母の葬儀で後悔

レス36
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

コッペリアの棺

実母を亡くして半年が経ちました。
病気に気づいた時は既に手遅れで、入院生活は3ヶ月にも満ちませんでした。

ゴタゴタのある実家で、お金は無く
私を含めた子供兄弟にも、余裕は無かったので
自宅で行った葬式は、今まで見た事が無い位の質素なものでした。
その時は、気が張っていたからか、
目の前の金銭問題に頭を抱えていたせいか
「仕方が無い」と割り切れていました。

でも先日、主人の親戚が亡くなりお通夜へ参列した時
豪華な祭壇を見て、後悔で涙が止まりませんでした。
少し位無理をしてでも、もう少しマシなお葬式を出してあげればよかった。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大丈夫。。。

    こんにちは。
    ご本人からすれば、その様なお気持ちになりお苦しいと思いますが、心がこもっていれば私はいいと思います。
    だって、やってあげたくてもできなかったのでしょう。
    まあ、周りに対して体裁が悪い。。。など心理的には複雑でしょうが。。。
    いつまでも苦しむほうが、お母様が心配されるのでは
    ないでしょうか。
    お母様はあなたが、幸せになることを一番望んでおられると思いますよ。

    ユーザーID:

  • その気持ち、きっとお母様に届いていますよ

    読んでいたら切なくて涙が溢れて来ました。
    トピ主さんはお優しい方なのですね。そしてとてもお母様想いでいらっしゃる。 豪華な葬式を見てしまい、「もっと出来たのではないか?」「なんて親不孝なことをしちゃったんだろう」って、きっとご自分を責めていらっしゃるんだとお察ししました。 でもね、トピ主さん、お母様はそんな気持ちに天国から「いいのよ、貴女が優しい子に育ってくれてお母さんとっても嬉しいわ。貴女を育ててよかった。ありがとう。」て言ってくれていると思いますよ。 大事なのは形だけじゃないですもの。「気持ち」がこもっているかどうかが一番大事ではありませんか?  大丈夫ですよ。トピ主さん。もうご自分を責めなくていいのですよ。貴女は精一杯の愛情をお母様に捧げたではないですか!お母様は決して「もっと盛大にやって欲しかった」などど思っていないと思いますよ。貴女のような立派なお子様を育てられた方ですもの! きっと分かって下さいますよ。 
    元気を出して下さいな。貴女が元気がないとお母様が悲しんでしまいますよ。笑顔、笑顔。ねっ。

    ユーザーID:

  • 豪華さではない

    子供達が出来る範囲精一杯やってくれたことですもの。満足されていると思います。

    その場限りの形式と、これからお母様の思い出を大切にされる事。どちらが故人への供養になるでしょう?
    お墓参りでもお仏壇にお線香をあげて話しかけるでも、この先できることは沢山ありますよ。

    私は父を亡くしましたが、お式も質素なら、仏壇のある実家にもなかなか帰っていません。きっとあの世で苦笑してるだろうなぁ・・と思ってマス。

    ユーザーID:

  • 後悔しないで

    どんなに派手でも形だけのときもあります。無理をしたらしたで、後悔したのでは?
    自信を持って下さいね。

    ユーザーID:

  • あまり悔やまないでも大丈夫

    お気持ち分かります。
    私事ですが、祖母が亡くなりました際に諸事情あり、私の心に、生前の祖母に済まないことをしたという思いが祖母の死後数年あり、涙とともに後悔の念を両親に話したことがありました。そのとき両親が話してくれたことには、

    この世に残った者達が日々涙して、心が晴れない顔で暮らすことほど、あの世に先立った人が心配する事はないのではないだろうか、ということです。

    私はその時父から叱られました。
    後悔の念を抱くことがいけないとは言わないが、先立った人への後悔の念にかられて、生きている者が立ち止まってそこに居続けるばかりでいてはどうする。

    ユーザーID:

  • 子の親として考えて

    親として子どもたちが困っている状態で派手なお葬式なんて望んでいませんよ。
    親経験のある方なら殆どの方が私と意見は同じだと思います。豪華なお葬式なんて必要ありません、自身は散骨でも良いと思ってるくらい・・・時々、思い出してくれたらそれで良い。

    ユーザーID:

  • 冠婚葬祭は分相応でいいのです

    ご愁傷さまでした。

    借金をしてまでして見栄を張って豪華な葬儀をしたところで、惨めになるのはあなたです。

    祭壇がどんなに立派でも、弔う気持ちが足りない葬儀ではどうしようもありません。

    冠婚葬祭は分相応でいいのです。

    ユーザーID:

  • あまり悔やまないでも大丈夫 つづきます

    トピ主さんがおっしゃる十分な準備というのがどれくらいの規模や金銭的なことで言っていらっしゃるのかわかりませんが、当時に、費用の面から実現が難しかったので簡素化したというだけで、お葬式も省略しついには葬儀を出さなかった、ということではないのですから、お母様の埋葬や納骨等無事に済んだのなら、そう気にせずともよいのではないかと思います。

    死んだ人への後悔の念でいっぱいになり動けなくなるのでなく、この世に生きる者たちは、これから先をどう堅実に自分や家族、周囲の人たちと関わりながら生きていくべきかを考えながら、恩返しとして、今後をさらに一生懸命に生きてゆくべきでしょう、涙ぐんで立ち止まってばかりいられない筈(子育てが待ち構えている)と、両親から諭されました。

    二度と似た後悔を繰り返さないようにしたいとは思っています。

    ユーザーID:

  • 優しいですね!

    でも何か勘違いしてませんか?同じようなレスが付くとは思いますが・・トピ主さんは祭壇で価値を決めるのですか?私も21歳の時に父を亡くし母は離婚していましたし、長男である弟は当時、未成年でした。私は既に結婚していましたが、やはり金銭面で余裕なんてありませんでした。祭壇は同じく質素なものでしたが私の予想以上の沢山の方々が会葬してくれました。

    子供の立場ではトピ主さんの気持ちはわかりますが、子供達に無理してまで豪華な祭壇なんて、お母様は喜ばないと思います!私も子持ちですが親の立場だと、いざという時は複雑な気持ちになると思います。やはり大切なのは心(気持ち)ですよ!亡くなられた、お母様に心配掛けない事が一番です!

    ユーザーID:

  • 後悔の必要なし!です

    葬儀の仕事に関わった経験があります。今はお金のあるなしに関わらず「家族葬」を希望される葬家が多いんですよ。もしくは、それさえなく納棺と火葬だけを希望されるケースも沢山経験しています。形式上の豪華さに意味は無いと思います。それよりも、故人を悼み、その死を心から悲しむ気持ちが大切なのです。

    お母さまの死は、さぞやお辛かったとお察しします。トピ主さまの悲しみが少しでも薄れますように。どうぞ、そのようなことでご自身をお責めになりませんように。

    ユーザーID:

  • ウチもそうでした。

    お気持ちよく分かります。
    私の母の葬儀も質素でした。
    兄の借金で家も売り、借家住まいでしたので
    最低限の事しか出来ませんでした。
    本当に親不幸です。
    1年後にお金を貯めて、お墓を建てました。
    遠いので中々行けませんが、毎日写真に向かい手を
    合せています。
    供養する気持ちがあれば、いいじゃないでしょうか?
    幸せに暮らすことが一番です。

    ユーザーID:

  • 思いは届く

    お母様を亡くされて、お悔やみ申し上げます。

    残されたものは
    「ああすればよかった」
    「こうしてあげればよかった」と悔やみますね。
    でも、お母様はきっとそんなことは思われていないはず。
    あなたを含むご兄弟が、無理をなさってもお母様はお喜びにはなられないでしょう。
    親と言うものは亡くなるその瞬間まで、子どものことが心配なんですから。
    その思いで充分ですよ。

    ユーザーID:

  • 仕方のないことです。

    後悔先に立たず、とは言いますが、その時には気が張っていらしたのですから致し方のないことだと思います。
    はっきり言えば、葬儀は生きている人達の為のものですから、後になってから「ああすれば良かった、もっとこうしたかった」
    と思う人は多いようです。
    ただ、そのご親戚の葬儀と比べるのは亡くなったお母様が気の毒では?
    心苦しく感じられるなら、これからトピ主さんが毎日お母様を心に思い浮かべて供養して差し上げればいいことだと思います。

    ユーザーID:

  • 祭壇の豪華さではありませんよ。

    先立つ親は、子供に迷惑をかけたくない、と考えるものです。自分の葬儀で子供達がしんどい思いをするなんて、耐えられないでしょう。

    トピ主さんの優しい気持ち、親御さんにちゃんと通じていますよ。

    私は15年前に父を亡くしましたが、母は今でも朝はトーストとコーヒー、お昼はおにぎりとタバコ、夜はみんなと同じ献立をお供えします。毎月お墓参りも欠かしません。

    同居している私は、お墓参りも、仏前で手を合わせることも、あまりありません。でも、買い物い行き父の好物を見つけると、思わず買って仏前に供えます。

    偲び方は人それぞれなのではないでしょうか?

    いくら葬儀が豪華でも、その後仏壇やお墓が荒れ放題、というのはよく聞く話です。
    それよりも質素でも気持ちのこもったお見送りの方がよっぽど良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 派手であることに意味はない

    本当に心から参列してくれる人だけで結構だと思います。私の場合はそうします。全然質素だとは思いません。ハデであることに意味がありませんから。

    ユーザーID:

  • 大丈夫大丈夫

    お葬式はお葬式です、お葬式をしなかったのとは全く違います。

    上手く言えませんが
    出来る範囲で良いんです、私なら自分の子供達に無理なんかさせたくないし負担にもなりたくない、本当に身内だけでひっそりでもかまいません、その後の法事なども無くてもいい、ただ命日や何かの時に思い出してくれるだけで十分、無理して料理を取り親戚を呼ぶなんてしなくていい、子供達がそれぞれ幸せにやっていってくれることそれが一番大事なことだし親孝行なんですから。

    お葬式や法事をしっかり立派にって結局は残された生きてる側の満足なんじゃないでしょうか、これだけやったから亡くなった○○も喜んでるだろうってそう思いたい そう考えて自分はよくやったという満足感で安心してる安心したいんじゃないでしょうか。

    なので後悔なんてしなくて大丈夫ですよ

    ユーザーID:

  • そんなに泣かないで

    私は、お葬式って生きている人の自己満足だと思ってるものです。いくら豪勢にしても気持ちが伴っていないとね。トピ主さんのそう思う気持ちだけでお母様は充分だと思いますよ。これからも一周忌やお墓参りなどいろいろあるので気持ちをこめて行ってあげたらいいんじゃないでしょうか?えらそうにすみません。そんなに後悔しないで。

    ユーザーID:

  • 言い忘れました

    言い忘れました

    今のお葬式は葬儀屋の方で「葬儀基本セット」なるものがあり他にも色々オプションがあるそうです
    宗派などで多少の違いはあるけれどお葬式に本当に必要なものはあの中のほんの一部だそうです。

    お坊様から聞いたことがあります。

    ユーザーID:

  • 急なことだから

    お葬式は完璧な準備なんて出来ません。

    金銭的な事や家庭の事情は仕方の無い事。

    無くなったお母様が一番分かっていると思います。

    大切な家族に送り出されたことにかわりは無いと思います。

    たった一回のお葬式を盛大にやるより、日々、お母様のご冥福をお祈りしてあげる事ではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 酷な事を言うようですが

    もし豪華なお葬式を挙げていたとしていたら貴方は今頃、金銭的に困窮し、「無理してあんなに豪勢にするのでは無かった」と後悔しているような気がします。

    ユーザーID:

  • お葬式は

    なくなった人のためといよりは、
    残されたかたたちのためという話も聞きました。

    忙しくして、悲しみをやわらげるためだったかな・・・

    おかあさまは、
    きっと無理して大きなお葬式をあげてもらうより

    質素なお葬式であっても
    こうしてわが子が心から悲しんでくれる、その気持ちだけでじゅうぶん嬉しいと思われてることでしょう。。。

    私も父をおよそ20年も前になくしていますが、
    今も
    ほとんど毎日思い出しています。ときには、後悔の涙もします。

    でも、こうして忘れないでいることが
    きっと父の一番の供養になってるはずだと思っています。

    そして、
    私の肩あたりにいつも居て、見守ってくれてるような気もしています。

    ユーザーID:

  • 大丈夫

    「お母さんのために、もっと立派な式をしてあげたかった」と、自分のために泣いてくれる娘がいること。

    あなたのお母さんは、それだけで充分しあわせなんですよ。

    ユーザーID:

  • おつらかったでしょう

    病気がわかってからお亡くなりになるのも早かったし、精神的にもとても大変だったのでしょうね。

    私には両親が健在で偉そうなことは言えませんが、故人を思う気持ちと葬儀の豪華さは比例しないんじゃないでしょうか。

    質素な葬儀でもお母様のことをを思う気持ちが大切なのではないかと。
    きっと、葬儀のことよりも、生前にもっとよくしてあげられれば良かったという気持ちなのかなと思います。

    私の主人の祖母(病気療養中)の葬儀については、祖母の娘である姑が、「子供と孫だけ呼んで、セレモニーホールでこぢんまりと済ませる」と、祖母、子供達を交えて話し合いました。祖母も納得しています。

    葬儀の形も様々です。豪華だから良い葬儀とも限らないんじゃないでしょうか。
    あまりご自分を責める必要はないと思います。

    ユーザーID:

  • お母さんはそんな事望まれてませんよ?

    宗教的な事は何ひとつ判りませんが、お葬式は、祭壇が豪華だとか関係無いのではないでしょうか?
    送る側の方の心だと思います。豪華な式だけで、後のご供養は手抜き・・・等良く聞きます。
    トピ主さんのお母様は、自分の葬式の為に残った家族が後々苦労する事を望んではおられないと思いますが。これから季節か変わる度、家族の歴史を重ねて行く度にお母様の事を思い出して差し上げて下さい。
    質素でも構いません。(頻繁に墓参が可能であれば)いつも綺麗なお花とお水を上げて下さい。
    おかしいかも知れませんが、私は義父と良く会話します。義父が抱く事の出来なかった孫の事が多いです。義母に言いにくい愚痴もしばしば。掛ける金額の多い少ないでは無く、お母様を想う心を大切に。済んでしまった式の事では無く、トピ主さんらしいご供養をなさる様にお考え下さい。

    ユーザーID:

  • 気にしないでください

    大丈夫ですよ。お気持ちはわかりますが、お母さんは、トピ主さんのお気持ちだけで十分成仏されていると思います。
    お葬式なんて、生きてる人たち(残された人達)の見栄みたいなもんだと私は思うんです。質素でも心がこもっていれば大丈夫。

    豪華にすればいいってもんじゃないです。参列の方が集まって、故人を偲んでくれるだけでありがたいと思います。
    …というのも、義父の葬儀の時に見栄をはりたがる義母に少々違和感をおぼえたので。参列した親戚からは「こんなに盛大にしなくてもいいのに」と言われたくらいです。
    私の葬儀は家族葬でいいな〜と思ってます。お金もかけたくないし。葬儀にお金かけるなら、生きてる間に使いたいっ!

    ユーザーID:

  • お母さまは悲しんでないと思います

    豪華な祭壇、立派なお坊様、長い戒名、見事な墓・・・。

    これらは、死者にはまったく必要のないものです。すべては、生きている人の見栄や、義務感、錯誤などにより生み出されている需要です。

    葬式に無駄な費用をかけるより、トピ主さんやご家族がほしいものを買ったり、おいしいものを食べて、お母さまの思い出をなつかしんでくれるほうが、よっぽど喜ばれるのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • お金ではありません。

    トピさん、お母様がお亡くなりになられて心を痛めて
    いらっしゃると思います。身近な人が亡くなるのは特に
    辛いですね。
    所で、お葬式の事ですが御友達の盛大な葬儀に参列され
    お母様の葬儀と比較して、ささやかな葬儀だったとしても
    後悔して涙する事などありません。盛大な葬儀をしたお友達が悪いのではありません。今はまだ3ヶ月しかならず
    心の整理がついていない為だと思います。
    結婚式も同じではありませんか?盛大な式を挙げない人
    みんなが不幸せですか?
    自分達が出来る範囲内でする事で十分だと思います。
    お母様に悪いと言うトピさんの思いも、天国のお母様に伝わっていると思います。その後悔よりも、御母さんが好きだった物や、御水を上げて下さい。それが一番喜ぶと思いますよ。元気を出して下さいね。

    ユーザーID:

  • 何言ってるんだぁ!

     コッペリアの棺さん、お母様を亡くされたとのこと、さぞお悲しかったことと思います。

     さて、

    >もう少しマシなお葬式を出してあげればよかった。

     立派なのを見てしまうとその方が何となくよく見えてしまい「親に対してなんて恥ずかしいことをしてしまったんだろう」と感じてしまう気持ちもわからないではありません。

     しかし!!!
     自宅で葬儀をされて、ご兄弟で見送って・・・これ以上のお母様のお葬式がありますでしょうか。

     豪華に立派に見せるのはお金さえあればできます。
     お葬式で一番大切なのは亡くなられた方を慕い思う気持ちではないでしょうか。
     参列してくれた方々への見栄では決してありません。
     
     お母様が願っていたのは皆さんの幸せかと思います。
     幸せを感じられる人生はお金だけでは決まりません。
     
     コッペリアの棺さんはご自身の(ご家族がいらしたらその皆さんの)幸せを感じられるような考え方や暮らしにしていくのがお母様に対する供養ではないでしょうか。
     ご先祖様に感謝するとでも言いましょうか。
     
     気持ちをしっかりもって生きていきましょうねー!

    ユーザーID:

  • キリがない

    私も父の葬儀で「あぁすればよかった、こうすればよかった。」と思っています。
    が、キリがないんですよね。
    きっとどこまでやっても「よかったんだろうか?」って疑問が出てくるとおもいます。

    もともと葬儀を行わなくてもいいんですもの。
    それでよかったんですよ。

    ユーザーID:

  • うちも似たようなものでした。

    先月の初めに父が急死しました。82歳で既に現役を引退しているし、兄弟ももともと少なく生存している同世代の親族もほとんどいない。それで家族葬にしました。父も”花よりだんご”という信条を持っていたし、見栄を張ることを何よりも嫌っていましたから。

    私は、今までいくつかの葬儀に参列して、参列者の数だけは立派でも、あくまで義理でだけという感じで、親族は悲しみにくれているのに、後ろの方では、久しぶりに会った者同士、世間話に花を咲かせ、主催者から静粛にするように注意を受けている場面を何度も目にしました。それで、上辺だけの弔問は欲しくないと思い、近親者だけで済ませました。

    祭壇はありましたが、数が少ないので、質素でしたよ。でも、とても厳粛に心を込めて、静かに父を送ることができました。私は葬儀の最後に父宛ての手紙を読みました。もともとお墓参りは好きでよく行っているし、仏壇にも毎日手を合わせています。

    心から供養をする人がいることを、お母様もわかってくださっていると思います。形だけの盛大な葬式より、これからもお母さまを忘れることなく、時々思い出してあげることの方が、お母さまはきっと喜ばれることと思います。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧