舗借りるだけでもその半分は必要でしょう。内装も坪数によりますが、15坪で200万はかかると思います。その他、お酒やグラスや食器、ワインセラー諸々、運転資金(半年は収入ゼロと思った方が賢明)等考えると、自己資金だけで最低1500万以上は必要だと思います。
    足りない分は借りるにしても、担保が必要(無担保で貸してくれる所は無いし、有っても危険)ですし、金融公庫や銀行に申し込む場合はちゃんとした事業計画書が必要です。
    まず、300万で・・・という認識を改めないと、最初から地獄に両足突っ込むハメになります。
    僕も将来「自分が飲みに行きたいと思うバー」を作り、信頼できるバーテンダーに任せたいと考えています。現在試算したところでは、3000万は最低欲しいですね。

    ユーザーID:

  • まったく男ってのは・・・。

    きんもくせいさんのおっしゃる通りです。
    開業していきなりうまくいく店なんて、大手ののれん分けでもない限り、ありえないのが普通。だとしたら、最低でも3ヶ月売上がなくても(売上です、利益じゃありませんよ)やっていけるだけの余裕がなければ、半年たたないうちに息切れするのなんて、目に見えてるじゃないですか。

    なのに、開業資金すら借金?えらいバクチ打ちですね。

    ワインバーとのことですが、ワインというのは在庫を誇ってこそ客がつくというもの。ロマネコンティとはいいませんが、数万するワインだって置く必要があるでしょう。そしてワインの品質を維持するための設備。蒸し暑い日本では、赤ワインすら常温保存できません。単なる居酒屋より光熱費がかかるのは必定。

    在庫を持って維持費かけて、人を使う側の苦労の経験もなく、もちろん経営は素人。
    独身なら、好きにすればといいますが・・・ご主人、自分の立場の自覚がなさすぎ。

    ユーザーID:

  • 何も考えてないのですね。

    ありえません。300万なんて。

    私の知り合いは、賃貸の店舗でラーメン屋を始めた時、銀行からも借り入れて1500万の資金を用意しました。
    他の方も言われてますが、初めの数ヶ月は赤字覚悟ですよ。店舗を改装するのだって、300万丸ごと使ったって大した内装・外装にはなりません。おしゃれじゃないワインバーなんて、お客さんは入りません。

    その彼の奥さんも子供たちも、お父さんにはいつも会えません。ラーメン屋も夕方から明け方までですから、いつも朝4時に帰って、9時には店に来て仕込みや準備です。
    オープンしてれば客がいなくても、維持費がかかります。それだけでマイナス。休みは取れず、家族サービスはないと思った方がいいでしょうね。

    ちなみに、そのラーメン屋は半年で火の車でしたよ。

    ユーザーID:

  • はい、きんもくせいさんに一票

    無理です。というか、考え方が無謀です。
    今の段階では、止めておいたほうがいいです。

    私は不動産業者なので、仲介すればお金が入ってくるんですが、それでも、人として仲介したくない方がいます。トピ主さんの旦那さんみたいな方は、考えてしまいますね。
    まあ、破産しようが勝手ですが、私はそれが目に見えているのに仲介って出来ないから、忠告します。

    300万で大丈夫って、何が大丈夫なんでしょうか。自宅の一室、10坪でされても、内装代その他でそれくらい無くなりますよ。
    借りるんならば、家賃、敷金、仲介手数料、保険代。思いつくだけで絶対いります。
    連帯保証人も、ちゃんと了解してくれる人がいますか?部屋を借りる時も、お金を借りる時も必要です。保証人が見つからずに断念した人も何人もいます。

    お金は、事業計画を立てて、お店のランニングコスト、内装や商品の仕入れ代、水道光熱費、その他必ず出てくるイレギュラーの費用も入れて、最大幾らで考えないといけません。

    あわよくば、300万円で出来たとして、今のままでは明日からの生活の保証は全くないです。

    その辺、旦那さんに聞いてみたらどうでしょう。

    ユーザーID:

  • 事業計画

    個人事業を始める時にある程度の借金は付き物でしょう。300万の自己資金で、公庫などから借りられるのはせいぜい500万位でしょう。

    でもこれから自己資金を貯めるのですよね。何か資産は有りませんか。例えば生命保険とか(解約して掛け変える)。雇用保険に加入してますか(再就職希望で独立開業して従業員を雇用すれば再就職手当が支給される)?助成金なども有るかもしれません。

    退職金は出る会社ですか?御主人に付いている御客様はいますか(就業規則や個人情報の問題が出てきます)。出店する地域や規模は絞れてますか?(自己資金との兼ね合いです、敷金は貸して貰えません)。お金を借りる時、リースを組む時、店舗を契約する時の連帯保証人は決まってますか?公庫で借りるなら飲食業の従事年数は足りてますか?
    などなど聞いてみてはいかがですか。

    ユーザーID:

  • 飲食業は厳しいよね

    今、夫様は飲食業との事、お勤め先はどういう店
    なのでしょうか?

    現在もワインバーならば可能性はあるのではないですか。

    ユーザーID:

  • 飲食業で働いていらっしゃるなら

     飲食業界の事情はよくご存知だと思います。
     ただ、奥様の不安を聞いて、表情が暗くなるのは、子供がおもちゃを買ってもらえなくて駄々をこねているのと同じです。
     快諾の必要はありません。逆に、旦那様におねだりしてみてください。「貴方が、具体的に目標となるようなバーで、営業10年以上のお店があるなら連れて行って。私も勉強したいから」と言えばいいでしょう。
     そんなお店は、都内でも1割あるかどうか。地方の事情はわかりませんが、地方ならそれ以下の可能性もあります。
     私は、そんな10年以上のお店を知っていますが、全てそのお店が入っているビルのオーナーか地主です。

    ユーザーID:

  • ワインバーはむつかしいかな

    ワインBarの場合、豊富な種類のワインをグラスで飲ませなければいけませんが、ワインは1日で味が変化してしまうので、あけたボトルはその日のうちに消費しきらないといけません。豊富な在庫をもっていても、相当繁盛する店でないと維持できません。また、マスターとうんちくをたれたい野郎がくるので相当深い知識武装をして客の話し相手できないとアウトで経験的知識も重要です。5大シャトー全ビンテージ飲んでない?ブルゴーニュやボルドーの全銘柄の畑や作り手、年代ごとの違いを説明できない?ってことはないですよね?なんて、超シロウトでも頭でっかちでうるさいこという人がたくさんいます。
    あと、普通のBarでも最近はお酒にかなりうるさいチョイ悪オヤジがやってきます。シングルモルトを極めにアイラ島に飛ぶくらいのことをしてるつわものがたくさんいます。資金・家族問題もありますが、キャリアとしてプロとして恥ずかしくないよう、まずはアルバイトでもいいので、本格的なBarで勉強するとかソムリエの資格を取るなどして酒道での自分の適性・可能性を知ってもらってからでも遅くないと思います。

    ユーザーID:

  • いやいや、許しちゃ身の破滅

    開業資金すら借金、当座の運転資金すらない、そんな危ない話はありませんよね。皆さんが書かれている通りです。

    そんなどんぶり勘定でやっていけると思っているあたり、旦那様の経営者としての才覚のなさ(すみません)を物語っているように思います。

    旦那様、それに態度が幼稚です。その態度で妻が折れるのを待っているのでしょうかね。

    本当にその夢が真剣であるのなら、行動で示してもらわないと無理ですよね。独立開業のための書籍の1冊もお読みになったことがあるのでしょうか。

    私は友人数人と起業しています。現在16年。法人化してから6年です。それはそれは地道な積み重ねと堅実な計画が要ります。お金もかなり要ります。それらがない場合、準備するまで待てない場合は、結果は目に見えていると思います。独立開業は向いていません。

    まずは、「一緒に勉強してみない?」と誘い、本でも一緒に読んでみて、書籍からその厳しさを教えてもらうのはいかがですか。

    ユーザーID:

  • びっくりして二の句が次げない

    >これから開店資金をためて、足りない分は借りて、とりあえず300万位あればバーなら大丈夫といいます。

    今現在300万の貯金が無いんですか?

    あの、、、

    子供の教育費用、どうするんですか?

    それで独立って、、、

    ユーザーID:

  • 冷静にそして感謝

    1.ご主人 今のお仕事大変と推察します。将来に希望のもてるものにいきたい。逃げたい。という気持ちも理解できます。一方で冷静に考えるとリスクも大きく、長い目でみると帰ってマイナスになることも考えられます。
    2.冷静にお話できたらいいですね。それとご主人の苦労のおかげで家族が生活でき、本当に感謝していることがご主人に伝われば、客観的に同じ、状況の中でも、「いきがい」となることもあるのではないかとも思いますが・・・

    ユーザーID:

  • とにもかくにも資金!

    飲食店の独立。結構なことと思います。世の中所詮サラリーマンか食い物屋しかないんだから。ただ何をはじめるにして資金は必要です。逆に資金がないっていうことはそれだけの実力しかないということ。資金とやりたい夢を別に考えるひとがいますけど、そういう考え方ですとあまり成功するとは思いませんよ。 

    ユーザーID:

  • 体験談を読んでみて。

    http://blog.livedoor.jp/tomatomoon/

    ここに開業から弊店までの記録があります。
    しっかり勉強と準備をして夫婦二人で戦えるかどうか検討してみてください。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

     皆様、たくさんのご意見ありがとうございます。

    やはり無謀ですよね。開店資金があるわけでもないのに独立を考えること自体が。ちなみに住宅ローンもまだまだありますし、子供の教育費もこれからかかってきます。

     主人は、飲食業一本で働いてきており、それなりのノウハウは持っているのか自信があるようですが、話を聞いているとどうもお金に関してはどんぶり勘定なので、改めて主人と現在の家計の状況(これに関してもノータッチなので)、独立のためのお金について、今後の家族のあり方について、皆様からいただいた情報を交えつつ話し合いました。

     独立は長年の夢らしく、諦めるのに時間がかかるとのことですが、とりあえず現状のまま勤めてくれることになりました。

     先でまた独立の夢が出てくるかもしれませんが、そのとき快諾してあげられるくらい、私が仕事を頑張ろうと思います。なかなかすぐにはお金も貯まらない感じですが・・・。

     たくさんのご意見ありがとうございました。
     

     

    ユーザーID:

  • 自由業を目指してますね〜

    似ている人を知っています。
    おそろしいほどのバカな男性でした。
    古着屋さんをやりました。
    反対する人には、切れに切れていました。家族・知人には「俺のことが嫌いなら付き合わなくたって結構だ」。彼女には「別れるぞ」。
    開店資金200万。海外へ買い付けに行ったのは一度だけ。
    お客さんはつきません。
    1カ月後には、文無しでした。
    予想していた彼女は一年間だけ、色んな意味で、待ってあげました。
    一年でお店は消えました。
    彼女も消えました。
    お店に来たお客さんをカウンターの中へ連れ込み、付き合い始めました。
    さらに一年後、その元お客さんである彼女から別れを申し入れられました。
    そして、今、超・ウルトラ・スーパー・薄気味悪い中年男性となり、働いておりません。
    本人は働いているつもりのようです。
    なぜ、暮らせるのか?
    老親が公務員だったから、年金が多めなのです。
    最低。

    お店、出さない方が、幸せですよ!

    ユーザーID:

  • 計画性が無さ過ぎます。

    奥様の不安は最悪な状態で、大当たりする確率95%

    >今から資金をためて、足りない分は借りて300万?

    ふとした思い付きか?勤め先で何かあったのか?発想の起源が気になりますね。

    普通、何事を成すにも、調査期間、準備期間、頼りあえる人間関係の構築等など、4〜5年の準備期間が必要と考えます。

    特に現状が不満での独立の場合、独立してしまったら逃げ場はないですよね!
    逃げる癖のある人は、これから迎えるであろう困難にも立ち向かえないと思います。

    最低500から1000ぐらいは、貯めるぐらいの能力(知恵)があって初めて、起業能力の素質といえるのではないですか?

    始から足りない分を借りての発想は、論外です。

    場所代や借金の利子も考えた場合、そんなに利益率の良い業種なんでしたっけ????(そんなに利益率が良い業種なら世の中もっと流行っている!)

    夢を現実にするためには、奥様に反対されてふて腐れているようじゃ経営者としての素質自体も問題外でしょう。

    ユーザーID:

  • 独立起業したい理由は?

    >これから開店資金をためて、足りない分は借りて、とりあえず300万位あればバーなら大丈夫といいます。

    甘いです。激甘。
    何を根拠に大丈夫なんでしょうか??

    旦那さんに、このトピの皆さんの意見をコピーして読んでもらったらどうでしょうか?

    ユーザーID:

  • まず計画を

    このような男の人はよくいます。頭でっかちで良い事しか見ない、仕事といっても現場のみでお店で接客する事と飲食の知識だけしかないわけですよね。

    物件探し、内外装、厨房や食器類の費用、仕入れなど大変。開店したら今まで知らなかった色々な経費が必要な事が分かります。

    答えは皆さんが発言していますのであえて言いませんが、多分この手の夫に不安感だけを伝えても、無理やり自分の好きなように進めていくような気がします。そうしないと不満やるかたない人種なのですから。

    夫に頭から反対しないで、トピ主さんも知恵を働かせ、「それなら計画を立ててみようか」と言ってみてはどうですか。

    300万じゃ店を借りるだけで費用は殆ど尽きてしまうでしょう。場所が悪いとまず無理、良い物件は高いですし、総額はビックリするほどになりますよ。それにおしゃれなら内外装に相当掛けないとお客は来ないでしょ、どれくらい掛かるか、そんな事も勉強してないのでしょうねぇ。

    うちの近くでも、こんな所じゃと思うと必ず潰れていますよ。

    いずれ開業するにしても経営の勉強と資金を用意して下さい。と旦那様にお伝え下さい。

    ユーザーID:

  • 独立は誰でもできるけど、維持は難しい

    開業資金のことは皆さんレスされてますので。

    最大の理解者であるトピ主さんすら説得できないようでは、成功はおぼつかないと思います。開業しても、お客さんはご主人のお店に来る義務はないんですし。

    感情的な悲観論もいりませんが、
    > わたしが不安を洗いざらい話してから、
    > 夫の表情が暗く、食欲もなくなり、
    食欲なくなる前に、トピ主さんを説得とか、資金集めとか、もっとやることがありそうです。
    トピ主さんだけでなく、今後は金融機関の人、不動産屋さん、一緒に働いてもらえる人、地域の人?、お客さん候補、独立を考えたら、とにかく説明の連続で、その上説得できなければなりません。

    もし、いまの仕事に対するストレスから独立を考えているなら、危険です。今の仕事に対するストレスの緩和なら、ご主人の話をうんうんと聞いてるだけでも、だいぶ楽になると思うのですがね。

    > でもなかなか踏ん切りがつきません。
    勢いだけで返事はしないほうがいいと思います。チャレンジと暴挙は違いますから。

    ユーザーID:

  • ソムリエ試験

    ご主人はソムリエの資格はお持ちでいらっしゃいますか?ソムリエ試験に、お店を持つに当たっての営業・運営に関する計算問題も出てきます。面積あたりの客単価と在庫保管・回転数などで利益率を算出する計算問題を練習することにより、ある程度無理かどうかご自分でわかるかと思います。
    また、料理王国という雑誌にワインバーやビストロなどを経営する人たちの話が出ている号がありました。バックナンバーで検索してみてください。
    ワイン学校に通っていた昔から、ソムリエやワインバー経営などの友人がいますが、ワインブームも定着した現在非常に経営は大変だと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 相手を尊重しつつ

    話し合いをするとき、自分の不安なこと、
    主張を述べるのではなく、相手の意見を尊重しつつ、
    将来設計を1度してみては?
    そうすると意外な盲点もあり、
    やっていけるかもしれないし、無理かもしれないし、
    そういったことが見えてくるかも。
    たとえば資金繰り、
    紙に一覧表を書き出してみたりしては?
    いっしょにやればおたがい楽しくできると思うし、
    今よりは現実に目を向けられるかもよ。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧