• ホーム
  • 健康
  • アメリカで子宮筋腫の手術を受けた事のある方いますか?

アメリカで子宮筋腫の手術を受けた事のある方いますか?

レス25
(トピ主0
お気に入り4

心や体の悩み

ナベ

西海岸に留学をしているナベと申します。

2ヶ月位前からお腹の異変に気づき、先日病院へ行ったところ、10cm強の子宮筋腫と診断されました。手術をしないといけないと言われたのですが、今まで大きい病気や手術とは無縁だった為、ましてや海外という事でどうしてよいか悩んでいる状態で、まずは手術をアメリカでするか、日本に一時帰国するかを決断しないとなりません。

現在はホームステイをしていて、この件をホストファミリーに話したところ、こちらで筋腫はよくある病気の一つで手術も簡単、入院も必要ないとの事で、アメリカの方が技術は進んでいるからと勧められています。

ただ私としては、語学に関して全く自信はなく、そんな中での手術には抵抗を感じており、術後の事も考えると、一旦帰国をした方が良い気もして迷っています。今は色々調べ始めている状態ですが、「まさか自分が」という思いで不安な為、アメリカで子宮筋腫の手術を受けたことがある方の経験・体験談や、何かご存知の事等ありましたらアドバイス等頂ければと思います。どうぞよろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わたしは経験ないのですが、

    在米十数年の者です。ひとくちに子宮筋腫といっても、筋腫の部位、患者さんの年齢などで手術方法が異なってきますので、単純に日本とアメリカを比較するのは難しいと思います。ただ、ナベさんのホストファミリーのおっしゃるようにアメリカでは入院なしといっても、日本とアメリカでは入院の基準が大幅に違いますので、アメリカで手術をしたからといって、翌日から普通に学校、仕事に行けるわけではありません。アメリカでは術後は点滴をつけたまま家に返されて、注射のために通院するというのが普通です。ですから入院はしなくても数日は介護が必要になります。あと、保険は大丈夫ですか?保険を確認せずにアメリカで病院にかかると、大変なことになりかねませんから、よく調べてくださいね。
    ちなみにわたしの妹が昨年日本で腹腔鏡下で筋腫核出を受けましたが、術後10日で仕事に復帰しました。

    ユーザーID:

  • アメリカでの入院等について。

    夫が最近何度か手術を受けたので、アメリカでの手術や入院について参考までに。

    どんな手術も驚くほど短期間で退院させられます。それは、今はどこの家庭も衛生に問題が無いこと、病院は病気をもらう可能性の高いところだから、そして患者にとって一番リラックスできるのが自宅で回復も早いから、更に入院費がすごく高いからだそうです。そして必要があれば訪問看護師が家に来てくれます。

    例えば乳がんの手術も2泊で退院。頚動脈を切り開くような手術も手術翌日に退院。等等。

    現にナベさんの場合も日帰りの手術のようですね。

    とはいえ、手術後何日かは毎日の生活に誰かの手伝いがいるでしょう。(日本だったら一週間ぐらい入院すると思います)

    ホストファミリーさんのお世話になることにためらいが無ければいいのですが。手術そのものより、この期間をどう過ごすか、アメリカにいるのと日本に帰るのとどちらがいいか良く考えられたらいいと思います。


    手術に際しては保証人が必要です。
    医療保険はちゃんとありますか?手術の前に支払能力があるか確認すると思います。

    高度先進医療の分野については確かにアメリカの技術は高いと思います。

    ユーザーID:

  • 受けました。

    5年前にアメリカで筋腫の手術を受けました。私の場合大きさは11cmと大きかったので開腹しました。入院は、確か3泊くらいだったと思います。手術翌日に歩くように言われたのは、さすがに辛かったですね。でも、癒着予防なんだそうです。

    トピ主さんのホストファミリーは、入院の必要はないと言われたそうですが、人それぞれ違うので、ドクターに聞いた方がいいと思います。退院した後は、さすがに自分では普段の様には出来ないので、ホストファミリーに気軽にお世話になれるような環境にありますか? あと、日本は未だ縦切りなのでしょうか?

    アメリカは、横切りなので、下着やズボンを履いても傷口に当たらないので楽です。私の知り合いの日本で手術(帝王切開等も)された方達は縦切りの方が多く、下着等があたって痛いと言っていました。

    ホストファミリーの方がおっしゃるように、アメリカの方が進んでいるので、保険等しっかりしていて金銭的にも問題なく、そして気軽にホストファミリーにお世話になれる様でしたらアメリカで手術された方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • アメリカで2度受けました

    2度受けました。開腹せずに膣から手術し、術後の痛みは全くありませんでした。全身麻酔でしたので、当日はそれによる気分の悪さはありましたが、翌日からは何の症状もありませんでした。素人から聞いた情報ですので正確かわかりませんが、日本では開腹が主流と聞きました。

    私の場合は、術後も体の表面に傷跡が残るわけでもなく、生理がものすごく軽くなったので、手術を受けてよかったと思っています。私のは一番大きいので3センチでした。筋腫を持っていらっしゃる方は、大抵皆さん複数お持ちのようです。

    ユーザーID:

  • 日本でですが

    8cmほどの大きさの子宮筋腫があったので、筋腫だけを取る手術をしました。残念ながら、アメリカの事情はわかりませんが、手術後3日間はベッドから動けませんでした。ベッドから起き上がるのが、物凄く辛かった事は今でも覚えてます。
    食事の度に、自分では起き上がれなかったので、電動ベッドを起こしてやっと起き上がっていました。歩き回れるようになるのに5日かかりました。

    どんな簡単な手術でも、自分のお腹を切るのですから手術後は痛いですよ。

    トイレには頻繁に行かなきゃ行けないし、笑えないし、くしゃみできないし、風邪引かないようにと注意されました。それと、重いもの持てないしね。
    脅かすつもりは無いのですが、入院無しというのは私には考えられないので、心配になりました。

    あれからちょうど1年になりますが、不安を克服して手術してよかったと思うことばかりです。
    貧血がなくなり、体調がすこぶるよくなりました。
    ですから、手術をすることに対して反対というより、むしろお勧めします。
    でも、手術後のことを考えたら、人の手を借りないと辛い状況になるということを、知っておいて欲しいと思います。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 「医療保険」はありますか?

    15年前、主人のアメリカ駐在中に、子宮筋腫の全摘出手術を受けました。「アメリカではすぐに退院できる」といっても、それは、入院費がものすごく高いので(日本の何十倍)、すぐ退院するだけのことで、回復するまでの時間も痛みもまったく同じです。(考えてみれば当たり前ですね)
    退院してからも、2週間はトイレに行くのがやっとこさで、ほぼ一日中寝ていました。友達に、当時幼かった子供たちの世話やら、食事の差し入れなどをしてもらい、ずい分助けてもらいました。

    「ホームステイ中」とのことですので、アメリカの医療保険には入っていませんよね?アメリカの医療費はべらぼうに高いのでよく調べてください。
    また、ご家族も周りにはいませんよね。「風邪ひいて2,3日寝ている」というようなものとは違いますから、ホームステイ先の人たちにもいろいろ厄介をかけることになると思います。
    ということで、私は日本での手術をお勧めします。

    ユーザーID:

  • 私も持ってますぅ〜

     タイトルどおり、私も子宮筋腫があります。在米です。年に一度 検査をこちらで受けていますが、まだ手術はしていません。 私の場合 特に腹痛があるわけでもないので....様子を見ましょうってことになってます。

    その時にちょっと医者(アメリカ人)に聞いたところ 手術は1日で終わるけど 結局完全に体が元のようになるには、しばらくかかるよ。って言ってました。トピ主さんは 留学先なんですよね。 それであるならば 日本へ帰って手術することをお勧めします。他の方が書いていたようにこちら医療費がとても高いです。

     手術した翌日退院できても やはり一人で翌日から何もなかったように生活できることはできません。そういう時に誰か お手伝いしてくれる人も必要だし。 言葉の問題も不安であるならば余計にです。 参考になりましたでしょうか?  
     

    ユーザーID:

  • 子宮筋腫の手術受けました

    私は今住んでいるアメリカで手術しました。私は14cmの筋腫があったので開腹でした。 入院は手術日を入れて2泊3日。3日目には痛み止めを打っての帰宅です。 主人、それと私の母にも日本からケアしに来てもらいました。

    手術後は本当に痛くて自分で動くことができないし、何もできません。トイレに行くのに自分でベッドから起き上がることもできなくて...辛かったです。仕事も12週間休みましたよ。職場復帰時にはたいぶ回復していましたが、傷はまだ痛んでいたと記憶しています。

    トピ主さんの手術方法にもよると思いますが、もし開腹手術でしたら、手術後のことを考えて、しっかりケアしてもらえる日本が良いのではないかと思います。

    ホストファミリーの方もずっと付きっ切りでケアしてくれるわけではないでしょうし(たぶんトピ主さんも気を使って色々お願いできないのでは?)、ケアしてもらうためにお母様をホスト宅へ呼ぶわけにはいかないでしょうから。

    自分が経験して思ったことは、考えていた以上に手術後の身体は自由が利かないもんだなってことです。

    ユーザーID:

  • 私は日本。

    私なら、日本かな。アメリカにいますが、入院の日にちが少ないのは保険の関係が大きいし、英語で手続きその他するのは大変です。それに、入院期間が短くても、家で自分でいろいろ手術後の世話、日本なら看護師さんがしてくれるようなこと、をしないといけない、など、大変です。私は2回、アメリカで手術をしましたが、アメリカ人の主人がいろいろ手伝ってくれたので何とかなりました。心細さもなくなったし。でも、これは私の経験なので、よーく考えて決めてくださいね。
    それから、医療技術が進んでいるのは本当かもしれませんが、自分が入院する病院がその技術をもっていたり、最新の器具があるか、というのはまた別問題なので、よく医者のバックグラウンドを調べてください。お大事に。

    ユーザーID:

  • 大差ないと思います。

    アメリカと日本の両方で子宮筋腫の手術を受けました。結論としてはどちらで受けても大差ないと思います。アメリカでは州立大学の病院、日本では私立の病院でした。

    入院期間はアメリカ2泊3日、日本2週間でした。費用は両方とも保険があったので、日本の方が高くつきましたが、生命保険の給付金が出たので、結局は同じになりました。日本人の方が手先が器用なためか、麻酔も手術も上手かったように感じましたが、アメリカでも大差はありませんでした。入院食は日本の方が美味しかったです。日本では個室に入院したので夫が毎日仕事帰りに泊まれて、時間外でも食事を買って来てくれて楽しい入院生活でした。アメリカでは短期でしたし、食事がとれるようになったらすぐに退院でした。看護師さんは日本の方が優しくて、お風呂に入れない間毎日体を拭いてもらえました。アメリカでは全く清拭はしてもらえませんでしたので、お見舞いに来てくれた友人にタオルを濡らして絞ってもらって、自分で拭きました。

    私の覚えているのはこんな感じです。また質問があれば聞いてください。

    ユーザーID:

  • アメリカの

    医療技術が進んでいるかどうかと言う以前にあなたの保険がどこまでカバーしてくれるのか確認したほうがよいでしょう。ご存知でしょうがアメリカの医療費はあっというまに2−3桁と跳ね上がります。手術になれば、日本でもアメリカでも医者次第。しっかり情報収集して良い選択をされるよう。日本&今アメリカの医療現場の人間からの一案です。ではお大事に

    ユーザーID:

  • 絶対に帰国して手術したほうがいい

    スペイン在住者です。
    こちらも医療はとても進んでいるとスペイン人たちは言いますが、
    子宮筋腫の手術をこちらで受けた日本人によると、
    実は日本では必要のなかった手術をされたそうです。
    そのおかげで彼女は10年たった今でも、後遺症に苦しんでいます。(貧血やめまい)
    私も甲状腺に問題があり、今は落ち着いていますが、
    日本で日本以外の国で手術する意見をいろいろな日本の医者に聞きましたが、海外での手術はお勧めできないとのこと。
    医療用語はネイティブのように話す日本人にも特殊で難しく、ましてや精神的不安や、痛みのある中でうまく感情が通じないときはとてもつらいもの。
    私は歯の治療ですら日本に帰りますよ。

    ユーザーID:

  • 日本の方が楽でしょう その1

    トピ主さん、学生として来られているのに、勉強以外の事で苦しまれて、お気の毒だと思います。
    私は2001年に西海岸の結構有名な大学病院で開腹手術をしました。

    まず、今入っている保険はどうなっていますか?
    留学生として来られているのでしたら、日本からの旅行障害保険のみの加入ではないですか?
    もしそうだとすると、婦人病に関する病気にかかる費用は下りないのではないでしょうか?
    これを最初にお調べになった方がいいですね。

    そして、それが可能な場合でも一刻を争う状態でないのならば、次の長い休みまで待って日本で手術をされる方を強くお勧めします。

    そもそもアメリカの病院と言う所は、保険会社が物凄く強いので、できる限り入院させないのが常識です。
    私も、手術当日の3時間程前に病院に行き、3日後には退院させられました。

    ユーザーID:

  • 日本の方が楽でしょう その2

    日本では、最低でも前日、病院によっては2日前に入院できる場合が多く、看護士さん達の手厚い看護に守られて後は、手術台に上るだけ・・と言う感じみたいです。(姉や友人からの話)
    私の場合、前日には前もって病院から渡された処方箋に基づいて、下剤や浣腸を購入し自分で苦しみながら処方しなければなりませんでした。これは、かなり苦しかったですよ。

    退院時の朝に抜糸(3日目の朝ですよ!)をし、医者のチェックでオッケーが出ればその後発熱する以外の場合は来なくていい、と言われました。
    そして、2ヶ月は階段の昇降をできるだけ控える様に、との注意のみ。
    その上、医療費はすごく高い・・・。

    ユーザーID:

  • 日本の方が・・ その3

    すみません、字数制限でずいぶん長くなってしまいました。

    退院後は、私の場合は夫にずいぶんお世話になったもんですが、ナベさんの場合はホストファミリーの方にお世話になる事になりますよね。それもちょっとお辛いのではないでしょうか・・・?動けない時期も長いですしね。
    医療がアメリカが進んでいると言う事は、決してありません。これは断言できますが、場合によって病院によって医者によっては、日本の医療の方がはるかに進んで、安心して受けられる場合も多いです。

    他の経験者の方からも、色々意見が出たらいいですね。
    私は以上の点から、日本で受けられる事を強くお勧めしますが、それは今のナベさんの状態が安定している場合ですよ。とにかく、ナベさんのお体を大事にして下さいね。

    ユーザーID:

  • アメリカ在住です。

    子宮筋腫ではありませんが、婦人科系の病気でお医者さんにかかっていました。

    上の方がおっしゃってましたが、私が一番気がかりなのは保険です。なんといってもアメリカは保険社会ですから。保険なしでは相当なお金をとられてしまいます。

    私はアメリカ人の夫の仕事先の保険に入っていますが、それでも一つ一つの検査の必要性を保険会社が調べ上げ、「必要ない」と判断されれば保険金がおりませんでした。何度も保険会社に電話をし、「こういう理由で必要なんだ」と訴えた結果やっと保険がおりるという状況です。

    トピ主さんはホームステイをされていますが、日本からの保険に入っているのでしょうか?そこを調べてからでないと、もし保険がおりない場合、すごい額のお金を払うことになります。私の友達で保険がきかず盲腸の手術をしたら100万円以上とられてましたよ。。

    ユーザーID:

  • 私も受けましたよ〜

    私は東海岸で去年の2月に筋腫核摘出手術を受けました。8cm弱が最大で合計十数個あり開腹しての手術でした。

    幸いDrが日本人の良い先生でコミュニケーションは問題無かったのですが、やはり術後は大変でした。手術法にもよると思いますが開腹した場合、アメリカ人はわりとすぐ歩いてますけど私の場合とてもじゃないけど無理!しかも昼に手術して翌日の朝退院というハードなスケジュール(こちらでは普通ですね)。数日で復帰できるという話だったのですが日常に戻るには一ヶ月近くかかり結局母に日本から来てもらいました。骨格も体力も違う私達はやはりアメリカ人のようには行かないみたいです。周りの人には何で回復にこんなに時間がかかるのと思われたかもしれません。

    こちらで受けるならホストファミリーのサポートは絶対に必要ですし体力差もわかってもらっておいたほうが良いかもしれないですね。お大事になさってくださいね。

    ユーザーID:

  • 子宮筋腫1

    こんにちは、中西部小都市在住のふ〜じゃ〜です。

    3年前に筋腫の開腹手術を受けました。手術は1時間程度だったと思いますが、当初の予想(中くらいの筋腫が数個)と異なり約1lbsの筋腫が一つ取れました。手術前3ヶ月間は、月一回女性ホルモンを止める注射を受け、多少筋腫を小さくしてからの手術でした。手術・治療に当たっては、以下のことを留意されるといいと思います。

    1 信頼できるお医者さんに分からないことは何でも聞くこと。私は毎回のVisitが質問コーナーと化してました。(診察の時は仲のよい年上の女性の院生に一緒に来てもらい、わからない英語をさらに英語で言い直してもらったりしました。彼女は私の手術の時には院内でbeeperを持って待機してくれました。)

    <続く>

    ユーザーID:

  • 子宮筋腫2

    2 手術前に保険がどの程度カバーするか、カバーする場合でも必ず手術前に前もっての確認連絡を保険会社にすること。これをやらないと保険の払い戻しでもめたりします。

    3 入院に関する不安も先生に相談すること。私の場合開腹手術で入院は2日でした(通常は1日)。実は私、大学院生で一人暮らしだったので、手術翌日の退院が不安だったので先生に相談し変更してもらいました。

    4 退院後はすぐには動き回りづらいので、手術前に簡単に料理して食べられるものを買い置きしておくといいと思います。。。と書いた後に、ホストファミリーとお住まいとのこと。まったく心配することはないと思います。ちなみに動物性たんぱく質は重要なので、料理済みチキンのパックなど便利でした(病院では手術当日は氷だけ、次にグミが登場、翌日にはチキンやらバターロールやら機内食っぽいものを食べてました。)

    5 術後、なるべく咳をして体内の癒着を防ぐようには言われます。ちょっと痛いですが、頑張って咳してください。

    <続く>

    ユーザーID:

  • 子宮筋腫3

    6 日本の保険に入ってる場合、費用が多少払い戻しされると思います。多分特別な用紙に記入しなければいけないので(実際に先生のサインなども必要)その辺がかなり面倒ですが、多少なりともお金が返ってくることを考えると、申請に時間をかけて損はないと思います。ちなみに費用は保険カバー前で多分$7000くらいかかったと思います。

    日本では同様の手術を受けたことがないのでわかりませんが、こちらはお医者さんを筆頭に各部門担当の看護師さんがとてもfriendlyに対応してくれました。また、2人部屋の病室に一人で入院したので気持ちもすごく楽でした(別に特別な要請をしたわけではなくて、最大で2人部屋。)ただ、手術後の最初の夜は、2時間おき程度にかわるがわる看護師さんが病室に来て、脈を取ったり体温チェックしたり点滴換えたりで、ほとんど眠れませんでしたが。。。

    <続く>

    ユーザーID:

  • 子宮筋腫4

    実際の下腹部の傷は5〜6cm程度で、取り出した筋腫にくらべると本当に小さいものです。(ちなみに、私の先生曰く、「ちょうど君の手術の直前に新しい器具が開発されてそれを使ったんだよ。だから傷口が筋腫の大きさとは関係なくすごく小さくできるんだ」とのこと。)今ではその縫い口もすっかり落ち着いています。当時は、日本に帰国して受ける選択もあったのですが、授業のことや日本の病院事情などを考えてアメリカで受けることにしました。結果としては、私はこちらで信頼できる先生に手術してもらって本当によかったと思っています。

    いろいろと不安があると思いますが信頼する先生に出会ってらっしゃるなら大丈夫だと思います!頑張ってくださいね。麻酔が効いてきたかな・・・っていうあたりから手術台の上で目が覚めるまで、本当に数秒って感じでした。あっという間に終わっちゃいました。

    ユーザーID:

  • 子宮筋腫の手術 1

    ぼけねこさんが書かれた様に子宮筋腫の種類と場所によって手術内容はとても違います。私はアメリカで大学院に行っています。3年前に手術した方が良いとお医者さんに言われたのですが、トピ主さんと同じ理由でとても迷いました。別のお医者さんが今すぐに手術しなくても、ピルを服用して様子を見ればといったので、しばらく様子を見ていたのですが、最終的につい数ヶ月前に受けました。私の場合は大きさはそれほどでもなかったのですが、場所がよくないということで、おなかを切っての摘出となりました。2日入院して家に帰りました。やはり、保険の内容を確認することがとても大切です。そして、病院の場合専門用語を使うので、私はアメリカ人の友人のたのんで、手術にはどんなチョイスがあるのか、それぞれの方法のメリットとデメリットはなにかなどお医者さんにしつこく尋ねました。私のお医者さんは本当にいい人で何度も何度も忍耐強く説明してくれました。私の友人の場合、開腹しなかったので次の日から普通に働いたと行っていました。

    ユーザーID:

  • 子宮筋腫の手術 2

    私の場合は日本ならば2週間は入院ですが、自宅療養ということで家に帰りました。これにはアメリカと日本の医療費、医療文化の違いなどがあると思います。1週間は車に乗っては行けないと言われていたので、いろいろな友人に始めからお願いして本当にいろいろ助けてもらいました。今は私はアメリカで手術を受けて個人的にはよかったと思っています。もし、英語が不安であれば通訳を病院で頼むことができるはずです。それから、お医者さんの評判や今までの業績などインターネットで比較できるサイトがあるはずなので、見ると良いかもしれません。私は一応別に2人のお医者さんにもセカンドオピニオンを聞いて、最終的に決めました。不安でしょうが、一番トピ主さんが納得安心して、治療できる方法が見つけられるといいですね。お大事に。

    ユーザーID:

  • 卵巣摘出手術をしました。

    私は、卵巣摘出手術を、アメリカで受けました。その時は、夫と二人暮らしでしたので、夫の献身的な看護によって、順調に回復する事が出来ましたが、大変でした。手術の次の日には、退院させられ、お腹には、10センチ程の傷にホチキスの針。ガーゼでカバーしてくれるわけでもないし。痛くて、歩けないし。とても、一人では無理、誰かの助けを必要とします!
    アメリカでは、医療費が高いのでこういう事になりがちです。
    技術とかには問題はありませんが。
    私は、日本で手術する事をお薦めします。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    みなさん、レスどうもありがとうございます。とっても心強く感じました。
    まず最初のトピで、字数が足りなかったので少し補足させて頂きます。

    保険に関してですが、日本から留学用の保険に加入してきたので
    今の段階で分かる範囲を保険会社に確認したところ、基本的には
    カバーできるとの事でした。そして病院にもよりますが、通訳をつけてもらえる
    制度のようなものもあるようで、それをホストファミリーに伝えたところ、
    今は良い病院をと色々探してくれています。

    またそのホストマザーと娘さんが既に筋腫の手術をしている事もあり、
    比較的経験上の知識があるようで、私達を信じて任せなさいと
    言ってくれていて、実は今のスティ先は数年前から度々お付き合いがある所なので、
    通常のホームステイに比べれば、少し甘えられる部分はあるとは思います。

    みなさんからのご意見を参考にさせて頂いて、決断したいと思います。
    本当にどうもありがとうございます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧