実父に会いたい

レス15
お気に入り0

かおちゃん

ひと

30代前半の既婚女性です。

私が物心ついたころには父とは母は別居し、私は母の実家で幼少時代を過ごしました。離婚が成立するまで、1年に1、2度父が会いに来たのを覚えています。
それから約25年、離婚した父とは全くの音信不通です。
養育費等のことも知りません。

実父が再婚をしたため、母も再婚を決めたとは聞かされました。
母は私が10歳の時に再婚し、養父とはそれ以来本当の父のように家族仲良く暮らしています。ですから、実父の話題は禁句です。

離婚の理由は父のお酒ぐせだったと聞いていますが、私の父に対する記憶は、幼かったため何一つ悪い記憶はありません。私も大人になり、ずっと心にひっかかっていた父に1度だけでも会ってみたいと思う気持ちが強くなってきました。

養父に申し訳ないと思いつつ・・そこで誰にも知らせず、実父のことを探し出して会ってみるのはいいのでしょうか?それとも、今まで音沙汰がないのは実父の私に対する答えだと理解し、このまま会わずに音信不通のままいたほうがいいのでしょうか?母も養父も、実父の家族も何も邪魔したくありません。自分勝手な私のわがままでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あまりよいことではないように思います。

    実行して、それで気が済むのはあなただけですよね。
    仮にお父さんが喜んで会ってくださったとしても、
    今度はそれがお母さんと今のお父さんへの秘密となってしまいますよ。
    それよりは、一度だけお母さんに実のお父さんの消息を訊ねてみてはどうでしょう?
    お父さんのことが気になっている、もしお母さんがその後のことを知っているなら教えてほしい、ときちんと訊いて、その答えで満足はできませんか?

    私は姪を育てています。姪の実の母親は、現在どこにいるかわかりません(おおよその見当はついていますが)。
    この子が成長したら、たぶんあなたと同じ考えを持つだろうと想像できます。
    そうなったとき、私は隠れてこそこそと母親を探し回ってほしいとは思いません。
    正面から訊いてきたら、そのときに自分が知っている限りのことを教え、その上で本人が会いたいと言うのなら好きなようにさせようと思っています。

    ユーザーID:

  • すごく似ています

    20代後半の既婚男性です。

    私は3歳ぐらいのときに両親が離婚し、祖父母のいる今の土地にきました。離婚してから数回母親が実父と電話で話をしていて涙している姿を思い出すと今でも胸が痛みます。

    母は私が8歳のときに再婚し今の父と一緒になりました。同じく養父とはとても仲良く暮らしています。

    離婚の理由は、実父の両親の母へ対するいじめが最大の原因と聞いております。母へ対するその様な行動があったことは許せませんが。実父は今ごろどうしているのか、、と気になることもあります。

    恐らく悪い記憶がない分、当時でとまったままの実父を多少なりとも美化している自分がいることはあるかと思います。
    離婚する以上子供にも関係ないこととは言えませんが、やはり母を想う以上何か更なる問題は起こって欲しくないので、私は直接逢うことだけは避けたいと私は思ってます。
    でも、かおちゃんさんと同じ様な境遇で「父親が気になる」と思う人間が、ここにも一人いることが何かの力になれば幸いです。

    ユーザーID:

  • やめるべき

    あなたは美しい涙の再会という幻想を抱いているんだと思います。

    会いに行ったはいいけどその結果、母やよくしてくれた養父を悲しませて関係がぎくしゃくしたり、
    実父が突然あなたが現れた事を喜ばなかったり、あるいは逆にあなたに自分の老後を託そうと画策したり、
    結局厄介ごとを抱え込む羽目になる可能性が高いからです。
    (というより、今現在の親御さんは間違いなく内心気分を害するはずです)

    酒のみで自分を養ってはくれなかったけれど、生物学上でのお父さんを「取り合えず、この世に産んでくれただけありがたかった」と心の中で偲ぶ程度に留めた方がいいですよ・・・・。

    ユーザーID:

  • 会いたければ、お会いになった方が良いと思います。

    会うことで、あなたは精神的な子供時代に終点を打ち、完全な大人へと成長しようとしているのですから。

    会って、実父をしっかと見据え、あなたの中での位置づけができることでしょう。

    恐らく、会うことは、結局、あなたは長年慈しみ育んでくれお母様や養父様の有難さを更に発見することとなるでしょう。ご理解と愛のあるご両親様は、意外とこの時を予期していられたかもしれませんよ。面会は、決して今のご両親を否定することでも、裏切ることでもありません。

    ただ、面会を決める前に、今のご両親様に時間をかけて誠心誠意お話しし、理解を戴くことは大切です。この事前準備無しに会うことを進めれば、必ず事態はあなたの手に余る問題となり、悔やまれる結果となるでしょう。

    面会と実父様との今後の継続的なお付き合いは全く異質の問題です。面会後、お付き合いを希望する場合は、必ず夫様や今のご両親様とよく相談の上、反対者が一人でもあれば、その人の方がずっと大切ですから、お付き合いはするべきではありません。

    面会も、交際も、秘密裡に行うことだけは絶対にしてはなりません。それ自体がご両親様への裏切り行為ですから。

    ユーザーID:

  • 血の繋がり

    親の離婚の理由がなんであろうともあなたにとって物理的な父親です。子供には親の人生選択を止められませんでしたよね。

    決して今の生活を乱すと言う事では無いわけです。

    理由は自分の中に存在している父親に会って見たいと言う事だけです。それは当然の気持ちだと思います。

    それを避けてしまえるのなら別ですが、後のち後悔するのではないでしょうか?

    ただ、正直に母親には話すべきだと思います。
    何故、自分が父親に会ってみたいのか、そして、どうしたいのか。
    あなたはもう結婚された大人なのですし、母親でもあなたの気持ちを阻む事は出来ないと思います。
    ただ、自分一人だけの秘密にする、と言う方法は私なら取りません。

    ユーザーID:

  • ん〜…。

    恐らく。

    ここで相談されるよりも先ず、貴女の旦那さんにその想いを打ち明けるのが賢明かと思われますが、この点は如何でしょうか?

    私達などよりも間違い無く、貴女の事をご理解されているでしょうから。

    さて、それを踏まえて尚、ご意見をさせて頂けるなら、「実父の話題は禁句」と言う事は、貴女もお母様も、御養父も、「実父」の事は、常に意識して生活されていた…と、置き換えても良いのでは無いでしょうか?

    何を申し上げたいかと言えば、貴女のご両親は、
    貴女が将来大きくなった時に、貴女の口から今回の様な話題が出た時に、

    「その時、私達はどうするのか?」

    こんな話し合いは、少なからず貴女の居ない場所で、話題にはなった事があるのでは無いでしょうか?

    それとも、貴女が、貴女のお母様と同じ立場になった場合「そんな話し合いは、行われる訳が無い」と、思われますか?

    貴女のご両親の結論は、残念ながらお二人にしか解り得ません。ですが、その日が来る「覚悟」は、とっくの昔にされているのでは無いでしょうか?

    そのように思い遣る事の出来る貴女のご家族なら、きっと大丈夫だと…私は想いますがね。

    ユーザーID:

  • 私の母が

    かおちゃんさんと近しい状況で育ったそうです。祖母と母、弟の3人は大変な苦労をかいくぐった末に母が9歳の時、継父(私からみると血のつながりのない祖父)と一緒に暮らすようになったのだと、私が中学生の時にはじめて知りました。祖父は本当に優しい人で、まさか血のつながりがないなんて思いもよりませんでしたが、その事実を知ってそれまで以上に祖父を大切に思うようになりました。

    私は母が本当の父を憎んでいるのだろうと、ずっと思っていました。しかしある時、母が「一度でいいから本当の父に会いたい」と言ってるのを聞いてびっくりしました。大変な思いをして育ててくれた祖父への裏切りだと、怒りさえ感じました。でも、母の立場を経験したことのない私がいくら反対しても何の意味もないことを、年齢を重ねるにつれて理解できるようになりました。

    自分のルーツを知りたいと思う気持ちは、人に反対されたからといって排除できるものではないのでかおちゃんさんがしたいと思うことをしたほうがいいと思います。ただ、育ての父が感じる淋しさはあなたが本当の父にあいたいと思う気持ちよりも大きいかもしれませんよ。

    ユーザーID:

  • 父親ですもの…

     本当の親子ですもの会っても良いと思います。と言うより、合うべきと思います。悔いが残ることはしない方が宜しいのでは有りませんか?そして、決して我が儘なことではないと思います。

     ご両親に遠慮は有ると思いますが、そんな立派なご両親ならおそらく貴女の気持ちもわかって下さると思います。

     ご自分の気持ちを素直に、一度、お母様にお話されてみてはと思います。(もし、私が母親でしたら成人した子供の意志を尊重します。離婚の理由が何で有ろうとも)。

     それから、実のお父様も本当は貴女に会いたいのだが、それこそ今のお義父様に遠慮なさって居るかも判りませんよ。

    ユーザーID:

  • 会ってもいいのでは?

    私は生き別れたのは母ですが、トピ主様と似たような
    境遇で育ちました。

    私も実母への情と興味があり、会いたいと思いながらも自分の結婚、出産と日々忙しく暮らしていました。

    そんな時、突然の実母の死の知らせが...。

    何度も何度も「なぜ生きている時に会いにいかなかったのか」と後悔しました。
    全ては生きている時にできることであって、死んでからでは何もかもが遅いのだと初めて気付きました。

    義理のお父様に申し訳ない気持ちは分かります。
    でも、トピ主様に何の責任があるでしょうか?
    それを我が儘だと言う権利が誰にあるのでしょうか。

    人間ですもの、自分の本当のルーツを知りたいのは
    本能ではないでしょうか...。

    例え会って落胆したとしても、それがあなたの真の
    ルーツです。
    それを知って、ご自分の本当の人生を歩まれるのも
    いいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 会うのは子どもの自由

    多くの方と反対の意見かと思いますが、私は会いたいなら会った方がいいと思います。ただ、尋ねてノーと言われても、イエスと言われても、結果をありのまま受け止めることを最初にしっかりわきまえられて。親子の縁と夫婦の離婚は別。元夫婦で子育てを協力している知人がいますが、昔は、離婚したら二度と会わないとされた離婚後も変化しています。再婚しても、その知人は子どもを実親にも会わせてますよ。価値観が変わるなかで、いろんな考え方がありますが、子どもの権利だし自由です。もし御母様に「お前に裏切られた」とか言われたら、会うのは自分の自由だし権利だと話し、御母様、義理の御父様への愛情はなにがあっても変わらない、例え実父と会ってもそれはまったく別の次元のこと、と率直に話すしかないと思います。一度の人生、悔いなく行動してください。

    ユーザーID:

  • 事前の調査も必要かと

    トビ主さんの実のお父様に会ってみたいと願いは子どもとしての本能だと思います。
    会いたいという気持ちにおされて不用意に会うという事態だけは避けたほうが良いと思います。
    お父様の経済状況や家庭環境など事前に調査されたうえで会うことを判断されては如何ですか?
    既婚との事ですので、現在のご家族に影響することが出てくる場合もあります。

    私は35年ぶりに父親に会いましたが、中途半端な悩みを抱えてしまいました。お金と時間をかけての調査が必要だったと今は思います。

    トピ主さんが会っても後悔しないお父様であって欲しいと願います。

    ユーザーID:

  • 会われてはどうですか。

    本当は「ねえねえ」殿と同じ考えであります。しかし、トピさんはすでに30代後半です。文面からもしっかりした方と分かります。人生に区切りをつけるために、一度だけ会われたらよいと思います。

     あとでどうして会わなかったのだろうと後悔するより、会わなきゃよかったと後悔する方が、人生豊かになります。

     説教くさくなりました。

    ユーザーID:

  • ちょっと似ているけど

     お父様にお会いになりたいのであれば、会われたらよろしいかと思いますが、お母様の古い心の傷に触れるようにならないようご配慮が必要だと思います。
     私も3歳の時に、母が離婚しました。母の伴侶に別の好きな女性ができたからです。現在、同じ市内で新しい家族と暮らしています。お父様と会いたいと思われるだけトピ主さんはやさしい方なのでしょう。私の心の中には父という存在はいませんので、会いたいとも思いません。母の伴侶が亡くなった時には、遺産相続の件で、あちらの家族と、いやでも連絡を取ることとなるでしょうが、それまでは私の存在さえも忘れていてほしいと願っています。

    ユーザーID:

  • 我慢します。

    大人だから意のままに行動すればよい、責任は自分が負うのだから、実の親だし会いたい、という判断もあるとは思います。

    でも、貴女の思いは、育ててくれた義父への感謝心より、何故大きいですか。お母さんは、長い葛藤の末、漸く過去を封印し懸命に自分の人生を選択されたのではないですか。
    実父も同様に、別の人生を歩んでこられたのではないでしょうか。

    知らなくてもよいこと、知らない方がよいことは、沢山あります。
    私なら、心に残る実父の残影をオブラートに包んだまま、養父を「父」と思い、新しい「父」を探すことは我慢する、と思います。

    ユーザーID:

  • 会いたいのなら、会いにいってください!

    お母さんの立場からすれば、会わないのがいいと思っています。

    私には、信頼できる男ともだちがいます。

    彼は、×1で、子どもが小さかった頃、結婚生活を継続するのが困難になったため離婚したようですが、
    子どものことは忘れたことがないようです。
    「今は、どうしているのかも知るすべがない」と、憂いを浮かべた横顔を見たら、この友だちに、別れた子どもに会わせてあげたいって思う気がいたします。

    自分の方から会ってはならないと思ってても、子どもから会いに来れば、喜んで会ってくれるでしょう。

    会ってはならないと言う厳しい意見もあると思いますが、子どもと父親は、切っても切れない血の繋がりが
    あるのだから・・・ぜひ、成長した大人の人間として、会いたいと思うなら、会ってあげて欲しいな、と
    言う気がいたします。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧