夫の飲酒で悩んでいます

レス23
(トピ主0
お気に入り2

恋愛・結婚・離婚

さっちゃん

結婚して2年ですが、夫の飲酒で悩んでいます。夫は急性膵炎で5年間で二度入院しています。

晩酌を毎日していたのが原因です。最初の入院のあと、私も悪いのですが「以前ほど飲んでいない」「飲まないと眠れない」という言い訳で飲酒を見てみぬふりしてしまいました。

しかし二度目の入院で、もうさすがに飲まないだろうと思いましたが、退院後すぐ飲んでいました。おおっぴらには飲みませんが、酒ビンを発見したり酒臭かったりするたび、怒ったり泣いたり、止めてと訴えてもやめてくれません。憂鬱な気分で空しくなります。

節酒でなく断酒してほしいのです。彼はアルコール依存症なのでしょうか?酔って暴れることはありません。ソファーで寝てしまうことはあります。

「自分で調整しているから大丈夫。また倒れるほど馬鹿じゃない。信じてくれ」と言いますが楽観的にとらえているようで、正直不信感でいっぱいです。毎日飲んでいるのではと不安になります。

自己管理ができない人とこれからの人生暮らしていけるのか、と思ってしまいます。どうにか考えを改めて断酒してほしい、と思いますが何かよい方法はないでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ア依存症の恐れあり

    おそらく、アルコール依存症ではありませんか。肝臓やすい臓など臓器関係が強ければ、病気になることはないのですが、弱いから入院になってしまったのでしょう。
    夜眠れない、飲まずに居られない、というのが精神的な悩みを抱えている証拠であり、その部分を投薬やカウンセリングなどで治療しない限り、無理な飲酒を繰り返すでしょう。
    精神科で扱っていますし、アルコール依存症の人に体験を聞くと、肝臓が強いから、ビールをジョッキ十杯飲んでも体はなんとも無い、だが精神的な悩みがあるため酒を飲み続けてしまう、だそうです。
    その方は、会社の有給を全て使って、精神科に入院して治療していました。知的職業とも言われる職種の人でした。
    体を壊さない内に、精神科に相談してください。知的理解の早い人ほど、早く立ち直ります。

    ユーザーID:

  • それは間違いなく

    アルコール依存症でしょうね。

    別れられるなら、別れるのが最善だと
    思います。

    病院へ連れて行っても、簡単に治るものでは
    ありませんから。

    ユーザーID:

  • 飲酒と病状の因果関係は?

    お医者さんから説明を受けたことと思いますが、飲酒と病状の因果関係については掴んでおられますか?

    また、お医者さんから「禁酒」の指示はありましたか?

    心配なのはわかりますが、過度の抑圧は他の部分に不調を招いたり、精神的に不安定になったりすることもあります。

    節酒でよいのに禁酒を強要しているのかな、とも読めないこともなく、僭越ながらご意見させていただきました。

    ユーザーID:

  • 自分でなおすのは無理

     うちの夫は家では来客でもない限り絶対に飲まないのですが、社交的で飲み友達が多く、外では週に1、2回は飲んでいます。その位の頻度でも、彼は絶対に依存症だと確信しています。なぜなら、酒量をコントロールできないからです。酔わない程度でやめるのは不可能だと言っても大げさではありません。そういう状況から見て、本人もアルコール依存なのは自覚しています。

    禁酒したい気持ちは強くても、自分の力でそのうち止められると思っているところとても愚かです。私もこれで何度も深刻な喧嘩になり、別れようと思ったことも数え切れません。トピ主さんのご主人のように若くはないのですが、幸い、何十年の暴飲にも関わらず健康体なのだけが救いでしょうか。

     病気になってもやめられないのなら、わが家以上に深刻だと思うし、依存症であることは間違いなさそうですね。医師に頼んで厳しい忠告をしてもらうとか、禁酒プログラムを強制するか、方法はあると思います。遅すぎないうちに、やれることはやってみましょう。
     それから、そういう人に自己管理は期待しない方がいいです。結果的にはいつも期待はずれで、ひどい時には相手をさせられる私が鬱になりそうですから。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    トピ主です。レスありがとうございます。

    色なき風さま
    私も一度夫に精神科を受診してほしいと思うのですが、本人に自分が精神的に悩みを抱えている、酒をコントロールできないといった自覚がなく納得させて受診させるのが難しいです。一緒に受診しようと言っても言うことをききません。アルコールへの依存を自覚して、治療しようという意識を持ってくれればいいのですが・・。

    匿名おとこさま
    説明不足ですみません。退院時に医師から「禁酒」の指示を受けました。急性膵炎は重症でなければ一過性のもので、治療し炎症がおさまれば、後遺症はなくまた元の状態に戻るようです。ですがアルコールが原因の場合はやめないと再発の可能性が高く、何度も続くと慢性に移行することもあるようです。夫の場合は喉元すぎれば・・で飲酒を繰り返すように思います。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 現状では分からない

    専門医はどう指示されているのかが重要だと思います。
    禁酒を指示しているのなら、やめてもらうしかないですが、そこまで指示していないのならトピ主さんが干渉しすぎになると思います。

    旦那さんの肩を持つ気はないのですが、労働後の一杯というのは良いものです。医者に止められてもないのなら無理やり断酒を要求されるとストレスを感じるでしょうね。

    この辺は医者の指示がどうなのかはっきりしないとなんともいえないですね。

    あと、旦那さんがアルコール依存症なのかどうかは、体を壊したのを理由に妻が断酒を求めたのに飲む。というだけでは断定できないですよ。
    ほんとに酒だけが原因なのかも分からないのですから。

    ユーザーID:

  • 困りましたね。

    さっちゃんさん、大変ですね。
    病院で働いているときに、何度も急性膵炎の患者さんを見てきました。

    急性膵炎で入院されたということは、かなりの激痛があったんでしょうね。
    それも2回もされているのに、お酒をやめられないなんて…。
    止められない人は、本当に何回も入院されています。
    急性膵炎は、本当にお酒をやめないと、何度も再発します。
    でも、本人に自覚がないとだめなんですよね。
    子供じゃないんだから、お酒を隠しても自分で買ってくるだろうし…。
    アルコール依存症ではないとは思いますが、膵炎を再発しない為にも断酒してほしいですよね。


    断酒の方法は、よくわかりません。
    かかられている病院で相談されるか、アルコール依存症の断酒会などに入られるかしか思いつきません。お力になれずにすみません。

    ユーザーID:

  • 将来の自分みたい

    私も自称「アル依存症」です。幸い入院経験はありませんが、医者に止められたくらいでは酒を止めない自信があります。
    多分飲むこと自体が苦しくなったら止めると思うのですが、今は飲まないほうが苦しいものですから。早死にするかもしれませんが、酒を止めて長生きしたいとは考えられません。

    うまいアドバイスはできませんが、いきなり断酒を要求せず、「妻が心配している」、「私も大好きな○○を控えるから一緒に頑張ろう」といって少しずつでも量を減らすようにしていけるようになるといいですね。本人が「自分の体を大事にしよう」と思うことが一番で、飲んだことを咎めるのは止めて欲しいです。

    ユーザーID:

  • それはほぼ完全にアルコール依存症です

    恥ずかしながら、私もかなりの酒依存です。ですので、旦那さんのその状態は、酒依存と言って間違いないと判ります。
    普通の人は、ストレスを紛らわせるために酔うことから入ります (ごく当たり前ですが)。
    酒依存になり易い人は、ストレスを独りで消化しようとしてしまいがちな上に、
    酔った恍惚感が忘れられず、ちょっとしたストレスでも「酔い」を求めてエスカレートします。
    最期には、ストレス解消のためだけではなく、「酔う」こと自体が目的そのものになります。
    欧米ではアルコールは「向精神薬=麻薬」という位置付けが通例なのです。

    あなたにとって辛いでしょうが、旦那さんには酒による疾病の真の怖さを、あなたの口から説いてあげましょう。
    それに耳を貸さないなら
    「あなた、本当に臓器不全で死ぬわよ。自分で死ぬような人とは離婚したいです」
    と言って突き放してしまいましょう。
    それでもダメなら、カウンセリング・断酒会・断酒合宿に投入です。
    旦那さんが挫折感を味わったとしても、死ぬよりマシです。その挫折から酒を克服して取り戻した健康は、あなたと旦那さんの幸せです。

    あなたの旦那さんのためです!

    ユーザーID:

  • 視点を変えて

     相手のことを想って色々話をしているのに聞き入れてもらえない、非常につらいですね。
     でも、お金を持っていれば何時でも何処でもお酒を買える今の社会では、酒好きがお酒を断つなどということは非常に難しいと思います。
     結婚二年目とのことでご夫婦ともにまだ若く、体力に自信があっての”大丈夫”という無責任な言葉を発しているのでしょう。でも無茶は確実に体にダメージを蓄積させます。
     ご主人は定期的な検診など受けていますか?検査値や専門家のカウンセリングなども受けて客観的な視点で健康管理や飲酒の是非・量について話し合い理解しあうしかないと思います。甘えの効かない特殊な環境に放り込むという手段もありますが、それは難しいのでは?と思います。 
     ちなみに私は過度の飲酒により約三ヶ月入院し、会社をクビになりかけ、持病を抱えていた父の死を早めてしまうということをしてしまいました。病気の後遺症にも苦しんでいます。そのことでずっと後悔しながら生きていく道を選択してしまったのです。

    ユーザーID:

  • 今夜すべてのバーで

    酒乱では無さそうですね、酒乱と依存症は違うようなので。「飲まないと眠れない」ところが気になりますね。依存症で治療が遅れて、ひどい状態になった方を知ってますので、早めに専門医に相談された方が良いと思います。(その方の状態は他のトピに書きましたのでタイトルで検索してください)講談社文庫「中島らも  今夜すべてのバーで」と「吾妻ひでお 失踪日記」を御主人に読ませてみてはいかがですか。どちらも壮絶な話です。前者は亡くなられてますし。

    ユーザーID:

  • 断酒は本人はその気にならないと無理です。

    悲痛で切実な問題ですね。
    辛いことですが、断酒は本人の決意次第です。本人が決心すればアルコール依存治療のための入院や断酒会への参加が望めますが、それらを家族が強制することはできません。
    結婚2年めなら、お二人ともまだお若いのでしょうね。
    ちょっと強硬手段ですが「断酒してくれないなら実家に帰る」と言ってみては? ただこれは、ご主人の性格によっては逆効果になりますし、事前にあなたとご主人双方の親御さんに理解してもらうことが必要です。結局のところ、当分の間は、根気よく、感情的にならずに説得しつづけるしかない、と思います。

    私の父もアルコール依存で、10年間入退院を繰り返した揚げ句、肝硬変で亡くなりました。私が6歳のときに肝炎を発して以来、母の懇願も聞き入れず、入院中も隠れて飲みつづけ、静脈瘤破裂で吐血しての最期でした。好き勝手に飲み尽くして逝ったので本人は本望でしょうが、家族はたまったものではないですよ、本当に。
    母は今でも「お酒さえ飲まなければあんなにいいひとはいなかった」などと言いますが、私はそのたびに「いくらいいひとでも、早死にしたんじゃ意味がないよ」と言い返しています。

    ユーザーID:

  • わたしはアルコール依存症です

     あれは、脳が萎縮するタイプと肝臓にくるタイプの二種類があり、わたしの場合は肝臓タイプでした。
     γ-GPTは2000いきました。即入院。

     いまは節酒していますが、寿命の短さは大酒のみと大差ないそうです。

     断酒をしなければ死にます。節酒でも50歩100歩でしょう。

     酒を呑む原因を取り除けばいいのですが、そう簡単にはいかないのが世の常です。

     しかし、いまは難関受験生をしているので、目的を達成するまで脳を萎縮させるわけにはいかず、我慢して勉強をしています。合格の暁には、大酒盛りをして騒ぎまくる予定です。

     なお、シアマナイドとノックピンというクスリがでていますが、これらは極端に酒に弱くするクスリで、こっそりなにかに盛って飲酒させるとその飲兵衛は死んでしまうかもしれません。

     やっかいだと思いますが、飲酒してねてしまう程度ならまだマシですよ。
     ほっといてやれとはいいませんが、監視が厳しすぎると隠れ酒になります。
     じつはわたしも物事に行き詰まったときにポケット瓶をあけています。こりゃどうしようもないわ。

    ユーザーID:

  • 私の経験から

    短い文章から察するには限りがありますが、アルコール依存症と考えて間違いないと思います。

    結婚したばかりでお子さんはいないのでしょうか?

    いらっしゃるならば子供の為にもご夫婦の為にも正しい知識を持ち、この病気と戦っていってほしいと思います。

    まず地元の保健所へ連絡し、アルコール依存症家族の会に参加する為の場所や病院、クリニック等を紹介してもらってください。

    あなたはここに参加していくんですよ。どんな病気なのか勉強し、ご主人に対してとるべき態度で望んでください。

    それが結果的に早めの断酒につながるかもしれません。

    ご主人になんと言われてもがんばって。依存症は別名「否認の病気」と言われています。ご主人が自分で認めて通院するまでにはだいぶ時間がかかるのです。

    でもあなたは明日からでも動き始められるでしょう?

    私は家族会に参加し始めた時妊娠5ヶ月、主人が断酒するまで6年。でもこの(10年間)一度も飲まず主人は健康な毎日を送っています。

    こんな経験を持つ人もたくさんいますよ。だからがんばって!

    ユーザーID:

  • 病院を替えてみたり

    病院を替えてみてはどうですか?
    診断する意思を変えてみるとか。
    病気についての細かいことは判りませんが、
    現在病気持ちで、
    お酒を改善しなくてはいけないのにできてないとなると、
    体が心配に思えます。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます

    とてもたくさんの方からご意見をいただき、ありがとうございます。

    色々なご意見を読ませていただき、夫はアルコール依存症の可能性が高いことがわかり、私一人の力で解決しようとしていたのは無理があったのかなと思いました。

    みなさんがおっしゃるように、カウンセリングや断酒会、アルコール依存症の家族の会が一番効果的なようですね。

    夫が一緒に行ってくれなくても、私一人ででもまずは専門医のカウンセリングを受けてみようと思います。アルコール依存症に対する理解を深めて、これからどうしていくのが最善の方法なのか、どのような態度で接していけばいいのかを知ることができたらと思います。

    何度言っても飲酒をやめない夫に対して失望し、我が家にはまだ子供がいませんので、「今のうちに早く別れた方がいいかも」と何度も思いました。ですが、好きで結婚した相手なので、お酒をやめることができるのなら夫と一緒にいたい気持ちが強いです。

    一人で抱え込まないように頑張っていきたいと思います。
    親身なご意見を本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 一滴も飲まない、これしかない。

    アルコール依存症っぽいですね。

    節酒する、一杯でやめておく・・・これは無理です。
    断酒しかないそうです。

    理由は一旦依存症になると身体の仕組みが変わってしまうためです。一滴でもアルコールが入るとそれが呼び水となって“もっと飲みたい!”という欲求が抑えられなくなるそうです。
    この仕組みを元に戻す方法はありません。だから断酒しかないのです。

    共依存という言葉は勿論ご存知ですよね。アルコール依存症は家族病でもあるのです。
    一人で支えるのは無理です。断酒会に是非、まずはトピ主さんだけでも参加しましょう。

    ユーザーID:

  • 完全に依存症でしょう

    「飲まないと寝れない」ということは、完全に依存症です。精神的な病気です。トピ主さんが、急性膵炎の際の主治医にそのことを含め、事実を言うべきですね。(依存症の方は、医者に事実を言わないことが多いです。)トピ主さんが、依存症の可能性を伝えると、その医者が旦那さんに、その方面のお医者さんに行くように指示される可能性はあります。

    しかし、本人が直す気が無いんですから、トピ主さんが頑張っても無駄になる可能性は高いです。本人と共倒れになる気構えが無いんなら、離婚をすることも視野に入れたほうが良いと思います。

    ユーザーID:

  • 行き着く果ては…

    私の義兄が同じように、
    急性膵炎を繰り返したあげくに、膵臓を全摘しました。膵臓がなくなるとインシュリンが出なくなるので、毎日インシュリンの注射をしています。
    低血糖や色々な弊害も出てきますし大変ですよ。

    義兄も入院後も飲酒、煙草を止めずに、
    この間も肝臓の数値が常人の10倍近くなり顔色も黄色くなり緊急入院。
    医師からも覚悟するように言われましたが幸い退院。
    おどかすわけではなく最終的には義兄と同じようになりますよ。
    医師からきつく言ってもらったらどうでしょうか。

    家の場合は頑固な人なのでもう諦めました。
    義姉も匙を投げたようです。

    ユーザーID:

  • ごめん、もう1回!

    私がアルコール依存症家族の会に出席していたのは今から16年も前の話です。

    その当時はインターネットなんかなく、正しい情報を得るにも時間と手間がかかりました。

    出席者は毎週20人くらいいましたが、私が26才で一番若く他の参加者は40代、50代、60代とかなり上の方々ばかりでした。

    というのも「アルコール依存症」という病気の認知度がまだまだ低く(今も低いけれど)この方々は「ご主人がかなりひどい状態になって初めて会に参加し始めた」という状況のようでした。

    私が偶然にも多少の知識を持っていたのは、勤めていた区役所で
    アルコール相談をやっているのを見た記憶があったからです。

    今あなたは、こんなにも正しい知識を持ち始め動きだそうとしています。とても素晴らしい事ですよ!

    ご主人とすぐに別れる選択ではなく、お互いの抱えている問題を一緒に解決していってください。それが夫婦ですから。。。
    がんばってね。

    ユーザーID:

  • それは間違いなく

    それは間違いなくアルコール依存症ですね。
    すぐに精神科に通うことをおすすめします。
    たばこと違いアルコールは依存症でないかぎり
    断酒はそれほど難しいことではありません。
    まあ断酒といっても月に2〜3回くらいは
    許してあげる程度でできると思います。
    それができないのは、やはり精神的なものが
    原因だと思います。
    肝臓ガンなどにならない前に、通院をおすすめします。

    ユーザーID:

  • 私も膵炎やりました

     私も膵炎で5週間入院したことがあります。

     すい臓までカメラを入れられ、七転八倒した記憶があります。(膵炎はこわい病気です)

     現在は、年間120日〜150日は飲みません。付き合いで200日前後は飲みますが、晩酌はしません

     飲まない日は、帰ってきたら家にあるもの(パンでも菓子でも)を食べ、水や牛乳を飲み満腹感にします

     もう20年は続けています。断酒まで無理でも、本人が決意すればできます。

     本人の意思が弱ければ、皆さんのご意見のとおりアルコール依存が強いでしょう。

    ユーザーID:

  • わたしの飲酒で悩んでいます

     昼間、夫がいない間を見計らって、40度くらいのポケット瓶をあけています。
     無神経でがみがみ怒る夫が大嫌いなのです。何回涙をこぼしてもだめでした。
     お金がないので、一日一本にしていますが、一度肝臓が危なくなったので、節酒をしても寿命は短いと思います。

     夫のいない昼間はパラダイス。仕事で接待なんていったら大喜びです。

     なんで夫婦をやっているのか、それはわたしに仕事を見つけるあてがないからです。

     べつにしらふのときと態度はかわらないのでまったくばれません。

     なお、土日は地獄です。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧