習い事のお月謝について

レス40
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

かおり

はじめまして、こんにちは。
かおりと申します。23歳です。

習い事のお月謝について質問があります。
ズバリ、お月謝は新札を使うべきなのですか???

というのも先日、他の生徒さんがお月謝を渡す際に、「キレイなお札を用意する時間がなくて…すみません」みたいなニュアンスで先生に謝っているのを見たのです。
びっくりしました。

いつも私はそのとき財布にあるお札や、たまたまATMからでてきたお札を使用しています(汗
明らかに四つ折のあとがあるお札などは避けていますが…

先生は優しい方なのか、お札について注意されたことはありません。でも、もし新札が常識なのならこれから気をつけたいなと思っています。
ちなみに習い事は茶道と華道で、同じ先生に習っています。

誰か、詳しい方に教えて頂けるとありがたいです。
よろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 華道で‥

    かおりさん、こんにちは

    私が以前通っていた華道教室の先生は年配の方でしたが、やはりピン札を使用していました。
    先生が、稽古で使う道具などを費用を立て替えて用意してくれる場合、支払いをするとおつりは新札でくれていました。
    先生が生徒に、月謝などを新札で寄越すよう要求するわけではなかったのですが、アシスタントからは「お月謝は新札で用意した方がいいわよ」と言われました。

    その後私は転居し、現在、同じ流派の別の先生の教室に通っているのですが、新札にこだわることは一切ありません。
    ちなみに、新しい先生は若いです。

    ユーザーID:

  • 細かく言うと・・・

    新札なんだと思います。
    お祝い(お年玉も)・お礼など前もって準備できるものは新札だと教えられてきました。お月謝もお礼と考えれば新札なのかなと思います。お月謝に対して、そこまで細かく気にしない人が多いとは思います。
    トピ主さんの場合、礼儀作法を重んじる習い事なので新札の方が無難かもしれません。

    ユーザーID:

  • 今まで折りのある札で?

    今時は振り込みも多いですけどお月謝は新札でするものではないですか?
    「謝」ってお礼のことですから
    トピヌシさんのお母様はどうされていたのでしょうか
    そういう注意はお母様から受けたことありませんか?
    特に茶華道などは礼儀から始まるものなので
    気をつけるのが賢明です
    まだトピヌシさんが23とお若いので
    先生は姉弟子さんから自然と学ぶまで待っていらっしゃったのかも知れません
    差し出がましいようですが
    懐紙なり和仕立の月謝袋に新札を入れて半開きの末広に乗せて
    「お稽古よろしくお願いします」とおだしになれば◎です

    ユーザーID:

  • なるべく新札

    そういった月謝に対する礼儀作法や常識は存じませんが、私は「なるべく新札」「なるべく綺麗なお札」を用意します

    結婚式のご祝儀のように、わざわざ銀行に出向いて新札と交換はしませんが、お稽古の数日前から月謝分の綺麗なお札をキープするようにしてます

    ユーザーID:

  • 茶道を習っていました。

    こんにちは。
    私も以前茶道を習っていました。
    習い始め2〜3ケ月は 私も知らずに普通に財布にあったお札を使っていましたが、数ヶ月した頃先生から 新札でということをおそわりました(ちなみに 私の習っていたところでは、その新札をさらに懐紙で包むということでした。)
    茶道は お茶の点て方のみではなく 色んな作法も学ぶ場だと思うので、知らなかった時はまだしも 知ったのなら新札にしたほうがいいのでは と思います。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 新札でされた方がいいと思います。

    差し上げる方、頂く方、集める係・・といろいろ経験しています。

    私は必ず新札でします。
    頂いた時の気持ちは、古い紙幣だとただのお金、新札だとお礼の気持ちのようなものも加わっているように感じます。

    最近、会計係になって分ったのですが、先生に直接お渡しするシステムではないためか、すごく汚いお札が集まります。
    びっくりしました。
    何だか悲しくなってしまいました・・

    でも、これが現実。気にしない方も多いのでしょうね。
    私は月謝に限らず、人にお渡しするお札は新札と決めていますし、これからもそうするつもりです。

    ユーザーID:

  • そうしています。

    かおりさんはじめまして。
    私も、子どもにバレエ・ピアノなど
    習わせています。

    1年ほど前から、新札又は折り目のない、
    きれいなお札にしています。
    それまでは、なんでも良いと思っていました。

    義母に何げにそうしたほうがいいよ、
    と言われてから、気がついてするようになりました。
    自分もそうしたほうがよい、と思ったからです。
    義母に、交換してもらうこともあります。

    普段の買い物のお釣りできれいなお札が返ってきたら、
    自宅にある古いお札と交換しておいて
    家に置いています。

    できることはなるべくやっていこう、
    と、最近そんなことに
    気を使うようになってきました。

    なかなかきれいなお札を揃えるのは大変ですが
    頑張ってくださいね!

    ユーザーID:

  • お月謝は新券で

    茶道を習っています。

    お月謝を渡した翌週のお稽古で、先生からよばれ、
    「お月謝はきれいなお札でご用意なさい。
    一ヶ月もあるんですから、時間がないなんて言い訳になりませんよ」
    と怒られちゃいました〜。
    普段は新券にしてたんすけど、その月はちょうど手元になくて…、ハイ、言い訳です。

    先生は、私達生徒が更に上の先生にご指導いただくようなことがあった時に失礼がないようにとの気持ちから、私たちには大変厳しいです。
    ありがたや…(汗)。

    昨今は生徒のほうが「お金を払ってやってる」と態度が大きくお客さん扱いをされることも多いと思いますが、本来はやはり「師弟関係」なので師には失礼のないようにするべきなんですよね。
    こういたったことも、茶道を習い始めて改めて勉強になりました次第でございます。

    ユーザーID:

  • 教師の立場から。

    私の場合は月謝に限らず先生にお渡しする全ての現金は必ず新券で、と習いました。それ以来、突発的な出費以外は新券を用意しています。

    しかし自分のお弟子さんにそれを指摘・強要したことはありません。理由は、まだお若い方々ですし、いずれ先輩弟子さんから学ぶであろうと思っているのと、正直に言ってそこまで細かいことを言っていると最近のお若い方(にも限りませんが)はすぐに稽古をやめてしまうからです。確かに言われると「ウザイ」んでしょうね。気持ちは分かります。

    ただ、折角ご縁があってこの伝統の美しさに触れる機会を持ったのですからできるだけ長続きして欲しいと思っています。
    そういう意味では「新券」でなかったからと言っていちいち目くじらを立てるやり方は非効率と考えますので私は気にしません。

    ユーザーID:

  • 気持ちの問題なんですが

    子どものころから習ってきたのはピアノ、習字、そろばん。どれも手の切れそうな新札が用意してありました。実家でも我が家でも新札ストックが常にある状態です。
    それが当たり前だと思って育ってきましたが、世間ではそうでもないようです。が、新札は先生のウケがいいです。

    ただ、どうしても新札を用意出来ないときもありますから(今は両替にも手数料を取られる場合がありますし)そういうときはなるべく綺麗なものを選べばいいのではないでしょうか。
    自分がお金を渡されたときに新札だと何となく気分もいいですし。

    ユーザーID:

  • 新札がいいけど

    一般に,新札の方が心証がいいですが,
    「新札はくっついて数えにくいので,新札はやめてほしい」という先生もいらっしゃいました。

    普段から,綺麗なお札をお月謝用にキープするようにしてみてはどうでしょう。

    ユーザーID:

  • 茶道と華道なら特にね

    新札でもボロボロのお札でもお金の値打ちは変わりませんが、伝統的な考え方としてやはり新札の方が相手に敬意を払い丁寧になるという感覚だと思います。

    最近は習い事でも「習ってやっている私はお客様」感覚の人がいるようで、そんな感覚の人なら「お金を払ってやるこっちの方がエライ」感覚で「なぜ新札の必要がある?馬鹿馬鹿しい」でしょうけど、特に茶道や華道なら伝統的な考え方なので当然、新札か、新札に見える程度にきれいなお札にすることが望ましいでしょう。
    そうじゃなくても一応、「きれいなお札が用意できなくてすみません」と口先だけでも断る礼儀が望ましい。

    ユーザーID:

  • サイフからそのまま?(きょんさんのケース)

    きょんさんの場合は、サイフからお金を出して裸で先生に渡していたのですか?
    それなら先生もさぞビックリしてあまりのことに見かねて言われたのではと思います。多少お札が汚かった程度なら、自分に対して礼儀を尽くせとはなかなか言い出しにくいから。

    普通は謝礼を入れる封筒などに入れてお渡しすると思います。絶対に裸でお月謝を渡すなどということはあり得ない。今後、よそでも恥をかかないように見かねて教えてくださったのでしょう。

    きっと先生はすごくビックリして「この頃の若い人は驚くわ。裸で月謝を渡す子がいるの・・・。」と周りの方にもぼやいて相談されたのではと推測。
    「自分のことだしこんな渡し方失礼よとも言いにくい」と悩む先生に、周りの人が「こんなことではその子はよそでも恥をかくだろうからその子のためにも教えてあげたらいい」と背中を押され、ためらった後に、ついに数ヵ月後きょんさんに直接言われたのでしょう。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます!

    きょんさんまでのレスを拝見いたしました。

    新札が常識のようですね…恥ずかしい(汗
    本当に聞けてよかったです!!
    働く主婦さんや香錦庵がおっしゃった、
    お月謝はお礼という言葉で納得です。


    来月から気をつけたいと思います。
    みなさん教えて頂いてありがとうございました!

    ユーザーID:

  • 手ほどき願います

    トピ主様

    このようなお題で立ててくださり有難うございます。
    日本の美しい文化ですよね。
    このような美しい日本文化が消えていくことを悲しく思い、さらに、それらを知らない自分を更に悲しく思う今日この頃です。


    香錦庵さま

    こんにちは
    大変興味深く読ませていただきました。

    「半開きの末広」と言うのは扇に載せてということでしょうか?
    便乗になってしまいますがもう少し詳しく教えていただけませんでしょうか?

    宜しく御願いいたします。

    ユーザーID:

  • 子どもの習い事でも!

    私は子どもの習い事もずっと新札です。少しでもお礼の気持ちがこもれば、という気持ちです。親もそうしていました。

    ピアノの先生をしている友人たちに聞くと、今では新札の人は少ないと言います。かなり年配の女性で、いきなりお財布から出す人もいるそうです。

    今からでも全然遅くないですよ!
    早くに気付いて良かったですね〜。

    他の国の人から見たら、意味のない事と言われそうですが、大事にしていきたい日本の風習だと思います。

    ユーザーID:

  • 参考までに

    昔、茶道・華道の月謝は新札でした。
    今、娘の書道の月謝も新札です。しかし、ピアノの先生は「折角、用意して頂くのですが、新札は使いづらい・・」と娘経由で言ってきました。なので、それからはなるべく綺麗なお札にしました。
    参考までに。

    ユーザーID:

  • ピアノを教えていますが・・・

    わたしが子供の頃はお月謝は母が用意してくれたものを渡していただけなので母がどうしていたかはわかりませんが、コーラスの伴奏で謝礼をいただく時はいつも新券が入っています。
    ピアノの生徒さんは年代を問わずいろいろです。お母さんの常識がいろいろなんでしょうね。
    渡される時も「はい、集金」といって渡す子もいます。学校の集金と同じ感覚なんでしょうけど、こればかりは何年たってもちょっと抵抗がありますね。

    ユーザーID:

  • 新札です

    お茶とお花ということで、これはもう新札が礼儀のようです。

    私も以前お稽古に通っていましたが、
    はじめる時に先生から新札で懐紙に包んで向きもそろえてというのがこういうところの常識ですよと教わりました。
    なかなか新札を揃えるのは手間ですが、やはり受けた側も新札だと気持ちもいいものです。

    ユーザーID:

  • 新札で

    こんにちは。トピ主さんとおない年ですが私も茶道をやってました♪
    部活動だったのでお月謝は会計係がお渡しする形だったのですが、その会計係をやっていました。そして先生にお渡しするお金は全部新札でした。
    また、子供の頃の習い事も、お月謝は新札でおした(母がたまに用意し忘れて私のお年玉と両替していたので覚えています)。

    というわけで、今後は新札にすると良いと思います。
    「知らなかったけどお稽古事の中で学べたから良かった」と思えばいいんじゃないでしょうか。茶道などはマナー講習の面もありますし。
    渡し方などは他の生徒さんを真似ることができますが、中身までは分からないから気づかないのもしょうがないと思いますよ。

    ちなみにお札は銀行の両替機で新券に変えられます。その銀行のキャッシュカードが必要だったり、○回以上は有料などの制限があると思いますが。

    ユーザーID:

  • 習い事によるらしい

    年配の世代だとそれが常識のようですね。
    私は中学校くらいのときにおばあちゃんから聞きました。
    習字・書道・華道・お琴・踊り・などは礼儀を重んじる習い事だからできれば新札で渡した方がいい。
    水泳やピアノや体操など規律が特に厳しくない習い事ならば無理して新札を用意しなくてもいい。
    と私は聞きました。
    それが世間一般の常識なのか知りませんが、私はそうしてます。

    ただ今の時代、普通のお札から新札に交換してもらうのに窓口へ行けば枚数によっては手数料がかかりますから、(かからない銀行もあるらしいですけど)先生が年配の方得ない場合はこだわらなくても大丈夫じゃないでしょうか?

    ユーザーID:

  • そのほうがベター

    「習い事だから」「お月謝だから」というのではなくて、目上の人や年上の方に渡すものはきれいなほうがいい、という意味だと考えるといいと思いますよ。

    結婚式ではないので、銀行に行ってまで新札にかえなくてもいいと思いますが、ピンとしたきれいなお札を使うことを心がけるだけでも印象が違うのでは

    絶対必須とまでは思いませんけど、美しい習慣だと思います。

    ユーザーID:

  • 余り気にしなくても

    私はトピ主さんと同じ考えです。
    でも、習い事がラフなものだからなぁ。
    華道と買ってそういうものなのかしら?
    塾とかって違いますよね?
    習うものによって違うのかなぁ。

    ユーザーID:

  • 不祝儀以外で。

    人様に現金をお渡しする時は新札を用意するように言われて育ちました。

    自分が小さい頃のお稽古事のお月謝も、母は新札を用意してくれていました。

    また、立て替えて頂いていたお金をお支払いする時なども、
    お金をそのまま渡すのは失礼に当たるので、
    封筒に入れるように、とも言われていました。

    当然のようにそうしてきましたが、疑問を持たれる方もいらっしゃるんですね。

    ユーザーID:

  • ショック!

    う〜はずかしい!!!
    もう、XX歳になると言うのに知らなかった!
    初めて聞きました。

    幸か不幸か今子供が通っている習い事は全て口座からの引き落とし。現金での支払いはありません。
    でも、今年7月まで現金で払っていたものもあり。。。
    あ〜はずかしい!!

    ユーザーID:

  • >香錦庵さん

    横レス失礼します。

    >トピヌシさんのお母様はどうされていたのでしょうか
    そういう注意はお母様から受けたことありませんか?

    もし何らかの事情でトピ主さんにお母様がいらっしゃらなかったら、とてもトピ主さんを傷つけることになるとは思いませんか?
    仮にお母様がいらっしゃったとしても、お母様も「お月謝は新札」の風習をご存じなかったかもしれません。ご存知なかった故トピ主さんに教えることができなかったとしたら、お母様をも辱めることになるとは思い至りませんか?

    どちらにしても、とても下世話で失礼な発言です。
    香錦庵さんは、そんな下世話な言葉を他人に投げつけてはならないと、お母様からご注意受けたことはないのでしょうか。

    ユーザーID:

  • 出来れば新札で

    茶道と華道を習っています。先生は別です。
    私も習い始めの頃は使い回しのお札をお月謝袋に入れて渡していました。ですが、ある時別の教室で茶道と華道を習っていた友達から「お月謝は新札で渡している」と聞き、そうするものなのかな〜と思い、それからは新札で渡しています。

    この前、華道の先生にも茶道の先生にも
    「いつもあなたから頂くお月謝は新札ね。若いのにきちんとしたしつけを受けていらっしゃるわ」
    とお褒めの言葉を頂きました。

    もし自分が先生の立場として、お月謝袋の中にいつも「新札」が入っている生徒と「使い回しのお札」が入っている生徒がいるとします。どちらの生徒がきちんとしている、という印象を持ちますか?それを考えると新札にした方が良いかどうか答えは出るのではないでしょうか。

    ちなみに私の華道の先生も茶道の先生も優しい方なのでお札について注意しているのを見た事も聞いた事もないのですが、やはり心の中では少なからず思っているようですよ。お褒めの言葉を頂いた時に、チラッとそんな事を言っていました。

    私は教えてくれた友達に感謝です。

    ユーザーID:

  • 茶道華道は特に・・・

     私は少し前から茶道を習い始めた初心者です。

     そこは先生のお宅でお稽古するのですが、初日に姉弟子にあたる方から、「お月謝の渡し方がいちばん難しいから、私がやってみせてあげるね」と、ご親切に教えていただきました。

     お月謝袋に新札を入れて、末広(茶道で使う扇子)をお盆代わりにしてその上にお月謝袋を乗せて、先生の前に差し出し、正座してお辞儀して「今月もお稽古お願いいたします」。

     初めてみたときは「ひえー芝居がかってる!」とびっくりしましたが、伝統芸能のお稽古はそういうきちんとした世界なんだなぁ、と今では自分もやっております。

     ピアノなどでここまでやったら逆にコワイと思いますが、茶道華道だったら礼儀正しくて良いなぁと思います。

    ユーザーID:

  • 作法 舞踊などは

    私は以前 舞踊と茶道をしておりましたが 学生時代で親がお月謝を包むときやはり新札で用意していたのをおぼえています。
    そして 今は私が親になって 娘のピアノやバレエなどのお月謝を包むとき やはり新札をそろえお包みしています。 心遣いでしょう。 先生に対しあまりに古いお札では申し訳ないです。 教えていただいているのですから その気持ちはやはりそう言うところに現れるのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 横レスですいませんが、きょとん様へ

    9月22日の書込みのきょんです。

    きょとん様の
    <きょんさんの場合は、サイフからお金を出して裸で先生に渡していたのですか?>
    とのご質問の件ですが、私の書き方が言葉足らずで、誤解させてしまったようですいません。 

    先生から 名前や月(先生が受け取ると その月の所に 印を押す)の印刷されているお月謝袋を頂くので、そこに新札ではなく その時お財布にあった普通のお札を入れて、扇子にのせ 「よろしくお願い致します」(扇子にのせるのは先輩方の見よう見まねでしていました)と 渡していました。 お札をそのまま裸で渡していたわけではありません。


    当時 私はまだ学生で、新札でお渡しすることはもちろん、お中元・お歳暮・帰省後の地元のお土産などお渡しすることにも頭がまわっておらずしていませんでした。習い始めて数ヵ月後ちょうど就職が決まった頃
    、たぶんこれからは社会人になるのだからということで 教えて下さったようでした。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧