音楽映画♪

レス33
(トピ主0
お気に入り2

趣味・教育・教養

沙っ子

映画の内容が音楽系でおもしろいのを探しています。
ジャンル的にはロックがすきなんですけどオールジャンルで構いません!
ちなみに今まで見てきた中で自分的に面白かったのは[リリイシュシュのすべて]と[あの頃ペニーレインと]が良かったです☆
BGMが最高!!ってのもいいです!
情報お願いします♪

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • これが好きです

    「死刑台のエレベーター」

    演奏者のマイルス・デビィスは映像シーンを見ながらアドリブでトランペットを吹き録音をしたそうです。

    ユーザーID:

  • 「僕のスウィング」

    ロマ(ジプシー)のお話です。
    映画そのものもステキだし、音楽=サントラもサイコーです♪


    あと、「黒猫・白猫」
    エミール・クストリッツァ監督作品
    これもやっぱりロマの人々のお話ですが、「僕のスウィング」とはまったく毛色の違った作品・音楽です。

    ユーザーID:

  • 音楽系映画 映画音楽

    最近映画見てないので昔のですが、
    音楽系?の映画っていえば、
    「スター誕生」とか「ローズ」。確かベット・ミドラーが主演でした。ガーランド主演「スタア誕生」も良し。
    踊りと音楽ならジェニファー・ビールズ「フラッシュ・ダンス」です。
    内容はフツー、でも音楽とダンスシーンはすごいですよ、だって私、レコード買っちゃったもの。
    あと同系の映画でアイリーン・キャラの「フェ−ム」とか主演は忘れたけど「ヘアー」もいいですよ。

    BGMのいい映画なら、思い出深いのはソフィア・ローレンの「ひまわり」、あと「ドクトル・ジバゴ」のラーラのテーマ。マニックだけどジョン・ウェインの「アラモ」のテーマ、みんなちょっと悲しげかカンジの曲調です。挙げだすと、もうキリがないです・・・・・

    ユーザーID:

  • レント

    レント
    スクール・オブ・ロック
    ロックスター

    スティルクレイジー
    コミットメンツ

    ギター弾きの恋
    海の上のピアニスト
    ハウルの城

    ユーザーID:

  • たくさんあります・・・

    他に付けたレスとかぶってしまいますが・・・

    「すべてをあなたに」
    「キャバレー」
    「CHICAGO」
    「シューティング・フィッシュ」
    「ロック、ストック&トゥースモーキングバレルズ」
    「200本のたばこ」
    「プリシラ」
    「トゥルー・ロマンス」
    「10 THINGS I HATE ABOUT YOU」(恋のからさわぎ)
    「ヴァージン・スーサイド」
    「ブギーナイツ」
    「ミュリエルの結婚」
    「セイブ・ザ・ラストダンス」
    「クルーレス」
    「ロミーとミシェルの場合」
    「フェティッシュ」
    「パルプフィクション」
    「フィフス・エレメント」

    みんな大好きな作品で音楽もものすごく素敵です。
    サントラも全部購入したくらいです。
    ぜひどうぞ!

    ユーザーID:

  • エンニオ・モリコーネ

    もしかしたらレノン・マッカートニーを凌ぐかもしれない。

    まず同期のセルジオ・レオーネ監督と組んで「マカロニウエスタン」というジャンルを確立したことです。映像はレオーネ、そして音楽はモリコーネが。

    「ベンベケ、ベンベケ」とリズムを刻む生音のエレキに口笛とトランペット。バックには男達の掛け声。携帯着音にまで使われる、誰もが知ってるあのメロディーを始めとする数々の名曲。

    黒澤映画にインスパイアされて誕生したマカロニウェスタンですが、音楽は日本の時代劇がモリコーネスタイルを継承しました。(「必殺」とか。)

    そして80年代になると、もう彼の才能は「炸裂」します。

    「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」、「ミッション」、「ニューシネマパラダイス」

    珠玉のサントラ集ですね。こんな美しい音楽を書ける人が居たんです。(まだ存命ですが)

    20世紀初頭も入れるとラフマニノフぐらいかな。匹敵できるの。

    ユーザーID:

  • 監督名忘れたけど。

    イギリス人監督です。ケン・ローチだったかな?
    タイトル「光の街」だったと思います。
    暗いロンドンの町並みの映像と音楽が上手くあってイイ感じでした。音楽はマイケル・ナイマンです。

    ユーザーID:

  • たくさん!

    BGMがいいもの・・・ヴァージンスーサイズ


    音楽映画(グラムロック)

        ・・・ヘドウィグアンドアングリーインチ
           ベルベットゴールドマイン
           (この二つはサントラもよいです)

        ペニーレインは私も大好きです。

    あとは。。。コヨーテアグリーとか、どうでしょう。

    ユーザーID:

  • オールジャンルということならば

    まずは『陽のあたる教室』をお勧めします。
    バンド活動を止め、高校の音楽教師となった主人公の半生を追ったものです。
    やる気のない生徒が音楽の楽しさに目覚め、同時に主人公も教える喜びに目覚めるとか、自分の子供(耳が聴こえない)との葛藤とか・・・あらすじだけ見るとありきたりでつまらなく見えるかもしれませんが、人間関係や学校生活で起きる色々な出来事がうまく織り込んであって、どこかしら共感できるところがあるはずです。
    また、音楽の習い事やサークルの経験があると一層楽しめるのではないでしょうか。
    私の場合、ちょっと落ち込んだときに観たらツボにはまってしまいました。

    あと、ディズニーの『ファンタジア(2000)』は感動しました。
    本編も、「次は何が出てくるの?」とワクワクしましたが、おまけの『プカドン交響楽』が良くできていて音楽教師の姉と共に感心しました。

    ユーザーID:

  • 音楽映画いいですね

    「Be Cool」
    ジョン・トラボルタ主演。エアロスミスのライブシーンが見られます。スティーブン・タイラーがかっこよい!

    「ブラス!(Brassed Off)」
    英国映画で、炭鉱労働者たちのブラスバンドの話です。ユアン・マクレガーが出てます。

    「デュエット(Duets)」
    個人的に大好きな映画です。ヒューイ・ルイスが俳優として出演してます。

    あと既出ですが、「スクール・オブ・ロック」もロックへのあふれる愛が結構笑えて、子供もかわいくて楽しめました。

    ユーザーID:

  • これらはいかがでしょう?

    「ロック、ストック&トゥスモーキングバレルス」
    4人の青年がギャンブルに参加したこから巻き込まれるクライムムービー。
    音楽と映像がスタイリッシュでカッコイイです。

    「ワンダーランド駅で」
    映画自体は地味な恋愛映画ですが、全体を通じて流れるボサノヴァがなんとも心地良いです。

    「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」
    キューバの古老ミュージシャンのドキュメンタリーです。

    「キル・ビル」
    この映画に限らず、タランティーノ監督の作品は、音楽の使い方がとても上手だと思います。

    「プリシラ」
    オーストラリアのゲイ3人のロードムービー。
    聴いたことのあるポップス系(?)が使われています。

    「花様年華」
    60年代の香港のレトロさ、耽美な雰囲気の音楽がなかなか良いです。

    お好みのがあれば幸いです。

    ユーザーID:

  • 音楽系映画・ベスト5(順不同)

    70年代のロック好きなら、日本晴れさんも書いておられますが「スティル・クレイジー」

    R&BやDoo Wop好きなら「ファイヴ・ハートビーツ」

    Jazzや枯れたメロウさがお好きなら「恋のゆくえ 〜Fabulous Baker Boys」

    ちょっと変わったところで、カラオケ好きの方なら「デュエット」

    ブラスバンドなんて・・・と思っておられるなら、一気にその印象を変えてしまう「ドラムライン」

    映像・サントラともに強く強くおススメです!
    (B級が多くてスミマセン)

    ユーザーID:

  • リプリー

    アラン ドロンの太陽がいっぱいのリメーク版でマット ディモン演ずるトム リプリーが主人公。でも本当の主人公は音楽では?チェット ベイカーのマイ ファニー バレンタインをリプリーが歌ったり、黄金期のモダンジャズが満載!それからイタリアの豪華なオペラハウスでのオペラ、古い教会でのクラシック。うっとりします。

    ユーザーID:

  • 古い映画ですが

    ロック好きということでしたら、
    「イージーライダー」は外せないでしょう。

    それから、個人的に「真夜中のカウボーイ」の主題歌も大好きです。絶対聞いたことあると思いますよ。

    ミュージカル映画「パリのアメリカ人」
    古典的名作チャップリンの「ライムライト」
    ストーリーは全然覚えてないけど「バグダッドカフェ」の音楽も印象的。

    比較的新しいところでは「ラブ・アクチュアリー」
    「リトルダンサー」「ノッティングヒルの恋人」
    なども良かったような。

    ユーザーID:

  • これ。

    「海の上のピアニスト」
    が大好きです。
    ずっとピアノジャズが流れています。
    内容も音楽も良質なんです。
    ジャズを使った映画はあまりないですね。
    見ないのは損。

    ユーザーID:

  • 変わったところで

    「ザ・ロッキー・ホラーショー」はどうでしょう。
    かなり昔のロックと言う感じですが、笑えもします。
    何度もリバイバル上映されていたけど、今はどうかな?

    ユーザーID:

  • ご参考になれば…

    THE ROKKYHORROR SHOW
    70年代のミュージカル映画です。
    ドラッグクィーンが主人公です。
    倒錯していて素敵です。

    ウディ・アレンのバナナ
    これはJAZZかなぁ…
    私は観た後音楽が頭から離れませんでした。

    華麗なるギャツビー
    これもJAZZですね。
    ロバート・レッドフォードが素敵過ぎます。
    たしかこの映画はアカデミー賞で音楽&衣装部門で獲っているはずです。

    ユーザーID:

  • お好みかどうかわかりませんが

    「that thing you do!」
    ちょっと古いですが、トム・ハンクス監督の映画です。
    ビートルズのデビュー当時を髣髴させるストーリーです。音楽も初期のビートルズ風で、軽い感じで楽しめる映画でした。

    「コーラス」
    2年ほど前のフランス映画で、寄宿学校に赴任した教師が少年達にコーラスを教えて心を通わせていく…。 
    ありがちなストーリーですが、それがまた素朴でよかったです。主人公の少年の透き通るような歌声にも感動しました。

    ユーザーID:

  • 私も音楽映画すきです♪

    『私を野球に連れてって』
    (Take me out to the ball game)ジーン・ケリー、
    フランク・シナトラのミュージカル・コメディです。
    全編に音楽と踊りが散りばめられていて、とっても楽しめました!
    イチロー選手のCMでもかかっていましたよ。

    『小さな恋のメロディ』
    ビージーズ(イン・ザ・モーニング、メロディ・フェア)
    とクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(ティーチ・ユア・チルドレン)等で、瑞々しい曲に彩られています。


    ちょっと懐かしい映画からのお薦めでした。

    ユーザーID:

  • クロスロード

    《ブルースの映画》
    「クロスロード」 スティーヴ・ヴァイも出演

    《セルジュゲーンズブールのフランス映画》
    「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」 ジェーン・バーキン出演

    《BGMが好きな映画》
    アイ・アム・サム
    ビルとテッドの大冒険

    《演奏シーンのある映画》
    北京ヴァイオリン
    戦場のピアニスト

    音楽映画っていいですね。
    いろんな映画の紹介が載っていて、ありがたいです。

    ユーザーID:

  • 「バード」

    チャーリー・パーカーの愛称をタイトルにし、彼の半生を描いた映画です。心に染みる悲しい映画です。

    ユーザーID:

  • よく分かりませんが

     トピ主さんの「音楽映画」というジャンルが、どういう意図なのかよく分かりませんが、取りあえず

     ・Spinal Tap
    ・Tommy

     は外せないと思いますが。
     前者はSpinal Tapという架空の世界一ラウドなロックバンドのツアーの模様を描いたフェイク・ドキュメンタリーでツアー中に起こるあり得ない事件やバンドメンバーの過去の告白などをコメディにしたてています。後者はThe Whoのロック史に残る同名コンセプトアルバムの映像化作品です。

     ほかにも

     ・The Song Remains The Same
    ・Ziggy Stardust and the Spiders from Mars

     なんかも良いですけどね。
     まぁこの二つは普通の映画ではなく、コンサート・フィルムですが、劇場公開されてますんで映画でしょう。

    一つ目はLed Zeppelinのマジソン・スクエア・ガーデンでのライブ、二つ目はDavid Bowieが1973年7月3日にZiggy Stardustに扮して行った最後のコンサートの模様を収めています。

    ユーザーID:

  • 笑える「おもしろい」ではないですが

    「シャイン」
    天才ピアニストの生涯を描く


    「戦場のピアニスト」
    タイトル通りで、後半の演奏シーンが感動もの

    ユーザーID:

  • そうですねえ

    パッと思い浮かんだのは「スクールオブロック」。
    ロック好きのトピ主さん、一回は見てみて下さい!
    ストーリーも終始退屈せず、楽しんで見られる内容です。
    あとはどなたかもおっしゃってましたが、
    「ニューシネマパラダイス」や「海の上のピアニスト」
    なんかで知られるエンリオ・モリコーネのBGMは素敵で癒されます。
    この人の作曲した映画のサントラを集めたCDもあるので、
    良かったら聴いてみて下さい。

    ユーザーID:

  • ヘドウィグアンドアングリーインチ

    もうすでに挙がってますが、この映画最高です。
    主演している俳優がもう、すっごい歌が上手。
    ロック好きならこれしかないですよ。
    映画中、曲にあわせて出てくる動くイラストも良いんです。
    ロックあり、バラードあり、です。
    もともと、舞台でやっていた作品が映画化されたものです。
    その公演中の舞台には、デビットボウイやマドンナも足を運んだそうです。


    ラストの歌は、しびれます。

    ユーザーID:

  • 音楽映画?

    タランティーノの映画はBGMに流れてる曲が良いです。

    「レザボア・ドッグス」
    「トゥルー・ロマンス」

    が特に良いです。

    ユーザーID:

  • 二人のベロニカ

    クラッシック系ですが…
    キェシェロビッチ監督作品の「二人のベロニカ」
    をお薦めします!
    音楽がこの映画の大事なモチーフになっています。
    何より、ズビグニエフ・プレイスネルの音楽が本当に素晴らしい!
    特にコーラス曲が・・・。
    映画を見ながら、ストーリー以上に音楽に泣かされます。

    ポーランド・フランス合作だったでしょうか・・・。
    地味な映画かもしれませんが、主演女優さんは
    「トリコロール」でも主演したイレーヌ・ジャコブ。
    とても可愛らしいし、心に残るものがあります。

    ほかにプレイスネル音楽の映画には「オリヴィエ オリヴィエ」、「ヨーロッパ ヨーロッパ」、「デカローグ」などがあります。

    ユーザーID:

  • 24アワー・パーティ・ピープル

    まだどなたもあげていないのですが、80年代の英国を舞台にファクトリー・レーベル周辺を中心にマンチェスターのミュージックシーンを描いた映画です。ノリはコメディタッチで笑えます。監督は「ひかりのまち」のマイケル・ウィンターボトム。彼の「ナイン・ソングス」も音楽映画のジャンルに入ると思いますが、これはへヴィな恋愛ものになるのであえておすすめしません。

    60年代ものからはリチャード・レスター監督「ナック」、クライブ・ドナー監督「藪の中の欲望」、フランク・ロダム監督「さらば青春の光」などもおすすめです。

    ユーザーID:

  • 60年代ダンスミュージック

    「ダーティダンシング」

    バカンス、避暑地での淡い恋・・・

    内容は青春恋愛ものです。
    パトリック・スウェイジのセクシーなダンスが見物!
    音楽は胸がきゅんと締め付けられるようなダンスミュージックです。

    ユーザーID:

  • 60年代フランス物

    偶然にも[リリイシュシュのすべて]を観たいと思ってたのでレスします。

    大好きな60年代フランス物から
    『ANNA』
    とにかくおしゃれでかわいい♪こんなところで働きたい。マリアンヌ・フェイスフルも歌ってる

    『出発』
    ジャズが基調、内容はわすれました。。

    『男性・女性』
    青春映画かな。シャンタル・ゴヤの下手な歌がいい

    あとイージーライダーとか。
    戦場のピアニストもよかった、内容も観なきゃ損ソン

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧