コンプレックスだらけの私…泣

レス65
(トピ主0
お気に入り3

キャリア・職場

てっちゃん

最近本当に悩むこと…それは学歴です。
今年新卒で某旅行会社に入社しました。初めは何も知らず希望の会社に受かった事に喜び自分でもこの会社に入れるんだと自信がつきました。
しかし…実際入社してみると周りの同期は超一流大学で、自分は三流の女子大学です。
それに同期は顔もかわいいし英語もしゃべれて、自分は何のとりえもなくどこにでもいるような普通の女です。どこにいっても学歴はついてくるんだとつくづく思います。今の会社に配属されたのも人選ミスだと思います。二流の大学をでればやはりそれなりの人生になってしまうんだなと悩んでいます。最近本当に自分が嫌になってきて所詮私には平凡な人生がお似合いなんだと諦めかかっています。
本当に辛いです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数65

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • コンプレックスは原動力になる

    私もサラブレッド経歴の同期に対していろんなコンプレックス持ってました。
    負けまいとハングリー精神でその分頑張ったら、数年後差が出て、同期の中でも仕事ができると評価を受けました。

    コンプレックスはマイナスになるばかりじゃないですよ。
    あなた次第で大きな前向きの力にもなります。
    ぐるぐる悩んでいてもみじめな気持ちが増すだけです。

    できることからやればOK。
    今から学歴は変わらないけど、
    英語上達したければ、勉強すればいいだけのことだよ。
    私は二年でTOEIC600点から870点まで伸びたよ。

    ユーザーID:

  • とりあえず3年頑張りましょう

    まずは、希望の会社への就職、おめでとうございます。(これだけでも就職氷河期に活動した私からすると十分うらやましいのです・笑)
    今は職場にやっと慣れてきて周囲が見えてきてみんなすごく見える、そういう時期なんですよね。
    でも、社会人としては、みんな入社して半年の新人です。そういう意味では同じスタートラインです。
    ところで、あなたの取り柄は何ですか?
    英語が苦手なら、大学時代にやった第二外国語の勉強を続けてみませんか?
    美人は最初は注目されますが、女性ですから、お化粧でいくらでもなんとかなります(笑)。社会人としては、清潔感のある笑顔が一番ですよ。笑顔ときびきびした動きと話し方はそれだけで3割増しくらい美人になります。

    できないことよりもできることを考えましょう。とりあえず3年頑張ってみませんか。

    ユーザーID:

  • まずは行動してから

    あのねぇ、その同期の人たちは何も努力せずにその大学に受かった訳でもないし、自動的に英語が話せるようになった訳でもないと思うんですよ。
    私は、あなたの言う「一流大学」の博士課程まで出てますが、大学名で人を判断したことはありませんよ。仕事の出来不出来は、出身大学だけで決まらないしね。ちなみに私の彼は高卒ですけど、仕事への取り組みに関しては尊敬してますよ。
    大学はもう卒業してしまったのだし、これから仕事を頑張ろうと思うなら、まず行動してみたらどうですか?英語の勉強してみるとか、何かスキルをつけるとか。
    うじうじしてても時間の無駄ですよ。まだ若いんだからやろうと思えば何だって出来る!それからね、あなたが「すごい!」と思っている人たちにだって、みんなコンプレックスはあるものですよ。

    ユーザーID:

  • 頑張ろうよ!!

     旅行会社であれば、英語が話せることは大事だろうと思います。やはり、話せるように努力する必要があると思います。誰でも、積み重ねてきたから出来るようになります。今からでも遅くないので、努力するべきです。一流大学出身であることは、早い段階で努力した結果であり、一流大学出身であっても、これからの努力を怠れば、一流大学出身であることが意味を持たなくなります。それと同様で、三流大学出身であっても、これから努力を積み重ねていけば道は開けていくと思います。最初は、辛いですが、これまでの積み重ねが少ないのですから、人並み以上に努力する気持ちになって頂きたいと思います。

    ユーザーID:

  • だめだこりゃ

    あなたがご自分でおっしゃるような三流の女子大卒でも、一流大学卒の人達と共に採用されたのでしょう?だったらあなたはとても優秀ということではありませんか。

    まわりの子はみな可愛くて英語も話せる。逆にあなたの容姿に魅力がなく語学力もダメなら…
    いったい何を基準にして採用されたのでしょう?

    あなたがおっしゃっている『コンプレックス』の意味がさっぱりわかりません。

    一流大学や容姿が優先されるような職場なら、あなたがもっともっとコンプレックスの塊になる前にお辞めになることです。

    三流女子大でもなく容姿でもなく語学力でもない、あなたの能力が発揮できる職場をお探しになることが、今の辛い現状から抜け出せる道だと思います。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 努力しましょう。

    私も、若い頃はコンプレックスの塊でした。幼い頃から体が大きくて(現在身長174センチ)いつも揶揄されていました。そのうえ、同級生がほとんど進学したのに、私は受験に失敗した後、進学せず就職しました。容姿と学歴が最大のコンプレックスでした。しかし、背が高いことも時代の変化で長所となりました。でも、学歴のコンプレックスだけはなくならず、卑屈なままでした。

    35歳のとき、一念発起で、某大学の通信教育課程に入学しました。猛勉強の末、卒業率わずか3パーセントの難関をくぐりぬけ、4年半で卒業しました。英語も30歳過ぎに勉強し始め、今でも続けています。数年前に英検準一級合格し、TOEICも800点を超えました。ちなみに今47歳です。大学を卒業したことで、卑屈な気持ちは消えました。

    トピ主さんも、努力してコンプレックスを解消してはいかがですか。まだお若いのだから、いくらでも可能性はありますよ。他に、趣味でもよいから、自分にしかできないことを見つけて特技にしてみてもいいと思います。私は、書道も習っていて今は、準師範です。今では、筆でお手紙も書けるようになりました。がんばってください。

    ユーザーID:

  • それは学歴ではなく学校歴でしょ

     みんなとおなじ入社試験をうけて、一流大学の人と仕事ができるんだから、なんのコンプレックスも感じないでかまわないのではないでしょうか。

     それに、どんな人生になるかなどは、仕事振りなどが大きく影響し、出身校はあまり関係ありませんよ。

     書くといやらしく感じる方も多いと思いますが、わたしは理系の夜学→大学院をでて仕事をしていましたが、まわりに院卒なんかいませんでしたよ。でも、みんな優秀なエンジニアばかりで、仕事を一生懸命しさえすればあのようになれるのだとお手本にしてがんばりました。高卒の人さえいたんですよ。

     大学名?容姿?英語力?そんなものが何だというのでしょうか。
     あなたにはコンプレックスがあるのではなく、自尊心がないだけだとおもいます。

    ユーザーID:

  • 怒るよ、ったく。

    あえて辛口ですよーっ!!
    >二流の大学をでればやはりそれなりの人生になってしまうんだな
    >所詮私には平凡な人生がお似合いなんだと諦め

    私も学歴無いです。とぴ主さんと同じ環境ですよ。
    でも仕事では負けてると思っていませんし、学歴を理由に見下す人もいません。成果を上げた人間が昇格する会社・職種です。
    多分今のあなたの考え方なら、どこへ行っても同じ。
    もし学歴に左右されない職業に転職したらしたで『前の職場の方が優れた人が多くて良かったな〜』なんて愚痴るタイプよ、あなたは!

    仕事ってさ、学歴が良ければいいってもんじゃないよ。確かに職業を選ぶ幅は広がるけど。
    採用されたって事は、自分という人材を買われたって事。そこに上も下も無いよ。二流大学卒で語学も嗜んでいないあなたが採用されたって事がどういう事なのか考えてみましょう。
    それだけイイモノを持ってたのですヨ!!

    与えられた環境の中で、まず自分に出来る事を片っ端からモノにして下さい。
    語学が出来なきゃ今から勉強すりゃいいでしょ。みんなが美人なら、自分もお洒落をして綺麗にお化粧すればいいでしょ。
    きっと疲れていて、少し自信を失くしているだけ。

    ユーザーID:

  • 平凡について

    こんにちは、
    発言の一部だけに反応してしまいますが。「平凡な人生」っていったい?。そもそも「平凡」とは「よくある普通の」という定義ですよね。つまりは「そのようであることが多い」「多数派の」という意味であり、統計的には「偏差値50に近い」にということになります。
    そんなもの・・・実は、無い、のですよ。朝起きたときから、眠るときまで、あなたの意識が感じ、あなたの魂が味わうもろもろの事象は、その時、その場限りの、特殊でかけがえのない世界です。取り替えることも入れ替えることもできません。「同じような体験・人生」などというものは、主観的に「どうせそんなものだ」と、タカをくくっているか、サボって感じているだけなのです。
    あなたが生きる、その一回一回のかけがえのない時間、その味わい方、力の注ぎ方、心の動き方、それに「学歴」なんてものはまったく無関係です。がんば、です。

    ユーザーID:

  • 色眼鏡は最初のうちだけ

    私が社会人になった十ウン年前、新入社員研修として社内の色々な職場に行くたびに自己紹介をさせられ、その自己紹介になぜか出身大学・学部が必ず入っていました。今思えば不思議なことですが。

    でも、本当に、その出身大学という色眼鏡で見られたのは最初のうちだけです。
    仕事ができ、協調性があり、職場に・会社に貢献できることが結局は大事なのですから。
    これらの能力・結果は、必ずしも学歴とは比例しませんし。

    でも、学歴が一生ついて回るのは仕方ないでしょう。
    それは「事実」なのだから。
    「東大出てても使えない」
    「三流大学だけどよく仕事できる」
    みたいな感じにはついて回りますよね。

    蛇足ながら、まず、自分の出身校を3流なんて卑下するのはやめましょうね。
    私もその辺の私立大学出身ですが、とてもとても行きたくて行かせてもらった大学です。実際、思ったとおり、すばらしい学習環境で良い先生に恵まれ、充実した学生生活を送ることができました。だから誰がなんと言おうと、私にとっては素敵な学校です。

    ユーザーID:

  • 裏返して考えて〜

    みんな超一流大学卒で、美人ばっかり。。。
    てっちゃんはその同じ舞台に立ててるんですよ!
    これは自信を持っていいってことじゃない?

    あなたも外の人から見れば、「うわー、あの会社の人たちって素敵よね〜」の中の一人。
    人事担当の人も、そんな変な配属しませんって。
    ちゃんと、あなたに見合った職場に配属してくれてますよ。
    その超一流大卒の人と同じ素質があるって判断されたんですよ!

    せっかくチャンスが与えられたんです。
    できることから一つ一つきちんとやっていけば大丈夫。
    会社生活はまだ始まったばかり、イジイジしてたらもったいないよ、めいっぱい楽しんでね♪

    ユーザーID:

  • がんばるしかない

    まず旅行会社(国際系なら)に志望する時点で英語ができなければ
    つらいという状況は20歳すぎた大人として予測分析できなければなりません。

    分析しないで入社したのなら辞めるか追いつくためにがんばるしかないですね。

    一方、採用されたということであなたには一流大学?と呼ばれる
    他の方々と同じようなポテンシャルがあると判断されたと思います。
    あなたは努力してがんばれる素質があるか、あるいはその人たちと違うスキルが
    あるのかもしれません。自分で道を見いだしてください。

    私も一流と呼ばれる大学の大学院出てますが、英語やその他努力
    しないで入ったかと言われるとそうではないです。

    人はみな生きるためにはその自分で選んだ道を責任もってがんばるか
    ドロップアウトしていくしかないのです。

     なお、美人かどうかについては時代や人によって判断基準が違うので
    (平安時代の美人と大正の美人と今の美人は違う)
    心や接し方や表情など別の部分で好感もてるようにこれまた努力
    しかないと思います。

    長い人生がんばってください。

    ユーザーID:

  • 簡潔に言いますと

    学歴と仕事の能力は全く関係ありません。
    入社してからの努力と勉強がものをいいます。
    ただし、コンプレックスでうじうじしているとどんどん取り残されていきます。
    人選ミスをするような会社は、今の時代生き残れません。
    今は未熟でも、あなたの中に可能性を見出したから採用したのです。
    くずくず言わずに勉強、勉強!!

    ユーザーID:

  • 仕事の能力と出身大学と無関係

    >>二流の大学をでればやはりそれなりの人生になってしまうんだなと悩んでいます。

    あれ、何か学歴のことで差別されたのですか?
    文面からそんなことは無さそうですが、、、

    さて、
    仕事ができるかどうかは、大学で決まるものじゃないと思います
    (たぶん貴女もそんなことはご理解してると思いますが)。
    貴女の職種はわかりませんが、旅行会社であれば、求められるのは、
    ・お客様に快適な旅行を提供できる
    ・お客様が望んでいる旅行が企画できる
    ・旅行のポイントや重要な事項をお客様に正確に伝えることができる
    ・お客様を不快にさせるようなミスをしない。万一ミスをしても、機転をきかせて対処できる。

    まぁ常識的には、こんな感じでしょうか?
    では考えてみてください。
    慶應や早稲田出身だからといってこれに合致するとは限らないでしょう。
    これらの能力は、学歴ではないと思います。

    つまらないコンプレックスなんか捨てましょう。

    『てっちゃんの仕事ぶりは凄い』とか『てっちゃんの企画はいつも大ヒット』等と、
    同期の仲間から賞賛されるように、がんばってください。

    ユーザーID:

  • 人選ミスでは絶対無い!

    採用というのは枠があって、人数が決まっているので、総合職の女性何名と決まっているなら、いい人から何名と内定を出していくのです。

    大学名や学力基準などもありますが、何よりも一線に並べてみると、必ず一流大が全部占めることは無く、二流、三流大でも頑張っている大学生が入社を決めることは往々にしてあります。

    それだけの基準でなく、一般職なら、短大でも会社に利益をもたらしてくれそうな人、生活態度、常識が群を抜いている人などが抜擢されることもあります。人間を見るとき、学歴が全てではないということです。

    一流企業でも、大学のレベルにこだわる企業ばかりではありません。こだわるところは指定校推薦にしているところが多く、そういう企業なら先輩の引きが多いので、内定に有利です。

    自分に自信を持ってください。縁故であっても、基準を満たしていなければ、断られますし、何しろ入社試験を通っているのですから、それがあなたの実力です。一流大が必ずしも有用な人材と判断される場合ばかりではありません。

    おそらく、彼女達と同じ位、あなたも有用な人材とみなされていると思います。

    ユーザーID:

  • あのね・・・

    一流大学出て、顔が可愛くて、英語が話せても、仕事が出来なきゃ意味ないの。主さんが今のセクションに配属されたのは、「バランス的に遜色ない」と会社が判断したからでしょう。会社は主さんの「可能性」を買ってるんです。
    会社は仕事をする所です。学閥でも無いかぎり、評価されるのは業務に対する姿勢と実績ですよ。
    職場で輝くのは一生懸命な人です。自信持って頑張って下さいね。

    ユーザーID:

  • 学歴と仕事は違う

    私の職場も高学歴の女性が多いところです。
    名前を聞いただけで「すごい」と分かる大学を出ている人が何人もいます(私は違いますが・・・笑)。
    でも、高学歴の人だけが仕事が出来るかというと、そうではありません。

    同じ部の先輩は高卒ですが、誰よりも仕事が出来る人です。
    同じ部に配属になって、誰よりもたくさんの量の仕事を誰よりも早く的確にこなしているということが、とてもよくわかりました。

    仕事のやりかたの改善もいろいろと提案してくれます。
    キツイことも言う人ですが、間違ったことは言っていないし、言うだけの仕事をしている人だと思うのでキライになることはありません。
    むしろとても尊敬しています。
    そしてそんな彼女に、学歴主義の会社も考え方が変わったようです。
    大卒の人と同じ基準で彼女を評価するようになりました。

    こんな人もいるということを知ってほしいと思って書き込みしました。

    トピ主さんも希望の会社に入れたのですから、会社はあなたの実力をきちんと見ていたということではないですか?
    自信を持ってください!

    ユーザーID:

  • そのうち分かるかも

    私は理由あって短大卒なので20歳で就職しました。その業種では人気の会社で、短大卒など普通は採用されないだろうと思われていたなか、並み居る一流大学卒の人々をおしのけて(?)採用されました。面接での受け答えがズバ抜けて良かったそうです。

    それから6年。現在は、誰もが「すごいねぇ」と言う役職をこなし、バリバリ働いていますよ。年収も、同年代の大卒の友人よりも多いです。だから「学歴なんて関係ない!」って胸張って言えますよ。

    私の場合、採用されたことに感謝して、入社後も人一倍努力しました。猛勉強してその業種の専門知識を身につけましたし、学生時代は苦手だった英語も頑張って勉強しました。入社から3年間は、それこそ寝食を忘れて働き、勉強しました。

    トピ主さんも腐ってないで、努力してみたらいかがですか?学歴がないからダメなんだ、、、っていうのは、単なる甘ったれだと思います(そもそも大卒で悩むなんて・・・)。

    ユーザーID:

  • とりあえず対等

    自称”三流大学”のあなたが、"超一流大学”の人々と一緒に入社したんですから、とりあえず、出発地点では対等ですよ。なぜ、最初からネガティブな面ばかりを見て、あきらめてしまうんでしょうか?

    私は、一応名が通っている程度の大学を出ていますが、現在の職場の中で比較すると、大して良い大学ではありません。むしろ、”低学歴者”です。けれど、仕事では、他の超一流大学出身者を退けて、高い評価を得てきました。

    超一流大学を出ていながら、仕事の能力がなく、自分でも、”○○大学出ていながらこの程度か、、”とつぶやいた同僚もいます。
    大学なんて、関係ありません。

    大切なのは、やる気と仕事に対する"姿勢”です。
    英語がコンプレックスのようですが、仕事で必要ならこれから勉強すれば良いんです。また、英語が出来なくても、他の面で頑張って、評価されるということもあるんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:

  • しなやかで強い 心身

    おもてなしは、学歴ではなく笑顔・身ごなし・言葉遣いetc.で、おこなっているとおもわれます。お客様の旅の時間を最高に演出してあげられるように心技体を磨いてください。しなやかで強い肉体をつくれば自信が持て心も強くなって勇気が湧いて参ります。合気道などもいいですよ自分の身を守る以外にも、恐怖感がなくなりますので多方面で役立ちます。

    ◆他、やがて4人に1人が高齢者の時代になります。お客さまの不慮の病気に適正な対応ができるように勉強しておくのもいいでしょう。

    ◆もてなし技術として茶道はオールマイティ的なところがありますが料理・デザート・お菓子つくりなどでも、教室が開けるくらいの水準にスキルアップすれば自信になります。要は、なんであれ5年後10年後に第1人者になることを目指して、みてください。

    ◆日記に、よかったこと・感動したことを書くようにしますと、生活のリズムが良い方に良い方向かいます。これも魔法のようなコツです。

    ◆1日5分間でも1年先にはかなりの水準になります。仏語がメインのわたくしは、そうやって、西語・伊語etc.を習いました。この細切れの時間の利用は、毎日つづけるのがコツですね。

    ユーザーID:

  • 大丈夫ですよ

    私も元某大手旅行会社勤務でした。

    確かに私を含め同期は、いわゆる一流大学出身が多く、それ以外は少数でした。
    けど旅行会社って、語学力もさることながら体力、サービス業なのでいざというときの臨機応変さ、経験を次に生かせる行動力が一番必要なのであって、学歴関係ないですよ。

    まだ入社したばかりだからそう思うのかもしれないけど、同期たちは入社して12年目ですが、大学名関係なくまじめに努力した人が実績を残していますよ。
    私が一番すごいと思った同期は、知名度は東京限定の女子大学出身の子でした。

    私自身は入社4年目で異業種の外資に転職し、旅行業とはまったく関係のない仕事をしてますが、離職率が高いのもこの業界の特徴です。

    30代まで行くと、一流大学の人ばかりとも限らないですよ。
    今は仕事や社会人としての経験を積むことに専念してください。

    所詮学歴には賞味期限があるのです。地道に努力したものが一番評価されますよ。

    ユーザーID:

  • コンプレックスの無い人生なんて味気無いね

    学歴なんて免許証みたいなものですよ。
    あれば行けるところがちょっと増える。
    その程度のモノです。

    貴方の旅行会社で旅行するお客さんは、担当者の学歴を見て旅行会社を決めましたか?
    そうじゃないでしょう。
    免許証とはいえ、そんなものなのです。
    ハンドルを持ってくれるわけではない。
    運転するのはあくまで自分。

    僕の携わるマーケットだって、値段に学歴はついていません。
    東大だからって安く買えるわけじゃない。

    最初っからぴったり合った職場じゃない方がいいですよ。
    それ以上が無いって時点で暗くなる人もいるのですから。
    他のトピを見てください。
    「これって普通ですか?」って、わざわざ普通になりたがる人もいるのです。

    お札になってる人の創った大学を卒業した友人が「相殺」を「あいさつ」と読んだことがあります。
    結局は「本人が何をするか」なのですよ。

    ユーザーID:

  • 私は

    一流大学出て、容姿もいいし(すみません!)、一応英語もできます(帰国なので)。でも、
    5年前、ことごとく就職活動に失敗しましたよ。
    (時代とあとはガッツが無かったんだと思う。)

    結局、某有名企業の一般職として就職しました。
    そこには、聞いたこともない大学・女子大の
    子も多く正直とても悲しかった(同じ大学の子と距離を置きそうになった・・・)でも、今は結婚し、退職し、なんとも思ってません。同僚とも今でも仲良しです。

    有る意味、希望の会社に就職できたのって
    運かもしれないけど、実力です。
    せっかくのチャンス、不意にしないで、頑張って下さい。

    ユーザーID:

  • トピ主さんファイト!その1

    外資系企業の社長をやっております。トピ主さんのお気持ちは、多かれ少なかれ社会にはじめて出た人が皆感じることでもあります。学歴を大学入試のときの偏差値で置き換えてランク付けするということですね。ただ、小生のように社会人になって30年近くになりますと、いわゆる学歴というものの取るに足らなさというものが見えてきます。それは、社会人になってからの実力というのは、個人のたゆみない努力と、仕事の上での精進によって形成されるものだからです。これは、立場上、小生が多くの人と仕事をし、その人たちの仕事ぶりを観察、評価することから得た、ごく当たり前の結論です。ですから、トピ主さんは学歴を気にする必要はありません。とはいえ、将来、トピ主さんが仕事の実力をつけ、組織の中で大いに活躍してゆくための要件とは何か?小生のアドバイスを申し上げます。

    ユーザーID:

  • トピ主さんファイト!その2

    まず、個人的な努力を惜しまないこと。今自分のすべきことは何か?を検討する。旅行会社であれば、英会話等の外国語会話がそうでしょうし、旅行業務取扱主任者の資格取得もそうでしょう。そして5年から10年の長期計画を立てそれを実行することです。途中、諸般の情勢変化に応じ、定期的に見直してゆくことも必要です。小生としては、加えて、こうした計画に戦略性を持たせることをおすすめします。たとえば、外国語を学ぶのであれば、英語よりも中国語とかを選択することも一案です。中国語のほうが、堪能な日本人の絶対数が少ないし、英語と違って、ほとんどの人はゼロからのスタートになりますから、他人のことで気に病むことも少ないでしょう。また、将来の旅行市場を考えても大変面白いと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主さんファイト!その3

    次に、会社での仕事においては、すべてを貪欲に吸収するよう努めるということです。わからないことがあれば、上司、先輩に聞くこと、決して、何事もわからないまま放置しないということが大事です。新人の大きな特権は何を聞いても叱られないということです。また、人間関係はどこの組織でも難しいものですが、自分を殺して付和雷同することのないよう毅然さを持つことも必要です。そうして、上司、先輩、同僚との適切な距離感を自分で徐々に形成してゆくことをこころがけてください。最後に、トピ主さんが大きく飛躍され、公私共に充実した人生を送られますよう祈念します。 ‘Success is getting what you want. Happiness is wanting what you get’.

    ユーザーID:

  • 人選ミスではない

     色々なタイプの人がいなければ、組織は成り立ちません。指導者タイプの人間ばかり10人居るよりも、リーダー的タイプは1人、リーダーのことをよく理解できる人が3人、行動できる人が6人の組織の方が明らかに良い仕事ができます。トピ主さんには、必ず何らかの期待がなされているはずです。そのことに早く気付いてください。決して人選ミスではありません。
     ちなみに、学歴という言葉が最近おかしな使われ方をしていますね。部下の中に、二流と言われる大学の大学院卒が居るのですが、一流と言われるT大の大卒より学歴が低いと本気で思っていましたので、驚きました。飲み屋でどやしつけて「顔を洗って出直して来い。」と叱ったら、そ〜なんですか、僕はT大卒よりも学歴が高いんですかと感心されました。彼は、良い仕事をしているんですが・・・。

    ユーザーID:

  • トピ主さんこそ優秀!

    って思えませんか?そんな中でひときわ輝いていたんですよ。


    トピ主さんを採用することには意味があったんだと思います。ミスだなんて思わないほうがいいです。それと、他の人にも「みんなと違って私なんて」って言わない方がいいですよ。きっとみんな、トピ主さんがどんな力を秘めた人なのかびびっています。


    採用になって嬉しかったのなら、そのまま頑張ってみてはいかがですか?そんな姿をみたら、きっと後に続く、学歴だけじゃなくて、トピ主さんのような優秀な人が入ってこれる職場になると思いませんか?そういうの、いいですね!

    ユーザーID:

  • 私も三流大学卒ですが

    私も三流大学を出てます。しかもそれで商社に事務職で入ったのに、専攻(英語)と関係ない経理に配属されました。専門学校で経理を勉強してきた子たちと一緒はつらかったです(こちらに知識が無いから)。

    それで私も一生懸命勉強しましたよ。尊敬する上司が高卒ですごく勉強した方で(男性は大卒が多い会社だったのですが)やればあそこまでできるんだ、っていうのも励みになりました。

    入った以上はベストを尽くしましょう。それだけです。お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:

  • 他人と比較しないで

    辛口です。
    まず、他人と比較することはおやめなさい!! どんな人でも、コンプレックスや悩みの1つや2つはあるのですよ。
    もし、トピ主さんの同期のひとが、トピ主さんより、レベルの低い大学卒か、高卒ばかりであったなら、トピ主さんは、自分に自信がもてるのでしょうか?
    だめだだめだと卑下したり、悩んでいないで、前を向きなさい!。今の仕事をがんばりなさい。時間は、あっという間に過ぎていきますよ。ひとつひとつの努力の積み重ねが、トピ主さんの評価や自信につながっていくことでしょう。仕事は人生の一部ではあるけれど、全てではありません。トピ主さんの人生の価値は、学歴や仕事、容姿だけで決まるものではなく、これから、築いていくものなのですよ。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧