バッグをクリーニングに出したら

レス20
(トピ主0
お気に入り0

美容・ファッション・ダイエット

らべ

お気に入りのバッグをクリーニングへ出しました。
布地に本革の持ち手です。
思っていたよりも安かったので、お願いする事にしましたが、クリーニング店員は色落ちの心配を話しました。
お気に入りなので、店頭で少し考えていたら、「クリーニング代1500円払うならこういうバッグってあと少しお金出せば買えるでしょ?」と言ったのです。

私は驚きましたが、安いと思われて適当にやられても困る、と思い、値段と大事にしている物なので丁寧に扱って欲しいと告げました。

バッグの値段が高いか安いかよりも大事にしているからクリーニングに出したのに。
このクリーニング屋さんは職業に対する意識が低いのかな?と思いませんか。
また、皆さんはバッグをクリーニングに出しませんか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • う〜ん

    その時の雰囲気とか言い方によって感じ方も色々だと思うのですが、読んでいて私が感じたことは、職業意識が低いと言うよりむしろ、顧客の立場になって親切心でアドバイスくださっているのではないかと。

    わざわざ1500円出してクリーニングに出しても、色落ちするリスクもあるが、3000円くらい(に見えた)のバッグなら、新しい物を買ったほうが損しないし気分良いですよ、程度の助言で、そういう選択もアリと掲示しただけでは。

    例えば家電なんかでも、古すぎる物を修理するより、後少し出して最新型の新品を買いなおしたほうが良いのでは?なんてアドバイスも、店員さんからあったりしますし。

    その物に思い入れがあり大切にしているとか、地球環境の為に物を大切に使うとか、価値観はひとそれぞれ。クリーニングや修理にそんなに費用がかかりリスクもあるなら、新しいのを買ったほうが得だし気分良しと思うのもまたしかり。選択は顧客自身ですが、選択肢を掲示してくれるのは親切な店員さんではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 安く見られたのが悔しかったの?

    むしろ親切かな。
    お金を出してクリーニングすることのリスクを説明してくれているわけだから。
    愛着は他人には測れませんしね。

    勿論、本当はお客さまの大切なバッグを色落ちさせずにクリーニングできる技術を持っていることが、理想だとは思います。
    でも今は様々な素材の様々な品物がありますから、お店にだって得意不得意はあるでしょうし。
    「なんでもどーんとまかせて!」なんて胸をはることもできないでしょう。
    ましてトピ主さんの持ち込んだ店がただの取次店だとしたら、受付の店員には仕上がりまで保証はできませんもの。
    色落ちするかもしれないから安くないクリーニング代をかけるより新品を買ったほうがいいかもよ、という提案は妥当でしょう。

    まあプロにプロとしての意識を持てというのは正論なのですが、自分の求めるサービスを提供できるだけのプロを探すのが消費者側の知恵じゃないかなあ。

    ちなみに私はバッグはクリーニングに出しません。(そこまで愛着のあるバッグもないですが)
    バッグのクリーニングはそれなりに特殊技術だと思っています。
    そこらへんのクリーニング屋さんってYシャツ程度のクリーニングを頼む所という認識です。

    ユーザーID:

  • 出せるんですか?

    私も白い布地に革手のかばんを持っているのですが
    1度だけ使っただけなのに汚れてしまいました。
    でも革手なので自分で洗うのはムリそうだから
    洋服みたいにクリーニング出来たらいいのになと思っていました。
    普通のクリーニング屋さんでもやってくれますか?

    ユーザーID:

  • 逆にプロだから否定的だったのでは?

    >このクリーニング屋さんは職業に対する意識が低いのかな?と思いませんか

    思いません。
    店員さんは 色落ちの心配をして否定的だったんですよね? それはプロだからこそ、ではないでしょうか?

    トピ主さんは、ごり押しでクリーニングに出した結果、色落ちしてしまっても文句言いませんか? 
    クリーニングに予想外のトラブルはつきものです。
    (何度もあります。)

    私なら、大事なバッグなら、クリーナー等でマメに手入れをしていますからクリーニングには出しません、怖くて。(日々の手入れで充分キレイになりますよ)

    皮製品など特殊なものは、店員さんにも結果がどうなるか不安があるものだと思います。だから、アドバイスしたのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 一般論ですが

    確かにその店員の物言いには、カチンと来るのは分かりますが、店員の言う「内容」は一理あるかもしれませんね。
    あくまで一般論ですが、貴女のバッグがおいくらか分かりませんが、もし一万円以内ぐらいのお値段だとしたら、
    店頭でそこまで念押しするか?と私が店員でもちょっと思っちゃうかもしれません。 もっとぶっちゃけ言えば「この人貧乏臭いー。そんなに心配なら自分で洗うなりすればいいのに」ってね。 貴女がどれほど大事に使っている品物であっても、他人から見たら「ただのバッグ」にすぎません。
    しかも、見るからに高級そう(いわゆるブランド品等)な品物であれば「高かっただろうから大事にしてるんだろうな」とは想像しますが、「普通」かソレ以下レベルの品物だとしたら、「何をそんなに?」と思われてしまうのが現実でしょうね。いずれにせよ、そんなに不愉快な発言をする店員を置く店には行かない方がいいかも。気分悪いですから。

    ユーザーID:

  • 違う店へ

    「親切心」で言ってくれている、とは違うと思います。
    単に、色落ちしてクレームになるのがイヤだからクリーニングやめたら、と言ったんではないでしょうか?

    大事だからお金出してクリーニングに出すんですよね。私なんかケチって自分でやって色落ちしてマダラになって後悔したことありますよー。

    私なら違うクリーニング屋さん行ってみます。
    それか買ったお店で相談してみるとかですね。

    ユーザーID:

  • 低いと思います

    職業意識、低いと思います。
    と、いうよりクリーニング屋さんの請け負う仕事としては
    比重が軽いというか、そういったお客様が少ないので
    その様な受け答えしか出来なかったかと。
    前例が無かったから軽く流された感じがします。

    「お客様の事を考えて買った方が良いと言ったのでは?」と
    いう意見がありますがとんでもない!!
    そのバッグの価値、思い入れなど、クリーニング屋さんは何一つ知らないのです。
    店の人間はお客様の要望に極力応えるよう、努力すべきと思います。

    私は傘などよく修理に出しますが
    お店によって受け答えも修理代も違います。
    「お金にならない仕事はやりたくない」とか
    「やった事ない仕事だから適当に流して受けないようにしよう」とか思う人もいるのでしょうね。

    話がずれますが、「安いから新しく買う」という意識、
    変えないといけないです。
    それは大量生産、大量消費、という環境に悪影響と
    モノを大切にしない精神面への悪影響を及ぼします。
    昔は「直し屋さん」っていましたね。
    傘や靴や日用雑貨を直しにまわってくれるオジサン。
    ああいうのが復活すれば良いのになぁと思います。

    ユーザーID:

  • 探しましたよ!

    私もキャンバス地で持ち手が皮のバッグをクリーニングに出したくて探しました。でも、型くずれや皮の色落ちを理由に10件近くのクリーニング屋さんから断られました。1件引き受けてくれたところがあり、
    3000円でした。バッグ自体が4万円程度の物だったので、綺麗になって戻ってきて本当にうれしかったです。
    キャンバス地バッグのクリーニングは皮の部分が
    なくても、型くずれの方が理由で、クリーニング屋さんではポピュラーな物ではないようですよ。

    ユーザーID:

  • まず汚れをふせぐ

    新しいうちに防水スプレーをしっかりふきつけておきます。 汚れもつきにくく、雨もなんのそのです。
    皮革部はそれに使えるクリームを塗りこむか、何かで
    カバーしてからスプレーしてはいかがでしょう。

    メーカーによっては布・皮革両用もあるのでは?

    里山歩きを楽しんだわたしは、大抵の物にこのスプレーを利用したものです。

    ユーザーID:

  • 自分でしましょう

     専門店で聞けば、お手入れの方法を教えてくれますよ。大切なバッグは自分でお手入れするのが良いと思います。稀にですが、クリーニングの事故もありますよね。後悔を残さないためにも、大切なものは、自分で手入れするのが一番です。

    ユーザーID:

  • 悪評を恐れたのでは

    近所に悪い噂を立てられるくらいなら受けたくなかったのでは?断るのがヘタなお店なんでしょう。
    たかが一度の、しかもハイリスクが予想される仕事のために今までの経営にキズがつくなんて割に合いませんよね。
    ブランドバッグですら、詳しくない人なら「うわ、素材は布メインだけど高そう、1〜2万円するのかなぁ?」っていう品が実際15万円だったりするし、知らない人から見たら人の持ち物の値段はわからないって事では?

    ただ、嫌な気分になったっていう事に関しては、お察しいたします。

    ユーザーID:

  • 特殊なものには事前に注意があります

    最近は、特殊生地や縫製があり、クリーニングトラブルが多発しています。一部が皮革の場合は、たいてい事前に注意を説明されます。

    それを聞いて迷い顧客の場合、トラブルが予想されるので、受けないようにもっていくのがプロです。
    (母が以前クリーニング店をしていたので)

    クリーニング店にもよりますが、窓口の人は受付専門です。実際にクリーニングするのは工場の人。
    丁寧に、とお願いすれば、メモ書きしてくれるところもあれば、「高級品扱い」として割増料金をとられるところもあります。

    一部皮革で「1500円」は安いですね。
    大切なもので気になるならば、高級クリーニング専門のお店に持って行けば良かったのに、と思いました。
    一部皮革なら4000円程度のところが多いです。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    様々な意見が聞けて、勉強になりました。
    お名前は省略しますが、皆さんありがとうございます。

    ゆうきりんりんさん、ありあさん達のように考えられれば良かったのですね(でも、安く見られたから悔しい訳ではないですよ)。その時は親切で言ってくれてるとは思いませんでした。

    結局、当初の金額よりも高くなり汚れもあまり落ちていない状態でしたが、本当にいい勉強になりました(くやしいけど)
    ここで意見を聞くきっかけにもなったし。

    大事にしている物でも他人には伝わらない事、クリーニング屋さんにも色々な人がいる事、言葉のとらえ方。

    くりごはんさんの様に物を大事にしていきたいと思います。
    皆さん、ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • クリーニング屋さんより

    クリーニング屋さんよりも、鞄専門店に相談した方がよかったと思います。「餅は餅屋」ですもの。

    私はクリーニングではありませんが、鞄の内張の化繊がめくれてきたので修理に出したことがあります。京都の老舗の鞄屋さんでしたが、それは丁寧に仕上げてくれました。ですから、クリーニングでも鞄屋さんの方がノウハウを持っていると思うのです。

    「クリーニング代1500円払うならこういうバッグってあと少しお金出せば買えるでしょ?」と言ったそうですが、これは足下を見られたようで不愉快。
    「職業意識が低いと言うよりむしろ、顧客の立場になって親切心でアドバイスくださっているのではないかと」と仰っている方がいらっしゃいますけど、「1500円を払うなら」っていうところが余計な一言ですよ。そういう店はいやだな。

    ユーザーID:

  • 高くはないが低くもない

    その店員さんの「あと少しお金を出せば〜」ってのは
    余計というか失礼な発言ですね。
    ものには言い方というものがありますからね。

    私はそのクリーニング店は職業意識としては高くはありませんが、低いとまでは言えないと思います。

    昨今は、衣料素材(革×布など)で、クリーニングなどのメンテナンス技術を上回るものがたくさんありますから、仕上げた後で引渡しの際、クレームが発生し得ることをクリーニング店としても避けたかったのでしょう。
    クリーニング店としての「リスク回避」としての発言がよくなかったのです。

    今回はいやな思いをされたでしょうが、
    気をとりなおし、どなたかもおっしゃっていたように、請け負ってくれるクリーニング店が見つかるまで探すか、特殊衣料も扱っているクリーニング店を探すかのどちらかだと思います。
    この時、あくまでも「仕上げることができるか」を第一優先で「客観」的にお願いしてください。とぴ主さんのおっしゃりたい事(思い入れ)は良くわかりますが、それは誰しも持っているものですし、客観的に結果としてきちんと仕上がれば良いのですから。

    ユーザーID:

  • 出しますよ

    週末を家事でつぶしたくないため、毎週火曜日の夜、仕事から帰宅する8時過ぎ頃にクリーニング屋さんに来ていただいています。
    そのクリーニング屋さんでは、バッグのクリーニングをやっており、いままでにGUCCIとCOACHの革のバッグをクリーニングに出しましたが、驚くほど奇麗になって戻ってきましたよ。
    でもPRADAのサテンのバッグは、型崩れする可能性のある素材が芯に使われてるからと、断られました。
    探せば、まともな対応のできるクリーニング屋さんを見つけることはできると思います。

    そのクリーニング屋さんの言い様は、確かに失礼だと思います。たとえ、安物だと思ったとしても、それを言葉に出してお客に伝える必要はありませんし、物の価値がわからないのであれば「お高いものですか?」と確認すれば良いだけですよね。
    お客が「いえいえ安物です」と言った時だけ「それなら、やめとけば」とアドバイスすれば、失礼にもならず、反対に親切なのにねぇ。。

    ユーザーID:

  • 「不安に感じるなら」ということでは?

    バッグをクリーニングに出すということを考えたことはありませんでした。多分、色落ちとかしそうだから。いくら丁寧にしてくれても、新品同様にはならず、色のニュアンスとか変わって来そうに思います。特に革と布など違う素材が組み合わされていれば難しそう。

    店員さんは事実として「思ったように仕上がらないかもしれない」ということを告げたのだと思います。それに対し、貴女が「かまいません」という風ならよかったのだけど、迷っている風だったので「迷うならクリーニングに出さない方が無難かも。」ということで「あと少しお金出して新品を買った方が賢い選択かも」という助言をしたのではと思う。(他の方のおっしゃるように電気製品などの修理と同じ感じ)

    「だいじょうぶです!絶対に問題なく仕上げます!」と言わなかったのはプロ意識の欠如というより実際に革製品のクリーニングというのが難しいためではと思う。高額の特殊なところならともかく、1500円程度のクリーニングではそこまで保証できないということではと思うし求めても無理と思う。

    ユーザーID:

  • うーん……。

    そのクリーニング屋さんの物言いは、やや配慮に欠けるかなとは思いましたが、職業意識が低いとまでは感じませんでした。

    私はバッグはクリーニング店には出しません。
    それなりの値段のものは、購入したショップ経由でメーカーにクリーニングを依頼しています。

    ユーザーID:

  • クリーニングは難しい

    そのクリーニング屋さん過去にいろいろ難しいお客さんにあたってしまって、注意深く説明してお客様に納得してもらってから仕事を受けととるという姿勢になったのでしょう。

    以前、知り合いがシルク製の物を洗濯に出してコットンと間違えて洗われたらしく凄い状態になってしまったとき、そのお店は新品を買ってお客に返さないといけなかったらしく凄い損害になったのです。

    そうゆうことなので良心的なクリーニング屋さんは出来るだけ自分の出来る範囲の仕事内容と、ダメージがあるだろうと言うことの予想を十分説明承諾してもらいたいと思うのでは?


    良心的なお店だと思います。

    ユーザーID:

  • 安いバッグは色落ちするから、でしょ。

    もとい、「このバッグ」は「色落ちしそうだ」と言っているだけでは?
    靴もバッグも買った店で修理やお手入れしてもらえば大丈夫ですよ。
    というかそういう事って、買った時に店の人に聞きませんか?

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧