先輩奥様からの引継ぎがこわい

レス13
(トピ主0
お気に入り1

旅行・国内外の地域情報

秋の風

アメリカ某都市に駐在して間もなく、夫の会社の上司の奥様から色々教えていただきました。私は、子供がいなく、初めての駐在なのでわからないことが多くとても感謝しています。しかし、その奥様、口癖のように「あの方にはお気を付けて」などのご注意が多く、初めは鵜呑みにしていたのですが、時間が経ち、私の知人も増えるにつえ、実は一番気をつけなければならない人は、その奥様自身であることがわかりました。
夫の上司の奥様でもありますし、この先どのようにお付き合いをすればいいのでしょうか。なんだか誰を信じたらいいのかわからなくなってしまいました。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あらまあ!

    と駐在奥さまになりきって、うわべのお付き合いをしておけばいいのです。
    よく気が付きましたね!
    よかったではないですか。これから対策の立てようもあります。
    人付き合いには、演じることも必要です。
    頑張って!

    ユーザーID:

  • アホらしいけど、上司の奥様は上司扱い

    上司ー部下夫。上司妻ー部下妻。
    ばかばかしいですね。

    でもこれが現状です。あーやだやだ。

    ちなみに以前にTVでみましたが、外○省でも「妻たちが夫の地位にあわせてピラミッドを形成しない」という目標みたいなものができたそうです。そのくらいこれは根深いということです。

    日本人が少ないところほどその傾向があるでしょうね。日本人妻社会にどっぷりはまらないことです。

    習い事をいっぱいして、現地の人としながら忙しくすごしましょう。料理とかダンスですね。

    ユーザーID:

  • 自分の感性を信じる

    国内ですが、マダムのグループとアッサリとお付き合いしています。自分の親ぐらいのおばさまに、そういう方がいらっしゃいますねぇ。

    私も最初は胃が痛くなる思いだったのですが、そういう「あの人は要注意!」なんて教えてくださる方って、結局みなさんから嫌われているんです。イジメとまでは行かなくても、嫌っているからなんとなく冷たくしちゃったり、影で笑いものにしたり、避けたり、見え透いた嘘を言ってしまったりするんだと思います。それでまた、そのおばさまに嫌われちゃう。

    そのおば様がグループに居なかったら平和だなあと思います。そういう存在です。私は自分で感じたことを信じて、どなたともアッサリと付き合うことにしています。

    ユーザーID:

  • 判るな、その気持ち。(1)

    私は永住組ですが、私が以前知り合った人を思いだしました。 彼女は、ジーパンとT-シャツで日本のスーパーに行った事を上司の奥様(おばさん)に咎められたらしいんです。 『見っともない!』って。駐在員の奥様達は、キチンとした格好でお買物にお出掛けされてますもの! ハイヒールとかブランド物のバッグを持ってね。私なんかいつも適当な格好だから、私が彼女の立場だったらきっと腹を切ってお詫びをしなきゃいけなかったかも。因みに、私は彼女と日本のスーパーで出会いました。(私は勿論、ジーパンとT-シャツという正装でした)

    私は、駐在員の奥様達とは疎遠というか付き合いがないので彼女が話てくれた事で、『日本社会の縮図』を知りました。
    ピラミッド形成も勿論しっかり、どっかり、築き上がっていますねー。
    彼女、お茶とか、ランチとか、あと、【ご機嫌うかがい】をしなくちゃいけないと泣いてました。なにー、それー? おばさん、あんた何様だと思ってんだ! と、他人事ながら怒ってしまいました。
    まるで、鳥篭の鳥。 こっちまで涙が出ました。だから、トピ主さんの気持ちすごく判ります。


    ****** 続きます ******

    ユーザーID:

  • 判るな、その気持ち。(2)

    続きです (2)

    》この先どのようにお付き合いをすればいいのでしょうか。

    そうですね、何とも言えないんですがこの手のおばさんは、敵に回すと後が恐い。 それはもうご承知かと。
    だから適当に、ご機嫌うかがいをお奨めします。

    何か習い事をする。テニスとかゴルフはだめ! 駐在員の奥様達は、プロ級ですし、敵対心モンモン! (暇を持て余しているので、テニスとかゴルフは旦那より頻繁にする)

    だから 皆がやらない事、知らない事をあえてする。それは何故か? 上司の奥様(おばさん)を雲に巻くためです!

    『お茶、しません?』(おばさん)
    『すみません、クラスがありますので』(トピ主さん)
    『あら、少しぐらいよーござーませんこと?』(おばさん)
    『いえ、毎日しなくては私覚えられませんから。』(トピ主さん)
    『まあ、毎日? 一体何されてるの?』(おばさん)
    【ったくー、うるさい ばーさん】 (わたし、ちょっと入れさせて )
    『えー、XXXXX です』(トピ主さん) 注:XXXXX はトピ主さん、自分で考えてね。

    『?』(おばさん)
    『ごめんあーさませ。』(トピ主さん、 さっと 去る)

    てな具合い、旨くいかないか、
    すみません、役たたずで。

    ユーザーID:

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 帰りたい駐在妻です

    トピ主さん、他のトピのトピ主です。そのトピにはワザと書きませんでした。私がバレると嫌なので、、。

    警戒するべき方がその方ってわかっただけでも私にはうらやましいです。私はソレで失敗しているんです。
    何度、周囲に「注意するべきは**」って言いたい事か!!
    本人は人の悪口を言っていて同調していたら私が言った事になっていました。(急にあなたに怒っているとか伝えられてもあんたが言ったんじゃん、って思い。困った)同調していた私が悪いんですが。

    空手チョップさんの言う様に、上司の奥さんに頻繁に【ご機嫌うかがい】をしなくちゃいけなかったんですね。そんなの知りませんでした。最初からあまりウマがあわないとは思っていたんですが、、。

    この先、他の方とつき合う方が良いです。それはわかっているんですけどね、、急に冷たくなるとどうするかは、、解りません、、怖っ!
    日本人社会からは離れています。上司の奥さんは滞在歴が長いってことは誰も彼もがこの人を知っているでしょ。もうつきあいたくなかったですから。

    ユーザーID:

  • 客観的になる それとくだらないけど現状さん

    初めての在外生活でとまどいのお気持ち、よくわかります。

    トピ主さんが「実は本人が一番…」と気が付いたように、まわりの人々も思っているでしょう。

    一歩引いた客観的立場で、その上司夫人を観察するなど、冷静にされた方が良いと思います。
    海外駐在の先輩女性として、1個や2個は尊敬する部分・見習う部分が見つかると思います。

    くだらないけど現状さんのおっしゃる「ダンナのヒエラルキー=女房のヒエラルキー」で悶々とし
    なぜ仕事を辞めてくっついて来てしまったのか、悩み抜きました。

    しかし、駐在妻の滞在根拠を考えて見て下さい。
    ご主人がその国で合法的に就労可能なビザを持って赴任しているからこそ、その配偶者もその地に
    合法に居住できるのですよ。
    通常、このビザ手続きは会社がしますよね。

    駐在員妻の立場って、「夫の勤務先」あっての存在なのです。
    夫のヒエラルキーが妻のそれに反映するのは、「くだらない」のではなく「避けられない」現状なの
    ではないでしょうか?

    中には非常に求心力のある、すばらしい上司夫人もいますよ。たまに「こ〜い」方が来ると、夫人の関係がうまく機能しなくなるのですが…。

    ユーザーID:

  • もう一言

    ゆいさん、
    貴方の、トピ読みました。ゆいさんも、同じ様な悩みなので この場をかりて言わせて下さい。 (後免なさい 秋の風さん、便乗で)。

    皆さんが言うように、 あっさりとうわべのお付き合い、当たりさわりの無い付き合いをするのが、良いかと思います。
    そのおばさんは器の狭い人間で『上司の妻』と言うことでつまらない威厳というか、権力を新人の貴方に振るっている訳ですよ。反面教師、と言う事で 自分はそういう人間にならないようにすれば良いのです。 そう、貴方の方が、人間として一段上になるんです!

    因みに、永住組の中にも 似たような人いますよー。私は、直接被害には逢ませんでしたが、ある永住人が、、、本当、すごかった。くわばら、くわばら

    駐在奥様達! 小町で、言いたい事 一杯言ってすっきりしましょう。

    ユーザーID:

  • トピ主です。ありがとうございました。

    レスを下さった皆様、ありがとうございました。皆様のレスのお陰で、元気になり、今後の対応にも自信が出てきました。先輩奥様ですが、完璧な方で何でも出来てるとても素敵な方、に見えたのです。しかし、しばらく様子を見ていたら、「お気をつけて」といわれていた奥様のことを単に嫉妬していただけなのです。要するに陥れようとしていたのです。言われていた奥様の方が、私から見ればずっと優しくて素敵な方なのです。だから嫉妬されていたのでしょう。先輩奥様は、当時、新参者だった私を味方につけたかったのかもしれません。いつも陰でこそこそしている先輩奥様なので、この気持ちを誰にもわかってもらえないだろうと一人で悩んでいました。皆様本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 信じる、信じないは別として

    上司の奥様を敵にまわしたらいけません。夫の為、しいてはトピ主さん自身の為に、上手くやっていきましょう。どんな事があろうとも、上司の奥様の悪口は禁句です。内助の功、頑張って!!

    ユーザーID:

  • 自信がなくて幼稚なんですかね

    アメリカの某都市にうんと以前住んでいた頃に、そういう女性たちによく遭いました。

    ボス的な奥様が一人のときはまだ表面上は平和だったのですが、ヨーロッパ駐在から新しく移ってこられた奥様(前述の方と同じぐらいの生活レベル、年齢)が現れた途端に露骨な闘争心丸出しで、「どちらの派閥につくのか」を迫られたり、持ち物ひとつから日常の行動すべてに干渉されたり、皆さん、一見するとすごく優雅で知的な雰囲気の方ばかりなのに、実は嫉妬深くて閉鎖的で幼稚な方が多かったのにうんざりでした。(サッパリした素敵な方もいらっしゃいましたが)

    馬鹿馬鹿しいので、どの派閥にも入らないで距離を置こうとすれば、即刻イジメの対象になり、全くの作り話の下品な噂を流されました。
    いい加減、もっと建設的なことにエネルギーを使えばいいのに、とどれほど思ったことか・・。

    とにかく顔を合わせた時だけ当たらず障らず演技して、あとは淡白な態度で距離を置き続けるしかないですよね。

    ユーザーID:

  • います、この手の方

    今、見つけたので、遅いレスでごめんなさい。

    わたくしは、米国から始まり、アジア、米国と渡り歩いてきました。とんでも駐妻、いっぱい見てきました。

    夫が偉くなると、自分も偉くなったって大勘違いする駐妻、いるんです。

    あの人は奥様ランチで皿何枚洗ったとか(文句言うなら、紙皿紙コップにしろよ)、

    あの人はずっと座ってたとか(パーティーの最中、皿洗ってる上司の妻の方がおかしいと思うが)、

    なんでも知ってるから、と言いつつ、日本人社会の中でだけ通じる常識だったりとか(私はアメリカ人に尋ねて、大恥かいたことあり)、

    ある奥様が入院したから、回り持ちで、ご家族のご飯を作って差し上げましょうとか(余計なお世話だ)、

    まだまだありますが、これ以上書くと、思い出してむかつくのでやめます。

    気が付かれて幸いだったと思います。適当にハイハイと深いお付き合いをなさらなければ、平和に暮らせます。そのうち、気の合う日本人やアメリカ人友人ができますて。

    ユーザーID:

  • 私も修行中

    駐在生活は、人間関係が狭いこともあり、色々やっかいなこともありますよね。

    でも、まだ短いながらも今までの私の駐在経験で得た考えは、「自分の目を信じること」です。

    実際、ある人に「付き合わない方が良い」と言われていた人と、私は後に仲良くなり、彼女を色眼鏡で見なくて良かった、と思ったことがありました。

    ご主人様の上司の奥様、難しいタイプにしろ、正しいこと・ためになることをおっしゃることもあるはず。その人を全否定せず、そういうことを選別する「目」も持ちましょう。これは、結構大事だと思います。

    ご主人様の上司の奥様となると、付き合わざるを得ないでしょうから、大変だとは思いますが、あくまでも、普通ににこやかに!
    そして、気持ちを許せるお友達ができたら、たま〜に、グチを聞いてもらい、ストレスをリリースしましょう。そんなお友達ができたら、随分、気分も軽くなると思います。(そこで悪口大会はダメですよ。「同類」になっちゃう!)

    お互い、良い人間関係に恵まれて、素敵な駐在生活が送れますように!

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧