飛行機の席は譲り合うべき? その1

レス281
(トピ主0
お気に入り26

旅行・国内外の地域情報

踊り子

レス

レス数281

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私だったら、わざと逆切れします

    ほとんど毎月のように、海外出張していますが、
    利用する航空会社のクレジットカード会員になったりして、チェックインの時に優遇されたり、エコノミーでも
    ビジネスの人と一緒に先に搭乗したりする権利を
    確保して持ち込み荷物の置き場を確保しています。普通は指定できない足元の広い席に、優先的に
    指定してもらったりもしています。
    それもこれも、少しでも楽な席に座りたいがためです。
    カード会費は、安くありませんが、自分の健康を
    守るための自己防衛費とあきらめています。
    (バブルのころは、いつもビジネスでしたけど)
    だから、ぜーーーーたい、席はかわりません。
    航空券の価格も同じエコノミーでもピンキリですが、
    それ以外に、お金が動いてるんです。
    その、二人も、なんらかの犠牲を払って手に入れた席
    です。譲るなんて、もってのほかです。

    ユーザーID:

  • 基本的には

    譲らなくていいと思いますし、私もそうすると思います。
     余談ですが、足元の広い席ってドアや非常口の近くですよね。航空会社はドア近くの席の男性に非常時の緊急脱出の際に客室乗務員とともに乗客の脱出の手伝いをお願いするそうです。そのような理由であれば私は席を譲ります。

    ユーザーID:

  • その席への思い入れによるかも

    その席に特にこだわりが無く、時間的にも急いでなかったら、言われるがままに変わったかもしれません。

    でも、他の皆さんも言われているように、最前列のスペースにゆとりのある席ということであれば、相当前から、その女性たちは席指定をして取っていたんじゃないんでしょうか。だから、何と言われても変わりたくなかった。

    私も国内でさえ、ネット予約・購入する際に、席まで指定します。その理由は
    (1)窓際か、通路側に座りたい
    →真ん中の席に座りたくないので

    (2)出来れば前の席に座りたい
    →少しでも早く飛行機から降りることが出来るので

    (3)搭乗する飛行機の座席配置が分かる場合は、後ろに座席や壁が無い席に座りたい
    →後ろの人に遠慮せずにシートを倒したいので

    それでも国内線だったら、CAさんが困っていたら変わるような気もしますが、国際線で長時間のフライトも考えて、かなり早くから押さえていた席だったとしたら、同じように断ったかも。

    ユーザーID:

  • まあ本当に困っているのなら

    事情を直接聞き、本当に困っているようなら代わってあげますね。
    ただ良い席に座りたい程度なら、そうはならないと思うが。
    「自分で何とかすべきだった」と言っても詮無いことだしね。
    困った時はお互い様です。
    僕は日本人平均よりちょっと背が高いだけなので、ちょいと狭いくらいなら平気だしね。

    ユーザーID:

  • 私だったら譲ります

    事情があって、自分がものすごく気分が悪いだとか見えないけど実は捻挫しているとか足が悪いとかでないなら、譲ります。理由があって譲れない場合はその旨伝えます。
    相手がわがままでも、譲れる立場であれば多分譲ります。
    ヨーロッパ−日本間はたまに移動しますが、エコノミーは狭いもの、広い席が取れたらラッキーだけど、取れなくてもそんなもん、だと思ってます。だから自分は広い席に固執しません。私にとってはたかだか移動手段なので。快適ならばそのほうがもちろんいいけど、飛行機なんてそんなもん、と思ってますので。

    自分が譲ってもらう立場なら、譲ってもらって当たり前、とは思いません。それぞれの事情があります。私には見えない相手の事情があるかもしれませんからしょうがないな、と思います。

    ああ、そうそう、今はネットなんかで事前にそうやって席予約ができるからこそ、背の高い人たちはかえって広い席が取れないのかもしれませんね?
    でもしょうがないですよね。早めに予約しなかった人が悪いんですから。

    ユーザーID:

  • 似た経験があります

     私はキャビンアテンダントのリクエストに応えて席を代わってあげました。すると、キャビンアテンダントが御礼にといって、ちょっと良いものをプレゼントしてくれました。ボールペン、絵葉書、携帯ストラップ、ビジネス以上にしか出していない高級シャンペンとワインです。夜食タイムにも調理パンを一つ多くサービスしてくれました。すべての航空会社ではないと思いますが、こんなこともあるんですね。

    ユーザーID:

  • 私なら

    たくさんのおまけを差し上げます。
    そして、限りある中ですが、優遇します。

    元乗務員です。
    そういうことは、確かにあります。
    もし、快く譲っていただけたなら、あれこれ出来る範囲でサービスしてました。
    (換わって良かったな。。)と思ってもらえるように。
    換わらなければ、普通です。

    ユーザーID:

  • 誰の要望か?による

    乗務員側がサービスで好感度を狙って
    変わってくれというなら動かない。
    外国人達が、どうしてもと
    直にお願いに来るなら変わっても良い。

    航空会社に花を持たせるだけなら
    次はレベルアップした席を予約すれば良し
    自分でお願いも出来ないなら
    我慢して狭かろうがイタかろうが座ってれば
    それが本音。

    ユーザーID:

  • 座席移動はお断りします

    お気の毒とは思いますが、長時間のフライトです。乗っているだけでもすごく疲れるのに、わざわざ窮屈な席に換わることで疲労困憊したら、自分の体調を崩しかねません。ですから余程の場合で無い限り、座席移動はお断りすると思います。

    以前、長時間フライトで、体の大きい人に横からはみ出してこられて、とても不愉快な思いをしたことがありました。体が大きくて座席に納まりきれない人には、航空券予約時に座席予約が出来るシステムをCAが詳しく知らせて、次回からは自己責任で楽な座席を確保するよう促すべきです。

    狭い座席に乗客を詰め込むのは航空会社の方針でしょうが、体の大きい人や機内で楽にしていたい人用に、料金を上乗せしたエコノミークラスを作ればいいのに、といつも思います。

    利用客同士の席の譲り合いでこうした頻発しているトラブルを解決しようとする航空会社には疑問を感じます。

    ユーザーID:

  • 同レス多数でしょうけど

    飛行機の扉の前の席は緊急時にCAさんの手助けをしてくれる客しか座れません。具体的にはCAさんが話す言語を理解できて、緊急時に出てくるすべり台を一番最初に滑り降りて、あとから滑ってくる乗客を受け止めることが出来る人です。
    つまり男性しか座れないってことですね。女性でも体力に自信があるならいいですが。

    で、本題ですが、私も譲らないかな…。私も飛行機の座席を手に入れるには相当気を使います。高くても正規割引チケットを買って事前指定するとか。
    ただ体が大きいから譲って、というのはずうずうしい気がしますね。病人なら考えます。

    ユーザーID:

  • 行きは譲って帰りは譲りませんでした

    以前北米へ旅行した際、正規割引料金でチケットを購入したので座席の事前リクエストが可能でした。
    行きは普通に通路側しか取れなかったのですが、
    帰りは出入り口横の足を伸ばせる席が取れました。

    行きの席は隣が空いてました。
    離陸後CAがやってきて「新婚のご夫婦だが通路を挟んで離れてしまった、良ければ変わってもらえないか」との事で更に「彼らの席はエコノミーの一番前で若干足元に余裕がある、一度ご覧頂いてよろしければ変わって下さい」とのことで、特に不満もなかったので変わりました。
    新婚旅行で離れ離れは気の毒だったし、何よりより良い席になったのでラッキーでした。

    そして帰りにも離陸前にCAが…。
    今度は「足が悪い夫人が変わってくれとのこと」。
    ちょっと考えましたが私も右ひざがあまり良くなく、
    更に(私にしたら)高い正規料金を払って事前に確保した席なので申し訳ないと思いつつ断りました。
    他の方もおっしゃるように元々の体の不調があるのなら多少高めのお金を払っても事前に座席指定するべきだと思います。

    ユーザーID:

  • ビジネスクラスにアップグレード

    私が譲るように頼まれたら、きっと私をビジネスクラスにアップグレードしてくれるように客室乗務員に逆リクエストします、それならば席を譲るということで。私も12〜13時間の国際線を頻繁に利用します。席の確保は何はともあれ第一優先で、当然航空券購入時に確保しています。お気の毒ですが、大男のふたりは原因のいかんによらずあてがわれた席で我慢するより仕方がないと思います。これは、私が大男さんの立場になったとしても同じことです。

    私の搭乗予定の飛行機が航空会社の事情でキャンセルされて、やむなく他の航空会社の便に搭乗3時間前に変えたことがあります。米国西海岸から東海岸へのレッドアイフライトです。航空券には、4つの星が付けられていてセキュリテイではフルボディサーチ、ほとんど最後列の3人がけの中央で我慢しましたよ。翌日は、もうぐったりでしたが。

    ユーザーID:

  • 私も譲らないなぁ

    海外旅行のときは、航空会社や座席を指定したいため、個人手配で正規割引航空券を買い、座席指定しています。
    ツアーのほうが安いけど、航空会社が直前にならないと決まらないとか、座席の指定ができないとか、色々不便があるので、だったらちょっと高いお金を払って希望の席を確保しようというわけです。
    ツアーより高くても、わざわざそうやって手配しているので、相手が急病人でもない限り、席を譲ることはないと思います。

    電車で指定席のチケットを買った人が、自由席の人に席を譲るようなものではないかな?ちょっと違う??

    ユーザーID:

  • 譲ったことあります が

    二度、経験があります。
    一度目は成田−ロンドン。
    若い女性から「友達と隣同士になりたいので席替わって下さい」と頼まれました。
    私はいつも早めにチェックインしてなるべく通路側の席を確保するようにしています。
    彼女の席は思いっきり窓側。
    正直イヤでしたが、断ると、その人の連れと12時間以上気まずく隣り合うことになる……
    というわけでしかたなく譲りました。
    でも内心は「希望があるなら自分の努力で確保しろよ」「連れと隣になれないくらい我慢しろよ」って思ってました。

    二度目は成田−パリ。
    通路を挟んで隣に座っていた老婦人が「後ろに壁があって、席が倒せない…」と困っていました。
    この時は自分から申し出て席を交換しました。
    私は機内ではあまり眠らないし、お年寄りの方が長いフライトで健康を損ねたら、と思ったからです。

    二度とも「譲った」という事実に変わりはありませんが、心情はだいぶ違いました。
    前述の若い女性のような「単なるワガママ」の場合、気持ちよく譲るのは難しいです。
    どっちにせよ、席を交換するかどうかは譲る方の好意によるもので、譲ってもらう側が強制できることではないですね。

    ユーザーID:

  • 譲りませんでした。

    私も似たような経験がありました。NYから日本に帰る飛行機で、チェックインの際に「前方が壁で足元が広い席が開いているので、追加料金を払って替わりますか?」と聞かれたので、追加でお金を払って席を替えました。飛行中に客室乗務員に「壁の部分にベッドを取り付けられるので、赤ちゃん連れのお母さんに席を替わってくれないか」と言われたのですが、咄嗟に「でも私も追加料金を払って替わったので・・・」と言ってしまい、あっさり引き下がられました。そのお母さんは結局別の人に席を替わって貰っていました。「赤ちゃん連れならチェックインのときからそういう席にしておけばよいのに」と思いつつも、その後ずっと私は自己嫌悪でいっぱいでした。赤ちゃん連れってだったってことで、特に自分の心の狭さを実感しましたが、このトピのレスを読んで、少し安心しました。でもやっぱり替わってあげたほうがよかったかな〜あ(弱気)。

    ユーザーID:

  • イヤなら譲らなくてもいい

    国内線ならともかく、国際線でわざわざ窮屈な思いをすることないのでは。

    昔、ツアーだったのですがある家族の内2人だけビジネスクラスで、
    どうしても他の家族と一緒に座りたいということで、
    家族のそばに座っていたエコノミーの乗客に
    ビジネスクラスとかわってくれないか?とCAがお願いしていました。
    もちろん、かわってくれと言われた二人は二つ返事でしたけど。

    こういう利害関係が一致してこそ成り立つものなのでは?

    ユーザーID:

  • なるほど

    譲らないという方が多くいらっしゃって少し驚きましたが、理由を読んでなるほどと思いました。

    私も似た経験があります。成田からヨーロッパに飛んだとき、隣が空いていたのですが(私は3列席の通路側)、ラッキーとばかりくつろいでいたら、離陸5時間ほどして乗務員の方が見えて、後ろの新婚旅行のカップルが前後の席に分かれてしまったので席を替わってもらえないかと言われました。

    新婚さんなら仕方ないなと思って譲る旨伝え、その方たちが座席に見えたときに乗務員さんが窓際の方に事後承認のような形で伝えると、その方は怒られて頑として譲られません。なんでも、離陸後こんなに時間がたっているからだとか。

    そのとき私は、一席分の料金しか払ってないんだからそこまで固持しなくてもと思ったものですが、乗務員の方が捨てぜりふのような言葉を残していかれたのが忘れられません。

    ユーザーID:

  • 替わらないでしょうね

    替わらない、が多数派ですが私もそうです。替わる理由がありません。客室乗務員がそういう配慮をしたいのならビジネスなり1stなりに勝手に移せばいい話です。他の乗客の席を替えてまでやる「サービス」ではありません。

    で、立場を入れ替えて、自分が客室乗務員だったら、ただお願いするのでなく別のもので埋め合わせしますね。食事とか飲み物とかお土産とか。あの人らも高級とりなんだからそういう機転くらい利かせてほしいものです。

    ユーザーID:

  • 断りました

    ちょっと状況は違いますが、わたしも旅先で好意を期待されて断りました。

    ベトナムを彼と旅行しているときのこと。英語ガイドの観光バスに乗りました。

    すると、別のバスの日本語ガイドがわたしたちのところにやってきて、アメリカ人が日本語ガイドのバスに乗っているから、バスを替わってもらえないだろうか、と頼まれました。

    わたしたちは、日本人から離れて、あえていろんな国のツーリストが乗っているバスを選んだのです。人との出会いは旅の醍醐味のひとつですから。

    だから、二人でチラッと目をあわせたけど、すぐに断りました。

    もしかしたら、わたしたちはドライだったのかもしれませんが、好意にこたえる義理はないときは遠慮なく断ってもいいと思います。

    ユーザーID:

  • リクエストしたのかも

    子供が小さかった時、海外からの帰省時に座席のリクエストを早めにしておき、チェックインもかなり早く、そして搭乗前にも再確認したにもかかわらず、2才と5才の子供と席が離れてしまった事があります。子供達の隣に座ってる女性に事情を話して替わってもらおうとしたのですが、「絶対に嫌です」と言って替わってもらえませんでした。
    正直な気持ちは「ケチだな」です。
    その方は窓側に座りたかったようですが、結局子供達に近い通路を挟んで反対側の席の方が見かねて替わってくれたのですが、条件の良い「通路側」も嫌で「窓側」でないと嫌と言い張り、見ず知らずの2才児と並んで10時間を過ごしていました。
    いい加減な航空会社だとリクエストが通らない時もあります。(その航空会社は二度と使っていません)
    私もそれ以降リクエストした一番前の席を赤ちゃん連れに譲って欲しいなどと頼まれた事が何度かありますが、いつも譲ります。
    たったの10時間位の為に見苦しい事をしたくないので。 替わるかどうかは本人の意思に任されますが、健康な大人が席の事で条件の悪い人に譲る事が出来ないのは品性の劣る事だと私は思うからです。

    ユーザーID:

  • 場合による

    前もってその外国人たちが希望の席に予約をすべきなので、このケースの場合は譲らなくていいと思います。2度も頼みにくるのは逆にお客様に失礼にあたると思う。特に2度目の男性パーサーによるものは、若い日本人女性という足下を見た意図的そして威圧的なものと思いますし、航空会社にクレームを入れてもいいと思う。引き受けてくれそうな人に頼みにくるわけで、一度断ったらそれで済ますべき。

    短時間フライト、病人、子供、老人などの場合は配慮する必要があるかもしれませんが。

    ユーザーID:

  • それでも譲ります。

    譲らないという人が多くてちょっとびっくりしました。
    早く予約する努力をしなかったとか、ビジネスとれとか、意見がありましたが・・・。

    でも、他人の事情なんて憶測しても本当のところはわからないですよね。
    それよりも、今私にはっきりとわかるのは、困っている人がいる。だから協力する。それだけでいいんじゃないかな。
    もし相手がズルしたいだけだとしても、仕方ないと思います。
    本人はその時は良くても、後々心に(無意識としても)傷になって残ってしまうから。その人が生き苦しくなると思うけど・・・。

    自分の幸せ半分、他人の幸せ半分。
    それでみんな幸せではないのでしょうか。

    ユーザーID:

  • 譲りません

    私自身、混みそうなフライトは、きまってビジネスにして自衛しています。
    この男性、急用などで間際にしかチケットが取れなかったなどの理由があったにしても、それなら航空会社に説明して、ビジネス席を取るか、エコノミーで席を2つ分確保するべきです。

    冷たいようですが、太っているのは最終的には自己責任です。
    自分の体の大きさと相談して座席を取るのも自己管理の1つだと思います。
    まして、長い時間のフライトですから。

    私もチェックインぎりぎりで入った親子連れの女性、並びの席でないと子どもが可哀想だと大声でまくし立てていて、結局近くの席の若い男性が席を替わったのを見たことがあります。

    決して感じのいいものではなかったです。

    ユーザーID:

  • 絶対代わらない

    うちは長距離に乗る時はその席をリクエストして乗るので、絶対に代わりません。
    子連れだし。

    子連れで、荷物も多くて、子供もわさわさ動くし、と、色々な状況を考えて、前もって予約するのです。
    分かっていることなんです。

    自分らの身体がそんなに大きいのはもちろんとっくに分かってることなのに、その席をリクエストせずに乗ってきたのは自分らの責任です。

    割り振られた席が狭くて困るのは、運命です。
    我慢させましょう。


    足元が広い席って、機内使用にもよるけど、そこだけじゃないですよ。
    非常口付近だって、広いし、パーティッション(壁)だって、4席のとこだけじゃなくて2席のところもあるでしょう?

    エコノミーで狭すぎて、どうしても、代わってくれなくて、そこにいたら具合が悪くなるかも…思うなら、客室乗務員がビジネスとかファーストにアップグレードさせて、後から会社にレポートアップすればいいのです。


    具合が悪くなってからだったらその女性達だってきっと代わってくれますよ。
    狭いから代われなんて問題外。

    ユーザーID:

  • 国際線じゃあちょっと・・・

     1,2時間程度の国内線なら、相手によっては代わってあげてもいいですが、10数時間かかるヨーロッパから成田までのフライトじゃ、ごめんですね。というか、そのようなことを乗員が頼みに来る方が非常識。航空会社に後で苦情を言ってもいいくらいです。

     でも、私は身長180センチで足も長いので、壁の前の席は足が伸ばせないので、かえって窮屈ですね。緊急出口の横の、前が空いている席なら足が伸ばせて最高ですが。

     何年か前に、元大関のKONISHIKIさんと同じ便に乗り合わせましたが、非常口横の席をアームレストを上げて2人分占拠してました。彼の場合、ファーストクラスのシートでもダメで、ああやって座るしかないんでしょう。このように本当に座れない方は、あらかじめきちんと座席指定しておくべきなのです。

    ユーザーID:

  • あり得ない

    結局要求したモン勝ちゴネ勝ちになる人達の発想に巻き込まれる気はまるでないですね。
    席がランクアップするのなら話は別です。

    ユーザーID:

  • 上客だったとか?

    どちらの航空会社だったか分かりませんが、乗客の持っている会社のカード(マイレージ)の色などによってサービスに違いが出る場合がありますよ。もしその後方席の男性がそのようないいお客さんだった場合、頼まなくてもそうなった可能性もあるかと…。例えば、本来はその前の席を予約していたが、チェックインが遅れてしまったとか?
    不公平な感じがしたかもしれないでしょうね。もし日本の航空会社で周りが日本人ばかりならば。
    欧州の航空会社でそういうサービスがあるのを見ているので、ちょっと書かせていただきました。

    ユーザーID:

  • 席くらい譲りますよ

    「席を譲るべきかどうか?」

    同じようなテーマでトピックが過去にも様々たっていました。

    そして譲らない理由として多いのが、自分の不利益になる事は
    まっぴらと云う、損得勘定が判断基準になっている場合が多い
    と感じます。
    権利を主張し、不利益をこうむらないようにする事は正しい事ですよ。
    でも判断の基準が損得だけで良いんですか?

    「相手の事情によっては譲るかも知れない?」と云う意見にしても
    どれだけ正確に、相手のそこに至った事情を把握できると云うのでしょうか?
    結局、譲らない事を正当化する為の、都合の良い言い訳にしか聞こえません。

    そもそも、「何々するべきか」という問い自体が、多数の意見が
    こうだから、自分も同じようにしよう。という主体性のなさを感じます。

    結局、困っている相手に対してどれだけの「思いやり、いたわり」を
    感じられるかという、自分の心の有り様が行動に出るだけと思います。

    ユーザーID:

  • 譲りません

    アジアー北米、13回以上往復してます。
    座席指定して確保した席を譲るなんて、ありえません。

    女性二人連れだと思って甘く見たのでしょう。
    本当に失礼です。

    お話の座席は偶然に取れた席ではないでしょうね。
    事前にリサーチをしてきちんと座席指定をリクエストして、その上で確保した座席でしょう。

    ヨーロッパーアジア、そんな長時間を行機の中に閉じ込められるのだから、旅なれた人は『どれだけ楽に移動できるか』を勉強しますよ。

    その上で確保した席を、まるで「後出しじゃんけん」みたいに奪おうなんて甘すぎです。

    2メートルが何だ?そんなに大きいサイズなら初めから座席指定しておけ!早維持間にきて座席の確保に努めろよ!と思います。

    「病人」以外には譲りません。

    ユーザーID:

  • 絶対譲らない

    私なら絶対に譲りません。
    ヨーロッパには何度も行きましたが、とっても足が辛かったです。
    眠れないくらい辛い。ストレスで徘徊したくなるほど辛いです。

    それを「俺の足はもっと長いからもっと辛い、代われ」なんて有り得ません。
    「だったら、私は女性だからあなたより辛い」と言えばまかりとおる、という理屈ですよね。

    しかもどうして、その女性2人だけがターゲットにされたのでしょうか?
    並びの他の2人でもいいわけですよね。

    さらに、食事や物をサービスでくれたらいいか、というのも納得できません。
    席を替わってあげる代償は、航空会社ではなく、その足の長い2人が支払うべきですから。


    良い席をとる努力もせず(席を譲れのクレームは努力じゃありません)、ビジネスやファーストに座るお金も出さず、タダで自分だけいい思いをしようとは、なんたるふてぶてしさ!!
    困っているうちに入りません。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧