的確な四字熟語を知りませんか。

レス13
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

あずき

イタリアに在住の者です。
先日、柔道などの道場を運営している知人から、額に入れる短い言葉で、できれば4文字ぐらいの漢字で適切な日本語を聞かれ、答えるのに悩んでいます。
内容は、「歩きながら考える」「思考と共に進む」、、、と言うものです。つまり、思考、熟考を伴った行動、言動、成長を促すフレーズなのですが、、、。四字熟語などもいろいろ調べてみてはいるのですが、いまひとつぴったり来るものがなくて、、、。
そこで、小町でいつも的確で豊富な知識をお持ちの皆様に、是非ともお力をお借りしたいのです。どうか、よろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 沈思黙行?

    一瞬これかな、と閃きました。
    落ち着いて深く考え、黙って行動すると言う意味です。
    天の理に叶って生きる、となると、則天去私で、これは夏目漱石が、晩年に揮書していた良い言葉です。

    ユーザーID:

  • 自信ないですが

    至誠一貫

    ユーザーID:

  • 有言実行

    ぱっと浮かんだのはコレです。
    不言実行をもじって作られた言葉なので、昔から在る四字熟語ではありませんが…最近ではけっこう使われているので、どうかなと。

    これだ!という四字熟語が見つかると良いですね。

    ユーザーID:

  • 心技体

    柔道ならこれでしょう。

    心技体(しんぎたい)

    ユーザーID:

  • 知行合一

    タイトル通り、知行合一はいかがでしょう?

    意味は、
    「真に知ることは必ず実行を伴う。知と行とは表裏一体で別のものではない」という意味らしいです。

    検索すると沢山出てくると思います。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私が思いつくのは

    「知行合一」でしょうか。
    あとは「熟慮断行」など?
    他の方の回答も興味深いですね。
    いい言葉が見つかるといいですね。

    ユーザーID:

  • ふと気になりましたが。

    依頼者の原文(?)である「歩きながら考える」とは、もしかして「悩んで立ち止まる」の反意語と言う意味合いでしょうか?

    これであれば「思考、熟考を伴った行動、言動、成長を促すフレーズ」と言う意味合いとは、ニュアンスが異なる印象なのですが、この点は如何でしょう?

    「悩んで立ち止まるくらいなら、引き返すのも覚悟で、前に進もうよ」

    こう解釈するれば、「実践躬行」(じっせんきゅうこう)が意味的には近い…かな?


    ですが「思考と共に進む」だと、少し意味が異なりますね…。「知行合一」かな?…苦しいですね。


    蛇足ながら、やはり「切磋琢磨」とかがお約束でしょうかね?

    ユーザーID:

  • こんなのは?

    知行合一(ちこうごういつ、若しくは、ちぎょうごういつ)はどうでしょうか?

    中国の王陽明が唱えた言葉で
    「知るはこれ行の始め、行はこれ知の成るなり」、つまり、いくら知識があっても知識が行動に伴なわなければ何の意味もなさないこと、知識や認識は実践につながるものでなくてはならないという意味の言葉です。

    ちょっと違うかな・・・?

    ユーザーID:

  • 切磋琢磨

    ちょっと、意味は違いますが息子の中学校の体育館に額縁に入れて飾ってある四字熟語です。

    切磋琢磨ですが、意味は学問や人徳の向上に励むこと。仲間同士が競い合い、励ましあって、ともに向上すること。
    だそうです。道場にはぴったりと思いますが。

    ユーザーID:

  • やっぱ

    一日一膳 とか
    剣禅一如 ですかね

    ユーザーID:

  • これは?

    日々鍛錬
    日々精進

    こんなのどうですか?

    ユーザーID:

  • 座右の銘

    今から道場に出かける夫に聞いてみました。

    柔道の創始者 嘉納治五郎氏がよく使った言葉で、柔道の原理原則を表す言葉は、
    「精力善用 自他共栄」だそうです。

    精力善用=己の力を最大限に生かして、善きことに努めること

    自他共栄=和をなすこと

    検索すると、色々分かります。

    ちなみに、我が夫は、そんな崇高な主義主張があって未だに柔道を続けているというよりは、
    ビールをおいしく飲むためと、それでビール腹になるのを防ぐため…ですかね。

    ユーザーID:

  • 郢書燕説

    トピ主さんの「いまひとつぴったり来るものがなくて」の一つに含まれているかも知れませんが、
    「知行合一(ちこうごういつ)」なんてどうでしょうか?
    「知」とは「知ること」即ち知識を得ること、学ぶことを意味し、「行(こう)」とは「行なうこと」即ち行動することで、「合一(ごういつ)」とは「一(いつ)にする」という意味です。
    「知ること」と「行動すること」は表裏一体、知ってるだけでも行動するだけでもダメ。
    だから、「よく考えて行動しなさい」ってことにならないでしょうか?

    もし、いいのがなかったら自分で作っちゃうとか!?

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧