• ホーム
  • 学ぶ
  • 川原 泉先生の漫画(本日のお言葉)ファンの方〜!

川原 泉先生の漫画(本日のお言葉)ファンの方〜!

レス64
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

陽気に行こう

川原泉先生、大好き!! 先生の漫画を読んでいると、イヤ〜なことがあっても、フッと忘れることができます。
「大地の貴族」「ヴァンデミエールー葡萄月の反動ー」「美貌の果実ー10月はゆがんでるー」「殿様は空のお城に住んでいる」「甲子園の空に笑え」…等々、書き出したらキリがないほど、好きです! 映画化される「笑う大天使(ミカエル)」もです。が、私個人としては、あの、ほのぼのとしたイメージが、ガラガラと崩れていきそうで、残念に思っています…。
小町の、川原泉先生のファンの方、大いに語りましょう!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数64

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 空の食欲魔人

    タイトル合ってるかな?
    昔持っていて大好きでした。
    パイロットの旦那さんにカレーを作って持っていく話だったような・・・・。
    川原泉さんの大好きです。

    ユーザーID:

  • 白い牛のバース〜!

     川原泉さん、大好きです。
     ”大地の貴族”では、牧場の動物たちに当時のプロ野球の選手の名前が使われていましたね。白い牛のバース。なつかしい・・・。智彦さん、好きでした。
     短編の”森には真理が落ちている”も好き。
    女子高生が亀に躓いて、亀になってしまう話。
    これには”共通1次”が出てきますね。
     ”笑う大天使”も好き!オペラ座の怪人のラストは友達と2人号泣・・・。

     いますぐ、実家に帰ってダンボールを開けて読みたくなってきた・・・。
     
     

    ユーザーID:

  • デビュー作から知ってるもんなぁ…

    別冊花とゆめに掲載されたHMCトップ賞の「ジュリエット白書」を読んで,「あれ?毛色の違う,面白い漫画家が登場したなぁ」と思ってましたが,その後の「メロウ・イエロー・バナナムーン」と本誌デビュー作の「たじろぎの因数分解」ですっかりどつぼにはまりました。

    でも実は私,「笑う大天使」は好きじゃないんですよね…と言うかその番外編の「空色の革命」「オペラ座の怪人」「夢だっていいじゃない」の3本が好きで,本編は「編集部の意向」のニオイがしているような気がして。
    同じ理由で「ゲートボール殺人事件」「架空の森」「ヴァンディミエール」の3本はあまり好きではないんですよね…(トピ主様の筆頭に上がっていましたが。すみません!)
    ちなみに好きなのは上記3作と「パセリを摘みに」「ブレーメンII」「三月革命」「月夜のドレス」です。
    川原さんの作品で(私の記憶が正しければ)デッドエンドは「イントレランス」1本だけだと思うので,それもまた魅力なのでしょうね。

    余談ですが,「バビロンまで何マイル?」続編,無理なのでしょうか…。好きだったんだけど。皆,西洋史にもっと興味を持とうよ!

    ユーザーID:

  • 最新コミックスも

    川原泉先生、デビュー時からずっと読んでます!
    「笑う大天使」は、後の番外編の方が好きですが・・・
    「空色の革命」、何度も練習して行ったのに本番で間違えた和音のお父さん、かわいそう・・・(だけど笑ってしまいました)
    「ブレーメンII」、何となく苛立つリトルグレイが、いつしか可愛く思えてきました。

    最新コミックスの「レナード現象には理由がある」も面白かったです。川原先生こそ、癒し系だなあ、としみじみ思います。

    ユーザーID:

  • バビロン・・・

    もう、大好きです。川原先生のものはほぼ全部持っているはずです!

    で、バビロン・・・確か続編あったような・・・。

    自宅に帰って確認します!

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私も大好きです

    銀のロマンティック…なんて何度読んだことか。

    ちょうど先日レナード…を読んだところです。
    絵柄はちょっと変わりましたが、独特の世界観は
    そのままで癒されました。

    バビロンの続編って文庫版にだけ入ってるんじゃ
    なかったでしたっけ?(記憶曖昧ですみません)
    私はコミックスで集めていたので、続きを
    買うに買えなくて今まできてしまいました。
    続き、読みたいなぁ。

    ユーザーID:

  • ダイスキ!

    私も川原先生の作品ダイスキです。

    甲子園の空に笑えからはいったのですが、
    子供のころ小遣いためて出てるのを全巻
    集めた記憶があります。

    バビロンもダイスキですが、本誌にのった
    時と多少違いますよね〜アレが残念;
    チェーザレがニキに手を伸ばすシーンが好
    きだったのになあ;
    (名前うろ覚えですいません;)

    ユーザーID:

  • バビロンまで何マイル?

    しあん様

    バビロン間で何マイル?は一応文庫版で完結していますよ!
    私も知らずに嘆いていたら友人が教えてくれました。(笑)

    小町にもこんなに川原先生ファンがいるんですねぇ♪
    私的には中国の壷なんかも好きでした♪
    オペラ座の怪人は泣きましたねぇ。。。

    ユーザーID:

  • 自己レス

    デッドエンド,もう1本ありましたね。「オペラ座の怪人」。
    その後の「夢だって〜」で無事落ち着くところに落ちついたので,ついうっかり。

    自分で気がついたので自己レスで。

    ユーザーID:

  • 「笑う大天使」で泣いた

    コミックス買い集めましたね〜。今でも読んでます。

    「笑う大天使」の「オペラ座の怪人」は初めてマンガ読んで泣きましたよ。

    雰囲気がいいですね。頑張る女性がたくさん出てきます。悪人が出てこないのもいいですね。

    ユーザーID:

  • バビロン、ありました!

    帰宅して、本棚あさりました。

    ありましたよ〜。

    白泉社文庫で出てます。(小さいサイズのです。)
    1冊で完結です。

    ぜひぜひ、お読みくださいませ!

    ユーザーID:

  • バビロンまで何マイル・・

    川原泉先生の漫画は、大好きでした。
    実は最近のは読んでいませんが・・・。

    バビロンまで何マイル・・は、白泉社のコミックスでは
    完結していない(というより行く途中な)状態ですが、
    文庫本では一応行って戻ってくる・・という意味では
    完結していると思います。
    わかりにくい表現でごめんなさい。

    ユーザーID:

  • バビロン

    文庫版では一応戻ってくるところまではありましたよね。
    私も、続編を描いてくれて、
    色々な過去に行ってくれると楽しいのに・・・
    と思います。

    川原先生の漫画は、のほほんとしてるけど
    時々シリアスな感じがすてきだなぁ、と思っています。

    ユーザーID:

  • 好きで〜す!!

    川原泉さん大好きです。さっきまで読み返していました。小町でトピがあったのでびっくりでしたが、世の中に認められてきた?と思いうれしいです!!

    「バビロンから何マイル」続編希望ですね。時代を感じないマンガなんで今からでも連載できると思うのは私だけでしょうか?

    新刊も面白かったです。ほのぼのラブが良いです。
    映画はみましたが、ちょっと無理あるかな?でした。
    以外にもお客さんがいっぱい入っていて、またも人気でてきた?と一人喜んでいましたけど。
    私的にはマンガ史に残る作家だ!と思っているんですが・・・

    ユーザーID:

  • 私も好きv

    私も、大好きです。「美貌の果実」「大地の貴族」
    「愚者の楽園」「笑うミカエル」「カボチャ計画」
    あの、ほのぼのした絵と台詞がもう。

    ユーザーID:

  • バビロン

    バビロンまで〜、は文庫本(通常のマンガ本ではなくて小型の)の方で完結まで載ってますよ。

    チェックしてみてください!

    ユーザーID:

  • 月夜のドレス

    「甲子園の空に笑え」「銀のロマンチック わはは。。」
    「メイプル戦記」など、どれをとっても面白くて、励まされる
    のですが、個人的に傑作と思ってるのが初期の頃の作品
    である「月夜のドレス」
    硬派で売りのクラスメイトが実は女の子が着る綺麗な服が
    好きで、夜になるとカーテンで作ったドレスをまとって
    踊っているというキャラ設定だけで、もう傑作です。
    とても三角、いや四角関係のラブコメとは思えない。。

    「今年の桃はいい桃だ。もったいないがあんたにやる。
     桃には言うなよ」

    このセリフ(伝言だけど)でジーンとなります。

    ユーザーID:

  • ブレーメン2が欲しい

    カーラ教授の漫画 大好きです
    笑うミカエルの 全員のその後 もっと見たいです

    映画化については 私も 原作と全然違う気がして
    あまり見ようとは 思いませんが
    おかげで また 店頭に 漫画が並んで
    新しいファンも 増えるのではないか
    と 期待しております

    レナード現象は 今までとは 絵柄も違い
    ちょっと?? 好みではないのですが
    かなり アシスタントさんの手が入っているのでしょうか

    ユーザーID:

  • わたしもすき〜

    前作読破してます。
    短編も面白いですが、長編も好きです。
    初めて読んだのが、「フロイト1/2」で。
    高校野球とプロ野球を描いた「甲子園の空に笑え!」「メイプル戦記」がセットで好きです。
    雑学知識が豊富に詰まっていて、物語りもどこか悲しくて、笑える。また読みたいなと思わせてくれる珍しいマンガだと思います。

    ユーザーID:

  • 大好きです

    川原先生大好きです!!

    私が好きなのは「メイプル戦記」「甲子園の空に笑え」野球物2作で甲子園や、プロ野球が開幕するときになると読んでます(笑)

    その他にも「森には真理が落ちている」「銀のロマンティック」などなど

    イライラしてるときなどに読むと和みます

    ブレーメン2もブレーメンズに心癒されました

    ユーザーID:

  • ほんとに?なんマイル

     私も川原泉先生の作品大好きです。
    単行本は落とさずに買い込み全部持ってます。
    「バビロンまで何マイル」の続編が有るって本当ですか?連載雑誌を追い掛けている訳ではないので、読み切りが有ったとしても不思議じゃないですね。とても気になる情報です。
     この作品のお陰で、私は塩野七生の「チェーザレ・ボルジアその華麗なる冷酷」や「ルネッサンスの女性達」やニッコロ・マキャベリの「君主論」を読んでしまいました。
     川原先生の作品って勉強になるんですもの!
    特に私が苦手とした数学や物理や哲学がとても楽しく散りばめられていて、読むとちょっとおりこうになれた気がして(錯覚だが…)嬉しくなるんです。
     この先もずっと脳内活性の為に読み続けるでしょう。まあ大半はのほほ〜〜んと脳内弛緩なんですけどね。

    ユーザーID:

  • バビロン・・・続き

    私も川原泉さん大好きです。
    バビロンの続きですが、文庫本コミックスで出ていますよ。

    ユーザーID:

  • 無題

    バビロン〜の続編は、コミックス文庫の方にまとめて収録されています。

    ちなみに私は、メイプル戦記が好きだったりします。
    もちろん、他の作品も大好きです。

    ユーザーID:

  • 皆様、お仲間ですねッ!

    皆様、レスありがとうございます。う、うれしい〜!
    私個人は、「たじろぎの因数分解」が、ちょっと難しくて苦手かな、という感じです。それから「レナード現象…」もコミック買ったんですが、まだ読めていません(涙)。
    「ブレーメン」の2巻も、いつ発売されるのかと、お待ち申し上げています。←川原先生、お願いします……。
    最初に書かなかったのですが、「進駐軍に言うからね」も大好きですね〜。
    続編が出たらいいなあ…と思っている作品は、「大地の貴族」と「美貌の果実」です。
    それから私は、「笑う大天使」の柚子さん家族に、ほのぼのとしたものを感じています。皆様は、いかがでしょうか?
    追伸:「小人たちが騒ぐので」のようなエッセイ漫画も大好きです。

    ユーザーID:

  • わたしも大好きです!

    本当に癒されますよね〜。時にはじーんとくるものがあったり。
    少女漫画なのに色気ゼロの主人公たちが大好きです。
    川原泉さんの漫画を読むと、無性にお腹が空きませんか?
    「笑う大天使」を見ていると、まんじゅう・せんべい・ムギチョコ・お餅・・・食べたくなるんですよねー。

    「笑う大天使」が映画化・・・”やめてーーーっ!”と思いました。
    どうせ作るなら実写化ではなくてアニメだったらまだ観ようと思うんですけどね・・・

    ユーザーID:

  • 私もデス!

    私も大好きですよ、川原泉さん。

    「食欲魔人」シリーズなんかも、なかなか。。。
    「笑うミカエル」も映画化なので、ちょっとイメージが変わりそうで怖くてみれない。。。
    「オペラ座の怪人」の最後は、いい大人だったのに号泣してしまいました。その後の続編もやってもらいたいなぁ〜と思いました。

    しかし、電車で読むのは大変危険ですよね〜。なんども笑い出しそうで、電車で読むのは危険と判断しました。
    飽きの来ないおもしろい漫画と思ってます。

    最近読んでいないので、また読んでみようかな?

    ユーザーID:

  • ノームさま>ありがとうございます

    ありがとうございます。
    そう,私も単行本も文庫版も持ってます…。

    でも,あれは明らかにその後の話があるはず(川原さんはそのつもり)なんですよね。
    中世のチューザレ・ボルジアの話が終わり,その後(第1回目の表紙をごらんいただければ判るとおり)複数の「歴史」に関してニッキとユーリがタイムワープして関わる予定だったのではないかと思っているのですが(しょっぱなが恐竜時代でしたしね)。
    2人の指輪の話も「もっと能力がある」というグノーシスの言葉もあり,これも結局明らかにされないまま(言葉が翻訳されるというだけではないような気が…)

    なにぶん,本誌上では川原作品にはめずらしく「打ち切り」になってしまい,文庫版でようやく「中世編」が完結しましたので,そのほかの話もやって欲しかった,と言うのが「続編希望」の意味なのです。言葉足らずですみません。

    なので,「皆,もっと世界史に興味を持とうよ!」ということです(笑)。

    ユーザーID:

  • 本誌とコミックスで

    そういえば、川原先生の作品(に限らずではありますが)に、本誌掲載時とコミックス収録時で、ネーム(台詞)とかの違うものがありますよね・・・ ちょっとした間違いや問題があって訂正されたのかな、と思うのもあるのですが、未だによくわからないのが・・・
    「甲子園の空に笑え!」で、「我ながら運が良いとうかれていた」というセリフが、コミックスにはなかったんです。文庫は見ていないのですが、復活していないとしたら、何が問題だったのかなあ? 単にネームがはがれて落っこちただけ??
    (いまだに気になっています)

    ユーザーID:

  • バビロンの続編!

    「バビロンの続編」とは、そういう意味だったのですね!失礼しました。

    バビロン、コミックスで読んで続きが全然出てこなくて悶々としていた日々を思い出し、深く考えずレスしてしまいました。

    確かに、ぜひまた続編読みたいですね。
    個人的には1789年前後のフランス希望。(オスカル様が出てきたらなおよし。ありえない?)

    あと、私が好きなのは「甲子園の空に笑え」「ゲートボール殺人事件」「銀のロマンティック・・・」などなど・・・。
    「食欲魔人シリーズ」も好きです。

    主題の「本日のお言葉」は、枕元の引き出しに入っています。

    ユーザーID:

  • あれ?>トピ主様

    しつこく登場してすみません。

    >「ブレーメン」の2巻も、いつ発売されるのかと、お待ち申し上げています

    とのことですが、すでに「ブレーメンII」は全5巻で完結しております。
    第2部を、ということですと、あそこまできちんと終わらせているのでちょっと難しいかもしれないけど…。でも川原さんならやってくれるかな?

    あと、Obaさま>
    せりふの違いは結構あります。
    有名どころでは「笑う大天使」でありましたね(ご存じですよね?)。

    たぶん、コミック収録時に何らかの事情(川原さん、編集部サイド)のほうでそのようになったのでしょう。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧