家計の管理方法を変えたら夫の態度が変わった!

レス30
お気に入り2

ちーたん

ひと

産休に入ったばかりの妊娠9ヶ月のプレママです。
今まで生計はお互いの貯蓄額だけ決めて、生活費やそれぞれのお小遣いはざっくりでした。
例えば家賃、電気代、外食費は夫、食費、電話代、被服、家具などは私、あとはその時々みたいな感じで・・・
今月から私の収入が激減&不安定になるので全額貯蓄、彼の収入のみで生活費をもらう形に変更しました。

変更後、なんだか夫の態度が変わったんです。
取り柄だった優しさは確実になくなりましたし、話していてもなにか見下されている気がしてなりません。
愛情示しても以前のようには返ってきません。
胎教にも悪いのでどうにかしたいのですが、前に戻すことは物理的に無理だし・・・ご意見をお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主さんのやり方は正しいと思う

    でもご主人は今までのように自由が効かなくなってしまったから不機嫌なんでしょうね。
    自分ばかりが働いている気になってしまってるんだと思います。

    うちもトピ主さんと同じ家計のやり方です。
    幸い旦那から言い出し、私も同じ考えだったので問題はありませんがそれでもやはり旦那の気持ちを考えて、月々のおこづかいは旦那のが多めにしていますし、ボーナス時は私の倍くらいはおこづかいにしてあげてます。
    自分よりも旦那を上にしてあげることで気分も良くなるみたいなので(笑)。

    加減が難しいですがたまにはご主人に「いつも頑張ってくれてるから」と臨時におこづかいを渡してみては?

    ユーザーID:

  • とっくに推奨されていること

    二人の収入がある家計では、一人分の収入で家計費をまかない、一人分のお給料は貯蓄するのが、望ましいということは、以前から言われていることです。

    今まで、彼の支出が家賃と外食費だけなんて、少なすぎませんか。余った部分はどう使っていたのでしょうか。それに、一番おおきな出費の食費がトピ主さんの方というのは不公平です。

    それに、ベビー用品や医療費などの準備もあります。その出費も親になるなら、準備が必要です。多少彼の方がいい顔をしないかもしれませんが、一人の収入で頑張るのは、専業主婦の家庭なら、とっくにやっていることだと思います。

    収入が少ない時期だけでも、この方針でやってみたらどうでしょうか。
    ここで、彼の態度が変わるなら、それまでの人だとおもって、お腹の子だけは大切にしていくだけのこと、もう腹をくくって、出産に臨まれてください。

    ユーザーID:

  • なるほどねえ。。。。。。

    たしかにうちの旦那が働く量をセーブして自分の給料は貯金、あとは私が生活費を稼ぐってことになったらちょっといやかも。仮に旦那が、(トピ主さんの場合は子育てですが)私の親を介護するため(例え)そうしたとしても。。。。

    困りますよねえ。誰の子供かわかってんのお?と私ならケンカを売ります(笑)ご主人の精神年齢がまだ低いのだと思うので、ここはしっかり教育しないと!

    多分言わないとわからないのだと思います。

    ユーザーID:

  • ・・・・・。

    オレが養ってやってるんだ!って考えが態度に出たのかなぁ?よくわからないです。確かに当惑しますよね。

    立場の弱い人間に対しては冷たい人なのでしょうか?
    もともとそういう傾向(後輩や、部下、サービス業の人たちなどに見下したような態度をとる)のあった方なんですか?そうだとしたら、今までは「対等」の立場だった奥さんが「弱く」なったとたんに態度急変、ってこと?

    何かの思い違いだったらいいんですが・・・。
    このことに関しての話し合いはできないんですか?

    ユーザーID:

  • 夫としてのプライドはないの?

    共働きの弊害でしょうか?
    うちは古臭いといわれようと、夫だけの収入で家族を養い、妻は家で家事と育児、です。それでうまくいってますよ。夫としてのプライドでしょうか。俺が守る、みたいな感じ。だから見下されてるなんて思いもしないし、逆に尊敬できるから良い感じ。
    トピ主さんも、そういう夫婦の形を提案してみては?友達にこんなのがいるのよ、とか何とか言ってみて。

    ユーザーID:

  • それだけではないんでしょう

    きっと他にも変わったことがあるんじゃないですか?

    そうじゃなければ…気になったのは、貯金はそれぞれの口座で分けてしてたんでしょうか?

    ユーザーID:

  • 貯金の名義はどうなってる?

    トピ主さんの通帳の金額が増えるのであればいい気分がしないでしょう。彼の貯金通帳(一家の代表として)になっていますか?家計簿と共に毎月金額が増えていくのを見せてあげたらどうでしょう。

    ご主人の名義でも通帳と印鑑を握っていれば強いですよ。軌道に乗ってから自分のももちろん作った方が良いです。

    (ご主人の名義にされているのなら読み飛ばしてね。)

    ユーザーID:

  • ありました

    一人目を産んで育児休暇を取得したときです。収入が減ったので少しでも安い食材をまとめ買いしたくて、赤ちゃんを連れて3キロ先のスーパーに買い物に行ったら、「ガソリン代をかけないで買いに行け」でした。

    それまでは優しいと思っていた旦那でしたが、気の小さいケチでした。そのほか電気代、水道代、ガス代の果てまでチェックされ、うるさくいわれましたよ。節約しても、赤ちゃんの洗濯物や風呂などで光熱費は増えて当然なんですけど。

    ずっと我慢していましたが、ついに「やれるもんなら自分が休暇とって全部やってみろ、稼ぎ少ないくせに文句言うな、休暇が終わったら仕返ししてやる」と罵倒。もし夫に離婚をいわれても、正社員で働いていたので離婚もOKでした。
    仕返し(育児全部・夫の給料のみで家計管理全てやれといった)が、よほど嫌だったようで夫が引きました。

    専業主婦になったら、生活させてもらえません(苦笑)トピ主さんもがんばって!きれるタイミングは見計らって。話し合いでわかってくれる旦那様だといいですけど。

    ユーザーID:

  • 嫌よね、、

    旦那さんが、横柄だったり、機嫌が悪そうと。。原因は家計の問題だろうけど、妊娠・出産が理由でそんな風になるの?そんなのって嫌。快く将来を見て欲しいですよね。でも、もしかしたら原因が別で、急に父親になる責任感や不安がでてきたとはありえないでか?身体を気遣って欲しいでしょうが、頑張ってください。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    レスありがとうございます。やはり参考になります。
    ちなみに貯蓄口座の名義ですが、到達額を決めてそれぞれの名義に交代で入金してます。今現在は夫名義。
    貯蓄通帳は共有してますが、印鑑はそれぞれ管理です。

    貯蓄だけきっちりしとけば安心・・と思っていたのですが甘かったですね。結婚当初に管理方法きちんと決めとくべきでした。。。

    今も昔もおこづかいという概念は我が家にはありません。夫がおこづかい制になぜか断固反対しているんです。
    なんでですかね〜?今回の変化といい他人と暮らしている気分です。

    ユーザーID:

  • またすぐ働こう!

    そういうご主人なら、家事育児完全折半がお勧めです。トピ主さんもバリバリ働いて、その代わり家事育児の折半を強硬に要求しましょう。「平等」には、経済的なリスクが少ない分、骨の折れる部分が多いです。男性でも残業せずに保育園に直行したり、日々の離乳食に頭を悩ませたり。

    ある面では、古いスタイル(夫だけが働き家族を養う)の方が、男性にとっては楽ですよ。一度、乳児ありの共働きをやってみれば、ご主人もその大変さがわかりますよ。トピ主さんが家事育児に専念している方が自分が楽だと気づいて、威張らなくなると思います。

    私は、男性にそんな楽をさせるのはイヤなので自分も定年まで働いて、定年後も家事を完璧にこなす夫になってもらうつもりですが。

    ユーザーID:

  • 小遣い制反対は普通というか当然かと

    40代、夫の立場のものです。
    よほど洗脳されてないかぎり、
    「自分の稼ぎは妻がそっくり管理」はイヤなもんだと思います。

    世間の夫の大部分は
    「なんかイヤだけど、いくら理詰めで説明しても
     逆切れされるからガマンしてる」のではないでしょうか?

    小町でよく見かける「亭主の稼ぎで生活、ワタシの稼ぎは貯蓄」ってのも
    「その貯蓄は誰のもの?」って面でなんだか微妙に違和感があったりします。
    一旦全額をプールした上で貯蓄分を夫と妻名義で半々に貯蓄する、とかならまだ納得いきますが。

    ちなみにウチの場合(共働き子ナシ)は
    家計と各自のサイフを分けてます。
    所得差を勘案して調整した結果

    1.住居光熱費は夫持ち(固定資産税のみ持分で割り勘)
    2.自動車関係は購入・維持費含めて夫持ち
    3.家計費(食費/雑貨消耗品費+家計貯蓄)に現金を同額出し合い。
     白物家電・家具類なんかはこの貯蓄から
    4.行楽・旅行、被服・医療費・趣味のもの、などは
     原則として家計からは出さないで各自のサイフから
    5.家計ワク以外の貯蓄・保険は各自管理で

    という形で10年間それなりに巧く回ってます。

    ユーザーID:

  • 夫婦関係は「正論」では解決できない

    ご主人は、状況の変化に戸惑っていらっしゃるのではないでしょうか。自分だけで家族を養っていかなければならない。ご主人は、おそらくその点に対し、いいようのない不安、重圧、焦りを覚えていらっしゃるようにお見受けしました。

    トピ主さんはもうそろそろ臨月とのこと、お身体も精神的にも、これまでとは異なりいろいろ大変でしょう。やはりここは大好きなご主人に愛情を示してもらい、安心感を得たい時期ですよね。

    自分の気持ちをわかってもらいたい、安心したいという気持ちは、男女関係ありません。逆にご主人の方が「男なんだから妻子を養うのは当たり前」という風潮があるぶん、表には出せないと感じているでしょう。自分の稼ぎが、生活環境、子供の教育環境を決めるわけですから、相当なプレッシャーです。しかも、もしかしたら「これが一生続くのか」と、絶望的になっているかも。

    既に産休に入られたとのこと、ご主人の気持ちを聞く時間を設けてみてはいかがでしょうか。それだけでも全然違いますよ(体験談)。ご多幸をお祈りします。

    ユーザーID:

  • ん?

    レス拝見しましたけれど、変わったのはトピ主さんで、旦那さんは何も変わってないと思いますけど?
    おっしゃるように、今そういう方向に持っていくのなら、最初から話し合うべきでしたね。
    旦那さんも急に言うことが変わったあなたを他人とくらしているようだと思っているかもしれません。

    ユーザーID:

  • ヨコになりますが・・・・

    >夫がおこづかい制になぜか断固反対しているんです。

    我が家は逆ですね(苦笑)
    小遣い制になって「これで周りと話が合わせられる」っていってました〜
    まぁ、周りの男性社員に聞いても「小遣い制」が多かった。

    それでも夫を「稼ぎ頭の大黒柱」というふうに振舞ってますよ。
    それで満足してるみたいだしね。くすくす。

    ユーザーID:

  • うちの主人と同じ。

    私も妊娠9ヶ月まで働いていました。
    出産のため、産休に入りましたが、
    なんとなく主人が冷たくなったように感じました。
    その後、1年の産休が明けて、職場復帰しましたが、
    主人はまた優しくなりました。 

    主人の母親は出産後2ヶ月で職場復帰したそうです。
    女性も働くべきと強く思っている人で、専業主婦は「3食昼寝付き」と言ってはばからない人なのです。

    私が働かずに家に居ることが、それが出産・育児のためであろうと、心からは認められないのだろうなと思いました。
    実際、「子供が2歳になるまでは自分で育てたい。」とお願いしたら、「だめだ(職場復帰しろ)」と言われました・・。

    自分ひとりで家族を支える重荷に堪えられないのかな?

    ユーザーID:

  • 放っておくとエスカレートしますよ

    うちも同じでした。
    今思うに、「俺の稼ぎにぶら下がりやがって」と舐められていたのかもしれません。

    胎教に悪いかもしれませんが、今のうちに大喧嘩してください。「私は命がけで出産し、その後の子育てでも一円も稼げない。だからそんな見下した態度をとるのか?」と疑問をぶつけてはいかがでしょう。

    うちは子供が産まれて酷くなりました。食費も医療費もその都度夫へ請求しなければなず、「またお金を取られる」と言われ。悲しかったので「出産してから、思いやりのない生活が辛い。結婚を後悔している。」と泣きながら訴えました。育休中はノイローゼ気味で、本当に仕事復帰の日が待ち遠しかったです。

    私の場合は夫の本性というか弱い面を知ることができたので、まぁ良しとすることにしました。義母などにどうして仕事を辞めないの?なんて言われても「夫が育休中に生活費を出し渋ったから」と答えるつもりです(笑)仕事はできるかぎり辞めません、というより辞められません。

    ユーザーID:

  • 乳幼児3人共働きさん

    我が家は今、貴方の仰る「古いスタイル」ですが、決してこのスタイルが楽だとは思えません。悲しくなる事もあります。

    まず夫の収入に対する考えはカビラさんのレスを御覧下さい。

    で、家族を養う為に働いているのに妻からは「アンタみたく仕事だけしていたい」「家事育児に協力しないダメ夫」と言われ、普段は子供の寝ている姿しか見られないし、その子供には父親の顔を忘れられ…一体何の為に働いているのか分からなくなる時があります。

    ならば残業しなくて良いパートに転職して収入の減った分を妻に補って貰う代わりに家事育児も折半とした方が体力的にも精神的にも遥かに楽だと思います。

    主さん。
    「夫の収入は家族のもの。妻の収入は妻のもの」ではない主さんの貯蓄方法に私は非常に共感します。
    が、旦那さんは貯蓄の名義までご存じなのですか?
    そもそも今回の変更を夫婦間でどの様に話し合われたのですか?
    お小遣い制に「何故か」断固反対されているとの事ですが、何故反対か聞けば主さんが理解/納得できない答えでも何か返って来ませんか?
    私はもしかしたらお互いの意志疎通が不十分で、今回の問題点はそこにあるのではないかと思いました。

    ユーザーID:

  • それでしたら

    口座をひとつにして、旦那さんに管理してもらったらどうでしょうか?
    もしもトピ主さんがこの考えに反対されるなら、それは旦那さんが今現在同じ理由でトピ主さんの考えに違和感を感じているものと思います。

    ユーザーID:

  • 根本的に

    「どっちの収入」って考えるからダメなんじゃないですか?

    例えば
    夫 30万
    妻 5万

    ・妻の給料5万貯金。夫の給料で生活
    ・家計の収入35万で貯金が5万

    同じ事ですが、言い方で大分変わると思うのですが。

    うちも共働きですが、「どちらの収入」という意識はないです。

    お互い給料を1つにまとめて、そこからお互い「小遣い」を貰ってます。

    ユーザーID:

  • うちも同じです

    子供ができるまで共稼ぎで、生活費は折半、残りは各自のお小遣いと貯金でした。
    子供が出来て、生活費は旦那、私個人のもののみ自分の貯金から、としたところ、
    育児休職中だったので、各手当てがあるだろう・・・と出し渋り。
    食費をもらうのにも、俺ばっかり、等と文句を言われ、
    そのうち言うのも嫌になって貯金を切り崩して生活費にまわしてました。

    今回2回目の育児休暇中、相変わらずですが、10年以上働いていたので、私の貯金で1年くらい何とかなります。
    うちの場合は何とかなるので、自分がお金を出すことで争いを回避してしまいました。
    私は仕事を辞める気はないので、不公平感は拭えなくても、日々の生活に困らなければいいわ、と割り切っています。
    働くのに反対な旦那よりいいかな。
    家事、育児を折半とまではいきませんが、自分も半分はやるべきだという認識につながっているのでよしと思えます。

    ユーザーID:

  • どの道こども育てるなら変わらないとね・・・

    共働きじゃないので詳しいことはわかりませんし意見もできませんが、こどもを育てていくなら、家計の内訳から、どんどん変わると思います。
    というか、変わらざるを得ません。

    ちょっとなのかものすごくなのかわかりませんけど、だんなさんが不機嫌になったくらいで、奥さんがめげいていたら、こどもを学校に通わせながら家計をまかなっていくなんてできないですよ。

    不機嫌もご機嫌にさせるくらい、おだてて木に登らせ、嘘でもよいしょしながら、だんなさんにはお金をだしてもらわないと。

    下手な遠慮卑下もいらないですよ。
    だから出産育児で対等な収入がなくなって、自信をなくしてはだめだと思います。
    見下されていると思っているのは、トピ主さんにそういう気持ちがあるのかもしれないよ。気をつけてね。

    ユーザーID:

  • 養ってやってる・・・

    他の方もおっしゃっていましたが、これは「養ってやっている」という男のプライドやエゴによるものですね。
    まぁ、基本的には男の人なんて、そんなモノですよ。
    トピ主さんのお宅だけではない。
    この状態を脱したいなら、ちょっと一か八かな作戦ではありますが、秘策があります。

    出産ですが、夫の立ち会い出産にしましょう
    女性の偉大さを見直させる絶好の機会です。
    ただ、男性によっては、あまりにショッキングな光景に女性不信になる方もおられるようですので、それこそ一か八かなんですが。
    知り合いにも何人か、立ち会い出産をした方がいますが、皆さんそろって「かみさんに頭が上がらなくなった」と話しています。育児にも協力的な夫になったとの奥さん側の声も多し。
    良かったら試してみて!

    ユーザーID:

  • うちもめめさんと一緒

    あとでグダグダ言いそうなダンナだったので、うちも結婚当初から「お給料はおうちのお金。二人ともそこからお小遣いもらいましょ」と言い切って実行しました。

    正直、私のほうがお給料のよい時期もけっこうあったし、付き合いも広いので金欠になってばかりでちょっと悔しかったけど、そのおかげであとは楽でした。堂々と産休・育休とったり、条件のあう(但しお給料安い)仕事に転職したり、自分の納得いくようにすることができました。

    うちのダンナもただのケチではなく、老後までのシミュレーションをしっかり考えての発言です。トピ主さんもそのへんまで含めて、今後どうするかご主人と話し合うとよいと思います。うちの場合は共働きでいくことは決定してます。(年収250万以上と申し渡されております)

    どなたかのレスで キレた、というのがありましたが、それも最後の手段だと思います。私も「けち臭いこと言うな、私が働いてる間は」とキレたことがあります。

    ユーザーID:

  • 半年、夫に家計を預けました

    夫が私が管理する事に不満を言うので
    父に男心も合わせて相談して、サジを投げるよう言われたので
    彼に家計を任せて放置しました
    もちろん、赤字覚悟です。
    毎月、赤字で、貯金は目減りしていきました。
    ゼロに近づいたころ
    「本当にこのまま続ける?貯金ゼロって虚しくないの?」
    と、聞いてみたところ
    夫が自分から、通帳を差し出して、私に戻ってきました

    今は少しでも余れば貯金し
    その通帳を夫に見せて報告して
    貯まっていく様子を見てもらっています

    夫が納得しない時
    立場を逆転する覚悟をして任せてみるのも
    経験だと思いますよ

    ユーザーID:

  • 読み直してみました

    やはり、トピ主さんのお金を全額貯金、ご主人のお金を生活費というのが良くないと思います。
    生活費を出しているんだから養っているのはご主人、そう考えるのは当然ですよね。
    というわけで、通帳を1つにしたほうが良いと思います。
    最初からそうしていればご主人の機嫌を損ねずにすんでいたと思いますが、今からでもそうしてみましょ。

    ユーザーID:

  • 話し合おう!1.

    確認ですが、生活費をもらう、お小遣い制反対、という発言より、家計管理はだんなさんですよね。ただ、貯蓄はトピ主さんがトピ主さんの収入で、二人の名義に分けてしていますね。すると、旦那さんの収入は、生活費とお小遣いで、家庭としての貯蓄はなし?(できない場合もあるけど、トピ主さんは把握してないですよね?)
    まだまだの家計ですよ!

    子なしなら、性差を語らずいられますので、家計管理はどうにでもなります。でも、これから子供を育てるなら、二人でもっと家計について、突っ込んで話し合うべきではないでしょうか。
    実際、旦那さんの態度から、不満があることを感じているのなら、子供のためにも、家庭の収入について、二人で共有し、方向性を一緒にしておきたい、と切り出してみてはどうでしょうか。

    私は家計の管理はどちらがやってもいいし、また、運営者が別でもいいと思います。ただ、不透明な部分はなくし、相手を思いやる必要はあるかと考えています。
    トピ主さんの発言って、旦那さんに負い目を感じているようです。でも、その必要はありませんよ!
    子供を産むという仕事のために、収入が減っただけなんですから。

    ユーザーID:

  • 話し合おう!2.

    ただ、夫婦平等だから、共稼ぎだから、という理屈で、生活費を折半にしたい、と言ってくるかもしれませんね。今すぐではないが、トピ主さんが復帰したら、折半、という条件をだすかもしれません。

    そんな場合は、以下のことを提案してください。
    1、二人の子供なのだから、妊娠出産に対する痛みも平等。代理母に対する報酬の半分(トピ主さんも望んでいるため)を要求する。
    2、妊娠、出産で失われたであろう、トピ主さんの収入の損害を、定年まで勤めたと考えて試算し、その半額の支払いを要求する。

    私の言いたいのは、妻に出産をさせといて、収入の面だけで平等を主張するのはおかしいということ。なら、それを金銭に換算して、支払うべきでしょう。
    この提案に、夫婦なんだからドライな要求するな、という感想を持ったなら、自分に都合のよい、「夫婦なんだから」と「男女平等」の理屈を使いまわしているに過ぎません。
    まずは話し合ってみて、旦那さんの真意を探ってみてはいかがでしょうか?!

    ユーザーID:

  • その後・・・(トビ主です)

    方法を変えて一ヵ月半が経ちました。
    レスにも度々ありましたが、どうやら機嫌を損ねた最大の原因は産休育休中の収入の貯蓄名義だったようです

    つまり、おれの給料で生活しておいて自分だけ貯蓄するとはと・・了解したものの納得してなかったんですね
    私は結婚後の給料は家庭のものという考え方をしてたので結婚後の貯蓄を個人の財産と考えがあまりなかったのですが・・ここに大きく意識違いがあったようです

    そんなわけで当面の解決策を話し合いました。
    1 休職中の産休、育休手当は全額子供名義の貯蓄にする
     使い道は教育費限定
    2 生活費の口座(夫名義)にもう一枚カードを作成して私も引きだせるようにする(夫から手渡しで数万ずつお金をもらうのが嫌だったので)

    残りの心配は夫の給与振込口座から生活費の口座にきちんと入金してくれるかどうかなのですが・・
    ここは信じてみようかなと思ってます(甘いかなあ??)

    ともあれ出産予定日ももうすぐです
    この機会に僕のとか私のとかではなく家族のという感覚が夫に芽生えてくれることを願いつつがんばりま〜す

    ユーザーID:

  • トピ主さんのレス読みました

    思ったとおりでしたね。
    で、トピ主さんが旦那さんに不信を抱いているってことは、旦那さんもトピ主さんに不信を抱いていて当然だと言うことはわかりますよね。
    ここで理解しておかないと、今後も似たようなことを繰り返すと思いますよ。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧